先日、社会的な限界評価について勉強しました。
価格というのはその財に対する社会的な限界評価の大きさを
示しています。社会的な限界評価というのは社会的な
希少性の大きさのことです。
そこで、私が疑問に思ったことがありまして、今回
質問してみようと思いました。
 空気というのは社会的な限界評価というのは私は
とても高いものだと考えます。けれども空気には
価格は無いですよね?それはなぜでしょうか?
絶え間なく生産し続けられるからですか?
それとも、ある特定した企業が生産しているというわ
けではないからでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

非競合性と非排除性をもつような財を公共財と呼びました.その両方をもつ財を純公共財と呼びます.


このような公共財に対する需要曲線は,社会的な評価を表すものと考えられます.
空気のような財は,限界評価は高いので,社会的な需要曲線はほぼ右下がりで垂直な需要曲線でしょう.空気の供給曲線は,ほぼ右上がりの垂直なものでしょう.
そこでは,すべての価格を通じて
 D(空気需要量)<S(空気の供給量)
がなりたっているはずです.
なぜなら,価格0の時にでも,
 D(空気需要量)<S(空気の供給量)
であるからです.
よって,価格はゼロ円なのです.
このような財を,とくにfree good自由財と呼びます.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても分かりやすい説明、どうもありがとうございました。

お礼日時:2003/10/25 17:09

「社会的な限界評価というのは社会的な希少性の大きさ」


とおっしゃっているように、希少性がないからじゃないですか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2003/10/25 17:07

私の考えですが、、



実際に私たちが吸っている空気はタダですね。
周りには有限ではあるけれども、独占することも排除することもできません。
お金を出さずとも空気が吸えるので価格のつけようがないと思います。

また仮に商品として売ったとしても、同じ空気ならお金を出して手に入れようなんて思わないでしょう。
そう考えるとやっぱりタダになります。
しかし、例外として、ある外国ではボンベに入れられて売っているようです。そこでは空気が汚いらしく、バーのようなところで空気ボンベでいい空気が吸えるというサービスをテレビで見ました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>独占することも排除することもできません。
確かにそのとおりだと思います!

>しかし、例外として、ある外国ではボンベに入れられて売っているようです。そこでは空気が汚いらしく、バーのようなところで空気ボンベでいい空気が吸えるというサービスをテレビで見ました。

 どこの国か自分で調べてみたいと思います。
親切な回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/24 15:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日暮里駅 山手線→京成線

日暮里で山手線から京成線に乗り換えスカイライナーに乗りたいのですが、乗り換えにかかる時間はどれくらいかかりますか?

それから、日暮里へは館林から行くのですが
館林→久喜→上野→日暮里 というのは効率が悪いでしょうか?調べたところ今まであった館林発の伊勢崎区間順行浅草行きがなくなり、久喜止まりになったようなので…

Aベストアンサー

こんばんは

>館林→久喜→上野→日暮里

乗り換えの時間を短縮するか?、それとも料金を安くするか?
色々あると思いますが・・・

舘林から北千住まで行って(もしくは西新井で)日比谷線に乗り、京成がいいような気がします。
まず上記の方法ですと料金が多くなる、途中乗車のため乗降時間が少ないなどのデメリットがあり、
上野は確かに歩きますが、全て地下道を移動できるため雨天の場合など濡れずにすみます。

少し早目に行けば乗降時間は慌てなくてすみますし荷物も置きやすいです。

ご参考までに!

Q限界生産力曲線から生産力曲線を求める

労働の限界生産力曲線 y = (-1/2)x + 25 がある。
生産力曲線はどうなる。
限界生産力曲線を積分すれば出ますよね。
y=1/(ルートx)+25x ですよね。

Aベストアンサー

ごめんなさい間違ってました
積分したら
y=(-1/4)x^2+25x
です

Q昭和19年頃の日暮里駅?

祖母が、昭和19年頃の日暮里駅にサツキの花がたくさん咲いていたと言っています。
いまは私も祖母も地方に住んでいて、近々祖母と上京するのですが、もし少しでもサツキが残っていたら日暮里駅にみにいきたいと言っています。今も日暮里駅にサツキは咲いているところありますか?

ただ、祖母の記憶はかなり曖昧で…ハッキリ日暮里駅と言っていますが、もしかしたら他の駅かもしれません…お心当たりのある方、教えてください。

Aベストアンサー

日暮里駅周辺はすっかり整備されて目立った植え込みなどはなかったと思います。
成田まで乗り入れる京成電鉄や舎人ライナー等、大きな乗換え駅ですから。
何度も工事が行われているので昭和19年頃の様相はすっかりなくなっているものと思われます。

それにサツキって春の花ですよね。
たとえあったとしても花は咲いてません。
来年の春に根津神社のつつじまつりに行かれるのはどうでしょう?
http://www.nedujinja.or.jp/tutuji/t.html

Q「限界的に」や「限界消費性向」の「限界」の意味

国語カテゴリにしようか迷ったのですが、マクロ経済学の入門書で見た言葉なのでこちらで。

「限界」というと、私は「限り」「一番端」「ぎりぎりのライン」というような意味しか知らないのですが、
「限界的に増える」という使い方や、「限界消費性向」に使われる「限界」は
上記の意味とはちょっと違うように感じます。
というか、上記の意味では私には解釈できません。
どのような概念なのでしょうか。

例文もあげておきます。
「可処分所得Ydが限界的に1円増えた場合に消費はc円増える」
限界消費性向の説明文なのですが、
この場合、「限界的に」がある場合と無い場合で、どう意味が違うのでしょう。

「限界消費性向」そのものの意味ではなく、
「限界」という言葉の概念についてよろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問者様が挙げられたような簡単な例の日本語であれば、「限界的に」という語がついていてもついていなくても大して意味は変わりません。

限界的というのは、計測対象の経済量が、「一定時間内に計測できる最小単位で増える場合」という風に理解するといいとおもいます。これは言葉の問題ではなくて、より難度の高い問題で微分を利用することと関係があります。

経済学では、限界効用とか限界代替率とか限界消費性向といった用語が出てきますが、これは微分の概念と結びついているからです。効用関数をを微分すると限界効用や限界代替率(相対価格)が出てくるし、消費関数を微分したパラメータは消費性向なわけです。「追加的に一単位増やした場合の効果」というのは微分の概念を念頭においていることになります。

微分の定義

F'(x)=lim(F(x+Δx)-F(x))/Δx ただしΔx→0

を考えてみてください。xの増分Δxが限りなく(=限界いっぱいまで)小さい場合のF(x)はどうなるか?と考えているわけです。だから「限界」という言葉がついているとイメージしやすいのだと考えられます。

質問者様が挙げられたような簡単な例の日本語であれば、「限界的に」という語がついていてもついていなくても大して意味は変わりません。

限界的というのは、計測対象の経済量が、「一定時間内に計測できる最小単位で増える場合」という風に理解するといいとおもいます。これは言葉の問題ではなくて、より難度の高い問題で微分を利用することと関係があります。

経済学では、限界効用とか限界代替率とか限界消費性向といった用語が出てきますが、これは微分の概念と結びついているからです。効用関数をを微...続きを読む

Q日暮里とは

友人の勤務する会社に本社が新宿から日暮里駅近辺に移転します。
(1)日暮里とはどういった特色のある街なのでしょうか?
(2)オススメの食べ物屋さんがあればぜひお教え下さいませ。

Aベストアンサー

西側は駅を出てすぐの坂を下りると谷中銀座商店街があります。
平成から取り残された、昭和の香りが漂う不思議な街で、谷中・根津・千駄木をあわせて「谷根千(やねせん)」と呼ばれるようになり、古い東京というか江戸っぽさを味わいたい人の観光スポットでもあります。

http://www.yanakaginza.com/
http://www.enjoytokyo.jp/TK/31.html

日暮里駅の正面の東側は、これといった特色のないのが特色でしょうか。鶯谷から上中里にかけてが地味なエリアなので、その中では日暮里駅前はロータリーもあり一見にぎわっているように見えますが、巣鴨や大塚とくらべてもさびれた印象を持つでしょう。

繊維問屋街でもあります。
韓国料理店が点在していますが、新大久保ほどのまとまった賑わいはありません。

http://www.sanbi-pc.com/data/higurasi/higurasi04.html

Q社会的限界費用の問題です、解き方がわかりません。

(問題)
 製品の需要曲線がD=130-2P、供給曲線がS=-50+4Pで与えられている。(いずれのPも価格、D   は需要量、Sは供給量)。この工場から沿岸の海に排出される有害物質のために、沿岸漁業の生  産量が激減している。その漁業への被害(C)は、工場での供給量(Q)(生産量に等しいものとする)  に比例し、C=20+7.5Qであるとするとき、
(質問1)
 この製品一単位が工場から生産されるごとに、すなわちQが一単位増加するごとに漁業への被害 cは、( )だけ増加する。これが生産一単位当たりの汚染費用である。括弧内に 入る数値はいくらか。
(質問2)
 有害物質の漁業への影響を考慮した最適点はどこになるか。価格と取引量を答えなさい。
(質問3)
社会にとって最適な生産量はどこであるか、総余剰の大きさに触れながら説明しなさい。
(質問4)
社会にとって最適な生産量を達成するために、政府が取りうる政策について説明しなさい。
 以上が、問題と質問です。参考書などで勉強しておりますが、回答を導きだすことに困っておりま  す。わかる方、よろしくお願いいたします。

(問題)
 製品の需要曲線がD=130-2P、供給曲線がS=-50+4Pで与えられている。(いずれのPも価格、D   は需要量、Sは供給量)。この工場から沿岸の海に排出される有害物質のために、沿岸漁業の生  産量が激減している。その漁業への被害(C)は、工場での供給量(Q)(生産量に等しいものとする)  に比例し、C=20+7.5Qであるとするとき、
(質問1)
 この製品一単位が工場から生産されるごとに、すなわちQが一単位増加するごとに漁業への被害 cは、( )だけ増加する。これが生産一単位当...続きを読む

Aベストアンサー

条件をクリアーしたので回答します。外部費用関数はC=20 + 7.5Qと与えられているので、外部限界費用=7.5=1単位の追加的生産にかかる外部費用。それから、逆供給関数=私的限界費用=12.5 + Q/4であることに注意すると、

社会的限界費用=私的限界費用+外部限界費用=12.5 + Q/4 + 7.5 = 20 + Q/4
社会的限界便益=逆需要曲線=65 - Q/2

となる。社会的に望ましい生産量は社会的限界便益=社会的限界費用ののとき成立するから、

   65 -Q/2 = 20 + Q/4

(3/4)Q = 45

Q = 60

が最適生産量である。(あなたが計算した、外部費用を無視し、私的費用だけを考慮した生産量Q=70は社会的には過大であることがわかる。)

総余剰は社会的限界便益曲線(需要曲線)より下の部分の面積から社会的限界費用き曲線のより下の部分の面積を差し引いた値に等しいことに注意すると、これら2つの曲線が交わる生産量Q=60のとき、その値(社会的総余剰)が最大化されることがわかる。これらの2つの曲線の図を描いて確かめなさい。

Q=60を実現する1つの方法は外部費用を内部化することだ。そのためには、1単位当たり7.5(円)の物品税(ピグー税と呼ぶ)をこの財に課し、あとは市場にまかせる。このとき、均衡においてQ=60が達成されることを確かめてください。

条件をクリアーしたので回答します。外部費用関数はC=20 + 7.5Qと与えられているので、外部限界費用=7.5=1単位の追加的生産にかかる外部費用。それから、逆供給関数=私的限界費用=12.5 + Q/4であることに注意すると、

社会的限界費用=私的限界費用+外部限界費用=12.5 + Q/4 + 7.5 = 20 + Q/4
社会的限界便益=逆需要曲線=65 - Q/2

となる。社会的に望ましい生産量は社会的限界便益=社会的限界費用ののとき成立するから、

   65 -Q/2 = 20 + Q/4

(3/4)Q = 45

Q = 60

が最適生産量であ...続きを読む

Q上越新幹線で上野駅、日暮里駅からスカイライナー乗り換え

 上越新幹線で大宮方面から上野駅で乗り換え、上野駅からJRで日暮里駅、日暮里から京成スカイライナーで成田空港に行きたいと思います。
ベビーカーなので、エレベーターを使用したいです。
(エスカレーターでも可)
1.上野駅の新幹線ホームから山手線のホームまでの移動時間はどれくらいですか?
新幹線は何号車に乗るとエレベーター、もしくはエスカレーター、出口に近いですか?
2.JR日暮里駅からスカイライナーの改札までの移動時間はどれくらいですか?
また、JRは何号車に乗るとエレベーター、もしくはエスカレーター、出口が近いですか?
スカイライナーの切符を当日、日暮里駅で買おうと思いますが、並びますか?
上記の行き方は初めてなので、まったくわかりません。
分かる範囲で教えて下さい。

Aベストアンサー

1)上野駅の新幹線ホームは地下の21番、22番ホームに止まります。
エスカレータかエレベータで地上に出ますが公園口通路(ホーム上跨線橋)まで出てしまった方が良いでしょう。
そこから横移動して1番線、2番線の山手線京浜東北線ホームに行きエレベータかエスカレータでホームに降ります。
移動時間はベビーカーを押して15分見ておけば良いでしょう。
通勤ラッシュ時間は避けるのが賢明です。もし通勤ラッシュ時間帯なら20分見てください。

2)日暮里駅はエレベータもエスカレータもあります。
上野駅では前から2,3両目に乗ってください。
日暮里駅ではJRと京成電鉄ホームは並んでいるので
乗り換え時間は10分見れば大丈夫です。
スカイライナーは乗客の集中する時間は満席のこともあります。
その場合はその次のスカイライナーにするか特急で行けば大丈夫です。
特急では15分程余計にかかりますが特急券は不要です。
その分の時間的余裕は見てください


それでは楽しい旅を!!


成田空港へNexで行けばとても高いし、上野駅では乗換えが不便なので
日暮里乗換えでスカイライナーで行くのは大変合理的な行き方だと思います。

上野駅と日暮里駅の見取り図です

参考URL:http://www.jreast.co.jp/estation/stations/204.html,http://www.jreast.co.jp/estation/stations/1184.html

1)上野駅の新幹線ホームは地下の21番、22番ホームに止まります。
エスカレータかエレベータで地上に出ますが公園口通路(ホーム上跨線橋)まで出てしまった方が良いでしょう。
そこから横移動して1番線、2番線の山手線京浜東北線ホームに行きエレベータかエスカレータでホームに降ります。
移動時間はベビーカーを押して15分見ておけば良いでしょう。
通勤ラッシュ時間は避けるのが賢明です。もし通勤ラッシュ時間帯なら20分見てください。

2)日暮里駅はエレベータもエスカレータもあります...続きを読む

Q貿易三角形論の資本集約財・労働集約財とは?

 貿易三角形について学んでいるのですが、縦軸に資本集約財、横軸に労働集約財がとられているグラフがあります。
 資本集約財、労働集約財とは、それぞれ一体何を指すのでしょうか?
 Googleやテキストには、文中に使われているのみで、定義が書いてありませんでした。
 基本的な語かもしれませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

生産活動における二大生産要素である「資本」と「労働」の投入度合いによって生産財を区分する考え方で、
比較的に「資本」と投入度合いの大きいものを「資本集約財」、また比較的に「労働」の投入度合いの大きい物を「労働集約財」と呼びます。

Q日暮里駅での京成に乗り換えについて

柏から新宿までの定期(スイカ)を持っていますが、日暮里駅で京成に乗り換えるには連絡改札を使用できますか?
スイカには日暮里から京成の駅までの料金はチャージされています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

連絡改札にタッチするだけで通過できます。
柏から新宿までの定期(スイカ)が日暮里を経由するものであれば
日暮里の改札での引き落としはなく、京成線の下車駅で日暮里からの
京成線のみの運賃が自動的に引き落とされます。

Q限界生産力逓減の法則

こんにちは。

資格試験で経済一般知識を勉強しています。時間がなくテキストを読むしかできないので深く調べられないため教えて下さい。

普通大量生産した方がコストが下がるのが一般的であるのに、限界生産力逓減の法則が成り立つと仮定されるのはどうしてなんでしょうか。
理論上生産の増加に伴い追加的に負担する限界費用が次第に大きくなることを表す、とあるのですがなぜ現実とは違う理論を仮定するのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>普通大量生産した方がコストが下がるのが一般的であるのに、限界生産力逓減の法則が成り立つと仮定されるのはどうしてなんでしょうか。

同じ問題でちょっと悩んだものとして答えさせてもらいます。
これは個々の企業として考えるよりも、社会の産業全体として考える問題です。
確かに小規模でしたら、大量に作った方が低コストで作れます。
しかし生産要素(土地、資本、労働者、原材料)は大抵の場合有限です。ですので一定以上の大量生産になるとコストは次第に上がっていきます。

最も分かり易い例は農業でしょう。
確かに、米を作る場合もある程度の量を作る方が簡単に作れます。最初に開墾した田は全て使い切ってしまった方が安く出来るのは当然です。
しかし、ある程度以上の米を生産する時はどうでしょうか?一番最初に作った田を使い切って生産できる以上の米を生産する必要があるなら、新たな田を開墾しなければいけません。
しかし、最も良い土地は最初の田に使っているはずですから、二番目の田は最初の田より、日当たりが悪かったり、家から遠かったり、生産効率が悪いはずです。
二番目はまだマシだったとしても三番目、四番目はどんどん条件が下がっていくはずです。ですから限界費用はどんどん上昇するというのが基本的な考え方です。

石油で例えれば、石油の消費量が少ないなら、生産側は掘りやすい油田だけを安く掘ります、その結果提供される石油の価格も低い水準になるでしょう。しかし消費量が多いならば、海底油田などの掘りにくい油田を高いコストをかけて掘る必要があるので、価格も高い水準になるわけです。

自動車で例えるならば、個々のメーカーで考えるのではなく、自動車産業全体として考えてください。
自動車を作るには組み立てる労働者、自動車工が必要です。
しかし、自動車工は無限にいるわけではありません。今までの給料水準で自動車工になりたい人間は、大抵既に自動車工になっていますから、これから新たに自動車工場を立てるには、今まで以上の高い給料で自動車工になりたい人間を集める必要があります。
ですから自動車の国内生産をこれ以上増やすと限界費用が上がってしまうので、日本の国内メーカーは海外移転を進めているわけです(勿論それだけが理由ではないですが)。

ただこの考え方は随分昔に出来た考え方なので、この考え方が通用し難い産業もあります。
その良い例がコンピューター業界や製薬業界です。
窓のようなOSや新薬などですね。
固定費用の開発費が生産費の殆どを占め、限界費用が極端に小さいので、これらの製品はまさしく作れば作るほど安くなります。
そのくせ開発費が高いため参入障壁が高く、独占企業が好き勝手に出来てしまう困った産業なわけです。

>普通大量生産した方がコストが下がるのが一般的であるのに、限界生産力逓減の法則が成り立つと仮定されるのはどうしてなんでしょうか。

同じ問題でちょっと悩んだものとして答えさせてもらいます。
これは個々の企業として考えるよりも、社会の産業全体として考える問題です。
確かに小規模でしたら、大量に作った方が低コストで作れます。
しかし生産要素(土地、資本、労働者、原材料)は大抵の場合有限です。ですので一定以上の大量生産になるとコストは次第に上がっていきます。

最も分かり易い例は...続きを読む


人気Q&Aランキング