なんでしょうか。P51と互角に戦えるやつ!

A 回答 (5件)

補足で質問がありましたので再登場



雷電では、P51の相手は無理です
対B29がおもな仕事ですので、
敵戦闘機が来ると、
空中退避(要は飛んで逃げる)していました

もちろん、油断しているP51が居れば
上空からの一撃離脱は有効でしょうが、
単機でP51がうろうろしている状況は
考えにくいので、よほどの幸運がなければないでしょう。

震電等の試作戦闘機は、カタログスペックだけですので
(実機もありましたが)
本当の所はわかりませんが、互角に戦えたかもしれませんが
やはり、対重爆用の機体ですので、その辺りは考慮しなければならないと思います。

試作で比較するなら、
烈風やキ80シリーズと比較するべきでしょう。
これらはあたりまえですが、当然互角に戦える事を
前提に設計されています。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ありがとうございました。雷電とはそういう目的で開発されたのですか。たしかずんぐりした機体?でかっこ悪いやつでなかったかしら。イギリスのスーパーマリンスピットファイアが一番美しいとおもいませんか?

お礼日時:2003/10/25 18:40

みなさんの回答にあるとおり、多分互角にドッグファイトならは、「疾風」になると思います。


試作機まで範囲を広げれば・・・多分ジェット戦闘機として開発された、「橘花」も候補に上がると思います。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ありがとうございました。秋水ならわかるのですが。スピード速すぎて敵に弾当てるのができなくなったとか聞いたような。

お礼日時:2003/10/25 18:46

P51と互角に戦えるかどうかは,性能だけでなく,パイロットの技量にもよると思いますので何ともいえませんが…



第二次世界大戦後,アメリカ軍がすべての日本機を持ち帰り,詳細に研究した結果,疾風が最強の戦闘機という評価を下したことはご存じと思います。

疾風は米軍燃料では,最高速690キロ,最大高度13000m程度だったように記憶していますが,2000馬力程度のエンジンでは極めて高い性能と思います。P51のように数千馬力あるエンジンを積んだものとは比べようもありませんが…

ちなみに,設計者は群馬県藤岡市出身,制作は群馬県太田市の中島飛行機,現在の富士重工でした。群馬県人の皆さんは誇りにしても良い飛行機と思います。ほとんどの方は知らないのではと思いますが…

この回答への補足

海軍の戦闘機では紫電改なんでしょうか。

補足日時:2003/10/25 09:30
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ありがとうございました。スバルは今レガシィ、インプ、すばらしい。

お礼日時:2003/10/25 18:26

四式戦 疾風


五式戦 (ぼちぼち)
三式戦 飛燕(ただし、生産直後)

紫電
紫電改
零戦63型(パイロットの腕しだい:ちょっときついか?)

採用分ではこの程度でしょうか

この回答への補足

雷電、震電(推測)はどうなんでしょうか。

補足日時:2003/10/25 09:26
    • good
    • 0

零式戦闘機52型丙もしくは紫電改…かな?

    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました。ゼロ戦改はしぶい。

お礼日時:2003/10/25 18:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qソ連の前線戦闘機

ソ連の前線戦闘機

ソ連の戦闘機MiG23についてWiKipediaでは写真下の分類のところに、前線戦闘機、多目的戦闘機、迎撃戦闘機、戦闘爆撃機、練習戦闘機とあります。
前線戦闘機以外はWiKipediaに項目があるのでどういうものかはわかりました。
しかし前線戦闘機は項目がないので詳しい事がわかりません。
WiKipediaのMiG23の解説の中に「前線の制空権を確保するための前線戦闘機」という文があるのですが、これはF15が分類されている制空戦闘機と同じような意味にとれるように思えるのですが、前線戦闘機と制空戦闘機は同じようなものでしょうか?それとも大きな違いがあるのでしょうか?
知ってる方教えて下さい。お願いします。

http://ja.wikipedia.org/wiki/MiG-23_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%81%E6%92%83%E6%A9%9F

これのソ連を見て

QP47ではなくP51が対地攻撃用として生き残った理由は?

つたない知識からの質問ですので、おかしな点もあるかもしれませんがご容赦ください。

水冷式のエンジンよりも、空冷式のエンジンの方が被弾に強いというイメージがあります。
ですが第二次大戦が終わり朝鮮戦争が始まると、対地攻撃用として再び活躍したのは水冷式エンジンを搭載しているP51でしたよね。コルセアも運用されていたような記憶があるのですが、P47が朝鮮戦争で運用されたと聞いたことがありません。

※払い下げの機体をアメリカ以外の国が運用していた例ではなく、アメリカ軍に限った話です。


■質問1
私の記憶通り、P47は第二次大戦以降は運用されなかったのか?
■質問2
もしP47が朝鮮戦争以降運用されていなかったとしたら、何故なのか?
対地攻撃という、地上からの攻撃にさらされる用途には空冷式エンジンを積んだP47の方が適していると思うのですが、何故P51だったのか。
P51の運動性能というのは対地攻撃にも有効だったのでしょうか?




ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ANo.1です。お礼を拝見しての再登場です。

先の書き込みは■質問2に対しての書き込みのような形になってしまいましたが、P47は朝鮮戦争に運用されたかどうかは定かではありません。ウィキぺディアによると、P47は1948年からはF-47として、1949年まで米空軍で運用されたと書かれているので、それが事実だとしたら、朝鮮戦争では使われていない事になります。一方、P-51は戦闘爆撃機として運用されています。(これが何故なのかが質問の主旨だと思いますが、確かな理由は不明です。)

朝鮮戦争はレシプロ戦闘機からジェット戦闘機への過度期にあたる時代に勃発した戦争です。最早レシプロ戦闘機は時代遅れになっていたのかもしれませんが、その時、開発していたのがスカイレーダーに当たります。(これが最後のレシプロ戦闘機と呼ばれる所以です。)従って、ANo.1での書き込み内容を個人的に感じたのですが、確かな根拠はありません。やはり性能的な問題が大きいように思うのですが、どうなんでしょうか?

Q五式戦闘機の名前ってないんですか?

長年の疑問です。

一式戦闘機は「隼」
二式戦闘機は「鍾馗」
三式戦闘機は「飛燕」
四式戦闘機は「疾風」

ですよね。

五式戦闘機って名前ないんですか?
なんで名前ないんでしょ?

Aベストアンサー

陸軍機だから、でしょうか。

海軍と違って、陸軍は愛称を制式名称とはしなかった様なんですね。ですからあくまでも「~式~」が正式な名称であって、隼とか鍾馗とかは「マスコミ向けの愛称」だったそうなんです。

で、五式戦は制式採用されていないので、そもそも「五式戦闘機」という名称自体が制式な物ではない。言ってみれば愛称。だからそれ以上の愛称を必要としなかった様なんですね。

Q中2歴史の宿題がわかりません! 版籍奉還と廃藩置県の目的ってなんですか? 教えてください!!

中2歴史の宿題がわかりません!

版籍奉還と廃藩置県の目的ってなんですか?

教えてください!!

Aベストアンサー

中央集権化です。

欧米列強の侵略におびえて、明治維新を起こして、
新政権を樹立しました。

欧米に対抗するためには、日本全土が一丸となる
必要があります。

そのために、明治政府は、日本を中央集権化する
ことにしたのです。

それまでは280の小さな国(藩)の寄り合い所帯
だったのですが、これでは欧米に対抗できない、
ということで、天皇を頂点に持ってくる、
中央集権体制を整えることにしたのです。



下のサイトは、NHKの高校講座です。
参考までに。

http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/nihonshi/archive/resume026.html

Q日本でF4並みの戦闘機はすでに完全国産できる?

あの戦闘機をライセンス製造でなくて、設計図書いて、自前だからブラックボックスなんてなくて、完全に国産できる能力があれば日本は2014年現在すでに戦闘機輸出大国になっている可能性が高いですか。
それともあのレベルでは途上国に売っても大儲けは難しくて、最初期のF15ぐらいの性能は確保されてる必要がありますか。
低性能低価格機は戦闘機の世界ではどのくらい需要があるのでしょうか。
どのくらいの水準の戦闘機やエンジンを製造する技術力があったら日本が主要な戦闘機製造国として世界から一目置かれるのか。
また、日本の現在のエンジン製造技術は大体何世代の戦闘機のレベルか、おしえてください。

Aベストアンサー

>あの戦闘機をライセンス製造でなくて、設計図書いて、自前だからブラックボックスなんてなくて、完全に国産できる能力があれば日本は2014年現在すでに戦闘機輸出大国になっている可能性が高いですか。
 ⇒なっている可能性はゼロです。これまでは武器輸出三原則が生きていましたし、今後もオールハンドではありませんので。売れないものを作りはしませんよね。

>それともあのレベルでは途上国に売っても大儲けは難しくて、最初期のF15ぐらいの性能は確保されてる必要がありますか。
 ⇒F4とF15では世代が違いますので、それを同列にして比較するのは無理だと思います。ちなみに途上国でF15を保有している国はありません。買ったって整備ができませんので。

>低性能低価格機は戦闘機の世界ではどのくらい需要があるのでしょうか。
 ⇒低性能低価格機の基準がわかりませんおで何とも言えませんが、第三世界では今でもMig-21の需要があるくらいですので、それなりに引き合いはあると思います。

>どのくらいの水準の戦闘機やエンジンを製造する技術力があったら日本が主要な戦闘機製造国として世界から一目置かれるのか。
 ⇒現時点でもそれなりに一目は置かれていますよ。対艦攻撃機としては世界一級のF-2を開発していますし。

>また、日本の現在のエンジン製造技術は大体何世代の戦闘機のレベルか、おしえてください。
 ⇒第三世代から第四世代くらいではないでしょうかね。XF-5エンジンでは推力重量比8/1を達成していますので、第四世代のF-15が装備しているF100エンジンよりも上かもしれませんね。

>あの戦闘機をライセンス製造でなくて、設計図書いて、自前だからブラックボックスなんてなくて、完全に国産できる能力があれば日本は2014年現在すでに戦闘機輸出大国になっている可能性が高いですか。
 ⇒なっている可能性はゼロです。これまでは武器輸出三原則が生きていましたし、今後もオールハンドではありませんので。売れないものを作りはしませんよね。

>それともあのレベルでは途上国に売っても大儲けは難しくて、最初期のF15ぐらいの性能は確保されてる必要がありますか。
 ⇒F4とF15では世代が...続きを読む

QP-47Dサンダーボルトのプロペラについて。 P-47のプロペラは幾つ

P-47Dサンダーボルトのプロペラについて。 P-47のプロペラは幾つか種類がありますが、354th Fighter GroupのP-47の多くは、カーチスエレクトリック社製の最も幅の広いタイプのものを装着していたのでしょうか? ご存知の方がいましたら、ご回答頂けると幸いです。

Aベストアンサー

http://p47.kitmaker.net/modules.php?op=modload&name=SquawkBox&file=index&req=viewtopic&topic_id=128328&page=1

 ここでD型が使用したプロペラの全タイプがわかります。

Q艦上戦闘機・水上戦闘機・局地戦闘機..夜間戦闘機とはなにか?

第二次大戦中の軍用機の本を読んでいると、「夜間戦闘機」なるカテゴリの一群の飛行機についての説明に目が止まりました。

艦上戦闘機・水上戦闘機・局地戦闘機 などは名前からして大体の用途は想像がつきます。でも、夜間戦闘機なるものの定義がわかりません。これらの機体はナニヲモッテ「夜間」戦闘機なのでしょうか?

1)「何らかの夜間でも戦闘ができる装備」を持っている?
 強力なサーチライトやレーダー等?
 とてもそんな風には見えないけれど..
2)夜間でも離着陸できる工夫がある?
 飛行場の管制官と会話ができたり、グライドパスを確認できたりできる?
 戦争中にそんなのんきな事が許されるか?
3)夜目が効く乗員専用シートがあった
 そんなバカな... 

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

>斜め銃と夜間戦闘と何の関係があるんでしょうか?

(B-29は爆弾搭載時でも1万m以上で飛行可能なので、例外ですが、)「B-17のような重防御の大型爆撃機相手の空戦の際には、前方に向けた機銃を装備した通常の戦闘機では、射撃チャンスが短く、昼間でも撃墜が困難であり、視界の悪い夜間は尚更である」と主張した、第251航空隊司令の小園安名中佐が、胴体に斜銃を装備した機体で、敵爆撃機の後ろ下方にぴったり張り付いて、敵機と(上下方向に)平行に飛行しながら、敵機を打ち捲くるために考案したものです。

昭和18年春、第251航空隊が『二式陸上偵察機』2機を現地改造して、後部胴体に斜め上方30度に向けて20mm機銃2丁を装備した機体で、同年6月、ブーゲンビルにおいて、B-17の夜間空襲を迎撃して戦果を上げたことから、『二式陸上偵察機』を三座から複座に改造した上で、斜銃を装備した機体に対し、丙戦(夜間戦闘機)『月光』と名付けて制式採用したのが日本における斜銃装備機の始まりです。

Q自国は敵国と互角に渡り合えるほどの国力を持っていましたが大戦で敗北を喫

自国は敵国と互角に渡り合えるほどの国力を持っていましたが大戦で敗北を喫し領土の大半を無くし君主はやっとのことで一城に逃げ込みましたが大敗したため味方は四散し城内にいる兵力は3000ほどしかいません 
そこに敵国の君主自らが2~3万ほどの軍を率いて攻めてきました
籠城することにしましたが城の防御力はそれほど高くなくあと何日持つかわかりません
自軍の四散した兵力や援軍が来るのにもまだ時間がかかりそうです
大して防御力もない城での籠城をあきらめ奇策を用い戦うのか
敵に落とされにくい守備の戦術を用い援軍を待つのか
敵国の君主は冷酷かつ欲深い性格で信長や曹操のような人で実力はあります
自国の君主は敵国の君主に実力は及びませんが求心力 人望があり自軍にはまだ忠誠心も結束力も人望もあります
みなさんならどうしますか
どう戦いますか
地形は絵 参照 
敵軍は赤 不足数分の敵は後方待機です

Aベストアンサー

後方の山を超え、別の拠点に逃げ延びる為、撤退戦を行います。
自分(+側近・護衛)の後方に殿軍(残りの全員)を投入し、
敵を足止め(機動防御)し、自分の生存確率だけでも上げます。

援軍が期待できない状況で篭城すること自体、下策です。
山に逃げ込み、高知という地の利を使いつつ、しのげば、
もっと多くの兵が逃げられたと思いますが。

城の立地も理解不能。
この地形で、一番の低地に作る意味がわからない。

Q夜間戦闘機とは

旧日本軍の「夜間戦闘機」の定義をご教示ください。 
旧日本軍の夜間戦闘機月光がありましたが、通常の戦闘機とどのような違いがあるのでしょうか?
また、旧日本軍の戦闘機は、夜間飛行するとき、排気管からでる排気の火花が、目立ってすぐに敵に発見されると聞きましたが、そんなに目立つものだったのでしょうか?

Aベストアンサー

 夜間戦闘機の定義と通常の戦闘機との違いはNo.1様が添付したURLの通りです。

>旧日本軍の戦闘機は、夜間飛行するとき、排気管からでる排気の火花が、目立ってすぐに敵に発見される
 そういう話はあまり聞いたことがないですね。そもそも排気管は必ず機体に後ろ向きにつけられているものであり、標的である敵機からはどうしたって排気口は死角となります。敵に発見されるということは、真後ろにつけられたとか、下にいる敵陸軍からぐらいしか思いつきません。
 排気口の火(火花じゃなくって火が出るんですね)で操縦士の目が眩むという話は聞いたことがありますが、それにしたって排気口を下向きにするとか、上面をカバーするとかいった対策がとられています。

Q急ぎです!助けて下さい!中国の山についてなんですが。

急ぎです!助けて下さい!中国の山についてなんですが。
昔の中国の山、山脈などの歴史(一つ一つの山の名前とかインフォメーションではなくて)について教えて下さい。中国の山達が今までどのような使われ方をしていた、人々にどんな風に思われていた(信仰など)なんでもいいです!
明日までの歴史の宿題で、どんなに調べても○○山の歴史、とか一個一個の山の情報しかでてきません。
どうか回答お願いします。

Aベストアンサー

 ご参考までに

 http://www.china7.jp/bbs/board.php?bo_table=2_1&wr_id=21


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング