マンガでよめる痔のこと・薬のこと

想像してみて とか 想像してごらん の 英会話なんですが、Picture it も Imagine も一般的に使われるんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

遅くなってすみません。



一番簡単に処理したかったら、"Listen to this song, and picture it." でまったく問題ありません。前後関係があれば、もっといろんな表現をお答えできますが、あなたの疑問をうまく picture できないので、これだけにしておきます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます(^o^)!!

お礼日時:2011/07/30 19:39

はい、ごく一般的に使われます。



中学校レベルで習うことはないでしょうが、高校レベルだと 'Imagine that...' あたりは教科書にもでてくるでしょう。

「これを心に思い描いてごらん」の意味の'Picture it.'は imagine に比べると少しだけ頻度が落ちますから学校では習うことはあまりないかも。

でも、普通に使う表現です。会話だけでなく、小説や雑誌なんかでも出てきますよ。

この回答への補足

丁寧にありがとうございます(^o^)重ねてすみませんが、Picture it の前に、この音楽(歌)を聴いて としたい場合は英文はどうなるんでしょうか?

補足日時:2011/07/24 20:34
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qpictureとimagineの意味の違いに関して

こんにちはいつもお世話になっております。

pictureとimagineという語があります。英和辞書を引くとどちらも「想像する」です。英英では

picture: to imagine sb/sth: to create an image of sb/sth in your mind.

imagine: to form a picture in your mind of what sth might be like.

※OXFORD現代英英辞典より

となっていますが、それでも両者の違いがよくわかりません。僕の考えではpicutureの想像の方がimagineのそれよりも、生き生きとしているような感じがします。が、確証はもちろんありません・・・。皆さんのお力を借りられたらと思っております。

ご回答はお時間のある時で結構です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Gです。 こんにちは。

私にはフィーリングの違いがあるように感じません。 どちらも日本語の「想像する」と言う意味ではまったくといっていいほど違いは無いと感じるのです。

ただ、大きな違いがひとつあります。 pictureはいつも他動詞的に使われますが、imagineの方はどちらにも使います。

細かい点まで絵に描いたように感じ取る・心に描き出す、と言う意味ではこれらの単語よりもvisualizeと言う単語を使います。 私の業界のモチベーションでもよく使う単語ですが、もともと心理学的に使う、前向きになった自分を心に描き出す、と言うような意味合いで使われていました。 そこから、これらの単語の代わりに、もっとはっきりここの中で(頭の中で)描き出す、というのがこの単語の今の使い方になっているのですね。

Can you picture yourself becoming a billionair?

Can you imagine yourself becoming a billionari?

はまったく同じフィーリングです。

しかし、Can you visualize becoming a billionair?と言えば、想像するのは同じですが、自分がそうなって自分のほしいものはお金で手に入れている自分を心に描けますか、ね、すごいでしょ? と想像するだけでなく脈拍も高くなり、その興奮度も感じ、想像以上のことをしているわけです。

これを利用するために、visualization skillsという物を訓練し自分のものにする事て、目標や夢が単なる想像以上のもののように心に描けるようになり、より自分をプラス思考に持っていくことが出来、目標に向かって自分を引っ張ることが出来るようになるわけです。

日本でも、目標や夢をまず持ってそれに突進しなさい、とよくアドバイスをするのを読みますが、目標や夢がはっきり自分の頭に描けるのと描けないのとでは「継続は力なり」をうまく利用できないで三日坊主になりかねませんね。 ですから、このvisualization skillsと言うものが無かったころは、自分がなりたい・持ちたいものがあったら絵に書いたり写真にとったり紙に書いてそれを家中に貼り付けなさい、と言うアドバイスが一番だったわけです。 自分の頭にそれらを貼り付けるのがvisualizationなわけです。 ポルシェがほしかったらポルシェに乗った自分をvisualizeすればいい、と言うわけです。 その姿をpictureしたりimagine下だけじゃだめだよ、と言うわけですね。

本題に戻りますね。 確かにpictureは単語自体に写実的なフィーリングはありますが、visualizatizeのように細かいところまでは関与していないんですね。

ですから、実際にこれらを使うときは殆ど同じといっていいフィーリングをもっているのです。

殆ど、と言う表現をしたのは断言できないからこういう表現をして回答のあいまいさを出して逃げているのではありません。

少数ですが、imagineと言う単語は「考えられる」と言う意味あいが入ってくるときや入れる人がいますので、pictureを使ってその想像した絵が見えますか、と言う意味で使うこともあるからです。 しかしこの細かいフィーリングが果たして相手に伝わるかどうかは疑問が無いと私にはいえません。 よって、殆ど同じだ、と言う表現をしたのです。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

Gです。 こんにちは。

私にはフィーリングの違いがあるように感じません。 どちらも日本語の「想像する」と言う意味ではまったくといっていいほど違いは無いと感じるのです。

ただ、大きな違いがひとつあります。 pictureはいつも他動詞的に使われますが、imagineの方はどちらにも使います。

細かい点まで絵に描いたように感じ取る・心に描き出す、と言う意味ではこれらの単語よりもvisualizeと言う単語を使います。 私の業界のモチベーションでもよく使う単語ですが、もともと心理学的に使う、前向...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報