清水義範氏の短編で、Snow Country という、いわゆる「雪国」を翻訳(誤訳)する高校生が主人公の話があるのですが、この題名をご存じの方はいらっしゃいませんでしょうか。またどの短編集に収録されているかご存じでしたら、お教えいただけないでしょうか。よろしくお願い致します。

A 回答 (2件)

「スノー・カントリー」は、角川文庫の『江勢物語』に収録されています。



http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4041804 …

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4041804 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わぁ、ありがとうございました!! たちどころに分かって嬉しいです。送って良かった「教えて!goo」!!!
まさに 私の fine day ですぅ。(^^)

お礼日時:2003/10/26 01:09

「江勢物語」だったような…


記憶が曖昧ですみません、自信ナシです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

buritora さん、ありがとうございました!!buritoraさんの記憶は確かだったようです。すごい! これでぐっすり眠れます。

お礼日時:2003/10/26 01:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q雪国のFR

雪国でFR車は厳しいでしょうか?
RX-8は前後重量が50:50と聞いたのですが、それでも厳しいでしょうか?
ボルボ社は雪国の会社であるにもかかわらず、4WDは作らなかったと聞いたのですが、それから考えると結構大丈夫なんですか?

Aベストアンサー

「神経を使います」でしょうね。
グリップ自体は、前輪に集中するFFよりもハンドルとトラクションが分かれるFRの方が有利なはずですし。FFが良いのは空転しても姿勢を乱しにくい(というかほぼ乱さない)という点だけです。
私自身はFFに乗っていて、それで良かったなあと思いましたが、友人達でFRに乗っていた者はけっこう居ましたよ。時代もありますが、シルビア、180SXとかハヤリでしたし、ロードスターやRX-7、カプチーノなんてのも。

ほぼ例外なくトランクに砂袋やブロック積んでました。それでも簡単にお尻振ってましたから重量配分50:50では不足のようです。でも上り坂はさすが強かったですよ。
車高に関してはノーマル車高・純正エアロなら問題ないです。除雪車状態は車高を下げた車だとあり得るかもしれませんが、ノーマル状態であればスポーツカーとでもまず大丈夫です。

ボルボの本社のあるスウェーデンですが、聞きかじった知識によると、気温が低すぎるおかげでタイヤが乗っても路面の氷が溶けない=車が氷の上でもほとんど滑らない だそうです。季節にもよると思うんで、どこまで信じていいのかわかりませんけどね。

「神経を使います」でしょうね。
グリップ自体は、前輪に集中するFFよりもハンドルとトラクションが分かれるFRの方が有利なはずですし。FFが良いのは空転しても姿勢を乱しにくい(というかほぼ乱さない)という点だけです。
私自身はFFに乗っていて、それで良かったなあと思いましたが、友人達でFRに乗っていた者はけっこう居ましたよ。時代もありますが、シルビア、180SXとかハヤリでしたし、ロードスターやRX-7、カプチーノなんてのも。

ほぼ例外なくトランクに砂袋やブロック積んでました。それでも簡単...続きを読む

Q岩波文庫から出ているトーマス・マンの短編集『トオマス・マン短編集』のな

岩波文庫から出ているトーマス・マンの短編集『トオマス・マン短編集』のなかの「幸福の意志」という短編があるのですが、その冒頭に、

彼地で家柄のよい土着の娘と結婚してから…

というくだりがあるのですが、この「彼地」はどう読むのでしょう?また、どういう意味なのでしょう?

Aベストアンサー

「かのち」と読みます。
「彼地」を「あの地(国、地方、都市、町など)」と読み変えてもほぼ同じ意味です。この場合は南アメリカのことを差していますね。
 遠いところや、名前は知っているけど行ったことはない場所などを指しているニュアンスがあります。

Q雪国で、トンネルを抜けたのは、誰が、あるい何が、ですか?

<国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。>
ご存じ、雪国の冒頭です。
トンネルを抜けたのは、誰が、あるい何が、ですか?

Aベストアンサー

省略されているのは、
「(汽車に乗った)島村が」
あるいは、
「(島村の乗った)汽車が」
どちらか、ということですね。
なかなか難しいですが、後に続いている文を含めて検討してみます。

【 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向こう側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。】

この文脈からすると、「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。」という冒頭部分は、島村の視点で客観的に見たり感じたりした光景であると考えていいような気がします。
よって、わたしとしては、『(汽車が)国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。』という意味に解釈したいと思います。

Q物語を作っていただけますか?

物語を作っていただけますか?

条件

主人公一人
主人公男
ライバル二人
ライバル男
出来事が起こる
短目

でお願いします

どうかよろしくお願いします

Aベストアンサー

主人公=A男 ライバル1=B王子 ライバル2=C王子
3人が思いを寄せる女性=王女 その他=魔女

外見も心根も美しい王女には、幼い頃からB王子という身分の高い婚約者がいました。
豊かな隣国のC王子は、自分こそ王女にふさわしいと思い、
山のようなプレゼントをしましたが、王女は振り向くことはありませんでした。

A男は宮殿につとめる庭師でした。A男も王女を愛していましたが、
B王子やC王子のように身分もお金もなく、なにも出来ることはありませんでした。
ただただ、心の底から王女が好きでした。

ある日、王女の美しさを妬んだ魔女が、王女を醜いガマガエルの姿に変えてしまいました。
婚約者のB王子はなんとか彼女を元の姿に戻したいと考え、毎日、ガマガエルに愛の言葉を囁きました。
隣国のC王子は、お金の力で解決出来ないかと考え、名医や高名な呪い師を雇いました。
しかし、2人とも王女を元の姿に戻すことは出来ず、ついには諦めました。

ガマガエルの姿のまま取り残された王女の世話を、A男は毎日続けました。
ガマガエルが虫を好んで食べたので、苦手な虫取りも頑張りました。
ガマガエルは世話をしてくれるA男になつきましたが、王女の姿には戻りませんでした。

ある日、魔女がA男のところにやって来て、王女を元に戻す方法を教えてくれました。
それは、ガマガエルが涙を流せば、元の姿に戻れるというものでした。
ガマガエルは、魔女の言葉が理解できたかどうかは判りませんが、一緒に聞いていました。

それから、A男は必死でガマガエルに涙を流させようとしました。
叩いたり、つねったり、大好物の虫を与えなかったり・・・。
しかし、どうしても、ガマガエルは涙を流しません。

ある日、A男は「世話をする自分が死んだらガマガエルは泣くかもしれない」と思いつきました。
そして、ガマガエルの目の前で自ら死にました。
ガマガエルは突然のことにびっくりして、大粒の涙を流し王女の姿に戻りました。
王女は泣きながら、死んでしまったA男に呟きました。
「A男さん、私は人間の姿に戻りたくはありませんでした。
王女の姿に戻れば、B王子かC王子と結婚をさせられるでしょう。
私はガマガエルのまま、いつまでもあなたと暮らしたかったのです」

※すみません。いろんな童話をパクって、継ぎ接ぎしてます(笑)

主人公=A男 ライバル1=B王子 ライバル2=C王子
3人が思いを寄せる女性=王女 その他=魔女

外見も心根も美しい王女には、幼い頃からB王子という身分の高い婚約者がいました。
豊かな隣国のC王子は、自分こそ王女にふさわしいと思い、
山のようなプレゼントをしましたが、王女は振り向くことはありませんでした。

A男は宮殿につとめる庭師でした。A男も王女を愛していましたが、
B王子やC王子のように身分もお金もなく、なにも出来ることはありませんでした。
ただただ、心の底から王女が好きで...続きを読む

Q雪国での走行でヘッドライトお勧めありますか質問お願いします。車のヘッドライト右側が切れました。

雪国での走行でヘッドライトお勧めありますか

質問お願いします。
車のヘッドライト右側が切れました。
車はムーヴL910Sです。
雪国に住んでおり、吹雪くと早朝もライトをつけます。
現在は中古で買った時の純正ライトですがもう少し明るくしたいです。
オートバックスかダイハツでつけてもらう予定ですが、明るいライトお勧めありませんか。
同じ雪国に住んでる方からもご解答お待ちしてます

Aベストアンサー

普通に純正の素のハロゲン球がお勧めです。(小糸の汎用補修部品等)
社外のHIDとかは光軸がまともに出ないため、他車の迷惑にならないように調整するとまともに照らしません。
純正品なら配光がきちんとしていますのでちゃんと照らしてくれます。

年式的にヘッドライトの曇りが心配、ということであれば磨いて再コーティングしてくれる業者があちこちにあります。
そちらもご検討ください。

雪対策だと比較的下の方にイエローのフォグライトをつけると路面の凹凸とか見やすくなります。
自分は(スバルの軽ワンボックスですが)昔のランクルの中古品をあちこち加工して取り付けてあります。
L910の後期?だとウインカーがややこしいところにあるので大変ですが、フォグの方の交換というのもアリだと思います。

Q直していただけませんか。よろしくお願いいたします。

日本語を勉強している学生です。今論文を書いています。次は私が自分で書いたものですが日本語として間違えたところがあったら直していただきたいと思いますけどよろしくおねがいいたします。
論文要旨

樋口一葉(1872~1896)は、明冶時期の有名な女流作家であった。一葉は東京府下級官吏の家庭で生まれて、家族が中途で没落して、24歳という若さで亡くなりました。彼女は幼時から、文学がすきであったが生活の重圧に追い詰められて、生活と文学、現実と夢の矛盾に陥っていた。
本論文ではまず「未熟な作家」「生活第一という現実的な生活意識の芽生え」「立身出世の夢」という三つの方面から一葉の生活経歴及び現実的な生活意識の形成と成熟の過程を描きたいと思う。それから一葉の後期の代表作品「たけくらべ」「にごりえ」の分析を通じて彼女の生活第一という現実的な生活意識を述べてみようと思う。この二つの作品は前期の作品と比較すると大きな変化があったのである。それらが現実生活の問題を題材とし、社会意識をひらめかせた作風となっていって、明治文学を代表する傑作として日本文壇で確実な位置を占めている。ここで「たけくらべ」、「にごりえ」という二作を分析して、作家の現実的な表現手法、作品の内容を通じて、一葉の生活意識の変化と風格に注目する。

日本語を勉強している学生です。今論文を書いています。次は私が自分で書いたものですが日本語として間違えたところがあったら直していただきたいと思いますけどよろしくおねがいいたします。
論文要旨

樋口一葉(1872~1896)は、明冶時期の有名な女流作家であった。一葉は東京府下級官吏の家庭で生まれて、家族が中途で没落して、24歳という若さで亡くなりました。彼女は幼時から、文学がすきであったが生活の重圧に追い詰められて、生活と文学、現実と夢の矛盾に陥っていた。
本論文ではまず「未熟な作...続きを読む

Aベストアンサー

私が読んでいて引っかかるところ。
>家族が中途で没落して


>幼時
幼少のころから

>矛盾に陥っていた
何が矛盾なのか不明

>描きたいと思う。
述べる。

>大きな変化があったのである。
大きな変化がある。


>~思う
このような書き方はよくないと思う(^^

ちょっと目についたところを書いて見ました。

Q雪国のほたる

雪国のほたる

雪国では冬が来る前に飛ぶ、雪ボタルという虫はどのような虫ですか??

Aベストアンサー

雪虫と呼んでいます。

こんな虫です。

http://miyanooka1.sakura.ne.jp/eieaeyukimushiai.html

Qまた校正していただけませんか。よろしくお願いいたします。

日本語を勉強している学生です。今論文をかいています。次の文を日本語として校正してほしいと思います。よろしくお願いいたします。
樋口一葉は、日本の女流作家の中で紫式部と並んで最も高い名声を確保しているといっても過言ではない。一葉は東京府下級官吏の家庭で生まれた。もともと士族の娘の誇りを持っていたが、家庭が中途で没落して、母と妹の三人で24歳という若さで死ぬまで貧困と戦っていた。
彼女は文学がすぎであって、作家になりたがりながら、生活の重圧に追い詰められた。生活と文学、現実と夢の矛盾に陥っていた。一葉は作家としての文芸の高雅性を認めつつも、つねに生活意識が先立っていた人だと私は思う。特に家庭が没落して窮困の境遇に置かれた後期、<生活第一、文学第二>の傾向が強くなったのである。
つぎに生活意識の変化と「たけくらべ」「にごりえ」という二つの作品からうかがえる一葉の生活意識という二つの方面から彼女の<一切が生存を前提に>という生活意識と理想にかじりつつけて、放棄しないという堅持を論述してみようと思う。

Aベストアンサー

先の質問にもアドバイスした者です。
重なる部分もありますが、あえて書かせてもらいます。

>下級官吏の家庭で生まれた
 →下級官吏の家庭に生まれた

>もともと士族の娘の誇りを持っていたが
 →士族の娘の誇りを持っていたが

>家庭が中途で没落して
 →家が没落して

>母と妹の三人で24歳という若さで死ぬまで貧困と戦っていた。
 →24歳という若さで死ぬまで母と妹の三人で貧困と戦っていた。

>文学がすぎであって
 →文学に傾倒し

>作家になりたがりながら
 →作家を目指していたが

>現実と夢の矛盾に陥っていた。
 →現実と夢の差異に苦しんでいた。

>作家としての
 →作家として

>家庭が没落して窮困の境遇に置かれた後期
 →家が没落して経済的に困窮していた後期

>理想にかじりつつけて
 →理想にこだわり続けて

Q雪国だけど2WDを選んでいる理由!

軽の新車購入で2WDを考えています。
(かなりの雪国在住です)
理由はやはり価格です、2WDと4WDで9万ほど違いますので。

雪国で2WDと4WDどちらが?という質問をすれば
4WDという回答が大勢を占めるであろう事もわかります。

更に下取りの時4WDの方が有利なのもわかっていますが
数年後の下取り価格より今幾ら払うかが重要です。

大体2WDで腹は決まっているのですが
雪国在住だけどずっと2WDに乗っている
2WDで充分、4WDから2WDに乗り換えた!など
後押ししてくれる意見を待っています(笑

Aベストアンサー

青森で以前FR(ローレル)→4WD(レガシィ)→FF(プレオ)に乗っていた者です。

結論からいうと、常識的な安全運転をしている限り、2WDでじゅうぶんだとおもいます。

ただ、坂道発進、轍、道路の除雪が悪い(大雪が降っても対応できない等)地域では4WDをお勧めします。

万が一スタックした場合の脱出は4WDのほうがいいですが、FFでもスコップとスノーヘルパーなどの道具と、体力があれば何とかなりますし。

グリップ力に不安があれば、カー用品店でスタッドレスタイヤに打つスパイクピン(合法)等も売っています。

下の方が言っている、スタッドレス+チェーンはタイヤをいためることがあると私は聞いたことがあるのでディラーや購入店にきいてみては(間違っていたらごめんなさい)。

私はABSはあったほうがいいと思います。実際、下り坂の橋の信号で止まるさい、10kmぐらいで減速していたところタイヤがロックし、前の車にオカマを掘りそうになったところABSのおかげで回避することができました。

重要なのは、4WDでも2WDでも雪道ではスピードを出さないことです。

青森で以前FR(ローレル)→4WD(レガシィ)→FF(プレオ)に乗っていた者です。

結論からいうと、常識的な安全運転をしている限り、2WDでじゅうぶんだとおもいます。

ただ、坂道発進、轍、道路の除雪が悪い(大雪が降っても対応できない等)地域では4WDをお勧めします。

万が一スタックした場合の脱出は4WDのほうがいいですが、FFでもスコップとスノーヘルパーなどの道具と、体力があれば何とかなりますし。

グリップ力に不安があれば、カー用品店でスタッドレスタイヤに打つスパイ...続きを読む

Qおしえていただけませんか。よろしくお願いいたします。

二月四日ごろと言えば、まだ寒いさかりである。寒いさかりに立春だと言って、春の到来を感じ取るということは、これからの若い人たちには、もうすでに困難になってきたかもしれない。私たちでも、小学読本で「三月、四月、五月を春という」と習っていたし、温暖の季節を春というのだとすれば、それはそのとおりに違いないのである。はじめて歳時記を読んだとき、立春から春だという約束は、ずいぶん日本人らしい気の早さだと思ったものだ。だが寒いさなかを春だと言って気持ちをやすめることを、私は今では納得したい気持ちである。冬という季節が長すぎるのは、どうにもやりきれないのである
質問(1) 「立春から春だという約束は、ずいぶん日本人らしい気の早さだと思ったものだ。」このセンテンスの意味は私にとってちょっと難しくて理解しにくいです。ご存知の日本人に詳しく説明してほしいです。
質問(2) 「だが寒いさなかを春だと言って気持ちをやすめることを、私は今では納得したい気持ちである。」というセンテンスの意味は詳しく説明してくださいませんか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

外国の方でしょうか?

(1)
前後の文章に理由があるのかもしれませんが、この文の書き手はどうやら『日本人は気が早い』という認識を持っているようです
『気が早い』というのは、『物事を急いで実行しようとしがちな性格だ』という意味です
『立春から春だという約束』というのは日本の伝統的な定型詩の『俳句』のルールのひとつのことです
『歳時記』というのは俳句で使える季語のリストです
俳句では季節ごとに使える季語が決まっていて、それぞれの季節の始まる日が、立春、立夏、立秋、立冬と定められているのです
日本では130年ほど前までは太陰暦(旧暦)を採用していて、一年は立春から始まっていました
年の変わり目に季節も変わるわけですから、それなりに合理的だったわけですが、
太陽暦が採用された現代では欧米圏の慣習に合わせたのか、3月から5月を春と呼ぶのが日本でも一般化していますので、その視点から見ると『2月(旧暦の正月)から春』とする歳時記は『気が早い』ということになるわけです

(2)
書き手はどうやら冬が嫌いになったようです
当初は歳時記の『気の早さ』の理由を日本人の性質によるものだと思っていたのが、自分が冬嫌いになってみると、昔の人たちも言葉の上だけでも冬を早く終わらせたくて春を早く始めることにしたのではないかと思うようになった(そしてその昔の人たちの判断に自分も賛成したい)、ということだと思います

外国の方でしょうか?

(1)
前後の文章に理由があるのかもしれませんが、この文の書き手はどうやら『日本人は気が早い』という認識を持っているようです
『気が早い』というのは、『物事を急いで実行しようとしがちな性格だ』という意味です
『立春から春だという約束』というのは日本の伝統的な定型詩の『俳句』のルールのひとつのことです
『歳時記』というのは俳句で使える季語のリストです
俳句では季節ごとに使える季語が決まっていて、それぞれの季節の始まる日が、立春、立夏、立秋、立冬と定められ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報