こんばんは。
ディズニー映画の『バグズライフ』の原作を教えてください。
 お願いします。

A 回答 (2件)

あのストーリーはディズニーオリジナルですが7人の侍が元だと思っています。


サーカスのメンバーを「凄腕の助っ人」と思いこむあたりは「サボテンブラザーズ」の方が近いかな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 アドバイスありがとうございました。
オリジナルで原作はないんですね。7人の侍もサボテンブラザーズも見たことないので、チェックしてみます!

お礼日時:2003/10/26 02:30

原作ですか・・・。


家にVIDEOがあるのですが、バグズ・ライフのアイデアはイソップ童話の【アリとキリギリス】から生まれたとか。
Original StoryはJOHN LASSETER,ANDREW STANTON,JOE RANFTだそうです。
多少でも、参考になれば。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 アドバイスありがとうございました。
原作はないんですね。確かに、アリとキリギリスに似てますよね~。

お礼日時:2003/10/26 02:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「バグズライフ」のグッズ

ディズニー映画「バグズライフ」のグッズを探しています。
ディズニーランドにならまだあるのでしょうか?
他のお店でもいいので、わかる方教えてください!!
よろしくお願いします☆

Aベストアンサー

今のディズニーランドのパレードは
アリスやバグズライフがメインになっているので
ディズニーランドにはグッズもたくさんあるはずですよ。
バグズライフのガチャポンも今出てるはずです。

Q映画『ゲド戦記』と『風の谷のナウシカ』

映画『ゲド戦記』と『風の谷のナウシカ(コミック全7巻)』でこの2つを比較してどのような共通点があるか分かる方お願いします。
あとその因果関係など気づいたものがあれば何でもいいので教えてください。

Aベストアンサー

宮崎(父)監督は自分の作品には小説『ゲド戦記』からイメージを借りている場面が多くあった!と明言してますね。
(私は未読なので小説『ゲド戦記』との共通点は特定できませんが…)

アニメ『ゲド戦記』と漫画『ナウシカ』で気になった共通点は…
・ハイタカとユパが、廃村を見つけて世界の衰退を予感する。
・アレンとナウシカが、怒りで我を忘れ多数の敵に切り掛かり最後は敵に捕まる。
・アレンとナウシカが、影のような敵に襲われる。

アニメ『ゲド戦記』と『シュナの旅』で気になった共通点は…
・人買いの車を襲って救出する。仲間は逃げ出すが、他の奴隷は無気力で逃げようとしない。

アニメ『ゲド戦記』とアニメ『長靴をはいた猫』(原画:宮崎駿)で気になった共通点は…
・事件を起こし城から逃げる主人公→旅の仲間と合流→ヒロインと出会う→悪者がヒロインを誘拐→敵城に侵入→塔の頂上で対決し勝利

アニメ『ゲド戦記』とアニメ『太陽の王子 ホルスの大冒険』(場面設計:宮崎駿)で気になった共通点は…
・一人ぼっちの主人公がオオカミに襲われ、最初の味方に助けられる。
・主人公は敵に心の闇を見抜かれて仲間になるよう誘惑される。
・主人公は「剣」が使えた時、一人前と認められる。

宮崎(父)監督は自分の作品には小説『ゲド戦記』からイメージを借りている場面が多くあった!と明言してますね。
(私は未読なので小説『ゲド戦記』との共通点は特定できませんが…)

アニメ『ゲド戦記』と漫画『ナウシカ』で気になった共通点は…
・ハイタカとユパが、廃村を見つけて世界の衰退を予感する。
・アレンとナウシカが、怒りで我を忘れ多数の敵に切り掛かり最後は敵に捕まる。
・アレンとナウシカが、影のような敵に襲われる。

アニメ『ゲド戦記』と『シュナの旅』で気になった共通点は…
・人...続きを読む

Qディズニーのバグズライフ

 こんばんは。
ディズニー映画の『バグズライフ』の原作を教えてください。
 お願いします。

Aベストアンサー

あのストーリーはディズニーオリジナルですが7人の侍が元だと思っています。
サーカスのメンバーを「凄腕の助っ人」と思いこむあたりは「サボテンブラザーズ」の方が近いかな。

Q『映画批評』のお勧めのサイトを教えてください

よろしくお願いします。
レビューの速度が早く、話題作はほぼ網羅している
また、評価に偏りがなく
さらい面白い、、そんな映画批評サイトを探しています。

今、見ているのは

・前田有一の超映画批評
・映画瓦版

このようなサイトでこれ以外でお勧めはないでしょうか?
ご教示よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

http://www.jtnews.jp/  みんなのシネマレビュー

ここはどうでしょうか。けっこう辛口に書く人がいるので、映画批評としては参考になりますよ。

参考URL:http://www.jtnews.jp/

Qバグズライフの「これがほんとの・・・」

ひさしぶりに「バグズライフ」のビデオを見ていたら,気になるセリフがありました。
開始46分頃(ビデオ)のフリックのセリフで「B・A・M・E。これがほんとのB・O・J・I」(←聞き違いだったらごめんなさい)ってところがあります。
これってどんな意味なんですか?

Aベストアンサー

バグズライフは観ました。
そう言えばそんなシーンがありましたね…
はっきり覚えているわけではないのでわかりませんが、
「B」ではなく「D」じゃないですか?

「D・A・M・E(ダメ)。これがほんとのD・O・J・I(ドジ)」

吹き替え版でご覧になったのでしょう?
私が観たのも吹き替えです。子供と見たので。
字幕だったらまた違うのかもしれませんが…

Qリアル的な映画のお勧め作品のお勧め映画を教えて下さい。

作りました!!的な映画等では無くて
とてもリアル的な恋愛映画のお勧め作品だったり
事件の話だったり、精神系の話だったり
して感動できたり、見終わった後に爽快感があったり
生き方について考えさせられたりする心に残るお勧めの映画を教えて下さい。

ラブコメディ的な軽い映画も好きなので
見終わったあと温かい気持ちになったり微笑んでしまうようなものも好きなので詳しい方は、
質問のタイトルとは違いますがそういうのでもお勧めがあれば教えて下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

リアルというか実話の映画でオススメを三本書いておきます。

「遠い空の向こうに」・・・ロケット好きの少年とその家族や仲間のお話です。淡々と描かれているのにもかかわらず心に響くものはかなり大きいです。

「ルディ/涙のウイニングラン」・・・主人公ルディはとてもアメフトが大好きだが、体格に恵まれているわけではなく試合にもなかなか出ることができない。そんな彼だがアメフトに対する熱い想いが周りの人間に影響を強く与え始め、何事も気持ちが大切なことを教えられる映画です。

「奇跡の人」・・・ヘレン・ケラーとサリヴァン先生とのやりとりは演技とは思えないほどの迫力があります。

Qディズニーの「バグズライフ」の登場人物を教えて。

ディズニーの「バグズライフ」に登場する昆虫達の名前を教えてください。雄雌も教えてください。

(1)てんとう虫
(2)芋虫

また、今回のようにディズニーのキャラクターで知りたいものが出たときに参考になるホームページ等があったら教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

テントウムシはフランシス、芋虫はハイムリックです。
性別はいちおう雄みたいですよ♪o(^-^)o

参考URL:http://www.pixar.com/jp/feature/abl/char_pop8.html

Q映画エラゴンの原作

映画エラゴンのCMを見て面白そうだったので、原作を読みたいのです。
調べるとエラゴンで全3巻
エルデストで2巻まで出ているようなのです。
映画で「3部作」と言っているのですが、
エラゴン第一部、エルデスト第二部として
原著ではもう3部完結しているのでしょうか?
それともエラゴン1巻を一部、2巻を二部、3巻を三部とした
三部作なのでしょうか?
シリーズをご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

今、私もエラゴンを読んでいます。とても、面白い本ですよ。ついつい、引き込まれて夜更かしをしてしまうくらいです。(笑)

さて、ご質問ですが・・・
今、読んでいる本の後に、訳者あとがきに書いていました。第1部が「エラゴン:遺志を継ぐ者」、第2部が「エルデスト:宿命の赤き翼」、第3部は現在、出筆中だそうです。

また、「エラゴン:遺志を継ぐ者」のハードカバーの大きい本は、1冊で出ています。文庫本サイズは、3冊で出ています。ですので、大きい本は1冊だけど、文庫本サイズは小さいので3冊に分けている事になります。ちょっと、ややこしいですね。
「エルデスト:宿命の赤き翼(上・下)」の、ハードカバーの大きい本は2冊で出ています。多分、物語が「エラゴン:遺志を継ぐ者」より長いと思います。文庫本は、まだ出てないと思います。

今回、映画は第1部の「エラゴン:遺志を継ぐ者」が公開されます。第2部の「エルデスト:宿命の赤き翼」・第3部はこれから公開されていくと思います。

ご質問の、>それともエラゴン1巻を一部、2巻を二部、3巻を三部とした・・・とありますが、この3冊(文庫本)が今回公開される映画になると思います。

私も、映画を見に行く予定です。楽しみですね!

こんにちは。

今、私もエラゴンを読んでいます。とても、面白い本ですよ。ついつい、引き込まれて夜更かしをしてしまうくらいです。(笑)

さて、ご質問ですが・・・
今、読んでいる本の後に、訳者あとがきに書いていました。第1部が「エラゴン:遺志を継ぐ者」、第2部が「エルデスト:宿命の赤き翼」、第3部は現在、出筆中だそうです。

また、「エラゴン:遺志を継ぐ者」のハードカバーの大きい本は、1冊で出ています。文庫本サイズは、3冊で出ています。ですので、大きい本は1冊だけど、文庫本...続きを読む

Q画像を横に並べると隙間ができてしまいます

メニューを作るために画像画像画像画像画像画像と並べた所、一番右端に隙間ができてしまいます。画像画像画像画像画像画像□←こんな感じの半角スペースです。画像と画像の間の余白はマージンを0に指定して削除できましたが、右端の余白はどうすれば削除できるんでしょうか?ちなみにメニューに使用した画像6個分の大きな画像を1つ貼った場合このような余白はできませんでした。

Aベストアンサー

こんにちは。
コーディング環境でたまに見られる事例です。

<img><img><img><img><img><img>
<div>~</div>
<p>~</p>
というソースがあったとします。

↑最後の<img>で改行しました。
インライン要素である<img>の後ろに(ソース内)改行があると
それが半角スペースと認識されるケースがあります。
(↓■=半角スペース)

<img><img><img><img><img><img>■
<div>~</div>
<p>~</p>

また、

<img>
<img>
<img>
<img>
<img>
<img>

<div>~</div>
<p>~</p>

というソースを書くと、

<img>■
<img>■
<img>■
<img>■
<img>■
<img>■

<div>~</div>
<p>~</p>

となり、画像の後ろに必ず半角スペースが入ってしまう!というケースもあります。

これを防ぐには、

<img><img><img><img><img><img><div>~</div>
<p>~</p>

↑<img>で改行させずにタグを続けるか、

<div><img><img><img><img><img><img></div>
<div>~</div>
<p>~</p>

↑のようにブロック要素に入れてやると直ると思います。

見当違いな回答だったらごめんなさい。
参考になれば幸いです。

こんにちは。
コーディング環境でたまに見られる事例です。

<img><img><img><img><img><img>
<div>~</div>
<p>~</p>
というソースがあったとします。

↑最後の<img>で改行しました。
インライン要素である<img>の後ろに(ソース内)改行があると
それが半角スペースと認識されるケースがあります。
(↓■=半角スペース)

<img><img><img><img><img><img>■
<div>~</div>
<p>~</p>

また、

<img>
<img>
<img>
<img>
<img>
<img>

<div>~</div>
<p>~</p>

というソースを書く...続きを読む

Q映画と原作 蝉しぐれ

映画が始まる前に流れる映画の予告で、蝉しぐれという作品を初めて目にしたのですが、映像と雰囲気が驚く程美しく、思わずそれだけで泣きそうになりました。
検索して初めてその映画に原作(藤沢周平著)があることを知り、読んでみたいと思ったのですが、原作と映画どちらを先にみたほうがいいでしょうか。(藤沢氏のファンの方すみません)

違う映画の話なのですが、原作に凄く惚れ込んだところ映画化し見てみると内容がまったく違いショックを受けたことが多々ありました。
原作を先に読んで、映画が原作と違う所があったら悲しいなぁ…と思うのですが、でも先にあったのはもちろん原作のほうなので、やはりそちらを読むほうがいいのでしょうか?

優柔不断な上とても私事なので申し訳ないのですが、原作を読まれた方、また未読で私のように予告だけ見られた方からもアドバイスをお願いしたいと思っております。

*予告は蝉しぐれの映画サイトでも見ることができました。

Aベストアンサー

小説の映画化のときは、映画をさきにご覧になることをお勧めします。
小説の密度は、映画よりはるかに濃いので、小説をさきに読んでいると、映画が大味なものに感じられます。反対に、映画に感動してから小説に向かうと、またあらたに感動します。
このことを痛感したのは、「浮雲」(林芙美子ー成瀬巳喜男)と「二十四の瞳」(壺井栄-木下恵介)それにアメリカ映画「風とともに去りぬ」です。
邦画二作は、映画→小説の順序で、二度感動。洋画は、小説→映画で、アカデミー賞をとった映画ですが、抜けたビールをのんでいるように味気なかったです。


人気Q&Aランキング