螺という漢字は「ラ」以外に読み方があるのでしょうか?また私が調べた常用漢字、人名用漢字には掲載されていなかったのですが人の名前に使用する事は可能ですか?漢字に詳しい方、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

「螺・ラ」は巻貝の意味です。

「にな」・「にし」などの読みがあります。
螺旋・ラセン、栄螺・サザエ、田螺・タニシなどのように使います。
(サザエさんじゃあるまいし、あまり名前には使いたくないような・・・)

人名に使う漢字は制限があり、「常用漢字と、片仮名または平仮名に加え、子供の名前に用いることのできる文字」ということで、人名漢字表は今285字があります。あまりに難しい漢字を名前に使うことは社会生活に不便であるということで戸籍法によって定められているのです。「螺」は人名表には含まれておらず、よって人名に使うことは出来ません。

参考URL:http://www.aozora.gr.jp/kanji_table/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにあまり名前に使いたくないよう漢字ですね。参考URLまでありがとうございました。判り易い回答とても感謝しています。

お礼日時:2003/10/23 18:47

> 訓読みの「にな」というのは一体どんな時に使うのでしょう?



貝の『にな』はご存知ないですか?『にな貝』ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

にな貝・・初めて聞きました。
どんな貝なのか調べてみようと思います。
お答えいただきありがとうございます。おかげで知識が増えました。

お礼日時:2003/10/23 18:51

No.2です。


螺鈿(らでん)も貝から来ています。
螺子(ねじ)も巻貝がねじ状に巻いているからだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

奥深いですね。
付け加えての回答ありがとうございます。

お礼日時:2003/10/23 18:50

螺子のね、他にツビ、ツブ、ニシとも読むようです。


全部貝から来ています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

全部貝から来ているという事は螺という漢字は貝を指しているのでしょうか?
興味深い漢字です。
丁寧な回答ありがとうございます。

お礼日時:2003/10/22 20:03

訓読み:にな


だそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

訓読みの「にな」というのは一体どんな時に使うのでしょう?不思議な読み方ですね。一つ賢くなりますた。
丁寧な回答ありがとうございます。

お礼日時:2003/10/22 20:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q音読みと訓読みどちらが好きか

音読みと訓読みどちらが好きですか?私は訓読みです。

Aベストアンサー

訓読みかな?
やわらかさがあるし、大和言葉になると時代がかっていて、あ~、日本は歴史のある国なんだな~と浪漫がある。

 「天皇」すめらみこと
 「大臣」おとど
 「風 
 風 風」 かぜがおこるさま
 「牛罷」あしのみじかいうし
       ・・・・・・・・・・(笑)
(3つ目と4つ目は、「 」内を一つの漢字としてみてください)

関係ないけど、「日本」は「にっぽん」ではなく「にほん」派です。

Q『靏』という漢字の中国語での人名読みを教えて下さい。

日本語と中国語では同じ漢字でも読みが違いますよね。『金』は日本では”きん,かねetc”、中国では”キム”といった感じで・・・。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

中国では”キム”>キムは韓国、中国はチンです。
もとの字は日本で作られた国字ですが、鶴の俗字ということになっていますので、しいていえば「he・4声・へ」です。

Q音読みも訓読みも同じ漢字

日本語には音読みが同じで訓読みの違う漢字が非常に多いです。

例えば、 コウ(交、高、公、etc)、キ(貴、気、器、etc)、カ(可、科、家)、ケン(県、件、圏、etc)など 枚挙に暇がありません。

また、訓読みが同じで音読みの違う感じも 少なからずあります。

例えば、よろこ‐ぶ(喜ぶ、悦ぶ)、かた‐い(固い、堅い)、ひ‐く(引く、曳く)など。

しかし、音読みも訓読みも同じとなると、

中と仲〈チュウ、なか〉、錬と練〈レン、ね‐る〉くらいしか思いつきませんが、他に 音読みも訓読みも同じ漢字って ありますか?

Aベストアンサー

ご指摘のものも含めて、「旁が同じで、偏が異なるもの」に多いのでは。さっと思い付いた範囲で。

 坂 阪:さか、ハン
 形 型:かた、ケイ
 選 撰:えらぶ、セン
 扇 煽:あおる、セン
 付 附:つける、フ
 賛 讃:ほめる、サン
 州 洲:す、シュウ

Q「慕い仰がれ」この漢字なんと読みますか? 漢字に詳しい方、よろしくお願い申し上げます。

「慕い仰がれ」この漢字なんと読みますか?
漢字に詳しい方、よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

慕い仰がれ(したいあおがれ)

Q音読みと訓読みの見分け方

学校の漢字のテキストの中に、音読みか訓読みか判別せよ。のような問題があるのですが、音読みと訓読みの判別方法がわかりません。
歯がたたないので分かる方がいらっしゃいましたら回答お願いいたします。

Aベストアンサー

音読みは一拍「歩(ほ)」「社(しゃ)」か二拍「説(せつ)」「塾(じゅく)」しかありませんので、
「形(かたち)」、「椿(つばき)」などは訓読みです。

(A) 読みが二拍の場合
まず
1. 「ん」で終わるものは全て音読み。「運(うん)」「番(ばん)」「縁(えん)」
2.「きゃ」「しゅ」「ちょ」などの拗音を含むものは音読み。「客(きゃく)」、「蝶(ちょう)」
3.濁音やラ行で始まるものも訓読みはまずありません。「毒(どく)」、「台(だい)」、「陸(りく)」、「列(れつ)」、「蝋(ろう)」

次に
4.音読みの末尾に来る字は「ツ、チ、ク、キ、イ、ウ、ン」の七種類しかありません。
(「ツチクキイーウン〔土茎いい運〕」などの語呂合わせで覚えてください。)
したがって、「夢(ゆめ)」、「里(さと)」、「春(はる)」などは音読みではあり得ません。
紛らわしいのはその条件に当てはまっているものです (「ん」はA-1により音読み)。
下記の例の場合、括弧内の読みから錯覚しやすいと思います。
 「蜜(みつ)」は音読み、「辰(たつ)」は訓読み (「蜜豆」「蜂蜜」)
 「鉢(はち)」は音読み、「蜂(はち)」は訓読み (「鉢巻」「すり鉢」)
 「幕(まく)」は音読み、「枠(わく)」は訓読み (「黒幕」/「枠外」)
 「席(せき)」は音読み、「関(せき)」は訓読み (「関所」)
 「塀(へい)」は音読み、「灰(はい)」は訓読み (「板塀」/「灰褐色」)
 「塔(とう)」は音読み、「夕(ゆう)」は訓読み (「夕刊」「夕食」)

(B) 読みが一拍の場合
これが難しいのです。
A-2、A-3により「社(しゃ)」、「碁(ご)」、「櫓(ろ)」などは音読みと判定できますが、それ以外はどちらもあり得るからです。
* 特に間違えやすいのは「場(ば)」で、例外的に濁音でも訓読みです。
 「場所(ばしょ)」、「職場(しょくば)」などにより、音読みと錯覚しやすいのです。
 「絵(え)」は音読み、「江(え)」は訓読み
 「夜」の「や」は音読み、「よ」は訓読み
 「戸」の「こ」は音読み、「と」は訓読み

◇最終的には漢和辞典で確認するしかありませんが、
 ・同じパーツを含んだ同音、類似音があるものは音読み
 「職(しょく・しき)」と「織(しょく・しき)」、「馬(ば・ま)」と「罵(ば)」
 「塀(へい)」と「併(へい)」、「蜜(みつ)」と「密(みつ)」
 ・もう一つの読みと比べてみる
 「関」は「せき」のほかに「かん」の読みがあり、「関係(かんけい)」などの熟語から、「かん」が音、「せき」は訓と判定。
 「場」は「ば」のほかに「じょう」の読みがあり、「戦場(せんじょう)」などの熟語から、「じょう」が音、「ば」は訓と判定。

「絵」は、「絵画(かいが)」の「かい」が音で、「絵巻(えまき)」「墨絵(すみえ)」などの「え」は訓だと考えがちですが、
これは漢音「クワイ」、呉音「ヱ」に由来し、どちらも音なのです。
「会社(かいしゃ)」と「法会(ほうえ)」「一期一会(いちごいちえ)」
「回転(かいてん)」と「回向(えこう)」
とくに「絵」のほうは適当な訓がないため、音に訓のはたらきをもたせて使います。
「菊の絵」の「きく」も「え」も音ですが、訓のはたらきをしています。

これは余談ですが、「当用漢字音訓表」では「奥」の読み「オク」を誤って音としていました。
「ツチクキイウン」に該当し、「奥義(おうぎ)」を「おくぎ」と読むこともあるので、「憶」「屋」などの連想から錯覚したのでしょう。
「常用漢字表」では訂正されています。

音読みは一拍「歩(ほ)」「社(しゃ)」か二拍「説(せつ)」「塾(じゅく)」しかありませんので、
「形(かたち)」、「椿(つばき)」などは訓読みです。

(A) 読みが二拍の場合
まず
1. 「ん」で終わるものは全て音読み。「運(うん)」「番(ばん)」「縁(えん)」
2.「きゃ」「しゅ」「ちょ」などの拗音を含むものは音読み。「客(きゃく)」、「蝶(ちょう)」
3.濁音やラ行で始まるものも訓読みはまずありません。「毒(どく)」、「台(だい)」、「陸(りく)」、「列(れつ)」、「蝋(ろう)」

次に
4.音...続きを読む

Q至急宜しくお願い致します!今日からまた宜しくお願いします! を英語にできる方居ましたら宜しくお願い致

至急宜しくお願い致します!今日からまた宜しくお願いします!
を英語にできる方居ましたら宜しくお願い致します!

Aベストアンサー

Please take care again from today.でどうでしょう?

Qあなたの名前は、音読み?訓読み?それとも重箱読み?

あなたのお名前は、音読みですか、訓読みですか、或いは重箱読みですか?

私(男性)は漢字一文字の名前で、音読みです。
因みに訓読みにすると、女性風になります。

Aベストアンサー

50代のオバちゃんです。

音読みと一つしか読みが無い漢字の二文字です。

初めて会った人にちゃんと読まれた事一度も無いです。

最近は少し聞く名前になってきました。

しかし同じ漢字の人には会った事ないです。

初めの漢字一文字は男性の名前にたまに見かけます。

なのでよく男性に間違われてダイレクトメールがきたりします。

Q人名の読み方

このカテゴリーで良いのか自信が無いんですが。
人名や地名って決まった読み方がありますよね。
例えば服部(はっとり)東海林(しょうじ)等です。
これって”ふくべ”や”とうかいりん”って読む名前の方っていらっしゃらないんでしょうか?

Aベストアンサー

ありますあります
私の周りにショウジさんって聞いたらトウカイリンですと言われました

三枝と書いてサイグサと読む場合もあるし、地名では神戸と書いてカンドと言うところもあります。
地名とか名前は知ったかぶりするより本人に確認した方が良いですね
きっと間違えて呼ばれていることが多いと思います

ちなみに服部はハトリと呼ぶ地域もありますね

Q音読みと訓読みについて

恥ずかしい話ながら度忘れしてしまいました。
音読みがカタカナで訓読みがひらがなだったでしょうか?
例えば「飛」という感じなら、
音読みは「ヒ」で訓読みは「とぶ」の「と」でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

念のため,gooのトップページからひける三省堂の『大辞林』で調べてみたところ,

くん【訓】 漢字に、それが表す意味に相当する日本語を当てた読み方。「山」を「やま」、「飲」を「のむ」と読む類。字訓。

と説明されていましたので,やはり送りがなまで含むと考えた方が良さそうです。

ところで,質問者さんがお聞きになりたいのは,結局どういうことなのでしょうか?
回答No.1…音・訓の定義。
No.2…辞典などで両者を区別して表記する方法。
No.3…音と訓の見分け方。
私は質問欄に書かれた質問文に対して,素直に回答したのですが,ずれてましたかね。

ちなみに,No.3で書かれた方法は,大体は当てはまりますが,万能ではありません。
たとえば「絵」(エ)は,小さい子でも意味はよく分かるし,単独で使いますが,音読みです。(カイももちろん音読みです)
したがって,きちんと音訓を見分けようとしたら,中国語ではどう発音するか(それも,現代の中国語でもいいけれど,できればむかしの中国語)を知る必要があります。
でも,小学生に(いや,大人でも)要求するのはむちゃなので,一種の便法としてそういった教わり方をすることが多いですね。

念のため,gooのトップページからひける三省堂の『大辞林』で調べてみたところ,

くん【訓】 漢字に、それが表す意味に相当する日本語を当てた読み方。「山」を「やま」、「飲」を「のむ」と読む類。字訓。

と説明されていましたので,やはり送りがなまで含むと考えた方が良さそうです。

ところで,質問者さんがお聞きになりたいのは,結局どういうことなのでしょうか?
回答No.1…音・訓の定義。
No.2…辞典などで両者を区別して表記する方法。
No.3…音と訓の見分け方。
私は質問欄に書かれた質問文に...続きを読む

Q人名の読み方がわかりません

「城美」と書く人名の読み方がわからなくて、困っています。

ご存知の方がいらっしゃいましたら、回答をお願いします。

Aベストアンサー

戸籍は、「使用できる文字」には制限がありますが、「読み方」には制限がありません。つまり当て字や、本来その漢字の読みにはない読ませ方も可能です。

したがって、実際は何と読むかわかりませんが…。

女性なら「きみ」
男性なら「きよし」

でしょうかね…。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報