(1)Congratulations on marriage.

(2)Congratulations on the marriage.

(3)Congratulations onyour marriage.


どれも全く同じ意味でしょうか?


細かい意味の違いなどありましたら教えてください★

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

(1)は明らかな間違い、(2)はあえて言うなら”その結婚”を祝福いたします - 結婚詐欺師が何回か結婚を繰り返している中、友人がその中のひとつを祝福しているかのような不自然な文、(3)も不自然Congratulate する対象はEventであってStatusではありえません。

marriageは"status"なので Congratulations on your wedding. の方がまだ自然。
ですが、さらに言えば Congratulations on your wedding day. が一番正しいです。
    • good
    • 0

”marriage”もが普通名詞に属していましょうから、


文法的に(1)は誤りなのでしょう。
    • good
    • 0

No2です。


結婚した時に周りのネイティブから「Congratulations」と言われたし、自分も使っているので気になって調べてみました。

同僚(女性30~60代)のアメリカ人・イギリス人・オーストラリア人・ニュージーランド人、全員が「(結婚式にCongratulationsと言ってはいけない、なんて)聞いたことがない」と言っていました。
アメリカ人の同僚によると「(Congratulationsと言われて少し違和感があるとあえて言うなら、)南部の古い伝統が残っている人たちぐらいかも。それでも今の時代でそこまでこだわるのは聞いたことがないよ」ということです。

結婚適齢期(20から30代)のカップルだったら、Congratulationsと言われて失礼にあたることはないと思います。
むしろ一番使われている言葉なのでは?

参考URL:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1540601.html
    • good
    • 0

どれも同じ意味というより 結婚式に招待されて式場で言うのか, 「結婚した」ことを聞いて言うのか,祝いの言葉を直接かけるのか,カードに書くのか,「花嫁・花婿」と どれくらい親しいのか,いろんな場面・状態 etc.によって少し表現を変えても良いんではないかと思います.



アメリカ・ニューヨーク,LA,英国ロンドン,花嫁(オックスフォード大卒)が友人で,花婿はインド系英国人・ニューデリーでの式(花嫁はサリーを着て・腕や手に染絵をして)などに招待されてみて感じたことですが
現代の若者達は花嫁・花婿どちらにも

“ Congratutions!”

を使いますよ.まあ,年配の女性の中には賛同しない方もおられましたけど・・・
心を込めて言えばこの一語だけで伝わりますし,特に “marriiage”の語を言わないですね.

これは「文法がどうのこうの」ではないと思います.実際に “ (1),(2),(3) 
の“Congratulations”から後の表現は聞かないことが多かったです.私はいつも

“Congratulations! (花嫁の名前) and (花婿の名前 ) !!” の簡単な語で 
US と UK では発音を変えますけど 結構喜んでくれます.
または 近寄って “(May)Your love never end!” とか
“Wish your love grow forever!”

と,付け添えますと 本当に満面の笑顔を見せてくれます. “Happy for you!”とも.
カードの場合も これと同じ 英語を用います.

ご参考になれば嬉しく思います
    • good
    • 0

3つのうちから選ぶなら、(3)が一番良く使われていると思います。



ただ、Congratulationsは新郎あてには使っても良いけれど、新婦あて、もしくは2人にあてては使ってはいけません。

というのは、Congratulationsは、元々男友達同士の間で新郎に対して『良い飯炊き女(実質的に家政婦)を見つけたね』という意味で使われ始めたからです。

フェミニズムなども随分意識が強くなった現在の英米などでは、女性側は激怒するでしょう。

女性にも喜んでもらえる言い方でお勧めといわれるのは、

Best wishes for you two!

Best wishes for yor wedding!

ですね。

marriageは私の周りでは使っている人をあまり見かけません。
    • good
    • 0

(3)Congratulations on your marrige.


が一番自然だと思います。

(1)は文法的に間違っているような。
(2)は「結婚(という制度)」に対しておめでとうと言っている感があります。

ネイティブに聞いたところ、あえてon your marrigeと結婚の言葉を入れなくても「Congratulations」の一言で十分通じるしそのほうが一般的だと言われました。

実際、友人達からもらったカードを見てみるとほとんどがCongratulationsと一言書かれていて、その下にちょっとしたメッセージ「wish you much happiness・・」があります。
    • good
    • 0

結婚にCongratulationは一般には使わないようです。



Congratulationは、スポーツのゲームなどのように
争って、並み居るライバルを蹴散らして、勝ち取ったという
意味ありあるそうです。

新婦にCongratulationなんて言葉をかけたら、キッとにらまれます。
「お前、まんまと玉の輿に乗ったな。
 ライバルを蹴散らすために、相当、裏でひどいことやったんだろう。」
なんてイメージです。

普通は、結婚おめでとうは「Happy wedding」と言います。
直訳すると「お幸せなご結婚を」といったところでしょうか?
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qthe more.... , the less ?それとも、 The more..., the fewer,,, ?

「外国語の学習は世界平和に通じる」と意見について、あなたはどう考えるか、70語程度の英語で述べよ」という問題の中で、次のことで質問させていただきたいことがあります。

「外国の文化を理解すればするほど、誤解は減っていく」をいうのに、
The more you learn about a foreign culture , the less misunderstandings among them will be. というのでは間違いでしょうか? them は 国と国のことをthem と書きました。

解答では The more they learn know about foreign cultures , the fewer misunderstandings there will be . となっていました。
なぜ、the fewer ....there wil be となっているのでしょうか?
the less....will be ではいけないのでしょうか?
もしかたしたら、補足をお願いさせていただくこともあるかと思いますが、回答よろしくお願いします。英語の文章での回答でも、日本語での文章での回答どちらでもけっこうです。

「外国語の学習は世界平和に通じる」と意見について、あなたはどう考えるか、70語程度の英語で述べよ」という問題の中で、次のことで質問させていただきたいことがあります。

「外国の文化を理解すればするほど、誤解は減っていく」をいうのに、
The more you learn about a foreign culture , the less misunderstandings among them will be. というのでは間違いでしょうか? them は 国と国のことをthem と書きました。

解答では The more they learn know about foreign cultures , the fewer misu...続きを読む

Aベストアンサー

>なぜ、the fewer ....there wil be となっているのでしょうか?the less....will be ではいけないのでしょうか?

 「fewer」と「less」の違いは「可算名詞」と「不可算名詞」という説明で理解できるでしょう。書き手が「misunderstanidng」を「可算名詞」だと考えているということ、それだけのことです。

 しかし、お尋ねの問題に関しては、単純に「the less misunderstanding」を「the fewer misunderstabding」にすれば良いというわけではありません。

 たとえ「the fewer understandings」という「可算名詞」を用いたとしても「the fewer misunderstandings among them will be」という表現を用いることはできません。それは、その英文が文法的におかしいからです。

 まず文型を考えてみましょう。「will be」が動詞であることは明白です。では、「be」の前後にあるはずの「主語」と「補語(または修飾語)」は何でしょうか。

 「the less misunderstaning」が「主語」だと考えたら「補語(または修飾語)」に相当する語句が存在しないことになります。「among them」は、置かれた位置から判断すれば「補語(または修飾語)」にはなりえません。

 また「the less misunderstanding」を「補語」だと考えたら、逆に「主語」が存在しないことになります。

 「among them」の意図を変えて「the less misunderstaniding will be among them」とすれば、まだ文型的には理解できます。一応、「the less misundestanding」が「主語」で、「among them」が「修飾語」だと理解することができそうだからです。しかし、これも厳密には不適切な英文と言わねばなりません。

 それは、「~が(・・・に)ある」という意味を英語で表す際には2通りの方法があり、その2つは明確に区別されているからです。次の2つの英文を比較してみましょう。

(1) The pen is on the desk.
(2) There is a pen on the desk.

 「特定のもの」を表す「the pen」は、普通は「There is the pen on the desk.」とはできません。逆に、「不特定のもの」を表す「a pen」を主語にして「A pen is on the desk.」とすることも普通はしません。この原則を理解しておいてください。

 では、「misunderstanding」という名詞は「特定」と「不特定」のどちらでしょうか。状況によって異なるとは思いますが、少なくともお尋ねの「外国の文化を理解すればするほど、誤解は減っていく」という日本語の中の「誤解」という言葉は、「特定のもの」ではなく「不特定のもの」と考えた方が自然でしょう。

 したがって、「ある誤解が(人々の間で)生まれるだろう。」という日本語を英文にする場合にも、「A misunderstanding will be among people.」ではなく「There will be a misunderstanding among people.」とした方が自然な英文に感じられます。

 上記の考え方に倣って「誤解がほとんど生まれない」いう日本語を英語にするには、まず「a」を「few」に変えることになりますが、次に「Few misunderstandings will be among people.」という語順ではなく「There will be few misunderstandings among people.」という語順にした方が自然な英文になります。

 これを、さらに比較級の「fewer」を用いて「The 比較級, the 比較級」の構文にすると、後半は「, the fewer misunderstandings there will be among people.」となります。最後の「among people」は言わなくても想像すれば分かることですから省略しても意味は構わないでしょう。

 これで、お尋ねの日本語に対する模範解答である 「The more they learn know about foreign cultures , the fewer misunderstandings there will be.」という英文が出来上がることになります。

 最後にもう一度まとめておきましょう。お尋ねの模範解答の英語の正しさを判断する際のポイントは2つあります。

 1つ目は、書き手が「misundestanding」を「可算名詞」として考えていると理解すること。そして、2つ目は、「不特定のもの」が「ある/生じる」という意味を表す場合には、その「不特定のもの」を主語として文頭に置くのではなく「There is/are/will be ...」という表現を用いる方が自然な英文になるということです。

 以上、ご参考になれば・・・。

>なぜ、the fewer ....there wil be となっているのでしょうか?the less....will be ではいけないのでしょうか?

 「fewer」と「less」の違いは「可算名詞」と「不可算名詞」という説明で理解できるでしょう。書き手が「misunderstanidng」を「可算名詞」だと考えているということ、それだけのことです。

 しかし、お尋ねの問題に関しては、単純に「the less misunderstanding」を「the fewer misunderstabding」にすれば良いというわけではありません。

 たとえ「the fewer understandings」という...続きを読む

QA man,on vacation in Paris, sees...........................

いつもお世話になります。今回も質問よろしくお願いいたします。
NHKラジオ講座より
A man,on vacation in Paris, sees who he thinks is his old classmate from high school.
パリで休暇中の男が、高校時代のクラスメートらしき人物を目にする。

文章の構成がよく分りません。
(質問1)主語が2つのカンマで区切られていますが必要なのでしょうか?外すとどうなりますか?
(質問2)「he thinks」で「~らしき」を表していますが、前後の文章のつながりが分りません。平易に解説をお願いいたします。
(質問3)「who」は関係代名詞ですか?

初心者です、よろしくご指導お願いいたします。以上

Aベストアンサー

こんにちわ。
私の感じた限りで説明させて頂きますね。

1.まず最初のカンマですが、これは並列を判りやすく表すようにつけたものと考ました。付けても付けなくても文章の意味は同じですが、カンマで付け足された部分がちょっと強調されたようなニュアンスになると思います。
また、カンマが付くと、
「ある男が、その男はパリで休暇中だったのだが・・・」のように、区切られた部分を後に訳す場合もあります。

2.who (he thinks) is his old classmate from high school
これは()の部分を抜き出して考えましょう。
who is his old classmate
彼の昔のクラスメートです。
に(he thinks)が入り、「そう彼が思う」と付け足しているわけです。なので、「クラスメートであると彼が思う=クラスメートらしき」と訳されているのでしょう。

3.2.の答えを見ていただけば判ると思いますが、whoは先行詞を含む関係代名詞です。

Q....since you knocked all that stuff on the floor.

 NHKラジオ英会話講座より
Everything is in a jumble since you knocked all that stuff on the floor.
君が全部床に落としちゃったから、みんなごちゃごちゃになってるよ。
(質問)
sinceのついてお尋ねします。
(1)[since]は「~だから、~ゆえに」と言う意味の接続詞だと思いますが、同様の接続詞にas,for,because等があります。上記の文章は、全てsinceと置き換えが可能ですか?
(2)since/as/for/becauseそれぞれに、使い方の違いがあるのであれば、簡単な説明をいただければ有難いのですが・・。
 よろしくお願いいたします。 以上

Aベストアンサー

こんにちは。先のご質問にも回答していますのでご参照下さい。

ご質問1:
<上記の文章は、全てsinceと置き換えが可能ですか?>

一番近いのがas、遠いのがforになります。

1.as:

(1)asは主節との「同時性」を表し、直接的な因果関係に言及します。

(2)ここは、「床に落としたので、すべてごちゃごちゃ」という因果関係が時間的にもほぼ同時に直接に関わっていますから、asは適切です。

2.because

(1)この接続詞は主節の後に持ってくるのが必須なので、ここでは語順的に使えないことはありません。ただ、文意的にあまり相応しくありません。

(2)というのは、becauseは因果関係がはっきりしている接続詞です。
例:
I can’t go because I am busy.
「忙しいから行けない」

(3)ご質問文は「床に落としたから」(原因)「すべてごちゃごちゃ」(結果)の2つの要素を、必然的な因果関係に結びつけるのには、状況説明を必要とし、常識的には自然につながりません。

(4)becauseを使うことができるのは、その因果関係が常識的に誰にでも納得できるような場面に限られるのです。

3.for:

(1)文法的には使えますが、意味的にはここではこじつけっぽくなり、語感として不適切です。

(2)forは前文で結論を言って、コンマを置いて一息入れ、「というのは」と理由を続けて述べる語法になります。

(3)この接続詞はandやbut、thereforeなどと同じく「等位接続詞」になります。そのため、説明付加的な要素が強く、論文などで好んで使われる接続詞です。

(4)ご質問文をforを使って訳すと
「みんなごちゃごちゃになってるよ。というのも、君が全部床に落としちゃったから」
「みんなごちゃごちゃになってるよ。そもそも、君が全部床に落としちゃったんだから」
といった語感になるのです。

原文のコミカルな会話のリズム感がなくなり、理屈っぽくなるので、語感的に不適です。


ご質問2:
<(2)since/as/for/becauseそれぞれに、使い方の違いがあるのであれば、簡単な説明をいただければ有難いのですが・・。>

上記で簡単に説明した通りです。

なお、それぞれの接続詞について書けば、1つの接続詞だけで何ページにもなってしまいますので、大体の区別は上記で書いた内容を参考にしてみて下さい。

また、ネットの英語サイトや参考書などにも詳しく載っていますから、おおまかな概論は、積極的に調べてみるとわかり易いと思います。

以上ご参考までに。

こんにちは。先のご質問にも回答していますのでご参照下さい。

ご質問1:
<上記の文章は、全てsinceと置き換えが可能ですか?>

一番近いのがas、遠いのがforになります。

1.as:

(1)asは主節との「同時性」を表し、直接的な因果関係に言及します。

(2)ここは、「床に落としたので、すべてごちゃごちゃ」という因果関係が時間的にもほぼ同時に直接に関わっていますから、asは適切です。

2.because

(1)この接続詞は主節の後に持ってくるのが必須なので、ここでは語順的に使え...続きを読む

QDon't slip on the wrapper.の意味

デトロイトに行った人のチューインガムのお土産(Wrigley's Extra Strawberry Banana)の箱を開けると中に次のような一文が印刷されていました。
これはどういう意味でしょうか?

“Don't slip on the wrapper!”

Aベストアンサー

Slip on a banana peel「バナナの皮で滑る(そして転ぶ)」はよく使う文句です。ところがバナナが香料だけで再現されたチューインガムでは、皮がないから wrapper で代用されているので。普通言う

 Don't slip on the banana peel が、印刷された文に変った、という一種のアメリカ版オヤジギャグだと思います。

Q「 yo, easy on the raging hormones. 」ってどういう意味?

ちなみにyoutubeのエロ動画のコメント欄で、
「omg omg i wanna fuck jap woman」というコメントに対するコメントです。
下品ですいませんが、ここでしか聞けないのでお願いします。

Aベストアンサー

#1、2です。

>バカにしないで下さいw

いやいや、そうじゃなくて、どこが分かっていないのか分からなかったんですよ。

>副腎皮質ホルモンと訳せばいいのでしょうか。

なるほど、ホルモンの英語でのニュアンスが分かっていなかったんですね。

英語でhormonesというと、「ホンモン(衝動)」を指すことがあります。

だから、raging hormonesは「激しいホルモン衝動」、「激情的なホルモン衝動」というニュアンスになります。

生物学的に「~~ホルモン」と意識していっている訳ではありません。 ただ、人間の感情がホルモンによって左右されているという常識に沿ってできた言い回しです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%B3


人気Q&Aランキング

おすすめ情報