先日の閣僚への記者会見を見ていて思いました。
すべての閣僚に対して、「公式参拝」についての質問をしている記者がいましたが,その質問がそれほどに重要なことなのでしょうか?
私自身、詳しい時代背景についてはわかりませんが、あの記者会見を見る限り,靖国神社参拝についての見識は,閣僚にとってかなり重要な問題なのかなぁと思いました.
これについて,詳しくご存知の方、教えてください

A 回答 (7件)

当然の疑問ですね。


どこの国にも国に命を捧げた人(軍人)を祭る記念碑があります。通常の国は信教の自由を憲法に謳っているので、記念碑は宗教と関係ありません。従って記念日には国のトップ(大統領、元首、首相など)が出席し、国旗を掲揚し、国歌を演奏し出席者は国歌を歌います。日本のトップも同じことをしたいわけです。

問題は
1)靖国神社が無宗教でないこと(憲法で国家は特定の宗教の活動に関与できな   い)靖国神社は神道の神社です。
2)祭られている人々は国に命を捧げた人々でしたが、第二次世界大戦に日本が
  敗れた結果、当時の指導者たちが裁判にかけられ死刑を執行され、現在靖国神  社に祭られています。その経緯については詳しく知りませんが、戦勝国から
  戦争の重罪犯人と判定されても、日本国から見れば国に命を捧げた人々と認め  られたのでしょう。当然違う考え方の人もいるので、戦後から今日まで論争が
  続いています。中国等も日本政府の方針に注目しているので、外交課題となり
  日本の政党間で政治問題ともなるわけです。
3)解決策としては
  外国政府の意向を気にする必要はないという意見も多いわけですが、日本国憲  法が宗教行事に国家が関与することを禁止している以上、誰が首相になっても
  参拝は暴挙です。靖国神社と並行して、純粋な記念碑を作り、国民全体が気の  向くままに参拝出来るようにすれば良いと思います。現実的ではありませんが
  神道は縄文時代いらいの日本の原始宗教であり、憲法に抵触するものではない  と法的に宗教団体と認めないことにすれば、靖国神社参拝問題がなくなりま   す。
    • good
    • 0

「大臣~!朝日新聞ですが~!


小泉首相が靖国神社への公式参拝を明言されていますが
どうお考えになりますか?
また大臣自身は参拝をなさいますか?
その理由もお答え下さい。」×16

まるでドリフを観ているような錯覚を受けましたね。
繰り返しのギャグというやつでしょうか。

あれはあくまでも「朝日にとって」は大事なことです。他紙は経済問題、外交問題、もっと現実性・緊急性のある質問をされていたでしょう。
ちょっとでも失言があったら鬼の首をとったのごとく騒ぎ立てる朝日のことですから、大臣の方々は言質を悪く取られないようにオブラートに包んで包んで丁寧に返答されていましたが、死者の魂を踏み絵のようにして扱う朝日の見識はどうしようもありませんな。
    • good
    • 0

公式参拝については、戦争責任云々以前に憲法にまつわる法的問題が絡んで来ます


即ち、日本国憲法では政府が特定の宗教を保護する事を認めていません。
然るに政府の代表である内閣総理大臣が『公人として』靖国神社に参拝することは、『日本政府が靖国神社を保護している』と解釈されてしまうのです。
閣僚や国会議員の公式参拝が問題視されるのは本来はこちらが理由の筈なのに、太平洋戦争を絡めた政治問題化されてしまっているのが現状ですが。
    • good
    • 0

靖国神社の成り立ちをお調べになればいいと思います。

戦前は兵隊として,国家のために死ねば,靖国神社に祭られるということで教育されていたのです。その時に,キリスト教、仏教、などの宗派の人もすべての靖国神社に祭られる事ですから,それらの方は困ったでしょうね。まあ,日本人は,欧米のように宗教にあまりこだわらない人が多いのでそれほどでもないでしょうが。歌「九段の母」をご存知ですか,九段は靖国神社が九段にあるので,靖国神社のことを表しています。戦後政治と宗教が分離されて,靖国神社は国家神道の代表格として見られていましたので,そのために政府は戦没者の慰霊碑が,宗教とは関係がないように,建立されて,いまも慰霊を政府もしているはずですが,どうも,それになじまないように感じます。慰霊碑は戦後ですから,兵士の遺族の中には,慰霊碑には納得されていない方もあるようです。当然だと思います,そのように国家(軍かも知れないが。)が教育してきたのですから。戦前のようなことになることを連想してしまうのです。政教分離か,政教一致が良いかは。いい例がアフガンのタリバ-ンやイランがあります。 良し悪しはご自分で判断してください。ただ日本のために一般の兵士は侵略とは思っていません-国を守るためーに戦って死んだのです。その人達の犠牲で今日の日本があります。だから、戦前のいきさつで「靖国神社」になるのです。年配の方には,兵士でなくなられた方もいるので,その思いが強いのです。もっと政府の慰霊碑を大切にすべきと思いますが,そのために靖国神社から,御霊を移すことで解決することもありと思うのですが。しかし無理でしょうね。他の解決方法はに靖国神社の近くに宗教とは関係のない慰霊碑を建てれば,何とかなったようにも思いますが。 
    • good
    • 0

戦前は、神道思想をベースとした国粋主義が台頭しました。


国を大切に思うことは国家の繁栄には大事な事です。
でも、戦前の政治・軍事の指導者は、国民の国を思う心を悪用する形で、対外的に
侵略行為を繰り返したのです。
従って、靖国神社参拝は日本にとっては自らの命をなげうってまで国家のために
尽くした英霊を祭る場であっても、近隣アジア諸国にとっては、日本の帝国主義
を象徴する場、侵略行為を正当化する象徴となってしまいました。

個人的には、参拝してもしなくても、どちらも問題だと思います。
    • good
    • 0

靖国神社公式参拝への賛否を聞くことは、その人の戦争責任についての史観を問うていると言えます。


”賛成の人”イコール”「あの戦争は侵略ではなかった」「南京大虐殺はでっちあげだ」みたいな発言をする方の人”というような解釈がなされます。
左派からすれば「けしからん奴だ」となり、今後叩いてやろうと身構えますし、右派の人からは「よしよし、いいぞ」と思われる、と。
まあ、そこまでうがった見方でなくても、それぞれの閣僚が先の戦争に対してどのような立場を取っているかというのは、
アジア諸国との関係などもありますし、結構一般の国民にとっても関心のある事項じゃないかな、と思います。

また閣僚にとって重要な点としては、大きな自民党の支持団体(=集票マシーン)である日本遺族会などに対して、賛成を明言することで忠誠を誓う、というか。

閣僚の公式参拝問題に関する経緯については、下記のURLで詳しく載っています。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/tyuukiren/web-site/ou_izo …
    • good
    • 0

詳しいことは解りませんか、私個人の考えでよければ!


靖国神社は戦死した方を神として祭ってある処と解釈しています.
そのために、ひとつは戦争を肯定しているのではないかと言うことで革新系の方々や戦争で親、兄弟、親族等を亡くされた方々の戦争アレルギーによる反対.
もうひとつは政治と信仰の分離に反しているのではないかと言うことだと思います.
然し私個人としてはそんな面倒な理屈なんかいらない.
戦争は絶対にしてはいけないし、又今後も戦争に荷担してはいけないが、現在靖国に祭られている方々は戦争というよりは国のため,国民のためということで犠牲になった方々ですから,国民や国の責任者の方々は感謝を込めて、また戦争の反省を込めて参拝するのは当然と考えております。よその国でも軍人墓地や戦争犠牲者の墓地などは国や地方行政などで管理されているのではないでしょうか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q靖国神社参拝

阿部総理が靖国神社を参拝し、大きな波紋が広がっていますが、何がいけないのでしょうか?
簡単に言えば、自分たちの祖先を殺した戦犯者に対し、国の代表が手を合わせるというのが気に入らないということでしょうか?

出来れば簡単にではなく、より詳しく説明していただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

今日は。
社会党(現社民党)からA級戦犯の恩赦の案が出されて全会一致で戦犯問題は解決していますね、その時中韓は何も言いませんでした。
中韓もアメリカ、EU、ロシア、オーストラリアも参拝することに何の意見も持っていないと思います、中韓はカードになるから使っているだけでアメリカは中国との外交の邪魔をしてほしくないから遺憾の意と言うだけですね、あまり刺激して邪魔するなよということですね。
米中関係が上手く行けば消える問題ですね、他の国も対中国との関係に影響するからやめろと言っているんですね。
米中が上手く行く様になった時に取り残された韓国がどうするのかなと思いますね。

Q靖国神社参拝

韓国、中国、日本の外交語る上ではずせないことです。
靖国神社には太平洋戦争で泣くなった方、戦犯が一緒に祀られてることに納得できないと問題になってますが、どうして納得できなのでしょうか?宗教からの理由でしょうか?
それと、太平洋戦争は日本が征服しようとしてしかけた戦争であってますでしょうか?

Aベストアンサー

まず現在日本に戦犯は存在していません。
サンフランシスコ講和条約後、日本国民の圧倒的な支持の元、昭和受難者として名誉を回復されております。なので戦犯という呼称は彼等に対する侮辱とお考え下さい。
その彼らを裁いた東京裁判ですが、現在では裁判の名に価しない、戦勝国による私刑であったという認識が、戦勝国の間でも支持されております。

靖国は内政の問題で、外国が口を出すこと自体が内政干渉に当たります。なので、日本が相手にしなければ済むことなのですが。
中国・韓国はその政権の正当性を、侵略者である日本と戦ったことに置いています。(嘘ですが)
靖国にはそれを再認識させ、国家への求心力を維持できることと、日本を外敵とすることにより、国内の不満をそらす効果があります。それと、未だ自虐史観を振り切れない日本に対して、外交カードとして有効であるということです。
色々理由を付けていますが、本音はこんなところです。
宗教については、中国については、共産国が宗教を理由にできるわけがありません。韓国人には宗教観自体が希薄です。それでも日本を責められるなら何でも使うでしょうが。


>太平洋戦争は日本が征服しようとしてしかけた戦争か?
太平洋戦争は、日中と日米に分ける必要があります。
最初に以下のことを認識してください。

1:当時は戦争は犯罪でも悪いことでもない。

2:侵略戦争は一応国際法で禁止の方向になりつつあったが、実質機能していない。
侵略の定義が曖昧でどうにでも解釈できた。なので「我が国は侵略している」と言わなければ、侵略と断定できなかったり、他国の都合で侵略国と決め付けられる怖れもあるようなザル法だった。

3:中国は清が滅び、軍閥による内乱状態で、条約を結んでも守られる保証は無い。(実際そうだった)

4:ソ連は朝鮮をあきらめたとは言えず、脅威は存在していた。

5:アメリカは日露戦争以後、将来アジアの利権を巡って日本と対立することを予測し、オレンジプランによる日本の弱体・植民地化を計画していた。

6:アメリカは対ドイツ戦への参加を英国より要請されていたが、世論が支持しなかった。しかしドイツの同盟国の日本と戦争になれば可能になる。

7:アメリカは日本と交戦中の中国に軍事支援をしており、この時点で日本と戦争状態にあったといえる、なので日本が仕掛けた真珠湾攻撃から太平洋戦争が始まったというのは誤りであるという説もある。


朝鮮併合は、朝鮮の願いから出たことで、当時どこの国からも非難されておらず、むしろ感謝されています。
その後、中国・ソ連は朝鮮国境付近で挑発を行い、満州はこれを守る為の緩衝地帯として建国されたものです。(軍の独走はありましたし、結果として、発展させてしまいましたが)
それでも、中国の挑発・侵入は止まず、本拠地を叩く必要から、奥地へ軍を進めました。これはアメリカが裏で中国に支援をしていたからです。(以上の詳細は説明するとかなり長くなります)

これらを国際社会は「侵略」とし、アメリカが日本に経済制裁を行た結果、太平洋戦争に発展します。

以上から、
納得できない理由
納得できないという名目で、別の目的を達成しようとしているだけです。

日本は征服目的で戦争をしたか
違います。アメリカが、自国の都合で日本に仕掛けさせた戦争です。

あんな遠くて広い国土を占領統治できるなどと考えてはいません。
まず「戦争」=「自国の目的を、武力で他国に認めさせる手段」
で、外交の一手段とさえ言えます。
そして「戦争における勝利」=「目的を達成すること」です。
これは、講和条約で認めさせれば良いことなので、相手国の占領・国家体制の破壊は絶対条件ではありません。
日本の対米戦争での目的は、対中戦争への不干渉・資源の確保です。
手段は、初戦で大打撃を与え、継戦能力・戦意を削ぎ前述の条件で講和することです。(出来ませんでしたが)

http://www.youtube.com/watch?v=grFZiNaNVds

まず現在日本に戦犯は存在していません。
サンフランシスコ講和条約後、日本国民の圧倒的な支持の元、昭和受難者として名誉を回復されております。なので戦犯という呼称は彼等に対する侮辱とお考え下さい。
その彼らを裁いた東京裁判ですが、現在では裁判の名に価しない、戦勝国による私刑であったという認識が、戦勝国の間でも支持されております。

靖国は内政の問題で、外国が口を出すこと自体が内政干渉に当たります。なので、日本が相手にしなければ済むことなのですが。
中国・韓国はその政権の正当性...続きを読む

Q靖国神社と首相などの公式参拝

ドイツの戦争指導者であったナチスとヒットラーは戦後、ドイツ国内法に寄って非合法化されました。いまでは、彼らの特徴的だった敬礼法を公の場で真似することさえ、ドイツ国内法で罰せられるそうです。ヒットラーを祀る霊廟や神社等、ドイツにおいて存在しない。
一方、日本における戦争責任者、指導者として処刑された東条英機が合祀されている靖国神社は「ヒットラーの霊廟にシュレーダー首相が公式参拝する」に相当する、国際ルールの違反ではありませんか?

Aベストアンサー

この問題の根本にあるのは、死んだ人を神として祀るという習慣が日本にあるということを外国、特に中国や韓国がどれだけ理解しているかということです。
キリスト教やイスラム教の国では一神教であるがゆえにいかなる英雄でも神としては扱われません。
中国や韓国では関羽や李舜臣は英雄ですが、彼らの部下の一兵卒までも英雄として祀られてはいませんし、神そのものという扱いは関羽や李舜臣とて受けていません(関羽は皇帝の称号は贈られて関帝廟に祀られてますが)。
これに対して日本にはもともと八百万の神々というくらいで多神教である上に怨霊信仰の影響で、英雄だけでなく非業の死を遂げた敗者も神として祀られ大事にされます。それらには吉田松陰や菅原道真など、いくらでも例があります。
中国人や韓国人が靖国に反感を露にするのは、こうした日本人の習慣を知らないために、戦争責任者や戦争で悪いことをした奴らを神として祀るとは何事だ、全然反省していない、と思うからではないでしょうか。
戦争責任の一端が日本にもあることを認めた上で、これらの習慣をマスコミやホームページを通じて、一般国民に知らせたり、中国側や韓国側も歴史的に日本に悪いことをやってきたことがないわけじゃないと主張することが大事だと思います。

この問題の根本にあるのは、死んだ人を神として祀るという習慣が日本にあるということを外国、特に中国や韓国がどれだけ理解しているかということです。
キリスト教やイスラム教の国では一神教であるがゆえにいかなる英雄でも神としては扱われません。
中国や韓国では関羽や李舜臣は英雄ですが、彼らの部下の一兵卒までも英雄として祀られてはいませんし、神そのものという扱いは関羽や李舜臣とて受けていません(関羽は皇帝の称号は贈られて関帝廟に祀られてますが)。
これに対して日本にはもともと八百万の...続きを読む

Q○靖国神社参拝、日本と中国・朝鮮半島との思いの違い

『質問』
 中国・朝鮮半島の方々(主に政治家)が、日本の政治家の靖国参拝に対して遺憾の意を表しています。
 中国・朝鮮半島の方々にとっての靖国神社と、日本人から見た靖国神社に対する思い入れの違いは何なのでしょうか?

例えば、、、
 一神教の信者が信仰対象を汚す行いを知れば、当然怒ります。これは彼らの生き方や存在を否定されるようなモノなのだと思っています。
 靖国神社の場合は、どうなのでしょうか? 戦後の国交正常化を起点として、過去の過ちには水に流し、日本国民の一人である政治家の参拝も問題無いとするのか?
 それとも中国・朝鮮半島の方々の意志を重視して、政治家の参拝だけは止めるべきか?

【実際は、外交カードに使われるだけで、靖国参拝など、中国・朝鮮半島の方々は気にしていない?】

Aベストアンサー

韓国についてのみの回等です。

韓国政府が最近靖国などで日本に正面切って抗議するようになったのには、理由があります。

ご存知かとは思いますが、ノ・ムヒョン政権になってから、植民地時代に日本に協力した「親日派」を断罪する法律などもでき、長年に渡る日本との腐れ縁を断ち切る動きが進んでいます。

韓国では、日本の敗戦後も、植民地時代に日本に協力していた人物がそのまま権力の座についていました。(例えばパク・チョンヒ元大統領は日本の陸軍士官学校出身です。)
そんな時代には、国内で反日教育を行なっても、日本に直接文句をいうなんてことはできませんでした。
それが最近は、親日派がいなくなって日本とのしがらみがなくなったので、言えるようになっただけのことです。

以前は言いたくても言えなかった、というわけです。


靖国問題については、外交カードとして使われている側面があることは否定しません。
でも、「外交カード」だからと言って、一般の韓国人が靖国をどうでもいいと思っているわけではありません。

韓国人の中には、日本がまた韓国に攻めてくるのではないかと心配している人がたくさんいます。
もちろん韓国人の中でも世界情勢に通じた人ならば、そんなことはあり得ないとわかっています。
でも、心配している人を無知だと笑うわけにはいきません。
韓国人は、心配して当然の経験を直接間接にしているのですから。
それに、私が一番驚いたのは、日本に何年も留学した経験があるのにそんな心配をしている人がいたことです。
日本人の傲慢さや歴史に対する無知を目の当たりにし、「こんな日本人なら、また韓国に攻めて来てもおかしくない。」と心配をしているのです。
日本で暮らした人にまでそんな心配をされるなんて、悲しいことです。

いずれにせよ、そういう人たちは、靖国参拝をどうでもいいなどとは、決して思っていません。
彼らが靖国関係の事実を正確に理解しているかどうかは疑問ですが、政治家の靖国参拝の映像に不安を感じており、関心も大いにあります。

このような人たちの存在があるからこそ、靖国は「外交カード」として使われるのです。

韓国についてのみの回等です。

韓国政府が最近靖国などで日本に正面切って抗議するようになったのには、理由があります。

ご存知かとは思いますが、ノ・ムヒョン政権になってから、植民地時代に日本に協力した「親日派」を断罪する法律などもでき、長年に渡る日本との腐れ縁を断ち切る動きが進んでいます。

韓国では、日本の敗戦後も、植民地時代に日本に協力していた人物がそのまま権力の座についていました。(例えばパク・チョンヒ元大統領は日本の陸軍士官学校出身です。)
そんな時代には、国内で...続きを読む

Q日本史人物,松岡磐吉,知ってる事教えて下さい。史実に限らず,伝説的抽象的話もOK,

■「松岡磐吉」について、どんなことでもOK!ご存知の事教えて下さい。
但し、ネット検索「松岡磐吉 - Wikipedia」に記載されてる事を除きます。

■出身_韮山情報:「ズバリ本人情報」又は父,兄,など近親者,末裔の事,伝記,情報,関連図書,埋葬,寺,彼亡き後の松岡家は・・・などの地元の言い伝えなど,
■他に知ってることといえば、父の名前役職,彼が次男坊,辰の口牢獄_当初、荒井と共に1番房入牢(入牢中の経緯不明),朝陽轟沈の彼だけ獄死,ぐらいの知識しかありません。
■長崎海軍伝習所2期生、それでも生年月日は?卒業名簿で探すとかできないのでしょうか?年齢的に、榎本や,甲賀,荒井,沢などと比較して、「誰よりは、どうやら若いらしいという話を聞いたことがある」など曖昧系情報でもOKです。

Aベストアンサー

下記のサイトによると初めて沿海測量を実施した人のようです。

参考URL:http://www5a.biglobe.ne.jp/~kaempfer/mapsuv200/200nin/ma-gyou/ma-11.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報