自分はマンガでの封神演義しか知りません。

宝貝(パオペエ)で番天印というものが出てきます。マンガではコレで殺傷能力のあるビームを出して敵を攻撃していましたが、本物の中国の封神演義に出てくる番天印はどのようなものだったのでしょうか?

ご存知の方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

#1に修正です。


参考URL欄の文字数制限に引っかかって、ふたつ目のURLが途中で切れてしまいました(^^;
正しくは、

http://www1.plala.or.jp/fengshen/basic/dictionar …

http://www003.upp.so-net.ne.jp/raimei/museum/h/i …

以上のふたつです。お騒がせしました。m(_ _)m
    • good
    • 0

現代兵器で言うならば、「レーザ照準の重火器」のようなものだと思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

それは、藤崎さんのマンガに出てくる番天印ですね。

お礼日時:2003/10/30 00:55

こんばんは。



漫画しかお読みでないようでしたら、
「封神演義」安能努 訳(講談社文庫)
を読んでみてください。

小説です。
最初の方は難しいかも知れませんが、漫画のあらすじを知っていれば読めると思います。

小説、文字ばっかりですので、読めばなんとなくはイメージできると思います。

*手元に小説が無いので、答えになってなくてごめんなさい。
    • good
    • 1

私も気になったので調べてみましたが…なんとも微妙な結果が出ました(笑)。



参考URL:http://www1.plala.or.jp/fengshen/basic/dictionar …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q天は赤い河のほとりのような漫画ってありますか?

天は赤い河のほとりのような漫画を探しているのですが何かオススメありますか?
・異世界にトリップ
・そこで逆ハーレム(ベタな、、)というかいかにもな恋愛要素が欲しいです
ちなみに王家の紋章のほうは絵が古く感じ、見にくくて(ファンの方すみません)数ページしか読めませんでした。
同じ「異世界に飛ばされる」といった設定のマ王、AMAKUSA1637も面白いけど何か違うし…(AMA~は日本だしマ王はそもそも作風が。。)
少女漫画!!!という感じのが読みたいです。
この設定にこだわらなくても天河ファンなら好きそうだな~っていうのも嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.4です。思い出したので追加させていただきます。
『ふしぎ遊戯』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4091387314/qid=1137986369/sr=1-21/ref=sr_1_2_21/250-2231608-6953063
異世界といっても本の中ですが……。
(別の世界だからOKかなー、と)
現在は『ふしぎ遊戯 玄武開伝』という新シリーズが刊行されています。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4091384714/qid=1137986343/sr=1-8/ref=sr_1_10_8/250-2231608-6953063
連載時期は『ふしぎ遊戯』→『ふしぎ遊戯 玄武開伝』ですが、物語の時間としては『ふしぎ遊戯 玄武開伝』→『ふしぎ遊戯』ですね。
(つまりは『ふしぎ遊戯 玄武開伝』のネタバレなんかが『ふしぎ遊戯』にはちょこっとあったりするわけで)
どちらから読んでも構わないと思います。

『魔法騎士レイアース』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4063346420/qid=1137986592/sr=1-3/ref=sr_1_10_3/250-2231608-6953063
これも一応、異世界トリップ+恋愛ものですね。
(ただ連載雑誌が『なかよし』だったので、恋愛といってもたかがしれていますが)

あとは少年マンガですが
『犬夜叉』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/409125201X/qid=1137986670/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl14/250-2231608-6953063
少年マンガなのでバトルシーンが多いですけど、恋愛色もあります。
(異世界トリップと言うよりはタイムスリップですが、アレも別の世界と言えなくもないかと)
ただかなり長いので、今から集めると大変というのはありますが……。

『天空のエスカフローネ』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4047131040/qid=1137986795/sr=1-9/ref=sr_1_8_9/250-2231608-6953063
実はアニメの方しか知らないんですが(^^;
(リンク先はコミックスです。しかしコミックスは読んでないので……)
アニメは異世界トリップ+恋愛色の濃い作品でした。
一見ロボットアニメと見せかけて恋愛アニメでした……。

No.4です。思い出したので追加させていただきます。
『ふしぎ遊戯』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4091387314/qid=1137986369/sr=1-21/ref=sr_1_2_21/250-2231608-6953063
異世界といっても本の中ですが……。
(別の世界だからOKかなー、と)
現在は『ふしぎ遊戯 玄武開伝』という新シリーズが刊行されています。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4091384714/qid=1137986343/sr=1-8/ref=sr_1_10_8/250-2231608-6953063
連載時期は『ふしぎ遊戯』→『ふしぎ遊戯 玄武開伝』ですが、...続きを読む

Qレーザなどのビーム質(ビームクオリティ)とは?

レーザなどのビーム質(ビームクオリティ)とはどのようなものなのでしょうか?できれば詳しく知りたいのでどなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「レーザなどのビーム質(ビームクオリティ)」がM2値(もしくはK値)をさしているのであれば、
光測定器ガイド 著者 松本 弘一 編集 [オプトロニクス社] などを見ていただくと詳細にご理解ただけるかと思います。Web上ではレーザックスさんのページに解説があります。

http://www.laserx.co.jp/qa/part1.html#1-6

参考URL:http://www.laserx.co.jp/qa/part1.html#1-6

Q麻雀漫画 天の赤木の言葉についてです。

麻雀漫画 天における赤木しげるの「責任を取る道は、身投げのような行為の中にはない。責任を取る道はもっと地味でずーっとまっとうな道。」という言葉についてですが、

その後の言われた本人のひろゆきの解答、「俺は俺の麻雀を全うすればいい」「たとえどんな状況であれ 自分の麻雀を捨てちゃいけない」などと解答してますが、

初めて読んだ時から今の今まで、自分の印象は、ポカーン、でした。

え、違うんじゃない? あ、そうか、これは福本さんがわざとひろゆきの未熟さを表現しているんだ、ほかの漫画では見られないが、読んだ読者に、おもしろくないななどと、悪い感想を持たれてなお、いやそれでこそ真に愚かさ、未熟さなどを表現できるんじゃないか、という前々から自分も思っていたような、比較的高度でないかと思われる登場人物の未熟さ、愚かさの表現方法なのではないか、いやそうであってください、お願いします、まさかあの解答が本気なんだとは人間の可能性を信じる意味で思いたくない、といった心境です。

赤木が言いたかったのはそんな発展的話でもなんでもなく、あの言葉通り、

「責任を取る道は、身投げのような行為の中にはない。責任を取る道はもっと地味でずーっとまっとうな道。」

というそれ以上でも以下でもなく、またそれが本質、本題だと思います。

まず単純にその言葉の意味を理解し、それこそが唯一するべきことだと思うのですが。

自分の麻雀をつらぬくだのなんだのは結果的にやることは人によってはそれになるかもしれないですが、ひろゆきさんまず見るとこ考えるとこがちゃうんじゃないかと。

例えるならば、交通事故を起こし誰かを死なせてしまった場合、だからといって自殺するのは責任を取ることにも何もならずただその本人さんの都合のいい現実逃避、責任放棄の手段でしかないと思います。

本当に責任を取るならば、それから長い長い間ずーっと謝り続ける、被害者の家族等にできるかぎりの(お金がすべてというわけではありませんが)お金やその他の援助などできる限りのことをする、被害者のお墓にお参りし続ける、何より罪の意識、その罪自体を向き合い続け、都合よく忘れたりしない、反省し続ける、などだと思います、例えばの一例ではありますが。

まぁそんな感じで、ひろゆきさんの解釈ってうーんポカーンというか、好意的に解釈するならば高度な未熟さの表現というかという心境です。

皆様の意見をお聞かせいただけると参考になってうれしいです、どうぞよろしくお願いします。

麻雀漫画 天における赤木しげるの「責任を取る道は、身投げのような行為の中にはない。責任を取る道はもっと地味でずーっとまっとうな道。」という言葉についてですが、

その後の言われた本人のひろゆきの解答、「俺は俺の麻雀を全うすればいい」「たとえどんな状況であれ 自分の麻雀を捨てちゃいけない」などと解答してますが、

初めて読んだ時から今の今まで、自分の印象は、ポカーン、でした。

え、違うんじゃない? あ、そうか、これは福本さんがわざとひろゆきの未熟さを表現しているんだ、ほかの漫画で...続きを読む

Aベストアンサー

そうだよ。
アカギは人に迷惑をかけないから《優しいからね》
自死さえ周囲の理解を得られたんだよ。

ヒロ・・にはヒロユキらしい地味と安寧な麻雀がある。

ふぅ・・・

Q天神様

梅干の種の中の核を「天神様」といいますが、ありゃあ一体どうしてなんですか?
まさか「こちふかば・・・」から来てるとは・・・安易だと思うんですが。

Aベストアンサー

その通りです。
天神様、即ち菅原道真は梅を大変愛しました。というより、当時の貴族は中国伝来の梅とその花を愛でていました。道真が左遷され京の都から大宰府(福岡県)に流されたとき、京都の屋敷に残した梅を思って詠んだといわれる「東風吹かば」の歌と後に庶民の間に広がった梅干を食べる習慣から、梅干の実を割ったときにでてくる核を天神様と見なしたのでしょう。確証はありませんが、これは多分、江戸時代の旅人が旅の安全のために持ち歩いた(懐に入れて)という仏像に由来すると思います。精巧に作られた仏像は左右に分かれる木製の実の形をした容器に納められていました。それが梅の実と核に似ています。この携帯用超小型仏像の正式な呼び名は失念しましたが、現在でも複製が売られています。

参考URL:http://www.baynet.ne.jp/~tenjin/map/1s011.html

Q漫画「センゴク天正記」は三木合戦を描くのでしょうか?

週間ヤングマガジンで連載している宮下英樹さんの描いている
センゴク天正記についての質問なのですが、
現在は長篠の合戦を行っていると思うのですが、この戦いの後にはいったいどの戦を描くのか気になっています。
私個人としては地元の1578年から始まった三木合戦を描いてほしいと思っているのです。
この合戦は竹中半兵衛の死や秀吉の初の総大将としての活躍があり、豊臣秀吉の戦についての策略の基礎と言われるような合戦なので是非とも描いてほしいと思っているのです。
しかし、時代的にも本願寺との石山戦争などと被っているので少し心配になのです。
もしよろしかったら、情報をお持ちの方教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

とりあえず新章は信長が上杉謙信に惨敗したとされる1577年の手取川合戦編に突入してます。三木合戦をもしやるのであれば、その後と言うことになりますが、今のところは何とも……… (^^;)。

Q【宗教・神・七福神】日本人が好きな七福神の神ですが宝船に乗船している7人の神のうち日本人は恵比寿様の

【宗教・神・七福神】日本人が好きな七福神の神ですが宝船に乗船している7人の神のうち日本人は恵比寿様の1人しか乗っていないのになぜ日本人は七福神を敬うのでしょうか。

東京の浅草神社が祀っている神は大黒様でインド人ですよね。

わざわざ日本に来て、何が悲しくてインドの神を拝みに浅草神社に行くのはなぜでしょう。

Aベストアンサー

何にでも手を合わせるのが日本人。外国の神様なら、なんだかもっとご利益がありそう。
亡くなった祖母は、教会だって何だって手を合わせていました。
口癖は「守ってくれよる。」でした。
一神教徒には理解できないでしょうが、多神教徒はそういうものです。
わざわざ日本に来たのなら、何にでも手を合わせてみてください。
それが、日本人の心です。
(おばあちゃん、めったに手を合わせに行かなくてごめんなさい。心の中で合わせてるからね~。合掌)

Qタイムスリップものの漫画。

 こんばんは^^

 タイトル通りなのですが。。。
 少年漫画・少女漫画問いません。
 皆様のオススメな漫画をお教えくださいませ^^

 ちなみに「王家の紋章」「天は赤い河のほとり」は持っております。
 

Aベストアンサー

赤石路代さんの作品で見てみたいと思って見たことはないのですが、 

赤石路代 「AMAKUSA 1637」
高校生活最後を記念した集団で船旅をしている途中、タイムスリップして江戸時代初頭の島原へいってしまう話だそうです。

あと、藤子ふじお 「ドラえもん」

Q留守番の番は、交番の番ですか? それとも順番の番ですか?

留守番の番は、交番の番ですか?
それとも順番の番ですか?

Aベストアンサー

#4です。お礼ありがとうございます。

>はい、それがどうして、番を目的としている訳でもなく、家に残る人を留守番と呼ぶ様に転じたのか? 知りたいです。

元々「留守番」と言う言葉は、留守を守る、つまりみんなが出かけて行ったときに残って番をするから留守番とよびました。

昔と言っても40年ぐらい前だと、残っている人のやることはそれなりにあったからです。
たとえば
・電話が鳴る→留守電なんてないから、必ず取って誰が電話くれたか確認する
・誰かが来る→インターホンに記録が残るわけではないから対応する
・配達物が来るのを受け取る
など今では人が居なくてもなんとかなりますが、昔はそうはいきませんでしたので、留守を預かるというのは当然に、番をすること、だったのです。

したがって、家に残ることは留守番をする、ということだったのです。
最近は家に残っていても、必ずしも留守番をしているわけではありませんね。電話にも出ないし、インターホンにも出ないし、配達物は受け取りBOXで済ませてしまうことも多いでしょう。

ですから、最近は実態として留守番ではありませんが、家に残ることは「留守番」とよぶのが残っているのです。

#4です。お礼ありがとうございます。

>はい、それがどうして、番を目的としている訳でもなく、家に残る人を留守番と呼ぶ様に転じたのか? 知りたいです。

元々「留守番」と言う言葉は、留守を守る、つまりみんなが出かけて行ったときに残って番をするから留守番とよびました。

昔と言っても40年ぐらい前だと、残っている人のやることはそれなりにあったからです。
たとえば
・電話が鳴る→留守電なんてないから、必ず取って誰が電話くれたか確認する
・誰かが来る→インターホンに記録が残るわけではないか...続きを読む

Q最近カイジにはまって、他の福本漫画もみたいです

特にアカギが気になっているんですが天という漫画のスピンオフみたいで、どっちからみた方がいいのかよくわかりません
やはり天も読んどいた方がいいですか?
また麻雀の漫画みたいなんで麻雀を知らない俺でも楽しめますか?
カイジみたいな別のギャンブルも見てみたいような…
あとカイジやアカギに公式ファンブックみたいな単行本とは別に本が出ていますか?
質問ばっかりですいません…

Aベストアンサー

「天」から読むことをお勧めします。
理由は簡単で、「天」はすでに完結していますが、「アカギ」の方は未だに連載が続いていて終わっていないからです。
特に「天」の方はラスト3巻(16~18巻)は完全に赤木が主役になっています。
内容も非常に濃いですし、赤木のファンになることは間違いないと思います(とにかくカッコイイ!)

麻雀が分からなくても大丈夫かということですが、知らなくても十分楽しめます。
知っていればもっと楽しめるのは事実ですが、
台詞回しや互いの駆け引き・リアリティある名言が福本マンガの最も面白いところだと思うので、
ルールを知らなくても大丈夫だと思います。
気になったならこれを機会に麻雀を覚えてみてはどうでしょう?
ハンゲームなどのネット麻雀で手軽にできるので、覚えたら楽しいですよ
(参考URLの所は良心的なサイトでわかりやすいのでお勧めです)

参考URL:http://www2.odn.ne.jp/~cbm15900/

Q×印と○印の由来を教えてください

正解を○、不正解を×と書くのは、
どこに由来があるのでしょうか?

正解を「丸」と言う語源はどこに
あるのでしょうか?

バツは罰点の略だと聞いたのですが、
なぜそれが × と書かれるように
なったのでしょうか?

ご存じの方、教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

過去にも同じ質問がされていました。
参考になれば、見てください。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1258848


人気Q&Aランキング

おすすめ情報