11月20日の簿記2級試験を受験しようと思っています。
31歳、簿記の経験、知識全くありませんが、初級シスアド、基本情報の資格をもっていて、
少し簿記関連の問題が出ていたような記憶があります。

知識がほぼゼロの初心者におすすめの、これとこれだけやれば大丈夫!という
ような評判の良いテキストや問題集がありましたら教えていただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

はじめまして。



25歳男性で、簿記2級取得、会計大学院修了者です。

簿記3級程度の知識はあると考えていいのでしょうか。

まず、基本的な説明になってしまいますが。日商簿記2級は、大きく分けて2種類の問題からなります。

商業簿記:3題、工業簿記:2題で合計5題の問題が出題され、1題あたりの配点が、20点となります。

なので、商業簿記60点、工業簿記40点の100点満点で70点以上(科目によるあしきりはないです。)で合格となります。

また、問題の一部は部分採点です。

商業簿記は、簿記3級の引き続きで、個人商店対象から、企業の取引、合併などの企業での取引を対象とした簿記で、3級のバージョンアップ版と思ってください。

もうひとつは、工業簿記で、これは、向く人と向かない人がいるようです。数学が好きな人は、一定の方程式に似た仕組みにのっとって計算するので数学好きや情報関連をやっていれば、覚えるのが早いと思います。簡単に言うと、工場でモノづくりをする仕組み(材料を仕入れてから完成)とそれぞれの商品の原価を求めるといった工場などの物づくりのための簿記です。

また、3級と2級は、同時受験(3級が午前、2級が午後)可能です。

前置きが長くなって申し訳ありません。

個人的にお勧めは、市販されている「よくわかる簿記シリーズ 合格テキスト 日商簿記2級 商業簿記 Ver.6.0
」と「問題集」、同じシリーズの工業簿記版のテキスト・問題集となります。(参考URLを参照してみてください。似たようなものがありますが、よくわかる簿記シリーズが、一番いいと思います。)

TACの授業でも使われているものですので、安心して使うことが出来ると思います。

11月受験予定でしたら、7月8月でテキストと問題集を1回しする。9月で1回転、10月に過去問研究・弱点補強、11月に苦手個所の復習といった、勉強プランでいかがでしょうか。

2~3カ月あれば、商業簿記と工業簿記の問題集を最低1回転は、出来ると思います。

また、テキストに例題がのっていますから、それを解くだけでも力が上がります。

直前期は、過去問とかをやるといいのですが、直前の2~3回前のものなら、ネットで問題と解答を合わせたものを、TACや大原に資料請求できると思います。

逆に、お勧めできないのが、市販で、○○日で受かるとか○週で合格みたいな感じの本です。

確かに必要なことはのってはいるのですが、必要最低限しか載せていないともいえるので、少しお金が高くても、TACや大原などのちゃんとしたもの(講義で使われるもの)を購入した方がいいと思います。

お金に余裕があれば、講義DVDも販売されていると思いました。

また、分からないことがあったら、3級に戻って確認することも大切ですので、こちらも金銭的に余裕があれば、購入をお勧めします。

参考になったかわかりませんが、日商簿記2級については、以上です。

暑い日々が続きますので、勉強で無理はなさらないようにしてください。

参考URL:http://bookstore.tac-school.co.jp/book/koza/13/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても丁寧なご回答ありがとうございます!

知識がやはりあいまいになっていると思うので、簿記3級と簿記2級の同時受験を
目指してみます。

「合格テキスト」と「合格トレーニング」をとりあえずやってみようと思います。
(TACさんは関連本が多すぎますね・・どれ選べばよいか迷いますw)

とりあえずテキストと過去問をやりこなしてみます!
ありがとうございました!

お礼日時:2011/07/16 08:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q簿記2級、どれくらいで受かりましたか?

11月の試験に何がなんでも簿記2級に受かりたいと思っているものです。
インターネットを見ると、簿記2級なんて、1週間勉強して取れるくらい簡単な試験だよというのを見たりとか、1年しっかり勉強しないと、どんどん難しくなっているからというのを見たりとかしましたが、実際、教えて!gooを閲覧している方で、こんなに短期で受かったよ、もしくは真面目に勉強して1年くらいかかりましたなどの情報を頂けたら、幸いです。
よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

私は8年ほど前に、参考書と問題集の独学で、期間3ヶ月ほどで合格しました。商業簿記と工業簿記が選択制だと試験四日前まで勘違いしており、商業簿記しか勉強していませんでしたが、四日間で工業簿記を勉強(通勤時間、昼休み、仕事後の時間全て勉強)し、合格しました。

人それぞれですが、必要なのは集中力でしょう。
応援しています。頑張って下さい。

Q全くのド素人。日商簿記二級のレベルと勉強方法!

はじめまして!27歳、社会人の男です。以前の職場で、経理及び管理の仕事をしていたのですが、簿記などの資格はなしで行っていました。

現在転職をし、社内の総務として働き、すでに1年くらい経つのですが、上司から「経理の女性が辞める事もあり、ぜひ前職での経験も活かしながら経理をしてみないか?」と言われました。僕自身とても興味もあり、是非してみようと思っているのですが、やはり自分自身のレベルアップのためにも、日商簿記の2級を勉強してみたいと思っています。

そこで質問なのですが、僕は工学部の大学卒という事もあり(ただたんに前職では引継ぎ関係で僕が経理をしばらくしていただけ)、簿記なんて全くわかりません。どんな問題なのかすらも、解いた事もなければ問題を見たこともありません。

難易度と、勉強期間(どれくらいの期間まじめに勉強すれば合格できるレベルに持っていけるのか)、また、お勧めの参考書や問題集などがあれば、是非教えて下さい。
試験は11月に受けようと思っています。(難易度的に絶対的に時間が足りないようでしたら先延ばしで受けますが・・)

特に難易度については本当に全くわかりません。一般的に勉強して受かるレベルなのか、みっちり一日2時間くらい勉強しても半年じゃ足りないくらいの難度なのか・・。
自分自身、簿記を今からゼロから始めるという状況ですので、質問ばかりで大変申し訳ないのですが、教えていただければ幸いです。

はじめまして!27歳、社会人の男です。以前の職場で、経理及び管理の仕事をしていたのですが、簿記などの資格はなしで行っていました。

現在転職をし、社内の総務として働き、すでに1年くらい経つのですが、上司から「経理の女性が辞める事もあり、ぜひ前職での経験も活かしながら経理をしてみないか?」と言われました。僕自身とても興味もあり、是非してみようと思っているのですが、やはり自分自身のレベルアップのためにも、日商簿記の2級を勉強してみたいと思っています。

そこで質問なのですが、...続きを読む

Aベストアンサー

 同じく社会人で、3年ほど前になりますが、日商簿記3級(第107回)を1ヵ月程で取得、その年の11月に2級(第108回)をいずれも独学で取得した者です。
 仕事をしながらの勉強でしたので、夜9時以降と早朝しか学習時間は取れませんでしたが、とにかく毎日簿記に触れるように心懸けていました。
 全経は受験経験がないため、日本商工会議所主催の簿記検定に限ってお話させて頂きますが、狙われる出題の傾向はある程度同じです。読みやすい参考書を用意して、問題集はあれこれ手を出さずに、過去問を繰り返し解くのが手っ取り早いです。私の場合、参考書は中央経済社でしたが、実用書といった感じで、学習簿記にはやや難解でした。受験生向きに有名専門学校が出版している本が無難でしょう。
 また、この試験は回ごとに問題の選出にカラーがあり、出題者の性格にもよるでしょうが、残高試算表など計算量の多い体力勝負の内容だったり、凝った仕訳を書かせるような電卓を叩く回数より論理的思考力を問うものが中心だったりします。
 日商簿記検定では、2級の試験は午後からですが、先に3級の試験が午前中にあります。例年、3級と2級の難易度の波は連動しているようなので、3級を受験してみて手応えをみるといいかも知れません。
 自分が初めて3級を受験した第107回は、2級の合格者率が1級合格者率(1級合格者は受験生総数の上位10%前後の成績を修めた者とされる)を下回る、ここ数年にはないというレベルの高さでした。易しいとされる3級の試験問題の内容も、過去問で難易度が高い部分を選り好んだような内容で、合格者も例年より1割減でした。
 第107回終了後、商工会議所に抗議の電話が殺到したとの噂も聞きましたが、次に受験した第108回の2級は、受験生には良心的な骨抜き問題ばかりで、40%は合格していました。この回に2級を受験した者はラッキーだったはずです。
 私の体験は極論に過ぎませんが、こういった場合も実際あったように、問題作成者によって、その回ごとに難易度の波は、確かにあるように思われます。合格者のかたの話を聞き、学習量の目安を立てられるのはもちろん重要な事ですが、一概に、これだけやれば大丈夫。とも言い切れない部分は、当然出て来ますので、その点はご用心くださいね。
 時間と予算が許すのであれば、出来れば独学より専門学校の講座を受講された方が、効率よく中身ある学習が出来ると思います。2級(3級)は飽くまで簿記の全体像の一部をかじるに過ぎず、よって学習する内に「なんでこうなるの?」「じゃあここは?」と次々に疑問が湧き出てくるのが簿記の勉強です。簿記カテゴリーの投稿数の勢いを見ても、そのことは判ると思います。一度「なんで?」というツボにハマってしまうと、2時間なんてあっという間に経ってしまうものです。
 3級、2級、1級と段階ごとに、ここまでが押さえるべき重要点、ここからは範囲外なので未だ考えなくてよい、という一種の「力加減」が必要になってきたりしますし、例えば精算表は縦より横に仕上げた方が点数を稼ぎやすいなどの試験テクニック、1級まで進むのであれば、企業会計原則などの法律改訂に伴って憶えておくべき論点の優先順位(法律は、2級までなら特に大きな影響はありません。)などは、独学ではカバーしきれないものがあります。私は無理に独学を続けたばかりに、無駄な労力や誤解を積み重ねてきてしまい、今、後悔している部分もあります。
 独学で得た分、合格の喜びは大きいとは思うのですが、出来れば要らぬ苦労はして欲しくないなと思います。
 と、あなたに回答しているこの自分こそ、11月に日商簿記1級の受験を考え、準備中の段階の青二才です。生意気なこと書いてごめんなさい。
 頑張りましょう^^

 同じく社会人で、3年ほど前になりますが、日商簿記3級(第107回)を1ヵ月程で取得、その年の11月に2級(第108回)をいずれも独学で取得した者です。
 仕事をしながらの勉強でしたので、夜9時以降と早朝しか学習時間は取れませんでしたが、とにかく毎日簿記に触れるように心懸けていました。
 全経は受験経験がないため、日本商工会議所主催の簿記検定に限ってお話させて頂きますが、狙われる出題の傾向はある程度同じです。読みやすい参考書を用意して、問題集はあれこれ手を出さずに、過去問を繰り返し解く...続きを読む

Q簿記2級(独学)のおすすめテキスト類は?

今までに簿記の勉強をしたことはありませんが、独学で日商簿記2級を目指しています。
勉強は3級から始めますが、試験は2級のみ受けようと考えています。
勉強時間は3級と2級あわせて400~450時間とれそうです。

独学に必要なテキスト・問題集・過去問などの中身を色々と見てみましたが、いまいち決められませんでした。

しかし、値段や初心者向けな点から考えて「スッキリわかる」シリーズ(TAC)か「サクッとうかる」シリーズ(ネットスクール)のどちらかが良いのではないかと考えています。

皆様は「すっきりわかる」と「サクッとうかる」どちらがおすすめでしょうか?
できれば理由も教えてもらえると助かります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

6年前に独学で簿記2級をとりました。

私が使っていたのは、
「とおるテキスト」TAC
と「とおるゼミ」TACです。

説明がわかりやすく、適度にイラストも入っていて、読みやすかったです。テキストを熟読し、ゼミの問題を解いていく感じです。1冊全て終わってから同シリーズの過去問をやりました。

分からない事は電話等で質問できるので、良かったです。


私も3級から始めました。2級は結構大変でしたが、コツコツやれば絶対に受かります!!!

頑張ってくださいね。陰ながら応援しています。

Q日商簿記のテキスト・問題集について

日商簿記の11月の試験を目指して3級・2級の勉強を始めました。
(6月は子供の運動会と日程が重なるので見送ります)
スマホのアプリで問題を解いていますが、テキストと問題集はTACにしようと思っています。
「簿記の教科書・問題集シリーズ」と「スッキリわかるシリーズ」の2種類のどちらがいいのか迷っております・・・。

全くの初心者ではなく高校時代に簿記を学んでいるので、基礎はわかるような気がします・・・ただ20年近く経っているので記憶は薄れていると思います。
3級は高校時代に試験を受けましたが1度落ちています。
上記のテキスト・問題集を使った事のある方がいましたらアドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

No1です。

その後、書店で時間待ちという機会があったので、簿記のテキストを片っ端からチェックしてみました。
その結果は、…
オススメは、ネットスクールのサクッとシリーズではないかと思います。

TACは、他資格でも一定の評価が有りますし、私自身何度もお世話になっているので、私もTACだけで考えていました。

ネットスクールは、TACの簿記講師が独立して作った会社なのですが、当初は、TACブランドでテキストを出していました。
それが、サクッとシリーズです。
その後、サクッとシリーズは自社で出版出来るようになり、TACはその穴を埋めるため、スッキリシリーズを出版しました。
さらにその後、TACは新シリーズとして簿記の教科書・問題集シリーズを出版しました。

サクッとシリーズは、スッキリシリーズと教科書・問題集シリーズの中間的な感じになります。
ですから、スッキリシリーズと教科書・問題集シリーズで迷っているなら、サクッとシリーズが解決になるのではないかと思います。

また、過去問集も、ネットスクールの「出題パターンと解き方」シリーズが良いと思います。
ここでは、どのように下書きを書いて解けば効率的に正確な回答が出来るか、が書かれています。
これは、まさに目からウロコでした。
なるほど、こう解けばよかったのか!という驚きがいくつもありました。
一つ具体例を上げると、試算表等でTフォームを書く時は、よく出る勘定項目8つに絞ると良いということは、TACの本にも書かれています。
ネットスクールの本では、なぜその8つなのかという理由が書かれており、さらに、それ以外の勘定項目の処理方法も書かれています。

No1です。

その後、書店で時間待ちという機会があったので、簿記のテキストを片っ端からチェックしてみました。
その結果は、…
オススメは、ネットスクールのサクッとシリーズではないかと思います。

TACは、他資格でも一定の評価が有りますし、私自身何度もお世話になっているので、私もTACだけで考えていました。

ネットスクールは、TACの簿記講師が独立して作った会社なのですが、当初は、TACブランドでテキストを出していました。
それが、サクッとシリーズです。
その後、サクッとシリーズは自社で出版出...続きを読む

Q日商3級の合計試算表作成の裏技ありますでしょうか?

こんにちは、
簿記3級を受験します。
過去問の合計試算表を行っていると、それだけで1時間半掛かってしまいます。
試算表作成時の裏技や時間短縮の方法があるのでしょうか。
簿記3級を合格された先輩方の良きアドバイスをお願いします。

いくども繰り返し勉強していますすが、壁に当たって疲れています。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#1、5です。再びお邪魔します。
#1のお礼ありがとうございます。
&お礼をしっかりもう一度読んでみました。

3級は簿記の基本になります。
3級でまず覚えるのは、何といっても仕訳です。
仕訳がないと試算表もできないですね。
最後の決算処理も仕訳がないと出来ません。
・・・ということは、簿記の基本が仕訳といってもいいと思います。
仕訳をしてその上で試算表も存在できます。
2級1級と進んでいくうちに、あるいは3級を充分していくうちに仕訳の大切さがわかってくると思います。

かといって、仕訳さえ理解しておけばいいということでもありません。

T字を利用した仕方を理解していないと2級、1級になると???になってくることもあります。
2級、1級をしているときには3級で充分仕訳をしたことによって頭の中だけで仕訳が出来るようになってきます。
それだけ仕訳が基本なのであろうと。
(掛け算も割り算も基本は足し算と引き算でしょ?それと同じです。基本は足し算と引き算=基本は仕訳。割り算するとき、大人、慣れてる人は頭の中で足し算と引き算を瞬時にしてますよね)

追伸(1)に関しては#5で回答はしていると思いますので・・・。

(2)(3)に関して。
これは今回の回答でも先にいっているように、仕訳が基本です。
これさえ出来れば問題はさほどないように思います。
採点ポイントを抑えるといっても、その部分だけ解こうと思っても出来ないのが簿記というものだと思っていますが。
1から始めないと最後の10の問題も途中の問題も解けないと思います。

これは私個人の感想です。↓
3級の試験って親切に習った順番に問題があるんだなぁ・・・と思いました。
勘定科目をど忘れしても1問目でいろいろな勘定科目が記載してあったり・・・。

やはり、理解することも大事ですが、どれだけの問題に挑んでいたかによって違うのだと思います^^;
では^^

#1、5です。再びお邪魔します。
#1のお礼ありがとうございます。
&お礼をしっかりもう一度読んでみました。

3級は簿記の基本になります。
3級でまず覚えるのは、何といっても仕訳です。
仕訳がないと試算表もできないですね。
最後の決算処理も仕訳がないと出来ません。
・・・ということは、簿記の基本が仕訳といってもいいと思います。
仕訳をしてその上で試算表も存在できます。
2級1級と進んでいくうちに、あるいは3級を充分していくうちに仕訳の大切さがわかってくると思います。

...続きを読む

Q簿記検定3級を受けますが、1ヶ月の勉強で何とかなりますか?

 こんばんは、今度、2月末に簿記検定の3級を受けることにするのですが、ちょっとした都合で1ヶ月しか勉強できませんが、何とかなる範囲でしょうか?
 ちなみに僕は普通高校出身で、簿記の知識はまったくありません。
 よろしくお願いします(^^ゞ

Aベストアンサー

可能です。私も1ヶ月の勉強で取りました。
しかも普通科出身で特になにも簿記の学校に通うこともなく独学でした。ただし、簿記を知っている友人はいましたが、、、
確か・・
参考書:「10日でうかる!日商簿記最速マスター」
    (東京リーガルマインド)のみ

   ⇒読み見やすく覚えやすい。理屈を覚える。
   (短期間の場合は複雑に書いている参考書は
    理解に時間かかる為、避ける事)

問題集:過去問題(試験と同様の用紙の分)

   ⇒試験イメージをつける。
   (時間もはかり実施)

勉強方法:参考書1冊、丸々20日ほど真剣に覚えてから、試験直前に過去問題を8回分を2回繰り返してします。
仕事もしていたので長時間の学習は無理でしたが合格できましたよ!参考書も過去問題もいずれも間違えた問題は再度しました。ヤル気と気合と集中力で頑張ってください!

Q仕分けをするイメージを教えて下さい

簿記3級を勉強中です。

進めていてもなかなか借方・貸方のイメージがわきません。借方、資産の増加、資本・負債の減少、費用の発生。貸方、資産の減少、資本・負債の増加、収益の発生を紙に書いて、うまく仕分けのイメージを作っているんですがなかなかうまくいきません。

例えば、現金過不足で、現金勘定の帳簿残高は\45.000であるが、実際有高は\49.000であった。

(借)現金4.000  (貸)現金過不足4.000

など、○○だからこっちというわかりやすい仕分けのイメージの仕方がありましたら是非アドバイス下さい。
何度もやっているんですが暗記になりつつあり、しっかり納得した答えが欲しいです。
お願い致します。 
 

Aベストアンサー

>進めていてもなかなか借方・貸方のイメージがわきません。
>うまく仕分けのイメージを作っているんですがなかなかうまくいきません。

そうだと思います。

簿記の勉強を始めて、まず最初に「とにかく覚えて!!」と言われるのが「借方・貸方」ですからね。

(ちなみに、既にご存知かもしれませんが、「借方」「貸方」がイメージしにくい場合には、「左側」「右側」と言い換えても特に不都合はありません。「借方」「貸方」という言葉には、特に意味はありません)

ここは単純に、テキスト等に書かれている箱(ボックス)をイメージするのがいいと思います。(下記のサイトの図)

「貸借対照表・損益計算書の構造」↓
http://www.bookkeep.info/boki/syou3-2-7.html

ポイントとなるのは次の3点です。

(1)貸借対照表(資産・負債・資本)と損益計算書(費用・収益)を分けて考える
(2)増加と発生を「プラス」、減少を「マイナス」とシンプルに考える
(3)その上で、最初は「マイナス」については考えず、「プラス」についてだけ考える

といったところでしょうか。

つまり、仕訳をイメージする時に「借方」「貸方」で考えるのをやめて、「貸借対照表」と「損益計算書」という2つの箱をイメージするようにしていくのです。
このようにイメージする事で、「減少」については考える必要が無くなります。

(今までの考え方)
 
 借方 → 資産の増加、資本・負債の減少、費用の発生
 貸方 → 資産の減少、資本・負債の増加、収益の発生

(これからの考え方)
 
 「貸借対照表」の借方(左側) → 資産の「プラス」
 「貸借対照表」の貸方(右側) → 負債・資本の「プラス」

 「損益計算書」の借方(左側) → 費用の「プラス」
 「損益計算書」の貸方(右側) → 収益の「プラス」

上記のように、まずは「プラス」になるのは「借方」「貸方」のどちら側になるのかを覚えるようにしてはいかがでしょうか。覚える量はかなり少なくなると思います。

その後で、「それぞれ反対側に出てきたら「マイナス」だ」と考えていけばいいと思います。
(例えば、「現金(資産)が減った場合には、反対の右側に書く」といった感じですね)

>現金過不足で、現金勘定の帳簿残高は\45.000であるが、実際有高は\49.000であった。

これは、「帳簿には\45000と書いてあるが、手元には\49000のお金がある」という事を言っている訳ですから、帳簿に書いてある金額を、実際に手元にある金額に合わせてあげないといけません。
(「貸借対照表」の左側に書いてある金額が、実際の金額よりも\4000円少ない状態なのです)

この時に、「貸借対照表」の箱がイメージできれば、自然と答えが出てくるようになると思います。

最初は面倒かもしれませんが、これから複雑な応用問題(精算表の作成問題等)を解いていく時には役に立ってくると思いますよ。頑張って下さいね。

>進めていてもなかなか借方・貸方のイメージがわきません。
>うまく仕分けのイメージを作っているんですがなかなかうまくいきません。

そうだと思います。

簿記の勉強を始めて、まず最初に「とにかく覚えて!!」と言われるのが「借方・貸方」ですからね。

(ちなみに、既にご存知かもしれませんが、「借方」「貸方」がイメージしにくい場合には、「左側」「右側」と言い換えても特に不都合はありません。「借方」「貸方」という言葉には、特に意味はありません)

ここは単純に、テキスト等に書か...続きを読む

Q源泉徴収税額とは・・・・・

現在、派遣社員として某企業で働いています。「給与所得の源泉徴収票」というのが送られてきました。源泉徴収税額のところに、97360円とか書いてあったのですが、これってこれから払わないといけないでしょうか?ちなみに源泉徴収税って何ですか?

Aベストアンサー

源泉徴収税って所得税ですよ。年収に応じて所得税を
払います。

ちなみに所得税は月々の給料で少しずつ仮に引かれて
います。で、年末調整でそれを再計算して正しい年間
の所得税額を計算します。

で、senta200さんからみて月々払っているのが多ければ
還付(戻ってくる)されるし、払っている額が少な
ければ徴収されます。

源泉徴収税額のところに97360円とかいてあるのは
年間のsenta2003さんの所得税ですよ。
だからこれに毎月払っている額を照らし合わせて
差額が還付か納付になります。

Q日商簿記2級をゼロから2ヶ月で取得できますか?

訳あって今年の6月上旬に行われる日商簿記2級を全く予備知識の無い状態から独学で取らなければいけなくなりました。

実際たったの2ヶ月で取得は可能でしょうか?
ちなみに勉強時間は最低400時間、多く見積もれば500時間ほど取れるかと思います。

当方の計画としては2週間で簿記3級の合格圏内程度の知識を目指し
その後2級の勉強に移ろうかと考えています。
独学ですが、大学生ですので、教授に本だけでは分からない部分は教えてもらえると思います。
電卓は一応キーを見ないでも打てる程度の技術はあります。

もし良ければオススメのテキスト等も教えていただけるとありがたいです
どうかお知恵をお貸しください。

Aベストアンサー

さあ??いずれにしてもやらなきゃならないんでしょ。
じゃあやりましょうよ。

そんなに頭がよくない子でも取れる資格ですから
それなりに壺にはまれば2ヵ月みっちりやれれば
大丈夫だと思います。

ちなみに、私の場合、経理経験10年程度でしたので、
3.2級とも4.5日から1週間程度の
講習で通りました。(社会人なんで勉強している暇はなし)

テキストはどれも似たり寄ったりで大差ないと思います。
それより、まずは過去問をやることですね。
どういう問題が出るのか。ここを押さえないと
簿記の世界は広いですから、無駄骨を折ることになります。

どういう問題が出るか→どういう知識を必要とするか
→試験に必要な簿記の知識とは何か。という具合に進んで
最後は、簿記の試験に通るにはどうすればいいか。
までわかればまず間違いなく通ります。

Q日商簿記1級取得は相当難関ですか?

日商簿記1級は努力だけじゃ合格は難しいですか?2級まで1回でとったのですが、簿記の勉強が面白く1級取得も考えているのですが、2級までは暗記、1級はセンスと聞きました
確かに1発合格なんかは難しいかもと思いますが、1級は努力の範疇を超えた試験なんでしょうか?

たとえるなら数学や国語の偏差値65までは努力だけど、それ以上はセンスっていう感じと同じですか?

Aベストアンサー

日商簿記1級は取得できませんでしたが、同等レベルの全経簿記上級を取得した者です。

テクニックやセンスは重要ですが、努力で目指せるものだと思います。
ただ、3級や2級などの学習時間より多くの学習時間が必要な試験ではあると思いますね。

私は税理士試験の受験資格として取得しましたが、税理士試験は挫折しましたね。
その後税理士事務所で働きながら税理士試験を受けましたが、税理士試験こそ、センスや運も重要でしょう。

日商1級レベルは、税理士や公認会計士になる基礎力のようなものですが、資格者以外ではあまり役に立たないように思いますね。もちろん大企業などの経理・総務・財務などの担当役員などとして監査対応などをするのであれば、必要だと思いますがね。

税理士事務所などの求人で1級を求めることがありますが、私の前職の税理士事務所なんて3級や2級の人も担当を持ち、顧客に指導したりしていましたからね。
ですので、あなたが税理士などを目指したり、経理関係の職で上を目指すのであればよいですが、そうでなければ他の資格などへ力を入れた方が良いと思いますね。
簿記検定を取得したからといって、経理士のすべてを知るわけではなく、基礎にしかなりませんからね。実務と机上では大きな差がありますからね。

私は、簿記検定の他に税務会計検定を取得しました。あるサイトで登録したのですが、税理士事務所での実務経験・簿記検定・税務会計検定を記載しただけで、年俸1000万円以上の条件の求人へ応募を求められたこともありますね。

日商簿記1級は取得できませんでしたが、同等レベルの全経簿記上級を取得した者です。

テクニックやセンスは重要ですが、努力で目指せるものだと思います。
ただ、3級や2級などの学習時間より多くの学習時間が必要な試験ではあると思いますね。

私は税理士試験の受験資格として取得しましたが、税理士試験は挫折しましたね。
その後税理士事務所で働きながら税理士試験を受けましたが、税理士試験こそ、センスや運も重要でしょう。

日商1級レベルは、税理士や公認会計士になる基礎力のようなものですが、資格者...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報