ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

1歳半の雑種のおんな子なのですが、
鼻の上がプクッと腫れてました。
朝は腫れていなかったと思うのですが、
犬も蚊に刺されるとプクッと腫れたりするのでしょうか。
ワンコは普通に元気だしいつもと違った様子は何もありません。
痒がっても気になってもいないようで、
私が触っても特に反応はありません。

このまま様子を見ていていいのでしょうか。
それとも何か病気など考えられますか?
アドバイスよろしくお願い致します。

「犬の鼻の上が腫れました」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

うちの犬も 鼻が腫れたことがあります。



病院に連れて行きましたところ 虫さされとのこと。
注射をしてもら行ったところ 翌日には 腫れが引いてました。
心配であれば受診してはどうでしょうか。

草むらや 鼻を突っ込んで 蚊に刺されたり、
鼻の匂いをかいで 蜂に刺されたりするようですよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

遅くなりましたがお返事ありがとうございました。
実はやはり心配で質問後に病院に行きました。
痒みもなく気にもしていないようなので
様子見と言われていました。
徐々に腫れが治まり1週間後にはなくなったように見えました。
ありがとうございます。

お礼日時:2011/07/27 09:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q我家の犬の鼻が腫れています

昨日(17日)頃からペットの鼻(右側)が腫れており、
このままでも大丈夫だろうとその時は判断したので昨日はそのままにしていました。
ですが本日夕方頃になると、その膨らみは肥大しています。
口の中を初心者目から見る限り異常は無いのですが、
口をめくる様に開くと、とても痛がっている様子で鳴いてしまいます。

こういった事はペット病院へ連れて行くのが基本なのだとは思うのですが、当方家は母子家庭でお金が無く、
ペット病院に連れて行く事が出来ず、自分は子なので病院へ連れて行くと言った決定権がありません。

http://oshiete.client.jp/
此方にてペットの鼻の状態をUPしています。
判断のし辛い画像で申し訳ありません。

これは化膿なのでしょうか?
やはり病院へ連れて行くべきなのでしょうか?
ご存知あります方、是非ともご教授願います・・・。

Aベストアンサー

例えば初診料1000円、抗生物質1週間分1400円、血液検査などをすれば、合計5000円位はいくでしょうが、5000円位もダメでしょうか。

放っておいて今以上に酷くなった場合、今以上の治療費がかかるような気がします。

>とても痛がっている様子で鳴いてしまいます。

犬が痛がるっていうのは、相当痛いのだと思いますので、一刻も早く、病院で診てもらった方がいいと思います。

お金の事は、診察の時「どれ位かかりますか?」と遠慮なく聞いて下さい。
私であれば、金がなくともとりあえず連れて行き、どれ位かかるか聞く<相談します。(値切るわけではなく、そこら辺は相談です)

ワンチャンの為、飼い主さんの為にも、一日も早く病院で診てもらって下さい。
素人判断で「大丈夫そうかな?」というのはやめた方がいいでしょう。

 

Q犬の顔が急激に腫れてしまいました

ビーグル(大型)オス2歳です。
1時間ほど前より、鼻上部周辺から目の近くにかけての部分が、
1.5倍ほどに膨れ上がってしまっています。
触るといやがります。目が充血しているようです。
食欲はあります。
今は元気がなく寝ている状態です。
庭で蜂などに刺されたかどうかは、確認できていません。
緊急に救急病院に連れて行く必要はありますか?
明日の朝には病院に連れて行くつもりですが
緊急を要するような症状でしょうか?
また、このような症状に関してご詳細を御存知の方、
ぜひともお知らせ願います。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
 心配ですね。考えられる病気はいくつかありますが、急激に大きくなっていることを考えると、虫さされの可能性が一番でしょうか。このばあい、人間と同じで怖いのはアナフィラキシーと呼ばれるショックです。ショックが起こると、顔全体が腫れあがったり、全身の皮膚が紅潮したり、呼吸が異常に速くなったりします。もしこういった兆候が現れたら即座に獣医へかかるべきです。ショックになると、命に関わる問題になります。
 ほかにも、歯の周囲や皮膚の細菌感染症でも急に腫れが起こることがありますが、このばあいは緊急性はありませんので、明朝の受診で大丈夫だと思います。
 ですから、ショックの徴候だけ見逃さないように気をつけてあげてください。

Q鼻の頭に出来物

今日ワンコの鼻の頭に出来物を発見しました。
ネットで検索したら一件似たようなのを見つけたのですが、癌かもしれないとの事。写真は載ってなかったので同じかは分かりません。

一応今週病院に連れて行ってみようと思ってるのですが、その前に何方か心当たりある方いらっしゃいませんか?
癌の可能性がるのなら覚悟しとこうと思いまして・・・

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

(^o^) こんにちは。もうすぐ2才になる中型犬を飼っています。

もしかしたらばイボではないのですか?

ワンコの年齢が、わかりませんが・・・老犬になるとアチコチに、イボは、よく見られることです。たまたま、お鼻の頭にポチっとできたので、目立つし・・・気になりますよね。

人間でも、年齢がいくと全身にイボが良く出来ますが・・・実は、これは腎臓が、弱ってきているシグナルの場合があります。人間の話ですが、イボに「ハトムギが良い」なんて言われて、ハトムギを原材料にした「漢方薬」や「お茶」などがあります。実はハトムギには「腎臓」をケアする薬効があるのです。

獣医さんに行くのならば、念のため「尿検査」をしてもらってみてください。オシッコに「試験紙」を浸すだけのカンタンな検査ですから。料金もたいして、かからないハズですから。もしかしたらばジャーキーなどのオヤツのあげすぎなどが原因で「腎臓」に負担が、かかってしまったとか・・・少し弱って来てるのかもしれません。もし、そうならば今後は「食事」に、いろいろと注意が必要になって来ます。

私見では、ガンは考えにくい・・・と、思いますが。なんにせよ、正確な診断は獣医さんにお願いするしかありませんね。
お大事に。

(^o^) こんにちは。もうすぐ2才になる中型犬を飼っています。

もしかしたらばイボではないのですか?

ワンコの年齢が、わかりませんが・・・老犬になるとアチコチに、イボは、よく見られることです。たまたま、お鼻の頭にポチっとできたので、目立つし・・・気になりますよね。

人間でも、年齢がいくと全身にイボが良く出来ますが・・・実は、これは腎臓が、弱ってきているシグナルの場合があります。人間の話ですが、イボに「ハトムギが良い」なんて言われて、ハトムギを原材料にした「漢方薬」や「お...続きを読む

Qマズル部分が腫れているのですが

閲覧ありがとうございます。

今日午前中に病院へ行き 輸液と下痢止め・吐き気止めの注射2本射ってきました。
21時現在、マズル部分がはれ、何だかかゆがっている様子があります。↑の治療が原因ですかね?そのまま放っておいても大丈夫なものでしょうか??回答お願いしますm(__)m

Aベストアンサー

(^^)こんにちは。日本犬タイプ系の2才の中型ワンコを飼っています。

おそらくアナフィラキシーと呼ばれている急性のアレルギーかと思います。すぐに手当てが必要です。すぐに、かかりつけの先生に連絡を取るか、深夜の救急を受けている獣医さんを探してください。


うちのこは、一昨年の暮れに外国製のドッグフードで同じように、ひどい急性のアレルギーを起こしました。
発症時には、まぶたとくちびる(マズル)部分が、プーとオモチのように腫れてきて・・・
フランケンシュタインかブルドッグのような顔になってしまいました。
気が付いたのは、明け方でしたが・・・すぐにかかりつけの先生に急患で診てもらいました。
主治医は「命が危ないから・・」と麻雀を途中で、ほっぽって駆けつけてくれましたよ。

愛犬家には通称アナフラキシーショックと呼ばれている、急性のアレルギーでした。

アナフィラキシーショックはアレルギーが原因で、粘膜の部分まぶたやくちびるや性器などが急に腫れてきます。外からは、見えない気管支なども、どんどん腫れてきていますから・・・呼吸が出来ずに命を落とすケースもあるのです。

狂犬病のワクチンでも、アナフィラキシーを起こして、毎年、何頭かの犬が死んでしまうそうです。

アレルギー症状が軽ければ・・・しばらくして自然に落ち着く場合もありますが、万一のためです。迅速に行動してください。

(^^)こんにちは。日本犬タイプ系の2才の中型ワンコを飼っています。

おそらくアナフィラキシーと呼ばれている急性のアレルギーかと思います。すぐに手当てが必要です。すぐに、かかりつけの先生に連絡を取るか、深夜の救急を受けている獣医さんを探してください。


うちのこは、一昨年の暮れに外国製のドッグフードで同じように、ひどい急性のアレルギーを起こしました。
発症時には、まぶたとくちびる(マズル)部分が、プーとオモチのように腫れてきて・・・
フランケンシュタインかブルドッグのような...続きを読む

Q犬の最期の見極め

我が家の柴犬 今年の3月末額にこぶが出来手術しました
それから3ヶ月ほどして 縫ったところから又粘りのある出血が続いてます 乾燥するとカチカチになりほって置くと今度は眼と鼻から出てくるようになりました
それからは 固まらないようにいつも取ってあげる様にしています
獣医さんは このままズーット続く かわいそうだね
 苦しくなるとかわいそうだから 麻酔で眠らせてあげるといってます
副鼻腔炎といってましたが昨日連れて行ったら鼻のガンだよって言われました
抗生物質の薬を貰ってきてますが全く役に立ってないようです 昨日から 片方の顔が腫れてます
呼吸も苦しそうで 口でも呼吸してます

12歳の柴犬です 食欲あります
気分が良い時は 散歩も少しいけますけど・・・
専門の先生にお尋ねしたいのですが 治りませんか?
早く楽にしてあげた方がいいのか でも・・・
いろんなご意見聞かせてくださいませんか?

Aベストアンサー

こんにちは。心中お察しいたします。
 病気のことからお話ししますと、ご質問にあるように、額のあたりの瘤で、「鼻のガン」ということ、そして症状からかなり広い範囲にガンが入り込み、鼻や目などで悪さをしていることを考えると、治癒を目指すのは非常に難しいと思います。治療は従って、症状をなるべくおさえて、ワンちゃんのQOLを少しでも向上させるような治療を選択することになるでしょう。

 今後のことに関しては、ワンちゃんの余命をどのように過ごさせてあげて、そして天国へ送り出してあげるか。その事に尽きると思います。いままでワンちゃんと暮らしてきた最後のステージを、どのように見送ってあげるのか。それを一番に考え、判断されるといいと思います。最後まで病気と闘って頑張るという選択肢もあると思いますし、症状だけを緩和し、後は自然に任せる方法もあると思います。場合によってあまりに苦しく、生きていることが苦痛でしかない状況になれば、安楽死も選択肢の一つとして考えることができるでしょう。
 どのような形になったとしても、ワンちゃんはあなたの愛情を受け、精一杯生きて、そして最終的に旅立つことに変わりはありません。それをあなたがどのような形で見送ってあげるのか。それを想像して、あなたの信じるように行動なさればいいと思いますよ。

こんにちは。心中お察しいたします。
 病気のことからお話ししますと、ご質問にあるように、額のあたりの瘤で、「鼻のガン」ということ、そして症状からかなり広い範囲にガンが入り込み、鼻や目などで悪さをしていることを考えると、治癒を目指すのは非常に難しいと思います。治療は従って、症状をなるべくおさえて、ワンちゃんのQOLを少しでも向上させるような治療を選択することになるでしょう。

 今後のことに関しては、ワンちゃんの余命をどのように過ごさせてあげて、そして天国へ送り出してあげるか。...続きを読む

Q犬が癌と診断されました。治療は困難です。

当家の愛娘、9歳のトイプードルが癌と診断されました。
既に腫瘍は大きく、治療は困難とのことです。
患部は顔面、上あごの左側にあり、コレを除去するには顔面半分を切除せねばならず、そうすると、自力でご飯が食べられなくなり、かりにその治療を受けたとしても他の部位への転移も充分に考えられるとのことです。
半年から1年くらいであろうとのことです。
もちろん完治するならば、その治療を受けることも考えたいのですが、犬への負担と痛みを考えると、痛みを和らげる薬などで出来るだけ穏やかな余生を送らせたいものと考えます。
しかし最後のあがきはしたいのです。
キノコの漢方薬など、いろいろあるようですね。でもなかには妖しげなサプリもあるみたいで。
経験者のお話しなど伺いたいと思います。
安楽死は最後の最後の最後の手段として考えていますが、出来るならばしたくありません。

今はとても元気です。ご飯も凄くがっついています。この姿をあと10年見たいと思っています。

Aベストアンサー

大切なわんちゃんが、ご病気とのこと、お気持ちお察しします。
私達家族には、苦い経験があります。うちで出産したにゃんちゃんのうち、一人の子が3ヶ月位で白血病と診断されました。私達はできるかぎりのことをしようと思い、増血剤を2日にいっぺん注射に連れて行ったり、お薬を飲ませたり、、、。そして、彼は6ヶ月で天に召されました。本当に本当に細くて透き通るように白い遺骨でした、、、。私達はその時、本当に自分達がやってきたことは正しかったのかと悩みました。今も悩み続けています。病院に行けば、顔色はよくなるし、食欲も少し出ました。でも、明らかに元気はなくなっていたのです。彼にとって通院は苦痛で怖いものでしかなかったのではないか。彼の人生の半分は闘病でした。治らない病気なら、寿命が4ヶ月だったとしても、うちで怖い思いも、痛い思いもさせずに、親兄弟とずっといさせてあげた方が幸せだったのではないかと。答えは出ません。でも、彼が教えてくれたことは大きかったと思います。
その後、10数歳のにゃんちゃんが癌と診断されました。医師は、手術が難しいほどに癌が進行していること、にゃんちゃんはメスを入れると途端に弱ると言う観点から、手術はすすめませんでした。そして、きっと、そんなに痛みなく召されるでしょうと。私達は、病院に連れて行くことはやめました。痛み止めなどはもらいに行きましたが。彼は、亡くなる数日前まで、お気に入りのファンヒーターの前でとても麗しくしていました。2日ほど食べられなくなり、そう苦しむこともなく天に召されました。次のにゃんちゃんもそうです。猫エイズでした。できる限りの介護はしましたが、病院には連れて行きませんでした。とてもストレスを感じるようでしたので。そして天に召されました。
わんちゃんに関しても、癌で一時は危なくなったのですが、「日田の天領水」で、驚異的に元気になりました。それから2年間も生き、やはり静かに息を引き取りました。
とてもよい獣医師さんでした。よく相談に乗ってくださり、通院させずとも、苦しまないように最大限に計らってくださいました。

「日田の天領水」がどこまで効くかはわかりません。ただ、うちの子達にはよかったのか、あれだけ悪かったわんちゃんとにゃんちゃんが元気を取り戻して、宣告された余命より、1年位長く犬らしく、猫らしく生きました。もちろん、癌が消えたとかそういうことはないです。
それを飲んでいる今いる9匹のにゃんちゃん達は、ほとんど病気知らずで育っています。

信頼できる獣医さんとよく話しをして、望みを捨てずに、お嬢さんに負担のかからないようにしてあげてください。お嬢さんが、麗しくしている時間が少しでも長く長くありますように。

大切なわんちゃんが、ご病気とのこと、お気持ちお察しします。
私達家族には、苦い経験があります。うちで出産したにゃんちゃんのうち、一人の子が3ヶ月位で白血病と診断されました。私達はできるかぎりのことをしようと思い、増血剤を2日にいっぺん注射に連れて行ったり、お薬を飲ませたり、、、。そして、彼は6ヶ月で天に召されました。本当に本当に細くて透き通るように白い遺骨でした、、、。私達はその時、本当に自分達がやってきたことは正しかったのかと悩みました。今も悩み続けています。病院に行け...続きを読む

Qどこが痛いのかわかりません。

生後2年8ヶ月のオスのポメラニアンです。
昨日の朝から普通に歩いたり食事もするけど
いつものように走ったり、ソファの上に飛び乗ったり
「遊んで」って催促したりしなくなり、
ふとした拍子に「キャン」と鳴くのです。
どこか痛いのかもしれないんですがどこが痛いか
特定できず、背中の毛を撫でただけで鳴いたり
ベランダに出ようとして鳴いたり・・・なのです。
病院でレントゲンを撮ってもらっても異常ないし、
普通にびっこ引かず歩いています。
医者も原因がわからず、様子見と言われたのですが
一応、痛み止めの注射で今朝は落ち着いています。
これは何かの病気なのでしょうか?
外傷もないのでケガをしたわけではないと思う
のですが。

Aベストアンサー

獣医師です。
レントゲンは取られたのですね?どこのレントゲンを撮ったのでしょうか?
全身くまなく撮影していなければ、当然レントゲンで写っていない部位に異常がある可能性は
残っていますね。
あくまで飼主さんからの訴えだけを聞いて推測しているのでここからは回答ではなく、
いち獣医師としてのひとりごと程度に受取ってください。
トイ種ではしばしば首の骨(頚椎といいます)の1番目と2番目のつながりが不安定な個体が
見受けられます。1番目の骨を環椎、二番目の骨を軸椎と呼び、そのつながりが弱い事を
「環軸不安定症」「環軸亜脱臼」などと呼びます。
この場合はレントゲンを普通に撮影するのではなく、首を伸ばした状態とやや腹側に曲げた
状態で撮影し、診断します。
症状としては質問にあるような突発的な痛みや、しばしば経験するのは、首を下に曲げるような動作
つまりお皿から水を飲もうとすると痛がるが、何か台の上にお皿を乗せてあげると痛がらずに飲める、などです。
痛みが毎回ではない事もよく見られます。同じように持ち上げても泣く時と泣かない時があるなど。
また、病院などではかなりの緊張状態になるので自宅では痛がるが病院に行くと
どこを触っても鳴かない、というケースがほとんどです。

首の関節に限らず、No.3の方が回答されているように、脊椎の疾患(例えば椎間板ヘルニアの軽いもの)でも
同様の症状を取ることがあります。椎間板ヘルニアはただのレントゲンでは判明せず、脊髄造影で判明する
ケースや、CT,MRIで判明するケースも十分考えられます。

ですから、今回レントゲン撮影で異常がなかったからといって絶対に異常がないわけではなく、
少なくともレントゲン撮影で分かる範囲の異常がなかった、というだけしか言えません。

痛みが続くようであれば、首の関節についてチェックしてあるかどうか、担当医に質問されてみては
どうでしょうか?または整形外科を得意とする病院のセカンドオピニオンを求めても良いかと思われます。

獣医師です。
レントゲンは取られたのですね?どこのレントゲンを撮ったのでしょうか?
全身くまなく撮影していなければ、当然レントゲンで写っていない部位に異常がある可能性は
残っていますね。
あくまで飼主さんからの訴えだけを聞いて推測しているのでここからは回答ではなく、
いち獣医師としてのひとりごと程度に受取ってください。
トイ種ではしばしば首の骨(頚椎といいます)の1番目と2番目のつながりが不安定な個体が
見受けられます。1番目の骨を環椎、二番目の骨を軸椎と呼び、そのつながりが...続きを読む

Q犬の脂肪腫

宜しくお願いします。
昨日、愛犬を(Mダックス ♀ 7歳)を撫でていた所、胸のあたりにプヨプヨした1cmくらいの固まりを見つけました。
毎日触っていたのに、全然気づかずショックでした。
触った所、脂肪の固まりのようでとても柔らかい物です。
自分でいろいろ調べた所「脂肪腫」らしき感じ。でも、調べれば調べるほど「ガンの可能性も…」とか書いてあって、心配で心配で速攻病院へ行き、部分を注射器で取り、検査をして頂きました。
結果は「脂ですね」との事。でも、先生は「これが大きくなって、手術で取った時悪性だった!と言う事もあるので、検査だけでは100%ではないです。
まだ大きくないので、これから様子をみて、大きくなって支障が出るようなら切った方が」との事。
一応は安堵して自宅に帰ったものの、またネットなどで調べていたら「1cmの脂肪腫を切った」と言うワンコもいたりで、ますます心配に。

病院の先生を信じて、これからの様子を見た方がいいでしょうか?
手術となると、全身麻酔なので負担はかかると思います。
でも、小さいうちに切った方がいいのかも…と思ったり、心配しきりです(涙)
情報が多いのもかえって悩む所ですが(汗)こんな心配性の飼い主に、アドバイスを頂ければ嬉しいです。

宜しくお願いします。
昨日、愛犬を(Mダックス ♀ 7歳)を撫でていた所、胸のあたりにプヨプヨした1cmくらいの固まりを見つけました。
毎日触っていたのに、全然気づかずショックでした。
触った所、脂肪の固まりのようでとても柔らかい物です。
自分でいろいろ調べた所「脂肪腫」らしき感じ。でも、調べれば調べるほど「ガンの可能性も…」とか書いてあって、心配で心配で速攻病院へ行き、部分を注射器で取り、検査をして頂きました。
結果は「脂ですね」との事。でも、先生は「これが大きくなって、手術で...続きを読む

Aベストアンサー

脂肪腫は太り気味の高齢犬に発症しやすく、たいていは良性であるものの稀に悪性に転化する危険性もあります。
また、良性であっても転移しないというだけであって大きく成長すると生活に支障をきたすこともありますので、適切な時期に手術が必要になるでしょう。
1cmくらいの大きさだとまだ、様子を見たほうが良いと思います。
というのも、すべての脂肪種が成長するわけでもなくそのまま消えてしまう可能性もあるのです。
うちのワンも10歳を越えて脂肪種が何個か見つかっていますが、すべてが成長するわけでもなく、いつのまにか消えてしまったものもあります。
でも成長しだすと肥大化するのは早くて今年になって急に大きくなってきた箇所を先日、切除手術をしました。
全身麻酔なので確かにワンには負担がかかるでしょうが、手術自体は皮下を切開して切除するだけなので時間は2時間程度で終わります。
昼休みの前に病院に連れて行って、手術を受けたのですが夕方5時頃に様子を聞くために電話したところ「もう普通に歩いていますよ!」ということなので迎えに行きました。
10日くらいして抜糸が終われば治療は終わります。
脂肪種の手術は2回目なので慣れましたが、手術自体より術後のケアが大変なのです。
犬ですから患部を足で引っかいたり地面にこすり付けて細菌に感染したり糸が抜けたりする危険があるからです。
質問者さんの場合は場所が分からないのですが、エリザベスカラーを付ける必要がある場所であれば暑い時期は避けた方がいいです。
どうしてもカラーの中に熱がこもってしまって犬にとっては負担になります。
一度脂肪種ができる犬は、そういう性質がありますから手術で切除してもまた他の場所にできることがあります。
検査をして良性か悪性かの判別は大切ですが、手術は時期を考えた方がいいと思います。

脂肪腫は太り気味の高齢犬に発症しやすく、たいていは良性であるものの稀に悪性に転化する危険性もあります。
また、良性であっても転移しないというだけであって大きく成長すると生活に支障をきたすこともありますので、適切な時期に手術が必要になるでしょう。
1cmくらいの大きさだとまだ、様子を見たほうが良いと思います。
というのも、すべての脂肪種が成長するわけでもなくそのまま消えてしまう可能性もあるのです。
うちのワンも10歳を越えて脂肪種が何個か見つかっていますが、すべてが成長するわけで...続きを読む

Q愛犬が亡くなりました。自責の念でいっぱいです。(長文です)

愛犬が亡くなりました。自責の念でいっぱいです。(長文です)

7月30日、妹のように可愛がっていた愛犬(14才の小型犬)が亡くなりました。
8才の時に心臓が弱い事が判明し、以来心臓の薬と気管支拡張剤を服用していましたが、それ以外は大きな病気もした事がなく、高齢になっても食欲旺盛で比較的元気でした。

しかし7月6日深夜、愛犬の呼吸がやや速く浅いことに気づき、翌朝病院に連れて行きました。血液、レントゲン検査の結果、肺に炎症があり、気管支が繊維状になっているとの事で、その日は皮下注射をし、抗生剤、去痰剤等を処方されました。
食欲は普段と変わらず、ぐったりしている感じもなかったのですが、数日様子を見ていても呼吸の速さが落ち着かないので、7月10日再度病院へ。血液検査をしたところ、肺の炎症は半分くらい治まっているとの事でした。ここから数日間も、呼吸は速く時折辛そうにはしていたものの、食欲、元気の喪失は見られなかったので、「年令も年令だから治るのに時間がかかるのかな」くらいに思い、様子見の日が続きました。
けれど7月16日深夜から早朝にかけ、息苦しさで眠れないような状態になり翌朝また病院へ。先生に入院を相談してみたのですが、うちの子の性格を考慮した場合、入院はストレスがたまり返って悪化する可能性もあるので、自宅で酸素ハウスのレンタルをしてみてはとアドバイスされ、早速その日からレンタルしました。ほぼ丸1日ハウスに入っている状態ではあったものの、その間は呼吸もだいぶ落ち着いてはいました。
ですが、7月22日頃からそれまで旺盛だった食欲、元気が徐々に減り始め、ついには何も口にしなくなってしまったので、7月27日病院へ行きました(負担を考え、愛犬は連れて行きませんでした)。
今までの薬にステロイドを加えた物と、特別療法食のフードを処方されたところ、薬の効果がてきめんで、少しずつですがフードも食べてくれ、目の力や立ち上がる足の力も出てきて、しばらく思わしくなかった愛犬の体調が、これでようやく回復に向かっていくのだと希望を持ちました。
なのに、その3日後、あの子の心臓は止まってしまいました。

亡くなるほんの数分前、ハウスの中からきょとんとした顔で私や家族の事を見つめていて、特におかしな様子は見られなかったのに、その次に愛犬を見た時には苦しそうにあえぎ、体が痙攣し、数回息を大きく吸い込んだ後、そのまま眠りについてしまいました。わずか3分くらいの出来事でした。
きっとよくなると信じていたので、容体の急変にどうしていいか全く分からず、最期泣きながらただ名前を呼び叫ぶだけしかできなかった自分が心底憎いです。例えばあの時、酸素ハウスのホースを口に直接くわえさせていたら、人工呼吸や心臓マッサージをしていたら、もしかして今もあの子は私の隣にいたかもしれない……。そう考えると、14年間家族に幸せを与え続けてくれた愛犬を、見殺しにしてしまった気持ちにさえなります。
またタイミングの悪い事に、6月頃から私自身の体調があまりよくなく、病気の愛犬の世話を思うようにしてあげられなかった事も、とても申し訳なく思っています。私の看護は落ち度や手抜きだらけだったような気がして、心の中が後悔と罪悪感で埋めつくされています。もっとああしてあげればよかった、こんな飼い主であの子は本当に幸せだったのだろうか、助けてあげられなかった罪をどうやって償っていけばよいのだろうかと。
ステロイドで回復の兆しは見えましたが、結果亡くなってしまったという事は、体もきっと相当辛かったのだと思います。その辛さも私はあまり理解してあげていませんでした。
最後の方、私は嫌がる愛犬に無理やり薬を飲ませたり、不安気な表情を見せてしまったりしたので、
「お姉ちゃん、何でこんな意地悪をするの。お姉ちゃんなんか嫌いだ」
もしかしたら、そんな風に思わせたまま旅立たせてしまったのかなとも考えます。
体や精神がばらばらになりそうな程悲しくて、あの子のいない世界で生きていくのが本当に辛いです。あの子のいない世界は、色も光もない、絶望でしかありません。
長い長い文を書いてしまってすみません。読んでもらえただけでとても嬉しいですが、何かアドバイス等頂けたら幸いです。

愛犬が亡くなりました。自責の念でいっぱいです。(長文です)

7月30日、妹のように可愛がっていた愛犬(14才の小型犬)が亡くなりました。
8才の時に心臓が弱い事が判明し、以来心臓の薬と気管支拡張剤を服用していましたが、それ以外は大きな病気もした事がなく、高齢になっても食欲旺盛で比較的元気でした。

しかし7月6日深夜、愛犬の呼吸がやや速く浅いことに気づき、翌朝病院に連れて行きました。血液、レントゲン検査の結果、肺に炎症があり、気管支が繊維状になっているとの事で、その日は皮下注射をし、...続きを読む

Aベストアンサー

14歳だったら大往生です。muuneeさんもワンちゃんも本当にがんばったと思います。最後は家族と一緒に看取ってあげたんですよね。ワンちゃんにとっては最高のお別れです。ご自分に至らないところがあった、と思われる気持ち、愛犬のみならず、愛する物を亡くした人なら誰でも思うことですが、よくわかります。でもあの時チューブを口に入れてあげたり、心臓マッサージをしてあげて、何が大きく変わるでしょうか。後2~3日、あるいは1週間、1ヶ月長く生きるかもしれません。でもそれがワンちゃんにとって幸せだったと思いますか?もしかしたら後遺症で体の自由が全く利かなくなってしまったかもしれないし、いずれ、苦しみを和らげるためにmuuneeさんが悲しい決断をしてあげなくてはいけなかったかもしれません。お話だと、ワンちゃんはそう長く苦しむことなく、ご家族の顔をきょとん、と見つめた後痙攣をし、なくなったとのこと。muuneeさんのお気持ちもわかりますが、ワンちゃんはもう限界だったのです。もう、がんばらなくて良いんだよ、安らかに眠ってね、本当に今までありがとう。とワンちゃんに心の中で語りかけてあげてください。8歳で異常が見つかってから14歳まで生きた。十分ですよね。本当にお二人とも一生懸命がんばったんです。

14歳だったら大往生です。muuneeさんもワンちゃんも本当にがんばったと思います。最後は家族と一緒に看取ってあげたんですよね。ワンちゃんにとっては最高のお別れです。ご自分に至らないところがあった、と思われる気持ち、愛犬のみならず、愛する物を亡くした人なら誰でも思うことですが、よくわかります。でもあの時チューブを口に入れてあげたり、心臓マッサージをしてあげて、何が大きく変わるでしょうか。後2~3日、あるいは1週間、1ヶ月長く生きるかもしれません。でもそれがワンちゃんにとって幸せ...続きを読む

Q愛犬の歯石除去と抜歯しましたがまた腫れてきました 詳しい方、歯科の獣医さん

小型犬の老犬です。歯槽膿漏がひどくなりほっぺが腫れるのを繰り返していました。

抗生剤でどうにか抑えていましたがこの先も繰り返しになるのでさんざん悩んだ末

先月、末全身麻酔で歯石除去と抜歯(10本)しました。一日入院しました。

手術は成功しほっとしていたところ最近愛犬が元気がないので(ごはんは食べます)

おかしいと思っていたら手術を終えて2週間しかたたないのに犬歯の上のほっぺが

腫れてしまいました。(片側だけ)

手術が終わればもうほっぺが腫れることはないと獣医さんはいってました。

犬歯は歯周ポケットがあったので薬をいれて治療してあるのにわずか2週間たらずで

腫れるものなのでしょうか?

こうなる可能性があることについて説明があったら犬歯も一緒に抜いてしまったのに。

また手術となると老犬ですし愛犬に負担がかかりかわいそうで。

一年に2回も全身麻酔できませんよね?

犬歯は鼻に近いところにあるので抜くと穴が開いてそれをふさがないといけないので

他の歯と違って数日の入院が必要だと聞きました。こちらは犬歯を抜いてもいいといいましたが

獣医さんが今回は様子をみますかといったので見送る方向に話がすすんでしまいました。

他の歯を10本抜いているので犬歯も一緒に抜くと負担が大きすぎたのでしょうか?

今回の手術時間は1時間30分くらいでした。

経験された方、詳しい方回答お願いします。

小型犬の老犬です。歯槽膿漏がひどくなりほっぺが腫れるのを繰り返していました。

抗生剤でどうにか抑えていましたがこの先も繰り返しになるのでさんざん悩んだ末

先月、末全身麻酔で歯石除去と抜歯(10本)しました。一日入院しました。

手術は成功しほっとしていたところ最近愛犬が元気がないので(ごはんは食べます)

おかしいと思っていたら手術を終えて2週間しかたたないのに犬歯の上のほっぺが

腫れてしまいました。(片側だけ)

手術が終わればもうほっぺが腫れることはないと獣医さん...続きを読む

Aベストアンサー

とても心配ですよね・・・お気持ちお察しいたします・・・
うちの子も昨年夏、全身麻酔下で歯石除去を行いました。
家族に獣医師がいます。
14歳の小型犬です。うちの子は、とても健康なので麻酔は問題はありませんでしたが、
最初は40分程度との予想が1時間近くかかりました。いくら健康でもこの歳になるとやはりこれ以上の麻酔は怖いから早めに終わらせたいけれど中途半端では意味がないとの判断だったようです。

質問者様のワンコは1時間30分でしかも10本も抜歯しているので負担が大きいと先生は判断したのでしょうか。犬歯を抜くと、その後の処置にも時間がかかるので。何より歯周病が相当進んでいたのではないでしょうか。
人間でも、重度の歯周病はそうかんたんには治りませんよね。
手術後、抗生剤は続けていらっしゃいましたか? 数日は抗生剤を使います。

ぜひ早めに先生にご相談なさってください。

補足ですが、歯石除去をしてどんなにきれいになっても毎日のハミガキとマッサージをしなければ半年で元に戻るとのことです(食べ物にもよりますが)。
ハミガキが無理なら、指のはらを使って優しく奥歯のマッサージをするだけでもかなり効果があるようでわたしも続けています。

一日も早く良い状態になりますことを祈っています。

とても心配ですよね・・・お気持ちお察しいたします・・・
うちの子も昨年夏、全身麻酔下で歯石除去を行いました。
家族に獣医師がいます。
14歳の小型犬です。うちの子は、とても健康なので麻酔は問題はありませんでしたが、
最初は40分程度との予想が1時間近くかかりました。いくら健康でもこの歳になるとやはりこれ以上の麻酔は怖いから早めに終わらせたいけれど中途半端では意味がないとの判断だったようです。

質問者様のワンコは1時間30分でしかも10本も抜歯しているので負担が大きいと先生は判断し...続きを読む


人気Q&Aランキング