私もユキネットでアクセスポイント書き換え被害に会いました。
もちろん情報料は支払い拒否するつもりですがNTT通話料につい
てはやはり支払わなければいけないのでしょうか?私の考えでは
これは詐欺でありそのようなところと契約を交わし一般利用者と
接続しているNTTにも責任があり、支払う義務は無くNTTが請求す
るのであれば不正アクセスによって通話料を発生させたユキネット
に請求するべきなのではないでしょうか?客観的、また法的な意見を
聞かせていただければありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

ATOM2さん、こんにちは。



理想論では無く、現実的な回答をしたいと思います。

まず、NTTが善意(事情を知らない事)である限り、ATOM2さんは通話料金を支払う必要があるでしょう。
しかし、明らかにQ2業者の詐欺により被った損害なら、その通話料金をQ2業者に損害賠償請求できます。

仮にATOM2さんが、NTTに通話料金の支払い拒否をしたなら、その時点からNTTもATOM2さん同様、被害者になります。

NTTがQ2業者と共謀し、詐欺行為を行ったのなら、通話料金の支払い拒否は当然ですけどね。

さて、Q2業者と契約しているNTTの責任ですが、個々の契約業者の不法行為に対して責任を追求することは、NTTが善意である限り、不可能に近いと思います。
また、NTTが善意である事を強固に裏付ける条件として、Q2の審査方法があります。
Q2は、Q2業者とNTTが単純に契約している訳では無く、第三者機関である(社)全日本テレホンサービス協会内に設置された倫理審査委員会における審査を通過したものしか、NTTと契約できません。
つまり、「NTTは自らの意志でQ2業者と契約しているのではない」という形態をとっている訳です。
この様に理論武装しているNTTに対し、ATOM2さんが挑むのはチョット大変そうです。

現実的には、Q2業者に対し、詐欺行為による情報料の請求は不法行為であるとして支払いを拒否し、NTTの通話料金は、詐欺行為により損害を被ったとして、Q2業者に損害賠償請求すべきでしょう。
ただし、この場合ATOM2さんは裁判等のオープンな場で闘う事になり、ATOM2さん個人をQ2業者の知る事となります。またQ2業者の「ATOM2さんは注意義務を怠った」などの反論に対抗できる必要があります。

単に情報料のみを支払い拒否するなら、NTTに対し「Q2情報料の支払い拒否」と同時に「利用者名通知拒否」するだけですので、基本的にはATOM2さんの個人情報はQ2業者に知らされませんから、安心ではあります。

あとはATOM2さんの判断次第です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。現実的な回答でとても参考になりました。
通話料は授業料だと思う事にします。ただ、腹が立つのはNTT
がこれだけ被害が広がっているにもかかわらず接続できないソフト
やユ-ザーに気をつけてというだけで、Q2業者には何ら調査、注意
、勧告を行っていないという事です。

お礼日時:2001/04/28 01:17

---------------------------------------------------------------------


Q2は、Q2業者とNTTが単純に契約している訳では無く、第三者機関である(社)全日本テレホンサービス協会内に設置された倫理審査委員会における審査を通過したものしか、NTTと契約できません。
---------------------------------------------------------------------
うーむ、全日本テレホンサービス協会というものがあるんですね。
これって、NTTが用意してあげた郵政の天下り先じゃないのでしょうね。
ますますNTTの姿勢が...

参考URL:http://www.nts.or.jp/
    • good
    • 0

NTTにダイヤルQ2の解除を申し込んだら、


解除ではなく、ソフトウェアを利用するように説得を受けました.

はじめに電話回線を申し込んだときにはQ2なんて制度は無くて、
NTTが勝手に始めた商売なのに、ソフトをダウンロードして
常駐させて置け!というわけです。

もちろん解除しましたが、予想外に時間が掛かりました。

有料である事を接続時に通知しない有料接続サービスが
詐欺に使われるのは当然でしょう.
すでにいろいろ問題が生じているのにソフトの配布程度しか
手を打たないNTTは共同正犯ですから支払いは拒否できそうです.

でも、現実には、NTTが詐欺行為に明確に荷担している事を
証明しなくてはなりません。
立証責任はユーザー側にあり、立証できない限り、
NTTには責任はありません。
「通信の内容にまでは立ち入れない」と言われてしまうと、
それ以後の追及は難しいところです。

ただし、ネット側に、その分(通話料)を請求する権利までが
消えてしまうわけではありません.
意図しない通話をさせられたわけですから、こちらが立証しなければ
ならないのは、「相手に仕掛けられた意図しない通話」と「被害額」だけです。
この立証は簡単でしょう.
被害額(通話料)は、Q2の料金から逆算できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。とても参考になりました。

お礼日時:2001/04/28 01:09

NTTにダイヤルQ2の解除を申し込んだら、


解除ではなく、ソフトウェアを利用するように説得を受けました.

はじめに電話回線を申し込んだときにはQ2なんて制度は無くて、
NTTが勝手に始めた商売なのに、ソフトをダウンロードして
常駐させて置け!というわけです。

もちろん解除しましたが、予想外に時間が掛かりました。

有料である事を接続時に通知しない有料接続サービスが
詐欺に使われるのは当然でしょう.
すでにいろいろ問題が生じているのにソフトの配布程度しか
手を打たないNTTは共同正犯ですから支払いは拒否できそうです.

でも、現実には、NTTが詐欺行為に明確に荷担している事を
証明しなくてはなりません。
立証責任はユーザー側にあり、立証できない限り、
NTTには責任はありません。
「通信の内容にまでは立ち入れない」と言われてしまうと、
それ以後の追及は難しいところです。

ただし、ヒロユキネット側に、その分(通話料)を請求する権利までが
消えてしまうわけではありません.
意図しない通話をさせられたわけですから、こちらが立証しなければ
ならないのは、「意図しない通話」と「被害額」だけです。
この立証は簡単でしょう.
被害額(通話料)は、Q2の料金から逆算できます。
    • good
    • 0

確かにselenityさんがおっしゃるように、NTTからはダイヤルQ2チェックプログラムなんかも出ていますし、申し出ればQ2そのものにつながらなくすることもできますね。



でもね。どちらも被害者に対する言い訳みたいなものです。
(「わかってるのならドロボーの味方するな」と、かえって腹が立つ)
たいていの人は被害に遭って初めてダイヤルQ2のワナがあることに気がつくんだもの。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Q2kiraiさんには言いたい事を代弁してもらってありがとうございます。
ちなみにNTTはこれだけ被害が広がっているにもかかわらず、その Q2
業者に対し何の手も打っていないそうです。それでは同様の被害がこれか
らもでつづけるんじゃないのか?との問いに「本人に気をつけてもらうし
かない。」との答えでした。あきれるばかりです。まだまだ被害者は増え
そうですね。

お礼日時:2001/04/28 01:03

運営側にしてみれば簡単に料金を徴収出来てしまう


ため、ちょっとの魔がさして、、、ということも
あるのでしょう。
でも、それに対する罰則規定が公でない点も
詐欺まがいの行為を助長するのでしょう。

ですが、これだけQ2被害が勃発しているにも
かかわらず、自己防衛も何もしないユーザにも
落ち度があるのではないでしょうか?
# 少なくともNTTは対策ソフトを提供して
# いるわけですし、、、
自己防衛としては
・ISDNならDialup Routerに変えてDialupRouterから
PPPする
・ADSL/CATVなどに変える
といった対策が考えられます。

参考URL:http://www.ntt-east.co.jp/q2/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。自己防衛はもちろん必要だと思います。
ただ、まだ出会ってもいないアクシデントに対し防衛策を打てる人などほん
の一握りだと思いますよ。

お礼日時:2001/04/28 00:42

絶対にNTTが悪いと思います。



詐欺まがいの行為を助長することがあるのはわかっている以上、ダイヤルQ2というサービスをするべきでありません。まして料金取りたての代行なんて。

NTTの不法行為助長を声を大に宣伝して、マイラインでボイコット運動を起こすべきだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。本当にマイライン獲得ばかりに一生懸命にならないで
もっと利用者のことを考えてほしいもんです。

お礼日時:2001/04/28 00:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q慰謝料未納「支払請求訴訟」の手順

すいません。途中で送信されたのでこちらで改めて
お伺いします。婚約不履行(厳密には婚約指輪をもらい
私の親に挨拶までしてくれたのですがなんと既婚者だった・・)があり慰謝料をもらってます。
その慰謝料が約1年未納になっております。
最初は
(1)まず相手の連絡先がわかれば電話等で直接交渉する。
(2)応じないなら、内容証明で督促する。
↑の手順を踏もうと思いましたが 相手が「お金がないから月5万支払いの所を月1万にしてほしい」 とアフォな返事が向こうの弁護士を通してありました。
今更内容証明をおくっても無意味と判断した為 (1)と(2)は飛ばす事にしました。
次の段階として手っ取り早く裁判を起そうと思うのですが「支払請求訴訟」という名前の訴訟でいいのですか? そうだとしたらどんな手順を踏めば宜しいでしょうか? 恐れ入りますがどなたかお助け下さい。

Aベストアンサー

1慰謝料支払に関する、金額、支払方法を取り決めた書面がありますか?
ⅰ口約束だけなら調停を申し立てるのが良いでしょう。
2以降は書面があるとの前提です。
ⅰ相手の勤務先の社名・所在地がつかめているなら、支払督促→給与差押
ⅱ相手の取引銀行名支店名口座番号がつかめているなら、支払い督促→預金差押
但し、ⅰは勤務先を退職すれば、取立てる給与がないので回収できません。
   ⅱ差押日迄に預金口座を解約されれば回収できません。
3いずれにしろ「こんなに督促したのに払ってくれない」という証拠を残す為、また「そんなもの払えるか!」など相手の理不尽な反応を証拠に残す為、「内容証明郵便」により○月○日までに延滞分○円を支払えと請求をします。
4次に最高裁判所HP-裁判手続-簡易裁判所の手続-支払督促にアクセスすると手続解説、書式・記載例があります。URLhttp://www.courts.go.jp/
費用は数千円でご自分でもできます。
なお、調停申立ては上記URLで支払督促の上にある民事調停にアクセスすると上記と同様に、手続解説、書式・記載例があります。

1慰謝料支払に関する、金額、支払方法を取り決めた書面がありますか?
ⅰ口約束だけなら調停を申し立てるのが良いでしょう。
2以降は書面があるとの前提です。
ⅰ相手の勤務先の社名・所在地がつかめているなら、支払督促→給与差押
ⅱ相手の取引銀行名支店名口座番号がつかめているなら、支払い督促→預金差押
但し、ⅰは勤務先を退職すれば、取立てる給与がないので回収できません。
   ⅱ差押日迄に預金口座を解約されれば回収できません。
3いずれにしろ「こんなに督促したのに払ってくれない」という証拠...続きを読む

Q支払能力のない浮気相手から慰謝料を請求できる?

結婚して10年。子供が二人。
妻が一度浮気をしました。(探偵の調査により発覚)
しかし浮気相手は大学生で支払能力はなく、慰謝料は請求できない。
旦那は『次同じようなことを繰り返すようであればお前の親に責任をとってもらう』と浮気相手に言いました。
浮気相手は納得し、『もうしません』といいました。

しかし、数ヵ月後妻の浮気が発覚しました。相手は同じ浮気相手。
この場合、支払能力のない大学生もしくは両親から慰謝料を請求することは可能でしょうか?

Aベストアンサー

裁判にかかる費用は、弁護士費用を除けば
たいしたことはありません。

ですが、今回のケースの場合
悪いのは 妻であるような気がします。

そこまでは質問にないので、わからないですが
年齢差を考えると、そのように一般的に思われます。
となると、慰謝料もわずかですので、
経済的なメリットはないと思いますね。

Qまとめて支払った不貞慰謝料を相手に請求するには?・

私の不倫が原因で離婚しました。
その際、元妻から不貞慰謝料として相手方の分も含むという形で225万円を請求され150万円を一括で支払い残りを分割で支払っています。その後その不倫相手とは一緒に暮らしてたのですが最近別れました。私自身金銭的に困窮しており元妻への返済も滞ってる状況です。
そこでその不倫相手に90万円程の請求をしたいと思うのですが可能なのでしょうか? 

私なりにいろいろと調べましたがこういうのを『慰謝料の求償権』いうそうなんですが意見が別れるようみたいです。このサイトにも慰謝料の求償権の質問があったのですが私のとは違うようで...

Aベストアンサー

不明な点も多いので,参考までに。
そもそも,不倫相手はお金を支払うことを承知しているのでしょうか?
慰謝料の支払いを決めた覚書のようなものに不倫相手も一緒にサインしているなら,不倫相手も不真正連帯債務者ということで,求償の余地はあるでしょう。
しかし,慰謝料の支払いをあなたと元妻のみで決めたのであれば,不倫相手は拘束されません。その場合は求償はできないです。

Q支払督促申し立てをしますが、慰謝料請求も制度上は可能でしょうか?

支払督促申し立てをしますが、慰謝料請求も制度上は可能でしょうか?

Aベストアンサー

 制度上は可能です。貸金返還請求権も不法行為にもとづく損害賠償請求権(慰謝料請求権)も金銭債権であることに違いはないからです。
 しかしながら、支払督促は相手方の住所地(義務履行地として申立人の住所地とすることはできない。)を管轄とする簡易裁判所の書記官に対して申立をしなければならないこと、相手方の異議の申立により簡単に通常の民事訴訟に移行すること、支払督促手続が確定したとしても、判決と違って既判力がないので、後で相手方が請求異議訴訟や不当利得返還請求訴訟を起こして紛争の蒸し返しがなされる可能性があることに留意して、支払督促によるべきか検討してください。

Q事前契約なし、事後の支払請求に支払い義務はあるか

昨年6月に震災による生活困難になり、実家に引越をしました。
ペット飼っていましたが、両親より反対され、困った私は友人に相談しました。
その友人とは9年近い付き合いになります。
相談した結果、預かってもらることになり、7月から今現在まで預かってもらってます。
預かってもらう際には金銭的な話はいっさいなく、友人として好意で預かっていただけたものと受取っていました。
私は友人から広告等のデザインの仕事も依頼されます。
預かっていただく前は、友人価格にして請求するか、友人から購入したものと相殺してました。
友人ですから、著作権等の話もなく、データも渡してました。
その他わからないことにも対応し、料金を取ることもありません。
預かってもらっている時には、お世話になっているのでと話し、料金はいただいてません。
病院代等がかかった場合は、速やかに支払いをしました。
長い間友人としての付き合いで、お互いに得意なことで助け合ってきたと思ってきたのです。

両親の病気等いろいろ事情があり、今現在まで預けたままですが、今月どうにか費用もたまったので独立しようと動いてました。
友人も家庭のことと仕事で忙しそうでしたので、連絡するのも悪いと思い控えていました。
何かあれば連絡してくるだろうし、何もなければ元気にしているんだなと。
先月、入稿締切ギリギリで広告製作依頼をしてきて、その時にペットの状態の悪さと治療費のことを知らせてきましたが、速やかに支払いをし、デザインも入稿しました。
独立することも報告し、なるべく早く引取るようにすると報告もしました。

なのに突然「早く引取れとは言っていません。他者からも1日1000円で預かっているのだから、あなたからも預かり代を請求します。あなたは生活力がないのだから、無理に独立しても、また生活できずにペットを犠牲にしてしまう。ならば、最低料金で預かって最後まで面倒みさせていただこうと思います」というような内容のメールがきました。

預かっていただいていることには感謝しています。
私がするべきことは、早く引取れるようにすることだと思ってきましたが、まさかの支払い請求に戸惑っています。支払えば独立はできません。
「友人として」という行為が、お互いに間違えていたのでしょうか。
契約が何もなされてないのに、突然支払い請求が来た場合、それは支払わなくてはいけないものでしょうか。
請け負った仕事分は請求していいので、残りの代金を支払えと言ってきました。

金額はまだ提示してきていないのでわかりませんが、9ヶ月分ですから安くはないでしょう。
友人だからシビアにはデザイン料の請求はしていませんが、入稿直前でデザイン変更を何度もかけてきたり、とにかく細かいことにこだわるので変更が多くて、それでも通常の半額近い料金請求です。
通常ならば著作権契約をして、相手が印刷や二時使用をするのなら料金をもらうべきなのですが、それもしてきませんでした。
私もお世話になってきたことは感謝してますし、心ばかりの品物を贈ったり、気持は伝えてきました。
先月の仕事で無茶な要求をしてきたので、他社さんなら。。。というような友人だからこそ注意する意味で話をしたところから態度が変わってしまいました。
ペットともう一度一緒に暮らしていきたいと頑張ってきたのに、ショックで何も手につきません。
ホテルとして預かってもらうなら、きちんと報告してくれたり、遊んでくれたりする他のホテルに預けました。
いえ、最初からわかっていたなら、預けなかったでしょう。生活が困難なのですから。
それでも、9ヶ月も面倒みてくれことに感謝して、支払わなくてはいけませんか?

昨年6月に震災による生活困難になり、実家に引越をしました。
ペット飼っていましたが、両親より反対され、困った私は友人に相談しました。
その友人とは9年近い付き合いになります。
相談した結果、預かってもらることになり、7月から今現在まで預かってもらってます。
預かってもらう際には金銭的な話はいっさいなく、友人として好意で預かっていただけたものと受取っていました。
私は友人から広告等のデザインの仕事も依頼されます。
預かっていただく前は、友人価格にして請求するか、友人から購入したものと...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

ここでは,質問者さんと友人との人間関係の話は無視して,法律的な話だけします。

本件では,友人が質問者さんために保管をすることを約してペットを受け取っているのですから,法律的には,質問者さんと友人との間には無償の寄託契約(民法657条)が成立していると考えられます。
預かり料の約束をしていなかった以上,預かり料を支払う必要はありません。
また,寄託契約においては,「寄託者は、いつでもその返還を請求することができる」ことになっており(民法662条),友人がペットの返還を拒むことはできません。

【民法】http://www.houko.com/00/01/M29/089.HTM#s3.2.11
(寄託)
第657条 寄託は、当事者の一方が相手方のために保管をすることを約してある物を受け取ることによって、その効力を生ずる。
(寄託者による返還請求)
第662条 当事者が寄託物の返還の時期を定めたときであっても、寄託者は、いつでもその返還を請求することができる。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報