中小企業の働き方改革をサポート>>

20V,2Aで10時間使った場合の消費電力は40Wh、消費電力量40*60*60*10Jという計算は合っていますか?
消費電力を表示するのにWhという単位がよく使われているのですが、
hが単位に入っているということはやはり1時間当たりの消費電力量を意味しているのでしょうか?
ということは、使用した時間が違1時間より多い時はWhというのは1時間あたりの平均消費電力量でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

(力率が100%の場合を考えますと、)


20[V]×2「A]×10時間=400Whですねこの場合は、
40[w]*60[秒]*60[分]*10[時間]=1,440,000[J]ですね。

>hが単位に入っているということはやはり1時間当たりの消費電力量を意味しているのでしょうか?

これは合っています。

>ということは、使用した時間が違1時間より多い時はWhというのは1時間あたりの平均消費電力量でしょうか?
1時間あたりの平均ではなくて、合計の消費電力量です。

単位がWの電力は仕事率ですが、Whは仕事量(エネルギー)ですね。
    • good
    • 0

最近この質問が多いですね。



車の速度計が有る瞬間の車の速度あらわすように
電力もある瞬間のエネルギーの消費率を表します。
単位は J/s = W (1秒当たりで消費するエネルギー)

なので 20 V x 2 A = 40 W
#Wh ではありません。

電力量はエネルギーのことで単位は J です。
但し、電機業界では Wh や kWh という単位が
よくつかわれます。

1 Wh = 3600J
1 kWh = 3.6 MJ

例えば 消費電力 = 3.6 MW のならば 1秒で 1kWh の電力量を消費できます。
    • good
    • 0

Wは電力、Whは電力量です。

Wは時間のマイナス1乗の次元を持っていて、単位時間に使用するエネルギーを表します。それに時間をかけたものがWhで、次元としてはエネルギーと同じ次元を持ちます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング