中小企業の働き方改革をサポート>>

ミードETX-90PEを使用しておりますが、アライメントの際に望遠鏡が基準星からだいぶ離れてしまい自動導入がうまくいきません。
センター調整をするとずれを補正できるようですが、下記の事由から北極星を使用して調整するのは今の私には困難です。

我が家からは建物の影になって北の空が見えず、近所に移動しても光害のため北極星が見えません。
病気のため、また、災害対策業務のため早起きしなければならないので、睡眠薬を飲んで夜早く(夜9時半ごろ)寝なければならないので、北極星が見えるところまで夜遠征できません。

そこで、北極星が見えなくてもETX-90PEのセンサー調整をする方法を御存知の方がおられましたらアドバイスをお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ETX-90PEは所有したことがないので、あくまでWebサイトなのの情報を元にした


参考情報です。(昔、初代ETX(自動導入はなし)は持っていました)

1.センサーについて
・某サイトの情報では、PEで追加されたセンサー類は、スマートファインダーに付いているようです。
 そのため、スマートファインダーがきちんと鏡筒本体と合っていないと、正しい方向に向きません。
・まずは、昼間に遠くの景色などで、鏡筒とスマートファインダーの向きを調整してください。

2.センサーへの影響
・そのような場所で観望されているか判りませんが、地磁気のセンサーは近くの金属が磁気を発生
 させる機器などの影響を受けますので、できる限りそのような機器から離れてください。
  (ベランダなどでは、結構影響を受けます)

3.上記でもNGの場合は、自動は諦めて、2スターアライメントを行うとか・・
  (でも、北極星も見えない光害だとそれも難しいか・・?)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のアドバイスありがとうございます。

>スマートファインダーがきちんと鏡筒本体と合っていないと、正しい方向に向きません。
おっしゃるとおりセンサーはファインダーの台座についています。
他の望遠鏡も同じだと思いますが鏡筒とファインダーの調整はよく行っています。
私の機種はレッドドットファインダーなので通常のファインダーに比べてずれやすいので使用する度に調整しております。(車で移動すると振動でずれてしまうほどです。)

>地磁気のセンサーは近くの金属が磁気を発生させる機器などの影響を受けますので、できる限りそのような機器から離れてください。
ベランダは狭いので庭で見える範囲(東~南~西で近所の家の陰にならい比較的上空)の観測をしています。
説明不足ですみませんが、英語バージョンのオートスターではドンぴしゃりでしたが、日本語版に買い換えてからずれるようになりましたので磁器の影響ではないと思います。

>北極星も見えない光害だとそれも難しいか・・?
おっしゃるとおり光害は最も困っていることの1つです。
昔は周りはほとんど田園だったのですが、区画整理事業が行われてからショッピングセンター他多数の大型店舗ができ、交通量も多くなったので公害を避けるには時間をかけて車で移動しなければならない状態です。

今後ともアドバイスをよろしくお願いいたします。
この度はありがとうございました。

お礼日時:2011/07/23 16:38

AutoStarは、磁気偏角の補正を「センサー調整」で行うようなので、


お住まいの地域の磁気偏角をことらで計算して、補正してみてはいかがでしょう。
#センサー調整のメニューがどうなっているのか知らないので具体的なことは判りませんが・・

例:当地横浜では、西に7.0度

http://vldb.gsi.go.jp/sokuchi/geomag/menu_04/cal …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。

最初に回答いただいた方のお礼にも書きましたが、英語バージョンのオートスターではドンぴしゃりでしたが、日本語版に買い換えてからずれるようになりましたので磁気偏角の問題ではないと考えております。

新たな情報がありましたらアドバイスいただければ幸いです。
この度はありがとうございました。

お礼日時:2011/07/23 19:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

対策 災害」に関するQ&A: 施越工事

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMeade ETXの極軸合わせを簡単にする方法

MeadeのETX-90PEを#884フィールド三脚に載せて使用しております。
#884での極軸合わせは、赤緯はクランプでの調整、赤経は三脚を回転させての調整という大雑把なもので微調整できないためとても難しいです。
また、時間をかけてどうにか合わせられたとしてもクランプが緩んでしまったりして安定性を確保するのが難しいです。

ETX-90PE本体を赤緯赤経微調整可能なマウント(日本の緯度程度の傾きがあるとうれしいです。)を介して#884フィールド三脚または頑丈なカメラ用三脚に載せたいと考えております。(MeadeのLXシリーズを専用ウェッジに載せて微調整できるようにするイメージです。)

純正品はないようですので、他社製品で使えそうなものをご存知でしたら製品と入手先をお教えください。
できればそのまま使えると助かりますが、工作初心者でも可能な改造で使用できるものでも結構です。
(そのまま使えるものでしたら海外で販売されているものでも英語で連絡を取り合って購入可能です。)

自作するしかないようでしたら、必要なパーツ、入手先、作り方をお教えいただければありがたく思います。
あるいは、自作品を紹介されているホームページをご存知でしたらお教えください。
(この場合、私の英語力では理解できないと思いますので日本語のページだとありがたく思います。)

ネットで色々と調べてみたのですが自力では見つけることができませんでしたので、アドバイスいただければありがたく思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

MeadeのETX-90PEを#884フィールド三脚に載せて使用しております。
#884での極軸合わせは、赤緯はクランプでの調整、赤経は三脚を回転させての調整という大雑把なもので微調整できないためとても難しいです。
また、時間をかけてどうにか合わせられたとしてもクランプが緩んでしまったりして安定性を確保するのが難しいです。

ETX-90PE本体を赤緯赤経微調整可能なマウント(日本の緯度程度の傾きがあるとうれしいです。)を介して#884フィールド三脚または頑丈なカメラ用三脚に載せたいと考えております。(Meade...続きを読む

Aベストアンサー

ETX-90PEは手軽に使える経緯台として設計されています。ですから赤道儀として使うには無理があります。
残念ながら、極軸合わせをきちんとするには、星の動きのズレを見ながら修正するしかありません。
少しずれてもかまわないのでしたら、極軸望遠鏡をファインダーに改造する方法があります。
昔の高橋製作所の赤道儀は、ファインダーに極軸望遠鏡のスケールが貼ってありました。
中古でポーラファインダーというのを探すか、天体望遠鏡の専門店にそのような改造ができるところがあるか相談するといいと思います。

それから、私の意見ですがETX-90PEは、経緯台ながら自動導入ができます。これは手軽に使いたいとき用に使い、赤道儀は専用のものにした方がいいと思います。
ETX-90PEの赤道儀化は中途半端です。赤道儀は大きく重たいが、写真を撮る時必需品ですし、いろんな鏡筒を取り替えて使えるます。お金はかかりますが、その方が観測の幅が広がります。写真を撮らないのなら、赤道儀化する意味がありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報