『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

日本国内メーカーは未だに、Blu-ray&DVDの抱き合わせ販売をしています。個人的には、Blu-rayかDVDどちらかにして、価格を安くしてもらいたい。初版は”抱き合わせ”で、そのうち”単体”で発売するでしょうか?最近の例では、今月発売予定の「The Town」。もし、単体発売するならば、時期を待とうと考えています。どうも、昔から利潤追求する国内メーカーの”やり方”は気に入らないんです。後から特典付けて同じタイトルを再販するとか、ファンを裏切るような販売手法を、未だにメーカーはこういうことやっているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは.



よく「Blu-ray&DVD」がセットだから高い.という人が多いですが,
Blu-rayがまだ無いときのDVDの価格と同じ価格ですよ.大体3990円とかでしょうか.

メーカーはそのうち同一価格で
DVD → DVD+Blu-ray → Blu-ray
という販売になっていくでしょうからむしろ今の状態が良心的なぐらいだと思いますよ.

映画の製作費が回収できれば,そのうち単体1980円とかで販売するんじゃないでしょうか.
映画なんて,劇場公開だけでは制作費を回収できないような産業なので
それを安くしろというのも無理な話でしょう.
ディスクの製造費にお金を払っているように感じていらっしゃるようですが,
実際は映画の製作費にお金を払っているのですよ.
    • good
    • 0

 ワーナーの作品などは半年でブルーレイの廉価版が出ます。


もちろんそれぞれのメーカーの戦略なので、嫌だったら買わなければいいわけです。
良心的なメーカーはそれぞれ単体で出していますし、抱き合わせもありますし、「ナルニア3」などは3D・2DノブルーレイにDVD,そしてデジタルコピーディスクの4枚組まで出てます(笑)

 メーカーが利潤を追求するのは当たり前の話です。そう思いません?
利潤を追求しない企業は企業ではないですよね(笑)

 個人的な話をさせてもらえば、スターウォーズなんて一体いくつのバージョンを買ったことでしょう(笑)古くはビデオテープ、LD、DVD、4~6などは、劇場公開版にドルビーサラウンドをつけて、リニューアルバージョンとの2枚組まで出しています。
9月には1~6までのブルーレイBOXが出ます。多分これも買うでしょう。

 多くの人はDVDやブルーレイなどは買わないんです。
マニアだけが買い、そしてなんども痛い目にあいながらも買ってしまうんですね。
しかし、それで満足しているのも、またマニアだと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。私もLDの頃からダマされ続けています。マニアなんですね^^;

お礼日時:2011/07/09 14:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング