こんにちは、初めまして。
早速なのですが、先日、学校で蛾を2種類見ました。
片方はオレンジ色で、ヤママユガあたりっぽかったのですが、すぐ飛び去ってしまったのでよく確認できませんでした。
もう片方は、小さくて、サツマニシキなどの蛾の形で、色は灰色(?)に白い模様でした。小さすぎて確認が難しかったですが・・・
少ない情報で本当に御免なさい。場所は大阪府茨木市です。
それでは。

A 回答 (1件)

既にチェック済かもしれませんが、以下の参考URLは参考になりますでしょうか?


「日本産蛾類ファイル」
http://www2.ask.ne.jp/~gen0759/jmoth.html
(日本の代表的な蛾類)
http://www.geocities.jp/ecoyanbaru/insect/satuma …
(サツマニシキ)

ご参考まで。

参考URL:http://www21.ocn.ne.jp/~k-yanagi/2-MOTHfile.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございますm(_ _)m
なんだかヒメネジロコヤガに似ているような感じがします。
オレンジ色のほうはヤママユあたりな感じがします。
本当にありがとうございました!

お礼日時:2003/11/01 23:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアレルギーの検査結果について

随分前から吐きそうな咳が続き、呼吸器科に行ったら咳喘息と診断を受け、アレルギーの血液検査を受けたところ、蛾だけが2クラスの数値がでました。非特異的IGEが基準値より高かった為、アレルギー体質で気管支が弱いと診断を受けました。

この病院にかかる以前に、アレルギー性結膜炎になり眼科に通い、そこでもアレルギーの検査を受けたのですが、その時はダニとハウスダストが擬陽性とでて、今回の検査では陰性とでたんです。

眼科では、ダニとハウスダストの可能性・・・呼吸器科では、蛾・・・といわれ、悩んでいます。
布団とか埃があるような場所でよく咳込むこともあるので、気をつけてはいますが・・・。検査結果がその時その時で違う事もあるのでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

特異的IgEのクラス判定は0-6まで
0_陰性
1_偽陽性
2-6_陽性
眼科と内科で検査した時期が異なるので偽陽性から陰性になる可能性はあります。
血中に抗体があっても局所にIgEと結合した免疫担当細胞(肥満細胞)がなければ症状はおきません。

自身は吸入性ではありませんが
食餌性のエビに対する特異的IgEが以前は陽性でしたが現在は陰性化しました。

Q朝窓辺で息絶えていた蛾です。初めて見た蛾なのですが 名前を教えてくださ

朝窓辺で息絶えていた蛾です。初めて見た蛾なのですが 名前を教えてください

Aベストアンサー

 メンガタスズメではないでしょうか。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%82%BF%E3%82%B9%E3%82%BA%E3%83%A1

Qハウスダストアレルギーについて教えて頂ければ幸いです

ホコリとダニとカビが五段階の5で
蛾も少しアレルギー有ります
花粉症関係は全く無く

(てっきり花粉症だと思ってましたのでハウスダストアレルギーだと聞かされ少し驚いております)

ハウスダストアレルギー対策について教えて頂ければ幸いです

症状は
くしゃみが止まらない事があり
(稀にテッシュ一箱をかんでもくしゃみが止まらない事も有りますが
普段は鼻の下が乾かない程度の鼻炎と)

目が痒いや軽い症状だと思います
ときどき頭がぼっとするなど…

医者が言うには日本家屋はホコリ全て取り除く事は不可能だから…

と言われましたが
何に注意し改善すれば症状が楽に成りますか何が効くとかコレ使えば良いとか
(アレルギーには甜茶が効くとか効きますか…)

教えて頂ければ幸いですご指導、ご助言を賜りたく存じますよろしくお願いいたします

Aベストアンサー

確かに家の中のホコリすべて取り除く事は無理ですが、
アレルギー疾患には出来る限りのアレルゲンの除去は鉄則です。
(そうしなければ薬が増えていくばかりです)

ハウスダスト・ダニを少なくする環境整備の方法ですが、

(1)換気・マスクを着用して掃除機をまめにかける
(2)濡れた雑巾での拭き掃除
(3)シーツ類はまめに洗濯する
(4)布団は干してから両面に掃除機をかける(布団叩きは禁)
(5)出来れば家で丸洗い出来る布団にし、まめに洗濯する
(6)カーペットは使用しない
(7)布団よりベット
(8)畳よりフローリング
(9)カーテンもまめに洗濯する

すべて出来る訳がありませんので、出来る事を行われる事をお勧めします。

体質改善などをうたった民間療法はエビデンスに基づきませんのでお勧めしません。

Q灰色三日月環が現れる場所について

灰色三日月環は赤道面より植物極寄りにできると書いてあるのですが、この図を見ると赤道面より動物極寄りにできるようにしか見えないんですがどういうことなんでしょうか?
というか赤道面というのは、受精卵が重力に従ってそこにあるとき、それを(色素がどう存在しているかは関係なく)真ん中で真っ二つに分けるときの面のこと、でいいんですよね?
考えるほどわからなくなってきました…

Aベストアンサー

赤道面とは動物極と植物極の真ん中の面のことです。動物極と植物極は受精によって位置が変わらず,赤道面も位置が変わりません。
受精後に植物極が下を向き,赤道面は真ん中で二つに分けるときの面と一致することになります。

>『受精前の赤道面は、色素の分布に平行に色素を分断するように卵を二等分する面を指し、外から見たときは傾いている。そして受精後は色素の面積の比率は別として、貼付した図のような傾き具合で分布している。』
という理解で合っているのでしょうか?
合っていると思います。

Q蝶と蛾の違いは

蝶と蛾の大まかな違いは、蝶は主に昼、蛾は夜に活動し、また、蝶は止まる時、羽根を閉じることが多いけど、蛾は開いていますよね。
でも、もっと昆虫学的には 蝶と蛾の違いとは何でしょうか?

Aベストアンサー


蛾の順で列挙します。

鱗翅目アゲハチョウ上科セセリチョウ上科
チョウでないもの

触角が棍棒状
触角が櫛の歯状

体が細い
腹部が太い

Q体長1センチ弱の黄土色の蛾の名前は?

夏の終わりから秋にかけて体長1センチ弱くらいで色が黄土色の蛾が家の近くで大量発生し、家の中に入ってくるのですが、この蛾の名前を教えてください。
何も考えずにヒラヒラ飛んできて顔にぶつかったり料理に入ったりします。
止まっているときは細くなり、棒状というか、畳の目の1つのような感じです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

コナガではないでしょうか。
こちらに超拡大写真がありますのでご覧になってみて下さい。
http://www.yyzz2.128.ne.jp/rinsi01kiji/r_ko_naga.html

Q蛾の撃退方法

私は、虫類が苦手です。
害虫に関しては、薬局などでたくさん殺虫剤などがありますが、この時期、一番苦手なのは「蛾」なんです。

殺虫剤、害虫、蛾、などで検索しましたが、蛾は、害虫に入っていないらしく、蛾を寄せ付けない方法などは、なかなか見当たりませんでした。

どなたか、蛾の嫌いな臭いやハーブ、または嫌がるものなど、ご存知でしたらぜひぜひ、教えてください。

Aベストアンサー

蛾は黄色の光を嫌うようです。
http://www.pref.kagawa.jp/noukei/onepoint/kaki/kaki-08.htm
http://www.is-ja.jp/zennoh/nashi/zennoh/

Q灰色三日月環について

灰色三日月環は両生類にしかできないのですか?

Aベストアンサー

その通りです。多くの両生類だけに見られるものです。

Qアレルギー性鼻炎の原因がわからない。。。

主人のことなんですが、ずっとどちらかの鼻がつまっていてよく口呼吸をしています。耳鼻科にいくとアレルギー性鼻炎と診断され「原因はおそらくハウスダストだと思いますよ」と言われましたが、内科でアレルゲンを特定する検査を受けたところ、ハウスダスト、花粉、ペットの毛、蛾、他にもいくつかあったとおもわれますが、どれにも該当しませんでした。もっと詳しく調べるにはかなり金額がかかるといわれたのですが、どれくらいかかるのでしょうか?上記のアレルゲン以外どのようなものが存在するのでしょうか?教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

#2です。
私はその検査の結果から減感作療法という免疫療法を始めました。
皮下に週一の頻度で抗体を注射して免疫をつけるという方法で現在でも唯一の根本治療と言われます。
ただ完治率は低く全ての人が治るわけではないこと、根気がいること(最低3年は続ける)などデメリットが多いのであまり有名ではないかもしれません。

私はその方法でやりました。皮下注射といっても腕は2本しかないので原因アレルゲンの最大2つまでを選んでもらいました。一位がスギ花粉、二位がハウスダストでした。三位は綿・・・・といろいろ出ましたが。

で、10年続けました。今は完治はしてませんがひどい症状からの脱出ができやってよかったとは思います。
詳しく調べて出た原因があればこの方法である程度の改善はみられるとは思います。(完治までいかなくても60%~80%の改善があるそうです)

もし根気良くでも治したい場合はオススメではあります。(注射は保険がきくので一回200円とかでできます。でも私は遠方の大学病院で検査したので注射へ通うのが無理で近くの耳鼻科を紹介してもらいそこで続けました。14歳から24歳くらいまでずーっと注射し続けましたよ)

#2です。
私はその検査の結果から減感作療法という免疫療法を始めました。
皮下に週一の頻度で抗体を注射して免疫をつけるという方法で現在でも唯一の根本治療と言われます。
ただ完治率は低く全ての人が治るわけではないこと、根気がいること(最低3年は続ける)などデメリットが多いのであまり有名ではないかもしれません。

私はその方法でやりました。皮下注射といっても腕は2本しかないので原因アレルゲンの最大2つまでを選んでもらいました。一位がスギ花粉、二位がハウスダストでした。三位は綿・・...続きを読む

Q遺伝子に含まれる情報って?性格とかは?(長文御免)

 メンタルヘルスのカテゴリーに質問しようか迷いましたが、より専門的なお話が聞けるかと思い、こちらで質問させていただきます。
 ある個人の生き方・考え方・行動の現れ方について、「それは遺伝で、性格だ」とか、それに反して「親の育て方や環境によってそうなったのだ」と言ったりします。日常的に、親は子どもが手に負えないことをすると「私の教育が悪いんじゃない、もともと生まれついての性格だ」と自己弁護したくなります。逆に今メンタル系の本を読むとアダルトチルドレンは機能不全家族によって引き起こされるとか、エディプスコンプレックスのように、親との関係がその人の考え方が大きく影響する、というように書かれています。
 私はこれはどちらか一方だけとは思いません。もちろん、明らかに生まれつきの身体的な特徴は遺伝だと思いますし、多くの生活習慣は親のしつけによるものだと思っています。
 その人の遺伝子など先天的なものと、環境による後天的なものが複雑に組み合わさり、子どもは育っていくと思っています。
 そこで質問なのですが、遺伝子からはどの程度「性格」のようなものがわかるのでしょうか。身体的な特徴やその後の成長の可能性までわかるのでしょうか。現在研究されている遺伝子情報は、どういった内容のものが含まれているのでしょうか(特定の病気のかかりやすさとかたまに新聞で目にします)。
 なにぶんまったくの門外漢で素人でして、質問自体が的外れかもしれませんが、よろしければご回答ください。

 メンタルヘルスのカテゴリーに質問しようか迷いましたが、より専門的なお話が聞けるかと思い、こちらで質問させていただきます。
 ある個人の生き方・考え方・行動の現れ方について、「それは遺伝で、性格だ」とか、それに反して「親の育て方や環境によってそうなったのだ」と言ったりします。日常的に、親は子どもが手に負えないことをすると「私の教育が悪いんじゃない、もともと生まれついての性格だ」と自己弁護したくなります。逆に今メンタル系の本を読むとアダルトチルドレンは機能不全家族によって引...続きを読む

Aベストアンサー

双生児法というものをご存知ですか。

要は、同じ遺伝子で、違った生活環境で育った双子の能力や性格を比較するという学問分野ですが…。

まぁ手法にはいろいろな問題があることは明らかですけども、いわゆる「能力の高さ」というのはかなり遺伝のようです。「性格」もチャートのような分布をすると意外に似いているとか。(ただしこれは私たちが普段言ういわゆる性格、考え方とは微妙に異なるものですが。)
身体的特徴もかなりの部分なようです。

というと、まるでほとんどが遺伝なのかと勘違いされても困りますが、ようは、遺伝+環境というバランスにおいてこれら全てが成り立つということには何ら変わりません。例えば、「能力の高さ」と一口に言っても、どういう能力をどういうふうに伸ばすのかというのは環境に左右されざるを得ませんからね。知能と知識・技能は一致しませんから。

性格で言いますと、能動・受動や興奮・冷静といったといった、ポジティブ・ネガティブ判断性はかなり決まっていると聞いたことがあります。(真偽は定かならず)
ただ、判断基準である「過去の体験」が違うのにどうやって判断したのかぜんぜん、納得いきませんが。(自分で書いといてすいません…)

双生児法で調べてみますと、トンデモ本から、学問レベルの高いものまでいろいろ引っかかってきますよ。

まぁいずれも判断するにはもっと研究が進まないといけないでしょうね。

双生児法というものをご存知ですか。

要は、同じ遺伝子で、違った生活環境で育った双子の能力や性格を比較するという学問分野ですが…。

まぁ手法にはいろいろな問題があることは明らかですけども、いわゆる「能力の高さ」というのはかなり遺伝のようです。「性格」もチャートのような分布をすると意外に似いているとか。(ただしこれは私たちが普段言ういわゆる性格、考え方とは微妙に異なるものですが。)
身体的特徴もかなりの部分なようです。

というと、まるでほとんどが遺伝なのかと勘違いされても...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング