会社の税務調査は何年周期で来ますか?来ない場合もありますか?社員、契約社員、アルバイトなどの納税調査も併せて行われますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

税務調査の周期は一定していませんが、3年周期とか5年周期などともいわれています。



下記のような傾向が有ります。
常に利益が出て納税をしていれば周期が長く、赤字続きでも周期が長い。
急に赤字になったり、赤字から黒字に転換したときは税務帳が有る。
脱税の多い不動産・建設やパチンコ等は周期が短い。

又、特定の業種を指定して、その業種を重点的に調査をする場合もあります。

調査の時には、社員や契約社員についても、源泉税の処理が間違いなくされているか調べる場合もあります。
    • good
    • 0

所轄の税務署や、業種、利益の出具合、帳簿等の状況によっていろいろですので、一概に何年周期、というのは言えないですね。



ただ、基本的には3年分を調べるケースが多いので、短ければ3年周期、でも来る時は1年後でも来る所も有りますので何ともいえませんが。
長いところは、5年、10年、結局はいろいろですね。

#1の方がおっしゃっているように、確かに赤字の所は来られない場合が多いですね。
しかしながら、最近は赤字会社だらけになってきてますので、法人税でとれなくても、消費税や印紙税でいくらかでも取ろう、という感じで赤字会社でも結構入るようになりましたね。

後は、重点業種とかになれば来たりとか、利益に大きな変動があったり、売上利益率が大きく変動したり、申告書等からみて引っかかる点があれば調査に入るケースが多いですよね。

ですから、事業内容に理由があって、そういう変動があった場合は、極力、事業概況説明書に末尾に、その旨の説明を入れておいた方が良いでしょうね。

>社員、契約社員、アルバイトなどの納税調査も併せて行われますか?

おっしゃる意味がわかりかねますが、給料等については会社が源泉徴収義務者であり、会社が税金は納めているはずですよね。
当然、源泉徴収簿や扶養控除等申告書なども調査されると思います。
    • good
    • 0

過去の申告実績ですな。



重加算税がたくさんつくような法人は、毎年のようにやられる。
修正額が些末で、税務署への土産程度の額の法人なら、4,5年に一度。
創業間もない法人であれば、4,5年目に来るでしょう。

資金繰り上、赤字には通常できないので、まあ、大体の法人は遅くとも4,5年に一回は来るものと思っておけばいいです。

幽霊社員やダミー会社への資金移動が、マニュアル的な脱税手段なので、
従業員の出勤簿チェックや外注費などが調べられるわけです。
法人が預かり金を取っていれば、契約やアルバイトまで納税調査が及ぶことは、考えにくいです。
    • good
    • 1

経験からですが、


黒字が出たときにきました。
どの会社もたたけば必ず何か出てきます。
その場合、赤字の会社からは
たたいて出てきたところで、
赤字と相殺されるので取れない場合が多いのでしょう。
それ故に黒字の会社を狙うのでしょう。

税務署も一般の会社同様に
景気に左右され、税収が減っているから
来るときはやっきになってきますよ。

社員等の調査はされませんでした。
ただし、外部の会社ではなく個人への支払いは
執拗に調べられました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング