【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

質問1:『what better way (is there to do)than~』の文の訳は、「~よりもいい方法はあるのだろうか?(あるわけない)」という反語の意を表しますよね?

またこの文の訳より、より分かりやすい訳があればご教示ください。


質問2:What A than Bは、反語の意を「必ず」表すことができますか?

質問3:What A than Bは、「BよりもAなものはない」という訳でよろしいですか?

A 回答 (1件)

修辞疑問と言う通り,一種の表現技法です。


「~するよりどんないい方法があるだろうか」というのが文字通りの意味です。
「あるのだろうか→あるわけない」というより,
「どんな~があるだろうか→そんなものはない」です。
what 自体の「何」「どんな」が基本にあります。

日本語にしても同じことで,反語という言い方をするわけですが,
文字通りなのかどうかは文脈とか,その人の心次第です。

what A than B ,正確には
what 比較級 名詞 than ~という形です。

>反語の意を「必ず」表すことができますか?
「できる」というのが「可能性」ということであれば,可能性はあります。
いつでもそうだ,ではありません。可能性があるだけです。

>、「BよりもAなものはない」という訳でよろしいですか?
ではなく,文字通り,「B よりも A なものはあるだろうか」
これをどういう気持ちで使っているかです。
修辞というのは熟語として決まっている,というのではなく,
技法として使うことがあるということです。

本当に「どんなよりよい方法があるだろうか」と疑問に思うこともあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつもありがとうございます!
技法として解釈して、文脈で判断すればいいんですね!

ありがとうございます!

お礼日時:2011/07/08 21:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング