[PR]ネットとスマホ まとめておトク!

経理担当者です。
取引先からの代金回収を手形でいただているのですが、手形を取立にまわす銀行が近くに無いため、期日現金支払に変えてもらおうと考えています。
特に手形割引の利用の予定はありません。
契約条項では手形の条件しか定めてなく、期日現金払いを行う場合は契約の改定が必要なのでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

はじめまして、零細企業で経理を主に総務先般をしている者です。


私も質問者様と一緒の考えを持っており予ねてより手形支払いの得意先に書面でですが
期日に振り込みとお願いした事が最近あります。
私の所は零細企業ですから主要銀行は地銀です。今はEBで処理しておりますので得意先が
どの金融機関から振り込みをしているか表示されます。ですので手間の掛からない
程度で取引金融機関を設けております。振り込み手数料を引かれる額が少なくすむからと
考えたからです。
すみません。本文からずれましたが回答に対する補足欄を拝見致しましたが手形にしては凄く
サイトが短いですね?なぜ手形取引にしているのか正直分かりません。弊社の所では120日
サイトが一番多いですね。質問者様の言われるように期日支払いの方が相手先企業の手形
発行の手間、印紙代も要らなくなりますね。質問者様の会社にしましても手形管理の手間や
領収書の発行の手間、印紙代、書留で送られてくるのでしたらその郵送料も負担しなくてすみ
ます。
文章能力が無い為長々と書いてしまいましたが是非先方に打診されて契約変更をするべき
だと考えます。
関係ない話ですが私は京都市にある会社に勤務しております。1社だけ期日現金払いに
変更をお願いした所は交換所が広島でしてどうしても取り立てに出さないといけないから
期日振込に変更を依頼しました。
近畿圏以外だと期日前に持ち込んでも振込手数料を取られるのが馬鹿
らしく思えて遠方の取引先には期日振込にしてもらおうと思っております。
これは質問者様にいうのではないのですが
蛇足ながら手形は商工会議所を通して資金化されるのではなく、あくまでも手形に記載されて
いる交換所を通して資金化されます。
    • good
    • 0

いまの契約に手形のことしか書いてへんのなら、手形払いの契約て解釈することになるやろね。

それを現金払いにするのなら、契約変更てことになるで。

支払方法の変更は書面でなく口頭でもできるけど、契約変更の覚書みたいな書面作っておいたほうが無難や。

もち、あなたも分かってはるやろけど、契約は相手方が承諾せな変更できひん。相手方に契約変更を申し込むとこからスタートやね。
    • good
    • 0

代金回収を手形と決める時,覚書・契約書で決めているはずです。

簡単に現金に変えてはいけません。都合で変えるということは,早い話が回収期日でなくても,翌日でもよいと云っているのと同じです。期日には必ず御社の口座に入金されていることが確実な金銭の授受なのです。

銀行が遠い近いの問題えはなく,覚書・契約書に基づいて仕事をしてください。手形は入金の4~5日前に銀行へ預け下さい。銀行は手形を商工会議所へ回し手続きをします。

上記を踏まえて期日に現金に変えるにしても相手と覚書・契約書を交わしてください。
ところで今までに何故手形にしたか認識していますか?サイトって知っていますか?取引で例えば今月の10日・20日・25日・末日締めの90日後の10日・20日・25日・月末のように決めていてその日に入金されます。手形は90サイトと契約すればその間相手は,お金の心配をしなくていいので,ゆとりが出来ますが,その代わり運転資金が回転しなければ手形が不当たりになりかねないのです。けれども互いに信頼をもとにして手形にしたはずです。このような事を熟しして金銭の授受を行ってください。
最後の質問に契約条件ウンヌンとありますが,現金に変えるにしても相手と相談の上決めてください。改定が必要ウンヌンの前に相手が了承するか否かを相手とつめてください。

他の先生も教えているように金銭の授受は甘い考えで行ってはいけない。もしもの時は御社が痛い目に合うのです。

この回答への補足

「銀行は手形を商工会議所へ回し手続きをします。」は間違いでしょう。

補足日時:2011/08/09 04:12
    • good
    • 0

契約の改定が必要なケースもあります。



期日払のメリットといえば手形受領に伴う領収証のコストが不用になることと
取立の手間が省けることぐらいです。
逆にデメリットは割引等の資金流動性の欠如です。
通常の企業ではデメリットの方を重んじて期日払の承諾には消極的です。
本来期日払とは相手が申し出る者で、こちらから申し出る者ではないですね。
相手の債務支払システムが期日払に対応していないケースがあるのはNO2の方
の指摘の通りです。

尚、期日払とは一般に手形の落ちる日に現金で払いますよって取引です。
1の方の示すケースは期日払というよりは単なる早期支払のお願いですね。

この回答への補足

割引は必要ありません。
確かに手形払いは管理は楽です

補足日時:2011/07/25 12:38
    • good
    • 0

これは支払元がその仕組みを持っていないと無理ではないでしょうか。


もちろん先方は貴社だけ数ヵ月後に振込みという条件ができないということもないでしょうが、ある程度の企業では支払先が多くあるのdえ、特定の相手だけ異例の条件を了解するかは疑問です。

それと、手形を取立にまわす銀行が近くに無いということですが、その場合はついでがあるまで貴社の金庫に保管しておけば良いだけです。
手形期日までに一度くらいは銀行の用事はあるでしょうから、その時に取り立て依頼をすれば良いので、これは期日の3日程度前までならばいつでも可能です。
あるいは集金の条件に応じる金融機関と取り引きをするという考え方もあります。
中小の金融機関ならばたいていはたまには来てくれると思います。

私は手形から期日支払方式に変更の動きが多くの大手企業で起こったときに、できる限リお断りをしていました。
それは手形を入手すればただの売掛金よりもかなり確実な債権になりますし、都合によっては割引も相手に断ることなく自由です。

従って私なら今のまま手形を受け取りますね。

この回答への補足

手形のサイトは20日以内と短く、毎旬末に入金するので1週間に1度は必ず銀行に出向く必要があります。
中小の金融機関と取引はできません。
領収書にはる印紙も高いので、相手先にとってもはいいはずですが・・
支払債務について、相手が仕組みを持っていない可能性は確かにありますので、ここはなんとかしなければならないと思います

補足日時:2011/07/25 12:36
    • good
    • 0

>手形を取立にまわす銀行が近くに無いため…



手形の取り立ては、振出銀行でなくてもかまいませんけど、銀行そのものが近くにないということですか。
それならふだんから金庫にウン千万の現金を置き、売上も支払もすべていつもニコニコ現金払いなのですか。
まあそれは御質問の主旨とは関係ないですのでどうでも良いですけど。

>契約条項では手形の条件しか定めてなく、期日現金払いを行う場合は契約の改定が必要…

先方が承知するなら、契約うんぬんはどうでも良いです。
とはいえ、これまでがすべて手形支払であったのにいきなり現金でといわれ、ハイそうですかという人・社は少ないでしょう。

現金払いに代えて行くには、
「30日以内現金の場合は△% 値引きします。」
というような条件でも出さないと事実上無理です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q期日現金とはどういうものなのでしょうか?

決済条件で

検収月末締翌月末60日手形
検収月末締翌月末60日期日現金

とあります。

ここでいう期日現金とは、どういうことなのでしょうか。

仮に60日後に現金ということであれば、
検収月末締翌月末60日期日現金といわずに
検収月末締翌々々月末現金でもいいのではないでしょうか。

または期日現金とは、手形のように銀行がその60日間、
いかなる場合も保証してくれるという意味なのでしょうか。

また単純な質問ですが、ここでいう期日とはどういう意味なのでしょうか。


有識者の方、ぜひともお答え下さる様よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

手形を発行するにあたって、当然負担が発生します。(発行事務、用紙代、管理、印紙税負担等)それを削減するために近年は大手企業を中心に「手形決済」から「期日現金支払」へ変更するところが増えているようです。

>ここでいう期日現金とは、どういうことなのでしょうか。
>ここでいう期日とはどういう意味なのでしょうか。
手形を発行しないが手形を発行したと同じ効果を持たせるため、90日後とか120日後などの決められた期日に代金として現金を銀行振込みする、ということです。信用取引のうえ成り立つ性格のものですが、やはり力関係が背後にあると言えます。

>または期日現金とは、手形のように銀行がその60日間、いかなる場合も保証してくれるという意味なのでしょうか。
=してくれません。

期日現金支払は手形とはちがって、割引きや回し手形ができないデメリットがあります。
でも、「ファクタリング会社」(売掛債権の支払保証や買取りを引き受けるサービスを提供する会社)を間に挟んめば、期日以前でも所定の手数料を払えば代金を受け取ることもできます。(手形割引きに該当します)
ファクタリング会社は大手都市銀行系の6社が主力で、銀行に問い合わせれば教えてくれます。

このような意味でも取引先が支払い条件を変更してきた時点でその背後にある事情を掴むのは重要なことだと思います。

因みに建設業界では下請業者利益保護のため手形支払から期日現金支払の変更は禁止事項です。(下請法)

手形を発行するにあたって、当然負担が発生します。(発行事務、用紙代、管理、印紙税負担等)それを削減するために近年は大手企業を中心に「手形決済」から「期日現金支払」へ変更するところが増えているようです。

>ここでいう期日現金とは、どういうことなのでしょうか。
>ここでいう期日とはどういう意味なのでしょうか。
手形を発行しないが手形を発行したと同じ効果を持たせるため、90日後とか120日後などの決められた期日に代金として現金を銀行振込みする、ということです。信用取引のうえ成...続きを読む

Q手形や期日指定支払の際の起算日について教えて下さい

みなさま、こんにちは。

支払手形や期日指定支払(振込)で20日締め、翌月16日起算、サイトは120日、支払日16日というような条件があるのですが、あまり理解できないので
どうか助けて下さい。

普通企業の締め日と起算日はいっしょにしないものなのですか?
20日に締めたら、その日を起算日にした方が楽なような気がするのですが。

またサイトが120日にもかかわらず、支払日が16日とあれば、支払日が優先
されるのでしょうか?
2月のように短い月を含む時は計算が大変そうですね・・・

どんなことでも結構ですので、教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>支払手形や期日指定支払(振込)で20日締め、翌月16日起算、サイトは120>日、支払日16日

例えば、3月10日に\100、同月15日に\200の取引があった場合、20日で締めます
ので翌月4月16日に\300の支払手形を振り出します。(支払手形で支払います)
また、サイトが120日なので8月16日に取引銀行の口座から\300引き落とされます。
それから「支払日16日」というのは「翌月16日起算」とイコールじゃないですか?

>普通企業の締め日と起算日はいっしょにしないものなのですか?

起算日の意味をどうとらえていますか?
例えば、末締め翌月末現金振込、という支払条件なら実質30日サイトの期日支払
と同じですから、締め=起算日になるでしょう。
支払手形の場合だと振出日=起算日ですね。先ほどの例なら16日が振出日です。
(通常、手形による支払日=振出日になると思います。)

>またサイトが120日にもかかわらず、支払日が16日とあれば、支払日が優先
>されるのでしょうか?

これはおそらく何かの間違いでしょう。

>2月のように短い月を含む時は計算が大変そうですね・・・

通常、30日を1ヶ月とします。企業によっては実日数による計算を行うところも
あります。

>支払手形や期日指定支払(振込)で20日締め、翌月16日起算、サイトは120>日、支払日16日

例えば、3月10日に\100、同月15日に\200の取引があった場合、20日で締めます
ので翌月4月16日に\300の支払手形を振り出します。(支払手形で支払います)
また、サイトが120日なので8月16日に取引銀行の口座から\300引き落とされます。
それから「支払日16日」というのは「翌月16日起算」とイコールじゃないですか?

>普通企業の締め日と起算日はいっしょにしないものなのですか?

起算日の意味をどう...続きを読む

Q期日現金と手形の違いについて

手形発行費用の削減、手形管理業務の削減という意味で期日現金という支払方法がひろく使われていると思います。

この期日現金というものについて分からない点があり質問いたします。

1.期日現金というのは法的な力がかかるのでしょうか?手形が不渡りとなれば倒産になると思うのですが、期日現金でも同じく倒産になるのでしょうか?

2.期日現金でも割引ってできるのでしょうか?

3.上記の2つの質問&手形の存在の有無以外で、期日現金と手形に違いはありますか?

最近会計システム絡みの仕事をしていて非常に気になっています。一部でも構いませんので、回答いただけるとうれしいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

経理勤務を離れてから、この期日現金(期日振込?)が大手企業の多くに拡散されたような気がします。ブランクがあるので全部覚えていませんが債務をファイナンス会社に委託するケースが多いので、期日に振り込んでくるのは系列のファイナンス会社の名前となります。期日前の現金化はむづかしいと思いましたが、手数料と利息を払えば現金にしてくれるかもしれません。詳しくはファクタリングで検索するとヒットしますよ。
違いは期日振込は売掛金しかも長い(回収率が悪い)、手形は回収と見なされる。(実態はどちらも売掛債権として回転日数の対象となる。)

Qこの場合の支払条件の書き方

初めての取引先の支払条件が以下の通りです。

毎月25日で締切り、翌月15日手形とのことです。

手形については無知でよく分からないのですが、請求書に支払条件として上記の内容に沿って書くのですが、理解していない為、うまくまとめた表記方法がわかりません。
この場合どのように書けばいいのでしょうか。
いつもは現金の場合だと、毎月末日締切翌月末日迄現金払いという様な感じで書いているのですが…

Aベストアンサー

毎月25日締切翌月15日手形払(締め日起算 手形サイト125日)などと書けば分かると思います。手形サイトを締め日から数えるか、支払日から数えるかは、会社によってまちまちですが、当社の場合、休みなどによって支払日は2,3日ずれることがあるので、締め日起算で統一しています。

Q「不備がございました」は日本語としておかしいですか?

会社で取引先にメール送信したところ、添付のファイルにミスがあったため、(私のミスで)再送することになり、一度謝罪の電話のあと、再度修正したファイルを添付し、送信しました。その際、メール文面に「先日送付致しましたファイルに不備がございましたので訂正の上再送致します」というように書きました。すると上司が、「こちらのミスなのに不備が”ございました”というのは日本語としておかしくないか?」と言われるのですが、おかしいのでしょうか?私は社会人8年目ですが今まで普通に使っていて初めて今の会社で指摘されました。日本語としておかしいのかどうか、教えてください!!

Aベストアンサー

「ございます」は難しい敬語です。
一般には「~です」の丁寧語なのですが、「それはこちらにございます」のように「あります」の丁寧語にも使われます

「不備がございました」は「不備がありました」の丁寧語として使っていると思います。でもこの表現は「自分のミス」を「丁寧」にしている訳ですね。それが「当方のミス」だとすれば、丁寧語にするのは多少違和感があります。

「ファイルに不備がございました」の単体でとらえれば敬語表現として間違いとはいえませんが、文意からすれば「おかしい」と言ってもよいかもしれません
自分のミスは「不備がありました」で十分ではないでしょうか。

Q起算日の定義

経理担当者です。取引先の決済条件が月末締め翌月末起算90日現金となっています。この場合の「起算」とはどういう意味でしょうか?

Aベストアンサー

※解りやすく説明します。
A・月末締=兎に角月の末日が締日の事を言います。つまり請求書を作成します。しかし末日で締めて今日送る事はできません。

B・翌月起算日=つまり余裕を持たせるため、翌月の末日にした方が都合が良いのです。

C・末日起算して90日に現金と言うことはBの末日から起算して90日メに支払の形になると言う意味です。

D・決済条件として契約・覚書にそのように謳ってあれば従うしかありません。

E・手形の場合で説明します。手形の起算日数は、暦の最終日が28・29・30・31に関係なく30日と決っています。

4月30日請求書締めの起算日が5月31日なら8月31日が支払日になります。手形を回収して銀行へ預け8月31日(営業日ですよ)に現金化されます。

5・上記の場合は手形を預かるのが条件になっていませんか?約束条件が無い取引(口約束)は無いはずです。

6・参考までに取引先もお金が入らなければ支払が出来ないだから都合のよい条件で契約・覚書を交わします。現金・預金の場合は月末25日締めの月末支払でもよいのです。
中小企業に多いケースは上記のような1ヶ月後の末日に起算して90日後に決済の形が多いのです。参考。

※解りやすく説明します。
A・月末締=兎に角月の末日が締日の事を言います。つまり請求書を作成します。しかし末日で締めて今日送る事はできません。

B・翌月起算日=つまり余裕を持たせるため、翌月の末日にした方が都合が良いのです。

C・末日起算して90日に現金と言うことはBの末日から起算して90日メに支払の形になると言う意味です。

D・決済条件として契約・覚書にそのように謳ってあれば従うしかありません。

E・手形の場合で説明します。手形の起算日数は、暦の最終日が28・29...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報