ゲームのなかで数少ない騎馬鉄砲部隊を扱える武将として登場してくる鈴木重秀についていろいろ教えてください。
雜賀城を拠点とした鈴木家についての話でもかまいません。
詳しい方お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「鈴木重秀」
さらに
http://www.iris.dti.ne.jp/~min30-3/saigatepou.htm
(雑賀鉄砲軍団)
http://www.iris.dti.ne.jp/~min30-3/index.html
(紀州雑賀の「雑賀孫市」)
http://www.iris.dti.ne.jp/~min30-3/saigaichizoku …
(雑賀一族の系譜)
http://member.nifty.ne.jp/jhforum/bu-sen-nankai. …
(雑賀孫市)

これ以外でもネットで「鈴木重秀」と入れて検索すると沢山Hitします。

ご参考まで。

参考URL:http://www.page.sannet.ne.jp/kotatu/hyo/itiran/i …

この回答への補足

みなさんありがとうございます。
HPもこれだけあるということは全然しらなかったです。
本格的にかかれているものもあって大変勉強になると思います。
参考にさせていただきます。

補足日時:2001/05/02 19:34
    • good
    • 0

鈴木重秀は通称雑賀孫市と呼ばれている人物です。



で、彼を主人公にした小説がありますので紹介します。
1.司馬遼太郎「尻啖え孫市」講談社文庫
カバー後ろから、
鉄砲は名人、女好きは日本一。スケールの大きい戦国武士のうちでも、とりわけ
異彩を放つ雑賀孫市。藤吉郎との奇妙な友情のうちに、紀州雑賀衆の頭目として
の鉄砲の腕にものを言わせ、無敵の信長にみごと ゛尻啖わせた ″痛快さ!戦
国の世を縦横に生きた奇男児の豪快な一生を描く、著者会心の長編。

2.二宮隆雄「雑賀孫市」PHP文庫
3.津本陽「雑賀六字の城」文春文庫

おすすめはやはり「尻啖え孫市」ですね。
    • good
    • 0

雑賀孫市だと言われてる人ですよね。


下のURLなんて参考になりますでしょうか?

参考URL:http://www.iris.dti.ne.jp/~min30-3/
    • good
    • 0

そのゲームを作っているものです。



えーと、資料はあまりないですな。

こことか?
http://www.harimaya.com/o_kamon1/buke_keizu/html …

参考URL:http://www.harimaya.com/o_kamon1/buke_keizu/html …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉄砲と騎馬は相性が悪い?

このカテゴリのいくつかの質問を拝見させていただきましたが
馬は臆病な動物で、すぐそばで発砲音など大きな音を立てると驚いて混乱して収拾がつかなくなるから鉄砲は無理だという意見を多数見たのですが
戦場ではほら貝や鏑矢など戦闘開始の合図の音、大砲(大筒)や足軽の鉄砲の発砲音などさまざまな爆音などが鳴り響きますけど
それでも驚かないで、馬の耳元の火縄銃の音には驚くのですか?

Aベストアンサー

馬が鉄砲の音に慣れる、というのは事実です。これは西部劇などを見れば明らかでしょう。が、日本の戦国時代の騎馬鉄砲隊、などは絵空事だと思って良いです。要するに講談本のタネです。

理由はいくつかあります。

第一は、騎馬隊という兵科が分離していないこと。
この時期に分離していた兵科は主計隊と輜重隊(後方からの物資輸送隊)だけで、後は例えば伊達政宗の配下片桐の配下某の配下某の・・・の配下某某とその家来、という形が普通で、この下に家の子・足軽がつきます。
つまり、騎馬隊だけで戦闘することは、今でいえば士官だけで戦闘する様な物ですから、余程でなければあり得ません。なので、騎馬隊の周りには常に歩兵がいるわけです。
退却中を除けば、おそらく例外は源義経の鵯越や武田の荷駄隊奇襲作戦くらいの物でしょう。


第二は技術的な問題です。
通常の鉄砲は馬上で撃つには反動が大きすぎ、小型化せざるを得ませんでした。そのための馬上筒と呼ばれる物が現存しています。当然に飛距離も威力も減ります。弓と大した違いは無いでしょう。
ということであれば、さしてメリットもないので使う必要が余りに少なく、また馬に乗るとその分だけ的が大きくなりますから士官の被害も大きくなってしまうというデメリットがあります。

実際問題、日露戦争の時ですが、秋山好古という指揮官が騎馬隊を率いていたとき遭遇戦になり、全員下馬して戦って完勝した、という故事もあります。

馬が鉄砲の音に慣れる、というのは事実です。これは西部劇などを見れば明らかでしょう。が、日本の戦国時代の騎馬鉄砲隊、などは絵空事だと思って良いです。要するに講談本のタネです。

理由はいくつかあります。

第一は、騎馬隊という兵科が分離していないこと。
この時期に分離していた兵科は主計隊と輜重隊(後方からの物資輸送隊)だけで、後は例えば伊達政宗の配下片桐の配下某の配下某の・・・の配下某某とその家来、という形が普通で、この下に家の子・足軽がつきます。
つまり、騎馬隊だけで戦闘...続きを読む

Q鉄砲はどう武田軍の騎馬隊を勝つのか

織田信長と徳川家康が長篠で武田軍の騎馬隊を完全に破壊した理由のは

たぶん無敵だった鉄砲の威力のためだった、と私はしてましたね。




でも、最近、どの人から面白い意見を聞いてました。

当時の鉄砲の射程距離は50メトール(meter)だったし、

一分には、たって1或いは2の人だけ殺せるんだった。

三段鉄砲の場合もただ1分で3より6までの騎兵を討った。

それでは、武田の騎兵が1分で50メトールを飛び掛かれなかったのか

実例をあげると、秀吉の朝鮮攻撃中、どの戦いでは朝鮮軍の弓兵二人が日本軍の鉄砲隊300人から150人を討ったこともある。

信長公記には、信長の鉄砲隊が浅倉から笑い種となったと記録もある。

言わば、信長軍の鉄砲じゃない何が武田軍の騎馬隊を破壊したって話しでした。

どちらが正しいですか、当時の鉄砲はほんとう

Aベストアンサー

回答:Yの字やΩ型の対騎馬武器。
 

武田の戦術は機動力です。
この時織田鉄砲隊は人ではなく「馬」を徹底的に狙わせてます。機動力を殺いで乱戦にして消耗戦をしかけたのです。鉄砲では物足りないので馬防柵の他に多数の騎馬妨害をしています。ちゃんとこの時だけ調達した対騎馬武器が現存します。馬の足を引っ掛けて傷つけるやつね。
もう一つに、馬の機動力を殺いだ後は、ヒトの機動力も殺ぎにかかってます。
対騎馬武器でヒトの足を徹底的に狙ってます。

相手の得意な戦術を徹底的に殺し心理的に追い詰めて相手を後退させる。
騎馬戦術は高速でいくつもの小隊を高速で動かし、戦場の至る所に現れて敵を幻惑し混乱した部隊を各個撃破することです。
欠点は高速で動くために一部隊の兵力が少ない。
そこを織田信長は突いたのです。

とすれば、まず馬防柵等で「馬」の動きを止めて、至近で馬を撃つ。強制的に馬から引き釣り下ろす。これで部隊を小数の歩兵にして兵力差を生かして反対に各個撃破。
ここで武田は基本戦術がとれなくなり、指揮系統が混乱します。各部隊の連携は乱れ、小数部隊の局地的抵抗になります。
馬が無くなった事で武田は簡単に移動することが出来ません。同じ歩兵同士なら追撃する方が有利。後ろからやられるなら前進するのみ。更に足を奪われてその場で討ち死にとなります。
そして味方を見殺しにも出来ないので武田は更に突撃するものの、さらに馬を失い兵力はあるが部隊を救うだけの機動力が無くなり、いくらかの部隊は全滅を受けました。
織田は大軍を分けて疲労が溜まると部隊を交代させて元気な兵力を前線に出してくる。
いくら最強武田軍でも疲労までは回復できずに追撃され力尽きて討ち死に。

前線まで誘い出して機動力を殺ぎ、簡単に後退させずにひたすら連戦させる。
これが戦国時代最大の戦死者数を出した戦いです。
鉄砲は一役かったでけで戦術的にはそれほど活躍はしてません。

鉄砲が有名になったのは「馬防柵」や数多く用意した「対馬武器」では宣伝効果にならないので新兵器「鉄砲」で統一したんだと思います。
そしてこの後、この戦いの惨劇を全国に流布し、はったりで勢力拡大しています。
でも通用しなかったのが石山本願寺だけ(笑)

ちなみに長篠の戦いでは織田は他の領土をがら空きにするほど総力戦を挑んでます。布陣を見れば織田軍団武将が結集してます。それに丁寧に上杉、北条に武田の後方を妨害させ武田に総力戦をさせていません。
戦略的に騎馬武器も揃えて兵力も揃えて織田は最初から優位だったんですね。
それでも抵抗した武田の底力はすさまじかったと思います。

鉄砲の効果は城の防御の時くらいですね。
安心して撃てるし、撃てば当たる。ので。

何故これほど対騎馬にこだわったのかは、武田を討てばそれだけで敵を牽制できるからです。畿内をがら空きにしたのも甲斐源氏の武田様が何とかしてくれる!という信仰があったからです。
それを見抜いた織田信長の偉大さは恐ろしいですね。

回答:Yの字やΩ型の対騎馬武器。
 

武田の戦術は機動力です。
この時織田鉄砲隊は人ではなく「馬」を徹底的に狙わせてます。機動力を殺いで乱戦にして消耗戦をしかけたのです。鉄砲では物足りないので馬防柵の他に多数の騎馬妨害をしています。ちゃんとこの時だけ調達した対騎馬武器が現存します。馬の足を引っ掛けて傷つけるやつね。
もう一つに、馬の機動力を殺いだ後は、ヒトの機動力も殺ぎにかかってます。
対騎馬武器でヒトの足を徹底的に狙ってます。

相手の得意な戦術を徹底的に殺し心理的に追...続きを読む

Q伊達の騎馬鉄砲隊

伊達の騎馬鉄砲隊というのは馬で敵陣に突撃しながら鉄砲を撃つそうですが、当時の鉄砲は1発撃ったら終わりのはず。
その後どうやって戦ったんでしょうか?

Aベストアンサー

当時の野戦では徒歩の槍隊が密集体形で前進する槍合わせが先鋒主力でこれに前後して弓組や鉄砲でこの陣形を攪乱するのが普通で、乱戦状態になると弓組も太刀で戦うのですが、鉄砲は狙撃専門で、騎馬武者(大抵指揮者)を主な目標にしたのです。

関ヶ原戦で石田方の島左近や、東軍の井伊直政、松平定吉などが死傷させられたのはいずれも鉄砲狙撃によるものでした。
大阪の陣でも後藤又兵衛が戦死したのも鉄砲狙撃でした。

このような戦法に騎馬隊が活躍する機会はなく、大規模の騎馬戦闘隊を編成する必要はなかったし、またそれを可能にする下地もありませんでした。

これに対し、伊達政宗は馬産地が領土でしたから騎馬隊を編成出来、その高速性を活かして戦う戦法を工夫したのです。
また金の産出もあり鉄砲の装備率も高かったので、鉄砲を騎馬隊にも持たせたのが鉄砲騎馬隊です。

突撃しながら発砲するのではなく敵前射程距離に達したら停止、銃撃して退却、後続する騎馬隊が敵陣の乱れに乗じ突撃する戦法でした。
多分に意外性をねらった攪乱戦法でしたから実戦での効果は疑問視されたようです。

当時の野戦では徒歩の槍隊が密集体形で前進する槍合わせが先鋒主力でこれに前後して弓組や鉄砲でこの陣形を攪乱するのが普通で、乱戦状態になると弓組も太刀で戦うのですが、鉄砲は狙撃専門で、騎馬武者(大抵指揮者)を主な目標にしたのです。

関ヶ原戦で石田方の島左近や、東軍の井伊直政、松平定吉などが死傷させられたのはいずれも鉄砲狙撃によるものでした。
大阪の陣でも後藤又兵衛が戦死したのも鉄砲狙撃でした。

このような戦法に騎馬隊が活躍する機会はなく、大規模の騎馬戦闘隊を編成する必要は...続きを読む

Q騎馬鉄砲隊

戦国時代の騎馬鉄砲隊は一発打ち終わると逃げて帰るのですか?またその部隊はどう言う使われ方をしたのですか。待ち構える敵の鉄砲隊に向かって突っ込んで行ったのではないような気がしますが、どちらかと言うと突っ込んできた捨て身の敵の騎馬部隊を襲うのではと思うのですがどうでしょう。

Aベストアンサー

伊達家の騎馬鉄砲隊について、どのような研究がされているのか
私は知りませんが、一般論として考えると、
騎馬鉄砲隊の長所と短所から判断して、
突っ込んできた敵騎馬隊を標的にするのは不利でしょう。
その場合、銃撃で敵を撃退できる可能性は低いので
突撃を受けてしまいます。
銃を撃つとなると横隊のような形になるでしょうから
突撃を受けると分断されて弱いし、そもそも突撃を受けること自体が不利です。
敵の騎馬隊の突撃には槍隊で応戦するのが常道でしょう。
わざわざ騎馬鉄砲隊を使う意味がありません。

また騎馬鉄砲隊で、待ち構える敵の鉄砲隊と撃ち合うのも、
明らかに騎馬鉄砲隊にとって不利です。
そもそも”待ち構える”側が明らかに有利なのは当然だと思いますが、
馬上のほうが命中率は悪くなるのは必至です。

もっと騎馬鉄砲隊の長所を活かす攻撃に用いられた、
あるいは用いられるべきと考えるのが筋でしょう。
騎馬鉄砲隊の長所は機動力です。
この機動力を活かす攻撃は、当然、側面・背面からの攻撃でしょう。
つまりは正面対決ではなく、敵の側面や背後に回りこんでから銃撃するわけです。
または、敵の不意を突いて、準備ができてないうちに奇襲をかけるとか
そういう使われ方であるはずです。

戦国時代は、足軽の槍隊や鉄砲隊がある程度、隊形戦術を使いますから、
側面攻撃などは非常に有効でしょう。だいたい騎兵とは機動力こそが利点です。
発砲後、抜刀して突撃するのか、発砲後、離脱するのか、
その辺は不明ですが、どっちであってのそれなりの効果はあると思います。
そもそもそれほど大きな人数の部隊ではないでしょうし
決戦兵力ではないわけですから。
確か、騎馬鉄砲隊が登場する戦いは、大阪夏の陣だけだと思うのですが
戦術は後者のような感じではないでしょうか。

伊達家の騎馬鉄砲隊について、どのような研究がされているのか
私は知りませんが、一般論として考えると、
騎馬鉄砲隊の長所と短所から判断して、
突っ込んできた敵騎馬隊を標的にするのは不利でしょう。
その場合、銃撃で敵を撃退できる可能性は低いので
突撃を受けてしまいます。
銃を撃つとなると横隊のような形になるでしょうから
突撃を受けると分断されて弱いし、そもそも突撃を受けること自体が不利です。
敵の騎馬隊の突撃には槍隊で応戦するのが常道でしょう。
わざわざ騎馬鉄砲隊を使う意味が...続きを読む

Q騎馬鉄砲は馬上から発砲していたのか?

朝鮮出兵の加藤清正隊や関ヶ原の島津隊では、騎馬隊のほとんどが銃を装備しており、藩によっては騎馬隊が鉄砲を持つことを定めているものもあるようです。
騎馬鉄砲という独立部隊というよりも、騎馬隊の装備の一つとして用いられていたように思います。現在見られる砲術団体はホルスターのようなものに馬上筒を入れていました。

しかし、当時の騎馬隊はどのような用法で馬上筒を使っていたのでしょうか?下馬して撃っていたのでしょうか?それとも馬上から射撃していたんでしょうか?
当時の図では、馬上から鉄砲を構えたものがあります。西洋の重騎兵のように近距離で射撃してから乗崩しをしたのかな・・・?

Aベストアンサー

騎馬侍が銃を装備していたとしても、後年の騎兵隊のような統一行動はとらなかったと思います。
当時の騎馬侍は士分であり、1騎につき数名の取り巻きがいました。それは馬の口取りであったり鎧持ちだったり槍持ちだったり鉄砲持ちだったり中間だったりします。彼らは戦闘中は主人の護衛を勤めて戦闘の補助役を務めていますから、彼らを置き去りにして騎馬侍だけが突っ走るという事も基本的にはありえません。彼らを置き去りにしたら銃や槍なしで戦う事になってしまいますから。戦国時代の戦闘が下馬して行われたかは別にして、いずれにせよ一般的には徒歩の速度で従者を従えたまま騎馬侍は戦闘します。
従って馬上筒は槍と同様に従者が持って、必要に応じて装填済みの銃を渡し、撃ち終わったら従者に渡して槍を受け取り、従者はその間に装填作業をするといった形が一般的であったのではないかと思います。なので騎馬侍が統一行動をとって一斉射撃するとかいう事はありえず、各自が状況に応じてバラバラに銃を使用していたのではないでしょうか。
伊達の騎馬鉄砲については、司馬氏の小説でしか読んだ事がないのでよくわかりません。そのようなものがあったとしてもごく特殊な例であって他家にそれに類する物があったとは思えません。
実際の射撃が馬上から行われたかについてもわかりませんが、停止した馬上から射撃したり下馬した状態で射撃するのが一般的であったと聞いた事がありますが、それが妥当だと思います。当時の馬上筒は拳銃のように小型の物ではなく騎兵銃のような普通の小銃の短縮型ですから、馬上での扱いは難しかったろうと思います。また命中を期待できる近距離では、連射ができない当時の銃では一発撃ったら槍に持ち替える事もできず戦闘力を失ってしまいます。
ただし、馬で走りながら射撃する例が皆無だったとも思えません。もともと東洋では騎射が伝統的な戦闘法ですから、弓の代わりに鉄砲を使うという発想はごく自然です。

騎馬侍が銃を装備していたとしても、後年の騎兵隊のような統一行動はとらなかったと思います。
当時の騎馬侍は士分であり、1騎につき数名の取り巻きがいました。それは馬の口取りであったり鎧持ちだったり槍持ちだったり鉄砲持ちだったり中間だったりします。彼らは戦闘中は主人の護衛を勤めて戦闘の補助役を務めていますから、彼らを置き去りにして騎馬侍だけが突っ走るという事も基本的にはありえません。彼らを置き去りにしたら銃や槍なしで戦う事になってしまいますから。戦国時代の戦闘が下馬して行われた...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報