どなたかコロイドに詳しい方教えていただけますか?

ある液体を純水に溶かしたところ、溶液が白濁し若干の沈殿物も見られました。
懸濁中のコロイドを除去したいのですが、白濁程度の溶液の場合、どの程度の遠心分離で除去できるのでしょうか?
(遠心分離の条件によって違うと思うのですが、回転数など教えていただけたらうれしいのですが。)

また、白濁程度のコロイドの粒子径はどのくらいなのでしょうか?
(なにか文献などに載っているのでしたら、教えていただけませんか?)
コロイドには詳しくなく困っています。どなたかお教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

コロイドの粒子径について、


ご参考になるかわかりませんが、
下記URLをご参照ください。
遠心沈降でも分離が困難なようでしたら、
遠心力で限外ろ過を行なうものを
試されてはいかがでしょうか。
遠沈管の中央部にポリスルホンの膜が装着されており、上部に液を入れ、遠心沈降と同様に、
遠心分離機にかけますと、限外ろ過ができます。
膜の種類は分画分子量で表示されており、
10,000の膜のものを使用しますと、
半導体研磨に用いられるCMPスラリー
(コロイダルシリカ分散液)の分離が可能です。
例えばクラボウ社製のCENTRICUTというものが
市販されております。

参考URL:http://www.siset.or.jp/odei/G1-1-1.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ojarumarupurin様

詳細な解答ありがとうございます。
URL参考にさせていただきました。

>膜の種類は分画分子量で表示されており、・・・
こんな便利なものもあるのですね。
参考にさせていただきます。

これで何とかやってみようと思います。
何か分からないことがあれば、また質問させていただくかもしれませんが、その時はよろしくお願いいたします。

お礼日時:2003/10/24 09:33

ですよね~.


で,補足を含めて再回答します.

私にはお手上げです(笑).ごめんなさい・・・.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

takakokoreo様

いえいえ気にしないでください。

アドバイスありがとうございました。
また何かの時にはお教えいただければ幸いです。

お礼日時:2003/10/24 09:00

ぜんぜんコロイドに詳しくないんですが,



適当に遠心したらいけないでしょうか?6000回転位で,2~30分でどうでしょうか?
これでだめなら更に遠心するとか・・・.


ちゃんとした回答じゃなくてごめんなさい.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

takakokoreo様

早速の解答ありがとうございます。

>適当に遠心したらいけないでしょうか?
普通はそうなのですが、溶液の量が限られてまして、あまり無駄にしたくないのでご相談したしだいで・・・。

お礼日時:2003/10/23 17:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遠心分離機について教えてください

値段が15万円以内で15000rpm以上の回転数が出る遠心分離機ってありますか。
回転数は高い程良いのですが。

Aベストアンサー

こんにちは、遠心分離器にも色々な種類がありますし、また、同じ遠心分離器でも処理する量によってセットするローターが変わってきます。少量ならスウィングローター、大量ならアングルローターなど色々です。これらのローターの種類により最高回転数が決定されます。15000rpmの規格であってもローターによってはそこまで回転数を上げられないということは普通にありますよ。

Q混合溶液の白濁

以下の試薬を1Lの水に混合して溶かすと溶液が白濁しました.放置しておくと底に白いゲル状のような沈殿がみられます.どうしてこのような反応が見られたのかわかる方,解説をお願いします.
NaCl(MW=58.44) 2.8g(=47mM) 水溶解度:35.9g/100ml
KCl(MW=74.55) 90g(=1.2M) 水溶解度:34g/100ml
CaCl2(MW=110.98) 1.4g(=13mM) 水溶解度:74.5g/100ml
MgSO4(MW=120.37) 2.9g(=24mM) 水溶解度:25.5g/100ml
KH2PO4(MW=136.09) 1.5g(=12mM) 水溶解度:22g/100ml
NaHCO3(MW=84.01) 21g(=250mM) 水溶解度:7.8g/100ml
ちなみに上から順に水溶液に溶かして,最後のNaHCO3を入れると白濁しました.

Aベストアンサー

ゲルのようであれば、
KH2PO4とMgSO4も入っているので、水酸化マグネシウムの可能性もあります。

Qコロイドの遠心分離について

どなたかコロイドに詳しい方教えていただけますか?

ある液体を純水に溶かしたところ、溶液が白濁し若干の沈殿物も見られました。
懸濁中のコロイドを除去したいのですが、白濁程度の溶液の場合、どの程度の遠心分離で除去できるのでしょうか?
(遠心分離の条件によって違うと思うのですが、回転数など教えていただけたらうれしいのですが。)

また、白濁程度のコロイドの粒子径はどのくらいなのでしょうか?
(なにか文献などに載っているのでしたら、教えていただけませんか?)
コロイドには詳しくなく困っています。どなたかお教えください。

Aベストアンサー

コロイドの粒子径について、
ご参考になるかわかりませんが、
下記URLをご参照ください。
遠心沈降でも分離が困難なようでしたら、
遠心力で限外ろ過を行なうものを
試されてはいかがでしょうか。
遠沈管の中央部にポリスルホンの膜が装着されており、上部に液を入れ、遠心沈降と同様に、
遠心分離機にかけますと、限外ろ過ができます。
膜の種類は分画分子量で表示されており、
10,000の膜のものを使用しますと、
半導体研磨に用いられるCMPスラリー
(コロイダルシリカ分散液)の分離が可能です。
例えばクラボウ社製のCENTRICUTというものが
市販されております。

参考URL:http://www.siset.or.jp/odei/G1-1-1.htm

Qコロイド溶液

絵の具のようなコロイド溶液を分けて取り出す方法で、透析のほかに何かありますか?教えて下さい。

Aベストアンサー

遠心分離の方法がありますが。

Q生物系の実験では、遠心分離は何故4度で行うか?

生物系の実験で、冷却遠心分離装置を使う場合、大抵4度で行いますね。あれの根拠が、どこかで詳細に説明されていないでしょうか。
勿論、サンプルをいためない為に「冷やす」という理由はあるのですが、確か水の比重が4度で最も高くなるから(3度とか2度とかまで冷やす事はしない)という説明を聞いた覚えがあります。
...だとすると、水層が上層に来る様な遠心分離の場合は、「水の比重が最も高くなる」温度である4度というのは不利ですよね? この考えが正しいものかどうか知りたいのですが...。

Aベストアンサー

現在の冷却遠心分離器は資料を氷水の中に入れなくとも大丈夫なのでしょうね。

かっては,ん十年前の話ですが,氷水に資料を入れて遠心分離しました。この氷水の温度が実は4℃なのです。

かっては,設定温度を自由に変えることは出来ませんでした。4℃でなくては遠心分離できなかったのです。ですから実験の再現性からほとんど4℃で分離していました。

ほとんど化石の知識ですが,何かの参考になりましたなら。

Qコロイド溶液

化学の教科書にのっていたコロイド溶液の説明、粒子が均一に分散した状態、とありました。
これは、食塩水のような"溶けている"という状態と同じということでいいんでしょうか?
回答よろしくお願いします

Aベストアンサー

粒子の拡散を考えれば食塩水のような溶液とコロイドのようなものは同じです。
何が違うかと言えば粒子の大きさです。
食塩水や砂糖水の場合は、溶けている分子やイオンが単独の状態に近く、
光の波長よりもずっと小さいので光は完全に通過します。
しかし、コロイドは多くの分子や原子で構成されているため、光の波長より
大きく、光を散乱します。この現象がチンダル現象です。
また、水分子がたるとランダムに動きます。これがブラウン運動です。
また、拡散している理由が食塩水や砂糖水ではエントロピーエネルギー
ですが、コロイドの場合はコロイド粒子の帯電による反発です。
ですから、電解質を加えると沈殿する(疎水コロイドの場合)のが特長です。

QJINで 血液を遠心力で分離して。血液型を判断する方法ありましたが。 あの遠心分離機は別として 理屈

JINで 血液を遠心力で分離して。血液型を判断する方法ありましたが。 あの遠心分離機は別として 理屈を教えて下さい。

Aベストアンサー

>そればJIN先生の血液型が 解ってだからできた パズルですか?
そういう事でしょうね。
JIN先生のお菓子作り好きよりは説得力がある設定ですよ。

Qコロイド溶液

学校で水酸化鉄(3)のコロイド溶液をつくり、その性質を調べる実験で、
水酸化鉄(3)のコロイド溶液をセロハン袋に入れ、
50℃の純水中につるして、しばらく放置しました。

セロハン袋中の液を試験管3本に5mlずつとって、
各試験管に、それぞれ塩化ナトリウム、塩化カルシウム、硫酸ナトリウムの各水溶液を2mlずつ加えて放置し、その変化を見ました。

結果は、塩化ナトリウムと塩化カルシウムを加えたときは変化なしで、硫酸ナトリウムを加えたときは白く濁りました。

この結果から、水酸化鉄(3)のコロイド粒子が帯びている電荷の種類と、その理由を考えなければならないのですがわかりません。
教えてください。おねがいします。

Aベストアンサー

高校の化学(1)Bの実験だという前提で話を進めさせていただきます。
 ※この回答では価数を、かっこでくくって表します。

 この課題は、試薬(電解質)の価数がキーポイントです。
<実験結果>
塩化ナトリウム:NaCl
  1価の酸Na(+)と1価の塩基Cl(-)  →変化なし
塩化カルシウム:CaCl2
  2価の酸Ca(2+)と1価の塩基Cl(-) →変化なし
硫酸ナトリウム:Na2SO4
  1価の酸Na(+)と2価の塩基SO4(2-)  →白濁

ここで、
「コロイド粒子はその表面電荷で互いに反発し合っているから沈殿しない」
っていうのはなんとなくわかりまよね?

ここに電解質を加えてコロイド粒子と反対符号の電荷のイオンを増やすと、
その表面電荷を打ち消してしまうため、コロイドは沈殿します
(凝析とか塩析として紹介されていると思います)。

その打ち消す力は、反対符号の、電荷の価数が大きいイオンほど強いです。
 「コロイド粒子と反対符号の電荷の価数の大きいイオンほど、
  コロイド粒子を粒子を凝析させる力が強い」
という感じのことが教科書に書いてあると思いますので見てみて下さい。

 このことが分かれば、今回の実験結果でコロイド粒子が凝析された(白濁した)電解質の種類が理由となり、水酸化鉄(3)のコロイド粒子が帯びている電荷の種類が分かると思います!

高校の化学(1)Bの実験だという前提で話を進めさせていただきます。
 ※この回答では価数を、かっこでくくって表します。

 この課題は、試薬(電解質)の価数がキーポイントです。
<実験結果>
塩化ナトリウム:NaCl
  1価の酸Na(+)と1価の塩基Cl(-)  →変化なし
塩化カルシウム:CaCl2
  2価の酸Ca(2+)と1価の塩基Cl(-) →変化なし
硫酸ナトリウム:Na2SO4
  1価の酸Na(+)と2価の塩基SO4(2-)  →白濁

ここで、
「コロイド粒子はその表面電荷で互いに反発し合っているから沈殿しない」
...続きを読む

Q遠心分離の回転数について

食品を遠心分離して、固層と液層に分けたいのですが、遠心分離機の回転数(rppm)と時間はどのように設定したらよいのでしょうか?
回転数は試料重量に対して決めるものなのでしょうか?
ちなみに1本のチューブに入れる試料の重量は50~60gです。
バゲットは8個あるので、2本で回すときもあれば8本で回すときもあると思います。
時間は5分くらいでできればと思っています。
種類にもよりますが、試しにやってみた場合、3000回転5分では少し足りないようで、4000回転5分では十分すぎるような気もしました。

アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

>回転数は試料重量に対して決めるものなのでしょうか?
それもありますが、比重(密度)の差が大きいでしょう。それに親和性が高い(乳化していたりする)と非常に困難になりますから、一概には言えず、経験が物を言う場合が多いです。
大きな装置をお使いですね、我が社ではもう見られなくなりました。
m(_ _)m

Qコロイド溶液の凝析と塩析

 沈殿をさせる、凝析と塩析、参考書には
 コロイド溶液に多量の電解質を加えると凝析、少量で沈殿すると塩析と
 なっています。
 他の参考書を見ると電解質を加えることは凝析となっていますが
 大きな違いは何なんでしょうか?

 そもそも 塩水コロイドは、でんぷん質などが混ざった液体、
       疎水コロイドは、墨汁のイメージなのですが、あっていますか?

 コロイド、電解質を加えた時のことについて、ご教授ください。
 どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

加える電解質の量です。お調べになったことは逆ですが。
少量であれば凝析、多量であれば塩析。

で、塩水コロイドというのは聞いたことありません。
疎水コロイドというのはコロイドの粒子が水分子をあまり引き連れておらず、凝析しやすいコロイドです。

これに対して、コロイド粒子が水分子をたくさん引き連れた親水コロイドというのがあり、これは凝析しにくいです。
こういう親水コロイドを沈殿させるにはコロイドの粒子の周りにある水分子をほかの粒子にとりつかせる必要があります。
そのために多量の電解質を必要とするのです。

なお、墨汁は疎水コロイドである炭の微粉末と水の分散系に、親水コロイドであるにかわを加えたもので、膠のおかげで炭素コロイドが沈殿しにくくなっています。
こういう働きをする親水コロイドのことは保護コロイドと言います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報