初めての店舗開業を成功させよう>>

薬物動態速度論についての質問です。

尿中未変化体排泄率とタンパク非結合型分率の違いがいまいち分かりません…。 未変化体とはタンパクに結合してない薬物 という考えは間違っていますか??

教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

尿中未変化体排泄率とは肝臓で代謝されずに排泄された薬物量のことです。



タンパク非結合型分率とは投与された薬物が血中でタンパク質(アルブミン、α1酸性糖タンパク質)と結合していない割合の事です。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qミクロソーム画分?

CYPはミクロソーム画分に存在すると習いました。ミクロソームってなんですか?肝ホモジネートを遠心分離して沈殿と上清に分けることを3回すれば沈殿してくるっぽいんですけど…。ってか肝ホモジネートって何(・・;?何でわざわざ3回もやるの?1回目の沈殿物や2回目のミトコンドリア画分と一緒になって沈殿しっちゃったりしないの?

わからないことだらけです。誰か教えて下さいm(__)m

Aベストアンサー

生物を受験科目にしなかった生命科学系の学生さんでしょうか。

テキストをまず勉強しましょう。ネットで検索しても多くのURLがヒットするはずですが…

一つだけ,表題のミクロソーム画分とは特定の構造を示すわけではありません。主に小胞体等がバラバラになった画分です。分画と画分の違いは解りますでしょうか…??

細胞小器官については下記URLで
http://web-mcb.agr.ehime-u.ac.jp/organella/default.htm

細胞分画については最も易しいURLを(ショックウエーブが必要ですが)
http://www.dainippon-tosho.co.jp/kou/kokoB/bunkaku.htm

参考URL:http://web-mcb.agr.ehime-u.ac.jp/organella/default.htm

Q薬学に詳しい方、AUC、Kel について教えてください!

ちょっと、仕事で必要な文書の中にAUCのデータがありました。バイオアベイラビリティー関係の文書なので、薬物動態に関連した数値であると思いますが、具体的に何を表すものであるのかどうしても分かりません。ちなみに、その中ではAUCtとAUC∞の2つがあるのですが、その違いなども教えていただけると助かります。
また、Kel(消失速度定数)のデータがあるのですが、それがどういう計算で出てきたものなのか分かりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

MiJunです。
MRT:Mean residence time(平均滞留時間)
です。
ちょっと専門的ですが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「TDM概論」
さらに、以下の成書は如何でしょうか?
====================================
薬物動態と薬効/加藤隆一,水島裕/岩波書店/1999.9 
医薬品非臨床試験ガイドライン解説/1997 …/薬事審査研究会/薬事日報社/1999.6 
グラフによる臨床薬物動態解析法/W.A.リッチェル[他]/薬事日報社/1998.4 
わかる臨床薬物動態理論の応用/菅野彊/医薬ジャーナル社/1998.10 
医薬品開発における薬物動態研究/杉山雄一/薬業時報社/1998.3 
=====================================

ご参考まで。

参考URL:http://members.tripod.co.jp/T_T2/TDM1.pdf

Q過酸化物価の計算式

過酸化物価の計算式(滴定法)で、POVmeg/kg=滴定値*F*10/試料量の10の意味がわかりません。10はなんの意味でかけるのか?後単位のmegも分からないのですが、どなたか教えていただけますか? 

Aベストアンサー

 過酸化物価の単位は、通常相当する酸素濃度で表す事が多いのですが、この質問の場合は、「ミリグラム当量/kg」だと思います。
 普通は「meq」と書きますが、「ミリグラム当量」と言う様に、「milli-equivalent gram = meg」でもそんなに変ではないと思います。
 で、計算式ですが、
 滴定値[ml]
 滴定に用いたチオ硫酸Naの規定度=N
 滴定液の力価=f
 試料採取量=S[g]、とすると、
 過酸化物価=滴定値×N×f×1000/S、です。
 (1000は、試料のkg当たりに直すため)
 御質問の測定マニュアルでは、チオ硫酸Naの規定度が0.01であり、1000を掛けた後の省略型なのではないでしょうか?

Q台形法によるAUC計算方法について

AUCの計算方法について質問です.
AUCは時間毎の区切りで台形を考え、単純にその面積を足せば出るとされていますが、
そもそも、ベースラインはどこで取れば良いんでしょうか?
例えば、OGTT試験の場合、空腹時血糖値をそのままX軸方向へ水平に引いていって
それをベースラインとして良いんでしょうか?(というかそれしか思い浮かばない)
仮にそうだとして、120分までの試験だとすると、120分の血糖値が空腹時血糖を下回ってしまった場合は、
ベースラインから下がった分の面積は、トータルの面積から減じてしまって良いのでしょうか?
基本的な質問ですいません.

Aベストアンサー

縦軸は血糖値、横軸は時間で取ることが多いようです。
横軸の時間は、その試験に合うように設定すると良いと思います。
例えば、day(日),hour(時間),minuit,(分)などで。
AUCの単位は、OGTTの場合、mg/dL*hrなどになると思います。
ですのでベースラインは、血糖値ゼロで取れが、空腹時血糖と120分の値を比較できるのではないでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報