質問 1 
 社会保険の扶養の話でよく130万円という基準が出てきますが、これは今後1年の収入見込みが、ということのようですね(過去の回答などを見ていると)。ということは、よくパートの方で年末近くなって今年130万超えそうでどうしよう、とかいう話を聞いたことがありますが、厳密には間違いなのでしょうか(1月1日~12月31日で考えているので)?

質問 2
 また、130万円こえないと思って扶養になっていたら、1年たってみるとこえていた場合や、逆にはずしておいたら130万円こえなかったという場合は、過去にさかのぼって、修正するのでしょうか?

 よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

#3です。



>数ヶ月間の平均とり、その額が上の金額を上回っていたとして、その先(例えば6ヶ月先)に仕事を辞めることがわかっていたとしても(つまり今後1年間で130万円に達しないとわかっている場合)、扶養から外れてしまうのでしょうか?

あくまでも、その金額で今後1年間の収入の見込みが130万円を超えている場合と考えますので、たとえ半年後に仕事をやめることが分かっていても、一時的にせよ扶養から外れなければなりません。
つまり、1ヶ月あたり108,333円以上の給料(総支給額)をもらっている場合は、扶養から外れなければならないんです。

極端なことを言うと、1ヶ月あたり210,000円(6ヶ月で126万円で、その後仕事をしないものとする。)もらっている人の場合、そのもらっている間って扶養としては考えられないですよね?

扶養から外れれば、国民年金の第3号被保険者についても、一時的に第1号被保険者となり、国民年金保険料を支払わなければなりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

naosan1229さん本当にありがとうございました。
よーくわかりました。感謝の気持ちでいっぱいです。

お礼日時:2003/10/26 22:04

質問1については、その後1年間の収入を考慮することになるので、1ヶ月あたり108,333円を超えるようであれば、扶養から外れることとなります。


しかしながら、たまたま1ヶ月だけ多い場合もありますので、その後数ヶ月間の平均をとり、その額が108,333円を超えないようであれば、扶養のままで大丈夫です。
つまり、1~12月の1年ではなくて、あくまでもその後1年間と言う単位で考えることとなります。


質問2については、年間収入130万円を超えることが判明した場合は、基本的には勤務されたときから扶養から外れることが本来の方法となりますが、たいていの場合は、年間130万円を超えることが判明したときから扶養から外れることとなります。
また、逆に年間収入130万円を超えないことが判明した場合は、基本的には扶養を外す届出を取り消し、扶養に入れなおすことが本来の方法となりますが、たいていの場合は、年間130万円を超えないことが判明したときから扶養に再度入れなおすこととなります。

なお、扶養から外す届出を取り消した場合は、扶養から外れていた期間に国民健康保険証で受診した分の医療費を、いったん市区町村に返還し、扶養となった社会保険にその分を請求することとなります。

なお、その保険証の保険者(保険証に記載されています。)により、その扶養認定基準が異なっていますので、詳しくはその保険者にお問い合わせいただく方が適切かと思われます。
保険者によっては、「最初から扶養に入りなおしてください。」と言う場合もありますし、「130万円にならないと判明した時点から扶養に入れるようにしてください。」とか「保険者が書類を受け付けた日から扶養認定されます。」と言う場合もあります。
収入が多くなったことが判明し、扶養から外れる場合も同様です。

この回答への補足

追加質問 1
>たまたま1ヶ月だけ多い場合もありますので、その後数ヶ月間の平均をとり、その額が108,333円を超えないようであれば、扶養のままで大丈夫です。

数ヶ月間の平均とり、その額が上の金額を上回っていたとして、その先(例えば6ヶ月先)に仕事を辞めることがわかっていたとしても(つまり今後1年間で130万円に達しないとわかっている場合)、扶養から外れてしまうのでしょうか?

お願いいたします。

補足日時:2003/10/26 21:07
    • good
    • 0

こんにちは。

 専門的な言葉で表現しませんが、、
1.のほうはよく言われるのは103万の壁、いわゆる所得税のほうです。 年末調整が減ったり、ご主人?の会社での家族手当てがなくなったりと、いろいろ収入が減ってしまうからでしょう。
2・の場合はおっしゃるとおり今後一年の収入見込みですが、おおもとは現在の日給(大体の人が月給か月換算にしますが)を年に換算すると、ということなので、収入が変わった時点で、たとえば月収10万(年換算120万)だったのが時給アップかなにかで月収12万(年換算144万)になったとすると、そのアップした日から扶養が外れることになります。
所得税と社会保険(健康保険は)ややこしく相違しているので主婦の皆さんはごっちゃにしてしまう方が多いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
>主婦の皆さんはごっちゃにしてしまう方が多いです。
僕もごっちゃになっている一人です(笑)。
でも、なんとなくわかってきました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2003/10/26 21:06

1.社会保険の扶養は、今後12ケ月刊の収入見込額が130万円以上どうかで判断されます。



なお、所得税の扶養の場合は、1月から12月までの年収が103万円以下かどうかで判断されます。
パートなどで、収入が不安定で予想が立たない場合は、3ケ月程度の平均で判断する場合もあります。

2.厳密には、130万円を超えていた場合、過去にさかのぼって訂正することになりますが、実際には、それ程厳密には運用されません。
ただ、悪質な場合は、遡っての修正もあり得ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答本当にありがとうございました。
訂正されることもあるんですね。
勉強になりました。

お礼日時:2003/10/26 21:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q所得税の計算(小額給与収入と源泉徴収)

個人事業主です。昨年は事業収入の他に7,000円の給与収入があり、210円が源泉徴収されています。事業収入及び給与収入以外の収入はありません。

1.所得金額は事業所得の分だけで良く、給与の分は651,000円未満だから加算されない(給与所得=0)と考えましたが正しいでしょうか?

2.上記の通りで良い場合でも、申告納税額を計算する際に源泉徴収額の210円を差し引いても良いのでしょうか?

Aベストアンサー

1.所得金額は事業所得の分だけで良く、給与の分は651,000円未満だから加算されない(給与所得=0)と考えましたが正しいでしょうか?
正しいです。給与所得は0になります。
2.上記の通りで良い場合でも、申告納税額を計算する際に源泉徴収額の210円を差し引いても良いのでしょうか?
そのとおりです。源泉徴収税額210円を差し引きできます。ただし、源泉徴収票の添付が必要です。

Qアルバイトでの収入 103万円と130万円の違いについて

アルバイトでの収入 103万円と130万円の違いについて

現在、アルバイトをしている23歳です。
立場は9月30日で大学を卒業したため、現時点では学生ではありません。

現時点での収入は103万円を超えています。
その次のラインは130万円だという話をききます。

130万円のラインというのは一体なんのことなのでしょうか。

今年もあと2月くらいですが、130万円に抑えたほうがいいのでしょうか。
130万円に抑えるメリットはどのようなことなのでしょうか。

ちなみに、そのアルバイト先では社会保険に加入しています。

Aベストアンサー

103万円の条件は、あなたが誰かの税務上の扶養として認められるためのものです。
130万円の条件は、あなたが誰かの社会保険上の扶養として認められるためのものです。

あなたが親などの税務上の扶養となっている場合には、103万円を超えた場合には扶養している側が勤務先などに扶養から外れる旨を言わなければなりません。結果、扶養している側は扶養控除が受けられなくなるため、納税額が増えることになるでしょう。
納税額には、扶養する側の所得税・住民税が代表的なもので、さらには国民健康保険などの場合には保険料も上がる可能性があるでしょう。

あなた自身が社会保険に加入しているとのことですので、親の加入する社会保険の家族の保険証などを持つことは無いでしょうから、130万円の条件は関係ないでしょう。

参考までに、130万円というのは年収相当でという意味であり、月収相当で継続的に超える場合には、社会保険の扶養となれないのが通常です。
したがって、例としては、月給20万円で7月に就職した場合などでは、6月まで無収入でその年の年収が120万円となりますが、扶養となれないでしょう。
社会保険の健康保険における扶養の条件は、加入団体によって条件が異なりますので、単純に考えてはなりません。

私が良く人に言うのは、学生が親の仕送りや学費負担でいる場合に、小遣い稼ぎで扶養の条件を超えるのであれば、親の税金などが上がる分以上の金額を返すべきであるということです。
あなた自身がどのような状況かわかりませんが、扶養から外れるということは、扶養している人の負担が増加し、扶養されている人にも負担が発生するということです。ボーダーラインは人それぞれだと思いますが、稼ぐのなら出来るだけ稼ぐ、扶養の範囲でであれば計画的に、ということですね。

103万円の条件は、あなたが誰かの税務上の扶養として認められるためのものです。
130万円の条件は、あなたが誰かの社会保険上の扶養として認められるためのものです。

あなたが親などの税務上の扶養となっている場合には、103万円を超えた場合には扶養している側が勤務先などに扶養から外れる旨を言わなければなりません。結果、扶養している側は扶養控除が受けられなくなるため、納税額が増えることになるでしょう。
納税額には、扶養する側の所得税・住民税が代表的なもので、さらには国民健康保険な...続きを読む

Q家賃収入を貰うとすると、所得はどう計算するのですか?

お世話になります。

実家が空家になり、とりあえず一部の倉庫部分のみ、賃貸借契約します。
私はアルバイトもしていて、こちらは給料として貰ってます。

私の年間所得の計算の仕方を教えてください。

アルバイトの給料(1年分)+家賃収入(今年貰った分)ー給与所得控除(65万)-基礎控除(38万)=年間所得
となるのでしょうか?

実際はものすご~く少ないので、あわせても基礎控除38万円より少ないのですが、今後、家賃収入の方が増える可能性もあるので、教えてください。

Aベストアンサー

アルバイトの給料(1年分)-給与所得控除(65万) … 残額

家賃収入

基礎控除(38万)

年間所得

Q年収130万円超えたら?

去年、103万円の年収で抑えようとしたのですが源泉徴収票を確認したところ114万円で超えてしまいました。
超えてしまったことは現実問題としてもうどうしようもないのですが(税金を払うということ)このままの状態で働いていくと月平均11万円で130万円を超えてしまう予想です。こうなるといつから夫の扶養でいられなくなりますか?今年は扶養でいられるのでしょうか?
現在、アルバイト勤務で福利厚生はなにもついていません。
職を変えようかどうか迷っています。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#2の方が言われる通り、昨年から所得税上の扶養から外す必要がありますので、確定申告で年末調整の修正申告が必要になります。
扶養控除(配偶者控除)の修正です。
扶養控除の対象から外し、更に「配偶者特別控除」の申請をします。

質問者さんの源泉徴収票の「所得」欄が38万円を超え40万円未満であれば、「扶養控除」も「配偶者特別控除」も控除額が同じですので、結果としては同じ事です。
しかし、40万円以上であった場合は、「配偶者特別控除」の控除額が下がってきますので、追加の納税が必要になってくるかもしれません。

確定申告は2/16から始まりますが、一部の税務署を除き、平日にしか開いていません。
お仕事をしていらっしゃるとの事ですので、必要書類などをお近くの税務署に電話で確認し、二度手間にならないようにされたら良いと思います。
また、混みあっているとゆっくりと相談にのってもらうことが難しくなりますので、受付が始まったら早めに行く事をお勧めします。

参考URLは、国税庁タックスアンサーの中の「夫婦と税金」というページです。
少し難しいかもしれませんが、参考に読んでみてください。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/shoto301.htm

#2の方が言われる通り、昨年から所得税上の扶養から外す必要がありますので、確定申告で年末調整の修正申告が必要になります。
扶養控除(配偶者控除)の修正です。
扶養控除の対象から外し、更に「配偶者特別控除」の申請をします。

質問者さんの源泉徴収票の「所得」欄が38万円を超え40万円未満であれば、「扶養控除」も「配偶者特別控除」も控除額が同じですので、結果としては同じ事です。
しかし、40万円以上であった場合は、「配偶者特別控除」の控除額が下がってきますので、追加の納税が必要になって...続きを読む

Q給与所得と家賃収入が合算されて税金の計算をされるのは二重に払っていることになるのでは?

確定申告の書類を作成していて疑問に思い質問させていただきました。
会社から給与をもらっていて、源泉徴収も会社でしてもらっています。
給与からは毎月税金が引かれています。
また以前住んでいた家を貸していて、家賃収入が年200万円ほどあります。

確定申告をする時に、給与所得を記入して、家賃収入を記入して、その合計からまた税金の計算をしますが、給与分の税金ははもう払っているのに、合計からまた計算されてしまうと結構な額になってしまいます。
去年と今年は家賃収入が同じなのに、給与が少々上がったために確定申告で払う税金も増えてしまいました。

賃貸を始めた時は、税金は1ヶ月分くらいかな?と思っていたのですが、これでは1.7ヶ月分くらいを納めなくてはならず、家賃で今の家のローンを払っているため辛いです。

給与分の税金は払っているのになぜまた合計されてしまうのでしょう?
二重に払っているような気になって仕方ありません。

これから書類を郵送し、税金を銀行に払いに行かなくてはと思いつつ、モヤモヤして保留中です。
お教えいただけると嬉しいです。

確定申告の書類を作成していて疑問に思い質問させていただきました。
会社から給与をもらっていて、源泉徴収も会社でしてもらっています。
給与からは毎月税金が引かれています。
また以前住んでいた家を貸していて、家賃収入が年200万円ほどあります。

確定申告をする時に、給与所得を記入して、家賃収入を記入して、その合計からまた税金の計算をしますが、給与分の税金ははもう払っているのに、合計からまた計算されてしまうと結構な額になってしまいます。
去年と今年は家賃収入が同じなのに、給与...続きを読む

Aベストアンサー

サラリーマン兼大家してます...ついでに給与計算にも関係しています

>給与分の税金は払っているのになぜまた合計されてしまうのでしょう?

仮払いです

所得は確定申告で確定します

例えば私の場合ですが、

賃貸初年度...給与で天引きされた所得税は「全額還付」されました
賃貸2年目では.還付金が1000円足らずですが有りました
3年目は儲かったので所得税もがっぽり納めました

給与収入-控除など=所得
家賃収入-経費など=所得

両方を足して所得を確定

確定した所得税-源泉所得税(予定の金額)
=不足すれば追加で支払い
=マイナスなら還付されます

家賃200万円-固定資産税など-経費-減価償却=所得

忘れていませんか?
減価償却
ローン金利
経費も...損害保険料、不動産屋との会食費、修繕費、事務消耗品、...

なぜかなかなか黒字にはなりません...(笑)。

http://athome-inc.jp/owner/qa03.html

敷金は利益にしてはいけませんよ...どちらかと言えば負債に該当する借入金と同じ扱いです

あらゆる領収証を改めて点検しましょう...(笑)。

サラリーマン兼大家してます...ついでに給与計算にも関係しています

>給与分の税金は払っているのになぜまた合計されてしまうのでしょう?

仮払いです

所得は確定申告で確定します

例えば私の場合ですが、

賃貸初年度...給与で天引きされた所得税は「全額還付」されました
賃貸2年目では.還付金が1000円足らずですが有りました
3年目は儲かったので所得税もがっぽり納めました

給与収入-控除など=所得
家賃収入-経費など=所得

両方を足して所得を確定

確定した所得...続きを読む

Q130万円未満の仕事を二つする場合の社会保険の支払いについて

とても初歩的な質問で申し訳ございません。
今、非常勤の仕事(年収130万円を超える)をしており、会社で社会保険を支払っておりますが、
今後、この非常勤の仕事を減らして、他の会社の派遣の仕事も始めようか・・・と悩んでおります。
もしそうした場合、現在の非常勤の仕事も130万円未満の収入となり、
新しく始めるかもしれない派遣の仕事も130万円未満の収入となることが予想され、
その場合、年金や保険の手続きはどのようにしたらよいのかが具体的によく分りません。
お忙しいところ恐縮ですが、どなたか、ご存知の方がいらっしゃったら、お教え頂ければ、と思います。

Aベストアンサー

>この場合、非常勤を減らした後に、一旦、主人の扶養に入り、国民年金、国民健康保険は年内払わず、年末で一度に申告した方がよいのでしょうか?

年金と健康保険は事情が変わったらすぐに手続きするものです。でないとその間は無保険になりますので。
非常勤の勤務で社会保険を抜けた場合、もしご主人の社会保険の扶養に入れるのであればその手続きを即座にしてください。それで終わりです。
ご主人の扶養に入れないのであれば即座に国民年金と国民健康保険に加入します。
通常大抵の健康保険では収入が130万以上となるような場合には扶養には入れないものと思います。(健康保険により基準が異なるので確認して下さい)

>すぐに役所で手続きをして、翌月からでも年金・保険の支払いを始めた方がよろしいのでしょうか?

扶養に入れない場合はそのようにしてください。そのほうがよいかどうかではなく法令でそのようにしなさいと定められています。

>この場合でも、確定申告は年末に行った方がよろしいのでしょうか?
確定申告の話は税金の話ですから全く別の話です。
年末に勤務先で年末調整を受けるのであれば確定申告は必要ありません。
受けないのであれば翌年に確定申告します。

>この場合、非常勤を減らした後に、一旦、主人の扶養に入り、国民年金、国民健康保険は年内払わず、年末で一度に申告した方がよいのでしょうか?

年金と健康保険は事情が変わったらすぐに手続きするものです。でないとその間は無保険になりますので。
非常勤の勤務で社会保険を抜けた場合、もしご主人の社会保険の扶養に入れるのであればその手続きを即座にしてください。それで終わりです。
ご主人の扶養に入れないのであれば即座に国民年金と国民健康保険に加入します。
通常大抵の健康保険では収入が13...続きを読む

Q総収入額から総所得金額を算出する計算方法の根拠法律は?

総収入額から総所得金額を算出する方法って、
何と言う法律で規定されているのですか?
所得税法ですか?

そうだとしたら、その中のどこに記されているのですか?

Aベストアンサー

所得税第1款所得の種類及び各種所得の金額として、同法23条から35条で10種類の所得について規定されています。

参考urlをご覧ください。
http://www.110ban.gr.jp/zeikin/shjyoubun24.htm

参考URL:http://www.houko.com/00/01/S40/033A.HTM#s2

Q青色専従者、年間130万円を超えた場合の健康保険

青色申告の個人事業主です。
母を青色専従者として年間180万円の給与を支払った場合の健康保険ついて教えて頂きたいです。

青色専従者の注意点
1) 税法上の扶養家族から外れます
2) 稼ぎすぎると源泉徴収義務が発生します
3) 国民健康保険、国民年金の対象になります

以上3つのうち1と2に関しては理解しているのですが
3番目の国民健康保険についてまだ理解できていない状況です。
私の父は自営業のため母は社会保険の被扶養者ではなく
元から国民健康保険に加入している状況です。
この場合は今まで年間所得が130万円未満だった母が130万円以上になった場合でも特に健康保険の手続きなどはする必要は無いのでしょうか?
ご教授頂けると幸いです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

会計事務所に勤めています。

>私の父は自営業のため母は社会保険の被扶養者ではなく元から国民健康保険に加入している状況です。
>この場合は今まで年間所得が130万円未満だった母が130万円以上になった場合でも特に健康保険の手続きなどはする必要は無いのでしょうか?



国民健康保険は政府管掌の健保等と違い、「扶養」といった概念がありませんので、手続き等は不要です。

国民健康保険には「扶養」の変わりに「世帯」という考え方があり、1世帯で幾らといった計算方法をしています。
下記サイトをご参考にして頂ければおわかりになるかと思いますが、国民健康保険はその世帯の「所得割」(その世帯の所得に応じて算定)、「資産割」(その世帯の資産に応じて算定)、「均等割」(加入者一人当たりいくらとして算定)、「平等割(一世帯当たりいくらとして算定)を組みあわせて算定します。
これはお住まいの市町村が賦課するもので、料率も市町村毎に若干違います。
http://www.kokuho.jp/hoken-keisan.htm

今回お母様に給料を支給したという事で、市町村向けに「給与支払報告書」を提出したと思いますが、これがお母様の住民税と、ご質問者様のお父様が扶養主となっている国民健康保険料の算定に使われます。
お母様の給料分だけ所得が増加した事により、「所得割」が増加しますので、その分保険料も増加しますが、仮にご質問者様がお父様と同世帯であるならば、ご質問者様の所得はそれ以上減っておりますので(注)、実質的にはむしろ減る事になるように思われます。

(注)
ご質問者様の専従者給与支払う前の事業所得が1000万、お母様にそれ以外の所得が無い場合。
(1)専従者給与を支払わない場合      
所得割 質問者様(1000万-基礎控除33万)+お母様0
(2)専従者給与を180万円支払った場合   
所得割 質問者様(1000万-180万ー基礎控除33万)+お母様(180万-給与所得控除72万(給与受給者に認められる概算経費 金額表より)ー33万)

http://www.city.sapporo.jp/hoken-iryo/kokuho/fuka.html
となり、支払ったケースの(2)は(1)に比べ所得割が105万円減少するからであります。

会計事務所に勤めています。

>私の父は自営業のため母は社会保険の被扶養者ではなく元から国民健康保険に加入している状況です。
>この場合は今まで年間所得が130万円未満だった母が130万円以上になった場合でも特に健康保険の手続きなどはする必要は無いのでしょうか?



国民健康保険は政府管掌の健保等と違い、「扶養」といった概念がありませんので、手続き等は不要です。

国民健康保険には「扶養」の変わりに「世帯」という考え方があり、1世帯で幾らといった計算方法をしています。
下...続きを読む

Q相続税を支払って相続した不動産から生じる収入の所得税の計算で相続税額を経費として計上できますか?

賃料収入の発生する不動産を、相続税を支払って相続した場合に、
所得税の確定申告に於いて、その相続税の額を、経費?として控除することはできますか?
原価償却資産みたい?に。

例えば、相続税を500万円支払って相続した不動産で収入が毎年100万円生じる場合に、
支払った相続税額を、20年間に分けて、毎年25万円ずつ、所得税の確定申告で経費として計上する、
というようなことができるでしょうか?

できるのであれば、税法?か何か、その解説みたいなものを調べる手がかりをご教授頂けますでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

税金は、控除対象(経費等)にはなり得ません。

Q扶養控除額5万円の差

年末調整での、配偶者特別控除について教えて頂きたいのですが…。
 
今年に入って、育児休暇明けで職場復帰しました。
途中からだったので、今年の合計所得金額は1260,000円です。

ところが、今、主人の年末調整の配偶者特別控除の申告書を見てみると、
私の所得があと1万1円低ければ、控除額が5万円多くなる…ということが分かりました。

この5万円の控除の差は、来年の税金にどのように響いて来るのでしょうか?
私の職場では、訳を話せば来月のお給料を一万円程減らして調整してくれることは出来るそうです。
一万円減らしてもらって、控除額が5万円増えたほうが、お得なのでしょうか?
それとも、5万円分の差額は、税金にはそれほどの差は出ないのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>一万円減らしてもらって、控除額が5万円増えたほうが、お得なのでしょうか?
それとも、5万円分の差額は、税金にはそれほどの差は出ないのでしょうか?

そんなに大した差はでないですね。
夫については所得税は課税所得によって税率が異なるので、夫の課税所得が判らないと税率が判らないのですが、10%か20%ぐらいでしょうか。

10%だと

5万×10%=5千

20%だと

5万×20%=1万

ということで今年の所得税は5千円~1万円安くなります。

来年の住民税は税率10%ですから

5万×10%=5千

ということで来年の住民税は5千円安くなります。

夫は今年の所得税と住民税を合わせて10000円~15000円安くなります。

一方質問者の方は1万円収入が減るのですから

所得税は

1万×5%=5百

今年の所得税は5百円安くなります。

住民税は

1万×10%=1千

来年の住民税が1千円安くなります。

質問者の方は今年の所得税と来年の住民税を合わせて1500円安くなります。
夫婦合計で11500円から16500円安くなります。

それで質問者の方の収入が1万減るわけですから差し引き

1500円(夫の税率が10パーセントの場合)から6500円(夫の税率が20パーセントの場合)のプラスです。
一応僅かでもプラスといえばプラスですが。

>一万円減らしてもらって、控除額が5万円増えたほうが、お得なのでしょうか?
それとも、5万円分の差額は、税金にはそれほどの差は出ないのでしょうか?

そんなに大した差はでないですね。
夫については所得税は課税所得によって税率が異なるので、夫の課税所得が判らないと税率が判らないのですが、10%か20%ぐらいでしょうか。

10%だと

5万×10%=5千

20%だと

5万×20%=1万

ということで今年の所得税は5千円~1万円安くなります。

来年の住民税は税率10%で...続きを読む


人気Q&Aランキング