「謎解きはディナーのあとで」って面白いですか?
読もうか悩み中です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

化 文庫」に関するQ&A: 小説等の文庫化

A 回答 (3件)

私は面白いと思います。


本屋さんでよく最近の3部作で並んでいますよね。
「放課後はミステリーとともに」「ここに死体を捨てないでください!」と一緒に・・
どれも面白いですけど・・短編でもよくできていると思います。
短編の場合読んでイマイチという作家さんのものもあるのですが東川さんのはがっかりすることはありません。
私の場合は東川篤哉さんの作品はすべて大好きなので読んでいます。
登場人物が個性的で楽しいしトリックもなかなかですよね。
これは短編なので軽く読めますが、長編もとても読みやすくユーモアミステリーでどんどん読める上トリックも本格的で結末まで大満足、ミステリー好きにはいいかと思います。デビュー作品から大物を感じました。

私の場合面白そうなら特に作家さんはこだわらないのでどちらかというといろいろ読んでしまうのですが東川さんのはハマッて全作品読みました。

ただ東川さんの作品は人気でどんどん文庫化されていますし、短編はあっという間に読めてしまいますので文庫化してから読まれるといいかと思います。(もう文庫化していましたっけ?してたらごめんなさい)私は新書で読んだのですがすぐ読み終わってしまったのでやはり文庫になってからでよかったかなと思いました。

オススメです。読んで損はないですよ。
    • good
    • 0

>「謎解きはディナーのあとで」って面白いですか?


推理小説とはいえないけど面白いと思います。

>読もうか悩み中です。
第一話でいいなら、下記で音声朗読で試聴できます。
http://www.shogakukan.co.jp/pr/nazotoki/
    • good
    • 0

読み物としては面白いんですが 推理小説としてはお粗末です。


続編を期待していません
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「謎解きはディナーのあとで」は面白い?面白くない?

「謎解きはディナーのあとで」を買ったかたに質問ですが、面白かったですか?面白くなかったですか?

Aベストアンサー

読み物としては面白かったけど、ミステリとしてはへなちょこ。

Q謎解きの本

今日、シャーロックホームズの踊る人形という本で、その中の暗号文を解読する遊びをしていました。
そこで、暇つぶしや頭を使うために、あんな感じの謎解きっぽい本があったら紹介してください。
謎解きといってもいろいろありますが、小説でも謎解きBOOKとかでも、なんでもいいです。
 要点のつかみにくい質問ですいません。

Aベストアンサー

買おうかな、と思って何度も手にとりながらまだ買ってない本なのですが、まさにぴったりであろう本があります。その名も

「5分間ミステリー」ケン・ウェバー 扶桑社ミステリー

アマゾンに行って、上記のタイトルで検索してみてください。アマゾンをご利用なさる方ならすでにご存知でしょうが、アマゾンでは
「この本を買った人は他にこんな本を買っています」というのも情報で出てくるし(同じ傾向・関連の本がわかる)、「同じテーマの商品を探す」というページにも飛べます。
別の人が書いた「2分間ミステリ」というのもありますね。

ただ、内容を実際に確認していないので、問題のレベルがどの程度かはよくわかりません(^_^;)。つまらなかったらごめんなさい。

Q「海辺のカフカ」 読むべきか読まざるべきか??

こんばんは。

村上春樹さんの新作「海辺のカフカ」について
読むべきか、読まざるべきか迷ってます。

基本的には村上春樹さんの本は好きで、ほぼ全部読んでいます。
しかし、今回の「海辺~」の書評は、やけに辛口のものが目につきます。
ハードカーバーで上下本につき、購入する前に皆さんの意見を
伺おうと思って質問します。

ちなみに、私が一番好きな村上さんの本は「ダンス・ダンス・ダンス」
をはじめとする鼠シリーズ、「ねじまき鳥クロニクル」。
反対にしっくりこなかった本は、ここ2~3年の本。

どうも、昔の村上さんの本の方が好きな傾向があるだけに
今回の「海辺~」、皆さんのご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

「海辺のカフカ」、今読んでいます。
村上春樹は結構読んでいるのですが、「ダンス・ダンス・ダンス」は読んだことが無くて、「ねじまき鳥クロニクル」は面白かったですが(???)という印象でした。読んでいる時は止まらなかったけれど、読み返そうという気にはあまりならない…。そんな訳で、Hana55さんとは好みはだいぶ違うかもしれませんね。私の一番お気に入りは「国境の南、太陽の西」です。「ノルウェイの森」も結構好きなので村上春樹の中では恋愛小説っぽいのが好きなのだと思います。

そのあたりを念頭において聞いていただけると幸いです。

さてそんな私ですが、「海辺のカフカ」はかなり気に入っています。
村上春樹の常に変わらないテーマは人間が生きていれば避けて通れない孤独についてではないか、と思っています。
そのテーマはノルウェイの森や国境の南・・・ではかなりロマンタサイズされた形で書かれ、ねじまき鳥などでは浮世離れした形で暗示的に書かれていたように思います。
それが、海辺のカフカでは村上春樹は俗世に戻ってきて、しかもかなり建設的な意思を持っていて、そのテーマに対して何らかの前向きな姿勢で挑んでいる、という印象です。物語自体もいつもながらに複雑で飽きさせないながらも、以前よりもひとつの方向性がすっきりと整理されているように思います。
ちなみにノルウェイの森や国境の南・・・のように男女の恋愛が軸では無いと思います。
今までとはだいぶ違うスタンスのようにも思えますが、少なくとも村上春樹が新しい局面に向かっているというのは感じられる作品です。まだ結末まで読んでいないので最終的にはどうなるか分かりませんが、半分くらい読んだ今の時点では私はとても好きな作品のひとつだと思っています。
よしもとばななもオフィシャルホームページで気に入っているというように書いていました。9月13日の日記にあります。

単行本を買うのが躊躇されるようでしたら、文庫本になるまで待つか、地域の図書館などでリクエスト(或いはもう入荷されているかもしれませんが。)して読んで見られたらいかがでしょうか?

参考URL:http://www.yoshimotobanana.com/cgi-bin/diary/diary.cgi?page=4&yy=2002&mm=09

「海辺のカフカ」、今読んでいます。
村上春樹は結構読んでいるのですが、「ダンス・ダンス・ダンス」は読んだことが無くて、「ねじまき鳥クロニクル」は面白かったですが(???)という印象でした。読んでいる時は止まらなかったけれど、読み返そうという気にはあまりならない…。そんな訳で、Hana55さんとは好みはだいぶ違うかもしれませんね。私の一番お気に入りは「国境の南、太陽の西」です。「ノルウェイの森」も結構好きなので村上春樹の中では恋愛小説っぽいのが好きなのだと思います。

そのあたりを...続きを読む

Q『塗仏の宴』を読む前に『百鬼夜行 陰』を読みたいのですが・・

タイトルの通り、手元に『陰』があるのですが、まだ『塗仏』は読んでません。
京極堂シリーズは順番に読まないと、だめだそうですが、折角手元にあるので早く読みたいです!

『塗仏』を手に入れるまで、ちょっと時間がかかるので、先に読んでも問題ない短編のタイトルがありましたら、教えていただきたいです。

Aベストアンサー

『百鬼夜行―陰』収録の短編集の多くは『塗仏』以前に発表されたもので、以前の話の番外編のようなものなので先に読んでも問題ないと思います。
ただ、「火間虫入道」だけは『塗仏』に出てくるキャラの話なので、気になるようでしたら飛ばした方がいいと思います。

参考URLは、各短編に出て来た人物がどの長編作品に関わっているかをファンの人がまとめたページです。

参考URL:http://ww1.enjoy.ne.jp/~yamada.y/kyogoku/hyakki.htm

Q中3が読んで楽しめる本

タイトル通りです。こんな本を探しています。
本はもともと苦手で、好きなジャンル(好きなスポーツ選手の本)くらいしかスラスラ読めませんが…。
できれば、受験のいきぬきに読める本がいいです♪
あとジャンルは恋愛のお話を希望としていますが、それ以外でも全然良いです。お薦めおねがいします。

Aベストアンサー

恋愛系では・・・
☆村山由佳作品
→とくに「天使の卵」「キスまでの距離」はおススメです♪
純愛小説の部類に入ります。

★時をかける少女(筒井康隆)
→ある日突然時空を越える力を持ってしまった一人の少女の不思議な体験と悲しい恋の話です。
ちょっと古い作品なのですがちょうど中3の受験期に私も読んで面白かったように思います。

以下は別ジャンルです。
☆ダレン・シャンシリーズ
→親友とあるサーカスにいったことで人間としてではなく半バンパイアとして様々な試練に立ち向かわなければいけなくなった少年の物語です。
これはかなり人気でしたので図書館や本屋どこにでもあり手に入れやすいと思います。
ただ息抜きに読むにしては巻数が多いかな(^^;)

★森絵都作品
→特に「DIVE!」「ビート・キッズ」「カラフル」なんかはおススメですよ♪

★スキップ☆ターン★リセット(北村薫)
→これは主人公が時間を越え未来の自分自身に乗り移ってしまうタイムスリップもの・交通事故により同じ日を何回も繰り返しすごす異世界へと入ってしまう話・主人公達に過酷な試練があたえられ第二次世界大戦~現在までの話となっています。
一応3部作となっていますが主人公たちは全てバラバラなのでどれからよんでも大丈夫だと思います。

☆空色勾玉★白鳥異伝☆薄紅天女(荻原規子)
→すみません,これはレビューのほうを読んでいただけるとありがたいです。
私も中学のとき初めて読んだのですが高校になっても何度も読み返していて好きな作品です。

★空中ブランコ☆インザプール(奥田英朗)
→先端恐怖症で針を見るだけで真っ青なヤクザ、ブランコ乗りなのにブランコに乗れなくなってしまったサーカス員、とにかく携帯をいじっていないと安心できない携帯依存症などなど患者も個性的ながらもっとすごいのはこの本の医者!
精神年齢わずか5歳ともおもえる彼、無愛想な看護婦もうこの本に出てくるひとが個性強すぎて面白いですよ~スラスラ読めちゃいます。
これは以前テレビ・映画化されました。

恋愛系では・・・
☆村山由佳作品
→とくに「天使の卵」「キスまでの距離」はおススメです♪
純愛小説の部類に入ります。

★時をかける少女(筒井康隆)
→ある日突然時空を越える力を持ってしまった一人の少女の不思議な体験と悲しい恋の話です。
ちょっと古い作品なのですがちょうど中3の受験期に私も読んで面白かったように思います。

以下は別ジャンルです。
☆ダレン・シャンシリーズ
→親友とあるサーカスにいったことで人間としてではなく半バンパイアとして様々な試練に立ち向かわなければいけなく...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報