どうして、五・一五事件は起こったのですか。世界史的な分野も含めて可能な限り詳細に教えてください。

A 回答 (2件)

戦後日本史を研究している者で、戦前は少しうといのですが、歴史書をいろいろ読んだ知識でお答えします。

何か研究書をあげられると良いのですが、二・ニ六事件と違って五・一五事件の研究書はちょっと思いつきません。
 まず、教科書的なことからはじめれば、1929年の世界恐慌に巻き込まれたことによって農村が窮乏状態にあったことがあげられます。士官学校は授業料無料だったために、貧しい農村の子弟が集まっており、また兵士の中にも徴兵された農民の子弟がたくさんおり、当時の軍隊にとって農村の窮乏は他人事ではありませんでした。しかし、当時の日本の経済力では農村に土木工事を起こして、農民を救済するほどの力はなく、また、そのような発想は当時の経済学の常識ではありませんでした。当時の経済学の常識では不況になって税収が減少した場合、政府支出もそれに合わせて減らすのが当たり前であり、その結果、ますます不況が深刻化することが度々でした。
 一方、普通選挙制の成立によって誕生した政党内閣は腐敗を極めていました。一例をあげるならば、確か田中義一内閣だったと思いますが、賞勲局長がお金で勲章を売買していたという事件が発生しています。そうでなくとも、当時の二大政党の政友会と民政党の対立は激しく、政権が交代する度に駐在所の巡査まで変わると当時の人々は噂しあっていました。このように、農村の窮乏をよそに汚職と政争に明け暮れる政党に人々の不満は高まりました。軍隊内でも、徹底した皇民化教育を受けていた士官や兵士たちの間では、天皇陛下は絶対に正しいにもかかわらず、天皇を取り巻く政治家が悪いのだという考えが広まり、汚職と政争に明け暮れる政治家を取り除けば、正しい政治が行われるはずだという信念のような生まれました。
 さらに、第一次世界大戦後、世界中で平和主義の気運が高まったことから軍人が肩身の狭い思いをしていたことの反動も事件の背景にあります。大正時代後半、軍人は家から出勤するときは私服で出かけ、駐屯地で軍服を着る者が多くいました。列車内で公然と軍人を馬鹿にしたり、野蛮な職業と眉をひそめる傾向があったからです。そんな軍人たちにとって、1931年の満州事変によって日本の景気が上昇に転じたことは軍人に自信を与えるものでした。世論も政治家に代わって軍人に国家革新の期待をかけるようになっていきます。いつしか、軍人達の間で自分たちこそが国家を変えるのだと言う意気込みが生まれていきます。そして、そんな意気込みに取り付かれた一部の海軍将校が五・一五事件を起こすのです。事件後、世論は殺された政治家よりも事件を起こした軍人に同情的で、事件の首謀者は数年で釈放されました。(ちなみに浜口雄幸首相を狙撃した犯人は死刑にされています。これと比べていかに刑が軽かったかわかるでしょう)このことは軍人をますます増長させ、次の二・ニ六事件につながっていきます。
 なお、不況になると社会主義者が勢力を伸ばしてもよさそうなものなのですが、同時の政府の取締りが厳しかったのに加え、内部対立が激しく、また政権獲得に対しても幼稚な考えしか持っていなかったために既成政党に対抗する勢力に育たず、国民の期待は軍部に向けられる事になったのです。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

詳細な回答ありがとうございます。専門家はやはりすばらしいですね。

お礼日時:2001/05/08 19:56

5.15事件は突然おきたのではなく、その前に士官学校事件だったか


な、もう一つ何かあったと思うんですが、似たような事件が起きていた
と思います。これらは事件と言っても未遂だったと思いますが…

ちょっと、記憶がいい加減で申し訳ないんですが、こういうのは
陸軍運動史と言って、軍人やそれに影響を与えた大川周明博士など
と(あと関与の度合いは少なかったですけど、民間の右翼なども)含めた
当時の国家主義的な運動の一貫ではないでしょうか。

わが国の旧陸軍は廃藩置県で武士が失業した結果、明治政府が平民を
含めて徴兵制により近代的な軍隊を作ったことに始まるわけですよね。

最初の頃は良い子をして西南戦争などで活躍していたのに、途中から
どうしてこんな事になったのかというと(ここがご質問の核心部だと
思いますが、)たぶん、軍人は天皇が股肱と頼む存在ということで、一種
特別な存在として位置付けられており、しかも、制度的にも統帥権が
あって政府から若干距離をおいた存在だったため、色々と政治が混乱
してくると、頼まれもしないのに、国家改造運動を始めるようになった
のだと思いますね。

軍がクーデターを起こして政権を掌握するというパターンはどちらかと
いうと発展途上国型だと思います。思想的に未成熟だったんですね。タブン。

まあ、明治以前はお殿様とご家来衆と下々の者という按配だった
ので、明治維新で急に現代的な民主国家にするといってもそれは
急には出来なかったのではないかと思いますけど。

以上、詳細でないので、申し訳ありませんが…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/05/08 19:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q五・一五事件と二・二六事件

五・一五事件と二・二六事件のきかっけと与えた影響をそれぞれおしえてください。できれば箇条書きでお願いします。

Aベストアンサー

歴史的にはつい最近の出来事になりますので、まだまだ定説化されていないことや不明なことも多いのですが、分かる範囲で。

五・一五事件と二・二六事件に共通する事柄。(日本のゆきづまり・社会不安の増大)
○恐慌状態の経済から社会不安・閉塞感
  関東大震災後、返済不能になった震災手形を日銀特融でしのいでいたが、それにより産業の合理化、
  整理が進まなかった。
  震災手形の整理の国会審議中に銀行の取り付け騒ぎが起こり、銀行・大企業の倒産が起こり、金融恐
  慌になる。S2
  金解禁により為替相場の安定と、産業の合理化・整理を図ったが折からの世界恐慌のために昭和恐慌
  を招き、企業倒産・失業者の増大を招く。S4
  S5年の豊作による豊作貧乏に変わり、S6は東北・北海道の大凶作・失業者の帰農等を原因とする農業  恐慌の発生による女子の身売りなどが怒る。特に陸軍においては多くの兵士の出身地が農村であり、
  より深刻な影響があった。S6
  以上からの労働争議・小作争議の増大。政党・内閣の無策に対する信用の失墜。
○財閥と政党などの支配層の癒着・腐敗・無能による日本のゆきづまり。
○金解禁時の財界による円売り・ドル買いへの非難。
○軍人・右翼による急進的な国家改造運動。軍中心の強力内閣の樹立による局面の打開期待。
○クーデタ-未遂事件や血盟団による暗殺事件の頻発。
○大正デモクラシ-以降の軍縮ム-ドと反軍人・反軍部感情への反発。

五・一五事件S7
○満州事変の解決をみない政党・内閣への不信。リットン調査団の派遣に対する反発。
○ロンドン海軍軍縮条約締結・統帥権干犯に対する反発。

五・一五事件の影響
○政党内閣の終焉。
○支配層の萎縮。
○事件を起こした将校への刑罰が軽いことから、二・二六事件を誘発。

二・二六事件S11
○五・一五事件が海軍主導であったために、陸軍の反発・焦り。
○事件を起こした将校への刑罰が軽いこと
○高橋財政による赤字国債の発行と、軍事費増大等による公共事業によって景気回復が実現したが、次のステップとしての軍事費の圧縮計画。
○陸軍内部の皇道派と統制派の対立。
○統制派による皇道派への圧迫。陸軍内の青年将校による下向上の動き。
○皇道派の青年将校の属している第一師団の満州派遣の内定。
○北一輝の思想(昭和維新・尊皇討奸)の影響。
○反政党・現状打破・革新を掲げた軍部・一部政治家・革新官僚の結合と、軍部の発言権の増大。
○斎藤実・岡田啓介の海軍穏健内閣に対する反発。
○政党政治・政党内閣制の支柱だった美濃部達吉の天皇機関説排斥運動と国体明徴声明。

二・二六事件の影響
○統制派による陸軍内部の主導権の掌握。皇道派の壊滅。
○統制派の主張した陸軍の強力な統制のもと、総力戦体制への以降。戦争への道。
○軍部大臣現役武官制の復活。軍部大臣を推薦しないことにより倒閣を実現し、陸軍の影響力上昇。
○ワシントン・ロンドン海軍軍縮条約の失効することに伴う大規模な軍備拡張計画の推進。

以上、長くなりましたが、分かる範囲で。参考程度に。

歴史的にはつい最近の出来事になりますので、まだまだ定説化されていないことや不明なことも多いのですが、分かる範囲で。

五・一五事件と二・二六事件に共通する事柄。(日本のゆきづまり・社会不安の増大)
○恐慌状態の経済から社会不安・閉塞感
  関東大震災後、返済不能になった震災手形を日銀特融でしのいでいたが、それにより産業の合理化、
  整理が進まなかった。
  震災手形の整理の国会審議中に銀行の取り付け騒ぎが起こり、銀行・大企業の倒産が起こり、金融恐
  慌になる。S2
  金解禁によ...続きを読む

Qなぜ教科書の五、一五事件といえば、三上卓なのか?

歴史の教科書で取り上げられている五、一五事件には、主要な人物として大体「三上卓」の名前が書いてある。

五、一五事件の計画立案、現場指揮をした海軍中尉・「古賀清志」
最初に犬養首相の腹部を銃撃した少尉・「黒岩勇」
これら他の主要人物が五、一五事件として教科書に書かれていることは稀である。

他の中心人物を差し置いて、何故中尉・三上卓なのだろうか?

Aベストアンサー

gjtxmdaさん、こんにちわ。

犬養首相襲撃を現場指揮したのは三上です。彼も銃撃し、犬養首相に傷を負わせているからでしょう。階級も黒岩より高いでしょう。古賀は牧野伸顕内大臣邸を襲撃しています。
本来は死刑になる可能性がありましたが、当時の国民の世論のおかげで三上は軍法会議で有罪となり、刑期を終えて出所しても他の人とは違い、右翼活動に従事していました。

詳細については下記のURLを参照してください。


五、一五事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E3%83%BB%E4%B8%80%E4%BA%94%E4%BA%8B%E4%BB%B6

三上卓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E4%B8%8A%E5%8D%93

Q五・一五事件 「義挙」とされた政治テロ

僕は五・一五事件は本来、現役軍人が首相を暗殺する計画的な政治テロだったという程度の認識しかありませんでした。

しかしこの事件が当時、農村救済を大義に掲げる「農村のための義挙」だったとされていた事を最近習いました。

それで全国から減刑嘆願書が寄せられたり、軍法会議でも甘い刑が申し渡されたりしたという事ですが、これに対してある大学教授が、事件を裁いた軍部にも社会全体にも、武士が守るべき道徳である「弓馬の道」が欠けていた、と断じていました。

ここから質問なんですけど、当時の軍部や社会全体に「弓馬の道」が欠けていた、という大学教授の指摘はどういう意味なのですか?

Aベストアンサー

東大+明星大の名誉教授・小堀桂一郎でしょう。

全体を読んで文脈・趣旨を把握しなければ、正確なところはわかりませんが、表現・形容について著者の筆が滑ったというか、弓馬の道という言葉自体にこだわって難しく厳密に受け止める必要はないと思います。

質問文にもあるように、事件への処分について、国民も軍も政治も「甘過ぎた」のだ、という意味・趣旨、と受け止めれば、それで良い、と。。。

つまり、犯人たちに、国民がいくら同情を寄せても、軍部と政治は、後先を考え、法に従い、厳しい処分を、断固として実施すべきだった、ということを表現しているのだと思います。

汚職、国民の・特に農民の窮状、それらとは対極的な財閥や特権階級の肥え太り、こうした環境での国民の気持ちもわかるが、テロ、殺人、クーデタを許してはいかんではないか、甘過ぎる処分が、226につながったのだ、ということ。

特に軍部は、国民の同情に甘え、甘過ぎる処分にとどめて犯人の軍人仲間を救ったことで、さらに軍内綱紀を緩める結果を招いた、ということですね。

この場合は、弓馬の道=武士道と国民???といったことにこだわる必要もないでしょう。

東大+明星大の名誉教授・小堀桂一郎でしょう。

全体を読んで文脈・趣旨を把握しなければ、正確なところはわかりませんが、表現・形容について著者の筆が滑ったというか、弓馬の道という言葉自体にこだわって難しく厳密に受け止める必要はないと思います。

質問文にもあるように、事件への処分について、国民も軍も政治も「甘過ぎた」のだ、という意味・趣旨、と受け止めれば、それで良い、と。。。

つまり、犯人たちに、国民がいくら同情を寄せても、軍部と政治は、後先を考え、法に従い、厳しい処分を、断固...続きを読む

Q日本史、世界史における捏造事件を教えて下さい

皆様ご承知とは存じますが、そう遠くない前に、縄文時代など古代日本史における捏造が、とある専門家の手によって行われました。
何も日本史のみならず、世界史においても捏造の介入の可能性があり得るのかもしれません。

また数十年前でしたでしょうか、ある古代文明の大展示会がデパートにて開催されましたが、何とフェイクが大量に紛れていたことが判明し、それが発端で引責事件にまで発展した事件もありました。
その企画会社の社長の娘がたまたまかつてのクラスメートだったので、いまだにショックで忘れられない記憶として残っております。
美術品をはじめ、歴史に関わる事象を扱うことの複雑さと倫理というものにちょっぴり触れた気分だったと思います。

古代史絡みはロマン溢れる魅惑のジャンルながら、なかなか事実認定や断定をするのが難しいのかもしれません。
ですが、一素人として考古学や歴史を楽しむ分にはいざ知らず、故意の捏造は決して褒められたものではありません。

ただ、いわゆる「正史」とは違うアウトサイダー的な側面と申しますか、「捏造事件」そのものも「歴史」とみなしうると考えるならば、それなりに過去の事件は興味深いようにも思われます。
そもそもいわゆる通説となっている「正史」、ならびにそのバイアスに囚われた見方による副次的な視点を遠ざけると何か面白いものが見えてくるような気もするのです。
もちろん古今東西によって「捏造の動機」すら大いに異なるかと思われます。

そこでこのたびは、研究の末ではなく、捏造が発覚、もしくは洒落で世間を”ひっかけた”というようなお話がありましたら、古今東西を問わずご教授いただきたいと思います。
何も大それた歴史的事件に限らず、骨董品の真贋話でも、絵画のフェイクでも、中世の文献の捏造でも、何でも構いません。

もし御存じの方がいらっしゃいましたら、よろしくお願い申し上げます。

皆様ご承知とは存じますが、そう遠くない前に、縄文時代など古代日本史における捏造が、とある専門家の手によって行われました。
何も日本史のみならず、世界史においても捏造の介入の可能性があり得るのかもしれません。

また数十年前でしたでしょうか、ある古代文明の大展示会がデパートにて開催されましたが、何とフェイクが大量に紛れていたことが判明し、それが発端で引責事件にまで発展した事件もありました。
その企画会社の社長の娘がたまたまかつてのクラスメートだったので、いまだにショックで忘...続きを読む

Aベストアンサー

 回答番号:No.20 あぁ、どうも誤解されておられたかも知れませんね、てょいと今になって、ご文章から気付きました。
 真実に生きるから真偽の判断ができるのだということです。
 真偽を見分ける、批判力と眼光の涵養はまともに、正気でいきていくことによりなされる。
 ということについてのご認識がご経験になっておられますか?
 このようにあざなえる縄のような真偽の状態の世に中と歴史です。
 その真偽は自己の冷静な意識で判断するのです。
 芥川の藪の中ですか。世の中はあんなものです。
 その真偽の判断は自己の冷静な正気性です。
 これは夫々の人が自分で体験することです。
 論証や理論では在りません。
 盟神探湯とは容疑者に課すというのが歴史の勉強でした。
 それもあるかもしれませんが、正しく伝わらなかった教えの一つですね。
 間にいい加減な人が介在した嘘の伝承でしょう。
 これはむしろ判断者の側に課すものでしょうね。
 対象に盟神探湯を課して何に為りますか?
 馬鹿らしいと思いませんか。
 そして人は常に判断者として生きているのではないでしょうか?
 昔の賢者の言葉を、理解できない人が介在して現代に伝わるいい例ですね。聖書もそうなんです。そして改竄されてきて。
 挙句にみんな翻弄されてきている。
 哲学や思想というのはそういう閑な理屈やが関ってきているのですね。

 回答番号:No.20 あぁ、どうも誤解されておられたかも知れませんね、てょいと今になって、ご文章から気付きました。
 真実に生きるから真偽の判断ができるのだということです。
 真偽を見分ける、批判力と眼光の涵養はまともに、正気でいきていくことによりなされる。
 ということについてのご認識がご経験になっておられますか?
 このようにあざなえる縄のような真偽の状態の世に中と歴史です。
 その真偽は自己の冷静な意識で判断するのです。
 芥川の藪の中ですか。世の中はあんなものです。
...続きを読む

Q世界史Aと世界史Bについて

高校には必修科目として世界史がありますが、世界史Aって習う機会があるのでしょうか?

Wikipediaでは世界史Aか世界史Bのどちらかを必修する必要があると書かれていますが、うちの公立高校ではまだ世界史Bしか習っていません。

これって高校によってAかBを習うか変わるものなんでしょうか?

Aベストアンサー

世界史Bを習ったら、世界史Aは習いません
一般的に普通科高校は世界史B(例外もあるようですが)
商業高校や工業高校は世界史Aを履修します

過去の質問例
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2499564.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報