数学がほとんどわからないので、質問します。
線分a b cとある場合、この線分によって三角形が成り立つ条件を教えてください!
定理とか何も知らないんで出来るだけ詳しく簡単に教えていただけるとありがたいです。

A 回答 (3件)

線分は移動できるのですよね。

であれば、三角形でなくなるときというのは、
ある一辺が、他の二辺の合計の長さよりも長いときには、届かなくなるので、
三角形として閉じることができません。例えば、

線分a    線分b
--    ----
----------
線分c

って感じ。式で書くと、以下の三式を満たすこと。

|a| > |b| + |c|
|b| > |a| + |c|
|c| > |a| + |b|

ですか。ここで、|a| は、線分a の長さを表します。
    • good
    • 0

 線分、ということだけが条件でしたら、長さは当然必要ですが、それ以前に、3つの線分が同じ平面にあるか、が前提です。

線分の端が頂点として共有されるか、ということも必要でしょうが。
 これは「3つの線分が三角形を作っているかどうか?」についてですが、「3つの線分で三角形が作れるかどうか?の条件」でしたら、長さだけクリアしたらいいでしょう。
    • good
    • 0

線分の長さだけを問題にするなら「a+b>c かつ b+c>a かつ c+a>b」でよいと思います。



それ以前の条件として「3本の線分が平行でない・重なっていない」とか必要かな?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q任意の三角形からその三角形と面積の等しい正三角形をその三角形を使って作図するには??

等積変形の問題なのですがかなり考えたのですがわかりません。どなたかわかれば教えてください。

Aベストアンサー

方べきの定理を使用します。
任意の三角形の1辺をaとし、此に頂点から垂線を下ろします。
垂線の長さをbとする。
面積は、ab/2
正三角形の1辺をcとすると、面積は((√3)c^2/4)
c^2=(2√3)ab/3)
ですので、2a/3の線分を作るには、平行線を利用することにより作図できます。
次に、(√3)bを作図しますが、此は1辺がbの正方形を作図して、対角線をとりますと、(√2)bが出来ます、
此を1辺とし、もう1辺をbとする長方形を作り、この対角線は(√3)bとなります。
これで、(2a/3)と(√3)bの辺の長さが決まりましたので、ここで方べきの定理を使用します。
1点より、同じ方向へ、(2a/3)と(√3)bを直線上にとり、この差の半分の長さで円を描きます(この直線上に円の中心がある)。全ての点は同一直線上にある。
つぎに、最初の1点と円の中心点とを直径とする円を描き、交点と最初の1点を結ぶと、接線となり、此がcとなります。
此を1辺とする正三角形を書けば出来上がりです。
作図をするときにa,bを入れ替えてしても同じ結果になります。

方べきの定理を使用します。
任意の三角形の1辺をaとし、此に頂点から垂線を下ろします。
垂線の長さをbとする。
面積は、ab/2
正三角形の1辺をcとすると、面積は((√3)c^2/4)
c^2=(2√3)ab/3)
ですので、2a/3の線分を作るには、平行線を利用することにより作図できます。
次に、(√3)bを作図しますが、此は1辺がbの正方形を作図して、対角線をとりますと、(√2)bが出来ます、
此を1辺とし、もう1辺をbとする長方形を作り、この対角線は(√3)bとなります。
これで、(2a/3)と(√3)bの辺の長さが決まりまし...続きを読む

Q鈍角三角形でも正弦定理は成り立つ

これって高校で習いますか?

Aベストアンサー

高校では外接円による証明と垂線を補助線にする証明の
2パターンあるようですが

前者は鋭角、直角、鈍角に分けて教えるのが普通。
後者は場合分けは不要ですが、外接円との関係が
証明されませんのでいまいち。

いずれにしても、鈍角は教えないということは
無いようです。

ただ証明自体をすっとばす高校が多いらしく
証明を問題に出すと正答率はひどく低いらしいです。

Q直角三角形以外で三平方の定理が成り立つときって…?

大至急でお願いします!!!!

直角三角形以外で
三平方の定理が成り立つとき
があるらしいのですが、
それってどういうときなんですか?

Aベストアンサー

ないですね

一般的に三平方の定理=ピラゴラスの定理ですので
直角三角形以外で成立はないです

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%B9%B3%E6%96%B9%E3%81%AE%E5%AE%9A%E7%90%86

Q任意の三角形の外側に正三角形を作り、その重心を結ぶと又正三角形が・・・

任意の三角形の外側に正三角形を作り、その重心を結んで出来る三角形はどうも正三角形になるようなのです。座標を使って力ずくでやってみたら、確かに正三角形になります。初等的な方法で証明できないでしょうか?何か名前の付いた定理のようでもあるのですが、もし名前があれば併せて教えてください。

Aベストアンサー

ナポレオンの定理・・・だったかな?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%9D%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%AE%9A%E7%90%86

「ナポレオン問題」「ナポレオンの問題」とかで検索したら、証明例は出てくると思います。

Q球面三角形の正弦定理・余弦定理

 球面上の非ユークリッド幾何学に興味を持ち、正弦定理・余弦定理があることまではわかったのですが、どこにも証明が載っておらずに困っています。どのような証明で導けるのでしょうか?

Aベストアンサー

今日は。直角球面三角形ABCにおいて、C=π/2 とすると、他の角A,BのsinA,cosA,tanA,sinB,cosB,tanB表示はご存知である事とし、
またcosc=OE/OB=OD/OB*OE/OD …(1)(Oは球の中心点です。またBD⊥OC, DE⊥OA, OB=1(単位長さ))とおきます。

一般の球面三角形の正弦定理は、まず球面三角形ABCの頂点Cから対辺ABまたはその延長と垂直に交わる大円の弧CDの長さをpとする。
直角球面三角形CADについて、
 sinA=sinp/sinb
直角球面三角形CDBについて、
 sinB=sinp/sina
∴sina/sinA=sinb/sinB
同様に、 sinb/sinB=sinc/sinC

一般の球面三角形の余弦定理は、先と同じ条件でpを設定し、弧AD=m, 弧BD=n とすれば、直角球面三角形CDBについて、(1)から cosa=cosp*cosn
同様に直角球面三角形CADから、 cosb=cosp*cosm
 n=c-m または m-c であるから、
 cosp=cosb/cosm=cosa/cosn=cosa/cos(c-m)
∴cosa=cosb*cos(c-m)/cosm=cosb*cosc+cosb*sinc*tanm
ところが、cosA=tanm/tanb から、
tanm=tanb*cosA よって、次の等式が成り立つ。
cosa=cosb*cosc+sinb*sinc*cosA
cosb,coscも同様な方法で導かれるのでは。
図を示せなく解りずらくてご免なさいね。

今日は。直角球面三角形ABCにおいて、C=π/2 とすると、他の角A,BのsinA,cosA,tanA,sinB,cosB,tanB表示はご存知である事とし、
またcosc=OE/OB=OD/OB*OE/OD …(1)(Oは球の中心点です。またBD⊥OC, DE⊥OA, OB=1(単位長さ))とおきます。

一般の球面三角形の正弦定理は、まず球面三角形ABCの頂点Cから対辺ABまたはその延長と垂直に交わる大円の弧CDの長さをpとする。
直角球面三角形CADについて、
 sinA=sinp/sinb
直角球面三角形CDBについて、
 sinB=sinp/sina
∴sina/sinA=sinb/sinB
同様に、 sinb/si...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報