色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

大学1年生です。講義の後に出す内容まとめレポートが毎回不合格です。

講義テーマ:「アジア各国の環境観に対する違いについて」

設問は毎回以下の形式です。

(1)「指摘」・・・日本を始めとする世界各国の地域の特色、および各地域で発生している問題を抜き出せ
(2)「分析」・・・その特色ができあがった原因や、問題の発生の背景を述べよ
((3)「自分の意見」)
です。文字数の指定はありません。

理解力が無いのか、文章力が無いのかわかりませんが、
文章力に問題があると仮定して、どのような

着眼点・文章構成

をすれば、

指摘→分析の構成

が上手くまとまるのか、アドバイス下さい。
テーマ、設問は無視していただいても結構です。
例文を書いていただくか、参考になるサイト、本をご教授いただきたいと思います。
宜しく御願い致します。

A 回答 (3件)

こういうのは


(1)基本を知る事(独学を避ける)
(2)数。経験

僕も似たような事で悩んだ事があるけど、まず
(1)のために数冊の本を買った。モノは何でもいい。
アマゾンやブックオフで小論系の本を買って読んだ。
(2)次いでそこに書かれているような内容や練習を、繰り返し書いた。
模範解答をなぞっただけだけどかなり効果あった。


で、最終的にラクをする為に目次を使うようにした。
つまり
1はじめに
2背景(前提条件/○○とは?)
3結論
4理由
5補足
6再結論

と言う風に目次にしてしまう。
それに見合う状況を当て込んで行く。例えば1200字なら6項目なんで200字ずつ。
で、200字に見合うだけの文章量を入れてくわけ。
言わば「自分がウィキペディアやフロムAなんかの情報をテンプレートに合わせて
盛り込んでいく」感じ。
最初は「あまりにラクし過ぎてどうかな?」と実験的だったけど、
これでたいがいA取れたよ。
深みはないけれど、そんなものは求められていないのかもしれない。
そもそも学生の出す論文やレポートの大半は、
相手にはシンプルでも分かりやすくも無く、中身も無いのかもしれないね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。テンプレートを作るのですね。

お礼日時:2011/07/13 23:54

理解力でも文章力でも無いと思いますよ.


まず,あなた自身の,世界観,日頃の情報収集力,物事への判断力,などが問われているのです.
そう言ってしまえば身も蓋もないのですが,今までの育ち方,読書量,感覚の磨き方のどこかに不足が無いか考えて見ましょう.

テーマと設問が与えられた場合に,そのテーマの背景に理解が及ぶかどうか,にあなたの今までの生き方が関わってくるのです.たとえば,「各国の環境」というキーワードであれば,先進国と開発途上国の違い,エネルギーの消費の仕方,資源の算出と使い方,貿易との関係,もともとの自然環境,宗教,工業化,汚染,などなど,各種のキーワードが頭に浮かぶ状態でなければなりません.たとえば,中国では大量の資源消費をしています.また,インドでは人口増が急速で,まもなく中国(一人っ子政策)を抜いて世界一になります.
こうしたことには,無関心であったかも知れません.あらためて調べてみましょう.インターネットはキーワードの組み合わせだけでいろいろな情報が集まります.(そのままコピーはしないように)

さらに,あなたは今まであまりやってこなかったようですが,自分の頭で考える努力をしましょう.そうすることで,自分自身がどう感じるか,どう思うかが明確になってきて,新たな提案もできるようになるでしょう.

繰り返しますが,「文章力」の問題ではないのです.内容の問題なのですから.
    • good
    • 0

ご質問の回答になっていないかもしれませんが、


何が悪いのか、どこが欠けているのか分からないのに、「文章力に問題がある」と仮定して解決方法を探している点に問題がないでしょうか。
同様に論文を書かれているのだとすれば、問題の原因や背景を分析できておらず、論旨が飛躍しているのではないかと思います。

どういった点が悪いのか、どこが不十分なのか、教授に指摘を求められてはいかがですか?
質問者さまの論文をご存じの専門家が傍にいるのに、もったいないですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。確かに自分のイメージ、頭に残ったことだけで書いていたのかもしれません。

お礼日時:2011/07/13 23:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング