「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

皆様初めましてm(_ _)m
私は住宅の外壁や屋根を施工する建築板金職人です。
私の会社で施工した、同一ハウスメーカーの物件(築6~7年目)のお客様より、6棟の同一内容のクレームがありました。
内容としては、窯業系の縦貼りの外壁で、加重止め(下がるのを防止するための金具)が一部入っておらず、外壁が下がったから施工し直せと言うものです。
加重止めをわざわざ抜いて施工するのは非常に困難で、我々施工業者にとっては、余計に手間がかかり、故意にやるはずの無いことです。
職人は皆、当時の事は覚えておりませんが、新築工事には現場監督が常駐しており、不具合で施工方法に変更が必要な場合、指示を仰ぎ、監督の言う通り施工します。
しかしながら、ハウスメーカーの言い分は、
「受けた仕事の責任は100%あなた方にあるから、全額負担しろ。嫌なら現場監督が指示した証拠をだせ。」と言うもので、
(当時の現場監督は全員辞職し、所在不明)
弁護士に相談したと知れると、
「我が社の顧問弁護士は、県下一だから、裁判をするだけ無駄、今までも100%勝利している」
と言われました。
肝心の依頼した弁護士もやる気が無く、建築には詳しくないからと笑っています。
ハウスメーカーとして現場を管理しておきながら、全ての責任を押し付けられるのは、全く理解が出来ません。
親方(社長)もノイローゼ気味になっていて、非常に不安です。
皆様、ご意見、解決策等をお教え下さい。お願いしますm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

やはり施工要領にそっていない工事ですね。


金物の数の不足それが原因よる外壁のズレですね。

まず、施工要領に合っていないので、材料メーカー責任にできないです。
金物に問題があるかどうかは、別問題でしょうね。

次に、指示をハウスメーカーに仰ぐまではよいです。が、私見ではありますがハウスメーカーの結論は誤った判断だと思います。また、それを受け入れた下請けさんも誤った判断と思います。
監督の指示である仕上げの不陸によって金物を減らすなど危険がわの指示であり、特別な補強の指示が無いなら不適切な工事です。外観上壁がついていて客が気がつかなければそれでいいと思っているのは明らかですね。プロであれば、いくら元請けの指示でも、金物を減らせば問題がでるのは想像つくはずで、断固としてやるべきではありませんでした。

おっしゃる通り、下地で調整してから金物を全て打つべきだったのです。
下地のやり直しでなく、調整です。削るでも付け加えるでもして、鉛直がでなければ壁に責任は持てないというべきでした。本来大工が次の業種に受け渡すためにやるべき精度の内容です。大工がやらなければ追加費用をもらってこちらでやるというべきでした。金物をやらないことで調整するなど本末転倒の手抜き工事です。(あくまで私の判断ですが)

工期の心配は元請けが調整すべきこと、正しい工事をするべきです。むしろペナルティはその時だったら大工にあるべきでした。これじゃ外壁工事に入れない。というのがスタンスです。工期の遅れは下地が悪くて外壁工事が完了できないせいですから。この調整をハウスメーカーが適切に指示して行えばこんなことにはならなかったでしょう。下地もままならないのに仕上げでごまかそうなんてきれいにできないばかりか、危険な工事であったことは明白です。

さてさて、まずは、経緯を全て細かく書き出すことから始めます。
細かければ細かいほど証拠になります。一字一句状況まで詳しく思い起こすしかありません。
いったいわないも、そのような提出書類があるとないとでは大違いです。
それに裁判まで行けば証人として当時の監督もでてくるやもしれません。
また、その指示に従わざるを得なかった数々の理由も(元請けの横暴さなども)列挙しましょう。
斟酌されることがあるかもしれません。

ハウスメーカー責任もあるでしょうが、このお粗末な指示を万が一「どうせハウスメーカー責任だから」と引き受けたとしたら下請けとしても問題ですよだいじょうぶですか。私は裁判官ではありませんが、これは両者負担は免れないと思います。
外壁工事だけで直せる問題でないことが明確なのであれば、当時のハウスメーカーの指示に従ったが、下地の鉛直を出してもらえなければ同じことであり、仕上げ材の手直しだけではすまないことをメーカーに理解してもらいましょう。

もともとの原因は鉛直の出ていない下地。なんですよね。
あなた方の過失は適正な工事を元請けのいうがままにしてしまったことでしょう。
費用負担はあるでしょうが、めげずにいい仕事してください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
この件の原因は、親方の認識の甘さが大きいことも理解しています。
また、従業員の私も、当時は親方の言うことだけやればいいと安易に考え、従ってしまった責任があるのだと思います。真面目に働いている若い職人のためにも、急に廃業するような結末にならないように手を尽くしてみたいと思います。
また、頂いたアドバイス、ご忠告を肝に命じ、同じ轍を踏まないような、責任感のある若手を育成、指導出来ればと思います。
貴重な時間を使い、アドバイスをしていただき、感謝いたします。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2011/07/07 19:01

言葉が足りなくてすみません。

メーカーとはハウスメーカーのことです。
もとより材料が悪いという話はありませんから、材料メーカーなどと想定してはおりません。
材料の寸法不足、設計のミスだというお話は全く書いてありませんし、壁が下がったということは固定したものがうごいたということですので、施工業者の施工不良は免れないとこれを読んだ皆さんそうお取りになったと思います。

私の後の回答の方もおっしゃる通り、まずはメーカーの施工要領書が優先です。
全て現場監督のいう通りにするなどということは裁判では認められません。

私は、ハウスメーカーにもいた人間です。工事の監督ももちろんやっていました。ハウスメーカーがどのように対処するか、どういう判例があるかも多少は頭に入っています。
要領書にないことや不具合はハウスメーカーの監督、監理者、設計者の指示をもらうのは当然です。

私の参考サイトはお読みになったのですか?
それこそ施工要領以外の指示を受けて納めた案件で手直し工事の2/3を元請けが負担した和解例ですよ。和解ということは調停までですんだということでしょう。
そもそも私が100%下請け責任だといっているわけではありませんし、元請け責任が発生した例を提示したつもりです。

私の回答への補足でさらに不明な点。壁がずれているのは最初からであり、当初より動いてはいないということなのですか?そうであれば、経緯を書いて施工者の正当性を正確な文章で内容証明で送られたらいかがでうすか?やる気のない弁護士など不要です。

状況判断が冷静にできないならやはり法的サポートは専門家がいいでしょう。
県下一の弁護士が相手なら、先ほどのサイトの先生にお願いしたらいかがですか。県の中だけのお仕事をしてる方ではありません。お忙しい方ですが日本で建築系をおこなう弁護士のなかでかなりの方と私は思っています。

>我々下請けは、元請けの現場監督が管理責任を負っているものと思っています。
この判断は誤りです。思うのは自由ですが、全責任が元請けだけにあるのではありません。
今では下請けを私もしていますが。名前がでない責任が及ばないからという気持ちで仕事をしません。
質問者さん達もそうでしょう?責任を持って仕事をするのが「仕事」ですよね。
安くてやってられるかと思うなら、下請けにならず自分が元請けになることしかないのですよ。

あとは、現場で何が起きているかを正確に書いてください。
はじめからずれて納めたのか、あとで動いたのか、内容によって責任の所在の判断は大きく違うのですから。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

親身な有り難いアドバイスを頂いておりながら、冷静さに欠く失礼な返答をし、申し訳ありませんでした。
縦貼りの外壁を金具止めで止める際に、外壁が下がらないように、水切りの上にフック金具を入れますが、建物が膨れたりしていると、中間で九の字になって折れてしまいます。無理に合わせようとすると外壁が割れ、おさまりません。
そのため現場監督に大工さんに直してもらえないか聞いたところ、かなり大掛かりな手直しになるため、我々が張りながら具合をみて、出過ぎてしまうところは金具を抜いて調整するように指示をされました。そのため金具が一部しか入っていないのです。
写真も撮り、中間検査、最終検査共に、監督と我々立ち合いの上、検査に合格しました。
当時同席し、検査していた一級建築士にも、監督が金具の抜けていることを説明しています。
現在のメーカー側の窓口はこの一級建築士ですが、その話をすると、「俺は聞いてないし知らない」
「監督の指示は、我々とは全く関係無い、指示に従ったお前等が悪い」
「言った言わないなんて、証拠もないだろう?」
と言われました。
検査についての詳細を聞いても、社長と二人で怒鳴り散らし、話すらできません。(弁護士も同席していました)
我々は施工した当事者として、金額の三分の一を負担すると最初から申し入れていますが、100%責任を認める他はないとしか言わず、
昨日届いた請求書には、彼等元請けの現場管理費と、マージンが上乗せされ、我々の試算の倍近くの金額が書かれていました。
当事の現場監督は所在不明ですが、例え見つけたとしても、多額の罰金を会社に支払い、逃げるようにして辞めたので、協力は獲られないと思います。
私達に責任が無いとは勿論考えていませんが、彼らのやり方が公正だとは思えませんし、一度でも認めてしまえば、際限なくつきまとってきます。ですので、彼等の管理責任なりを問えるかどうか、もし、問えるのならば、そこを切り口に、調停に持っていきたいと思っている次第です。
当時使用した金具につきましては、施工中に施工法方や部材がコロコロと変わり、当時の担当者に問い合わせた所、「金具の強度が足りず、変更した、また、胴縁では金具や釘のかかりが浅く、釘が抜けるため、ヌキに変更をした」と教えてくれましたが、勿論守秘義務があり、証言や立証は難しいと思います。当時適正に施工した物件に於いても、フック金具が曲がり、外壁が下がって居ますがそれは別件です

お礼日時:2011/07/07 15:42

同じ同業者としてもし、このことがらが私の身に降りかかった場合の対処を考えてみました。


また、ぶしつけな質問もいたしますが、怒りにならないように願います。

まずは、事柄を一度整理されたらいかかでしょうか。

1 当時の窯業系のサイデイングはどこのメーカーのどのような種類で施工したのか。

2 施工は、間違いなく、御社で施工したのでしょうか。過去の注文書等で確認されましたか。

3 施工は自社の職人で施工されましたか。

4 外壁が下がった理由としてのべている、金具の不備に関しては、どこのだれが発見して、どのように指示をだしているのでしょうか。

5 このハウスメーカーは、施工に関しての自主検査等はされていますか。

御社に質問です。

1 窯業系サイデイングの施工をされている方は、窯業系サイディングの免許(KMEWの場合では伊賀上野等での講習会と筆記、実技テストに合格)をお持ちでしょうか。

2 現状の現場の状況をサイデイングメーカーの施工担当専門の人と検査立ち合い検査をされましたか。

3 現況の施工方法が、メーカーの施工マニュアルどうりに施工がされていますか。また、絶えず施工マニュアルは読んで職人にもマニュアルの施工をまもるように伝えていますか。
 
4 板金組合等には加盟されていますか。

*****************************************************************

私が一番気になったことは、「不具合で施工方法に変更が、必要な場合、支持を仰ぎ、監督の言うとおりに施工する」の一文です。

これが一番危険をはらみます。

監督の言うとおりではなく、あくまで、メーカーの施工マニュアル道理に施工することが大切です。

メーカーの施工マニュアルを守って、工事に不備等がでれば、すべてメーカー側の責任として対処してたいただけます。ただし、それには上のメーカー等の施工試験を合格していることが条件になります。

いくらハウスメーカーと言えど、窯業系の大手の施工マニュアルで争うことはしません。

まずは、現況の確認を窯業系のサイディングメーカーの方を引き連れて調べることから始めませんか。

板金組合に加盟されているのであれば、ご相談されたらいかかでしょうか。

ちなみに、下請け法は、現況の支払いがどのようになっているのかは知りませんが、施工完了後60日以内、締日がある場合は、30日以内に、支払をしなければなりません。
支払は手形も含む。

支払に関してなんらかのことで支払を遅らしたり、止めたり、支払から何か理由をつけて差し引くようであれば下請け法にひかかります。

まずは、落ち着いて、一つ一つ整理してみませんか。

ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

まず、私は一級建築士ですが高層建築は作れてもやりません。


弁護士も医者のように○○科と書いていないだけで誰でもいいから頼めばいいものではありません。
相続専門、○暴専門、書いてなくても得意分野がいろいろあるわけです。
まずは、建築に詳しい弁護士を紹介してもらいましょう。
ハウスメーカーの弁護士など法を読みかえすまでもなく方法論を把握してますから負けますよ。

施工には自信があるということでしょうか。
施工の瑕疵の証明は誰がしたのでしょう。
施工要領書にあった工事でなければ本来いけませんが、少なくともそれに合っていますか?

まずは、何が責任であり、それがなぜに生じたかが問題です。
施工写真もないのですか?メーカーなのに自主検査報告も最近はしないのでしょうか。
原因を特定してその責任がある人が責任を負うのです。

http://takumilaw.com/lawyer/sawada.htm#04-5
これは建築得意の弁護士さんのところで新築後すぐのクレームの手直しについての和解について書かれているところがあります。この物件は、特殊な工事をしたようで指示なしに工事するわけが無いことから結局メーカーは2/3は手直し工事費用を払ってくれたようです。
メーカーに全く責任がないとは言えません。ならば、何故工事完了を認めて新築工事当時に支払いをしたのでしょう。これで工事完了って認めたからです。しかし、施工要領書以外の工事をしていればその施工方法についてメーカーと協議が必要だったはずですし、メーカーの指示があれば指示通りであればメーカーの責任を大きく問えるでしょう。
つまり、何故工事の失策が起きたかがポイントです。
これをきちっと立証して手直しをし、支払いを求めましょう。
ただし、どんな場合も施工下請けに責任が無いわけではありません。
おかしい納め方である工事を協議せず、メーカー指示だからとただただ行った工事も責任の対象なんですよ。工事はみんなが協力的でまずいことに気付いたらこえをかけなければいけないものなんです。

まずは弁護士を変えて相談したほうが良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。
私の説明が分かり難いようで申し訳ありません。
分かり易いケースで置き換えますと、
高さ10m、幅が20mの建物に、外壁を施工中、建物の真ん中だけが、1cm高かったとします。
材料は10mの物が既に納入されており、工期もありません。
現場監督にどうするのか聞いたところ、「均等に外壁を上げていって、目立たないように納めろ」との指示があり、その通り施工をしました。
その物件の引き渡し後に、外壁のズレが発覚し、施主からクレームが来たとします。当時の現場監督は退職し所在不明です。
こういった場合、施工した下請けが100%責任をかぶるのでしょうか?
施工中の不具合は、現場監督の指示を仰ぎ納めるのが、一般的な建築現場では普通です。
メーカーを呼んで協議する事は、不良品でも無い限りありませんし、工事が止まった分の人件費を元請けも考えますので、まず協議などありません。
日本中どこの現場でも、公共工事を除き、工事の進め方は同じです。
大手ハウスメーカーから、リフォーム工事、ゼネコン仕事など、様々な会社、地域において数千件の仕事をしてきましたが、現場監督に指示を仰ぎ行動するのは同じです。
大きな現場で、全ての不具合に対し、メーカーを呼び協議をし、それを書類にしますか?
図面や仕様に季節による材料の伸縮は入っているでしょうか?
我々下請けは、元請けの現場監督が管理責任を負っているものと思っています。
下請けの実情や、建築現場の現状を、どうかご理解下さい。

お礼日時:2011/07/06 18:55

何かおかしな話です。


現実にサイディングが下がって(?)きているわけですから、施行が悪い(サイディングにはメーカーの仕様があるはずですのでその通り施行ができていない)のではないですか、貴方が係わった箇所で施行不良が出てきていれば当然貴方の責任になります。下地が悪いとかの原因(ハウスメーカーの仕様)であればハウスメーカーの落ち度でしょう。
金具が一部少ないという理由ならサイディングのメーカー仕様どおり施行していない貴方の責任になると思いますがいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
我々下請けが、余計な人件費をかけてまで、わざわざ手間のかかる手抜き施工する理由はありません。
私の説明力が不足しているようで、申し訳ありません。

お礼日時:2011/07/06 10:27

裁判って、チキンレースです。


なぜかというと、訴えるほうが、訴えるに足る証拠を出さないといけない。
つまり、あなた方が訴えるとなると「指示されなかった証拠」をださないといけないのですが、あっちが訴えるとなれば「指示した証拠」を出さないといけない。これはどっちも困難でしょうから、結局は先に出すほうが負け。

もし、訴えるとすれば、指示したのに従わなかったということですが、そうなると損害賠償訴訟でしょうから、民事でしょうね。まあ、仮に裁判になれば和解を勧められるケースだと思います。

と、いうことで、そこの仕事をもうしないということであれば、ほったらかしておいていいかもしれません。施主が訴えるとなれば、あなた方ではなくハウスメーカーだけですから。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ご意見を参考に、弁護士と相談してみます。ありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:2011/07/06 10:29

HMの手口ですね、悪い処ほど顧問弁護士用意しています


霞ヶ関裁判の事件例でも建築関係がダントツですから
しかし、建築関係に強い弁護士が少ない為、悪い奴等の思う壺
私は弁護士と協働作業が良いと思います
建築に関しては貴殿達が良く弁護士と裁判官に説明し
法律的な手法は弁護士に考えて貰う
但し、弁護士の閉鎖社会は年功&学歴偏重の処もあります
相手の顧問弁護士に負けない処を見つけて下さい
他地域の事務所を探す必要があるでしょうね
例えば、代々木事務所(共産系)等は権力に負けない姿勢を持っている
私はシンパでも何でもありませんが、一緒に遣った事があります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そういった弁護士に相談する事は、全く考えていませんでした。
早速さがしてみたいと思います。
本当に助かりましたm(_ _)m

お礼日時:2011/07/06 10:18

全くの素人ですが、



「嫌なら現場監督が指示した証拠をだせ。」に対抗して、「現場監督が指示した通りにやらなかったと言う証拠を出せ」と言うのは?

そもそも、仕様書などがどのようになっていて、実際にどのように施行されているのか、現状確認が第一でしょうし、第三者に入ってもらう(業界で、もしくは公でそのような機関は無いのですか?)ことが出来てもいいように思います。

また、元請けには、あなた方の会社が故意に手抜きをしたと言う証明は出来ないのではないでしょうか。(それこそ、監督の証言とか記録があれば別ですが、その場合、その監督は手抜きの事実を知っておいて改善措置を講じるよう指示しなかったのか?となるように思います)

あくまで、一素人の意見ですが、先の回答者の方々の意見と合わせて参考にしていただければ幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
別の切り口からこの事態を見られる良い機会になりました。
頂戴したご意見を参考に頑張ってみますm(_ _)m

お礼日時:2011/07/05 22:58

がんばってください。

第三者の目からみて正等性があるかどうかだと思います。
    • good
    • 0

がんばってください。

第三者の目からみて正当性があるかどうかだということです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q施主様からのクレームに困っています

主人が自営で建築業をしています。
施主様のお子様がアトピーということで 床、壁、天井など米ヒバで作りました。
もう引越し・・・という時期にきて 連日クレームが来るようになりました。
最初は屋根の傷でした。
これは こちらに非がありましたので すぐに張り替えさせていただきました。
しかし、それから私どもを信用できなくなったのか くまなく家中を点検し壁や床に 細かい傷や黒い筋がある。すべて修復しろ、とおっしゃるのです。
筋についても自然のものですと言っても納得してくれません。
早朝、夜中 時間に関係なく 気に入らないところを見つけると電話がかかってきます。(夜中も現場に行っているそうです)夜、電話の電源を切っていると繋がらないと また怒られます。
最近は 職人全員で他の現場も行けず、その現場の傷の修復と掃除の日々。夕方から夜は施主様の仮住まいのアパートに連日呼び出され、何時間もずっと怒鳴られて謝っています。
まだ半分ほど残っている未回収の金額を支払ってもらいたくて、今までひたすら謝り  施主様の言うとおりにしてきました。
100万円以上の値引きや 無償で電化製品を備え付けるサービスも約束しました。
しかしそれでも 施主様の要求はとどまることがなく今度は「引っ越してからアトピーがひどくなったら訴える」と言ってきました。
今、新築現場が埃っぽいのはわかります。でも それは傷を直した時に出ているのです。
アトピーにも良い天然の木なので配慮していても傷は少しあるかもしれませんが
とても小さかったり 言いがかりとしか思えないようなものがほとんどです。
でも、このままでは住んでからもずっと 何かにつけ苦情をいわれそうです。
資金が少ないとのことでしたので、できる限りの努力をしてきたつもりですが
もうどうしたらよいかわかりません。
今現在、そしてこの先 どう対処したら良いでしょうか。

主人が自営で建築業をしています。
施主様のお子様がアトピーということで 床、壁、天井など米ヒバで作りました。
もう引越し・・・という時期にきて 連日クレームが来るようになりました。
最初は屋根の傷でした。
これは こちらに非がありましたので すぐに張り替えさせていただきました。
しかし、それから私どもを信用できなくなったのか くまなく家中を点検し壁や床に 細かい傷や黒い筋がある。すべて修復しろ、とおっしゃるのです。
筋についても自然のものですと言っても納得してくれません。
早朝、夜中 ...続きを読む

Aベストアンサー

ANo.1です。

まあ、行政機関や民間機関の裁判外紛争調停機関は、たしかに当事者に強制的に出席させる力はありません。

但し、ご質問者様側が第三者機関(裁判外紛争調停機関など)に申し立てるという行動は紛争を解決させるようという努力を行っていると一般的に解釈されます。

つまり、最終的に裁判になったときに裁判官の印象はご質問者側に有利になる可能性があります。

Q一人親方のメリット・デメリット

26歳(男)職歴は4年くらいで工場のラインの仕事をしていました。
仕事があまりにも単純なので以前から興味があった建築関係の仕事に転職しようと考えています。(内装工とか左官とか・・。まだ決めていません。)自分は人間関係が苦手(同僚と飲みにいったり、後輩やアルバイトなどにたいする監督・管理業務、営業などが苦手)なので一人親方というのに興味をもっています。5年くらい経験をつんで、一人親方として仕事を請け負って生活していきたいとおもっています。ここで質問です。

(1)建設業界での一人親方(請負)という働き方は将来性がありますか?
 年収500万円くらいコンスタントに稼げますか?
(2)一人親方だと会社(組織)で働いているときよりも人間関係が楽でしょうか?
(3)その他、一人親方のメリット・デメリットや建設業界のことについて
現実を知っておられたら教えてください。

Aベストアンサー

1.腕次第です。
2.仕事を得ていくには相当の努力が必要です。

http://www.zero-kara.com/zk-hikaku-kojin.html

Q住宅建築業者(ゼネコン、ハウスメーカー、ビルダー、工務店)の区別

住宅建築を行ってくれる業者って、
ゼネコン、ハウスメーカー、ビルダー、工務店がありますよね。
で、これらを区別してみたいんですが、
◇ゼネコンは住宅もやってるけど土木などもやる総合建設業社。
◇ハウスメーカーは大和ハウスなど住宅展示場に出展しているような住宅メーカー。

で、ビルダーと工務店が区別できなくて困ってます。どちらも「ハウスメーカーではないけど、地元を中心に(!?)住宅建築業をやってます」っていうイメージなんですが、
ビルダーと工務店の違いとか、定義とかは何ですか?私見でも構わないので教えて下さい。

Aベストアンサー

まず簡単なものから、

ゼネコンというのは、基本的に自分らで製造は行いません。設計事務所同様設計を行ったり、通常建築士の書く図面は実物として施工する図面のレベルまで詳細が決まっていませんので、それらを実際造るレベルの図面になおしたり、工程を組んだり、施工が正しく行われるよう段取りしたり、施工業者間の調整をしたり、安全管理をするのが主な仕事です。
このような作業を専門にするような人が必要な規模の建物でその能力が発揮できます。そのため小規模な建物には向いておらず、個人の住宅などはよほどの豪邸でないと行いません。
実際施工を行うのは誰かというと大工、鉄筋工、鳶さんなどのいる専門業者です(この一部をビルダーと呼ぶこともあります)。材料も商社やメーカーから購入します。
なお、長谷川工務店(長谷工コーポレーション)のように共同住宅をメインにしたゼネコンもありますし、大成建設のように住宅分野については関連会社を持ってそちらに任せることで住宅分野に進出しているところもあります。

ハウスメーカーというのは、独自の規格のある自社の製品を持っているような会社で、部品も自社でつくリます。だから一般の建築士が設計したような建物は一般的に行いませんが、最近はそのような分野まで進出しているところもあります。
なお、これらは住友林業(住友林業)やトヨタホーム(トヨタ自動車)、セキスイハイム(積水化学)、積水ハウス(積水化学)、ヘーベルハウス(旭化成)、大成パルコン(大成建設)のように大企業の1部門や1部門を独立させた企業が多くあります。

ビルダーと工務店は私もかなり曖昧で、各社によって定義が異なると思うのですが、ビルダーは施工中心、工務店は施工が中心ですが、小規模のものなら設計も行えるものと個人的には考えています。

私のイメージとしては
ゼネコンとハウスメーカーは大企業、ビルダーと工務店は小企業。

施工を直接行う職人を抱えているのはビルダーや工務店、ハウスメーカーやゼネコンは施工業者と契約して建築する。

設計を行うのは設計事務所の他、ゼネコン・ハウスメーカー・工務店

ゼネコンは、自分では製造はしないので、その職務上大規模のものでないと、成り立たない企業。

ハウスメーカーは自分のところで材料を造るので材料も販売して利益を上げられる。

という感じです。

まず簡単なものから、

ゼネコンというのは、基本的に自分らで製造は行いません。設計事務所同様設計を行ったり、通常建築士の書く図面は実物として施工する図面のレベルまで詳細が決まっていませんので、それらを実際造るレベルの図面になおしたり、工程を組んだり、施工が正しく行われるよう段取りしたり、施工業者間の調整をしたり、安全管理をするのが主な仕事です。
このような作業を専門にするような人が必要な規模の建物でその能力が発揮できます。そのため小規模な建物には向いておらず、個人の住宅な...続きを読む

Q新築完成から引渡しまでの流れ

新築しています。
ほぼ完成に近い状態です。

完成から引渡しまでの流れを教えて下さい。
工務店と施主が一緒に建物をチェックしたり、残金の支払いをしたり、するんですよね?

どんなことがどんなタイミングで行なわれるのかを知りたいです。

Aベストアンサー

*工事終了(引き渡し2週間前)
工事が終わりました。無事完成です。
 ↓
*完了検査(工事終了直後)
確認申請で提出した図面・仕様の通りに建物が出来ているか、確認申請を審査した役所または指定確認審査機関の検査員が検査します。
問題がある場合には、是正工事を行い、写真等で是正結果を報告します。
 ↓
*設計検査(工事終了後すみやかに)
監理者(通常は設計者と同じ)が検査します。
キズや施工不良の有無、可動部(扉や窓、収納など)全箇所に不具合がないか、設備機器類がすべて正常に動作するか、などを検査し、問題箇所を指摘します。
施工者は是正工事を行います。
 ↓
*施主検査(工事終了後すみやかに)
設計検査と前後して、お施主さんの検査を実施します。
ここで指摘がなかった項目については、お施主さんは了解したものとみなされますので、納得のいく出来になっているかどうか入念に検査してください。
 ↓
*是正工事(引き渡しまでの期間で)
完了検査、設計・施主検査で指摘があった項目の是正工事を行います。
是正がすべて完了したら、確認審査期間に報告、監理者・施主は確認を行います。この確認で再度ダメがでる可能性もありますので、引き渡しの数日前に行うのが一般的です。
 ↓
*引き渡し・取り扱い説明
鍵をお客さんにお渡し、一回施錠、解錠を行っていただきます。
本鍵を玄関ドアの鍵に指すと、工事中に使用していた鍵が使用不能となります。工事用鍵が使用できなくなったことを確認します。
設備機器類の取り扱い説明も行います。
鍵・建物の引き渡し書・請け書、確認申請書(副本。正本は確認審査期間が保管しています)、取扱説明書綴り、保証書、完了検査済証(間に合わないこともあります)をお渡しします。
残工事がある場合には、その実施時期について確認しておく必要があります。
 ↓
*工事費支払い(契約条件による)
契約の支払条件にもよりますが、引き渡しを受けたらただちに残金の支払いをするのが原則です。
ローンを借りている場合には、建物の登記を済ませ、完了検査済み証を受け取らないとローンが実行されません。つなぎ融資をうけるなど資金の手当てをするか、工務店さんに事情を話して支払を待ってもらえるよう事前に了解を得ておく必要があります。
また、現場がはじまってからの変更、工務店・設計者ともに予期できなかったトラブルなどによって、工事費には増減が発生してる場合がほとんどです。この項目、金額についても事前に調整しておかなければなりません。
 ↓
*建物登記
司法書士さんにお願いする方が多いですね。費用については過去に多数質問されていますので、検索してみてください。
 ↓
融資実行
抵当権設定登記を行い、融資が実行されます。

ざっとですが、こんな感じではないでしょうか?

*工事終了(引き渡し2週間前)
工事が終わりました。無事完成です。
 ↓
*完了検査(工事終了直後)
確認申請で提出した図面・仕様の通りに建物が出来ているか、確認申請を審査した役所または指定確認審査機関の検査員が検査します。
問題がある場合には、是正工事を行い、写真等で是正結果を報告します。
 ↓
*設計検査(工事終了後すみやかに)
監理者(通常は設計者と同じ)が検査します。
キズや施工不良の有無、可動部(扉や窓、収納など)全箇所に不具合がないか、設備機器類がすべて正常に動作す...続きを読む

Q軽量鉄骨と木造住宅で迷ってます。

積水ハウスで約50坪の2階建てを今年都内に建てようと思ってます。 
軽量鉄骨での外壁や頑丈なイメージ、エアキスが気に入るが結露が心配。  
木造住宅でのぬくもりやあたたかさなイメージ、木が好きだがシロアリが心配。

軽量鉄骨のメリット、デメリット。
木造住宅のメリット、デメリットを教えてください。

どうぞご意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

積水の元主任技能者です。


デメリット
木造は職人によってばらつきが有り場合によっては致命傷になる。

建築中の雨程度は平気だが濡れるのは気になる。

木の良さを出しやすいが多少の狂いは絶対出る。

メリット
税金が安い。
奇抜な形でも可能。
寒冷地では暖房費が安くなる。
増築が誰でも出来る。


デメリット
軽量鉄骨は寒冷地では寒く感じる。
和風建築が似合わない。
税金が高い。
4t車が入らないと高くつく。


メリット
技術と品質が一定である。
積水なら間違えが無いほど材料がきっちりしているので間違えようが無い。
基礎幅が広いのが魅力。
ほかのHMより鉄骨の精度がよく基礎の精度が良いと柱や壁の垂直水平がすんなりでる。
30年前の鉄骨がいまだにさびていない(電着塗装の為)
同メーカなら増築も出来る。

Q新築引渡し後の補修、こんなこと堂々と申し出て良い?

こんばんは。おたずねします。
新築の引渡し日があったのですが、当日は、単に書類を交わすだけで図面を付き合わせたりすることもなく終了しました。

「不具合や傷が有った場合には直しますので、言ってくださいね」と言われているのですが、
担当が帰った後に家を見てみると、気になる点が結構ありまして困惑しております。

そこでお尋ねしたいのですが、補修は通常どこまで対応してもらえるものなのでしょうか。
傷や穴の補修は当然として、大きな点としては、
・作りつけの棚の扉の塗装が一部はげている(上塗りは無理なので扉の交換が必要)
・コンセントの位置が指定と違う(そこは埋めて、別の穴を開ける必要がある。壁紙も…)
・玄関タイルの側面の1つタイルだけ5mmほど出っ張っていて、他と均一に並んでいない(貼りなおしが必要)
などがあります。

上記のようなものでも、施工主には言う権利、メーカーには直す義務があると考えて、堂々と申し上げてよいのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私も沢山ありましたよ。


担当者同席で一緒に確認した時点で15ヶ所。

後日私達で確認出来た場所が8ヶ所。

全て対応して頂きました。

ドアの交換。キッチンの人口大理石。玄関と娘の部屋の壁紙全て。玄関のタイルと多数対応して頂きました。

嫌な顔もせずキチッと対応していただき感謝しています。これは出来ませんなど一切ありませんでしたね。

その後も 6年間各所の補修などもキチッと対応していただきました。とても満足していますし、色んな方に

も話をして、その担当者で知人が戸建を建てています。

面倒だと考える担当者ではいけませんね。私は良い担当者に当たったと感じています。補修や交換をしてもメ

ーカーの負担はありませんから。

ドアならドアのメーカーや施工会社の損失になるだけでメーカーハウスには何の損失もありません。

今でしか言えない事も沢山あるでしょうから全て言っておきましょう。

場所の写真など(日付入り)撮っておくのも良いと思います。

生涯に何度も建てる事は出来ませんので後悔の無い幸せな楽しい住まいにしたいですよね。

Qダイワハウスの下請業者さんを教えてください。

今、ダイワハウスさんで家を建てようと思っているのですが、 下請け業者さんによって施工にかなり差があると聞き不安になっております。 ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。 大阪府の業者さんをお願いします。(オススメの業者さんありましたらよろしくお願いします。)

Aベストアンサー

ANo.#1の者です。
ごめんなさい。私は関東地方に住んでいます。
あんまり参行にはなりませんね。

Q施工ミスと金銭補償(値引きしてほしい)

新築一戸建て(注文)に入居して一ヶ月です。引き渡し前からやり直し箇所が20カ所近くあり、その都度連絡、補修してもらってます。 全体に雑な仕事ぶりが目につき“キズモノ”を引き渡しされたような感じです。
1.施工ミス、手抜き(やり忘れ)はHMも認めている。
2.決して神経質に過度なやり直しを要求していない。
3.補修のため各業者がバラバラにやってくるので外出もままならない
4.不安で夜も眠れず、体重も減っている
といった状態です。 このような立場にたたされた施主がHMに対して値引きを要求するのは妥当ですか?それとも強欲でしょうか?皆様のご意見をお待ちしております。なお、すでにHMには値引き要求は伝えてあります。

先日HMの方に「あまりにも不愉快な思いをしてるので値引きしてほしい」と申しました。 構造等に問題はなく、補修対応はしてくれていますが、精神的苦痛は相当です。 

Aベストアンサー

うーん、難しい問題ですね。
施工ミスがどの程度のものなのかにもよりますけど、構造には関係なく、対応もしてくれている。となれば、一般的にありそうな補修と言うことですよね。また、健康的被害を受けておられるとのことですが、病院にかからなければならないほどでもないのですよね?正直言いますと、無理だと思います。HMが道徳的に保証してくれるならいいのですが・・・・。
対応をしてくれるのであれば、契約違反にもなりませんし、例えば、車を買って、リコールがあったとしても、直してはくれますが、慰謝料はくれません。どんな商品であってもです。
「あまりにも不愉快な思いをしてるので値引きしてほしい」
住宅産業でこの理由で、保証していると、業界が成り立たなくなります。どんなに、すばらしくできた家でも、補修の1つや2つはあります。また、補修のない完全な家を建てることは不可能に近いです。その度に上記の理由で保証していたら全ての家で保証しなければなりません。

Q外溝工事の業者を訴えることができますでしょうか。

外溝工事の業者を訴えることができますでしょうか。
あるいは外溝工事費の値下げを要求できるでしょうか。

今年の秋に、新築一軒家の外溝工事をお願いしました。
何件か見積もりをし、塀・門柱・2台分のカーポート(風除けのパネル3段付き)・アスファルト舗装・カーポート部分のコンクリート舗装・裏庭のバーベキュースペース・LED照明、工事費などすべて込みで200万円でお願いしました。
この金額は何件か見積もりをした結果、まずまず安くしてもらったものです。
工事期間は約2週間とのことでした。

工事を正式にお願いする返事をした際、「工事日程の関係で早速明日から工事を始めたい」とのことで、契約書など一切記入せず、しかもローンで支払うと伝えていたのですがローンの申し込みもせずに口約束のみで次の日から工事が始まりました。

今回相談させていただきたいのは、このように始まった外溝工事なのですが2か月経った今でも外溝工事がまだ終わっていない、ということです。

工事を正式にお願いしてから、この外溝工事の担当者のいい加減さが特に目立ち始めました。
・約束した日に打ち合わせにこない(電話した所、わすれていたようです)
・約束した日に工事が入らない事10回以上(事前に連絡は一切こなく、すべて事後報告「昨日は○○だったので工事出来ませんでした」等)
・約束していた日に工事が出来ない理由が外溝工事会社都合によるものが多い(材料の発注ミス・作業員の手配ミス)
・持ってくる約束をしていたカタログや表札のレイアウト案などの書類を持ってこない(何度もお願いして、何度も「○日に持っていきます」と約束したのに持ってこない)
・表札のレイアウト案はお願いしてから半月以上経って持ってきた上、頼んだフォント・商品が違っていた。
・嘘をつく(もってこない書類について聞くと「あれ~?○日にポストへ入れてませんでしたか~?」ということ何度かあり。嘘ではなく本当にそう思っているのだろうか?)
・「○日に工事します」と言われ「その日は天気予報で天気が悪いみたいだが大丈夫なのか?」と聞くと「大丈夫です」と返事するが、結局その日は工事が出来ないという事が何度かあり。しかも連絡なし。バカにされてるのでしょうか)
・カーポートの取り付けが打ち合わせしていたのと違う(境界線から○センチ離す、というのが打ち合わせと全く違う距離だったという事と、カーポートを建てた結果二つの窓が開かなくなった。もちろん事前に説明は無し。)

まだ細かく言えば色々あるのですが、工事開始から1カ月半が経った時にさすがにしびれを切らし、担当者へ今までのクレームを言いましたが改善されませんでした。

工事開始から2カ月がたっていますがまだ工事が終わっておりません。
開かなくなった窓も大変不快に思っています。
こういう場合、何か法的に訴える、もしくは工事費の値下げを要求することができるのでしょうか。
契約書があればそれに基づいてしかるべき対応ができると思うのですが、契約書がありません。
ただのクレームというだけで処理されるのが納得いかないのです。

大変困っております。
ご回答よろしくお願いします。

外溝工事の業者を訴えることができますでしょうか。
あるいは外溝工事費の値下げを要求できるでしょうか。

今年の秋に、新築一軒家の外溝工事をお願いしました。
何件か見積もりをし、塀・門柱・2台分のカーポート(風除けのパネル3段付き)・アスファルト舗装・カーポート部分のコンクリート舗装・裏庭のバーベキュースペース・LED照明、工事費などすべて込みで200万円でお願いしました。
この金額は何件か見積もりをした結果、まずまず安くしてもらったものです。
工事期間は約2週間とのことでした。

工事を...続きを読む

Aベストアンサー

営業担当が経営者でないなら、まずは経営者に直接電話して「とにかく出て来い!」と、いうことです。あほな営業マンは、自分に不利になることも含めて、上に報告もしません。そいつですべて止まっちゃってます。だからそれを回避することからはじめましょう。

訴えるとか値下げ以前に、ちゃんと何時までに改修含め対応できるのかどうか、そこからでしょう。それがどうしても無理とかであれば、契約不履行で、弁護士に相談持っていくべき案件です。

Q我が家建築中の隣人の行動

南西向きの6m道路に面した土地を購入しもうすぐ棟上をするのですが、隣人の不可解な行動に困惑しています。

我が家の土地はもともと広い駐車場でした。(2区画に分筆したものを購入)お隣は南西の道路に面しているものの間口が少なく(7~8mほど)で現在、我が家の土地に向かって掃き出しの窓を2つつけられています。(南東)境界線からも第一種低層にもかかわらず1m空いているか空いていないかな感じです。

我が家の土地は間口が14mですが、隅切りがあり、実際は11.5mです。

坪数は58坪ですがおとなりは40坪~45坪ぐらいで、家は40坪でお隣も似たようなものです。

不可解な行動は

・うちが土地を購入する前、(広い駐車場のため、地主が分筆した後、我が家の敷地内に塀を建てる 工事をした)ときたまたまお会いしたのでご挨拶をしました。
 そのとき、「どういう建て方をするのか、駐車場はどこにするのか」と聞かれました。

 その時は、具体的に決まってなかったので(ホームメーカーと打ち合わせをしていましたが、契約は していませんでした)「判らない。まだ決まってない」と答えました。

・お隣はブロックとフェンスで塀を作っていますが、駐車場の名残か、そのフェンスに汚れている足拭  きマットを(ペットをたくさん飼われているのでペット用なのか毎日4~5枚)を干しています。我が家  から見えて見場がよくありません。

・土地を購入後我が家の敷地に猫よけのペットボトルを置いている。(工事のときにメーカーがどけてく ださいとお願いした)

・現在住んでいるところと建築中は割りと近いので週1~2回は見に行っているのですが、必ず出てきて、庭から、二階から、ベランダからのぞいてくる。

・着工の挨拶に行ったときも間取りについて聞かれる。

ここまではあまりきにならなかったのですが・・・。建築途中、ホームメーカーが設計ミスをしたようで、
基礎をやり直したのですが、(ホームメーカーから申告があり、費用のことを含めて話し合いに1ヶ月半かかりその間、工事はストップしていた。基礎の鉄筋を組んだ状態。養生あり)それが気にいらなかったようで

・基礎のやり直しを見学に行った際、「基礎をやり直しをしているがどうしてなのか?基礎をさし、個々は何になるのか?(間取り)工期が遅れるので、窓を開けたい季節なのに空けられない。うるさい。暗くなる。」と苦情を言われました。

・基礎をしてくださる方、鉄筋を組んでくださる方にお茶を出す。

・配管工事をしているときに写真を撮る。

です。
工期が遅れることを報告しなかったのは大変申し訳ないのですが、写真とお茶が怖いです。
ホームメーカーに聞くとそんなことはいままで建築してきて一度もないと気味悪がっています。

この場合、なにか訴えられたりとか考えられるのでしょうか?

土地はうちより先にお隣に買わないかと不動産屋さんより話があり、買わないのでうちに回ってきました。ので、我が家が建てば暗くなることは仕方がないと思うのですが・・・。1m20センチは境界線から空けているし、二階は1間引いて立てます。

また、お隣の足拭きマットが我が家の敷地内に入ってきていて見場が悪いのでお隣より少し高い塀(3段ブロックと目隠しをして、そちらを駐車場にするのでカーポートを設置しようとおもっているのですが、
やはり苦情を言われると思いますか?

ちなみにお隣の西隣はガチガチに目隠しをしています。(お隣が嫌なのか・・・お隣のところだけ)

また、間取りについても全部報告しなくてはいけないのでしょうか?

宜しくお願いします。

南西向きの6m道路に面した土地を購入しもうすぐ棟上をするのですが、隣人の不可解な行動に困惑しています。

我が家の土地はもともと広い駐車場でした。(2区画に分筆したものを購入)お隣は南西の道路に面しているものの間口が少なく(7~8mほど)で現在、我が家の土地に向かって掃き出しの窓を2つつけられています。(南東)境界線からも第一種低層にもかかわらず1m空いているか空いていないかな感じです。

我が家の土地は間口が14mですが、隅切りがあり、実際は11.5mです。

坪数は58坪で...続きを読む

Aベストアンサー

 建設に関しては、あなたの側にも法的義務があります。


 と同時に、近隣の住民にも一定の音には耐える義務があります。


 法律用語で「受忍義務」といいます。


 不幸にして、いやな人と隣人になってしまいましたね。

 まあ、相手にも「受忍義務」があるのですから、あなたもある程度我慢することでしょうね。

 住み始めてから苦労が続いたら、また誰かに相談すればいいと思います。

 現在の状況では相手に「受忍義務」を守ってもらいましょう。




 つぎのステップは次のステップで解決しましょう。


 でも、たいへんですね。


 慣れましょう。


人気Q&Aランキング