初めての店舗開業を成功させよう>>

脂肪細胞の数は赤ちゃんのときに決まるといいます。
赤ちゃんの頃、その脂肪細胞が増えてしまうと将来太りやすい体質になり、
逆に脂肪細胞が少ないままであると将来食べても太りにくい体質になるといいます。
そこまでは納得しているのですが、

「その脂肪細胞は赤ちゃんの頃にたくさん食べさせて太らせることで増える」

と、テレビでもネットでもあちこちにみかけます。

しかし、これは本当でしょうか。

「食事の回数を減らすと太る」というのと同じような考え方になるのですが、
赤ちゃんを太らせるようにすると、つまり、たくさん栄養がある状態を長く続けさせると、人の体の判断としては「栄養は足りているので蓄える必要なし」となり、「脂肪細胞を増やす」ということはしないと思うのです。

栄養が足りてない痩せた赤ちゃんの体の方がむしろ「栄養を蓄えなければならない」と体が判断し、脂肪細胞を増やすように成長していくと考えるのが自然ではないかと思うのです。

もちろん人類の歴史を考えると、こんなに食べ物が常にある状態のほうが不自然であり、人の体は栄養の取りすぎを想定していない部分が多いというのは理解しています。
しかし、だからといって「栄養不足の赤ちゃんのほうが栄養を蓄えいくくなる」というのはどうも納得いかないんです。

実際、そんなデータとかあるんでしょうか??
そんな研究結果がないにしろ、なにかそうなると考えられる理屈でもあれば、と思います。

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

No.4について訂正します。


「脂肪を取れば」→「脂肪細胞が増える」と何度か書いていますが、
「栄養が多ければ」「栄養量にしたがって」にして下さい。すいません。


それと、

この問題の正当化にはやはりデータがいりますね。というのも派生した話の全部を論理的な説明で済ませられないほど、拡張利用されています。馬鹿マスコミが騒いでるだけならともかく、リンク先の産科医のように臨床上、用いられている論理なのですから学問的な議論では済まされませんね。

実際問題としてはですね。
個人的には、食生活よりも遺伝的要因(先天的体質)が大きいと思います。遺伝の方が支配的ということです。
太りやすい体質の人が赤ちゃんの頃、いくら栄養を少なめにしても太るでしょうし、
太りにくい体質の人が赤ちゃんの頃、いくら栄養を過剰摂取しても太りにくいだろうと私は考えます。

同一個体で比較が出来ませんから、治療効果の欺瞞と同じです。統計的データでは、個人において果たしてどっちなのかが証明し切れません。

ですから、データが欲しいですね。いい加減である、飛躍している、その可能性が高いですね。

No.1お礼のリンク先では、
>「 出生2~3カ月前の肥満の妊婦では,その胎児も栄養過剰となり脂肪細胞の数が多くなり,生まれた後の肥満が運命づけられてしまいます.妊婦さんはくれぐれも肥満には気をつけましょう!」

とありますが、産科医は言いすぎですね。
臨床上、妊婦の太りすぎが良くない理由が別にあるのならば、これを理由にすべきではありませんね。運命なんて脅し文句を安易を使うべきではありません。本来、医療は霊感商法じゃないんだから。

第一、肥満の妊婦には太りやすい遺伝子の問題もあるでしょう(笑)
客観的な科学的議論になっていない恐れがありますね。


なお、論理的にも、果たしてどっちが正解かは分かりませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>この問題の正当化にはやはりデータがいりますね

本当にそれがあればなによりだと思います。そもそもこの質問をしようと思ったのも、馬鹿マスコミやダイエット商品を売ろうとしているサイトだけでなく、知り合いの知り合いの産科医までもがそのようなことを話していたということがキッカケでした(リンクに出した産婦人科医もそうでしたが。)

もちろんそれが正しいのかもしれませんが、はっきりしないものははっきりしてないというべきで、おっしゃるとおり、言い過ぎや脅しはよくないと思いました。

ちなみにですが、どんな方かはわからないですが逆の意見を講演される方もいるようですね。
http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa5454634.html
まぁ「太らせると」ではなく「太っている赤ちゃんは~」とあるので、今回の質問とは若干違いますが。

2度も回答、ありがとうございました。

お礼日時:2011/07/30 19:05

回答を自制したために書きたかった事を忘れてしまいました。

senzyu さんのような質問者ばかりならいいのですが、そうではない釣り目的の質問者がかなりいるので回答数が減ります。そうした警戒心から初顔のsenzyu さんへの回答までも遠慮しておりましたところ、かつて私が一番書きたかった事を忘れてしまったように思います。


以下は脂肪細胞ではありませんが、いわば比較して研究が進んでいるので定説が用意されています。参考になると思います。

「造血幹細胞」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%A0%E8%A1%80% …

この内容は全部面白く無駄な一文さえないと思うのですが、泣く泣く抜粋しますと、

>「幹細胞が絶える事なく生体内の状況に応じて分化、自己複製を調整し必要な細胞を供給している事になる。」

>「その他の長管骨の骨髄では出生後しばらくは造血機能を持つが、青年期以降は造血機能を失い、加齢とともに徐々に辺縁部位が脂肪組織に置き換わって行く。最長の大腿骨でも25歳前後で造血機能を失う。」

造血幹細胞にさえ時期があるのですね。

上記抜粋の中に脂肪細胞に置き換わってしまうという部分があります。これから想像できる事は、一説には容積にして最大400倍にもなるという脂肪細胞を、無計画な庭園作りの庭木のように置いておくことは、その脂肪細胞が死なない限りは、デカくなり敷地を狭くする恐れがあるということです。なお、脂肪細胞が減らないという説は決定的な説ではありません。減るとも考えられています。


ご指摘の身長に関しては、骨の伸び方の話になると思います。横に増えていないだろうと言われても、大人も子供も、昔比べれば確実に肥満状態にあると思います。昔の妊婦や児童の栄養状態は今に比べると何も食っていないと言うくらい少なかったはずです。
分かりませんが、それこそ内臓脂肪というのもありますよね。骨の成長の方は、隠せません。隠れた脂肪はあっても、隠れた身長はないのですね。そして細胞ごとに、胎児のころから成長期に至るくらいまでの間、分化したり増殖したり時期が分散して見られるのだと思います。早熟な細胞もいれば、ということです。顔のバランスが一番良かった時期があるように、最終的にいつの時期に調和が上手くいくかという問題は、その個体が遺伝子を半分だけですが与えた子孫をどれだけ増やせたかという原理の進化が”最終的に”決めることになっています。しかしそれは最終的なのです。増え具合を直接決めているのはいわゆる進化ではありません。
キリンの首でも同じ事で、栄養状態によって比較されるのが今回の話ですよね。


最後に、体を動かすのは筋肉です。脂肪組織ではありません。日を浴びているだけでは飢え死にします。筋肉の成長を後回しにしてまで、脂肪細胞を増やす用意周到なだけの、いわば守りの体では、摂食行動が取れません。食べ物を取ったり、逃げたりする時に必要なのは脂肪組織ではありません。脂肪細胞の数が多くても、肝心の脂肪を蓄えておらず、飢え死にします。
胎児がずっと胎児でいられるのならば脂肪組織が多くてもいいかも知れませんが、生まれた後の事を考えれば、筋肉や脳が足りなくても、脂肪組織の充実が飢えを防ぐとは言えないと思います。栄養など資源に限りがあるのに、両方増やすという訳にもいきませんし、可能ならばそれは生体の巨大化を意味する事になり、また一長一短でしょう。ヒトの胎児の頭部は大きいなどと言いますが、それ以上大きいとまた大変ですね。結果的に上手く行ったかどうかで、それぞれの子孫に今の形があり、これもまたブレ続けている形なのです。形とは量ですね。
思うに、脂肪細胞は、適当な数が、後々膨らんでもいい場所に収まっているということです。
    • good
    • 0

お礼がNo.1だけ、ついているのでそれを読みました。

ハラハラしますよね、質問者さんもご自身の能力を使って回答者に回って下さい。ハラハラしている人がたくさんいるのは現実問題です。

さて「考えられる理屈」としての回答になりますが。
No.1のお礼でご紹介のリンクを読むとこういう文章があります。

>「人類がこの世に生き残ってゆくために授けられた非常に大切な能力だったと思います.現在の日本は,毎日3回の食料を確保できるのは当たり前の 世の中です.原始時代では人類生き残りのためのサバイバル能力であったエネルギー備蓄能力が,今の世では余計な脂肪蓄積の元凶ともなっています.」

組織を形成する段階においては、調節する為に!、細胞数の増減がみられるのでは、ない、という事です。
酸素不足になれば赤血球数が増える現象が起こりますが、それとは区別されるべき話だと思います。
調節は、出来上がった組織によって、「発生」「体作り」とは別に行われる生理でしょう。

栄養不足であればこそ、脂肪細胞を増やしておくべきだろうという説は、一見合理的な理屈ですが、栄養不足で脂肪細胞を増やしておいてもたぶん無駄なのです。なぜなら、飢餓においては溜まるほど脂肪が手に入らず、出る一方なのですから、むしろ要らないのです。必要なの細胞数ではなく、脂肪です。
いうなれば、知れる範囲で知った豊作の日の栄養状態が準備の目安になるということです。つまり飢餓に備えるためには、栄養状態のいい日の収穫量を逃さないように備えておくことになります。
分裂による増加は、可能な限り多くの脂肪を取り込めるようにする単純な結果にすぎないと考えると、脂肪が多ければ、多い分、増える傾向にあるのではないでしょうか。脂肪が手に入らなくなる日のためにも。生物は、先読みをせずに発生して組織をつくり、調節もしますから単純な反応でも仕方がありません。人間よりも過去に学んでいると擬人化できます。

最後にこの議論についてですが、数が多い少ないの本質が、相対論であることを忘れてはならないと思います。脂肪の取りすぎで脂肪細胞細胞が増えて将来太る。この多い少ないは比較の問題です。しいて言えば、現代人は正常値でも太りすぎだと言えそうに思います。
数の決定は適正値があるのではなく、環境にしたがって細胞が分裂した結果である。その環境が個体間でも似ていれば正常値らしきものを設定できるということになります。
身長は遺伝的要因もあることながら、現代人の身長が高いのは、それで特別いいこともなく、栄養状態に反応した姿でしょう。
ヒトは高等動物で知的ですが、その細胞の営みを語る時は植物程度に考えてもいいのではないでしょうか。「性格」など、文化面の議論になれば、ヒトの性質は人間としての後天的な合理性が支配的になりますがね。自然環境は厳しいので、その中で、細胞が増殖する時の理屈は、肥やしをやった植物に実る種(子供)が大きくなるのと同じではないでしょうか。また生まれる前から飢餓の危機にさらされているとも言えます。

この質問に関する研究やニュースなどがあれば私も知りたいですね。もちろん反対意見も。めちゃくちゃでは困りますが、質問者さんは合理的な自説があるならば妥協することはありませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

組織を形成する段階においては、調節する為に細胞数の増減がみられるのではない
酸素不足になれば赤血球数が増える現象が起こりますが、それとは区別されるべき話だと思います

のところに、まずおもしろいと思いました。
「調節」と「体づくり」では違うと。だから赤血球数のように脂肪細胞が増えたりしないだろうという理屈ですね。
私は比較的素人なのでそういった例が思いつかないですが、他にも人の体の中でみられる現象なのでしょう。(thegenus様の回答を読むと本当にくわしい方なのだろうと思うのでそう信じます)

たしかに「脂肪細胞の数は減らない」訳ですから赤血球と同じように考えるのは間違っていたのだなと思いました。

そのあとの話も大変納得です。
栄養不足で脂肪細胞を増やしても無駄ですね。

最後の相対論もたしかにそうかもしれませんね。
しかし、「現代人が身長が高い」のは栄養状態もさることながらその他の要因のほうが大きいような気もしますが…違うでしょうか。栄養状態だけなら横に増えるのもあるでしょうし、キリンが背が高いことやゾウがでかい理由も違う理由でしょうし…
う~ん、気が向いたらその質問もまたしてみたいと思います。

また、質問者さんは合理的な自説があるならば妥協することはありませんよ、とのことですが、thegenus様をはじめ、みなさんの回答を読んで考えがかわりました。
本当に参りました。そしてありがとうございます。

自分の考えが違っているのを認めるのは若干悔しい気持ちもありますが、ひとつ賢くなれてよかったです。

ただ、まだ結論がでた訳ではないですし、他にない質問だと思うので、もう少し他の回答がこないか質問を閉め切らずに気長に待とうと思います。

お礼日時:2011/07/30 11:58

栄養不足であれば栄養を摂取しなければ!という本能?は働くでしょう。


ただ、栄養的に飢餓にある状態で、果たして新しく栄養を貯蔵する細胞を作る余裕があるのか?と思います。
新しく細胞を作るにも、材料とエネルギーが必要です。

栄養不足なのに脂肪細胞を作るというのは、現金がないのに銀行の通帳をたくさん作るような無駄な行動に思えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

う~ん…
たしかにそうですね。納得です。
銀行の通帳の表現、おもしろくて解りやすくてステキですね。
しかし、実際にその通帳を多く作った人の方が結果的に次に起こるかもしれない飢餓にも耐えることができ、その他が自然淘汰されるとも考えられるような…いや、それはないですかね。
逆に栄養が多い状態で脂肪細胞をたくさん作るようになるのかはわからないですが、これはその通りだろうと思いました。
回答ありがとうございました。

話はかわりますが、No1~5に回答いただいた皆さんに改めて感謝です。この質問をライフの「出産・育児」のカテゴリに質問せず、生物のカテゴリにして本当によかったです。おもしろい回答ばかりで楽しいです(また、お礼が遅くてすみません。)皆さん賢くて頭が下がる思いです。

お礼日時:2011/07/26 21:16

ご紹介のサイトも見て考え直したのですが、「多いと太る、でも少なくても太る」というのは別に矛盾していないと思います。


というのも、自然界では「栄養がありすぎて困るから蓄えないようにしよう」という状況はまず起こらないため、「太らないようにする」という方向には、我々は進化していないからです。ブレーキは無くて、アクセルしか無いのです。
というわけで、「食べられるときに蓄えよう(多いと太る)」と「食べられないからもっと蓄えよう(少ないと太る)」という別々の現象が両方発生するということは、十分ありうることだと思います。
論理的に言っても、「たくさん食べると太りやすくなる」が成り立っても「あまり食べないと太りにくくなる」は必ずしも成り立ちませんし、そのサイトでもそう主張してはいません。また同じく、「あまり食べないと太りやすくなる」が成り立つからと言って「たくさん食べると太りにくくなる」は成り立ちません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「ブレーキは無くて、アクセルしか無い」とは、とてもわかりやすい表現ですね。
読んでおっしゃるとおりだと思いました。
また、別々の現象が両方発生する可能性があるのも、たしかにそうだと思いました。
自分で考えつかなかったですが、たしかにそのとおりですね。
大変勉強になりました。
しかし、ソースみたいなものはやはりないのですね…。
結果がないので、これだという結論はそれまででないのかもしれませんが考えを深めることができたように思えます。
2回も回答していただいてありがとうございました。

お礼日時:2011/07/25 23:47

この分野は専門じゃないのでちょっと調べただけのことを書きますが、


妊娠中の母体が栄養不足状態になると、子供の脂肪細胞や腎臓の発達が顕著に増大するそうです。また、この効果は思春期頃まで影響するそうです。
出生後のことは見つかりませんでしたが、この傾向が逆になるということは考えにくいと思います。
結論としては、senzyuさんの考えのほうが正しいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

誰も回答してくれないんじゃないかとハラハラしてました。
回答ありがとうございます!
専門外ということですが、調べていただいてありがとうございます。
妊娠中の母体でもそうなるのですね。
そちらは考えていなかったですが、聞いて納得です。
しかし、ネットで調べると逆の意見もあったりするようです…
http://tyama7.blog.ocn.ne.jp/obgyn/2006/01/post_ …
なにか情報のソースみたいなものはあるでしょうか?
私としてはmyuki1232さんの情報が正しいと思っているのですが、やはり精確で確実な情報として知りたいと思っています。もし、なにか御存じでしたらまた教えてください。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/07/24 00:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q太っている赤ちゃんは将来やせる?

乳児期に太っている赤ちゃんは、将来やせ体質になる傾向にあり、
乳児期にやせている赤ちゃんは、将来太り体質になる傾向にある。
ある講演会でそんなことを話している方がいました。
これは事実なのでしょうか。
実際、皆さんの身の回りの経験としてもいかがでしょうか。
また、これが事実としますと、将来太らないために幼児期はしっかり太らせてあげた方がいいのでしょうか。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

私自身の話ですが、私は2500グラムと小さく生まれて、ずっと痩せ体質で育ち、30代後半になった今でも痩せています。
もともと少食だし、痩せやすく太りにくい体質のようで、妊娠中もそれほど体重が増えず、授乳期にはびっくりするぐらい痩せてしまいました。
ただ、好き嫌いなどは余りなく、規則正しい生活を送っているため、体調を壊すことはほとんどありません。
うちの両親も痩せ型で、痩せているのはおそらく遺伝などもあると思います。

>乳児期に太っている赤ちゃんは、将来やせ体質になる傾向にあり、
>乳児期にやせている赤ちゃんは、将来太り体質になる傾向にある。
というのはどういう根拠に基づく話なのか分かりませんが、必ずしもそれに当てはまることはないでしょうし、無理に太らせる必要もないと思います。

まあ、赤ちゃんの頃はたいがいの子はプクプクしてみんな朝○龍みたいな顔してますけどね(^^)
歩くようになると体重の増えは緩やかになり、身長がぐんぐん伸びてプクプク感はなくなります。

「太らせる」ことを目的とするなら、カロリーの高いものや甘いものを食べさせれば太るでしょうが、それはあまりに意味のないことで、幼いうちから生活習慣病予備軍にしてしまう恐れもあります。
大事なのは太らせるとか痩せさせるとかいうよりも、健康的な食生活のもとを作ってあげることだと思います。

普通におっぱいやミルクをあげて、普通に離乳食を食べさせて、それでいいのではないでしょうか。
意識的に太らせる必要はないと思います。

こんにちは。

私自身の話ですが、私は2500グラムと小さく生まれて、ずっと痩せ体質で育ち、30代後半になった今でも痩せています。
もともと少食だし、痩せやすく太りにくい体質のようで、妊娠中もそれほど体重が増えず、授乳期にはびっくりするぐらい痩せてしまいました。
ただ、好き嫌いなどは余りなく、規則正しい生活を送っているため、体調を壊すことはほとんどありません。
うちの両親も痩せ型で、痩せているのはおそらく遺伝などもあると思います。

>乳児期に太っている赤ちゃんは、将来やせ体質...続きを読む

Q母乳でどんどん赤ちゃんが太っていくのですが…

完母で育てています。3ヶ月検診のとき8000gを越えて、成長曲線をはみ出してしまいました。
3ヶ月の前半で8250gになりました。このまま肥満児になるのではないか心配です。

2ヶ月頃は一日8~9回
3ヶ月頃は一日6~7回

の頻度で授乳しています。(授乳毎に記録を付け、一日の平均回数を算出しました。)

この回数は多いのでしょうか?ちなみに、2ヶ月後半位から、夜中の授乳はなくなり通して寝てくれるようになりました。

大き目あかちゃんを育てた事のある方に質問ですが、大きくなってもやはり肥満傾向になったりされましたか?

あと、なぜうちの子がこんなに体重が重くなるか不思議です。

強いて言えば、母乳の詰まりを改善する有機ハーブティを毎日飲んでいた事位ですが、やはり、母乳の出が良いと子供が太るのでしょうか?

検診でお医者様に聞いても、「お母さんの食べ物と母乳の成分の因果関係はない」と仰っていました。
食事とか、全く気にせずに甘いものも油っこいものも普通に食べているので、赤ちゃんが太っているのではないかと心配しています。

まだ動き回れない赤ちゃんをダイエットさせる方法とかないですよね??

完母で育てています。3ヶ月検診のとき8000gを越えて、成長曲線をはみ出してしまいました。
3ヶ月の前半で8250gになりました。このまま肥満児になるのではないか心配です。

2ヶ月頃は一日8~9回
3ヶ月頃は一日6~7回

の頻度で授乳しています。(授乳毎に記録を付け、一日の平均回数を算出しました。)

この回数は多いのでしょうか?ちなみに、2ヶ月後半位から、夜中の授乳はなくなり通して寝てくれるようになりました。

大き目あかちゃんを育てた事のある方に質問ですが、大きくなってもやはり肥満傾向に...続きを読む

Aベストアンサー

動き回るようになったら自然と痩せますよ。

友達のとこの娘ちゃんが大きめちゃんで、離乳食ももりもり食べてころころとしていました。自分の息子がやせっぽちなのでぷにぷにちゃんを羨ましく感じたものですが、ハイハイ、たっち、あんよでぐんぐんスリムになりました。
今でも食べる量は大人と変わらないんじゃ!?というくらい旺盛なもうすぐ3歳児ですが、見た目には太っているという事はありません。身長があるのでちょっと大きめに見えますが。
成長曲線は現在ではど真ん中だそうです。

一方やせっぽちの2歳の息子は離乳食もイヤイヤでなかなか進まず、幼児食の現在も食に対して興味が薄く、一日のうち1食まともに食べてくれたら御の字というくらい食べてくれません。
しかし、やせっぽちと私は思ってしまいますが、成長曲線では中央よりちょい下という程度です。

母乳はいくら飲ませても大丈夫だし、母乳は太らない(脂肪を蓄える細胞にはならない)のだそうです。
逆に、赤ちゃんの時に飢餓状態にあった場合は細胞が栄養を蓄えようとするので太りやすい体質になるそうです。戦争で飢餓状態にあった赤ちゃん(お母さんも食事が取れず殆ど母乳が出ない状態)で育てられた赤ちゃんのその後の追跡調査では高確率で肥満体系だったそうですよ。食事量は多くないのにちょっと食べるとすぐ太るという体質になってしまうんだそうです。
ちょっと前に歴史系番組で放送されていたのを見ました。
番組名など失念してしまいましたが、最近ケーブルテレビで放送されていたものです。

ですので、今はしっかり赤ちゃんに飲めるだけ飲んでもらって内臓を鍛えましょう。
まだ3ヶ月なら胃腸も大人ほどの処理能力がありませんしから、今後の内臓の成長、動けるようになってからの運動量でスリムになると思いますよ。

ついつい心配しすぎてしまいますが、どうしても不安になったらお近くの保健センターの育児相談・栄養相談に行くと安心できると思います。
気負いすぎず、リラックスして赤ちゃんと接してあげてくださいね。

動き回るようになったら自然と痩せますよ。

友達のとこの娘ちゃんが大きめちゃんで、離乳食ももりもり食べてころころとしていました。自分の息子がやせっぽちなのでぷにぷにちゃんを羨ましく感じたものですが、ハイハイ、たっち、あんよでぐんぐんスリムになりました。
今でも食べる量は大人と変わらないんじゃ!?というくらい旺盛なもうすぐ3歳児ですが、見た目には太っているという事はありません。身長があるのでちょっと大きめに見えますが。
成長曲線は現在ではど真ん中だそうです。

一方やせっぽちの2歳の...続きを読む

Q太りすぎの赤ちゃんについて質問します。

現在三ヵ月半の赤ちゃんですが、
すでに8キロを超えています。
まわりの人は皆「太いね!!」「大丈夫なの?」って
言ってきます。
確かにほかの子と比べるとでぶちんです。
二ヶ月までは混合でしたが、助産婦さんに検診でみてもらったときに
「おっぱい十分でてるからおっぱいだけでやってみましょう」といわれ、
今はおっぱいオンリーです。

この時期のおっぱいとしては6回が理想、と育児書にはありましたが、
大体8回から10回はあげています。
おっぱい以外は何もあげていません。
この時期に太っていても、本当に動き出せばスリムになるのでしょうか?
中には太りすぎて寝返りができなくて…という子もいると聞きました。


あともうひとつ、おむつのことなんですが、
今はまだSサイズを使っていますが(メ○ーズ)、横がきつくなってきたのでMサイズに変えた所、縦に大きくなっていたんですが、横は変わりませんでした。
Sサイズでも大きめのサイズのメーカーご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「大丈夫なの?」なんて聞かれると不安になってしまいますよね。でも、大丈夫です。

赤ちゃんの肥満には2種類あるそうです。
・生まれてからグングン体重が増加し、成長曲線の上限あたりで推移するけれど、1歳を過ぎた頃から落ち着いてきてだんだん標準的な大きさになってくるタイプ
・それまでは標準的な体重だったのに2歳くらいから急に成長曲線の上限に迫ってくるようなタイプ

前者は良性なので、何も心配はありません。問題なのは後者です。

我が子は4ヶ月検診(4ヶ月3日目)で8.4キロでした。7ヶ月頃に10キロの大台に乗りましたが、それからしばらくは10キロ前後を行ったり来たりしています。今は1歳4ヶ月ですが、今月も10.06キロでした。我が子の健康に体重の問題はありません。
が、問題なのは私の方です。10キロになりたての頃は本当に重く、しかも子どもがつかまってくれなかったので抱っこがしんどかったです。今は、とっても楽になりましたよ。子どもの体も安定しているし。

それから、授乳回数を減らしたり・・・なんて考えていませんか?それが無理なくできるなら減らしてもかまわないかもしれませんが、体が大きいとそれだけ沢山の栄養を必要としています。大きくなればそれだけ必要とするのだから、必要量をあげるためには回数が増えることもあるでしょう。
発達のことも心配なさっているようですが、もちろん、体が重くなればそれを動かすために筋力が付かないと寝返りも大変でしょう。だから、他の子よりも多少遅くなることもあるでしょう。当たり前のことなので心配はいりません。
といっても、我が子のようにおデブなくせに5ヶ月の頃にはお座りをし、6ヶ月になる前に寝返りをし、7ヶ月頃には結構なスピードでズリハイをして、8ヶ月にはタッチもして・・・なんて言う子もいますが。
一人歩きはなかなかしませんでしたが、それにしてもここまでの成長もおデブちゃんにしてはなかなかでしょ。

ということで、赤ちゃんは大丈夫なので、あとはお世話をする人が腰など痛めませんように!

「大丈夫なの?」なんて聞かれると不安になってしまいますよね。でも、大丈夫です。

赤ちゃんの肥満には2種類あるそうです。
・生まれてからグングン体重が増加し、成長曲線の上限あたりで推移するけれど、1歳を過ぎた頃から落ち着いてきてだんだん標準的な大きさになってくるタイプ
・それまでは標準的な体重だったのに2歳くらいから急に成長曲線の上限に迫ってくるようなタイプ

前者は良性なので、何も心配はありません。問題なのは後者です。

我が子は4ヶ月検診(4ヶ月3日目)で8.4キロでした...続きを読む

Q授乳後、吐くのにまだ飲みたがります

1ヶ月と10日の女の子なんですが、授乳後、毎回吐きます。(完母乳です)
1ヶ月検診でも相談しましたが、体重の増えも1日あたり44gで問題はなく、授乳中にむせたりする事から、母乳の出がよすぎて飲みすぎてしまうのだろう、との事でした。

まだ赤ちゃんはお腹がいっぱいという感覚がないから飲みすぎる、という話を聞いた事はありますが、吐き続けているのに欲しがって泣き叫ぶのです…

母乳は欲しがるだけあげていい、とは言いますが、明らかに苦しそうに吐いているのに、飲ませてもいいのでしょうか…?
寝付いてからも、のどに詰めるんじゃないかと、気が気じゃないです。

また、昨日の夕方5時から一睡もせず、抱いてもオムツ交換しても泣きやまず、ずっと吐きながら泣き叫び、おっぱいを吸わせると初めは大人しくなるのですが、すぐに体をくねらせて唸りながら乳首をひっぱり、自分で飲み終わったそばから吐き、また飲みたがります。

今もまだ寝る気配はありません。

明らかに苦しそうで気持ち悪そうなのに、母乳を飲ませても大丈夫でしょうか…
また、こんなに寝ないのはおかしいのでしょうか?

新生児のころ以上に、ここ最近一番手が掛かり、授乳の度にめまいがします。

長くなりましたが、どうすればよいかアドバイスお願いします。

1ヶ月と10日の女の子なんですが、授乳後、毎回吐きます。(完母乳です)
1ヶ月検診でも相談しましたが、体重の増えも1日あたり44gで問題はなく、授乳中にむせたりする事から、母乳の出がよすぎて飲みすぎてしまうのだろう、との事でした。

まだ赤ちゃんはお腹がいっぱいという感覚がないから飲みすぎる、という話を聞いた事はありますが、吐き続けているのに欲しがって泣き叫ぶのです…

母乳は欲しがるだけあげていい、とは言いますが、明らかに苦しそうに吐いているのに、飲ませてもいいのでしょうか…?
寝付い...続きを読む

Aベストアンサー

飲み過ぎたら吐きますし、ゲップが下手で吐いちゃうこともありますが、良く考えてみて下さい。
飲みたいだけ飲ませるって赤ちゃんの胃の大きさは決まってますよ。
飲みたいだけっていう言葉は本当に皆さん真に受けすぎじゃないでしょうか^^
おっしゃるように満腹がわかりませんし、赤ちゃんは口さみしければいつまでも加えるし、
すぐにおっぱい欲しがりますよ。
ある程度はやっぱりお母さんが止めてあげないといけませんよ。
お腹いっぱいなら飲みたくないなら赤ちゃんは飲みませんよ
という回答が時々ありますが、
それはよっぽど気が向かないか、体調が悪いんですよ。
おっぱいが好きで仕方ない子はそんな事かまわず吸い続けますよ。
何分とだいたい決めて、少し短めにして様子みてはどうですか?
おっぱいがなくて泣くのは当然です。
1ヵ月なんてのは泣く子は本当にずっと泣いていますよ。
まずは吐かないようにしてあげましょうよ。
泣かない吐かない全部やろうったって難しいですからね。
あまり飲まないのに吐くのなら飲み過ぎじゃないかもしれない。
それがわからないんでとりあえずは少し短めにしてあげるとか
こだわりがないなら、一日でも搾乳で哺乳瓶にしてみるとか

それからある程度飲んでるのにまた欲しがるからってあげるのは
私はよくないと思いますよ。
赤ちゃんは加えてると安心するから安心する方を求めて当然です
寝ないで泣いてる、いつか必ず寝ますよ。
お母さんも疲れるし心配だと思いますけどね、
皆泣く子って本当に病気じゃないかと心配になるくらい
泣き続ける子はずっと泣きます。
ミルクの子でも同じですよ。
それから飲み過ぎて苦しくて余計に泣きます。
泣く=おっぱい=泣きやむ から お腹すいてるんだと勘違いしてはいけませんよ。
苦しい⇒おっぱい=安心して泣きやむ=苦しくてまた泣く
赤ちゃんは飲んだら泣きやむ子は安心して泣きやみます。
苦しくてまた泣いてしまいます。
親が管理してあげましょう。
赤ちゃんの思うままにしすぎると、なぜ泣いてるかどうなってるのか
苦しいのか苦しいくないのか意味もわからないのに
赤ちゃんの思うままにして
結果ママもわけが分からないということになりかねません。

きちんと母乳でも量が出るのなら少ないことはないのだから
時間をある程度決めて 与えて 与える間の時間も何分か決めて
様子を見ましょう。
泣くのは仕方ありません2ヵ月になれば少しは落ち着くはずですからね。

それから吐き方も噴水のように吐くというのがありますが
一度くらいだったら誰でもありますが、
何度も噴水のようにだといろいろ心配もありますし
検診じゃなくてもう一度診てもらってもいいかもしれませんね。
まずは1日でもちょっとおっぱい調節してあげて見て下さい。

そうそうそれから吐く量が多ければ お腹にはないことになるので
お腹もすきますよ。
それも考慮してあげて下さいね。

わからないことだらけで不安でしょうし
回答だってきっといろいろな考えの回答があるでしょうし
迷うこともあるかもしれませんが、
大袈裟な話、泣いても良い、ミルクも赤ちゃんが脱水にならない程度に
20g増えるくらいでも良い
と一度どーんと構えるくらいの気持ちになってみると楽ですよ。
おっぱい少ないのに吐く…まだ吐くよ…と怖くなれば
気にせず小児科にかけつけて何度でも質問して下さい
保健センターもあると思います。電話で相談してみて下さい。

本当赤ちゃんってわからなくて皆戸惑うものですけど
それに惑わされてしまうとお母さんがフラフラになってしまいますよ^^

私は双子でしたが、何が起きてもなんとかなるわーで過ごしてきましたからストレスも何もありません。
一人は24時間ずっと泣いてるような子でした。
病気かと思いましたね、片方が泣かないし。
でもなんとかなるもんですよ。
おかしいと思えば病院行って解決。病気じゃなければ個性として
抱っこ抱っこしなくても泣いてればいいんですよ。
それくらいで想っていても結局は抱っこするでしょう?
だからそれくらいで思っていてちょうどいいんです。
頑張って下さいね><

飲み過ぎたら吐きますし、ゲップが下手で吐いちゃうこともありますが、良く考えてみて下さい。
飲みたいだけ飲ませるって赤ちゃんの胃の大きさは決まってますよ。
飲みたいだけっていう言葉は本当に皆さん真に受けすぎじゃないでしょうか^^
おっしゃるように満腹がわかりませんし、赤ちゃんは口さみしければいつまでも加えるし、
すぐにおっぱい欲しがりますよ。
ある程度はやっぱりお母さんが止めてあげないといけませんよ。
お腹いっぱいなら飲みたくないなら赤ちゃんは飲みませんよ
という回答が時々...続きを読む

Q妊娠後期になってから膣が刺さるような痛み

32週の初産婦です。
30週くらいから、膣が刺さるような痛みが出ました。
体勢を変えたりすると長く続く痛みではないのですが、そうゆう方はいましたか?
もうすぐ検診なので、その時にも聞いてみますが
胎動がある時に、膣の痛みを感じるようです。
こうゆう症状がある時は、早産になったりするのでしょうか?
出産日の事も含めて、教えて下さい。

Aベストアンサー

現在、予定日を目前に控えた妊婦です。
たぶん、ほとんど同じ痛みを私も体験しています。
まさに膣が刺さるような痛み。膣とか、子宮口とかの方向に向けて、太めの針でズーンと刺されるような、結構な痛みが、9ヶ月くらいからたまに感じるようになり、臨月になってからはしょっちゅうです。
そして予定日1週間をきってからは毎晩、ものすごく「その痛み」があるんです。妊婦友達が複数いますが、少なくない人が同じ痛みを体験しているので、「きっと赤ちゃんの頭突きだろうね」と笑っています。

先日、かなり頻繁にその痛みがあり、その直後に検診に行ったら、赤ちゃんが随分下がっており、子宮頸管も短くなり、子宮口も開き気味。まさにお産に向けての準備として、赤ちゃんがメリメリと下降したんだなぁと思わせられました。

診察では特に異常もなかったし、後期特有の症状かな、と思います。
donpatiさんも検診で特に言われなかったのなら、少なくない妊婦が体験する痛みじゃないかしら?

お互い元気な赤ちゃん産みましょうね。

Q子供がとても小柄です。将来、大きくなる見込みはあるでしょうか?

長文で失礼します。

5歳9ヶ月の男の子が、とても小柄で心配しています。産まれたときは、2910gでしたが、その後は、ずっと成長曲線の下のラインよりも少し下を添うように成長しています。現在、身長101.5cm、体重は15kgで-2.1SDです。3月の末に産まれた事もあり、現在年長さんですが、他の年長児からは頭1つ分小さい感じです。初めて会った方には「年少さん?」と聞かれることもしばしばです。
3歳の頃、病院で低身長専門の先生に血液検査してもらいましたが、成長ホルモンはちょっと少なめですが、範囲内では出ているそうです。手の骨のレントゲンは、まだ年齢が小さいのでやらなくて良いとのことで「要観察」と言うことになりました。
身長を伸ばすために、早寝早起き、良質のたんぱく質やカルシュウム、添加物を気をつける、適度な運動など、私なりに頑張っているのですが、「このまま、ずっと小さいままだったらかわいそうだな。」と思ってしまいます。もちろん、身長が低くても立派な方は大勢いるし、それが全てではないとは分かっているのですが、やはり、これからの学生生活などでも、イジメなども心配になってしまいます。
そこで、こちらの皆さんに質問なのですが、(私の気休めになるだけで申し訳ないですが。。。)本人さんやお子さんが「子供の頃、とても小さかったが、今は普通に大きくなったよ」という方はいらっしゃいますか?良かったら、体験談を教えてください!宜しくお願いします。
ちなみに私は160センチ、主人は166センチです。二人とも子供の頃はとても小さく、第2次成長も遅めでした。子供もただの《おくて》だと良いのですが。。。

長文で失礼します。

5歳9ヶ月の男の子が、とても小柄で心配しています。産まれたときは、2910gでしたが、その後は、ずっと成長曲線の下のラインよりも少し下を添うように成長しています。現在、身長101.5cm、体重は15kgで-2.1SDです。3月の末に産まれた事もあり、現在年長さんですが、他の年長児からは頭1つ分小さい感じです。初めて会った方には「年少さん?」と聞かれることもしばしばです。
3歳の頃、病院で低身長専門の先生に血液検査してもらいましたが、成長ホルモンはちょっと少なめですが、範囲...続きを読む

Aベストアンサー

僕は、子供の頃はすごく背が低かったです。
大体2~3学年ぐらい小さく見られました。
ずっと、「幼稚園飛ばして来たやろ」みたいに言われたことも。

中学に入った段階でも130cm未満だったと思いますし、
中3は記録に残っていますが、145cmでした。

しかし、高校3年間で大きく伸びて165cmぐらいになり、
卒業後も少し伸びたようで現在は、170cmぐらいあります。
僕の場合、早生まれの影響もあったかもしれませんが。

周りには、男子どころか女子も含めても自分ほど小さい子はいなかったですね。
ずっと、牛乳を毎日飲み続けた習慣で、30代になった現在でも毎日飲んでいます。

正直、やっぱりもう少し人並みの身長が子供の頃に欲しかったと思います。
運動音痴な部分などを身長のせいにしてしまっていた分もあります。
例えば、バレーやバスケは身長が低いから不利とか。
実際には、小さくてもがんばっておられる方もいるのですが、その当時はそういう気持ちにはなれなかったですね。

健康面で問題が無ければ、身長のハンデをどうとらえるか次第で人生は変わると思います。
マイナス思考にならないように導いてあげてください。

小さいうちに大きい人と同じことが出来るようになれば、大きくなれば一気に越えられます。
いずれ大きくなると信じて諦めないことが大切だと思いますので、もし時間が掛かっても、そのように励ましてあげてください。

僕は、子供の頃はすごく背が低かったです。
大体2~3学年ぐらい小さく見られました。
ずっと、「幼稚園飛ばして来たやろ」みたいに言われたことも。

中学に入った段階でも130cm未満だったと思いますし、
中3は記録に残っていますが、145cmでした。

しかし、高校3年間で大きく伸びて165cmぐらいになり、
卒業後も少し伸びたようで現在は、170cmぐらいあります。
僕の場合、早生まれの影響もあったかもしれませんが。

周りには、男子どころか女子も含めても自分ほど小さい子はいなかったです...続きを読む

Q母乳なのにお菓子毎日は大丈夫なのですか?

現在6ヶ月になる男の子の母親です。

大手出版社が運営する
女性会員限定のサイトを見る時があります。
私は母乳が出ないのでミルクしか子供に飲ませていないので
食事制限はしていません。なので、たまに
母乳ママは食事制限とか色々大変だなぁと思っていました。

ところがそのサイトを見ると
”毎日お菓子を食べちゃいます。菓子パン3袋!”とか
”マックいっぱい食べちゃいました”とか
”太らないことをいいことに毎日お菓子間食しまくりです!”
等の書き込みを見かけます。”私のような食生活の人いますかぁ~?”
といった同意を求めるような書き込みには
けっこうなレスポンスがついてて
(私も間食、お菓子毎日です!といった同意が多数)
けっこうみんなお菓子食べてるんだ。。。とちょっと
衝撃的でした。

別に自分の事ではないので
特に悩んではいないのですが、私の持病で子供を連れて
病院に行ったりすると、薬剤師さんや看護師さんが
「甘いものや脂っこいものは控えて、なるべく
 和食中心で」と親身にアドバイスしてくれます。
母乳を飲ませていないので、うんうんと
頷きながら聞くだけですが、同時にあのサイトの
”間食毎日!”の書き込みを思い出します。ちょっと違和感。

赤ちゃんには母乳が良いのは確かですが
毎日間食している母親の母乳でも大丈夫なの?って思ってしまいます。
毎日お菓子、脂っこい食べ物の食生活の母乳って
赤ちゃんに影響ないのですか?

現在6ヶ月になる男の子の母親です。

大手出版社が運営する
女性会員限定のサイトを見る時があります。
私は母乳が出ないのでミルクしか子供に飲ませていないので
食事制限はしていません。なので、たまに
母乳ママは食事制限とか色々大変だなぁと思っていました。

ところがそのサイトを見ると
”毎日お菓子を食べちゃいます。菓子パン3袋!”とか
”マックいっぱい食べちゃいました”とか
”太らないことをいいことに毎日お菓子間食しまくりです!”
等の書き込みを見かけます。”私のような食生活の人いま...続きを読む

Aベストアンサー

長~い歴史の中、それぞれの民族で主食が決まり、体がそれを上手に消化するように変わってきたのですから、日本人には和食が一番です。


「日本人は腸が長い」
http://hc.kowa.co.jp/the_guard/enc/05.htm

糖質の取り過ぎは乳腺を詰まらせますからあまり良くありません。(乳腺炎になる)
また、糖質はエネルギーとしてグリコーゲンとして肝臓に蓄えられますが、余剰分は脂肪となり身体につきます。
お米など分解しないとグリコーゲンとならないものは消化する時に多少消費されますが、お菓子の砂糖はストレートに身体につきますよ。
母乳育児中はお腹が空きますし、太らないからと自堕落な食生活を続ければ、変えるのが難しいですし、離乳食が始まり少しした頃より母乳の成分がかわり、とった糖質を今までのように消費しなくなります。
赤ちゃんよりも、お母さんの身体の方が心配ですね。

アルコールはストレートに母乳に繁栄されますから、赤ちゃんへの脳への影響が心配です。
甘いお菓子も幼少期にあまり摂取しないと大きくなってもあまりほしがりません。
糖質をたっぷり取るお母さんの食生活はお子さんにも繁栄されますので、将来の糖尿病が心配です。
勿論、授乳期にも糖質と取り過ぎれば、その下地がお子さんに出来る訳ですからお子さんにも影響がありますよね。

ただ、女性の場合は甘いものを取る事でストレス発散になるのと、脳の栄養は糖質だけですから、極端に糖質を遠ざける事も脳に影響がでます。なんでも程々がいいのですよ。

長~い歴史の中、それぞれの民族で主食が決まり、体がそれを上手に消化するように変わってきたのですから、日本人には和食が一番です。


「日本人は腸が長い」
http://hc.kowa.co.jp/the_guard/enc/05.htm

糖質の取り過ぎは乳腺を詰まらせますからあまり良くありません。(乳腺炎になる)
また、糖質はエネルギーとしてグリコーゲンとして肝臓に蓄えられますが、余剰分は脂肪となり身体につきます。
お米など分解しないとグリコーゲンとならないものは消化する時に多少消費されますが、お菓子の砂糖はス...続きを読む

Q深飲みさせる方法(浅飲みで乳首が痛い)

こんにちは。生後1ヶ月の赤ちゃんがいます。

乳頭保護器(扁平陥没のため)を使って母乳で育てていましたが、最近になって直母がすこしずつできるようになりました!!

ただ飲ませ方、含ませ方がいまいちでどうも浅飲みをしてしまい、乳首の根元が痛いのです。

HPでいろいろ検索し「じるの魔法のおっぱい」や「おっぱいについて」など参考になるHPなども見たのですが、深飲みさせる方法はみつけられませんでした。

産院では
・縦飲みで、赤ちゃんの足を太ももにおいて開かせる
・大きな口を開かせて、乳輪全体まで含ませる
・おっぱいマッサージでやわらかくする
と指導されていますが、なかなか実行できません。

手の持ち方、頭の支え方、奥まで含ませる方法など、くわしくわかる方、ぜひアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

確かに、赤ちゃんにオッパイを深く加えさせるには、縦抱きが一番やりやすいです。家ではどのようにやっていますか?産院ではどのように加えさせるか教えていただいたと思うので、もし、かぶってしまっているようだったら、ごめんなさいね。

まず、お乳がカチンカチンに張っているときや、扁平陥没乳首など乳首の形状が子供に吸わせにくいがお乳を飲ませるとき、基本的に軽く先搾りして少し乳首~乳輪にかけて柔らかくなるようにします。そうしないと赤ちゃんは上手く吸えません。


産院で習ったように、赤ちゃんを太ももに座らせます。そして、もし右乳だったら、左手の親指と人差し指の間を思いっきり開くようにして(手はパーの形)、親指と人差し指の間の水かき部分を右乳の下(お腹とお乳の境)にグッと当てます。そして、そのままお乳を下からグッと押し上げるようにして、そのまま親指と人差し指全体でオッパイをグッと挟みます。ちょうど乳輪の外側を左右から挟むような感じになっていると思います。そして、ここがポイントなんですが(解りづらいでしょうから、後で言い換えますね)、赤ちゃんの口がオッパイより少し下にくるようにお母さんが少し背筋を伸ばすような感じになって、(何て表現していいか上手く言えないけど)赤ちゃんの口にまっすぐに乳首を持っていくんじゃなくて(まん前からオッパイを赤ちゃんの口に入れようとすると浅くなります)、赤ちゃんの口をオッパイの下からカプッと蓋をかぶせるような感じでオッパイに吸い付かせるんです。

右手で赤ちゃんの首の後ろを支えていますよね。右手首をスナップさせる感じ(解ります?)で赤ちゃんの体勢を後ろから前に持ってくるような感じにするんですけど・・・。実際にやって見せると一番説明しやすいんですけど、そうもいかないので、表現しにくくて解りづらいかもしれませんね。

赤ちゃんを後ろに少し倒し加減でオッパイに向かって少し近づかせて(そのときお母さんは少し上半身を前に倒すような感じでいる)、右の手首をクイッと手首の内側に向けて倒すような感じで赤ちゃんの頭を前に倒すのと同時にお母さんの上半身もまっすぐにする。

想像できます?できなかったらごめんなさい!

病院の助産婦さんにもうちの妹達(助産婦)にも同じ事言われたので、やり方はこの方法がやりやすいのかもしれません。

簡単に言うと、縦抱きで太ももに座らせて、お母さんも少し上体を前かがみにして子供も上体を少し後ろに倒れ加減にして、お乳の下の方からカプッと蓋をかぶせるような感じで子供の口がくるようにもってくると同時にお母さんも上体を起こす。

赤ちゃんが中途半端に口を開けていて浅く吸い付いちゃったとき、一度、赤ちゃんの口をオッパイから離してあげます。そして、赤ちゃんが口をアーンと開けた瞬間に説明した方法でクイッとやる。慣れるまで難しいかもしれませんが、吸い付いているお口にお母さんの人差し指をちょっと差し込むだけで、おもしろいほどポロッと赤ちゃんのお口が外れます。

赤ちゃんの吸引力はすごいので、赤ちゃんのお口の中は引圧になっています。そこに、ちょっとでも空気を入れてあげるとポロッと外れます。コンタクト使っている人だったらわかると思いますが、コンタクトがずれて白眼にキューッと吸い付いてしまったときに、コンタクトと白眼の間に爪の先ですこし空気を入れてあげれば引圧状態が解除されてコンタクトが動くようになるのと同じです。

人差し指や小指が適当な細さなので、やりやすいと思いますが、赤ちゃんの口とオッパイの境に爪の先を持って来て、爪の表側で赤ちゃんの唇を持ち上げるようにクッと指を差し込んで、指を持ち上げるようにするといいです。

ほんま感動しますよ。おもしろいです。赤ちゃんのお口がチューチューした形のままオッパイからポロッと外れるんです。外れるときにチュッだったかポンッだったか、音がするんです。慣れるまで難しいし、痛いから必死になって外そうとするけど、コツさえ覚えれば簡単ですから、頑張ってくださいね。

もし、解りづらかったら仰ってください。また回答しますので・・・。

確かに、赤ちゃんにオッパイを深く加えさせるには、縦抱きが一番やりやすいです。家ではどのようにやっていますか?産院ではどのように加えさせるか教えていただいたと思うので、もし、かぶってしまっているようだったら、ごめんなさいね。

まず、お乳がカチンカチンに張っているときや、扁平陥没乳首など乳首の形状が子供に吸わせにくいがお乳を飲ませるとき、基本的に軽く先搾りして少し乳首~乳輪にかけて柔らかくなるようにします。そうしないと赤ちゃんは上手く吸えません。


産院で習ったように、赤...続きを読む

Q粉ミルクは絶対に3時間あけなければダメでしょうか?

お世話になります。
生後2ヶ月と20日の男の子です。
3340gで生まれ現在6500g、大き目の赤ちゃんで、常に元気いっぱい、食欲旺盛、良く泣き良く笑い、夜は良く寝る子です。

おっぱいを嫌がられ、今はほとんどミルクです。
生後2ヶ月からは基本的に160ccを一日6回のペースを保っています。

一般的に「ミルクは消化が悪いので3時間はあけるように」と言われますよね。
現在は1回に160ccを与えているのですが、授乳後2時間ほどでミルクを欲しがります。
ギャン泣きします!
助産師さんや保健師さんに「泣くのはミルクが欲しいわけだけではない」と言われますが、
オムツも変え、抱っこし、室温や湿度にも気をつけ、それでも泣き止まない。
その状態で乳首(哺乳瓶でもおっぱいでも)を与えるとものすごい勢いで食いつきます。
お腹がすいた以外考えられない感じです。

基本的には1回に160ccですが、130しか飲まない時もありますし、160で足りないと泣く時もあります。
いずれにしても2時間ほどでミルクを欲しがるのです。
ベビーカーで外出(散歩)をすれば、何時間でももつのですが、
家に二人でいると間が持たないというか、赤ちゃんも飽きるのか
すぐに泣いてミルクを欲しがります。

やはり「3時間はあけないと」という思いがあるので
授乳後2時間近くなり、泣き出しそうになったら
ベビーカーに乗せ、散歩や買い物に連れ出し
1時間ほど赤ちゃんの気をまぎらわせてから帰宅し
ミルクを与えています。

天気の良い日は良いですが、雨が降ったりすると外出できません。
そんな時は3時間たたなくてもミルクをあげています。
うちの子はおしゃぶりも受けつけないし、白湯・麦茶も受けつけません。
おっぱいもダメ、ミルク命って感じです。
ダラダラと長くなってしまいましたが、お聞きしたいのは、粉ミルクの場合、何が何でも3時間あけなくてはならないのかということです。
母乳は「欲しがる特に欲しがるだけ」といいますが
現在2ヶ月と20日、ミルクも欲しがる特に欲しがるだけあげても良いのでしょうか?

アドバイス宜しくお願い致します。

お世話になります。
生後2ヶ月と20日の男の子です。
3340gで生まれ現在6500g、大き目の赤ちゃんで、常に元気いっぱい、食欲旺盛、良く泣き良く笑い、夜は良く寝る子です。

おっぱいを嫌がられ、今はほとんどミルクです。
生後2ヶ月からは基本的に160ccを一日6回のペースを保っています。

一般的に「ミルクは消化が悪いので3時間はあけるように」と言われますよね。
現在は1回に160ccを与えているのですが、授乳後2時間ほどでミルクを欲しがります。
ギャン泣きします!
助産師さんや保健師さん...続きを読む

Aベストアンサー

絶対に3時間空けないとならない、なんて無理ですよ。
大人だっておなかが空くときもあれば空かないときも
あるんですしねえ。
育児に絶対とかありえないと私は思うんです。
その子にはその子のやり方ってあると思いますしね。
私の子も3時間も空かないうちに泣いたりしていました。
そんな3時間必ず空けるなんて不可能に近いのでは…?
私はあげてもいいと思うなあ。
赤ちゃんの時にミルクの飲みすぎでそのまま肥満体に
成長したって聞いた事ないですよ(笑)。

小三男児の母より

Qお腹が長時間張るのは陣痛になりますか?

こんにちは。現在37週です。
1週間前の検診の時に、赤ちゃんがもう骨盤に下りてきていて子宮口も開きかかっているので早めに生まれると言われました。
まだ予定日までだいぶありますし、初産婦なのでそう簡単には生まれないのではと思いますが、毎日いつ陣痛が来るかとドキドキしています。

今のところおしるしもないですしお腹が痛いこともないのですが、最近夜にお腹が1~2時間張りっぱなしになることがあります。
規則的に張るのではなく、1時間以上ずっと張っていることが多いのですが、その間胎動もあり痛いわけではないのですが、結構強い張りで息苦しいです。
こういう場合、そのまま陣痛につながったりするのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは
妊婦生活も後少しですね^^。
長時間お腹が張るのは気になりますよね。
あんまり気をつかっちゃうとストレスになってしまいますよ^^。

私は陣痛ってどんな痛さ?と出産予定日近くになると毎日が不安でしたけど、気にしすぎて寝れないのも・・・
「出産の時は体力がいるから食事はしっかりとって寝れる時に寝て下さいね」との母親学級で言われた事を思い出し、夜しっかり寝て、お昼寝する日もありました。食事も三食&食べたい時に「おやつ」を食べてました。食べすぎには注意してましたよ^^。
予定日三日過ぎた朝方、生理痛よりちょっと痛いかな?
キリキリ痛むような感じで「陣痛ってこれ!?」と思い4時半過ぎに入院準備をしました。
あんまり早く病院に行っても一度、自宅に帰されるという事も聞いていたので五分間隔になって主人に病院へ連れて行ってもらいました。
その日のお昼に無事出産しましたよ^^。

好きな音楽を聴くなどリラックスして過ごすなど
好きな事をすると良いと思います。
元気な子を出産して下さいね!


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報