dポイントを20倍にするたった2つの方法

現在JCBのカードを保有し、契約を継続中です。JCBのキャッシングサービスについて、現在は、利息制限法に則った利率(20%以下)に設定されているようですが、以前(3~4年程前)は実質年率27.8%に設定されていました。1998年頃にJCBカードに入会し、同一カードで当初から8年間ほどキャッシングを繰り返しては返済するということを続けてきました。現在はキャッシングは行っておらず債務はありません。過払金が発生していると思うのですが、司法書士等に依頼し過払い請求を行えば、JCBとの契約はどうなるのでしょうか?強制的に契約を破棄されてしまうのではないでしょうか?現在の契約を継続したまま過払い金を取り返すことはできますか?それに、契約が継続中だと、信用情報に傷がつくのではないかと思っています。JCBとの契約を解約してから過払い請求を行えば問題ないと思うのですが、事情があり解約することができません。契約が継続できるかどうかはカード会社次第ということも聞いたことがありますが、信販会社ご勤務の方からの情報などより精度の高い情報が欲しいと思っていいます。どなたかよい情報をお持ちの方、ご教示をよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

過払い請求は可能ですが、今の契約は契約期限(更新から通常3年)で終了します。


カードと社員証が一体になったものならば退職迄放置するしか無いですね。
    • good
    • 0

>司法書士等に依頼し過払い請求を行えば、JCBとの契約はどうなるのでしょうか?



質問者さまと、JCBとの関係次第ですね。

>強制的に契約を破棄されてしまうのではないでしょうか?

過去のカード利用状況を判断して、「解約しても、利益には関係ない」と判断すれば利用停止処分になる可能性もあります。

>契約が継続中だと、信用情報に傷がつくのではないかと思っています。

過払い請求自体を行なっても、各個人信用情報機関に目出度くブラック登録となる事はありません。
今年3月末までは、「過払い請求=目出度くブラック殿堂入り」となっていました。
が、金融庁指導で各個人信用情報機関へはブラック登録を行なわなくなりました。
JCB社内の顧客情報は、今まで通り「事故扱いに準じる」ようです。

>契約が継続できるかどうかはカード会社次第ということも聞いたことがありますが

その通りで、実はこの質問が一番難しいのです。
グレーゾン金利が違法金利となるまでは、ブラック金利ではありません。
つまり、JCBとしては違法性が無い金利で融資を行なっていた訳です。
また、金銭消費貸借契約でも「JCB・質問者双方が、金利など融資条件に納得して融資」しているのです。
これを、一方的に破棄するのですからね。
JCBとしては「強制的に融資していない」のです。
言葉は悪いですが「借りる時は猫を被って、返済する時は狼になる」者が実際多いです。
過払い請求で一番得をするのは、債務者ではありません。司法書士・弁護士なんです。
質問者さまが持っているJCBカードの発行会社が分かりませんが・・・。
もし、JCBと提携して(JR東クレジット・トヨタファイナンス・楽天クレジットなど)JCBカードを発行している会社の場合。
そのカード発行会社だけでなく、カードを発行した会社が属する関係会社にも過払いを行なった事実が流れます。
カードが強制解約になるか否かは、本当にカード会社次第なんです。
が、質問者さまの信用に傷が付く事は間違いありません。
過払い請求で戻ってくる金額と、将来の融資希望を比較して決める事です。
    • good
    • 0

 まず、「事故情報として登録される」なんてことはありません。

完全な間違いです。

  ただし、請求した会員に対して、今後もカード会員であることを認めるかどうかはカード会社次第です。
心配でしたら、JCBに対して直接訊けばいいのです。その時に、請求するつもりだと言う必要はありません。一般論としてJCBではどうなのかということを訊けばいいだけです。その時に、回答者の名前も確認しておけばいいでしょう。
多くのクレジットカード会社では会員減につながることはしたくありませんから、キャッシングの利用は停止されるでしょうが、ショッピング利用についてはそのまま継続というケースの方が多いでしょう。
 で、実際の過払い金請求ですが、司法書士に依頼するよりも、JCB相手でしたら個人で請求するほうがいいと思いますよ。無茶なことはしない会社ですしね。司法書士を入れたりすると、それこそ会員資格の停止なんてことになりかねませんから。
 そのためには、「キャッシングに関する取引履歴の開示」と「引き直し計算」をJCBに対して要求してください。計算要求することが肝心です。あとは自分でも計算してみて(ネットで計算プログラムがダウンロードできます)、照合したうえでJCBと交渉すればいいでしょう。
 
    • good
    • 0

過払い請求をすれば、契約を解除しようがしまいが必ず個人情報機関に「事故登録」されます。

そして以後5年間その情報は残りますので、その間はカードの新規契約はもちろん、ローンを組むこともできなくなります。

過払い請求後個人情報機関に情報開示請求をすれば分かりますよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QJCB過払いについて

JCBのキャッシングについて・・JCBと平成5年くらいからキャシングをしては返してという取引をしていました。当時27.8パーセントで利息を払い又JCBのカードローンも借りていました(こちらは18パーセント)仕事が行き詰まり一括でのキャッシング返済が出来なくなり話し合いの上、キャッシング残40万とローン残をまとめて、100万円を月々3万円の払い3年近くしてきました。よく考えるといわゆる当時過払いの請求などしないでの残払いでしたのでここで履歴を取り寄せ自分で計算したところキャッシングに関しては当時すでに15万円近くの過払いになっていたことがわかりました。えっもう3万づつ払わなくてもいいの?なんてことも思ったのですがさてこれからどうしたらいいと思いますか?

Aベストアンサー

みなし弁済の要件を満たすには非常に厳しい要件が必要です。

「みなし弁済」適用の要件(主旨)


1.貸金業者としての登録を受けていること。 ⇒ JCBはこの要件は満たしていますね。

  
2.貸金業者が貸付の際に、貸金業法17条に定める各記載事項を1枚の用紙にすべて記載した契約書を交付していること。
  
   ⇒ATMを使っての借入の場合、以下は無理ですね。

〈記載事項〉
 (1)貸金業者の商号、名称、又は氏名及び住所(※貸金業者の登録番号の記載漏れがある場合は無効である)
 (2)契約年月日
 (3)貸付けの金額(※借換えの場合は、現実に交付した金額のほかに従前の貸付契約の約定及びその残高の内訳を記載しなけれ
   ば「貸付けの金額」を明らかにしたとはいえない)
 (4)貸付けの利率(※実質金利で記載するべきを日歩で記載しているものは無効)
 (5)返済の方式(※返済を受ける場所の記載を欠いた書面は17条書面にあたらない)
 (6)返済期間及び返済回数


3.貸金業者が弁済金を受領する際に、貸金業法18条に定める受取証書を直ちに交付していること。

  ⇒これも口座振替による返済の場合は無理ですね。

〈記載事項〉
 (1)貸金業者の商号、名称又は氏名及び住所
 (2)契約年月日
 (3)貸付けの金額
 (4)受領金額及びその利息、賠償額の予定に基づく賠償金または元本への充当額
 (5)受領年月日(※銀行振込で弁済する場合も、その都度受取証書の交付を要する。
    借主から受取証書の交付は不要であるとの申し出があった場合も、受取証書の交付を要する。

以上により、43条にいう「みなし弁済」が認められる可能性は極めて低く、従って18%を超えている分については過払い金が発生している可能性が極めて大きいと言えます。

みなし弁済の要件を満たすには非常に厳しい要件が必要です。

「みなし弁済」適用の要件(主旨)


1.貸金業者としての登録を受けていること。 ⇒ JCBはこの要件は満たしていますね。

  
2.貸金業者が貸付の際に、貸金業法17条に定める各記載事項を1枚の用紙にすべて記載した契約書を交付していること。
  
   ⇒ATMを使っての借入の場合、以下は無理ですね。

〈記載事項〉
 (1)貸金業者の商号、名称、又は氏名及び住所(※貸金業者の登録番号の記載漏れがある場合は無効である)
...続きを読む

QJCBを自分で過払いしたいが可能ですか?

JCBを自分で過払いしたいが可能ですか?

2002年からJCBでキャッシングをしており、カード2枚で、150万程度の債務が続いていました(ショッピング枠ではなく、あくまでキャッシング枠です)。今は、100万円程です。2007年頃迄、年利29.2%でしたので、過払い請求をしたいと思っています。

昨年、或る司法書士を通して、武富士等、完済済の所を依頼し、昨年8月に依頼をし、今年5月に、費用を抜いて、8万円の返金が出たと連絡が有り、8月に、返金しますと回答がありました。途中経過の連絡も無いし、どういう課程を経たのかなど全く分からないのが、正直テンションが下がる所が有ります。

自分で、過払い請求は可能でしょうか?

後、数日前迄、どちらかにお願いしようと、電話をした司法書士の所が有るのですが、月々事務所維持費・預かり金など、数万円を、自分の所に支払うようにと言われました。実際、大半が、こうなのでしょうか? 

Aベストアンサー

>自分で、過払い請求は可能でしょうか?

可能です。
但し、グレーゾン金利は(先日の改正法施行までは)合法金利だった事をお忘れなく。
時々「グレーゾン金利=ブラック金利」との回答も見かけますが、注意が必要です。
当然、JCB(カード発行会社が不明ですが、JCBカードを発行している会社は複数あります)カード発行会社は「各個人信用情報機関にブラック登録」を行なう可能性が高いです。
金融庁は「過払い請求の場合は、ブラック殿堂入りをしないでネ」と、各金融団体にお願いしていますが・・・。
確実なのは、JCBカード発行会社及び関連会社には「顧客情報としてブラック前科が登録」されます。
過払い請求を行なった金融機関グループとの今後の取引は、原則諦めた方が無難です。
(原則があれば、例外もありますが・・・)

>実際、大半が、こうなのでしょうか? 

私が知っている範囲では、非常に???な感じがします。
いちど、最寄の司法書士会に相談する事をお勧めします。
最近、弁護士・司法書士事務所は「バブルの真っ最中」なんです。
悪徳担当者も(残念ながら)存在し、時々警察当局の摘発を受けています。
先ず、相談して下さい。

>自分で、過払い請求は可能でしょうか?

可能です。
但し、グレーゾン金利は(先日の改正法施行までは)合法金利だった事をお忘れなく。
時々「グレーゾン金利=ブラック金利」との回答も見かけますが、注意が必要です。
当然、JCB(カード発行会社が不明ですが、JCBカードを発行している会社は複数あります)カード発行会社は「各個人信用情報機関にブラック登録」を行なう可能性が高いです。
金融庁は「過払い請求の場合は、ブラック殿堂入りをしないでネ」と、各金融団体にお願いしていますが・・・。
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報