出産前後の痔にはご注意!

【国防】海自輸送機を刷新 東シナ海での戦力強化 震災対応も教訓

防衛省は23日、海上自衛隊の輸送機を刷新する方針を固めた。中国海軍の太平洋進出が活発化する中、
東シナ海の離島侵攻などの脅威に対処するためには、航続距離が長く搭載量も多い輸送機の導入が不可欠と判断した。
東日本大震災での対応を教訓に民間機の転用から方針転換し、欧米の軍用輸送機から機種を選び、
平成24年度予算案概算要求に関連経費を盛り込む。

 海自は現在、輸送機として戦後初の国産旅客機「YS11」を3機保有し、厚木基地(神奈川)を拠点に人員・物資を各基地に運んでいる。
ただ、YS11は昭和41年の導入で老朽化している上、搭載量は約3トンで、大量の武器輸送には適していない。航続距離も短く、
厚木から約2千キロ離れた南鳥島(東京都小笠原村)の航空派遣隊に物資を運ぶには硫黄島(同)で給油する必要もある。

 新輸送機は数十トンの物資を積める機種を選定し、25年から4機以上を導入する。当初はYS11と同様に民間機の転用を検討したが、
震災対応で機体後部のドアが大きく開く軍用機でなければ迅速に物資を搬出入できない弱点が判明し、軍用機導入に転じた。

 輸送力や機動展開態勢の強化は、昨年12月に閣議決定した「防衛計画の大綱」で打ち出した「動的防衛力」の柱。
動的防衛力で念頭に置くのは対中シフトであり、有事には南西方面に海・空戦力を集結させる。
防衛省は「防衛力の実効性向上のための構造改革推進委員会」で海自輸送機の刷新を検討してきた。

 対中有事で海自の作戦拠点となるのは那覇、鹿屋(かのや)(鹿児島)両基地で、全国の基地から作戦物資を集める。
武器・弾薬では、海中に投下し潜水艦のスクリュー音をとらえる音響探知機(ソノブイ)を大量に使用すると見積もっており、
これを運び込む輸送力の強化が欠かせない。

 輸送機では航空自衛隊が16機のC130などを運用しているが、主に空自の作戦に使用するため、
海自としても独自に輸送機能を向上させる方針だ。また、海自はC130で機雷を敷設する任務を空自に依頼しているが、
機雷をまくことのできる新輸送機を導入することで作戦能力を高める狙いもある。

産経新聞 7月24日(日)1時16分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110724-00000 …

中国や韓国のことを考えたらオスプレイも導入したほうがいいんじゃないのかな?
中国や韓国に馬鹿にされ続けてる日本も少しは強いの持ってガツンと威厳を示すべきじゃないのかな?

「海自輸送機を刷新 東シナ海での戦力強化」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こんにちは




うーーん、ほんとうに海自が言っているのだろうか??(苦笑

数十トンの物資の搭載能力があり、4機調達、カーゴランプ
付きで機雷敷設能力あり、か・・・。

なんだか微妙に中途半端な要求ですね (--;)

確かに 先の震災への対応で、海自の輸送能力の不足は
指摘されていましたが・・・、むしろ高速輸送艦のほうが離島
防衛も含めて必要度が高いと思います。

ソノブイを大量に、っても、そんなに在庫あったっけ?(爆
C-130よりも はるかにいっぱい運べるC-2がそろそろ配備
されるんで、空自に頼んでも大丈夫だと思うんですがねぇ。
有事の場合は海自単独で対処なんてしないでしょうし、統合
作戦になるはずなんで。

機雷投下も、確かP-1用で機雷投下ユニットが、試作予定
だった気がしますし・・・。

なーーんか 裏(真の意図)が あるように思うのですが・・・。


> 中国や韓国のことを考えたらオスプレイも導入したほうがいい
> んじゃないのかな?

今回の(報道での)要求仕様であれば、Ospreyはミスマッチなの
ですが・・・、でも 先に述べたように、あらためて軍用輸送機を
新規調達する必然性が高いようにも思えないんすよ・・・。

でも離島防衛を考えた時は・・・、Ospreyは確かに魅力でしょうね

実はDDHへの搭載を密かに企んでいたりして>海自! (゜ε゜;)
    • good
    • 0

 YS-11がペイロードが少なくて足も短いから代替機って言ってるのに、性能が似たり寄ったり、下手すりゃ低いオスプレイを導入する意味はないでしょ。

そもそも用途が違うし。

 個人的にはC2導入でいいように思いますが(南鳥島の滑走路は1300メートルしかないみたいなので降りるのはちょっときつそうだけど)。
    • good
    • 0

4~12トンの無人攻撃ロボット


を投下できる航空機を製造するの
が良いと思います。空母一撃。

魚雷ロボットを実戦投入。
対潜魚雷ロボットも投入。
これなら実戦向き。
    • good
    • 0

貴重な情報ありがとうございました。

読ませていただきましたが、全く同感です。
特に中国海軍の空母対策は、今から準備しておくのが大切だと考えています。この対策としては、強固な対艦・対空ミサイル網(艦船搭載、南シナ海周辺諸島に)を展開する必要があると思うのですが、いかがせしょうか?
    • good
    • 0

 海上自衛隊では空からの機雷敷設訓練は、現在ヘリコプターやP-3C哨戒機によって行われています。



 P-3Cの後継機が開発中です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/P-X_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)

 これではペイロードが少ないというなら、空自の次期輸送機を増産すればいいのではないか。

http://ja.wikipedia.org/wiki/C-X_(%E8%BC%B8%E9%80%81%E6%A9%9F)

 世界に誇れる国産機があるのだから、外国から輸入する必要はないと思います。
    • good
    • 0

オスプレイはペイロードが少ないので、機雷敷設とかの任務には向いていません。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング