物質波の「波」というのはその粒子の存在する「確率の波」というふうに勉強しましたが、光も波と量子の両方の性質をもっています。そこで質問なんですがその光の波というのは何なのでしょうか?光のどのような波なんですか?よく教科書には光子が波うってる図がありますがあんなイメージでいいんでしょうか?いろいろ考えてると波そのものがわからなくなってきて気持ち悪くなってきました。誰か助けてください。光の波とはどのようなイメージが最適なんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

光が電場と磁場が直交する方向に交互に振幅し、更にもう一つの直交する軸方向に進む波であることはご存じですね。


空間は3次元なのでそれぞれx,y,z方向を割り当てて下さい。
(厳密には真空中のときには成立しますが、物質中だと異なることもあります)
これは、とてもイメージしやすいし、現にそのように進みます。

量子力学で言う波はあくまで存在する確率を表します。
光が粒子として振る舞うとき、この波がどのようになるかという問題と考えるとわかりやすいでしょう。
簡単に光の電場だけ取り上げて考えてみます。
光の電場をどんどん弱くしていきます。(つまり光の強さをどんどんと弱くする)
すると、ある一定の大きさ以上に弱くなると、それ以上は電場がゼロ(つまり光なし)かある最低の大きさの電場の光かのどちらかの状態しかとれなくなります。
(厳密には電場ではなくてエネルギーなのですが、まあこの際その違いは気にしないことにしましょう。)

これが光の粒子的な振る舞いで、そこに光の電場があるのか無いのかを記述するのが光の量子化であり、量子力学で言うところの確率分布になります。

このような振る舞いは実際に、フォトンカウンティングと呼ばれ実際に実験によりそうなることも確かめられています。
(非常に高い感度の光電管を使い測定します。)

量子力学を習うと、ものの実体以外に存在確率の波というわかりにくいものが出てくるのでイメージしにくくなりますが、結局はある瞬間に時間を止めて眺めてみるかぎり古典的な考え方でイメージできます。

では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご説明ありがとうございました。

>これが光の粒子的な振る舞いで、そこに光の電場があるのか無いのかを記述す
>るのが光の量子化であり、量子力学で言うところの確率分布になります。

つぼをつかれた気分です。やっぱり聞いてみるもんですね。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/04/29 04:32

波の方から考えると


光の波はふつうの横波と違ってその振幅方向の直角方向にも振動しています。
光も電磁波ですので、電場と磁場の変化が交互に現れて伝搬します。
電場の変化が有れば、その変化率に従って磁場が変化します。そしてエネルギーはその磁場の変化に変わっていきます。
そして、生じた磁場の変化がさらに電場の変化を誘起する、、、、
と言うことでどんどん場の変化が波のように伝搬します。
電場、磁場両方をイメージするのは難しいと思います。
たとえば電場の変化だけを考えると通常の横波と同じような感じで伝搬します。
(だからふつうの波をイメージされればさほど違いはないと思います。だけど、伝搬の仕方は海の波とは先程述べたように単純ではありません。)

波は有る物が移動しているのではなく、その場がエネルギーを伝搬しています。(波にあおられる船は上下には揺れますが位置は変化しません。)

さて、波が何かにぶつかってそれにエネルギーを移す時、通常の波はザバーと当たったところすべてでエネルギーが移ります。
たとえば津波に遭うとそこにあった家だろうと人だろうとみんなダメージを受けますが、
光の場合はその中のいくつかに確率的に一定のダメージを与えてしまいます。
そのエネルギーは振動数とプランクの定数をかけた物になっています。
つまり、そのエネルギーを持った固まりとして物にぶつかるのです。

何かにエネルギーを与えない限り(個々の粒子の位置を特定しない)波として観測できます。
波を何かで測ろうとすると粒子的な振る舞いを示します。
しかし、両者は一緒には発現しません。
だから粒子的な物が飛びながら波のような現象が起こると考える必要はありません。
波の時は波として見ている分にはおかしな事は余り観測できないと思うので、特殊なイメージは必要ないのではと思います。
(見てる分にはです。それで何か物理現象を追いかけると、粒子としての特性も考えないといけなくなる時有ります。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご説明どうもありがとうございました。私は波のことだけを考えていてその原因になる電場、磁場のことを深く追求してませんでした。なるほど頭のもやもやが消えた気がします。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/04/29 04:24

個々の粒子については、横に振動しながら高速で直進するもの



粒子の集合体については、いろいろな振動状態の粒子が混ざったもの
(これが確率の波)

全体としてみると、振動で生じた粗密波
(電界と磁界の図など)

こんなところでどうでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。なんとなくですがわかりました。

お礼日時:2001/04/29 04:15

工学専攻の大学院生です。



その昔、ぼくも気持ち悪くなりました・・・。
どないなっとんねん!っと叫びそうでした。いや、叫んだ・・・。
そんな事より回答です。

波には縦波と横波とあります。縦波は音波のようなもの。横波は光とかです。
どう違うか?縦波は、波の成分の動く方向が1つで、横波は2つあります。

電磁気学などの教科書には、電界と磁界がうねうねなってる絵がよくあります。
あれがいいイメージと思います。
言葉で説明すると、SinもしくはCosのグラフのとおりです。
でも、実際レーザー光などを見ると波のくせに直線です。
ですので、波の性質はあるものの光とは直進するものという捉え方がいいのではないでしょうか。

これは回答ではないですね。アドバイスにしときます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございます。やっぱ教科書どうりのイメージでいいんですね。電界と磁界のことを意識してイメージすればなんとなくイメージも湧きました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/04/29 04:08

ご期待の回答ではないかもしれませんが・・・


偏光サングラスなどを考えると、光も波打ってるんだと想像できないでしょうか?
または、目で見る「色」を考えた時、光に波長があると思うのは私だけかな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

即答ありがとうございます。確かにそう考えるとイメージしやすいですね。ということは物質波の「波」と光の波では本質的に違うということでいいんでしょうか?

お礼日時:2001/04/27 02:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q音波と音圧の関係について

音の実体は「音波」ですが、この「音波」と「音圧」はどういう関係になるのでしょうか。

Aベストアンサー

補足します。
音圧は音の大きさではありません。音波の大きさです。音と音波は全く違ったものです。音波は物理量、音は感覚量です。
大きさとは、音圧実効値、(音圧振幅の最大値)/√2)です。

Q波動関数の波の形と実際の粒子の波

波動関数は、グラフに描くと波の形をしていますよね。複素数の項がありますが、その項を除いたとすればグラフがかけますよね?
その波の形と、実際に二重スリットの実験などで現れる実際の波の形は同じものであったりすることはありますか?波動関数はただ単に確率を表すだけのものなのでしょうか?

海の波の形はコサインの式でグラフに描くと横軸が位置X、縦軸が振幅(波の高さ)となり、波を実際に絵として描くことができると思います。粒子の波はそのようなことはできないのでしょうか?
わかる方いたら教えてください!!

Aベストアンサー

波動関数を使えば量子状態をうまく記述できますが、波であることが実態ではありません。波動関数とは、量子状態を記述する言語の1つ、という程度に考えるとよいでしょう。

Q酸蝕歯と音波振動ハブラシ(電動ハブラシ)について

歯科医に酸蝕歯と診断されました。

食べ物や食べた後すぐに磨かないなどの指導を受けました。
歯磨き粉も酸蝕歯用の歯磨き粉を使用しています。

酸蝕歯の歯磨きについて気になったことですが、
「音波振動ハブラシ」は止めたほうが良いと思いますか?
音波振動ハブラシではなくて、手磨きで磨いたほうが良いと思いますか?

できれば説明していただき、
A.音波振動ハブラシ推奨
B.音波振動ハブラシ非推奨
どちらかお答えいただければ嬉しいです。

追伸:
現在は、音波振動ハブラシの1万台のものを使用しています。

Aベストアンサー

酸蝕歯と、音波振動ハブラシは、無関係。
よって、ABどちらでも良いです。
それから、専門的なことは、ここで質問するより、
歯科医に聞くのが賢明ですよ。

Q電子や光子の波動性と粒子性について

こんにちは、王次郎です

”光の物理”(小林浩一 著,東京大学出版会)p.35には、光の粒子性と波動性に関して以下の様に紹介されています。

『光の行動は、観測されるまでは空間に広がった波動、つまり電磁波の立場で考えなければならないし、観測されてはじめて、光は粒子、つまり光子としての顔を見せることになる。(中略)光が原子や電子あるいは一般には物質と出会い、エネルギーを交換するときには、光は粒子のように行動し、それ以外のときには波動のように振る舞うといってよいだろう。』

量子力学では、例えば電子の波動関数は、電場や磁場などの物理的な存在ではなく、状態(可能性)として空間に広がって存在しているとされていたと思います。光の波動性が、電磁場としての物理的な存在であるのに対して、電子などの粒子の波動性は波動関数で計算される状態の波であるとすると、電子や粒子の波動性と光の波動性は別物なのでしょうか?
それから、光もシュレーディンガー方程式で波動関数が計算できるのでしょうか?

Aベストアンサー

当たり前ですが光子は光の速さで飛んでますので,非相対論的なシュレーディンガー方程式ではなく相対論的なクライン=ゴルドン方程式にしたがいます。

クライン=ゴルドン方程式
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3-%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%B3%E6%96%B9%E7%A8%8B%E5%BC%8F

これは自由粒子の相対論的エネルギーの式

E = √[ (mc^2)^2 + (pc)^2 ]

を二乗して,Eとpを演算子に置き換えて波動関数に作用させることで導かれます。光子は質量が0なので,最終的には,なんのことはない,普通の波動方程式になります。

このときの波動関数と現実に観測される電場の関係がどうなっているかはは知りません。

Q充電器からでる高周波は電波?音波?

充電器からでる高周波は電波ですか?音波ですか?両方ですか?
音波の場合、人体に影響はありますか?

Aベストアンサー

もう少し基本をべんきょうしましょう。高周波という時点ですでに人間の可聴周波数を超えていますので、人間にとっての音(音波)ではありえません。

それから音波と言うのは空気の振動ですので動く部分が無いものから音波がでることは基本的(一部例外もある)にはありえません。少なくとも普通の充電器(出来が悪いものでコイルが振動するなどは別)から音波がでることは無いでしょう。

電波(電磁波)は盛大に出てますよ。電波(電磁波)ってなんだか知ってますか?

まぁ、たぶん最近の小型のスイッチング式の充電器の話でしょうけれど、精々100KHz程度の周波数ですし、量もあなたの部屋の蛍光灯やパソコン・携帯電話から出ている量よりはるかに少ないですよ。

物理的な意味で人体に影響があるかと言えば「無い」ですが、偏執的に気にした場合は精神的な意味で「有る」ですね。

このような事は対象を理解していない人に多い話ですね。気になるなら調べて勉強しなさい。

Q光の電磁気波をイメージ化できる「ベクトル場顕微鏡」

光の電磁気波をイメージ化できる「ベクトル場顕微鏡」,の意味がよくわかりませんでした。こういうものが実用化される意義、を解説してくださると助かります!http://proxy.bbsnews.jp/scienceplus/1166884982/

Aベストアンサー

「ナノ構造や固体表面近傍(光の波長よりも小さい構造)での光の電場の向きを観測できた」と言うことらしいですね。フォトニック結晶などを使ったデバイス開発にとっては有用でしょう。
翻訳が悪すぎます。
nature photonicsに出ています。科学に限らず、なんでも原文をお読みになってご自分で判断される方がいいでしょう。

http://www.nature.com/nphoton/archive/subject_nphoton_s2_012007.html

Q音波のエネルギー密度

音波のエネルギーの式に関する質問です。

速度場をv(ベクトル)、密度を、流体が静止しているときの値ρ_0からのずれρ'で表します。
ρ=ρ_0+ρ'
音波の振幅が小さいとし、vの大きさ、ρ'も小さいとします。

音波にともなうエネルギー密度は、
Ε=(1/2)ρ_0v^2+(1/2)(c^2/ρ_0)ρ'^2 (1)
(c:音速)
音波にともなうエネルギーの流れの密度j_εは
j_ε=c^2ρ'v (j_e:ベクトル) (2)
、(1)と(2)は保存則 ∂Ε/∂t+divj_ε=0をみたすそうなのですが、この保存則が導出できなくて困っています。

Aベストアンサー

...いろいろ考えてみましたが、結局解けませんでした。役立たずですみません。

連続体力学や流体力学を学ぶ人は、案外多いと思うのですが、音波の分野は専門外だとすっ飛ばすことが多いようです。

ですので、音波についての基礎的な式を併記するか、参考URLを示すと、解いてくれる人も増えるのではないでしょうか。(自分も、近似の式を求める場合は断熱扱いなのを今回はじめて知りました)

また、たしか数学専攻の人の中には、完全流体の式の解析解を求めるのを研究テーマにしてる人もいたと思いますので、数学のカテゴリにも質問すると良いかもしれませんです。

Q波数のイメージとその次元

題名の通り、波数のイメージとその次元がどうも食い違ってしまうと言いますか、ちょっと納得できないので質問します。
波数の定義は、k=2π/λ(または、本によってはk=1/λ)で与えられています。ここで、私は波数は2πという単位の長さを波長で割っているのであるから、これは単位長さ当たりの波の数だと考えました。大学の先生に聞いてもあやふやな答しか返ってきませんでした。(大学の先生はいろんなこと知っているけど、あまり考えていないの?(疑))
その後、いろいろ調べて「波数は空間周波数とも言える。」と書いてあるのを見つけました。普通、周波数と聞けば、単位時間当たりに何回振動するかだけど、これは時間ではなく空間で与えているだけかと思って納得してしまったのです。
でも、それでは波数の次元は無次元になってないとおかしいではありませんか。
しかし、本で調べたところ、波数の次元はm^-1ではありませんか。
波長の次元はmとして、2πの次元は無次元でないといけません。では、これは角度でradなのでしょうか?
そうすると、先ほど納得したイメージではつじつまが合いません。2πを長さと考えてイメージを作ったのですから。
「波数を定義すると便利だから。」というのを聞いたことがあるのですが、波数のイメージはもてないのでしょうか?(波数っていうぐらいだから、波の数じゃないの?)

題名の通り、波数のイメージとその次元がどうも食い違ってしまうと言いますか、ちょっと納得できないので質問します。
波数の定義は、k=2π/λ(または、本によってはk=1/λ)で与えられています。ここで、私は波数は2πという単位の長さを波長で割っているのであるから、これは単位長さ当たりの波の数だと考えました。大学の先生に聞いてもあやふやな答しか返ってきませんでした。(大学の先生はいろんなこと知っているけど、あまり考えていないの?(疑))
その後、いろいろ調べて「波数は空間周波数とも言える。...続きを読む

Aベストアンサー

おっしゃるとおり波数のイメージは>単位長さあたりの波の数
でまったくOKです。
ですから次のように考えてはいかかでしょう?
10m中に波が5回あるとき波数を求めるには、5(無次元)÷10(m)ですね。
ちゃんと次元もm^-1となるのはすぐに納得されると思います。
この時、先に波長2mが分かっていたらこういう求め方もできます。
波長は波1回あたりの長さだから10(m)÷5(無次元)として求めますが、
この式は波数とちょうど逆数の関係にあるので、波数=1/2mと求められます
ここで注意していただきたいのは1mを2mで割っているのではなく、2m(波長)の逆数をとっているという点です。
波数の定義の式も2πmや1mを波長で割ったのではなく、波長の逆数に2πをかけたもの、波長の逆数そのもの、と捉えるのが正しいのです。

もうひとつ波動関数の式 y=Asin(wt-kx)との関係から捉えるのも重要です。
(y:変位,A:振幅,t:時間,x:基準点からの距離)
sin()の中は位相で角度(無次元)なのでw,kの次元はそれぞれt,xの次元の逆数とするのです。ここでkを波長λを用いて求めると2π/λ(rad/s)となります
波動の式としてy=sin2π(wt-kx)の形をもちいた時には2πが消えたk=1/λとなるわけです。
長くなりましたが少しでも直感的理解の助けになれば幸いです。

おっしゃるとおり波数のイメージは>単位長さあたりの波の数
でまったくOKです。
ですから次のように考えてはいかかでしょう?
10m中に波が5回あるとき波数を求めるには、5(無次元)÷10(m)ですね。
ちゃんと次元もm^-1となるのはすぐに納得されると思います。
この時、先に波長2mが分かっていたらこういう求め方もできます。
波長は波1回あたりの長さだから10(m)÷5(無次元)として求めますが、
この式は波数とちょうど逆数の関係にあるので、波数=1/2mと求められます
ここで注意していただきたいのは1mを2...続きを読む

Q音波歯ブラシの違い

電動歯ブラシを購入しようと迷っていますが、
やはりただの電動はパワーがなかったので、
今度は、音波歯ブラシがいいかなと思っています。

しかし、音波といっても様々ですが、素人には理解できません。
うたい文句もメーカーの都合のいいように書いている気がします。
表現的には問題ないのでしょうか?

昔、専門の人に聞いたことがありましたが、「音波歯ブラシとは
リニアモーターの技術を使用し、N極とS極を1秒間に約500回
というスピードで切り替えることにより、ブラシを毎分約31,000回
振動させて音波を生じさせます。」といってました。

松下のドルツなんかがそうなんでしょうが、リニアモーターを
いれるとどうしてもグリップが太くなるようです。しかし、最近
グリップの細い音波歯ブラシもありまして、例えばオムロンの
メディクリーンという機種はかなり細いですが、ヨドバシカメラの
店員さんに聞くと、リニアモーターは入っておらず、ただの振動
歯ブラシだといいます。でも、「音波歯ブラシ」と書いてあります。
これは、問題ないんでしょうか?

また、もし、それが音波の領域であったとしても、リニアモーターも
使わず、そのような高速回転をさせれるのでしょうか?その
オムロンさんのカタログには、「ポイントスイング33,000回/分」と
書いてありました。

ヨドバシカメラの店員さんに聞くと、やはり一番売れているのは、
松下のドルツといいます。ただ、わたしとしては、グリップは、
軽くて細い方がいいので、リニアモーターを使わず、細くて軽い
音波電動歯ブラシがあるならそちらにしようかと思っています。

オムロンさんの電動の表記は誇大広告じゃないとは思いますが、
詳しく知っておられる方がいらっしゃましたら教えて下さい。

電動歯ブラシを購入しようと迷っていますが、
やはりただの電動はパワーがなかったので、
今度は、音波歯ブラシがいいかなと思っています。

しかし、音波といっても様々ですが、素人には理解できません。
うたい文句もメーカーの都合のいいように書いている気がします。
表現的には問題ないのでしょうか?

昔、専門の人に聞いたことがありましたが、「音波歯ブラシとは
リニアモーターの技術を使用し、N極とS極を1秒間に約500回
というスピードで切り替えることにより、ブラシを毎分約31,000回
振...続きを読む

Aベストアンサー

とりあえずですが
家庭用の電動歯ブラシにリニアモーターを世界で始めて導入
したのがフィリップスの『ソニッケアー』です。
ですので、リニアモーターの代名詞的な電動歯ブラシは
業界ではドルツよりソニッケアでしょうね。

確かに今のリニアモーターの電動歯ブラシは太めですよね。
ソニッケアは2007年9月21日にフレックスシリーズ
という新モデルが登場しました。

従来モデルであるエリートシリーズと比較し本体サイズが30%ほど
小さく、また重量も16%ほど軽くなっているようです。
(参考のURLを添付しておきますので参考にしてください。
家電ウォッチのレビューでわかりやすいです)

(こんな感じでどんどん細くなる余地がまだまだある製品なんですよ
リニアモーターはという事をお伝えしたかったのですが
なかなかお伝えできず失礼いたしました。)

ただ、ソニッケアは製品のラインナップが把握している人はほとんど
いないのでは?と思うほど多くわけがわからないところと、
上位機種は値段が非常に高価なのがネックですよね。

参考URL:http://kaden.watch.impress.co.jp/cda/column/2007/10/23/1466.html

とりあえずですが
家庭用の電動歯ブラシにリニアモーターを世界で始めて導入
したのがフィリップスの『ソニッケアー』です。
ですので、リニアモーターの代名詞的な電動歯ブラシは
業界ではドルツよりソニッケアでしょうね。

確かに今のリニアモーターの電動歯ブラシは太めですよね。
ソニッケアは2007年9月21日にフレックスシリーズ
という新モデルが登場しました。

従来モデルであるエリートシリーズと比較し本体サイズが30%ほど
小さく、また重量も16%ほど軽くなっているようです。
(参考のURL...続きを読む

Q電子はは光子と違って何かが量子化された結果存在するものではないのですか?

タイトルのとおりなのですが、ほかの素粒子などについてもエネルギーが質量に変わるようなイメージで想像しているのですが・・・

Aベストアンサー

いろいろな解釈が成り立つんじゃないかと思います。それぞれの素粒子によって、ゲージ場など従う場は違いますが、ほぼ、質問者のイメージでいいではないかと思います。ヒッグス粒子ではヒッグス場によって、真空の場にゆらぎがおこり、そこに、粒子が生成するという、イメージが成り立つのではないかと思います。


おすすめ情報