『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

どうも、「単なるロック好き」で王道オンチのbeavas と申します。えらい抽象的な質問ですみませんが、上記の定義による皆様が「これだ! 」と言う曲をお薦め下さい。ジャンルは洋楽の、なるべくロック&ポピュラーの範囲でお願いします。ジャズやブル-スも良いんですが、キリが無いので・・・、で、もしもどうしても薦めたい場合は「ショバ代」として最低1アーティストの曲をロック&ポピュラーの範囲でお薦め下さい(笑)。まあロックと言えば相当広い範囲になるんですけど。
参考までに私の趣味をチラッと申しますと、バリバリのファンと云う訳では有りませんがピンク・フロイドのデイビット・ギルモアの"comfortably numb"(THE WALL)や"the flethcer memorial home"(THE FINAL CUT)のギターソロに「シビれ」ますし、アンディ・パートリッジ&デイブ・グレゴリー(XTC)も大好きで、ギタリストしてのポール・ウェラーは比較的好きな方です。割りと最近ではTHE JON SPENCER BLUES EXPLOSIONなんかも。勿論、この趣向にこだわる必要はございません。
ちなみにメタル系の答えもアリですが、私は「早弾き」信仰者って訳ではありません。
あとジェフ・ベックで「これだけは聴いておけ!」ってのがあったら、これも併せて宜しくご回答の程お願い申し上げます。
では、先輩方お暇がございましたら、是非私におつき合い下さいませ。宜しくお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (23件中1~10件)

毎度~^^;baianです。


ご質問をみて私の頭にぱっと浮かんだのはデフ・レパードの「bringin'on the heartbreak」です。間奏のギターソロがすごい。スティーヴが死んじゃってからの曲は悲しくて聴いてないのですが、それまでのデフ・レパードの曲はどれもメロディアスなツイン・ギターが利いててかっこいいです。
またぜんぜん違う方面で、ブライアン・フェリーの「TAXI」に入ってる「I put a spell on you」(お前またこの曲かとあきれられるの覚悟の上ですが、とても同じ曲には聞こえないんですよ~^^;)の、ツィーンとしたギターもかっこいい(その前の?アルバムの「Kiss&Tell」もかっこいいです。「摩天楼はバラ色に」サントラでした)
あと、ビリー・アイドルのギタリストのスティーヴ・スティーヴンスさんもすごく好きなのですが、「Mony,Mony」とか入ってたアルバムの、曲名がどうしても出てこない曲がかっこいい。ボクシングリンクにビリーとスティーヴがいて、チェリー・ボムズのアニタがコーラスやってる曲。

この回答への補足

毎度有り難うございます。baianさん。デフ・レパードかー、10代、20代の頃は私ヘビメタ系をバカにしてました(すみません、でも本当にバカバカしいのが多かったです)。でも30越えてこの系統に目覚めています(笑)ので、イットきます。
私ブライアン・フェリー名義のアルバムを5枚持ってるんですが、TAXIが無い!!
くっそー、買うたるー!
ビリ-・アイドルもイッチョかみで、ベストを1枚持ってるんですが、そこには入ってへんのかな?
baianさん、又頼んます。ちなみに「男性ボーカル」の件、未だザッと聴いた限りですが「お礼」を書き込む事ができました。またよかったらご覧下さい。(一寸無礼な内容ですが・・(汗))

補足日時:2001/04/26 23:52
    • good
    • 0
この回答へのお礼

(1)DEF LEPPARD/HIGH 'N' DRY "bringin' on the heartbreak"
はは、当時のメビメタの典型的なアルバムで、また典型的な曲ですね。なんか当時の出来事がフラッシュバックします(笑)。ええ?バカにしてるって?ええ、してますとも、でもねここのギタ-ソロが良いなんていうbaianさんの聴き方ってほんとに凄いと思いますよ。こうやって紹介されなかったら絶対に聞き逃す自信あります(笑)。取り立てて凄いわけではないですが、「来る」もんはあります(っていっこもフォローなってない?)
(2)BRYAN FERRY/TAXI "i put a spell on you"
うーむ、この手のギターってフェリ-には付き物って言うか、「お約束」ですよね(笑)。でも、アレンジが「素敵」ですよね。その逆に"amazing grace"のアレンジには白けた・・・。
有り難うございます。相変わらず、口悪い私ですが又お願いします。

お礼日時:2001/06/11 22:41

ポッと思い浮かんだの、


The Stone Rosesの「Love Spreads」
ZEPPELINの「Moby Dick」のパクりなような気もしますが。

この回答への補足

onamomiさん、イイっ、いいっすよー、LOVE SPREADS !バッチしですよー。
でも持ってるから「却下」(笑)。
って事はZEPPELINの方かー・・・・。
又、何かありましたらお願いします。有り難うございました。

補足日時:2001/04/27 00:05
    • good
    • 0

お世話になってます。

(ハ-ドロック?)

僕のおすすめは

○リッチ-・ブラックモア。特にレインボ-の「Finyl Vinyl」(ライブ)。パ-プルは、はっちゃけすぎてるのでおすすめしません。レインボ-は曲がいい。ブラックモアズ ナイト(ソロ)はまだ聴いてないのでコメントできません。

○ラッシュのライブ(タイトル忘れた)。何といっても曲がいい。ギタ-のディレイのかけ方がいい。

○スティ-ブ・ヴァイ。「Passion and Warfare」は入門編ですね(ほかのアルバムは賛否が分かれる)。ちなみにクロスロ-ドという映画でギタ-弾いている。

○ニ-ル・ショ-ン(ジャ-ニ-のギタ-リスト)。「LATE NITE」(これも賛否が分かれますが僕は好き)

○ジェフ・ベックは、「Guitar Shop」のWhere Were You と Two Rivers が好き。

興味がそそられたら聴いてみてください。失礼いたしました。

この回答への補足

どうもsukekiyo710910さん、その節は失礼致しました。回答有り難うございます。
レインボーか、リッチ-が円熟していてリラックスしているのも良いんですが、やはり「オッサンの理屈」になりますが、パーブル時代を知る者にとってはやはりそちらに気持ちが向きますね。イン・ロックや特にライブ・イン・ジャパンの「はじけすぎ!」のドライブ感は圧巻ですもんね。(一寸迷い)
ラッシュはライブは持ってませんが、3枚程持ってます。パンチには欠けますが、基本的に丁寧で綺麗ですよね。スティーブ・ヴァイ、さて王道オンチの私はイクしか無いでしょうね。
ニ-ル・ショーン、持ってませんが80年代はジャーニ-が「嫌」っちゅう程そこら中で鳴ってましたから、隠れた名曲は存じませんが少々お腹一杯の感があります。
ジェフ・ベックは参考にさせて頂きます。
どうも有り難うございました。

補足日時:2001/04/27 12:45
    • good
    • 0
この回答へのお礼

(1)JEFF BECK/GUITER SHOP "where were you""two rivers"
うーむ、このアルバム中、この2曲をお薦めとは・・。実はsukekiyo710910さんは、ずばりロマンチストなんですね。いやー、私もロマンチストぶりでは誰にも負けていないつもりなんですが(笑)。今回ジェフ・ベックのアルバムを5、6枚買いましたが、むしろ「この手」の曲は少ない様ですね。以外でした。尚、私的にはタイトルチューンで「始まり」を予感させる緊張感がお気に入りです。
(2)STEVE VAI/PASSION AND WARFARE
うーーん、どう書いても失礼になります(笑)。私には無理でした。すんません。

お礼日時:2001/06/13 22:36

古い順に紹介しますね。


あまりにも有名なクラプトンのクリーム時代の名演「ホイールズ・オブ・ファイヤ」の中のライブ・テイク「クロスロード」の後半のソロ。ギブソンSG(当時はニュー・レスポールと言った)のハイポジションを使ったスリリングなプレイはちょっとやそっとじゃコピーできませんよ。あのエディー・ヴァン・ヘイレンも絶賛したというくらいですから。クラプトンも若い頃はすごいプレイをしてたんですよ。
また、今の人は知らないと思いますが、マリア・マルダーという女性歌手の「真夜中のオアシス」というヒット曲でエイモス・ギャレットというカントリー系のギタリストが弾いているソロは当時(25年くらい前)ロック系のギタリストがこぞってコピーしたという名演です。ただ、他の曲はカントリーが好きな人以外には退屈です。
次はロベン・フォードの「イエロー・ジャケッツ」のデビュー・アルバムの中の「ラッシュ・アワー」。曲全体に亘って複雑なコード進行に滑らかにブルージーに乗せていくギターソロは絶品です。
最後にスティーブ・ヴァイの「エイリアン・ラブ・シークレッツ」の中の「テンダー・サレンダー」。スローな曲でも彼はエキサイティングで緊迫感のあるソロを聴かせてくれます。
ジェフ・ベックならコージー・パウエルと組んでいたときの「ジェフ・ベック・グループ」の「ハイウェイズ」をお勧めします。次の曲の「ディフィニットリー・メイビー」も切なくていいですね。
ま、伊達に46年生きていないので、まだまだかっこいいソロは思い出せると思いますが、あ、あと高中正義の2枚目のソロ・アルバムに入っている名曲「レディ・トゥー・フライ」はご存知ですか。

この回答への補足

別名「クラプトン食わず嫌い王」の私に正面から挑みましたね(笑)。まあ、私はクラプトンには歌って欲しく無いだけなんですが(どうもUNPLUGEDは納得いかん)。幼い頃(笑)にクリームのライブを聴いたのですが、その時はどうもジンジャ・ベ-カ-のドラムが耳について嫌な思いをしたことがあります。まあ少しは私も大人になったので今度は大丈夫かも。
ロベン・フォードはROBBEN FORD&THE BLUE LINEってのを1枚持っているのですが、聴きこんでいないので、まずこちらから予習する事にします。
ここでもスティ-ブ・ヴァイですか、うーーんそんない凄い奴なんかー、知らんの僕だけか。うーーん、段々欲しくてたまらんようになったきたぞー(笑)。
masmasさん、有り難うございました。色々とお詳しい様ですね、最近では何か良い物はないですか?

補足日時:2001/04/27 18:35
    • good
    • 0
この回答へのお礼

(1)CREAM/WHEELS OF FIRE "Crossroads"
参りました。凄いっす。ロック(と言いきりますが)はこう有るべきです(笑)。今更おバカを言いますが、クリームのボーカルはジャック・ブル-スやったんですか?いや、ボーカルも良いっすよ。今回皆様のお薦めを参考にし、ジェフ・ベックのアルバムを5、6枚買ったんですが、どれも取って付けた(笑)様なボーカルで、ギターが素晴らしいだけに残念です。ジェフ・ベックにはボーカル要りません(笑)。それだけにここのボーカルは良いですよ。
(2)MARIA MULDAUR "Midnight at the oasis"
ギター、素晴らしいですね。この人が「この手」の走りですか、うーん、エイモス・ギャレットか覚えとこ(笑)。只、残念なのは私が子供なだけなんですが(笑)、私はマリア・マルダ-に魅力を感じられませんね、すんません。
(3)STEVE VAI/ALIEN LOVE SECRETS "Tender surrender"
うーん、これも言い訳しようがありません(笑)、私には無理です。私にはスティ-ブ・ヴァイは合ってないようですね。
(4)JEFF BECK GROUP "Highways"
やはりボーカル要りません(笑)。でも凄い、このギターこそ「カッコいい」(何と言うボキャ貧)に尽きます。コ-ジ-・パウエルもこの頃はイイ味だしてるんですね。

お礼日時:2001/06/14 22:14

むはは、今回はこう来ましたか(前回の後日談、見ましたよ)。



まず私の今の趣味でいいますと、ギター・バンドといいましても、早弾き系よりはリフ中心のロックン・ロール・バンド(例えばAC/DC)とか、渋めのカッティングとかの味のあるギタリスト(スティーヴ・クロッパーとかね。カーティス・メイフィールドのカッティングも渋い)ばかり聴くようになってしまっておりますので、ご希望のような「シビれる」ものになりますかどうか。

まず、今は亡きスティーヴィー・レイ・ヴォーンがお兄さんのジミ―・ヴォーン(ファビュラス・サンダーバーズという白人ブルース/ロック・バンドにいました)と一緒に、Vaughan Brothersとして'90年に出した『Family Style』というアルバム。この1曲目「Hard To Be」の間奏のソロは、ブルースというよりカントリーっぽくて、決して派手ではありませんが、何ともいえない味のあるソロであります。

またレイ・ヴォーンでは、'91年の『Sky Is Crying』というアルバムに、ジミ・ヘンドリクスの「Little Wing」のインスト・カヴァーが収録されております。それ以前にもブートのライヴ音源等では有名でしたが、ジミのフレーズをなぞりながらも、縦横無尽に展開するこのヴァージョンは、やはり「シビれる」出来です。

カントリー系のスゴ腕ピッカーになりますが、ジェリー・リード(Jerry Reed)という私の大好きなギタリスト(歌もうたいます)の古いアルバムが2in1でCD化されておりまして、その中でも『Ko-Ko Joe』というアルバムに入っていた「Country Boy's Dream」なんて曲のギター・ソロは、おいそれとコピーなんて出来る代物ではありません。これは"Golden Classics Edition"というシリーズ(?)で、『When You're Hot, You're Hot』との2in1になっています。

昔よく聴いた1枚にリック・デリンジャー(Rick Derringer)の「Rock & Roll Hoochie Koo」というのがありまして、このソロはよく計算されたカッコいいソロだと思います。ジョニー・ウィンターと組んでた「Johnny Winter And」でもこの曲はやってますが、やはり'74年の『All American Boy』でのこの演奏がベスト。ベスト盤にも収録されたものがあると思います。ただし別レーベルで再録してたりするので注意。

よく計算されたアレンジのソロというのもありますが、例えばグランド・ファンクの「We're An American Band」の間奏とか、デイヴ・リー・ロスの「Just Like Paradise」の間奏でのスティーヴ・ヴァイのソロ、あとプリンスの「Purple Rain」のコーダとかね。私にとっては、インプロばかりに走るソロよりも、かえってこういう方が凄~くカッコよかったりします。

ジェフ・ベックは、大好きな割に「これを聴け!」というのが出しにくい(笑)。あえて変化球で、'85年の『Flash』に収録された、インプレッションズ(カーティス・メイフィールド)の「People Get Ready」のカヴァー。ヴォーカルはロッド・スチュワート。このギターのフレージングはたまりません。ただし、このアルバム自体はオススメしないので、これが入ったベスト盤の方がいいです。あとは、・・・あえてBB&Aかなあ。このバンドって、当時よりも今の方がカッコよく聴こえるような気がする。

この回答への補足

ふふふ、そうなんですよ。こうしてみました。
もうbenjaminさんのゴージャスな「お薦め」には、とりあえず聴いてからコメントする事にし、いきなり話を脱線させます(笑)。
>早弾き系よりはリフ中心のロックン・ロール・バンド(例えばAC/DC)とか、渋めのカッティングとかの味のあるギタリスト(スティーヴ・クロッパーとかね。カーティス・メイフィールドのカッティングも渋い)・・・・
そうそう、これ、好きです。「ロックンロール」って響き、私好きです。AC/DC,METALLICA,GUNS N'ROSES等は私の語彙では、ヘビメタではなくロックンロール・バンドです。その点、以前MTVであった"BEAVIS&BUTT-HEAD"、奴等はイイ趣味してます。と言うより、私は彼らにだいぶ影響を受けました(笑)。ちなみにお気付きでしょうけど、私の名は彼らから盗りました(誤字ですが)。
2月にAC/DCに行きました。それまで私は3枚しかアルバム持っていないので、バリバリのファンではなかったのですが、2曲目辺りのSHOOT TO THRILLのソロの時に不覚にも涙が出そうになりました(笑)。「こーんなオッサン」になっても凄いって。「邂逅」と言う言葉が浮かびました(笑)。だもんで翌週には早速3枚買いました(笑)。
って余談が過ぎましたね、GFRはとりあえず「復習」します。
benjaminさん、ホンマに毎度どうも有り難うございます。

補足日時:2001/04/27 19:15
    • good
    • 0
この回答へのお礼

(1)THE VAUGHAN BROTHERS/FAMILY STYLE "Hard to be"
大体、イントロのギターからしてカッコいいです。こんな音は年期の入ったその筋(笑)の人でないとなかなか出せないのでは?ソロも意外とゴキゲンで良かったです。確かレイ・ヴォ-ンはD・ボウイのレッツダンスでも大フィ-チャ-されていた人だったかと思うのですが、その時は一寸うっとうしかったです(笑)。
(2)RICK DERRINGER/ROCK AND ROLL HOOCHIE KOO(THE BEST OF~)"Rock and roll,hoochie koo"
この曲が収録されているのがベストしか無かったので、とにかくこれ買いました。お薦めのバージョンかどうか判りません。曲自体は別にどうって事無いんですけどね(すいません。本音です)、ソロに入るといきないカッコいい曲になってきますね(笑)。どう言った訳なんでしょ?
その他の曲もベストとは言え、こんだけカッコいい曲が多いのも珍しいです。
(3)GRAND FUNK RAILROAD "We're an american band"
実はベストしか持ってないのですが、よく聴くと全体に緻密に計算された作曲と言うのか、編曲というのか録音と言うのか・・・表面上はカッコイイに尽きるのですが、以外に細かいですね(笑)。
(4)JEFF BECK/FLASH "People get ready"
っ痛ーーーー!!!benjaminさんのアドバイスを良く読んでいなかったので、「FLASH」買っちゃいました(笑)。いやホンマ、すごいですよ、こんだけの「カス作品」に当るなんてなかなか願っても無いことですよ(笑)。で、この曲だけホンマ場違いにええ感じですよね。細かい所に他の曲にあるような80年代もつい入ってしまっていますが、まあ良しとしましょ。いっその事、この曲も入ってへんかったらホンマすごいカスアルバムですよ。ビデオクリップもええ感じやったのになー、ちなみに私はこの曲はロッドのアルバムに収録されていて、ベックがゲスト参加やとばっかり思ってました。
相変わらず口悪くってすみません(笑)。

お礼日時:2001/06/22 21:02

スティーブルカサー(TOTO)『ロザーナ』他


ラリーカールトン『ルーム335』 他
ジェフベック『悲しみの恋人たち』
ジェイグレイドン(エアプレイ)  タイトル忘れました、エアプレイ1ST
ALBUM A面の3~4曲目のバラード 絶品です。
あとちょっと赴きが変わりますが、デビッドボウイの『Star man』のソロ(というよりもはやテーマ?)は(誰だっけ名前ど忘れ)圧巻

以上、私の人生を変えたギターソロでした。

この回答への補足

私は、TOTOは現在を持ってあまり興味持てませんが(笑)、「ロザ-ナ」のジェフ・ポ-カロのドラミングが聴きたくってアルバムを買ったクチです。何回聴いてもあの凄いドラムに耳が行くので、あまり他のパ-トを聴いてませんでした(笑)。
sayuさん、凄いですね。ほんとに1曲1曲を「チャンと」聴いてるんですね(皆様には当たり前なんでしょうけど)聴き直します。
D・ボウイも何枚かあるんですが、ZIGGY は持ってないです。残念。
参考にさせて頂きます。有り難うございました。

補足日時:2001/04/27 21:38
    • good
    • 0
この回答へのお礼

(1)TOTO "ROSANNA"
うーむ、やはり私はあのドラムにつられてしまいますが(笑)、終盤ではかなりギターが頑張っていたんですね。いや、憎いっす。
(2)JEFF BECK/BLOW BY BLOW "cause we're ended as lovers"
おそらく、今回買ったジェフ・ベックのアルバムの中ではこれが一番好きです。で、この曲。私なんかに言う資格は無いんですが、これこそがジェフ・ベックでしか出せない味なんでしょうね。他人がやれば当然それなりの味にはなるんでしょうが、やはりこれでハマッてるんだと言う気にさせられます。
いや、良い事聴きました(笑)。

お礼日時:2001/06/13 23:18

sayuさん、スターマンのギターソロはミック・ロンソンです。

でもその曲がはいっている「ZIGGY STARDUST」はアルバムとしてもすばらしいですよね。
ついでに思い出しました。日本のギタリストですけど、渡辺香津美の「KYLYN」というアルバムの2曲目の「ソニック・ブーム」は計算され尽くしたというか完璧なプレイで圧倒されます。かっこ良過ぎます。まず、コピーは不可能でしょう。
それから、「ダンス・ウィズ・ミー」でおなじみの元オーリアンズのリーダー、ジョン・ホールのソロアルバム「POWER」の1曲目「HOME AT LAST」は個性的なギターソロばかりでなく曲もいいですよ。

この回答への補足

私は、たまにしか「邦楽」を聴かないのですが(西洋かぶれなだけですが)、渡辺香津美は以前よりある種尊敬の念を持ってます。
大物のプライドにしがみつくこと無く、A・ブリュ-やR・フリップの真似をしてみたり、私が大ファンであるB・ブラフォ-ドと共演でアルバム出したり(ちなみにこれだけを持ってます)、古くはYMOのツアーに参加したり(結局、このギターのライブ盤の発売は出来ませんでしたが、FMで当時オリジナルを聴きました)・・・・してましたよね。
あと、その当時に「KYLYN LIVE」は聴いたのですが、どうも私が若すぎましたね。
掟破りな回答ですが(笑)参考にさせて頂きます。有り難うございました。

補足日時:2001/04/27 21:47
    • good
    • 0
この回答へのお礼

渡辺香津美 KYLYN"Sonic Boom"
やはりこの人のギターも安心して聴けますし、「こじつけ」ではありますが、やっぱりロバ-ト・フィリップの弾き方にも似てますね。
後のKYLYN LIVE同様、豪華メンバーですね(当たり前か)。

お礼日時:2001/11/03 01:39

泣きのギターソロと言えば(死語?)


ゲイリー・ムーアのアルバム『アフター・ザ・ウォー 』
に収録されている『メシア・ウィル・カム・アゲイン』
がお勧めです・・インストですが
アメリカの白人ブルースギタリスト『ロイ・ブキャナン』
のカバー曲です(邦名・メシアが再び)
いい曲ですので是非一度聴いて見て下さい

余談ですがANo.#6・sayuさんが薦めておられるジェフベック『悲しみの恋人たち』もベックが ロイ・ブキャナンに捧げた曲と聞きました 

この回答への補足

「ロック界の流れ職人」ゲイリ-・ムーア!!
ってちゃかしてすみません。でも有る意味この人も「王道」ですよね。で、王道ですので私は未聴です(笑)。イメージではやはり「早弾き」ですので、逆に「泣きのギターソロ」には興味持ちます。
大昔に、アンドリュ-・ロイド・ウェバ-名義のアルバムでロック界の有名人(R・ア-ジェントやD・エイリ-、S・フィリップス等が居たはずですが)を集めてましたが、この中に確かゲイリ-・ムーアも居て、凄い好印象はあります)
あっあかん、こっちの方を聴きたくなってきた。探すには・・・そうbenjaminさんに聞こう(笑)。
hardさん、有り難うございます。是非参考にさせて頂きます。

補足日時:2001/04/27 22:10
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今んとこ「アフタ-・ザ・ウォ-」だけが置いてないんですよねー。で、とりあえずベストを買ったんですが、うーん歌がよけい(笑)。
いや、冗談抜きで「メシア・ウィル・カム・アゲイン」、聴きたいんで頑張ります。

お礼日時:2001/06/14 21:28

泣きのギターソロと言えば(死語?)


ゲイリー・ムーアのアルバム『アフター・ザ・ウォー 』
に収録されている『メシア・ウィル・カム・アゲイン』
がお勧めです・・インストですが
アメリカの白人ブルースギタリスト『ロイ・ブキャナン』
のカバー曲です(邦名・メシアが再び)
いい曲ですので是非一度聴いて見て下さい

ANo.#6のsayuの薦めておられるジェフ・ベックの曲も
ロイ・ブキャナンの捧げた曲と聞きました
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ちなみに、私は同じコミックを読んだのを忘れて2回買ったり、「バニ-メンのグレゴリオ聖歌」でも見られる通り、全く同じバージョンのクラシックのアルバムを買ったことがあります。

お礼日時:2001/04/27 22:16

毎回たんとお礼して下さってありがとうございます)^o^(。

前のも見ました。すみません、どうも女を捨てきれない(笑)。
昨日曲名が出てこないのがなんだか気持ち悪くて調べましたら「To be a lover」でした。日本で出たベスト盤には入っていたと思います。
あと、Kiss&Tellは「ベイト・ノワール」のアルバムに入っていて、ギターはジョニー・マーでした。
他の方が挙げてらっしゃらないので追加しますが、Gun’s&Rosesの初期のヒット、ParadiseCityとか、SweetChild'o'mineのダフのギターもかっこいいと思います。
音源としては非常に音が悪いのしかないのですが、ビッグ・ブラザー&ザ・ホールディング・カンパニーの「チープスリル」より前のもの(「チーパー・スリルズ」が手に入りやすいかな)のジェイムズ・ガーリーのギターは、後の時代のプロのギターよりテクニックという点では劣りますが、ジミ・ヘンドリックス同様、あの時代でしか聴けない陶酔感があるのでは…

この回答への補足

>毎回たんとお礼して下さってありがとうございます
ホンマはムッチャしんどいです(笑)、でも好きな話題ですので。もしも私がbaianさんと飲みに行って、こう言う話題で盛り上がったら、どんだけ疲れていても帰れませんよ(笑)。
TO BE A LOVER、凄いですネ-。やっぱチャンと聞いてるんですね。私にとっては「通りすがり」の曲でした。へー。あと確認ですが、ベイト・ノワ-ルはB・フェリ-のアルバムなんですね。くっそー、やっぱり絶対買うたるーーー!!!
しかし、ジョニ-・マーも「渡り鳥」らしくなってきましたね(笑)。
ガンズのスゥイ-トチャイルド~は実はあまり好きではないんですが、パラダイス・シティは「ベタ」な部類になるかと思いますが大好きな曲です。
あとは、又参考にさせて頂きます。毎度でした。

補足日時:2001/04/27 22:20
    • good
    • 0
この回答へのお礼

BRYAN FERRY/BETE NOIRE "kiss&tell"
うーん、やっぱりこれにも「お約束」のギターがありますね(笑)。で、そっちの方でなく「ウィ-ン」と控えめに鳴っている方ですよね。いやー、なかなかですよ。このアルバムには1曲~にクレジットが入っていないので、ちゃんと聴かなアキませんね(笑)。しかし、しつこいですがbaianさん、よく聴いてらっしゃる。私も昔はそうだったんですが(笑)・・・・。

お礼日時:2001/06/11 22:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング