あの大塩平八郎の乱で有名な大塩平八郎が、身長217cmだったというのを知り、衝撃を受けました。
その他にも、戦国時代の武将や昔の有名人で高身長の人を調べて一覧にしてみました。
西郷隆盛 180
浅井長政 181
前田利家 182
徳川吉宗 183
大久保利通 183
武市半平太 183
長宗我部元親 184
山岡鉄舟 188
豊臣秀頼 197
斉藤義龍 197
前田慶次 200
石川五右衛門 207
大塩平八郎 217
生月鯨太左エ門 227
この中で気になったのは、豊臣秀頼です。父親の秀吉が身長150cm位だったみたいですが、息子の秀頼が197cmとなっており、本当に秀吉の息子か?と疑問視する見方もあるらしいのですが、母方の祖父浅井長政は、身長181cmくらいあったので、ありえないとも言えないらしいです。
そして、最も背が高かったとされる生月鯨太左エ門は、江戸時代の力士で日本一の巨漢力士であったと書かれています。
この一覧にある身長は、諸説あるらしいのですが、今から身長測定もできず、昔の時代にシークレットブーツがあったとも考えられません。
この一覧を見て、皆さんはどう思いますか?回答お願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

   1.種々の情報


戦国武将の身長は、墓地の改修などで遺骨が掘り
出され、確かめられた他、確かではありませんが、
ほぼ判っているものも、少なくありません。
着用が確かな、衣類、鎧がの残っているのが推定
の根拠です。

有名なのは、前田利家で、着用していた帷子、鎧
より六尺を越える威丈夫であることが判りました。

武将の身長は測ったことは、あるかもしれませんが
極秘情報なので残りません。
ただ敵を威圧するため、何某は七尺五寸の大男とか
宣伝することはあったのでしょう。
その数字が残っていても信用できないのは当然です。

宣教師が馬揃えを見て185 cm以上の武士が多い
ので驚いたとあります。   185 cmの数字は
眼の子であてにはなりませんが平均身長五尺三寸
(161cm)位の時代でも、六尺(182cm)位の武士は
結構いたのでしょう。

幕末、明治期はデータがあってもおかしくはないのですが
測るのが嫌いな人も多いので、やはり残された衣料からの
推定でしょう。

問題は江戸時代特に力士です。
   三代豊国、二代国明などの書いた 相撲浮世絵には
      生月 鯨太左衛門  七尺五寸  (228cm)
      大空 武左衛門      々
 横綱  谷風 梶之助     七尺三寸  (221cm)
 関脇  武蔵潟 伊之助    六尺九寸  (209cm)
 大関  九紋龍 清太夫    六尺八寸五分(208cm)

このほか大関 雷電為右衛門 六尺五寸など数多。

2m以上の巨漢5人が気になります。
「浮世絵に書かれている数字は信用出来ないものもある」
という所です。
理由は豊国にとっては伝説上の力士の絵もあり、身長
体重は伝聞のものもあるからです。   検証が必要です。
例えば上記の谷風は、六尺三寸でありまちがっています。
宣伝のために誇大に書いたのかも。

ただ生月と、武蔵潟は豊国と国明と同時代で、数字は
一応根拠がありそうです。
看板力士の生月は病的に成長した者で、相撲は取れず
見世物扱いなので判りますが、209cmの武蔵潟は
この身長で相撲がよく取れたと感心します。

         2. 数字の読み方
源表記では
六尺(182cm)、六尺五寸(197cm)、七尺(212cm)
七尺五寸(227cm)のものが多い。
五寸きざみでしょう。
とすると六尺五寸とは六尺~六尺五寸のことではないか。
(威圧のため大きくいう)。
秀頼の197cmは六尺五寸のこと、実際は六尺豊な大男
位のものでしょう。
大塩平八郎の詳細は知りませんが、同様と思います。

私の意見は戦国~江戸初期、標準より大きい六尺豊な
大兵の武将、武士は少しはいた。   六尺五寸留まり。
七尺を超す者は稀でしょう。
江戸時代相撲取りが誕生して大男が売り物になり、
見世物として200cm超、220cm位までの者が現れた。

三浦半島で後北条氏と戦った三浦道寸荒次郎は身長
七尺五寸、85人力、弓は5人懸りで張ろうとしても、
ビクともしなかったと、一書に書かれているそうですが、
誇張でしょう。   ひょっとして七尺位あったかも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい解説ありがとうございます。確かに昔の人の身長がどれ位かは、調べられませんね!歴史のミステリーということですね。

お礼日時:2011/07/11 20:06

>この一覧を見て、皆さんはどう思いますか?



質問者さまは、何の資料を参考にしたのでしようか?
維新前後の方の身長は分かりませんが、その他の方の身長はそんなに高くありません。
例えば、徳川吉宗でも180センチもありません。
確か、発掘調査と各種資料から158センチ程度との学術的報告書があります。
徳川家歴代の菩提寺(家康の遺言書で、家康から歴代将軍の位牌を納めている)の位牌は、特に有名なんです。
何が有名かと言うと、歴代将軍の位牌の高さが「将軍生存時の身長」なんですね。
吉宗など数人の将軍墓発掘結果と位牌を比べると、数センチの差しかありませんでした。
まぁ、この寺の伝承は「概ね正しい」事が証明されたのです。

私としては、質問内容の情報の出所が知りたいです。
報告書名・書籍名が分かれば、教えて下さいね。
    • good
    • 1

定型句



「六尺豊かな偉丈夫」
という表現の影響じゃないかと思う。

ジャイアント馬場の足のサイズが16文なくても、切りの良い数字で16文だったように。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q浅井長政の

末裔なにしてますか???

Aベストアンサー

豊臣秀吉の姉の血をひいています。

豊臣完子─九条道房─九条待姫─九条輔実─九条幸教─二条宗基─二条治孝─九条尚忠─九条道孝─貞明皇后─昭和天皇─今上天皇

豊臣完子は秀吉の姉の日秀の子の羽柴秀勝とお江の間の子です。ということはお江は浅井長政と信長の妹のお市の子ですので、昭和天皇と今上陛下は浅井氏と織田氏の血もひいています。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1240165867

つまりあの佳子さまにもその血筋が脈打っているということになりますね。

Q織田信長と浅井長政について

今、信長のシェフ、を見てるんですが、全然歴史わからないんで教えて頂きたいです!
織田信長の義理弟にあたる浅井長政と、信長の妹のお市は、なんで結婚する事になったんですか?
たまたま恋愛結婚とかですかね?
あと、信長と浅井長政は、なんで姉川で戦う事になってしまったんですか?長政は、信長に裏切られたと言ってましたが、どんな裏切り方だったんですか?信長はなぜ長政を裏切ったんですか?長政は、信長の事をめちゃくちゃ尊敬して、慕ってたのに、その長政をなぜ裏切ったんですか?

Aベストアンサー

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。
解り易く説明しましょうね。

>>信長の妹のお市は、なんで結婚する事になったんですか?

信長は尾張(愛知県など)一帯を掌中にしていましたが、美濃国(岐阜県)も手に入れたいと、美濃を治めていた斎藤義龍を攻めていましたが、中々、攻略ができず。そこで、近江(滋賀県)の浅井長政の力を必要とし、自分の妹である「お市の方」を浅井長政に嫁がせ、味方に引き入れたのです。


>>たまたま恋愛結婚とかですかね?

従って、「政略結婚」です。

なお、この当時(戦国時代)もそうですが、江戸時代にいたるまで、特に、武家の娘は、絶対的に「恋愛結婚」は許されず、すべて、親などが家格や身分などを考慮して決めました。これを「許婚制度」(いいなづけ せいど)と言いました。


>>信長と浅井長政は、なんで姉川で戦う事になってしまったんですか?

信長は、浅井氏からも援軍を得て、共通の敵である南近江の有力大名である六角義賢父子を破り(永禄8年(1565)5月19日、観音寺城の戦い)、足利義昭を奉じての上洛を果たしました。

その後、信長からの上洛参集要求などを拒んで対立した越前の朝倉義景に対し、元亀元年(1570)4月には信長が越前への侵攻を開始すると、朝倉氏との縁(同盟関係、主従関係とも)も深かった長政は信長から離反し、織田軍の背後を襲いました。
これを「姉川の戦い」と呼びました。


>>長政は、信長に裏切られたと言ってましたが、どんな裏切り方だったんですか?

これは、浅井長政にしてみれば、信長と同盟を結んだ折、朝倉氏を攻めないという約束が、信長との間にあったにもかかわらず、信長が朝倉氏を攻めたためです。


>>信長はなぜ長政を裏切ったんですか?

信長は、足利義昭を奉じて上洛したということは、すでに、自分が天下人になったと思っていました。そこで、朝倉氏が上洛をしなかったことを口実に、領土拡大を狙い、浅井家(長政)と古くから同盟関係にあった朝倉氏を攻めることを決意し、結果的には、浅井長政は古くから付き合いのあった朝倉氏を守るため、信長から離反したのです。


>>長政は、信長の事をめちゃくちゃ尊敬して、慕ってたのに、その長政をなぜ裏切ったんですか?

これは、先にも述べましたが、浅井家と朝倉家の盟友関係の深さを考えずに、信長が朝倉氏を攻めたため、浅井長政は朝倉氏を援護するため、止む無く、信長から離反したのです。

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。
解り易く説明しましょうね。

>>信長の妹のお市は、なんで結婚する事になったんですか?

信長は尾張(愛知県など)一帯を掌中にしていましたが、美濃国(岐阜県)も手に入れたいと、美濃を治めていた斎藤義龍を攻めていましたが、中々、攻略ができず。そこで、近江(滋賀県)の浅井長政の力を必要とし、自分の妹である「お市の方」を浅井長政に嫁がせ、味方に引き入れたのです。


>>たまたま恋愛結婚とかですかね?

従って、「政略結婚」です。

なお、この当時...続きを読む

Q浅井長政

討ち取った人だれですか???

Aベストアンサー

織田軍に追い込まれ、自害。

Q自分は浅井長政の子孫?

先日、祖父の遺品の整理をしていた所、家系図を発見致しました。
その内容を見ると、6代先までは生没年や氏名が詳しく記載されているのにも拘らず、
何故かその先は適当な感じ(生没年不詳だったり、氏名が片方だけだったり)になっており、
最終的にかの有名な戦国武将「浅井長政」に辿りつく形になっておりました。
また、途中、大岡越前の血を引く娘を嫁に貰っていると書かれてもいました。

しかしながら、記載者の名を見ると、私の祖父の名があり、いまいち信憑性に欠けます。
インターネットで調べてみた所、浅井家は既に滅んでいるとの記述も見つけました。
また、浅井家と大岡家が途中で結び付いたという記述は発見できませんでした。

そこで、私が浅井長政の子孫である、
または大岡越前の血を引いていると確認する方法はあるのでしょうか。
二方ともかなり有名な方なので、
それなりに家系図はしっかりしていると思うのですが
何分私はそういうことに無頓着だったと言うか不慣れなため、何をどう調べたらよいのか分かりません。

どうか親切な方、私にアドバイスを下さい。

先日、祖父の遺品の整理をしていた所、家系図を発見致しました。
その内容を見ると、6代先までは生没年や氏名が詳しく記載されているのにも拘らず、
何故かその先は適当な感じ(生没年不詳だったり、氏名が片方だけだったり)になっており、
最終的にかの有名な戦国武将「浅井長政」に辿りつく形になっておりました。
また、途中、大岡越前の血を引く娘を嫁に貰っていると書かれてもいました。

しかしながら、記載者の名を見ると、私の祖父の名があり、いまいち信憑性に欠けます。
インターネットで調べて...続きを読む

Aベストアンサー

武家の子孫です(笑)
実は我々の先祖は天皇家のような特殊な家柄を除き、江戸時代より前の家系はなかなか遡って知る事はできないようです。残念ながらうちもそうです。

ほかの回答者様もおっしゃるように、実は立派な事を書いた家系図を売買する商売があった時期があります。ひとつは明治維新後、薩摩・長州のイモ侍が自身の出自に箔をつけるために立派な家系図を書かせる事が流行しました。
またもう一つは太平洋戦争後の混乱期です。食料と引換えにやむなく家系図や家宝を手放す家があり、農家の手に渡っています。
よく「お宝鑑定団」で「なんでこんな農家のオッサンがこんな名品を持ってるの?」という場合は十中八九こっちのパターンです(笑)

特に前者の場合は戦国時代から派手な例だと奈良時代・平安時代の記述が非常に詳しい(天皇のご落胤とか源氏の出自とか書いたりします)くせに、途中の江戸期などの記述が大雑把・あいまいになっているケースが多いです。
家柄を証明するのはなかなか難しく、証明したところでメリットもありません。逆に言えばウソを言っても詐欺行為をしない限り罰則もありませんし。。。
むしろ記述の内容はともかく、その家系図の内容に恥じない生き方を心得えて人生の充実を図る方が建設的かもしれませんよね。家系図すら無い家も多いんですから。
ロマンとしてそっとしておくのも手かもしれません。

武家の子孫です(笑)
実は我々の先祖は天皇家のような特殊な家柄を除き、江戸時代より前の家系はなかなか遡って知る事はできないようです。残念ながらうちもそうです。

ほかの回答者様もおっしゃるように、実は立派な事を書いた家系図を売買する商売があった時期があります。ひとつは明治維新後、薩摩・長州のイモ侍が自身の出自に箔をつけるために立派な家系図を書かせる事が流行しました。
またもう一つは太平洋戦争後の混乱期です。食料と引換えにやむなく家系図や家宝を手放す家があり、農家の手に渡っ...続きを読む

Q戦国武将浅井長政

 以前はアサイと濁らなかったのが、最近は(10年位前から)アザイと濁る読み方が定着しているようで、個人的にはものすごく違和感があります。
 アサイからアザイに変更になった経緯を知ってる方がおられたら教えていただきたいのですが。

Aベストアンサー

アサイからアザイになった経緯についてはNO.1さんのおっしゃるとおりですが、
逆に、「アサイ」が正しいとする説もあるので、補足でご紹介します。

宮島敬一『浅井氏三代』(吉川弘文館、2008年)によれば、
承平年間(10C)成立の「和名類聚抄」には「あさい」と訓じてあり、「あざい」と濁すようになったのは近世に入ってからということです。そもそも「浅」の字を「あざ」と濁すことはないとのことです。
また、浅井の語源は浅井郡内の朝日郷だとして、「あさひ」→「あさい」となったと推測されています。

昔は「浅井」をそのまま「あさい」と読んでいたけれども、浅井氏の語源が浅井郡「あざいぐん」なら「あざい」だろうと推測されて通説化したものの、いやいや中世は浅井郡「あさいぐん」だから「あさい」が正しいでしょうと異論が唱えられている状況ですね。
今後通説となるかどうか注目です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報