FIFA女子W杯の日米決勝戦での得点は、延長戦を含めると、日米両チームとも「2点」でした。

それでは、両チームのゴール・シュートの本数を教えて下さい(延長戦を含む)。

答:
日本(なでしこジャパン)………「??本」
アメリカ………「??本」


(以上、PK戦でのゴール・シュートと得点を除きます。)

A 回答 (3件)

おはようございます。



シュートの定義は難しく、人によって違うようです。試合中カウンターもってシュート数数えた時がありましたが翌日の新聞発表では全然違うことが多いです。

たとえばクロスのつもりでサイドから上げたボールが曲がってゴールに入れば、本人はシュートのつもりでなかってもシュートとカウントされますね。

枠内シュートも数える人によって微妙に違ってきます。

想像ですが、ポストやバーに当たってフィールド内に戻ってくるシュートは枠内シュートとしてカウントされるはずです。

逆にポストやバーをかすめたり、大きくバウンドしてゴールラインを割る場合などは枠内シュートとしてはカウントされていないのではないかと思います。

確かではありませんが。

アメリカはワンバックという絶対的なFWがいました。1人で7本ものシュートを打っていました。ワンバックを1点に抑えたのが日本の勝利の要因だったかもしれませんね。

この回答への補足

>シュートの定義は難しく、人によって違うようです

良く分かりました。ナットクです。

補足日時:2011/07/22 12:38
    • good
    • 0

こんにちは。



シュート数はアメリカ27本、日本14本でした。

余談ですが、サッカーではシュート数多い方が勝つわけでもありません。強いわけでもありません。色々な要素があります。

たとえば、現代サッカーでは「ボールポゼッション」(ボール支配率)が注目されます。世界最高峰のバルセロナとかは「ポゼッションフットボール」ですね。

決勝でのボール支配率は日本53%、アメリカ47%で日本が上回っています。これはすごいことだと思います。

シュートも、数よりもどれだけ枠内に飛んだかどうかが重要とされています。決勝では枠内シュートはアメリカの5本に対して日本は6本です。

決勝のなでしこは、ベストの状態からは程遠くミスも多く「なでしこ本来のサッカー」ではありませんでしたが、それでも勝ってしまうのは地力がある証拠でしょう。

最近2試合でアメリカに勝っているスウェーデン相手には、日本はボール支配率60%。相手に4本しかシュートを打たれていません。

今大会、なでしこは全6試合すべて、ボールポゼッションで相手を上回りました。(ドイツ戦も!)。

数字から見ても、今回のなでしこの強さが分かります。

この回答への補足

ご回答、有難うございます。

>決勝では”枠内シュート”はアメリカの5本に対して日本は6本です。

決勝戦ではアメリカは、ゴール枠に嫌われるシュートが目立ったように思いますが、ゴール枠で跳ね返るシュートは”枠内シュート”に該当しますか。それとも枠外シュートですか。

補足日時:2011/07/21 18:12
    • good
    • 0

日刊スポーツによると、日本14本。

アメリカ27本でした。

日本のシュート内訳は、以下のとおり

(DF) 近賀ゆかり 3本
(MF) 阪口夢穂 2本
(MF) 宮間あや 2本 うち 1本がゴール
(MF) 沢穂希 2本 うち 1本がゴール
(MF) 大野忍 2本
(FW) 丸山桂里奈 1本
(FW) 安藤梢 1本
(FW) 川澄奈穂美 1本

アメリカのシュート内訳は以下のとおり

(MF) オライリー 1本
(MF) ロイド 7本
(MF) ラピノー 4本
(FW) チェイニー 3本
(FW) モーガン 5本 うち 1本がゴール
(FW) ワンバック 7本 うち 1本がゴール

この回答への補足

詳細なデータをありがとうございます。

補足日時:2011/07/21 18:15
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

日本のFWのシュートは少なかったのですね。意外でした。

お礼日時:2011/07/21 18:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q24fpsのまま編集できるDVDオーサリングソフト

 現在,一眼で撮影した動画をDVDに残すという作業をしていますが,24fpsのまま編集できるDVDオーサリングソフトを探しています。有料でも構いません。フレームレートの変換が介入すると残像が激しく発生し,とても鑑賞に堪えらえれません。PCで見る分には問題ないのですが,DVDにしようとするとプレビュー画面ですでに残像が発生します。
 日本では30fps以外に,24fpsでもDVD,BDで再生可能であることまではわかりました。しかし,残念ながら当方の所有しているRoxioでは,24fpsの編集フレームレートが備わっていないようなのです。
 日本のTVで視聴するとなると,30fにしなくてはならいことまではわかっています(正式には29.97f)。それならカメラ側で30fpsを選べばよいのですが,その設定が標準画質のみでHD画質には対応していないのです。困りました。
 なお,当方の使用環境等は以下のとおりです。

<カメラ>
ライカM typ240 ※

※ 本カメラの動画記録設定は以下の6種類のみです。

1080p@25fps
1080p@24fps
720p@25fps
720p@24fps
640×480@30fps
640×480@25fps 

<DVD作成ソフト>
Roxio Creator NXT Pro2
選択可能編集フレームレート ※ 

29.97fps(NTSC)
25fps(PAL)
30fps(コンピュータ)
 ※ ここに24fpsがあるのいいのですが…

<PC>
Windows7

<電源>
50Hz

 以上です。よろしくお願いします。


 

 現在,一眼で撮影した動画をDVDに残すという作業をしていますが,24fpsのまま編集できるDVDオーサリングソフトを探しています。有料でも構いません。フレームレートの変換が介入すると残像が激しく発生し,とても鑑賞に堪えらえれません。PCで見る分には問題ないのですが,DVDにしようとするとプレビュー画面ですでに残像が発生します。
 日本では30fps以外に,24fpsでもDVD,BDで再生可能であることまではわかりました。しかし,残念ながら当方の所有しているRoxioでは,24fpsの編集フレームレートが備わって...続きを読む

Aベストアンサー

30fps(29.97fps)しか取り扱ったことがありませんが、とりあえず、PEGASYSのAUTHORING WORKS 5の体験版でやってみてください。

参考URL:http://tmpgenc.pegasys-inc.com/ja/download/taw5.html#trial

Q2006ドイツW杯準々決勝 アルゼンチン・ロドリゲス選手の決勝シュートについて

2006のドイツW杯の準々決勝 アルゼンチンvsポルトガル戦
の延長(前半か後半かは失念しました)で、アルゼンチンのロドリゲス
選手が反対サイドからの味方のパスを受けて、地上に落としてドリブルせずにノートラップでゴール左上隅に強烈な決勝シュートを放ったのを
よく覚えています。(サッカー用語に疎いので、拙い表現ですみません。TVを見た方は以上の描写で情景を思いだされると思いますが)
サッカーのプレー歴ゼロの当方にはとてつもない技術のプレーに思えましたが、あのシュートはレベル的には相当の難易度に属するのでしょうか。

Aベストアンサー

動画を見ながら読んでいただくと解り易いかと思います。

アルゼンチンが中央の選手から左サイドの選手へとパスを送った場面。メキシコのディフェンダーは1人が前に釣り出され、中央のディフェンスはセンターバックと内に絞ってきた左サイドバック(このような局面でのディフェンスは内側に絞る原則の通り)対アルゼンチンのフォワードという2対1の状態。左サイドバックが内に入ったことで、アルゼンチンにとっての右サイドにスペースが生まれる。左サイドの選手にボールが納まる。ここでアルゼンチン陣内からスルスルと上がってきたロドリゲスが、スペースを見つけ走り込み手を挙げてボールを呼び込む。メキシコのディフェンスの1人もロドリゲスのランニングに気が付き、付いていく。
ここまでがフリーランニング(ボールを受ける前の動き)によりゴール付近まで迫った過程です。

次にボールを受けてからシュート、ゴールまで。
ロドリゲスのフリーランニングを確認したアルゼンチンの左サイドの選手がロングボールを送る。ボールへの良い準備が出来ているロドリゲスが、バックステップでポジショニングを修正しつつ落下地点に入る。メキシコのディフェンスがロドリゲスに追いつく、ディフェンスの為に体の向きを変える。ロドリゲスが胸トラップで内側にボールを弾ませる。メキシコの選手は反応が遅れ、シュートコースに入れない。左足でファーサイドそのままボレー。ゴール!

総括しますと、ロドリゲスのスペースを見つけた目、そしてフリーランニング。アシストとなったロングボールの質。これがシュートに至る決定的な御膳立てをしました。

また「メキシコのディフェンスがロドリゲスに追いつく、ディフェンスの為に体の向きを変える。」というシーンは、始めからゴール方向を向いているロドリゲスに対して、ゴール方向に戻る体勢から相手選手の方向に向き直らなければいけなかったメキシコの選手、という次のプレーに対応出来る速さの違いから「メキシコの選手は反応が遅れ、シュートコースに入れない。」という状況を生み出しましたね。これは当然疲労も考慮するべきだと思いますが。

シュートシーンでは、恐らくロドリゲスはロングボールが滞空している時間の中で、「飛んでくるボールの勢い」「相手ディフェンスの位置」「撃つことの出来るシュートコース」などを頭の中で計算して「シュート」という決断を下しました。そしてディフェンスのアプローチの甘さや、周りのスペースの余裕を加味した結果「ボールをある程度大きく弾ませて、そのままボレーでファーサイドへ撃つ」というプレーを選択したと考えられます。

シュート自体に関しても、シュートを打つために重要な腰も良く回っています。ゴールとは逆の向かって左側にトラップ後のボールが流れたにも関わらず、一歩踏み込んで腰を回転させあれだけ強いシュートを撃てるというのも凄いですよ。また、あの一連の動作でも体がブレずにシュートまで行ったというのも注目で、体幹も相当鍛えられている事がわかりますね。あまり鍛えられていない選手ですと、予備動作が追いつかずにボールの下半分を叩いてしまったり、空振りしてしまったりで、キチンとインパクトすら出来ないんですよ。

以上で終わります。長文失礼しました。

動画を見ながら読んでいただくと解り易いかと思います。

アルゼンチンが中央の選手から左サイドの選手へとパスを送った場面。メキシコのディフェンダーは1人が前に釣り出され、中央のディフェンスはセンターバックと内に絞ってきた左サイドバック(このような局面でのディフェンスは内側に絞る原則の通り)対アルゼンチンのフォワードという2対1の状態。左サイドバックが内に入ったことで、アルゼンチンにとっての右サイドにスペースが生まれる。左サイドの選手にボールが納まる。ここでアルゼンチン陣内か...続きを読む

Q120fpsって・・・

たまに動画販売サイトで120fpsの動画がありますが、
120fpsも必要なのでしょうか?
普段動画をエンコードする時は30fpsくらいでエンコードすることが多いですが、120fpsだと何かメリットがあるのでしょうか?
テレビで放送されている番組などは何fpsなんでしょう。

Aベストアンサー

本来、実写映像は最低24fpsあれば動きます。
23だと動きません。
1コマですが、長年の実践によって割り出された数字です。
テレビ放送が約30fpsなのは、アメリカの電気の周波数が60khzだったからです。
ヨーロッパは50khzなので25fpsです。
29.97fpsが使用されるのは、音がずれるのを防ぐためです。
アニメの場合は、テレビシリーズなら基本24fpsベースの8fpsです。
劇場や動きが多いときは枚数が増えます。
アニメの人物部分が30fpsになることは、外注のCGでない限りあり得ません。
これはタイムシートというものがあって、アニメーターさんが動きを付ける時に何枚絵が必要なのか測るためのシートなのですが、これがすべて24fpsで書かれているからです。
日本全国どこでもそうです。

それと、映画の24fpsとテレビの29.97fpsは意味が違います。
映画は映写機(最近は数万枚の鏡を利用した特殊なデジタル映写機を使うこともあります。)の特性上、実際に絵が表示されているのは1/48秒だけです。
残り1/48秒は真っ暗で何も写ってません。
その後、次の絵に移り変わります。
こういった特性上、映画のコマは前のコマが次のコマに紛れることはないのです。

それに対して、テレビはインタレースといって上から順番に線を走査していきます。
こういう特性上、テレビのコマは前のコマが混ざった状態になっている部分があるのです。
(カメラの高速シャッターでテレビ画面を撮影してみて下さい。画面が入れ替わっているところが見えます。)
これを軽減して、コマの切り替わりを滑らかにするために、上から奇数番と偶数番に線を分けてそれぞれ1/60秒で走査します。

ブラウン管の場合は、基本これで大丈夫でした。

つまり、じつはテレビはコマの量で言えば60fpsなのです。

さて、ここから話がさらにややこしくなります。
ブラウン管やプラズマはその特性上非常に応答速度が速く、液晶テレビと比較した場合、3桁違います。

これは構造的な問題で、簡単にいうとブラウン管とプラズマは自力で色のある光を出しています。
それに対して液晶は、電圧によって光の透過率の変わる特殊な物質に後ろから光を当てることによって色を出します。

つまり、電気的に回路の切り替わりだけの物と比べ、透過率の変化の部分でタイムロスが生まれるのです。

この結果、速い動きを液晶で描画させると残像が残ります。
これを軽減させるための機能が倍速機能です。
ただ、この倍速機能というのは24P(1/24秒プログレッシブ、インタレースしないやつです。)や60i(30P)の動画を自動的に120iにして表示する機能です。

素材で120fpsというのは、ただ単にこれに最適化して対応しているのか、ノンインターレスで120コマちゃんとあるのかによって用途が全く違います。

後者の場合は、先にも回答されている方もいますが動画の加工途中でタイミングをいじる場合に使う素材です。

ちなみに、その辺にただで落ちてるのはもともと24Pや30iの動画を水増ししただけのものが多いです。
120fpsに対応したプレイヤーで見ると多少滑らかに見えるのです。

本来、実写映像は最低24fpsあれば動きます。
23だと動きません。
1コマですが、長年の実践によって割り出された数字です。
テレビ放送が約30fpsなのは、アメリカの電気の周波数が60khzだったからです。
ヨーロッパは50khzなので25fpsです。
29.97fpsが使用されるのは、音がずれるのを防ぐためです。
アニメの場合は、テレビシリーズなら基本24fpsベースの8fpsです。
劇場や動きが多いときは枚数が増えます。
アニメの人物部分が30fpsになることは、外注のCGでない限りあり得ません。
これはタイムシート...続きを読む

QW杯決勝戦の「イエローカード」の意味

 サッカーを観ていて疑問に思ったのですが、選手が「イエローカード」
2枚貰うと、その選手は次の試合は出場出来ないルールがありますね、
 決勝戦の場合はどうなるのでしょうか?
 いくら「イエローカード」を貰っても、次の試合は、無いですよね、
 同じ理由で、トーナメント試合でも、結果的に負けたチームの選手の
「イエローカード」は意味無いですよね。             

Aベストアンサー

イエローカードを1試合で2枚もらうと、レッドカードと同じく退場処分になります

ですから、まったく意味が無いわけではないんですよ

Q60~120fpsの動画を30fpsで使う方法

お世話になります。
早速、本題なのですが、
題名の通り、60fpsや120fpsの動画を、30fpsで使う方法というのはありませんでしょうか?

60などのものを、30に変換したいわけではなくて、
例えば、60fpsで5秒間の映像と、120fpsで5秒間の映像だったら、
30fpsに1コマずつ割り当てたとしたら、60は10秒間、120なら20秒の映像になるという事ですよね?
これを利用して、60fpsで撮影した映像を30fpsでスローモーションの様に使いたいんです。

上記の様な変換の仕方をしてくれるソフトや、AfterEffectでの機能で、
そういったものはありませんでしょか?
ご存知の方がいらしたら、教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

AfterEffectは使ったことが無いのでわかりませんが、フリーソフトで一度変換してやればスロー化することができます。

AVIDEMIXで120fps/60fpsという素材を読み込み、30fpsにして出力すれば1/4や1/2スローに変換されます。
http://avidemux.web.fc2.com/

参考URL:http://blog.goo.ne.jp/root66/e/c294e390caad6b7a1fd1b0d9c93f7d74

QFIFA決勝トーナメント パラグアイvs日本戦の日本代表4人のイエロー

FIFA決勝トーナメント パラグアイvs日本戦の日本代表4人のイエローカードについて

こんばんは。皆さん白熱の試合も残念ながらPK戦で惜しくも敗れてしまい、残念でしたが見ごたえのありましたね。サッカー初心者の私も興奮して観ました。

ルールなど解らない所はネットのテキスト速報など読みながら内容を把握していたのですが、前半の松井と後半の長友と本田、延長後半の遠藤のイエローカードについては、なぜイエローカードが出たのかわからなかったのです。

相手を邪魔したりするとイエローカードが出るのですか?でも邪魔した様にも素人目の私にはわかりませんでした。邪魔する以外にどんな時にイエローカードは出るのでしょうか?

あとPK戦についてですが、PKをする人はどの様に選抜されるのでしょうか?また、ベンチにいる選手がPKだけ参加という事は出来ないのでしょうか?


ルールもあまり理解出来ていない初心者で申し訳ありません。

Aベストアンサー

長友と本田は、故意に手を使ったと審判に判断された。
遠藤は、ボールではなく相手選手の足に向かってスライディングタックルを仕掛けたと判断され、極めて危険な行為としてイエローカード。

PKはピッチでプレーしている選手しか参加できません。順番は、多くの場合、1人目にエース級を持ってくるようです。あと、4人目・5人目に主力級を持ってくるという話も聞いたことありますが、観戦経験上、これはけっこういい加減な話のようにも思います。

Q東方のゲームで表示されるfpsの意味について

東方のゲーム内で表示されるfpsの意味がわかりません。
いろいろ調べてみたけれど「fpsが低いと~」とかあってもよくわかりません、
fpsが低いと動作環境とかに影響出るのでしょうか?

よくわからないので教えてください。

Aベストアンサー

>fpsが低いと動作環境とかに影響出るのでしょうか?
これは逆です。動作環境が低いとfpsが低くなります。つまり要因ではなく結果です。
シューティング系のゲームでは割合重要な要素で、高いほどヌルヌルと動いて快適、低いとカクカクして操作がしづらくなります。

fpsは1秒間に画面を何回切り替えているかを表示するものですが、
PCゲームの場合は画像処理をする装置側がどれだけ出力しているかを表示しているもので
実際の画面でどれだけ切り替えているかを表すものではないことに注意する必要があります。
例えば一般には液晶ディスプレイは60Hzで動作しているものが多く(ユーザー側が切り替える事も可能ですが)、
例え高性能なマシンを使ってfps300とかで出力されていても、ディスプレイ側が60Hz動作なので実質のfpsは60までしか出ません。
このように高いfpsを出していても表示の際に切り捨てられると処理能力の能率が悪くなってしまうので、出力のfpsをディスプレイと周波数とを揃えるオプションがあります。
これが「垂直同期」と呼ばれる物で、処理の際にディスプレイの周波数とfpsを揃えて出力する、と言う仕組みなんですが、
東方にもこのシステムが備わっており、常にfpsが60.00とか言う数値になっている、と言う理屈なんですね。

で、fpsは大体60も出ていれば快適です。40台まで来るとカクつき始め、戦績に影響がが出ます。
30~20にまで下がるとゲームとして成立しないレベルになり、10を切ってしまえば最早プレイは不可能であると言う状態になります。
スコアアタックする程にゲームをやり込みたいのあれば、60fpsを切っているならばオプションで設定を下げてプレイするか、
高設定でもfpsが稼げるようにマシンを買い換えてしまいましょう。

ちなみに大文字でFPSと書いた場合は「ファーストパーソンシューティング」と言う、ゲームのジャンルを表すものになってしまうので注意が必要です。
しかもそのFPSゲームでもfpsは非常に重要なものである、と言うのがまたややこしいところで…。

>fpsが低いと動作環境とかに影響出るのでしょうか?
これは逆です。動作環境が低いとfpsが低くなります。つまり要因ではなく結果です。
シューティング系のゲームでは割合重要な要素で、高いほどヌルヌルと動いて快適、低いとカクカクして操作がしづらくなります。

fpsは1秒間に画面を何回切り替えているかを表示するものですが、
PCゲームの場合は画像処理をする装置側がどれだけ出力しているかを表示しているもので
実際の画面でどれだけ切り替えているかを表すものではないことに注意する必要がありま...続きを読む

Qw杯史上、最も少ない総得点で優勝したチーム(国)

いつも、お世話になっております。
タイトル通りです。

W杯の歴史の中で最小得点で優勝したのは、
第何回大会の何というチーム(国)で、
総得点は何点で優勝したのでしょうか?

宜しくお願いいたします!

Aベストアンサー

前回、2010南アフリカ大会で優勝したスペイン代表です。
総得点は歴代最少の8。
因みに、総失点も歴代最少の2でした。

wikiでご確認戴けます。
>http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3%E4%BB%A3%E8%A1%A8

QFPSゲームをやりたい(低スペック)

Celeron 1.80G
メモリ 1G
ビデオメモリ オンボード32M
でFPSのゲームをやりたいのですが、何か出来るFPSゲームはありますか?
Alien VS Predator2はFPSが40ぐらいで (2004)
True Combat : Elite 0.49はFPSが0~20ぐらいです。
出来れば人が相手のFPSをやりたいです。

Aベストアンサー

オンボード32Mは非常に厳しいです。
グラフィックボードを別につけないとSAでもラグがでてくる思います。
FPSは一瞬で勝ち負け決まっちゃいますからね。
それでもやりたいというのならばxopsを薦めます。
それぐらいのスペックならするする動くはずです。
オン、オフともにあるのでどうぞ。

参考URL:http://hp.vector.co.jp/authors/VA022962/xops/

Q2006FIFAワールドカップ 決勝トーナメントでの延長戦の方式と予選リーグでの順位の決め方

もうすぐ開幕する2006FIFAワールドカップで決勝トーナメントで90分で決着がつかない
場合に延長戦に入りますが、15分ハーフの延長戦を前後半やるのでしょうか?
98年、2002年大会の時はゴールデンゴール方式を採用していましたが今大会は
どうなのでしょうか?

また、グループリーグでの順位を決める時に「勝ち点」「得失点差」で並んだ場合、
何を基準に順位を決めるのでしょうか?「当該チーム同士の対戦成績」でしょうか?
それとも「総得点」でしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

今回はゴールデンゴール方式は無しです。
延長は15分ハーフの30分。
延長前半終了時に点差がついていても
そこで終了にはならず、後半も最後までやります。
それでも決着がつかない場合はPK戦です。

グループリーグの順位の決め方ですが、
1.得失点差
2.総得点
3.当該チーム同士の勝ち点
4.当該チーム同士の得失点差
5.当該チーム同士の総得点
で順位を決めて、それでも同じ場合は抽選になります。


人気Q&Aランキング