私はミステリー好きなのですが、好きな作家の作品は全て読まないと気がすまない性質で、
しかも割と長い間ミステリーファンをしているため、最近読む本が無くなりつつあります。
そこで、新しい作家さんを開拓しよう!と思っています。
下記を参考に、私に合いそうなおすすめがあれば教えてください。

~私の好きな作家&作品(一部)~
・宮部みゆき「レベル7」「スナーク狩り」 ・京極夏彦「魍魎の匣」
・新保裕一「ホワイトアウト」「奪取」   ・貴志祐介「黒い家」「天使の囀り」
・楡周平「クーデター」「ターゲット」    ・高村薫「神の火」「リヴィエラを撃て」
・島田荘司「眩暈」「異邦の騎士」     ・松岡圭祐 「睡眠」「千里眼シリーズ」

なお、最近は本格推理小説よりも、エンターテイメント系の読み応えのある作品や、ドロドロした感じのホラー系を好んでいます。
おもしろければミステリー以外でも大歓迎です。助けてくださ~い!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (18件中11~18件)

すでに読んでらしたらごめんなさい・・・



・坂東眞砂子 「山妣」「桃色浄土」
・桐野夏生  「柔らかな頬」
              
読んだ事を忘れて、同じ本を2回も買ってきてしまうような私ですので、
とりあえず今浮かんだのはこの2名でしょうか?

坂東眞砂子の「死国」は原作は面白かったのに、映像になってしまうとやっぱりこうなのかなぁ~とががっかりしたものです。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

坂東眞砂子は最近ハマっています。
「死国」「狗神」と、まだ2作品しか読んでいないのですが、他の作品もすでに購入済で、楽しみです。
日本の山村などの暗ぁ~い怖さがいいですよね。
ちなみに「死国」は映画も見ました。「そりゃないよ」って感じでしたが、原作はすごく良かったです。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/02 10:28

わたしのおすすめは、レジナルド・ヒル、P.D.ジェイムス、エリザベス・ジョージなどですね。

このあたりは重量級で読みごたえバッチリです。特にヒルのダルジール警視シリーズは、キャラクターが(脇役も)個性的でおもしろくておすすめです。作品数も手頃ではないかと(そうでもないか…)。気分転換にはクレイグ・ライスがおすすめです。ユーモアミステリですが、すごくかわいくてしゃれてます。

あと、日本の作家ですが、ライスやジェイムズの翻訳者でもある小泉喜美子さんをおすすめします。

『弁護側の証人』(一番有名な作品。入手しやすいと思うのですが…たぶん)
『ダイナマイト円舞曲』(これは絶版だと思います。好きなんですけど)
『血の季節』(これはありそうな気がする)

小泉さんは、長篇をこの三本しか書いてないのですが(すでに故人です)、この三本は、この順番に、シンデレラ、青ひげ、吸血鬼をモチーフにして書かれています。それぞれに趣向が違ってておもしろく、文章も美しいです。
(あ、ただし、古本屋などでノベルズとかの小泉作品を見つけた場合はやめといた方が無難です。結構ハズレがあるんで)
ちなみに、わたしが持っているのは、『血の季節』が文春文庫、あとの二つは集英社文庫です。

あと、小野不由実の『屍鬼』。かなりおもしろかったです。ホラーなのかもしれないけど、わたしはミステリとして読みました。長いけど一気に読めました。
あと、ドロドロというと、坂東真砂子もハズせないですね。わたしは『桃色浄土』がおもしろかったです(えぐいけど)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

小野不由実「屍鬼」は気になっている作品です。
あと、小泉喜美子さんも面白そうですね。
吸血鬼をモチーフにしたという「血の季節」が興味あります。
私はアン・ライスの「ヴァンパイア クロニクルズ」シリーズにハマリまくったので、
同じ吸血鬼でも、どれだけ違うのか比べてみるのもいいかなと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/02 10:23

ハイスミスの作品は先に挙げたものならどれから手をつけてもいいと思います。


「贋作」河出文庫
「妻を殺したかった男」河出文庫
「プードルの身代金」講談社文庫 ※80年代に出た文庫
「見知らぬ乗客」角川文庫
「太陽がいっぱい」はリメイク作品「リプリー」の原作本として角川・河出両文庫より再刊。ただ、ストーリーが(映画の原作として)あまり一般に知られていないという意味では、先の3作のどれかを選ぶのがよいかもしれませんね。何れも50/60年代の作品です。扶桑社と河出書房の頑張り(?)で、長編の殆どが文庫化されたようです。

sceanaさんが挙げているスティーヴン・キング。私なら何をおいても「呪われた町」を薦めます。集英社文庫から上・下巻で出ていましたが、最近店頭ではあまり見かけなくなりました。これは翻訳(永井淳)もイイですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すばやい返答ありがとうございます。詳しく教えていただいたので探しやすいです。

それにしても国内の作家でおすすめは、あまり出てきてないですね。
私が読み尽くしたって事はないと思うんですけど…。

お礼日時:2001/04/27 18:06

わたしはホラーと言えば「スティーブン・キング」なんですけど、もう読み尽くしました?かなり出てますので、大好きで読みまくってるつもりのわたしもまだ読みきれません(暇もないもんで)。

わたしのいちおしです。
「ニードフルシングス」っていう作品が一番読み応えがあったなと思います。「ダークハーフ」っていう作品はついつい怖くて目をそむけてしまったこともあります・・・。
「スタンド・バイ・ミー」「グリーンマイル」「キャリー」や「シャイニング」がよく知られていますよね。だいたいの作品の舞台が「キャッスルロック」というキングが作り出した町ですので、互いの作品が絡み合ってまた面白い。その後だとか、わき役だったのが主役になったりと言った感じで、次々に読んでしまいたくなります。

あとはL.ロン.ハバードの「死の代理人」と「フィアー 恐怖」です。表紙がきれいで買っちゃったのですが、なかなかおもしろかったですよ。

あと、わたしが好きなのは「ダニエルキイス」と「ミヒャエルエンデ」ですが、ダニエルキイスはもう読まれてるんですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ああ!スティーブンキングも私の禁断作家なのでした!
本屋で見るたび「買おうかな…」と思ってたのですが、これまた作品数が異常に多いじゃないですか。
本棚を新調しないといけないかも…。ありがとうございました!

お礼日時:2001/04/27 17:54

海外の作家ですが、パトリシア・ハイスミスなんていかがですか。


どれもこれも、普通のミステリーとは違う、変に後味が悪いというかイヤな(これは独特の個性という意味でのホメ言葉なんですが)小説を書く作家です。アメリカでは殆ど評価がないというか、無視された存在(まあ、楽しい小説じゃないですからね)のようです。

日本では、ヒッチコックの「見知らぬ乗客」や、あの「太陽がいっぱい」の原作者ということだけが先行して、70年代暗位までは殆ど翻訳が出なかったんですが、この10年位でかなり文庫化されました。「贋作」「プードルの身代金」「妻を殺したかった男」等、ハマるとなかなか抜け出せません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
なんだか私好みの匂いがします。昔の作家さんなんですね。
文庫化されてるとの事。何から読んだらいいのでしょう?
時間があったら教えてくださいね。

お礼日時:2001/04/27 17:16

外国の作家ですが、パトリシアコーンウェルの「検屍官」シリーズはどうでしょう。


もちろん翻訳モノですが、相原真理子さんの訳はまったく抵抗なく読めると思います。
検屍官だけあって、かなり「キワモノ」の描写も多いですが、ミステリとしても、何回読んでもそのたびにどきどきします。
(講談社文庫で、いま10作くらいは出ているはずです)

「ジョングリシャム(新潮文庫)」や「マイケルクライトン(ハヤカワミステリ)」といったベストセラー作家も、やはりそれなりに楽しめると思いますがいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「検屍官」シリーズ!これも気になってたんですよねぇ。
シドニーシェルダンと同様、禁断の作品群なんですよね。(作品数が多い為)
でも、この機会に読んでみようかな。ありがとうございます。

お礼日時:2001/04/27 17:00

わたしの好きなさっかをあげるとダニエルキイスですかね。

有名どころで行くとビリーミリガンシリーズとか、アルジャーノンに花束を、とかですかね。けっこうおもしろいですよ。
 あのウタダヒカルも読んでいたというあれです。いま新装番ででていますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実は、ダニエルキイスは数年前にハマッてほぼ読んでしまっています。
好きな作家の一人です。新刊が出たら、また読みたいと思っています。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/27 16:26

こんにちは。



日本人の作家名しか書かれていないようですので、外国の作家はいかがでしょうか? ありきたりですが、シドニー・シェルダンやダニエル・スティールは読みやすく、はまりやすいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のアドバイスありがとうございます。
外国の作品はバックグラウンドが分かりにくいかなと思い、あまり読んでいません。
禁断のシドニーシェルダンとダニエル・スティール、チャレンジしてみようかと思います。

お礼日時:2001/04/27 16:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q西原理恵子さんのマンガの中で…

西原理恵子さんのマンガの中で、最後の方のページが「手作り万年カレンダー」になっていたものがあったと思うのですが、それがどの本だったのか思い出せません。
仕事で万年カレンダーを制作することになり、参考にしたいのですが、見つけられずに困っています。
どなたかご存じの方がいたら教えて頂けませんか?

Aベストアンサー

西原理恵子さんのファンで、全巻持ってます。
千年使えるキリヌキカレンダーですね。

できるかな 扶桑社



 

参考URL:http://www.jah.ne.jp/~aiai/riezo/pub1.htm#dekiru1

Q作家もタイトルもわからないミステリー

イギリスが舞台で、違法に死体を解剖しているのがばれそうになり、死体を煙突に隠したのに
それが消えていた・・・という話と平行してもうひとつのストーリーが展開するような内容

昨年の夏に買った雑誌(男性向けのPCの特集なんかしてるもの。これもタイトル忘れて(涙))
のコーナーで紹介されていました

女性作家でタイトルが文章になっているものでした(「ごらんいただきました」みたいな)
死体解剖の話なのを象徴するような言葉だったんですけど・・・・

コーナーを書いている人は「BL小説」みたいに書いてましたが、作家さんはそうではありません
当時検索したときは修道院物の女の子の話が電子書籍で売っていたように思うのですが・・

結局購入しなかったのですが、急に「あれ?なんだっけ」と思ったら気になって仕方ありません

どなたかご存知の方 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

実際に作品を読んでいないので自信ナシですが、
皆川博子さんの『聞かせていただき光栄です』ではないかと思います。
<参考>
http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201110200166.html

Q西原理恵子さん、子どもをうんだって本当ですか

麻雀の項で質問するのはどうかと思ったのですが,おしえてください。西原理恵子さんが出産されたというのは本当ですか。私も独身時代は麻雀やパチンコをしていたので、その関係の雑誌も読んでいたのですが,最近ではぜんぜん読みません。西原さんとても好きでした。やっぱり麻雀はしていないのかな。

Aベストアンサー

ご出産なさったようですよ。
2000年6月8日(木)13時48分女児出産、
名前は”日和(ひよ)”ちゃん。
3096g/46cm
鴨志田の家族は大喜び!

ということらしいです。

Q恋愛やミステリーものではない小説ばかりを書いている作家

なんでもない日常やそういう人格だからこそ見える世界、みたいなものを書いている作家さんを探しています。学生モノは苦手なのでそれ以外でお願いします。

Aベストアンサー

「ぶたぶたシリーズ」(矢崎在美)をおすすめします。ぶたのぬいぐるみの姿をしているおっさんがちらちらと現れては、ふつうの生活をしている人たちに少しだけ影響を与えていく、というシリーズです。
いろいろな出版社から出ていたりしますが、わりとどこから読んでも大丈夫なつくりになっています。私は光文社文庫から出ているシリーズが好きです。最初に読むなら「ぶたぶたの食卓」(光文社文庫)がおすすめです。

Qオススメの西原理恵子さんのマンガ☆

最近、西原理恵子さんにハマッています(^-^)9
『できるかな』シリ-ズと『毎日かあさん』『ぼくんち』は購入したのですが、
書籍数の多い方なので、次にどこから読めばいいものか迷っています・・。

皆さんの『これがオススメ!』という作品がありましたら、お時間のある時にぜひ教えて下さい(’(ェ)’*)
西原さんの公式HPは見ています☆=★=☆

あと、蛇足なのですが、倉田真由美さんは西原先生から「真似してる」とハッキリ言われていますが、意識的にやっているのでしょうか??
こちらもご存知の方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。。

Aベストアンサー

amaguri-chanさん、こんにちは。私も西原りえぞう先生のファンです。

叙情的な作品がお好きなら(「ぼくんち」系)「ゆんぼくん」が、体験的
お笑い?作品がお好きなら「鳥頭紀行」シリーズをお勧めします。

くらたまさんについては、よくわからないのですが、麻雀ネタがかぶって
しまっているのでは?と思います。「人生一年生2」では、りえぞう先生
に産休育休を取ってもらって、その隙に売上増の狙う?みたいなくらたま
さんのコメントが載っていましたが。

Q内田康夫、西村京太郎以外のお勧め旅情ミステリー作家は?

ミステリーものではトラベル関係が好きで、
浅見光彦の内田康夫、十津川警部の西村京太郎を
愛読してきました。しかしながら、作品数には限界があり、上記は読破してしまい、次に木谷 恭介もほぼ読んでしまいました。
比較的新しい作家で、いまだに定期的に発行がある旅情ミステリー作家でお勧めの方いましたら、ぜひご紹介下さい。
ちなみに山村美紗や赤川次郎のようなミステリーはあまり好きじゃないです。あくまでもトラベル関係で
古くない人でお願いします。

Aベストアンサー

木谷恭介さんはいかがですか?

参考URL:http://ryousyo.hp.infoseek.co.jp/kitani.html

Q西原理恵子さんの著書でジンギスカン鍋の挿絵

西原理恵子さんの著書で(共著かもしれません)、前夫の鴨志田さんが婿入り道具としてジンギスカン鍋を持ってきた、という漫画が挿入されていた本をもう一度読みたいのですが、題名どなたかご存知でしょうか?

鴨志田さんが北海道出身でジンギスカン鍋を・・という漫画だったと記憶しているのですが。
お時間がありましたらよろしくお願い致しますm(__)m。

Aベストアンサー

「どうころんでも社会科」

の中の、「幻の昆布ロード」の章だったはずです。

Q基本ミステリー作家で読みやすく(余談など少なく展開も早い)脚本が面白い

基本ミステリー作家で読みやすく(余談など少なく展開も早い)脚本が面白い作家を探しています。
山田悠介さんと東野圭吾さんの作品を何冊か読みました。個人的感想ですが、

山田悠介…長所→とても読みやすく展開も速く飽きさせない
     短所→現実離れしすぎ。結末がハッピーでないものが多い。
東野圭吾…長所→脚本がしっかりしてるし内容も面白い。
     短所→やや余談的なものも多く読みにくい。

私的な意見で申し訳ございません。
これらのいいとこ取りした作者を探してます。。。
(列車ミステリー・トリック殺人以外でお願いします)

Aベストアンサー

面白いかどうかは好みにもよると思うので自信ナシですが、
読みやすいという意味でなら、
今野敏(こんの びん)氏の小説はわりと読みやすい方だと思います。
有名なのは「隠蔽捜査」「安積班シリーズ」「STシリーズ」など。
個人的には「触発」「とせい」「武打星」なんかが好きです。

Q西原理恵子さんについて

夏頃から体調をくずされて仕事をセーブされている様ですが、何かトラブルがあったせいだと聞きました。
どんな事があったのかご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

西原理恵子さんが毎日新聞に連載されている「毎日かあさん」に起因するのですが、そこでお子さんの学校での様子を描かれたことに対して、「学校での様子を描かないでほしい」とPTAからクレームが来た件が発端です。
お子さんのこと、学校でのことはそれぞれ微妙な問題を含んでおり、個々人のプライバシー的な問題もありますので、ここであえて論ずる必要を感じませんが、武蔵野市議会でもその問題については論じられたので、その議員さんのBlogと、西原さんのこの問題についてさまざま論じた各Blogの比較サイトがありましたので参考になさってください。

議員日記(武蔵野市議会議員 三宅英子さんのBlog)
 http://www.miyakeeiko.com/diary2005/diary200509.htm

『毎日かあさん』(西原理恵子)表現の自由か教育的配慮か
 http://www.blog-headline.jp/enjoy/archives/2005/08/post_163.html

なお、西原さんも釈明の記事を一時ご本人のサイトに載せていたようですが今は削除されておりますし、今もお仕事をセーブされているようですので私個人としてはいつか西原さんが元の勢いで創作活動に取り組まれることを期待しています。

西原理恵子さんが毎日新聞に連載されている「毎日かあさん」に起因するのですが、そこでお子さんの学校での様子を描かれたことに対して、「学校での様子を描かないでほしい」とPTAからクレームが来た件が発端です。
お子さんのこと、学校でのことはそれぞれ微妙な問題を含んでおり、個々人のプライバシー的な問題もありますので、ここであえて論ずる必要を感じませんが、武蔵野市議会でもその問題については論じられたので、その議員さんのBlogと、西原さんのこの問題についてさまざま論じた各Blogの比較サイトが...続きを読む

Q豪華客船が舞台の推理、サスペンス、ミステリー作品を探しています

豪華客船が舞台の推理、サスペンス、ミステリー作品がないかと探しております。
時代、国内外、シリーズ物の一作品であるとか問わず大型の客船内で起こる事件、物語の作品です。
カテゴリ的には読書になっているのですが、映画でも舞台物でもかまいません。
ご存知の方いらしたらよろしくお願いします。
ネタバレは気にしないのでどういう内容か、または感想もいただけたらうれしいです。

Aベストアンサー

まず思いつくものとしてピーター・ラヴゼイ『偽のデュー警部』

http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/49101.html
http://www.amazon.co.jp/dp/4150747016/

なかなか軽妙で面白い作品です。
amazonだとなぜか3~5週間で発送となっていますが、
楽天ブックスには在庫もあるみたいだし、
店頭にもあるかもしれません。

あと比較的最近翻訳されたものとして
ボリス・アクーニン『リヴァイアサン号殺人事件』

http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/02/8/0246340.html
http://www.amazon.co.jp/dp/4000246348/

ちょっとミステリとしては弱い面もありますが、
なつかしさもあって楽しめる作品だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報