人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

看護士、弁護士、などの「士」と、
教師、医師、などの「師」とは、どんな意味の違いがあるのでしょうか?
国家資格であるとか、免許資格などいろいろ論点はありますが、明確な説明が得られません。
どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

別にたいした違いなどはないのではないでしょうか?


弁護士・司法書士・公認会計士・税理士・不動産鑑定士・行政書士など法律系の資格は「士」が使われ、「士業」などと言うようです。
医師・看護師・薬剤師・作業療法士・臨床心理士など医療関係の資格は「師」と「士」が入り混じってますよね…
教師は正式な職業名としては「教員」でしょうし、「師匠」の師でしょうから除外して考えた方が分かりやすいのかもしれません。

個人的には、2の方のご意見には賛同できません。
弁護士や公認会計士が医師に比してその分野を極めてないと言う事はありませんし、作業療法士が極め方の点で看護師のそれに劣るとも思えません。
それに1の方が張られているURLにも書かれてますが山師・詐欺師・ペテン師などにも「師」の字を使いますし…。

もし参考になれば幸いです。m(__)m

この回答への補足

なかなか薀蓄のある意見で、面白く読ませていただきました。社会通念とは、あやふやなものでしょうから、これといった既定はできないなあ、と思いました。

補足日時:2003/10/27 18:48
    • good
    • 2

士とは、武士のことです。

または、お金を取って教える人と昔は解釈しています。
師とは、先生のことです。無料で教えをつかさどる人。昔は偉い人のことで何かを極めた人でした。
いまは、士の方は、少し勉強をした人で普通の人よりは、少し出来る人。師の方は、その分野に極めた人です。と僕は理解しています。
    • good
    • 2

参考URLが参考になるかどうか。

(笑)

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/jun/icons/miya/word7.html
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「師」と「士」の違い

「きょうし」の「し」は「師」で「しょうぼうし」の「し」は「士」。「かいごし」は「士」で「かんごし」は「師」?
仕事の漢字につける、ふたつの「し」を書き分ける法則がよくわからないのですが、ルールはありますか?

Aベストアンサー

おおまかな考え方はあっても単一の法則はありません

・国家や公的な機関から資格として法律で名称が定められている「師」
 医師、歯科医師、看護師、薬剤師、美容師、調理師 などなど

・国家や公的な機関から資格として法律で名称が定められている「士」
 歯科衛生士、介護福祉士、弁護士、消防士、救急救命士 などなど

・特定の技能を受け継ぐ「師」 <-資格は問わない
 漁師、猟師、講師、教師、

・特定の技能をもつ「士」 <-資格が必要な場合も不要の場合も
 力士、運転士、整備士、

・元来、男の就く職業や地位に名前を付けた「士」
 学士、博士、兵士、戦士、


どちらかと言うと「士」は広い意味で用いられ、「師」はその中でも伝統とかより高い技能を持つモノに付ける傾向があるようです
でも、時代と共に名前の持つ意味合いや位置づけが変化するので

例えば講師のように簡単に名乗れるようなものになってしまったものもある
また、少し昔は女性の看護職を看護師とよび男性の看護職を看護士と呼んだ時代もありました
これは、男=士という昔の慣例から発生した呼び分けだと思われます

結論としては、一つ一つ覚えるしかないということになる

こんなページもある
桐生市医師会のサイト
http://kiryu.gunma.med.or.jp/1914/

おおまかな考え方はあっても単一の法則はありません

・国家や公的な機関から資格として法律で名称が定められている「師」
 医師、歯科医師、看護師、薬剤師、美容師、調理師 などなど

・国家や公的な機関から資格として法律で名称が定められている「士」
 歯科衛生士、介護福祉士、弁護士、消防士、救急救命士 などなど

・特定の技能を受け継ぐ「師」 <-資格は問わない
 漁師、猟師、講師、教師、

・特定の技能をもつ「士」 <-資格が必要な場合も不要の場合も
 力士、運転士、整備士、

・元来、...続きを読む

Q師、士の違い?

医師、看護師、教師、牧師、占い師・・・・
運転士、心理士、保育士、設計士・・・・
等、士、師と使い方が違います。どういう根拠?意味?理由?で使い分け?になっているのでしょうか?
師、士ではどちらが偉い?のでしょうか???
ちょっと気になって考えていたら、わけが分からなくなりました。

Aベストアンサー

以下、漢和辞典より。
「師」=師匠、導く者。もろもろ。技術を修めた者。
「士」=つわもの、すぐれた者。仕える者。技術を身に付けた者。

「師」は導いたり教える事ができますが、「士」は仕えるのが本分。
(ですから「看護師」ではなく「看護士」です)
ほとんどの職業で「師」「士」が同時に使われることはないですし、「弁護士」が「占い師」より偉いとは誰にも決められません。
また「医師」はみんな「医学博<士>」じゃないかとかいう問題もあります。
文書的には「士」は資格や職業、
「師」は尊称に近い、と考えればよいかと思います。

Q「師」と「士」の違いについて

「師」と「士」「司」の違いはどういうことでしょうか?
同じ意味なんでしょうか?

よく、「師」には、魔術師、詐欺師、講師などがぱっと浮かびます。

「士」には、看護士、弁護士、弁理士などです。

でも、ちょうりしは、調理師でも調理士でもいけそうです。

「司」には、保護司などがあります。

この分類基準はどうなっているんでしょうか?
語尾の「士、師、司」のいったい意味は、なんでしょうか?

Aベストアンサー

これは難しいですね。
わかる人いないと思いますよ。回答あったとしても
持論だけでそれが正確かどうかは疑問ですが、
私だったらそういうふうに書くものだと思って
覚えるだけです。深くは考えません。
まぁこういってはなんですが、そんなこと知らなくたって
立派に日本語話せるわけだし、きちんと覚えておけば
恥もかきません。

地面 と書いて「ぢめん」なのか「ちめん」なのか「じめん」なのかを追究するようなもので、このうちどれかは間違いでしょうけれど、気にしていってる人もいないし
知らなくたって意味は通じます。

人間もっと考えなくちゃいけないことはたくさんありますので他のことに頭使った方がいいとは思うのですが・・・。
まぁ、知って納得してもそれほどメリットはないと思います。きちんと覚えておけば一生困る事もないと思います。

Q「看護士」?「看護師」?

「看護婦」を「かんごし」と呼ぶようになりましたが、漢字で書く場合は「看護士」「看護師」どちらが正しいのでしょうか?
私はこれまで、「看護婦」と呼んでいた時代に、男性看護職の方を「看護士」とするものだと思っていましたが、最近、男性、女性に限らず看護職の方を「看護士」としている表現を多く目にします。
正しいのはどちらでしょうか?

Aベストアンサー

看護婦(女性)、看護士(男性)と言う名称は廃止され、看護師(男女)と言う名称に統一されました。

したがって看護師(と言うのが正しい呼び方です。

参考URL:http://www.city.kyoto.jp/hokenfukushi/siritubyoin/event/kangoshi/kangoshi.html

Q職業における「師」と「士」の違いは?

いろいろな職業によって、看護師・医師・教師など語尾に「師」がつく場合と、会計士・博士・税理士など「士」がつく場合があります。「師」と「士」はどういう視点で分類されているのですか。

Aベストアンサー

「士」は、指導的な立場(職業)の者につけます。

「師」は、専門の技術をもつ者や教授する者につけます。

【士】施工管理技士・士官・武士・代議士
【師】技師・導師・理容師


 「○○管理士」等の資格を作って、資格取得者希望者を食い物にする商売を「士(サムライ)商法」と言います。
「武士=侍」の「士」をとっているのでしょうね。
最近の稚拙な資格団体は、「師」を使う場合もありますが、コレも「サムライ商法」です。

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.

Q教師・教員・教諭の違い

教師・教員・教諭という言葉は、意味が違うのでしょうか? ニュアンスが違うのでしょうか?
それとも意味はまったく同じだけれど、現場によって使い分けされていたりする、というものなのでしょうか?
たとえば小学校の先生は教員で中学校は教諭、など。これはまったく見当外れのたとえかもしれませんが(^^;
また、先生が先生のことを表現する場合は、どれを使うことが一番多いですか?
先生や実習生の方からお答えいただければありがたいですm(_ _)m

Aベストアンサー

教諭は、「教育職員免許法による普通免許状を有する、小・中・高等学校、幼稚園、養護・聾(ろう)・盲学校の正教員」をいいます。

教員は、「学校で児童・生徒・学生を教育する職務についている人」を指します。こちらには、非常勤講師や実習助手など教諭とは言わない人々も含まれます。

教師は、「1)学校などで、学業・技芸を教える人。2)宗教上の教化を行う人。」とあり、学校の内外を問わず、教え導く人を指しています。だから、家庭教師とは言っても家庭教員とか家庭教諭とは使いません。

 先生が同僚のことを呼ぶときには「○○先生」と普通に使われています。でも、ベテランが新米教師にも「先生」なんて敬称を使うのはおかしいですよね。逆に、「先生」呼ぶにふさわしい人も1割いるかいないかという惨状ですが・・・。

Q介護士って

私は介護の仕事をしています。ヘルパー2級です。
時々世間で介護士という言葉を耳にするのですが、いったい何のことなんでしょう。介護福祉士の略なのか、はたまた介護の仕事に従事している者全般をそう呼ぶのか・・・。

人から仕事何してるの?と聞かれたとき、介護士といいたいところなんですが、そんな資格はないしそんな職業だってあるかわかりません。間違った言葉なのでしょうか。そう思っていつも介護の仕事をしています。と答えています。介護士ですと名乗ってよいのでしょうか。

また、士と師の違いですが、調べたところによると、士には、弁護士、税理士など、教養があり、事務の仕事を担っている職業につけられていることが多く、師は看護師、医師、教師など、専門的な技術を持ち、誰かを指揮するような意味合いがあるようです。

介護士の場合、どちらかというとイメージは介護師のほうが近いと思います。よく使われるのは介護士ですけど、介護師という言葉も時々目にします。

何が正しくて、何が間違ってるのか・・・知ってる方いらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

介護士と名乗ってもよいか
『介護福祉士』を所有していないのに介護福祉士と名乗るのは禁止されてますけど。『介護士』なら大丈夫です。介護を生業とする人=介護士ということで通用すると思います。ただ、私は介護福祉士を持っておらず紛らわしいので、職場内外でも介護職と言ってました。

士or師か
専門的な技術を持ち指揮する業種の中にも、理学療法士、栄養士など『士』がつくものがありますし、明確な定義がないような気がします。これは下記の質問に詳しいのでよろしかったらどうぞ。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=685723

Q士業の資格難易度を格付けしてください。

士業の資格難易度を格付けしてください。

世の中にたくさんある資格の中で士業(●●士)の資格
の難易度をランキング付けしていただきたいと思います。

対象は下記です。

司法書士・行政書士・不動産鑑定士・土地家屋調査士・FP
公認会計士・弁理士・宅建・海事代理士・社会保険労務士
中小企業診断士

※宅建・FPは士業とは言い難いですが、参考までに入れてみました。
※司法試験・税理士は受験資格自体狭き門の為省いています。

もちろん、それぞれ専門分野が違う為、全く普通の人間(理系・文系等全て平均知識)
が受験する感覚で一般的なランキングを付けていただければと思います。

2位タイ、3位タイとかでもOKです!!

もしよろしければその理由を付けていただければ幸いです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

うーん、受験者の属性や試験の形式にも因るので、単純な順位付けは
難しいですが・・・

(1)この中では「司法書士」「公認会計士」「不動産鑑定士」「弁理士」は
 国家資格中、最難関グループに属します。特に、司法書士は「科目免除」
 や「科目合格」が全く無い「一発勝負」で(口述だけは1回、リトライ
 できますが・・)合格率が約2~3%程度になるよう、調整も事実上入
 る、書式試験は実務の能力が試される、等、著しい難易度です。他は科
 目合格や一部免除が申請できるので、条件に当てはまれば、幾らかは難
 易度が下がります。とはいえ、受験生は一流の大学や大学院を出ている
 人が多数なので、元々の受験者の母集団のレベルが高く、そんな中での
 10%前後の合格率ですから、厳しいことには変わりありません。反面、
 司法書士には「受験要件」が無いため、誰でも受験できます。これらは、
 いわゆる「才能」と「運」が「努力」と共に必要な資格と言えると思い
 ます。

(2)次に「土地家屋調査士」も「2次試験」が測量士などの既得資格で免除
 になれば、大分ハードルは下がるものの、それでも司法書士と同じく実
 務形式の「書式」試験、口述試験がありますし、免除なしで全受験する
 なら、(1)に匹敵する難易度になります。

(3)「診断士」「社労士」「行政書士」は、(1)よりは「努力」でカバーでき
 る資格なので、現実、普通のサラリーマンや学生の合格者も多いですが、
 それでも、時間をこなすだけの学習では合格は困難です。情報収集して、
 的確かつ効果的なやり方が求められます。

(4)「海事代理士」は合格率的には難関とは言えませんが、受験者の多くは
 関連業務で既に法知識のある「司法書士」「行政書士」開業者が、業域
 の拡大を狙って受けるためです。また、試験内容が特殊で教材が少ない
 事から、二次の口述試験など、むしろ「勉強の仕方」が分らなくて苦労
 します。

(5)「宅建」「FP」はこの中では、受験要件も無く、最も容易な「エント
 リー」クラスの資格ですが、さりとて合格率は20%を切る(FPは2
 級技能士以上)国家資格であり、安易な気持ちで挑戦すると、何度受け
 ても受かりません。特に宅建は何度も不合格で、結局、諦めてしまう人
 が意外といます。ただ、キチンと努力出来れば、運などに左右されず、
 必ず合格できる資格だと思います。

 (結論)
 
 司法書士≒会計士・不動産鑑定士、弁理士>調査士>診断士>社労士≒行政書士>海事代理士>
 宅建・FP(2級以上)

 ※正直、最難関資格は個人の属性や得意・不得意分野などで主観が入り、一概にはいえない。
 ※「診断士」は二次で実務講習or専門教育が必要なため社労士以上の難易度とした。
 ※社労士と行政書士は年度で難易度にバラつきがあり、どちらが上かは一概に言えない。ただ、
  専門性や出題の深さ、細かさでいえば、「社労士」がやや難しいという意見も多い。

うーん、受験者の属性や試験の形式にも因るので、単純な順位付けは
難しいですが・・・

(1)この中では「司法書士」「公認会計士」「不動産鑑定士」「弁理士」は
 国家資格中、最難関グループに属します。特に、司法書士は「科目免除」
 や「科目合格」が全く無い「一発勝負」で(口述だけは1回、リトライ
 できますが・・)合格率が約2~3%程度になるよう、調整も事実上入
 る、書式試験は実務の能力が試される、等、著しい難易度です。他は科
 目合格や一部免除が申請できるので、条件に当てはまれば、...続きを読む

Q有無、要否、賛否、是非、可否、当否…これらの言葉について

<A>
有無=あるかないか
要否=必要か否か
賛否=賛成と反対
是非=よいことと悪いこと
可否=よいことと悪いこと
当否=正しいか正しくないか。適切かどうか。


1.上記Aのような種類の言葉について、もっと知りたいので
他に何かあれば教えて下さい。

2.Aのような種類の言葉の事を何と呼ぶんでしょうか??

3.Aのような言葉を、どういう風に使えばいいのですか?
例文を示して頂けないでしょうか。

4.「是非」「可否」「当否」の意味は、全部同じですか?
違うとすれば、どのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

使用例

要否=要否を問う

賛否=賛否両論、賛否を問う
是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。
可否= 可否(良し悪し)を論ずる。可否(賛否)を問う。
当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、

是非と可否は同じ意味です。
当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。
二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。類語として、否応(いやおう)があります。意味は断ることと承知すること。使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた)


人気Q&Aランキング