5/27 回答が連続投稿される不具合が発生しております

タイトルどおりです。前夜の食事によって次の日の朝、採血に大きく影響とかってありますか?

最近クレアチニンが上がってきてクレアチニンが上がるというのは腎機能が低下ということは分かりました。腎臓に良い食べ物は基本的に、低たんぱくだということもなるほどと学びました。


では例えば月曜日早朝に採血があるとします。日曜日の夜、これを食べたら(食べ過ぎたら)クレアチニンが上昇しやすいとかあるのでしょうか?
例えば○○をこれだけ食べたら、これくらい上がると思うとかありましたらお願いしたいです。

何かご存知の方いらっしゃいましたらアドバイスご教授いただけるとうれしいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

クレアチニンは食事の影響を受けません。




腎機能を見る指標はBUNとクレアチニンがあります。
BUNが高タンパク食などの影響を受けるのに対し、
クレアチニンは受けないのです。

また、腎臓が弱っている人は低タンパク食が推奨されますが、
正常な人はほとんど気にする必要はないです。

前日に高タンパク食を食べてBUNが上がっても、それは一時的なもので、
あなたの本当の腎機能の指標にはならないです。


>例えば○○をこれだけ食べたら、これくらい上がると思うとかありましたらお願いしたいです。


これについては探してみたんですけど、データが見つかりませんでした。
ただ、食事の影響は検査に支障をきたす程、大きく変化があるものではないと思いますよ。
腎機能が落ちてる人は別ですけどね。

もし、koike627さんが何かの検査を控えているのなら、koike627さんらしい、いつも通りの生活を送って、検査に挑んでほしい所ですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。なるほどと読ませていただきました。

>これについては探してみたんですけど、データが見つかりませんでした。
ただ、食事の影響は検査に支障をきたす程、大きく変化があるものではないと思いますよ。
腎機能が落ちてる人は別ですけどね。

なるほどです、わざわざ探していただいてありがとうございます。
自分は採血前夜食事の影響などで色々検索したのですが、確かにあまりないでした。

いつも通り普段通りの生活で検査に行きたいと思います。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/07/24 22:33

クレアチニンは透析患者になると関係ない数値なので現在は気にしておりません。


透析患者になると気になるのはリンとカリウムです。
この二つは確かに土日と月曜日の朝昼に食べた物が大きく影響します。とくにカリウムはたまると手足がしびれひどいと唇もしびれ最悪の場合は心臓が止まって突然死しますので要注意です。
貴方の場合はまだ透析に至っていませんのでリンとカリウムは心配ありません。

さて、クレアチニンについて、直前に食べた物が影響するかについてですが、これは腎機能のバロメーターでリンやカリウムのように血液中にその物質がどれだけ含まれているかみたいな検査ではないことから大きく影響されることはないと思います。

ただ・・・
クレアチニンの検査というのは貴方の腎機能がどの程度かをチェックするためのものですから自然体で臨むべきだと思います。小細工は無意味です。
たとえば一時的に最高の状態で検査に臨むということが可能であったとしてもそれは最高の状態を作りあげたに過ぎません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
なるほどと読ませていただきました。
>自然体で臨むべきだと思います。小細工は無意味です。
はい、いつも通りが一番なんですね。
普段通り望みたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/07/24 22:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクレアチニンの上昇と水分の関係について

今日定期検査に行ってきました。そしたらクレアチニンが先月よりおよそですが1点ぐらい上がっていました。今まで血液検査採尿検査の前はあまり水分をとらないほうがよいのかなと思い前日そして今日とほとんど水分をとらない状態で検査をした結果びっくりするぐらい上がっていました。

そこで質問です。クレアチニンが上がってしまう要因のひとつに水分をとらないと上がるもんなんでしょうか?
ご回答アドバイス頂けるとうれしいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>クレアチニンが上がってしまう要因のひとつに水分をとらないと上がるもんなんでしょうか?

クレアチニンは血液検査で判定します。摂取した水分が足りないと体のあちこちから血管に水分が集まって来ますから水分を制限したからといってそれほど数値に影響はないと思います。

>クレアチニンが先月よりおよそですが1点ぐらい上がっていました。

一点ってそりゃ大問題ですよ。1,0が2,0になったらそれは健常者が腎不全になったということです。2,0が3,0の場合ならそれは二分の一であった腎機能が三分の一になったということになります。

>今まで血液検査採尿検査の前はあまり水分をとらないほうがよいのかなと思い前日そして今日とほとんど水分をとらない状態で検査をした

あ、それはいけません。検査は普通の状態で受けないと検査の意味がないです。

Qクレアチニンの数値が上がってきました!改善には?

50歳台前半の女性です。人間ドックで少しずつクレアチニンの数値が上がって今回ついに0.8になりました。飲酒、喫煙せず甘いお菓子が好きな以外は至って健康的な食事をしています。体重も標準より少なめで、コレステロールも正常です。ただし家族が病人だらけで仕事も忙しく気の抜けない忙しい毎日で、疲労感と闘いながら過ごしております。父は透析治療を受けており、自分までそうなるとお手上げです。とても不安です。このような中でクレアチニンの数値改善のためにできることがあれば教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今尿たんぱくが出ていなければ心配しないでください.クレアチニンが上がってきて問題になるのは2を超えた時でしょう.(年齢に応じてeGFRというのが計算できます.50を切れば約半分の腎機能ということです.お医者さんに聞けば計算してくれます.)透析をするクレアチニンは糖尿病による腎不全なら8くらい,糖尿病がなければ10ですから0.8は全く心配いりません.2を超えると腎機能は約1/2になり,残った半分で倍働かなければならず,さらに1/3になれば3倍働かなくてはならず,3→4→5と上がっていくイメージです.尿たんぱく(-)で糖尿病がなく暴飲暴食がなければ心配いりません.腎機能を悪くするのは実は初期は脱水で水分不足です.かぜで熱をだしたなんていうのも含まれます.クレアチニンが正常値を超えてたんぱく尿があれば,たんぱく制限が必要になります.栄養指導のできる病院でお話を聞いてくればすっきり解決しますよ.

Q筋トレのしすぎによる腎機能の低下

自分はもう1年間も尿たんぱく+1が続き、尿の泡も全然消えない状態です 血液検査や心電図、レントゲン検査の結果は正常です 筋トレの量を増やすと尿の泡が増えるということに気づき、最近は何もせずに静養しています トレーニングは、ビルダー並にやっていました。トレをやり込んでいた時期は尿の泡が多く、軽めにやっていた時期は泡が少し減るという状態でした 筋トレをすると腎機能が低下することはあるのでしょうか? 2月に精密検査を控えている状態ですが、不安でなりません…

Aベストアンサー

腎機能は低下すると言うか、ビルダー並にトレーニングをすれば、腎臓に結構負担は掛かります。

それプラス薬物やサプリメントなどを摂取すればやはり負担が掛かり、人によっては尿タンパクが止まらない事も有ります。

トレーニング自体が「筋肉や血液を壊す」ことは御存じだと思いますが、この時に壊れた組織や老廃物が血液中に大量に取り込まれ、腎臓のキャパを超えると尿タンパクや酷い時には血尿、尿が出ないなどの症状がでます。

腎機能は人それぞれでどのようなトレーニングでも大丈夫な人も居りますが、チョットきついぐらいのトレーニングでタンパクがでる人もいます。
それに腎臓に慢性的に負担の掛かる状況を放置すると、腎臓自体が弱ってしまう事もあります。
(薬物やサプリメント(プロテイン等も)は負担が大きいです)

一度自分の体質と、誤使用されている薬物又はサプリメントがどのような物か(副作用等)を調べ、自分に合ったトレーニング強度やサプリメントを探し出した方が十年以上先を見据えた時には有効のような気がします。

Q腎臓病?不安です。クレアチニン0.8 蛋白尿+

30代 女性です。健康診断の結果、クレアチニン0.8 蛋白尿+で、要再検査でした。

早速病院にいき、再検査して、今は再検査の結果待ちですが不安でたまりません。

亡くなった母も腎臓病で透析をしていたので、いつか私も…という気持ちはありましたが
今まで検査で異常があったことはありませんでした。

そこで質問です。
1、家族歴もあり慢性腎炎の初期では…と思っているのですがどう思われますか?
2、初期であった場合、今後はどのような治療になるのでしょうか?食事療法などでしょうか?

再検査の結果が出るまでまだ数日あり、覚悟をするためにも些細なことでかまいませんので
是非アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

腎臓は血液を濾過し、不要物を尿中に排泄しています。その機能が落ちると腎不全ということになりますが、その目安がクレアチニンです。クレアチニンは一定量が筋肉から産生されますが本来なら腎臓から尿へ排泄されます。腎機能が落ちると血液中のクレアチニンが高くなります。あまりにも高い場合は透析が必要な状態です。

そういうわけで、クレアチニンは筋肉量にも関係し、女性の正常値は男性よりも低めに設定されています。0.8というのは女性としては高めなのですが、もし質問者が筋肉質の方であれば、腎機能は正常かもしれません。

タンパク尿+というのは腎不全とは直接関係ありません。腎臓が正常でも少量のタンパク尿がでることはよくあります。一方で、放置すると将来腎不全になるような病気の症状の可能性もあります。後者としては糖尿病性腎症や慢性糸球体腎炎などがあり、尿タンパクが多い場合はネフローゼ(原因はいろいろあります)も疑われます。要するに精査の結果をみないと解らないのですが、放置してもいい場合や治療により治る場合もあるのであまり思いつめないで結果の説明をしっかり聞かれるとよいと思います。あと、妊娠中だと話が全く別になりますがそちらは大丈夫でしょうか。

腎臓は血液を濾過し、不要物を尿中に排泄しています。その機能が落ちると腎不全ということになりますが、その目安がクレアチニンです。クレアチニンは一定量が筋肉から産生されますが本来なら腎臓から尿へ排泄されます。腎機能が落ちると血液中のクレアチニンが高くなります。あまりにも高い場合は透析が必要な状態です。

そういうわけで、クレアチニンは筋肉量にも関係し、女性の正常値は男性よりも低めに設定されています。0.8というのは女性としては高めなのですが、もし質問者が筋肉質の方であれば、腎機能は...続きを読む

Q腎臓によい飲み物について

母が、昨年末に糖尿・高脂血しょう・高血圧・ネフローゼと診断され入院治療しました。
ネフローゼの原因が糖尿だったため、その治療に重きを置き治療して頂きました。
入院中からインスリンの働きを助けるとされるゴーヤ茶を飲んでいますが、糖尿のほうは本人の努力もあり先生も驚くほど調子がよく、
コレステロールも血圧も正常値を維持できています。

ところが、やはり透析一歩手前までいってしまったせいか、それ程気にする程ではないと先生にも言われましたし、本人もそれ程気にしていないのですが、
時々でる浮腫みが気になります。確かにそれ程でもないのですが以前よりもむくみやすいようなので、
今度は腎臓に良いとされるお茶を使ってみたいと考えています。
ハーブでもかまいません。これが良いというものをご存知でしたら教えて下さい。

ちなみに、トイレに行く回数も量も問題はないようです。
食事は、私が作っていますが減塩、低タンパク質にも配慮した内容のつもりですが、
この食材は下処理をしてから使ったほうが良いなど、調理方法などで気を付けた方が良い事とかもあれば教えて下さい。

乱文なのでいくらでも補足します。
お願いします。

母が、昨年末に糖尿・高脂血しょう・高血圧・ネフローゼと診断され入院治療しました。
ネフローゼの原因が糖尿だったため、その治療に重きを置き治療して頂きました。
入院中からインスリンの働きを助けるとされるゴーヤ茶を飲んでいますが、糖尿のほうは本人の努力もあり先生も驚くほど調子がよく、
コレステロールも血圧も正常値を維持できています。

ところが、やはり透析一歩手前までいってしまったせいか、それ程気にする程ではないと先生にも言われましたし、本人もそれ程気にしていないのですが、
...続きを読む

Aベストアンサー

私の父は慢性の腎臓病になってしまいました。
原因は長年の高血圧なのか、糖尿病になっていたのか、先生にもよく分からないようです。

腎臓に良いお茶と言うことで、刃豆茶(なたまめちゃ)と言うのが良いと聞き、すぐに購入したことがありましたが、他のサイトなどでよく調べてみるとカリウムが大量に含まれているとのこと。
カリウムが多ければトイレの回数は増えるかもしれませんが、父は食事制限の中でカリウムも制限されていましたので、NGでした。飲む前にNGだと分かって良かったです。危うく親に毒を盛るところでした。
でもカリウム制限されていない方、医師の許可が得られた場合には、腎臓病に良いとされている飲み物ではあるので、飲んでみても良いのかもしれないです。

コーヒーは一日一杯程度なら飲んで良いと言われていましたが、あまり飲まない方がいいようですよ。先日の検査でクレアチニンの数値が激増したので、もうコーヒーは飲まないと言っています。

水分量の制限はされていないのでしょうか?
腎臓病と言っても色々とありますから、水分を取った方がいい人、父のように制限される人がいます。
父は、医師には仕事を辞めるように言われているのですが、外での仕事なので健康な頃にはかなりの水分を取っていました。
が、病気が発覚してからは一日700mlまでと制限が付き、その後、クレアチニンの値が比較的低いまま推移していたので、徐々に制限が緩くなり、今は解除されました。

食事についてですが、減塩、低タンパク質は勿論、一日1800kcalだったか2000kcalだったかカロリー制限があり、父は1年で20キロ近く痩せました。まるで別人です。
先ほどカリウムに触れましたが、リンとカリウムは徹底排除と言われているそうで、生野菜は少量しか食べませんし、母は野菜類は必ず一度湯でこぼして鍋や野菜に付いた灰汁を洗い流してから再度火に掛けて味付けをしています。
父は出来上がった料理の中から、人参は何グラム、ジャガイモは何グラム、デザートのパイナップルは何グラムと指定をして、全てデジタルの秤で計って、ノートに各食材のグラム・たんぱく質量・カロリーを書き記して一日の合計を出し、制限内に収まっていたか、カロリーが足りないようならカロリーを摂取する為のゼリーを食べたりして、日々確認・調整しています。
ご飯は低タンパク質の腎臓病食のご飯で、一食分ずつパックに入っていてレンジでチンして食べます。お米の形はしていますが、味も食感も全く別の物体です。

蕗やパイナップル、マンゴーなどはたんぱく質量もカロリーも少ないそうで、殆どの食材は人の半分~2/3程度しか食べられないけれど、これらは人並みに一人前を食べられるので、持って行くと喜ばれます。
本来、蕗は手が黒くなるほど灰汁が強い植物ですが、皮を剥く為に多めのお湯で湯がいたりするだけで灰汁が流れ出やすいのか、大丈夫なようですよ。私はなるべく多めのお湯で湯がいて皮を剥いて、表面にも穴の中にも灰汁が残っていないように良くジャバジャバと水洗いしてから、味付けをします。その時にも鍋から離れずに灰汁が浮かんできたら即撤去!と、出来るだけ安心して食べて貰えるように、私に出来るだけの灰汁対策はしたものを持って行っています。

それから、唐辛子のカプサイシンは腎臓に負担になるそうです。それを知ってから唐辛子も、七味唐辛子も、辛子も、カレーや辛味スパイスの入っていそうな物や唐辛子系の食物と思われる物は全て口にしなくなりました。カプサイシンが良くないことは大学病院の腎臓内科の先生も食生活のアドバイスをして下さった管理栄養士(?)さんもご存知無かったそうで、父がテレビを見ていて知ったことです。それを先生にお話しても「そうですか、じゃ避けた方がね」って感じだったそうですけど。

父の場合は慢性の腎臓病、治ることはないそうです。
急坂を一気に転がり落ちていくか、出来るだけなだらかな坂をゆっくりと転がって行くか、それは本人の努力次第と言われていて、少しでも母と二人で長生きする為に、一日でも透析を先延ばしする為に出来るだけの努力をしています。
ですので、ネフローゼで透析一歩手前まで行っても、その後、先生にそれ程気にする程ではないと言って頂けた方に適している食生活やその他に気をつけることのレベルとはかなり差があると思います。
こういう人もいる、程度に考えて頂いて、詳しくはお医者様と相談なさりながらお母様を支えて差し上げて下さい。

長文、失礼しました。

私の父は慢性の腎臓病になってしまいました。
原因は長年の高血圧なのか、糖尿病になっていたのか、先生にもよく分からないようです。

腎臓に良いお茶と言うことで、刃豆茶(なたまめちゃ)と言うのが良いと聞き、すぐに購入したことがありましたが、他のサイトなどでよく調べてみるとカリウムが大量に含まれているとのこと。
カリウムが多ければトイレの回数は増えるかもしれませんが、父は食事制限の中でカリウムも制限されていましたので、NGでした。飲む前にNGだと分かって良かったです。危うく親に毒を...続きを読む

Qクレアチニンの数値が高いと言われました

高血圧治療で内科に通う61才男性です。(ちなみに半年前にアルドステロイ症候群の疑いありといわれてます) 今回の検査でクレアチニンの値が1.41mlといわれました。今までは1.1~0.8くらいでずっと推移してきてたのですが、こんな数字が出たのは初めてのことです。
 そこで担当医は高血圧の薬の種類を変えて様子をみましょう、で診察終わったのですが、更に詳しい検査をしなくていいのでしょうか。
 素人ながら自分で調べてみたところ、クレアチニンの異常値の原因となっている病気を確定するため、PSP排泄試験、電解質測定、フィッシュバーグ濃縮試験、クレアチニン・クリアランス、腎盂造影、X線CT、腎生検などの検査をする必要がある、という一文を見つけたのですが、どう思われますか?
 もし更にそういう検査をする必要があるのなら、何科を受診すればいいのでしょうか。

Aベストアンサー

クレアチニンの値が高いと疑われるのは、腎機能の異常だと思います。
泌尿器科を受診なさると良いと思います。
大きな病院を受診されることをお勧めします。

実は、私の父親(70代)が去年クレアチニンの値の異常がきっかけで、病気が見つかり治療しました。

でも、お医者様が仰るには、1.41は確かに基準より高いですが、異常とはいえない数値なのだそうです。
脅かすようなことを書いてしまいましたが、もう一度、お医者様にご相談なさることをお勧めします。

Q尿素窒素を下げるにはどうしたらよいでしょうか。

尿素窒素を下げるにはどうしたらよいでしょうか。

毎年秋の健康診断の血液検査で毎年尿検査でたんぱくがでています。
数値でいうと、適正範囲内にはあるのですが
【尿素窒素;BUN】
一昨年⇒8.2
去年⇒9.0
今年⇒12.2
と徐々に上昇してきています。

他の項目では、復位が去年より2cm増えたことぐらいで特に問題はないです。

今年の夏は体調を崩し、胃腸炎・白血球上昇・めまいで動けなくなる 等のことがありましたが、
これらも関係しているのでしょうか。ちなみに今は、体調は戻っています。

医学療法に詳しい方がおられましたら、ぜひ
尿素窒素を下げる方法を教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

質問者さんにとっては 情報量が少なくても何ら問題ないと認識されていたと思いますが、やっぱり、大切な情報を秘めていました。

 AST     16
 ALT     11
 総蛋白 7.8

尿素窒素が12.2 (No2で説明したタンパク不足の食生活) でありながら、総タンパクが 理想値の7.8g/dl になっている・・・この数値が示す意味は、血液から水分量が減っているのを示す。脱水血液は、5リットル流れているはずの血が、4リットルに減っている、と表現できます。
その結果、栄養や酸素が体の隅々まで届き難く、低血圧・疲れ易い・だるい・冷え性・無気力・なども起こりえます。

AST 16  ALT 11は、ビタミンB群の不足を表します。通常、健康で栄養が満ち足りていると、AST 16ならば ALT 15は程度です。ALTのトランスアミナーゼと云う酵素の基質はビタミンB6であり、B6の不足があればALTは減少します。人の体はビタミンB6単一の欠乏はなく、Bグループ全体が不足しているのを示します。

参考に、ビタミンB群欠乏の症状
B1 : 疲労、記憶障害、精神的混乱、行動障害、興奮しやすい、衝動性、よく眠れない
B2 : 震え。眩暈・不眠・音や光に過敏・精神的不活発
B3 : うつ、神経過敏、短期記憶の障害
B6 : 興奮しやすい、疲労、集中力の乏しさ、気分の動揺、よく眠れない
葉酸 : アパシー(無気力・無感動)、幼児の発達遅延、記憶障害、興奮しやすい、引っ込み思案、全ての知的過程の遅れ、うつ
B12 : 無感動、気分動揺、記憶の貧弱化、注意集中と学習の障害、幻聴、精神不安

今年の血液検査で 尿素窒素が 12.2 ですが、脱水血液のマスクを剥がすと、やっぱり昨年同様に 9.0かもしれませんね。

余談ですが、
タンパク質を食べると、消化されてアミノ酸になるのですが、体内でそのアミノ酸を結合してタンパク質に再構築されます。その時に、ペプチド結合と云う化学反応が起きて、体内で水を作り出します。この夏の暑さで熱射病から脱水になり易いので、水分と塩分を摂りましょう、と知らせていました。
実際は、タンパク摂取も大切だったのです。なぜなら、毎分毎秒、体の中で水を作り続けますから。

余談ついでに、タンパク質摂取の重要性です
タンパク質を食べると
1. エネルギーになる。
2. 体内の重要な酵素を作る。
3. 日夜作りかえられている血液・骨・皮膚・髪の毛・爪・内臓等の構成材料になる。
4. ホルモンになる。
5. 人の心を正常に働かせる神経伝達物質の材料になる。
6. 皮膚に張りを持たせたり、内臓を所定の位置に座らせておくコラーゲンの材料になる。
7. 薬や栄養素を体内運搬するときの運搬役をする。
8. 免疫力を高める(肺炎や風邪などに強くなる)
9. 血管を丈夫にする。
10. 栄養や薬、神経伝達物質を細胞内に取り込む受容体(受入場所)の材料になる。

毎年、2000万人の方が健康診断を受けていると仮定して、自己負担・企業負担・行政負担等々の費用で、数百億円が使われていることになります。しかし、その経済対効果は得られていない。
何故なら、健診を推奨しても、それに拠って得られる情報は、医療側から受診者に一言もアドバイスされていない。健診の意義に疑問を感じる一素人の提言でした。

質問者さんにとっては 情報量が少なくても何ら問題ないと認識されていたと思いますが、やっぱり、大切な情報を秘めていました。

 AST     16
 ALT     11
 総蛋白 7.8

尿素窒素が12.2 (No2で説明したタンパク不足の食生活) でありながら、総タンパクが 理想値の7.8g/dl になっている・・・この数値が示す意味は、血液から水分量が減っているのを示す。脱水血液は、5リットル流れているはずの血が、4リットルに減っている、と表現できます。
その結果、栄養や酸素が体の隅々まで届き難く、低血...続きを読む

Q検尿はなぜ早朝尿なのか?

検尿はなぜ早朝尿を検査するのか教えてください。
昼間に採取したものではなぜだめなのですか?
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

尿蛋白が陽性と出た場合、起立性蛋白尿と区別するためです。
尿蛋白の検査は、慢性糸球体腎炎のような重篤な病気を早期発見するのに、大変有用とされています。(費用が安い、被検者に苦痛がない、検査手技が簡便)
ただ、欠点は、偽陽性が多いということです。この偽陽性の代表的な原因として、冒頭で述べた起立性蛋白尿が挙げられます。これは、人によっては、体動を長時間続けると、尿に蛋白が出てくるというもので、病的意義はないとされています。したがって、随時尿から、蛋白が検出されてから、改めて早朝尿を調べるという方法でも、起立性蛋白尿を除外できるのですが、今回の検査はそうした二度手間を避けようとしたものでしょう。

Q激しい運動をする、もしくは激しい運動をしたあとは肝機能のAST(GOT)とALT(GPT)の数値があがるということはあるのでしょうか?

先日(:4/26)、に健康診断を受け、肝機能のAST(GOT)とALT(GPT)の数値が平均値よりも高いことがわかりました。以下のとおりです。

平均値      質問者の数値
AST(GOT) (35以下)   →48
ALT(GPT) (35以下)   →41

過去、3年間、検診を受けています(。過去の両者の平均値はGOT:25.5、GPT:31です)が、今回、初めて、上記のような高い数値が出てしまいました。“原因ではないか?”と思い当たるふしとして、検診の前日に、激しい運動をおこない、検診当日も疲れが残っていました。

激しい運動をする、もしくは激しい運動をしたあとは肝機能のAST(GOT)とALT(GPT)の数値があがるということはあるのでしょうか?

(※先の類似の質問に回答してくださった皆様がた。ありがとうございました。)

Aベストアンサー

◆よくお気づきになりました。

◆激しい運動の翌日などに筋肉痛や筋肉のだるさが残っている状態では、運動によって筋肉細胞が多少壊れてその修復が行われていることを示します。AST(GOT)やALT(GPT)は肝臓の細胞に含まれているので、肝臓の細胞が壊れた時に上昇し、肝機能障害の指標となります。

◆けれどもこのASTやALTは筋肉細胞にも含まれています。ですから、激しい運動によって筋肉の細胞が壊れると血液の中にASTやALTが出てきて数値が高くなります。壊れた細胞が肝臓か筋肉かを区別するためにはCKという物質を測定すればわかります(CKは筋肉細胞が壊れて上昇します)。ところが、CKは健康診断では測定しませんし、一般の内科診療でも測らないことが多いのです。

◆そのため、筋肉の障害(激しい運動、筋炎、筋肉の病気、筋肉の打撲、肉離れ)が「肝機能障害」と判断されてしまうことがしょっちゅうあります。

◆健康診断の前には激しい運動は厳禁です。異常値についてはもう一度、医療機関でCKとともに再検査してもらえばよいでしょう。

Q身体検査の尿蛋白がでないようにするには

身体検査で尿蛋白が+だったためか再検査を求められ
明日再検査をするつもりですがどうすればいい結果が得られるでしょうか?
僕はいつも尿蛋白でひっかかる体質みたいなのですが
いつも二回目の再検査で結果はどうだったのか知れませんが
再検査なしで通ってきました
確かに僕自身腎臓などに不安を覚えたこともないので
検査してる人もそれを考慮してただ疲労がたまっててたまたま
出たんだろうということで妥協して二回目は通してたり
してるのではないかと考えてしまいます。
しかし今回は公務員の身体検査の再検査でちゃんと通るか不安です
尿蛋白が通るようにするには今どうすればいいでしょう?
手淫などはもちろん控えるつもりですが
他に検査時のコツなどできることがあれば教えて下さいお願いします

Aベストアンサー

尿蛋白はほとんどは腎臓機能の低下から発生するものです。
自覚症状が無いというのは、まだ初期症状だからではないでしょうか。
去年も出ていて、今年も出たということは、精密検査をしておいたほうが今後のためにもいいでしょう。

健康診断で1回目で引っかかり再検査で何も言われないというのは、良いにしろ悪いにしろ、健康診断での再検査は1回で終わりです。
1回目も+、2回目も+と言う記入になります。
ですので診断医はこの人は腎臓が悪いのかな、と言うことになります。
採用基準に一連の検査で引っかかった人は採用しないという項があれば、これだけで不採用となるでしょう。

公務員の採用試験では明らかな病気でなければ採用基準には明記されていないはずです。

お勧めは出来ませんが、検査前日から水分を多量に飲んで、尿を何回も出す。検査するときの尿はなるべく希釈された尿を提出する。

でもこれは自分のためには何にもなりませんよ。
くれぐれも自分自身のこれからのために自分の身体を考えてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報