タイトル通りのジャンルの小説を探してます。
既に読んで面白かったものとしては、
小林泰三
貴志祐介
瀬名秀明
梅原克文
などの作品はだいたい読みました。中でも「二重螺旋の悪魔」「天使の囀り」が特に好きです。
上記作家さんの作品以外で自分に合いそうな作品、作家があれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

質問の作家さんだと、梅原克文さんがイチ押しです。


久々の新作「心臓狩り」が連続刊行中で、月末が待ち遠しいです。


北上秋彦「種の終焉」「種の復活」「種の起源」の3部作。
ホラー要素は少なく、長編国際謀略サスペンスとかの分類になっていて、現在入手は面倒ですが。
最近の作品はホラー要素が強いですが、個人的には上の作品の方が好みです。


海外の作家だと、

D・R・クーンツの初期の作品「ファントム」「ウォッチャーズ」「ライトニング」
マイクル・クライトンの「プレイ-獲物」や映画のイメージが強烈ですが「ジュラシックパーク」
スティーブン・キングの「IT」「ドリームキャッチャー」

とか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
梅原克文さんの新作は全く知りませんでした。
早速入手して読みたいと思います。

お礼日時:2011/07/07 08:37

貴志祐介、大好きです。



「向日葵の咲かない夏 」 道尾 秀介
 
  夏休みを迎える終業式の日。先生に頼まれ、欠席した級友の家を訪れた。きい、きい。妙な音が聞こえる。S君は首を吊って死んでいた。だがその衝撃もつかの間、彼の死体は忽然と消えてしまう。一週間後、S君はあるものに姿を変えて現れた。「僕は殺されたんだ」と訴えながら。僕は妹のミカと、彼の無念を晴らすため、事件を追いはじめた。あなたの目の前に広がる、もう一つの夏休み。
  
「シャドウ」「背の眼」他どれもお勧めです。


「血の冠」 香納 諒一

  警察OBの越沼が殺された。頭蓋骨が切断され、脳味噌に王冠のように釘を植えつけられて。それはかつて「キング」と呼ばれる殺人者が繰り返した、二十六年前の忌まわしい迷宮入り事件の手口と同じだった―。弘前中央署会計課係長の小松一郎は、幻馴染みの警視庁警視正・風間によって、捜査の最前線に立たされる。少年時代二人はキングの被害者だったのだ。地元有力者を密かに容疑者と目する風間たち。だが、その追跡も空しく、猟奇殺人はさらに続く。そして、解決の鍵となる捜査資料が紛失した。署内に事件と関わりのある者がいるのか?北の街を舞台に心の疵と正義の裏に澱む汚濁を描く、警察小説の傑作誕生。

警察小説と言うよりサイコ物だと思います。


「連続殺人鬼 カエル男」 中山七里

  口にフックをかけられ、マンションの13階からぶら下げられた女性の全裸死体。傍らには子供が書いたような稚拙な犯行声明文。街を恐怖と混乱の渦に陥れる殺人鬼「カエル男」による最初の犯行だった。警察の捜査が進展しないなか、第二、第三と殺人事件が発生し、街中はパニックに…。無秩序に猟奇的な殺人を続けるカエル男の目的とは?正体とは?警察は犯人をとめることができるのか。
  
    • good
    • 1

「二重螺旋の悪魔」「天使の囀り」は面白いですね。



「ガダラの豚」中島らも
ホラーであり冒険小説でありSFでありトンデモ暴きであり、でもやっぱりホラーです。

「レフトハンド」中井拓志
登場人物が軽薄でチンピラ過ぎてはじめは感情移入できないのですが、物語が進むにつれて

「絹の変容」篠田節子
わりと作風に幅があるひとですが、SF、ホラー、伝奇物などジャンル小説がなかなか面白いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
紹介していただいた作品のあらすじをみた感じではどれも面白そうなので
入手でき次第読んでみたいと思います。

お礼日時:2011/07/06 09:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Qこんなサスペンス・ホラー小説を探してます。

こんなサスペンス・ホラー小説を探してます。

ある日を境に、主人公の回りでいくつもの不吉なことが起こり、やがて追い詰められていく

という内容のサスペンス・ホラー小説をお願いします。

Aベストアンサー

S・キング『シャイニング』
小池真理子『墓地を見おろす家』
歌野晶午『世界の終わり、あるいは始まり』
『墓地を見おろす家』は求めている条件に近い小説だとおもいます。
『世界の終わり、あるいは始まり』は悪夢の中で悪夢を見ているような終わりのない怖さを感じました、ホラーではありませんがもし良ければどうぞ。本の内容などは気になったら調べてみてください。

Q霊能捜査官アリソン・デュボアで質問があります。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り、LAでサーフショップを始めようと約束し、LAに向かう途中、アリソンの家に寄ります。

弟は、そういう能力があることをひた隠しにしているのですが、 毎晩のように、その軍曹が弟の枕元に現れては怒鳴り散らすので、 アリソンにもバレてしまい、アリソンは弟に真実を語らないかぎり、 軍曹は出続けるし、正しいことをしろと説得します。
で、彼は親友を裏切って軍曹のお葬式で、真実を語ることにします。

そこから先は、場面が変わって、晴れ晴れとした表情の弟が、 LAに行くバスに乗り込みます。 で、このラストシーンが謎なのですが、バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼しているのです。弟も敬礼をし返して そのまま去っていきます。

この軍服姿の友人は、死んでるってことなんでしょうか? 生きていたら、つかまって軍法会議にかけられるわけで、 バスターミナルになんかいられるわけないし…
それとも、弟は真実を語らなかったのか、でも、それでは何も解決しないし…
そこのところが、はっきりしないので、気になっています。

長くなってすみません。もし、わかる方がいたら教えてください。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り...続きを読む

Aベストアンサー

『バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼』
↑この、にこやかに敬礼していた軍服姿の人は、
親友ではなく軍曹だったのではないでしょうか?

アリソンが言った通り、弟が真実を語ったことによって
軍曹の無念の気持ちがやわらぎ、笑顔で出てきてくれた、
と考えると筋が通ると思います。

Qホラーやサスペンス、SFでお勧めの本

死や暴力のできるだけ含まない
読んだ人が、恐怖や吐き気を催すような
小説、又は文庫でお勧めのタイトルを
教えていただけないでしょうか?

例えば、猟奇物や人の死を細かい描写で
書ききったものは、誰でも恐怖すると
思うのでそれは出来るだけ避けてほしいです。
(これが含む物はいくらでもありそうですし)

エドワードゴーリーの絵本のような
雰囲気の延長で死の表現を
含まないものがあったら
ベストなんですが。

Aベストアンサー

No.1です。
補足頂きましたので、再び参りました。
星氏は、アラビアンナイトよりもお話をかくと決めていたようで、
1000話以上のショートショートを残されております。
氏自身、かなりのSF好きでも有名であります。

月並みですが、代表作は、「ボッコちゃん」でしょうか。
http://www.amazon.co.jp/ボッコちゃん-新潮文庫-星-新一/dp/4101098018
今、ちょうど人に貸していた「ご依頼の件」も戻ってきました。
久々に読み返してみました。やはり面白いなと思います。
どのお話も、時代を感じさせない星氏の工夫がなされています。
これは、いつ読んでも古いお話に感じさせないという作者の思い入れがあったためだそうです。

たまに、長編物とかもありますが、大半がショートショートです。
私は、結構みんな好きです。
「人民は弱し、官吏は強し」などは、星氏の家業の苦労話をかかれています。
すごいお坊ちゃんだった人なんですよね。本人はオタクですが。素敵な人でした。

お気に召してくださると嬉しいです。

Q【素人小説の為】自衛官の階級、年齢、活動の違和感の無い組み合わせについて

 自力では、Web検索や書籍から調べることが出来なかった為、質問させて頂きます。

 現在素人のブログ小説で、市街地で破壊活動を行うSF的に強力なテロリストに対し、自衛隊内でそれに対抗する10名~20名程度の隊が組織されていると言う描写を行おうとしています。

 そこで、その隊を現場で指揮する人物を登場させたいのですが、それを四十代男性と設定することはおかしくないでしょうか?20代前半の主人公に対する良き理解者と言う位置付けとしたい為です。

 また、その場合、その人物の階級はどれ程でしょうか?1等陸尉や3等陸佐と考えたのですが、これは妥当でしょうか?

 これらの疑問を解消して下さるご回答、或いは参考となるWebサイトなどのご紹介を頂きたく、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけの『ホラ』が用意されているわけです。

 お示ししたサイト等に示されているのは最速・最遅のモデルケースであって、その中間を指すあたりならばそれなりの妥当性を付けることはできるでしょうし、多少の無茶も承知ならば、防大・一般幹候出という設定も新宿鮫同様、なくはありません。別に総て表に出さなくても良いわけで。
#いま作ってくれ、と言われりゃやらなくもないですが、それは支援者たるの領分を越える

 また、習作であるとお見受けしますので、発表によるツッコミでさらにブラッシュアップしてしまうと言うこともアリだと思います。

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけ...続きを読む

Q結末でびっくりするSF小説

カート・ヴォネガット・ジュニアの『タイタンの妖女』を読みました。

ラストで、むなしいと言いますか、何とも言えない気持ちを持ちましたが、
あっと驚いたのも事実です。

推理小説では、ラストにどんでん返しというか、びっくり仰天する小説を
何冊も読んでいるのですが、SF小説はほとんど読んでおらず、
SF小説ならではの驚きがあるもんだなぁ~としみじみ思いました。(u_u*

そこで、SF小説で『ラストでびっくりする』もしくは『ああ、そういうことなのか~』
と、しみじみ思うようなSF小説ってどのようなものがあるのかな?と思いました。

もし、この手のSF小説があれば教えて頂けないでしょうか?

ちなみに、今まで読んだことがあるのは、
ハインライン『夏への扉』
アシモフ『銀河帝国の興亡』
くらいです。

よろしくお願い致します。<(_ _)>

Aベストアンサー

「星を継ぐ者」ジェイムズ・P・ホーガン おすすめします。
「ガニメデのやさしい巨人」「巨人たちの星」と3部作になっています。
古い本ではありますが、新聞の書評で興味を持ち読んでみました。まさにSF的『ああ、そういうことなのか~』でした。
図書館で借りたので、今手元にないのですが是非また読みたいと思える本です。

Q他の職種から警察官にはなれますか??

小説を書こうと思っています。
小説を書くにあたって疑問が出てきたので質問させていただきます。
警察官の採用はだいたいの県が29歳までというのを見たのですが、東京都などで30歳を過ぎて警察官に転職するのは無理ですか??
転職する前にやっている職種は何でもいいんです。不動産屋でも、裁判官などでも…

ダウンタウンの浜ちゃんがやっているドラマは仕事を転々として44歳で新人検事になる話ですよね??
警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

くだらない質問かもしれませんが本当に困っていますのでよろしくお願いいたします。。。

Aベストアンサー

・警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

検事は、司法試験合格して司法研修所の検事講習終了すれば、何歳でも法務省が
検事に採用してくれる

警察は、年齢(生年月日)、対象学歴職歴指定した採用試験を行う

転職なら、専門分野の実績あれば30歳過ぎでも可。普通の警官採用試験ではなく、
どこの、道府県警察警視庁でも、いきなり部長刑事・警部補になる
特別捜査官がいる。
警視庁だと「財務捜査官」・「科学捜査官」・「コンピュータ犯罪捜査官」・「国際犯罪捜査官」の4種別がある。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyou/keisatsu/tokubetu.htm

Qお勧めのSF小説教えてください

最近、池上永一著「シャングリ・ラ」を読んで面白かったので、SF小説がもっと読みたくなりました。お勧めがありましたら教えてください。

ちなみに、「オルタード・カーボン」と「ハイペリオン」は10ページくらいで断念してしまいました。ちょっと翻訳作品は苦手です。

SF以外で最近面白かったのは、沢木耕太郎、福井晴敏、篠田節子、吉村昭、朝倉卓弥などです。

Aベストアンサー

wood21さんこんにちは。

例に挙げられている作家さんや作品を読んでいないので
自身なしとさせていただきますが、日本のSF作品では
下記の本を強くおすすめします。

「象られた力」(飛浩隆・早川書房 ハヤカワ文庫JA)
17年度日本SF大賞受賞を受章した表題作を含む中篇集です。
個々の作品については割愛しますが、視覚に強烈に訴える
文章を書かれます。
あまりに強烈すぎて私は文章しか読んでないはずなのに
めまいを起こしそうになりました。
こういうダイレクトな感覚は翻訳ではちょっと味わえないです。

翻訳作品では他の方がお奨めされている「夏への扉」
「幼年期の終わり」を私も推します。SFにおける
「誰もが知ってる古典の名作、基本中の基本」です。
そしてこの2作の作者が出たらもう一人の御大
アイザック・アシモフ氏も外せないでしょう。
「鋼鉄都市」「はだかの太陽」「夜明けのロボット」
(いずれもハヤカワ文庫SF)の「ロボット3部作」
が私のおすすめです。

機会がありましたら是非どうぞ。

Q「能」を観にいきたいのですが・・

「能」が舞台となった小説を読み、少し興味が湧いてきました。
せっかくの良い機会ですし、思い切って本物を観にいってみようと
思ったのですが、今まで一度もチケットを取った事がないので、
どの演目(?)を取ったら良いのかもわかりません。
(小説で出てきたのは「道成寺」「二人静」「紅葉狩」等でした。)

本当に何も知らないので、演目のお薦めや、席の選び方、
チケットセンター等、色々アドバイスをお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チケットは。。。
すみません。近所に能楽堂があるのでいつもそこで購入しています。皆さんはどのような方法で購入してらっしゃるのでしょう???

 席はなんと言っても正面が一番良いと思います。高額になりますけれど(笑)たとえば能舞台で御覧になる時には席によって舞台の柱が視界の邪魔になることもありますので、予め舞台の見取り図を入手されると良いかもしれません。
 また普通のホールで御覧になる場合、観客席と舞台が近いために視点が見上げる状態になるホールもあり、あまりにも前の席を取るとと足さばき(←って言うのかなぁ)が見えなかったりします。

 私もそんなに詳しい訳ではなく、ここ数年興味を持って能楽堂に通うようになりましたので参考になりますかどうか。。。
 いちおう、能について関連用語や演目の簡単な説明があるURLを載せておきますね。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/HanaYugen/DictionaryRoom0.html

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チ...続きを読む

QSF小説『ニューロマンサー』(ウィリアム・ギブスン)の位置について

今、SF小説『ニューロマンサー』を読んでいて、もうすぐ読み終わりそうなのですが、自分の知っている他のSF小説よりも、すごく細かいところまで作り込まれていて、とても作者のウィリアム・ギブスンだけが作った世界には思えないほどでした。
それに、日本の漫画家の士郎正宗の作品などは、すごく影響を受けているのではないかと思いました。

それで、質問があるのですが、『ニューロマンサー』のような小説世界は、ウィリアム・ギブスンがはじめて作ったものなのでしょうか? 
そうではなくて、他にウィリアム・ギブスンが参考にしたり影響を受けた作品などがあるのでしょうか?
あるいは、あれだけの世界が出来上がるまでには、ウィリアム・ギブソンの他の作品にそこにいたるまでの経緯があるのですか?
または、SF小説の歴史のなかに、ああいう世界へ繋がる伏線のようなものがあったのでしょうか?

SF小説や、SF小説の歴史について詳しい方がもしいたら、ぜひ教えてください。参考になるガイドブックやウェブなどの紹介でも結構です。おねがいします。

※まだSF小説にはまりはじめたばかりなので、SF小説をたくさん読めていません。もしかしたら、すごく見当違いの質問をしているかもしれません。(そうでしたら、ご指摘おねがいします。)

今、SF小説『ニューロマンサー』を読んでいて、もうすぐ読み終わりそうなのですが、自分の知っている他のSF小説よりも、すごく細かいところまで作り込まれていて、とても作者のウィリアム・ギブスンだけが作った世界には思えないほどでした。
それに、日本の漫画家の士郎正宗の作品などは、すごく影響を受けているのではないかと思いました。

それで、質問があるのですが、『ニューロマンサー』のような小説世界は、ウィリアム・ギブスンがはじめて作ったものなのでしょうか? 
そうではなくて、他にウ...続きを読む

Aベストアンサー

#1さんが端的にまとめられていますが、せっかく書いたので^^;

まず、SF史における『ニューロマンサー』の位置付けですが、
一般的には「サイバーパンクの代表的作品」ということになっています。

サイバーパンクというのは、80年代に流行したSFのスタイルあるいは運動のことですが、
その定義や呼称については当時から様々な立場があり、私にまとめる力はありませんので、
とりあえずWikipediaを貼っておきます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%AF
(私の感覚では『接続された女』や 『AKIRA』はサイバーパンクの範疇から外れるように思います)

>『ニューロマンサー』のような小説世界は、ウィリアム・ギブスンがはじめて作ったものなのでしょうか?
これは難しい質問ですね。"『ニューロマンサー』のような小説世界"をどう定義するかによります。
サイボーグや電脳化といった個別の要素についてであれば、必ずしも『ニューロマンサー』が初登場、というわけではありません。
しかし、『ニューロマンサー』の世界設定や描写・文体が大きな反響を呼んだのは確かですし、
サイバーパンクという用語自体
 "ウィリアム・ギブスンの小説を表わすために、ガードナー・ドゾアが造りだした造語"(ルーディ・ラッカー)であり、
 "これらのSFを『ニューロマンサー』派SF、すなわちニューロマンティックと呼ぼう"(ノーマン・スピンラッド)
と言われていたくらいですから、『ニューロマンサー』のような小説世界が、全体として、極めて画期的で前例のないものであったのは確かです。

>日本の漫画家の士郎正宗の作品などは、すごく影響を受けているのではないか
上記リンクでも『攻殻機動隊』に触れられていますし、『攻殻機動隊』の著者あとがきにもサイバーパンクについての言及があります。
士郎正宗が直接『ニューロマンサー』の影響を受けたかどうかは別にして、サイバーパンクという潮流の中に位置することは確かだろうと思います。
ちなみに"身体改造(サイボーグ)","電脳空間","ミラーシェイド(ミラーサングラス)"はサイバーパンクの特徴的な小道具です。

>ウィリアム・ギブソンの他の作品にそこにいたるまでの経緯があるのですか?
ギブスンの"もっともポピュラーなデビュー作"(山岸真)である『記憶屋ジョニイ』は
『ニューロマンサー』と同じ世界を舞台にしていますから、『ニューロマンサー』はその延長線上に書かれたものだと言えます。

>SF小説の歴史のなかに、ああいう世界へ繋がる伏線のようなものがあったのでしょうか?
これも"ああいう世界"をどのような世界と捉えるかによりますが、とりあえず参考として…
S-Fマガジン'86年11月号(No.345)のサイバーパンク特集に、「サイバーパンク作家に行ったアンケート」の結果がありました。
「サイバーパンク的な面で影響を与えた人をあげてください」という問いに対して、
複数のサイバーパンク作家が名前をあげたSF作家として次のような名前が挙がっています。
・J・G・バラード
・ハーラン・エリスン
・ノーマン・スピンラッド
・コードウェイナー・スミス
・サミュエル・R・ディレイニー
・ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア
つまり、サイバーパンク運動は、こういった作家の影響を受けて成立した、と言えるでしょう。

>参考になるガイドブックやウェブ
申し訳ありませんが、具体的にはちょっと思い当たりません。
サイバーパンク作家と言われている作家の作品を実際に読んでみるのが一番かと思います。
80年代のS-Fマガジンがもし手に入れば、この系統に関する小説・評論等多数掲載されていますので、参考になると思います。

雑駁ですがご参考まで。長乱文陳謝。

#1さんが端的にまとめられていますが、せっかく書いたので^^;

まず、SF史における『ニューロマンサー』の位置付けですが、
一般的には「サイバーパンクの代表的作品」ということになっています。

サイバーパンクというのは、80年代に流行したSFのスタイルあるいは運動のことですが、
その定義や呼称については当時から様々な立場があり、私にまとめる力はありませんので、
とりあえずWikipediaを貼っておきます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%B3...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報