パチンコ店のほとんどは遠隔操作が出来ると思うのですが、もし電圧を上げて出しているのならパチンコなら24Vから何Vに上げているのですか。また電圧じゃなくて外部入力端子を使い、出したり出さなかったりしている場合、外部入力端子から何ボルトの電圧を流しているのですか。
パチスロの場合半分は電圧制御の店とそうではなく、呼び出しランプ系統でホールコンピュター制御の店があるんですが後者の事を教えて下さい。外部端子からどの程度の電気を流しているんか知りたいです。前者の場合スライダック等で実験済みなのでKOです。
パチンコは入賞した時のタイミングです等の回答はゴメンナサイ   またホール設計に関わっている弱電屋さんのコメントを期待しています。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (2件)

遠隔操作は違法なはずです。



台の上に球の送り加減を調節するものがあるのは知っていますが、それで入賞率を加減しているみたいです。

まあ馬鹿を相手にした馬鹿げた商売ですから、パチンコするから貧乏になる、それでもやめられない、こんな人が多い商売です。
    • good
    • 0

yuutarouさんこんにちは。


 パチンコ台の入力電圧、交流24Vは、商用の交流100Vから固定巻きのトランスを用いて降圧しています。100Vは公称ですから、+10%のアップはあると思われます。従って、最高で26.4Vまで上昇する可能性はあります。ただし、固定巻きのトランスですから電圧の増減は負荷の急激な増減(稼働台数増減)に依存するのであって、ホールが恣意的に操作できるものではありません。また、公称電圧の保証値を(+10%)越えると台内の整流回路を破損するおそれがあるため、ホール側も電圧を上げるなどという操作は行わないと思いますが・・・。また、玉打ち機が前記電圧変動の若干の影響を受けることは考えられますが、大当たり発生機構(組み込みソフトウェア)に影響が出ることはありません。
 また、パチンコ台本体の遠隔操作はできません。台からは玉の入賞と払い出しの個数と大当たりの発生を無電圧接点、あるいはオープンコレクタなどの半導体接点信号で出力するのみです。最近では、この信号をコンピュータで一括処理できる業務管理ソフトがあり、逐一情報が収集されます。このシステムは遠隔操作システムではありませんが、勘違いされる方も多いようです。もし、外部入力端子が存在するのであれば、違法な台ではないでしょうか。このような台は、最近のホールではむしろ好まれません。つまり、ホールが被害者ということも多いようです(まれにホールぐるみということもあるようですが(汗))。もし、外部入力端子がある台をお持ちでしたら、ホール設置時に何者かによって改造された台の可能性があります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ