初めての店舗開業を成功させよう>>

弟(20代後半、独身)について相談させてください。
私は、姉で30代既婚です。

私の実家は、ド田舎という言葉がぴったり来るような田舎で、未だに長男信仰が強い地域です。
弟は、子供の頃から、「男の子だ!」「長男だ!」「跡取りだ!」と上げ膳据え膳で、同じ姉弟でも私とは全く違う待遇で育ちました。
小学校中学校は、家から比較的近かったので、徒歩通学できる距離ですが、それでも雨が降れば家族の誰かが学校まで車で送り迎え。
高校は、家から4キロほどの場所ですが、天候関係なく、(家族が)遠いからと言って、毎日車で送り迎え。
定年過ぎて、ずっと家に居る祖父母はそれが楽しみのように送り迎えしていました。
ちなみに、私は、晴れれば徒歩や自転車だし、雨が降ればバスで学校へ通っていました。(←これが、普通だと思うんですけど・・・。)

弟は、大学へ行く時も、どうしても都会の大学へ行きたいと。
お金が無いから、地元の大学を出て欲しいと言う両親の意向を蹴り、成績もあまり良くないので、都会の三流大学の私立四大へ。
都会だから物価も高く、家賃なども多額で、私立大学だから学費も半端なく、金銭面で大変だったと聞いています。
大学1年生の夏に、将来の就職の為に、車の免許を取りたいと、自動車学校へ。

都会に住んでいたら、車なんていらないと思いますが、今度は車が欲しいと。
両親にこれ以上出せないと分かると、今度は祖父母へお願いし、車を買ってもらい、維持費や駐車場代も祖父母が払っていたらしいです。

祖父母や両親は、弟にとても甘く、キツく叱る事ができません。
やんわり注意する程度です。

弟は、大学卒業後、そのまま都会に残り、都会の企業に就職しました。
実家の家族も、特に田舎に戻ってきて欲しいと言う気持ちもありません。
戻っても仕事が無いですから、生活も成り立ちませんし、都会で頑張ってほしいといっています。

その弟も、20代後半になり、結婚話が出ました。
相手は、そちらの人で都会の人なんですが、弟が突如、「婿に行く」と言い出しました。
その理由が、実家の墓守や仏壇の世話をしたくないから婿に行くだそうで・・・。
実家近くに嫁いだ私に、すべて面倒見てもらえと言っているらしいです。

将来的に、両親に介護が必要になってきたら、私が看るつもりで居ます。
弟嫁さんにまで迷惑かけられませんから・・・。
でも、墓守や仏壇の世話位、今まで散々お世話になってきたんだし、弟がしたらどう?と思うのですが、それが嫌だから婿に行くと。
実家に、今後お葬式が出ても、アネキの旦那さん(私の主人)に喪主してもらったらどうだ?とまで言い出す始末。

弟の彼女の御両親からは、「墓守一つ嫌だといっていて、家族(奥さんや子供)をちゃんと守っていけるのか?」と、呆れている様子。
弟の彼女の兄妹は、お兄さんが2人居て、何も婿をもらってまで、家を継いでもらう必要は無いそうです。

世の中の長男さんはやはり、墓守りなんかしたくないと思いますか?
こんな弟どう思いますか?
でも、婿に行くなって言ったって、寂しいから止めてるだけにも、思われて終わってしまうような気がしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

墓守が嫌だから、長兄がいる彼女の家に婿て?


失礼ですが、あなたの兄は馬鹿ですね。
相手の都合、意向も考えず勝手に決めて。
こんな息子もいるんだとあきれ返りました。

でも、結論から言うと、甘ったれ小僧に育てた
父母が、いけませんね。

しかし、20代後半で社会経験を積んでいれば
普通、しっかりするものだとは思いますが。
この兄が結婚して上手く家庭生活築蹴るとは思いません。
大きなお世話かもしれませんが、お相手の家族は
この兄と娘の結婚に賛成してるのですか?

あなたのご家族は、長男の教育に失敗されたようです。
甘やかすのと、可愛がるのは違いますからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

私も甘やかすのと可愛がるのは違うと思います。
祖父母や両親にも、弟を甘やかし過ぎと言うことは、長年言っていますが、それは私のひがみやねたみとしか取ってもらえません。
結果、こういう事になりました。

あちらの御両親は呆れていると言うことは聞いていますが、それ以上は聞いていませんので、仕方なく賛成なのか?反対なのか?詳しい事までは私には分かりません。

お礼日時:2011/07/26 14:35

冷たい言い方をしますが、ご両親やご家族がそのように育てたんだから、当然の結果でしかないと思いますね。


長男であるとか、嫡子というものは本来なら、帝王学を学び、如何にして親族を取りまとめていくかを学ばねばならない非常に辛い立場です。
だから家名と一族を背負っていくから、全ての財産を委ねるのです。

戦国時代、そんないい加減な一族はあっという間に滅びました。
ところが江戸時代になって、党首は単なる飾り物、決められたシステムで一部のものだけがいい目を見るだけという社会になっていきました。
それが明治維新以来、下級武士や平民が見よう見まねで腐敗した長男大事の政策だけを真似ているから馬鹿でもチョンでも持ち上げてしまう事になったのです。

自分勝手が許されるように育てた結果は自分勝手にしかならない。そんなことはハナから判っているはずで、家族が愚痴る刺客などありません。思うように育ってくれたのだからありがたいと思うべきでしょう。

貴女もべつに墓を守る義務はありません。さっさと嫁いで、嫁ぎ先の家人になればいいのです。それが女としての務めです。
とはいっても、私の伯母も旧家である実家をバカ息子に潰され、最期まで墓だけは守り通しました。
でも、その息子も馬鹿でしたので、一速の墓を守る事は出来ず、結局自分たちの墓だけがやっとの生活です。
父は祖父側の後を継ぎましたが、祖父が長男であるにも拘らず実家を飛び出したので、結果的に伯母が祖母の実家を守ることだけが残ったのです。

相手がしっかりした家なら縁談は破断でしょうね。
そうなればまたフラフラと戻ってくることは確かだし、貴方の家に相続問題が出れば、婿に行っても乗り出してきて引っ掻き回すのは火を見るより明らかです。
さっさと頂ける権利だけを主張して、自立の道を進むべきだと、私は自分の周囲での実体験から勧めます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
こんなわけの分からない長男信仰に振り回されているなんて・・・と私自身もバカらしくなった事もありますが、このままだと私の主人にまで迷惑をかける形になり兼ねないので、困ってしまいました。
あちらの家は、呆れているとは聞きますが、仕方なく賛成なのか?反対なのか?その辺りを確かめたいと思います。

お礼日時:2011/07/26 14:40

難しい問題ですね。



私は3人兄弟の真ん中です(兄、私、弟)。
そして、母の実家の跡取りです。
(母は3人姉妹で皆嫁いでしまったので跡取りに困っていました。
そこで私が、お墓や土地を守るため祖母と養子縁組をして跡取りとなり、
主人を婿養子としました。)

質問者さんの弟さんと同じ20代後半です。
小さい頃から「ここの家を継いでね」と育てられ
お墓参りは勿論、法事の流れやらも近くで見て そして教えられてきました。
チヤホヤされるどころか、祖母はどの孫よりも私に厳しかったです。

祖母が年ということもあり、家のこと、町内会、お墓の手入れやお参りは
今や私がほとんど行っています。
そりゃあ、跡取りにならない方が随分楽です。
でも、私のご先祖様です。苦ではありませんよ。

私の兄も、実家の跡取りです。
やはり『将来の跡取り』として育てられました。
そして今は実家を離れて都会で仕事をしています。
昔は「跡取りなんて嫌だ」と言っていましたが
今は『自分は跡取りなんだ』とお盆なんかには
お嫁さんを連れて帰って来てお参りをします。
法事の時も、兄嫁は私の母から一連の流れについて教えてもらっていました。
そして将来は実家に戻ってくるつもりのようです。

>実家の墓守や仏壇の世話をしたくないから婿に行くだそうで・・・。
実家近くに嫁いだ私に、すべて面倒見てもらえと言っているらしいです。

申し訳ありませんが、
考えが甘過ぎると思います。
面倒なことがある度に逃げ出しそうですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
回答者様は、○○家の跡取りだからとしっかり育てられたのですね。
うちの弟に、つめの垢でも煎じて飲ませてやりたい位です。
うちの家族は、「将来○○家を背負っていってもらう人だから」と甘やかし過ぎなんだと思います。
嫌な事から逃げ出してたら、何の解決にもならないと思いますが、それで今までまかり通ってきた事がいけないんだと思います。

お礼日時:2011/07/26 14:37

 2度目です。

すみません。
兄ではなく、弟さんの間違いでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
兄でも弟でも、こういう姉弟を持つと、大変ですね。

お礼日時:2011/07/26 14:35

お兄様が二人いる彼女の家に、養子に入ったら、どちらの親に対しても、何の義務もなくなると思っているんですかね?



長男であろう次男であろうと、養子であろうとなかろうと、男であろうと女であろうと、親に対する義務や責任、財産相続の権利は、兄弟姉妹みな平等だと思うんですが?
法律ではそうなっていませんでした?
違いますかね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

>お兄様が二人いる彼女の家に、養子に入ったら、どちらの親に対しても、何の義務もなくなると思っているんですかね?

弟はそう考えているように思います。
だから跡取りとは無縁の彼女と結婚したいのかなと。

お礼日時:2011/07/26 14:32

55歳の兼業主婦です。



困った弟さん・・・ですね。。。

弟さんは「煩わしい事」から全て逃げて、次男や三男の様に「気まま」に生きたいと思っているのでしょうね。(実際は長男じゃなくても大変なんですが・笑)
面倒な事は全て貴女にさせて、いざ「遺産相続」になったら「長男」だからと権利を主張する。。。

「婿に行く」と言う弟さんの言葉は、ただ「氏」を彼女の方にする・・・と言うことだと思いますよ。
結婚して、どちらの氏を名乗るかは自由ですが、「婿養子」になる為には、彼女のご両親が同意しなければどうにもなりません。
しかし「氏」が違っても、婿養子になったとしても、「子」としての「相続権」が有る限り、親の老後のお世話をする事は「当然」だと思いますよ。

ご両親は、99パーセント「若い時に都会で暮らしていても、長男だから、きっと帰って来てくれる」と信じていらっしゃるのではないでしょうか?
遅くても、定年退職したら・・・なんてね。
その次ぎに思う事は、せめて「孫」には後を取らせよう・・・とか。(笑)

結局、貴女は「嫁に出した娘」なのです。
貴女はまだ若いから、親に対して「自分が出来る事はしてあげたい」と思っていらっしゃると思いますが、これが子供に手が掛かったり、生活の為にご自身も働かなくてはならない状況だったり、「更年期」で辛い時だったり・・・とても大変!なのが現実ですよ。

近くで暮らす娘(義両親と同居していない)は、親にとって「好都合」な存在です。
だからどうしても「頼られ」ます。

お礼にお書きの様に、田舎だから・・・遺産相続はしなくていい・・・っと本当にお思いなら、「嫁に出た娘」のスタンスを貫くべきです。
弟さんがなんて言おうが「私は○○家に嫁に行ったのだから、それは出来ない」と、毅然とすべきだと思いますよ。
弟さんに、考えさせる為にも・・・です。

とわ言え、貴女が出来る範囲で「子」として親に尽くす事は当然ですがね。(^_-)

まだ、ご両親はお元気なのでしょ?
これから先の事なんて、どう変わるか分かりません。
「弟」の一言で動揺するより、「バカね」っと笑っていた方が良いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

>弟さんがなんて言おうが「私は○○家に嫁に行ったのだから、それは出来ない」と、毅然とすべきだと思いますよ

そう言うと、弟は、俺は○○家に婿に行くんだから、実家の事は知らない。となります。
何だか、自分に都合よく物事が回るものと思っているようです。
まあそういう風に育てたのは、私の家族ですが・・・。

お礼日時:2011/07/26 14:31

私も自分の家では、跡取りについてもめた?(唯一の男兄妹である兄が出て行った。

)ので、いわせていただくと・・・

まず、財産に関しては、家を継ぐもの(長男に限らず)が、譲り受けるのが普通かと。

法律上は、ちゃんと分配するしくみになっていて、相続放棄をしない限りは、家を継がなくても同等の権利があるのは常識だと思います。

うちでは、姉が継いだため、父が亡くなったときは、相続放棄の書類に署名捺印の上、私や兄は放棄した形をとりました。

墓守や先祖の供養ができないのは、人として未熟なのではと判断されるのは、当たり前のような。。。
普通はお嫁に行く形をとるのであれば、弟嫁だろうと、嫁は嫁(嫁にいった先の人間になる)というので、ちゃんと家族の面倒をみるのは普通だと思いますし・・・・

変な話が自分の親の面倒をみる覚悟のない人が、婿にいって、婿に言った先の義理のご両親の面倒を見ることができるのでしょうか?・・・

それこそ、妻も子も大切にできるのでしょうか・・・・

私の兄のような(無責任で、ずるい人間。)で、私は疑問に思うような弟さんですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

>変な話が自分の親の面倒をみる覚悟のない人が、婿にいって、婿に言った先の義理のご両親の面倒を見ることができるのでしょうか?・・・

見るつもり無いと思いますよ。
だから、お兄さんが二人も居る跡取りとは無縁の彼女と結婚したいのだと思います。

お礼日時:2011/07/26 14:29

こんにちは。



弟さんは甘やかされたからなのか、少しばかりわがままになられてしまったようですね。
長男は両親の考えを重んじる子が多いように思いましたが・・・。
きっとご両親が亡くなられた時に人間として変わる時期がきます。
その時にはきっと家を守らなければという意識も起きます。
その意識が起きた時に守ることのできない状況を作ることは避けてあげた方が良いでしょう。

婿に入ってしまったら実家を守ることは難しくなります。
ご両親にキツく叱ってもらうべきでしょう。
弟さんのことを想っているのならキツく叱ることもできるはずです。

お墓とお仏壇に関しては、「守をする。」「世話をする。」と言っているうちは本当の意味での守や世話はできません。
何故かというと、「仕方がないから」という言葉が意識の中で前につくからです。
「仕方がないから守をする。」「仕方がないから世話をする。」
「しかたがないから」という意識では、お墓なら草が生え、生花がドライフラワーになります。
お仏壇なら閉めっぱなしか、ほこりが積もります。
やはり「守をさせてもらう。」「お世話をさせてもらう。」という意識にならないと難しいと思うのです。
そういう意識が持てないうちは、お墓もお仏壇もその方には相応しくなく、勿体ないものなのです。
一生、そういう気持ちになれないと言う方は、お墓もお仏壇も持つ資格の無い方ということになります。

弟さんが少しでも信心の気持ちをお持ちいただき、祖父母様、ご両親様のお気持ちを受け止めることのできるお心にお育ちいただけますように願うばかりです。

この世の命は残念ながら永遠ではありません。
祖父母様、ご両親様もいつかはお亡くなりになります。
その時までに安心させてあげてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
現実的に、両親の老後を私が見るにしても、お墓や仏壇の世話位は長男である弟にやってほしいと思っています。
でも、弟はそれが嫌だから婿に行くと。
祖父母や両親は、唖然としています。

お礼日時:2011/07/26 14:28

後継ぎになって欲しかったなら 祭祀の面倒は


法事やお墓のお世話など幼い時から手伝わせて そういうものだと
教えなくてはなりませんでしたね
弟さんの言動から 故郷に戻って親の面倒を見るなんてあり得ないでしょう
あてにしない方が賢明です

さて現実問題として 祭祀と介護の問題ですが
あなた方ご夫婦がそのつもりがあるなら
あなた方ご夫婦が主で見ても良いと思います
また相続について
> 私の実家の方は、遺産分配なんてありません。
>家を継ぐ長男がすべて、相続します
>私の実家の方は、家の財産は、100%長男がすべて継ぐのが普通です。
>たとえ、私が居ても私は嫁いだ身なので、相続は遠慮するべきだと

これはあくまで 慣習に過ぎず 法的には認められません
遺産分配につていえば おじいさんおばあさんの遺産をまずは
お父様及びお父様の兄妹で分けます
そしてお父様の遺産はお母様とあなたと弟さんで分ける事になります
長男の好きに出来るかと言えば あなたが遺産放棄しない限り
法的に争えば 絶対に認められません
慣習に従ってもあなた方が良しと思うなら 外部がとやかく言う
問題ではありません
遺産放棄をすればいいだけの事です
しかし あなた方が納得いかないと思うならきちんと権利の主張をし 
対抗手段を講じなけれななりません
田舎の慣習だからといってそれに従って 損を見るも見ないもあなたの
出方次第だと思います

ご両親とは自分たちの老後を誰に見てもらいたいのか
誰が見るのか 財源はどうするのか
下世話な話だと言って逃げずにそういった先々のことをいちど腹を割って
きちんと話し合わなければなりません
介護するにしても祭祀を守るにしても お金がいるのです
亡くなれば葬式代も掛るし 年忌法要ひとつあげるにもお金がいるのです
弟さんに少ないとはいえ 資産をまるまる持っていかれたら 困るのはあなたですよ?

またご両親の生命保険金の受取人はどなたになっているでしょうか?
弟さんだと厄介ですよ
生保の死亡保険金は 遺産分割に組み込まれません
先ほども書きましたが老後の世話をするいしても 葬式を上げるにもお金は必要です
これも話し合いであなた方がご両親のお世話をする事になったら
受取人もあなたにしてもらう事です
ご両親が公平に資産分配が出来ない時は 心を鬼にして 一切かかわらず 
介護も祭祀も弟夫婦に丸投げしましょう
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
生命保険などの受け取りは、仰るとおり、弟だと思います。
祖父母や両親は、弟が継いでくれるものと言って譲らずに居ます。
でも、現実には弟は婿に行きたいと・・・。
ここで、意見が食い違っています。

お礼日時:2011/07/26 14:26

弟さんを甘やかして「長男教育」に失敗したのは、ご両親の問題ですね。



墓守云々の話では無く、あくまでお坊ちゃんが「逃げ癖」のついたまま大人になってしまったのでしょう。
彼女の親に話しましたか?
「弟が墓守や面倒な事が嫌で、長男さんがいるお宅の婿に入ると言っていますが」と。

彼女の親の気持ちも長男さんの考えも聞かないで、弟さんの甘い考えでの「婿」なら相手の親兄弟にも迷惑な結婚でしょう。
婿問題よりもそんなお子ちゃまを結婚させるには、早いと親にも彼女にも彼女の家族にもきちんと話を通しませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

彼女の御両親は呆れていると聞いています。
あちらにも迷惑をかける形になりますし、祖父母や両親が何も言えないのなら、せめて私でもガツンと言いたいと思っています。

お礼日時:2011/07/26 14:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q墓は誰かが必ず継がなくてはならない(墓守?)もの?

私の祖父が先日なくなり、今のお墓に納骨されました。
私の父は長男で、私もその長男に当たります。
田舎である為か常識の範疇なのか、
長男が継いでいくのが当たり前のような雰囲気です。

例えば私がその土地を離れ、そのお墓に入る気もなく、
海外で暮らしてそこで骨を埋める気でいるとすると
それは非常識なことなのでしょうか。

私がいなくなれば、
兄弟や親戚が必然的に継ぐことになるのでしょうが、
兄弟・親戚も嫁いだり遠方でその土地にいない場合、
永代供養?をお寺にお願いするのが
良い方法なのでしょうか。

ご先祖様を大切にする心は大切だと思いますが、
お墓があるからその土地にいないといけない、
最終的には戻ってきて当然、
そのようなしがらみは納得しかねます。
私自身はその土地で育ったわけでもなく
盆・正月に両親に連れられて行っていた程度ですので、
あまり馴染みも愛着もないのが正直なところです。
一度お墓を移動か合祀しようとした際、お寺さんが
言うには、ご先祖様が嫌がっているとのことで、
断念したことがあるそうです。ですから、私なり
親戚がいる場所へ移すというのは難しそうです。

このようなことに疎いもので、
お叱りを受けるような内容かもしれませんが、
どのようなものか、お考えをお聞かせ下さい。

私の祖父が先日なくなり、今のお墓に納骨されました。
私の父は長男で、私もその長男に当たります。
田舎である為か常識の範疇なのか、
長男が継いでいくのが当たり前のような雰囲気です。

例えば私がその土地を離れ、そのお墓に入る気もなく、
海外で暮らしてそこで骨を埋める気でいるとすると
それは非常識なことなのでしょうか。

私がいなくなれば、
兄弟や親戚が必然的に継ぐことになるのでしょうが、
兄弟・親戚も嫁いだり遠方でその土地にいない場合、
永代供養?をお寺にお願いするのが
良...続きを読む

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。
お墓というものは、極端に長い目でみれば永遠不滅のものではありません。たとえば、誰でも曽々々々々々々々々祖父さんが居たことは確実ですが、そのお墓がどこにあるのか、現在でも存在しているのか、知っている人はほとんどいないでしょう。しかし、曽々々々々々々々々祖父さん位であれば、その戒名なり法名なりが過去帖などの記録に残っていて、「●●家先祖代々精霊」というような形で、みんないっしょのご位牌としてお祀りされているケースは、それほど珍しくはありません。
つまり、ご先祖様を大切にするということは、自分が今存在するのは過去のご先祖様がおいでになったおかげであることを忘れず、きちんと祭祀を続けて行く事にあります。必ずしも、いつかは消滅してしまうであろう構造物であるお墓を護ることだけが先祖祭祀の正しい形ではありません。
もちろん、お墓を粗末にして良いというわけではありません。しかし、現在のように社会移動が大きい世の中で、何が何でもお墓のある土地に住み続けなければならないということはありません。ご自分に精一杯可能な方法で、ご先祖さまのお祀りを続け、自分のルーツがどこにあるのかということを忘れなければ良いのではないでしょうか。

蛇足ながら、お墓を移すことを先祖様が嫌がるということはあまり考えられません。むしろ転居や結婚をきっかけとして、ご先祖さまとの縁が切れてしまうことの方が問題があると思います。止むを得ない社会移動による改葬や合祀は当然、行なってもさしつかえありません。

曹洞宗の僧侶です。
お墓というものは、極端に長い目でみれば永遠不滅のものではありません。たとえば、誰でも曽々々々々々々々々祖父さんが居たことは確実ですが、そのお墓がどこにあるのか、現在でも存在しているのか、知っている人はほとんどいないでしょう。しかし、曽々々々々々々々々祖父さん位であれば、その戒名なり法名なりが過去帖などの記録に残っていて、「●●家先祖代々精霊」というような形で、みんないっしょのご位牌としてお祀りされているケースは、それほど珍しくはありません。
つまり、ご先...続きを読む

Q仏壇、お墓の最終的な行き場は?

母は健在ですが自分が亡くなった時に誰がお仏壇を守って行くかの家族会議が行われました。

~家族構成~

母  60代半ば 実家持ち家(みんなとは別)
長男 40歳初め 実家近くに住んでる 未婚  持ち家で母親がなくなったら実家に住むと思います
次男 40歳初め (同上)         未婚         持ち家
長女 30歳初め (遠方200キロ弱)    既婚 現在妊活中 賃貸 旦那の転勤可能性もあり
 
流れで長男になりましたが、長男が亡くなった時に嫁、子供がいないのでその後、大きなお仏壇やお墓はどのようになるものでしょうか?
長男次男は結婚の見込みはないのでいつかその代で途絶えてしまいます。

そうしたら長女は嫁に行っていますが最終的に年の離れて順番でいえば1番下が長く生きるし、子孫を残していけるので長女が守っていくものでしょうか?
ちなみに長女の旦那は次男でその父親も長男ではないのでお仏壇等は持ってません。

また、置き場所や引っ越しの関係などで代々続いていた大きい仏壇から小さい物に変える方もいますか?
守って行く為にどうすれば1番良いか、また誰もいなくなった時にお仏壇、お墓はどうなるのかも考えた事なかったのでお聞きしたいです。

母は健在ですが自分が亡くなった時に誰がお仏壇を守って行くかの家族会議が行われました。

~家族構成~

母  60代半ば 実家持ち家(みんなとは別)
長男 40歳初め 実家近くに住んでる 未婚  持ち家で母親がなくなったら実家に住むと思います
次男 40歳初め (同上)         未婚         持ち家
長女 30歳初め (遠方200キロ弱)    既婚 現在妊活中 賃貸 旦那の転勤可能性もあり
 
流れで長男になりましたが、長男が亡くなった時に嫁、子供がいないのでその後、大き...続きを読む

Aベストアンサー

仏壇、お墓を守る風習は、
昔の農業中心で長男が財産全てを相続して、跡を継ぎ家を守り、兄弟がそれを支えていた時代の名残です。

現在は、子供が平等に財産を相続するために、財産、土地はあまり長男に残らなくなりました。
家が代々続いていけなくなっているのです。
又、会社つとめになって、その土地に住まなくなり、宗教の信仰心も薄れ、今の葬式は、形式的な物になっています。

自分たちは墓を守ることができても、次の世代はあてにできません。

基本的には、長男が亡くなったら、永代供養して、墓、仏壇を処分して、位牌をお寺に預けるとその後はお寺が位牌を管理してくれます。

葬式、お墓、全て宗教的な考えの上に成り立っています。
信仰心がなくなれば、葬式はお別れ会として、お墓は、遺骨を納めないので必要なくなります。

宗教は、全て生きている人のためにあります。
死んだ人は、自然界では無になり、生きている人の心の中にだけ存在します。
貴女が納得する、お母さんが納得する、満足するようなやり方を考えてください。

どれが正しいとかそんな物はありません。

Q長男に子供がいないとお墓は誰が継ぐのでしょうか?

お墓についてお尋ねします。
お墓は長男が継ぐのが普通だと思いますが、長男が結婚していても子供がいない場合もそうなのでしょうか?
もし、長男が継いでもその後をみる子供がいなければ、絶家になってしまいます。
それを防ぐために、子供のいる次男が継いでもいいのでしょうか?その場合、長男はそのお墓には入れないのでしょうか?
皆様のアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

祭祀の承継問題ですね。
祭祀財産(お墓を含みます)は通常、一般の相続財産から引き離し、慣習に従って祖先の祭祀を主宰する者が単独で承継します。
被相続人が生前あるいは遺言で指定した時はその者が承継し、指定がない場合はその地方の慣習により、慣習が明らかでないときは、調停または審判により家庭裁判所が定めることになります。

親から祭祀財産を相続した長男に子供がいないのであれば、次男に祭祀の主宰を承継してもらったらいかがでしょうか?それなら長男がお墓に入ってもなんら不思議はありません。

なお、通常、お墓は所有権ではなく永代使用の権利を購入していると思います。ということは、お墓は墓地代や墓石代を払った人のものというより、その後の管理料支払い等の墓地継続使用の条件を満たす人のものと言えます。そして、どの霊園でも墓地使用者の名義を書換えする権利を認めていますが、今回のことではあまり関係はないでしょうが墓地使用者の名義書換のとき、使用者の姓の変更を認める霊園と、それを認めない霊園がありますのでご注意ください。前者は民営霊園に多く、後者は公営霊園に多いようです。

祭祀の承継問題ですね。
祭祀財産(お墓を含みます)は通常、一般の相続財産から引き離し、慣習に従って祖先の祭祀を主宰する者が単独で承継します。
被相続人が生前あるいは遺言で指定した時はその者が承継し、指定がない場合はその地方の慣習により、慣習が明らかでないときは、調停または審判により家庭裁判所が定めることになります。

親から祭祀財産を相続した長男に子供がいないのであれば、次男に祭祀の主宰を承継してもらったらいかがでしょうか?それなら長男がお墓に入ってもなんら不思議はあり...続きを読む

Q祭祀継承と墓守りとは別ですか?相続放棄をしたら墓守りをしなくてもいいの

祭祀継承と墓守りとは別ですか?相続放棄をしたら墓守りをしなくてもいいのでしょうか?


http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6233684.html
ここで質問したのですが、回答について法律的な部分が出てきてたので、こちらで質問します。


ご両親の財産相続者が質問者さんお一人なら相続後、お墓を処分しても、放置して無縁仏にしても問題はありませんが、他に相続人がいて「祭祠継承権を相続することを前提とした遺産分割」をした場合は、相続後に祭祠継承権だけを放棄すると問題が発生する可能性はなきにしもあらずです。



1.祭祀継承と墓守りとは具体的にどういうものなんでしょうか?


2.分籍をしても、先祖代々の墓を見ていく必要があるらしいのですが、絶対に見ないといけないのでしょか?

現在、自分・父(長男)・母の3人家族で暮らしており、父には次男(57歳で結婚して現在は離婚して一人暮らしです)と長女(嫁に行ってます)の3人兄弟がいます。
父方の両親は全て他界してしまい、市管理の墓地に先祖代々の墓があるのでそこに入ってます。
現在、父と次男が墓盛りをしてますが、自分はこの墓を見ていく気はありません。


3.他に相続人がいて「祭祠継承権を相続することを前提とした遺産分割」をした場合。というのはどういうことなんでしょうか?
父や母が亡くなった時は相続放棄をすることに決めてます。
正や負の財産などがあっても全ていりません。相続放棄をすれば今の墓は見なくなるってことなのでしょうか?

祭祀継承と墓守りとは別ですか?相続放棄をしたら墓守りをしなくてもいいのでしょうか?


http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6233684.html
ここで質問したのですが、回答について法律的な部分が出てきてたので、こちらで質問します。


ご両親の財産相続者が質問者さんお一人なら相続後、お墓を処分しても、放置して無縁仏にしても問題はありませんが、他に相続人がいて「祭祠継承権を相続することを前提とした遺産分割」をした場合は、相続後に祭祠継承権だけを放棄すると問題が発生する可能性はなきにしもあらずです...続きを読む

Aベストアンサー

民法第八百九十六条
相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。

民法第八百九十七条
系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条の規定にかかわらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。
2  前項本文の場合において慣習が明らかでないときは、同項の権利を承継すべき者は、家庭裁判所が定める。



戦後の民法はこのように規定してます。

1.まずは慣習によるですから、あなたのお住まいの地域の風習によります。
  この規定は、戦後の改正にかかわらず唯一戦前の考えを残したものですが、日本が均一化
  してきましたので、慣習が無い地域が殆どとなりました。

2.遺言で祭祀承継者が定められていれば、それによる。

3.遺言がない、慣例がない場合は家庭裁判所が定めるとなってます。
  いきなり家裁?
  そうなんです。法律では相続人の話し合いという規定はないのです。


質問に戻って、祭祀承継とは、仏像、位牌その他関連物、系図、お墓等々を継ぐことをいいます。
墓守りは、私の地域には語彙として存在してませんので知りません。

>自分はこの墓を見ていく気はありません。 
父と次男が墓盛りをしているようなので、お墓を継ぐ気が無い旨を言って、それなりの手続きをとっておいてください。具体的には市管理となってますのでその管理している窓口で聞けば分かります。

>「祭祠継承権を相続することを前提とした遺産分割」をした場合。というのはどういうことなんでしょうか?  
祭祀承継を前提とした遺産分割は現行民法ではありえません。
遺産の相続と祭祀承継は分離してます。
祭祀承継と相続が連動していたのは、戦前の民法つまり明治31年民法です。

しかし、祭祀承継を第一にしてそれに基づく相続という、悪しき慣習がある地域があります。
その土地の差別になりますので、地域名は書きません。
その悪しき慣習に対して裁判をおこしている事例も報告されてます。
あなたのお住まいの県や地域にその慣習がなければ、祭祠継承権を相続することを前提とした遺産分割という考え方が誤りです。

法律では、まずは慣習、慣習無き時は家庭裁判所というのも、これもちょっと常識外です。
ただ質問が法律ではとなってますので、家庭裁判所で決めるというお答えになります。
法律と社会常識がおおきくずれているのは多々あり皆さん誰も気づかずに行われています。
例えば、家名存続の養子縁組は民法的に無効ですし、親子になる意志がなく単に家名存続が目的でしたら犯罪行為です。しかし誰も気づかずにやっております。


あなたの場合は、祭祀承継を受けないと決めているのですから、単に管理している窓口で手続きをとってもらえばすむと思われます。

民法第八百九十六条
相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。

民法第八百九十七条
系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条の規定にかかわらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。
2  前項本文の場合において慣習が明らかでないときは、同項の権利を承継すべき者は、家庭裁判所が定める。



戦後の民法...続きを読む

Q家を絶やさない方法(墓守など)(背景も書いているので長文です。)

私が現在お付き合いしている彼は二人兄弟の次男です。
親戚の叔父さんの家には子供がなく、次男である彼氏が養子に入るという風に小さい頃から、言われてきたようです。

一方、私の家は姉妹二人で私が次女です。来年姉が結婚しますが(お相手は二人兄弟の長男)、相手の親はその彼にとても期待が大きく、弟さんにはあまり期待をかけていない様子ですが、その長男である姉の彼氏は自慢の息子といったろころだそうです。なので、私の家に婿養子に入ってくれるということはまず可能性としてほとんどないと思います。また姉の彼氏の職場が、私たちの実家から離れていることもありますし。事実上難しい事もあります。

なので、私の家を残していけるのは私しかいません。しかし、また上記で書いたように私の彼氏は次男ながら、養子の話がありこちらへ養子に入ってもらうことは無理でしょう。

例えば、私が彼のところへ嫁いで、彼がいずれ親戚の家に養子に入ったとしたら、私はそこの長男の嫁になります。
しかし、私の実家の墓守をできる人間がいない事になります。(家が絶えてします)以前どこかで、「結婚していても、女側が養女となって後をついでも、苗字もかわらないし、相手の旦那さんがその家に入るというわけではない」という文章を読んだ記憶があります。曖昧ですいません。
私たちのケースの場合、彼と結婚した後の私だけが、実家の後を継ぐ(主に墓守など)ということは可能なのでしょうか?私は両親の実子なので、養子という形にはなれないから、無理なのでしょうか?

こういったケースの場合何かよい方法はないでしょうか??世間一般では家が絶えてしまうときどうされるのでしょうか?上記に書いてきました背景が変わらないという条件のもとにお答えお願いします。
(説明不足の点があれば補足させていただきます。)
みなさん、是非教えてください。よろしくお願いします。

私が現在お付き合いしている彼は二人兄弟の次男です。
親戚の叔父さんの家には子供がなく、次男である彼氏が養子に入るという風に小さい頃から、言われてきたようです。

一方、私の家は姉妹二人で私が次女です。来年姉が結婚しますが(お相手は二人兄弟の長男)、相手の親はその彼にとても期待が大きく、弟さんにはあまり期待をかけていない様子ですが、その長男である姉の彼氏は自慢の息子といったろころだそうです。なので、私の家に婿養子に入ってくれるということはまず可能性としてほとんどないと思いま...続きを読む

Aベストアンサー

質問者さんが頑張って子供を2人以上産み、そのうちの一人をご主人の御実家の跡継ぎ、もう一人を質問者さんの御生家の跡継ぎとします。

その場合、御生家の跡継ぎとなるお子さんは、質問者さんのご両親の養子に入る事になります。名字も変わりますね。

まだ小さいうちに名字が変わると、本人がちょっとかわいそうですので、きちんと成人してから養子に入れば問題はないと思います。

一昔前までは良く行われていた方法です。

Qお金がない親の面倒について。

両親の面倒、お金の事です。

私(既婚)、両親(55歳)、弟(既婚)、妹(未婚)。

私の両親は貧乏で、父は糖尿病で透析を受けています。普通の仕事が出来なくなったため、簡単なアルバイトをし、母親もパートをして生計をたてています。

貧乏の原因で考えられるのは、年収800万位貰っていたにも関わらず、貯金がほとんどない(退職金もない)。
年金払っていない。
保険も入っていない。
糖尿病になり、透析を受けるまでは色々な合併症になり、入退院を繰り返し、保険に入っていなかったため入院費が高く、そこで貯金を使ってしまう。
透析を受ける事になり障害者になったが年金払っていないため障害年金が貰えない。
タバコがやめられない。
持ち家がない。
車が盗まれる。

このような感じで貧乏になりました。

同居してほしいと言われましたが、どうしようもない親ですし、一緒に住んだら物凄く大変になる事は確実で、妻の事を思うと、同居は絶対に出来ないと思ったので、はっきり断りました。

その後も父は、今後誰が面倒みてくれるんだ、みんな冷たい、兄弟で話し合ってくれ、などと言ってきます。

妹はまだ親と暮らしていましたが、すぐに出ていった方がいいと話し、彼氏の家に引っ越しさせました。

現在は団地に入って貰い、車は私が乗っていた車をあげました。車をあげたのは、車がないと生活が出来ないような田舎、病院等に自力で行ってもらうためです。

私の親の貧乏の事、車をあげる事について、もちろん妻とケンカになりました。親については、私も本当に困っており、お金の援助して欲しいとは今の所言ってきませんが、今後の事を考えると、どうするのがいいのかわからず、不安でしょうがないです。

妻は、今まで後の事を考えず自由に暮らしてきたんだから自業自得、老後は子供を頼りにしようと思って生きてきたなんて信じられない、同居なんて絶対に出来ないし、援助もしたくない、関わりたくないと。

私もその通りだと思いますし、関わりたくありません。私も弟も、子供がいますし、お金の援助する余裕もない状況です。

父に、生活保護の話をした事があったんですが、子供が3人もいるのにそんなの無理だ、お前達が面倒みろ!と言われました。母はこのような話をするといつも黙ってしまいます。


どうするのがいいのかわからず、困っています。

アドバイスを頂けないでしょうか。

よろしくお願いします。

両親の面倒、お金の事です。

私(既婚)、両親(55歳)、弟(既婚)、妹(未婚)。

私の両親は貧乏で、父は糖尿病で透析を受けています。普通の仕事が出来なくなったため、簡単なアルバイトをし、母親もパートをして生計をたてています。

貧乏の原因で考えられるのは、年収800万位貰っていたにも関わらず、貯金がほとんどない(退職金もない)。
年金払っていない。
保険も入っていない。
糖尿病になり、透析を受けるまでは色々な合併症になり、入退院を繰り返し、保険に入っていなかったため入院費が高く、そこで貯金を...続きを読む

Aベストアンサー

お気の毒ですね。まだお若いのに、ご両親の経済的面倒まで心配するとは。
私は現在60歳ですが、サラリーマンとして生きてきて所得はなくなり
行く末は少ない年金で生きていくことになります。
しかし、人として子供に経済的負担をかけるような生き方はしたくないです。
そんなことをするくらいなら、どこか行方をくらまして見知らぬ土地で
生活保護を受けるか、東南アジアの物価の安い国で隠れて暮らします。

>父に、生活保護の話をした事があったんですが、子供が3人もいるのにそんなの無理だ、

無理ではないですよ。子供が扶養できないことを福祉事務所に説明すればいい。
一緒に住んでいたらだめですけど、遠方にいて仕送りをしたら自分の生活が
なりたたない。そう言うしかない。

実は、私の実の弟が脳内出血で半身まひになって働けない状況で、しかし私は
子供の教育費用住宅ローンなど負債がたくさん残っている状況で弟を世話する
余裕はないどころか、妻の母が癌で治療費がかかる。
そもそも謙虚な弟ならまだしも、親の遺産相続で大げんかし自分から兄弟の
縁を切ると言った人です。母の面倒をみたと周囲には言っているけどその実
自分は働かず父の遺族年金や貯蓄を食いつぶし、あげくのはてに母が病気の
際に二つ隣の県まで遊びにでかけていて、インフルエンザで母はなくなりました。

だいたいが、人に面倒見てもらうのが当たり前みたいなことを言う人間は
できそこないです。
面倒を見たらみたで当然だとおもうだけ。感謝の気持ちがあるなら、もうすこし
まともな生活をしてきているはず。


お父様にはこういって差し上げてください。

もし、お父さんの面倒をみることで、うちの子が大学進学できなかったら
あなたどうするつもりですか。一人東京の大学を卒業させるのに
1600万円はかかるんですよ。(生命保険会社の資料に出ています)
孫の将来まで足引っ張って自分が長生きしたいですか。糖尿だって
透析に至るまで放置しなければ、薬でコントロールできたんですよ。
自分の不摂生の結果じゃないですか。


私も、手立てがあるのなら弟の面倒をみることも考えますよ。先に遺産として
実家の土地建物と貸家一軒先の生活の手立てとして弟に渡してあるのです。
何も面倒をみないからといって恨まれる筋合いはないです。

質問者さまも、実際に無理なことをやれと言われて悩むことはないですよ。
質問者様に経済的な余裕がおありなら別ですが。

親不孝を脅しに使う親ほどひどいものはないと私は思います。そういわれるのが
子供にとって何よりつらいことがわかっていてそういうのだから。

お気の毒ですね。まだお若いのに、ご両親の経済的面倒まで心配するとは。
私は現在60歳ですが、サラリーマンとして生きてきて所得はなくなり
行く末は少ない年金で生きていくことになります。
しかし、人として子供に経済的負担をかけるような生き方はしたくないです。
そんなことをするくらいなら、どこか行方をくらまして見知らぬ土地で
生活保護を受けるか、東南アジアの物価の安い国で隠れて暮らします。

>父に、生活保護の話をした事があったんですが、子供が3人もいるのにそんなの無理だ、

無理ではな...続きを読む

Q長男の嫁として仕事を放棄しました

主人37歳 私34歳 結婚12年目の夫婦です。

前回このサイトで 主人の弟が家族に結婚相手の紹介もなしに
結婚を決めてしまい 
長男の嫁としてしきたり通りの結婚をさせられた私が
「外に出た次男といえども 実家に結婚をする事の挨拶もなしに非常識だ!」
と腹を立てた という相談をしましたところ
長男の嫁として苦労されている方以外からは
「弟の勝手だから 別にいいじゃん」という意見を多くいただき
「そういう考え方もあるんだな」と割り切って考える事にしました。

私は今まで田舎の長男の嫁として 自分ながらに頑張ってきたつもり
だったのですが、なんだかその全てが全否定されたようで
バカらしくなってしまい
主人に「弟は弟の好きなようにしていただいて結構ですので
私は私の好きにさせていただく事にします。
これからは長男の嫁としての仕事は一切しません。万が一
あなたが死んでしまっても この家のお墓や仏壇の管理なども
私はしませんから。出て行けと言われるのなら
その通りにしますから…」とはっきり言いました。
主人は弟の事もあったので 何も言い返せない様子でした。
少し言い過ぎたかな…とも思いましたが 本音でしたので。

実際問題 長男の嫁として結婚された方で ご主人の家・先祖・墓を
守っていくという心構えを持って結婚された方なんて
いらっしゃるのでしょうか?
また、私の発言は間違っておりますでしょうか?

主人37歳 私34歳 結婚12年目の夫婦です。

前回このサイトで 主人の弟が家族に結婚相手の紹介もなしに
結婚を決めてしまい 
長男の嫁としてしきたり通りの結婚をさせられた私が
「外に出た次男といえども 実家に結婚をする事の挨拶もなしに非常識だ!」
と腹を立てた という相談をしましたところ
長男の嫁として苦労されている方以外からは
「弟の勝手だから 別にいいじゃん」という意見を多くいただき
「そういう考え方もあるんだな」と割り切って考える事にしました。

私は今まで田舎...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。40代前半既婚女性です。
前の結婚で、田舎の旧家の長男の嫁として
同居歴15年があります。

私はあなた様のお気持ちが
よくわかります。

周りが言うように
弟さんのご結婚と
あなた様の生き方には
何の関係もないように思えます。
しかし、今回の事で
あなた様はきっとあなた様の中で
何かがポッキリと折れてしまったのだと思います。

今まで我慢して
自己犠牲を強いてきて
全部自分さえ我慢すればいい
これは義務なんだからと
自分に課題を課してきて
結婚12年間の間に
あなた様の中のコップの水が
いろんなことの積み重ねで増えていって
もう満杯になってしまい
表面張力だけで
何とか踏ん張ってあふれ出さないできたものが
弟さんご夫婦のご結婚での
旦那様のご実家の姿勢で
それがぷちんと切れた。
そういう感じでしょう。

なにも、弟さんご夫婦の事がすべてではないはずです。

私は今現在は
長男の嫁を辞めて離婚
再婚して本当の意味での結婚生活を謳歌していますが
前の結婚を「もう限界だ」と感じたのも
些細なことでした。

本当に「最後の細い糸がこれで切れた」と思ったのです。
前夫が私のカードで勝手なキャッシングをして
それが発覚してなんとか清算。
その心労と、義父の介護で寝込み
高熱で唸る私に
前夫が「また仕事でいるからママのカードで40万借りたい。」と
「具合どう?大丈夫か?」のひと言もなく
いきなり寝室に入ってきて
前夫が私に言ったそのその瞬間に
「ああ。離婚しよう」と決断したのです。

私は前の結婚時に
結構相当な覚悟を持ってして
夫の親と同居を始めました。
墓や仏壇、法事
親戚付き合い
そういうものを大事にして
前夫が朝夕の拝礼を仏壇神棚にしなくても
私は言われなくても率先して拝礼
すすんで姑から作法を学び、式に通じるよう勉強を続けました。

そもそも、ここが私の骨をうずめるところ
ここが私の入る仏壇

実家に仏壇などがなく(母子家庭)育った私は
そういうトラディッショナルなものが
新鮮で嬉しかったのです。
根無し草の私がしっかりと根を張ったよう気持ちさえ持っていました。


しかしそういう「相当な覚悟」というのは
他のいろなものを犠牲にしてきました。
夫の親に仕え、気を使うのを最優先にするあまり
先祖墓、仏壇
そういうことを生活の最優先にすることで
夫婦の絆は薄まり
夫の親へ全神経を使うことで
夫への気遣いやいたわりの気持ちが持てなくなりました。

前夫は「長男の嫁」としての役割は
私は完璧に務めてきた人間だと評価はしていましたが
妻として
夫をいたわったり、優しくしたり
ねぎらったり
思いやりのある笑顔を向けたり
まろやかな、語り合いの時間を持って
夫婦の信頼関係を作れる妻だったかと言うと
否だと思います。
元々同居という環境では
夫婦の会話の場所も時間も無い状態でしたから。
でも
それだって努力次第で作る事もで来たはず。
それを私も前夫も放棄して「よき息子」と「しっかりものの嫁」ということだけで
15年過ぎていったのです。

あなた様が
怒りで一杯になった原因の一つが
弟さんの件で
旦那様から「気を悪くしないでやってくれ」「お前の苦労は俺が一番よくわかっているから。」
「今まで本当に色々苦労をかけたね。感謝している。」
そういう一言でもあったのか否かでしょう。

自分は12年間我慢して頑張ってきた
その報いが「この結果かい?!」という気持ちなんでしょう。

そうですね。
人は言うでしょう。
あなたがその道を選んだのでしょう。
誰もそこまで無理してしてくれなんて
頼んでないから。
勝手に「我慢して嫁の務めをしてきた」のだから
何もそんな責めなくても。

でもね、
周りはあなた様の「勝手にやってきた嫁の務めを果たすこと」に
これ幸いとのほほんと胡坐をかいてきたのです。

さも当然であるかのように。
それがあなたは悔しくてたまらない。

しばらく、休んではいかがですか?

私のように離婚騒動になる前に
嫁をしばらく休業して
○○さんの奥さん、○○さん所の嫁さんというのを
一週間でも一ヶ月でもお休みして
のんびりしたらどうです。

私は
いい嫁やってきて疲れ果てて離婚になりました。
いい嫁なんか
やっても評価されないし
やっても文句言われたりやらなくても文句言われるんです。

お盆の法事も
「病気ですから」とどこかリゾートへでも出かけては?

盆や正月
TVで海外だ、旅行だ、レジャーだ
浮かれて出かける家族連れを「別世界の出来事」と思ってみていませんでしたか?
私はそうでした。盆正月は仏壇と神棚の世話が一番忙しく
親戚も長期帰省(前夫の姉が一ヶ月帰省)
日帰りレジャーなどした事もなかった。
盆にお坊さんのお参りが済んで
家族でプールをと思っていると
「盆に水に入ると溺れる」と義父母が阻止しようとしてきました。
「それは海でしょう。迷信を持ち出すにも、これでは嫌味以外の何物でもない。」と思いました。

もちろん、私の実家への帰省など
二の次、三の次。
義父母の実娘はひと月以上も帰省させているにもかかわらず、嫁の帰省には渋い顔をする典型的自己中でした。

そういう15年間の積み重ねが
最後にあふれ出て私は離婚以外の選択肢をなくしたのです。

弟さんの事件は
きっかけにすぎません。
これからのあなた様ご夫婦のありかたや
あなた様ご自身の「嫁」以外の生きる目標
自己実現の方法など
これから模索すべき時なのでしょう。

少しこの夏はのんびりしませんか?
いい嫁やめて「悪嫁」「鬼嫁」になるくらいで
いいのです。
肩に力が入りすぎていたのです。

少し立ち止まって休んだら
また再びゆっくり歩き出せばいいのですよ。

こんにちは。40代前半既婚女性です。
前の結婚で、田舎の旧家の長男の嫁として
同居歴15年があります。

私はあなた様のお気持ちが
よくわかります。

周りが言うように
弟さんのご結婚と
あなた様の生き方には
何の関係もないように思えます。
しかし、今回の事で
あなた様はきっとあなた様の中で
何かがポッキリと折れてしまったのだと思います。

今まで我慢して
自己犠牲を強いてきて
全部自分さえ我慢すればいい
これは義務なんだからと
自分に課題を課してきて
結婚12年間の間に
...続きを読む

Q同居しない長男の墓守について

父(71歳)と同居(2世帯住宅)している妹(名字は異なる)の夫(私にとって義弟、地方公務員、弟1人あり)の両親(父・妹夫婦宅から約10km)がお墓の購入を検討しているそうですが、私が墓を継がないなら、私の家の墓(父・妹夫婦宅から歩いて5分)に入ったほうがよいのではと考えているようです。
 私(男、44歳)は、いずれ両親と同居するつもりでいましたので、結婚後はマンション(実家から電車で1時間)を借りていましたが、結婚1年後に母が脳梗塞で倒れたことから実家を2世帯住宅に改築しようとしていました。(妻も渋々了承)しかし、その最中に義父(妻の父)が入院し亡くなったことから、妻は同居を拒否するようになり、結局、妹夫婦が義弟のそばに購入したマンションを売却し、1年程前に実家に2世帯住宅を建てました。
 その後、母は亡くなり、父(長男)が管理する家の墓には、私の祖父母と母が埋葬されています。また、同じ敷地内に祖母の両親(私にとって曾祖父母、名字が違います)の墓があります。
 母が亡くなったとき、お寺に父と私が挨拶に行き、ご住職には私が後継者と話したのですが、父は酒癖が悪く酒に酔うと「長男はすべて放棄した。」とくだをまくようです。
 私は、家が商売で忙しく祖父母に育てられたことから、父と同居はできませんでしたがお墓は継ぎたいと考えています。
 今週末にも妹夫婦と話し合う予定ですが、このような状況で私が墓守するのは間違っているのでしょうか。
 なお、私と妻は娘(小1)がおり、妹夫婦は息子(小2)がおります。

父(71歳)と同居(2世帯住宅)している妹(名字は異なる)の夫(私にとって義弟、地方公務員、弟1人あり)の両親(父・妹夫婦宅から約10km)がお墓の購入を検討しているそうですが、私が墓を継がないなら、私の家の墓(父・妹夫婦宅から歩いて5分)に入ったほうがよいのではと考えているようです。
 私(男、44歳)は、いずれ両親と同居するつもりでいましたので、結婚後はマンション(実家から電車で1時間)を借りていましたが、結婚1年後に母が脳梗塞で倒れたことから実家を2世帯住宅に改築しようとし...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは(^。^)
2児の母です。

うちの夫も40代で長男です。
夫の父は他界し、今は実家にて夫の母が暮らしています。
同居ではありませんが、#1さまのように近所に住み年老いた母の身の回りの世話や父の仏壇、お墓を見ております。

その立場から言わせていただくと、仏壇とお墓の管理は長男のあなた様がしてください。間違ってはいません。キツイ言い方に聞こえるかもしれませんが、うちの夫のようにやっている長男の立場からすると「全部妹夫婦に押し付けずそれくらいやらないでどうするんだ?」ですよ。仏壇とお墓以前にお父さんのお葬式を出すのも息子のあなた様です(うちの夫は父親の葬式で喪主をつとめました。もちろん母親のときもそうなるでしょう)

妹さんだって正直「兄さんところもちょっとくらい手伝ってよ」って思われてるかもしれませんよ。
それに義弟(妹さんの夫)さんの実家は弟さんが正式に継いでいるのでしょうか?それもまだわからないのであれば、なおさら義弟さんに任せるわけにはいかないと思います。ましてや義弟さんはマスオさんであって婿養子さんではないですよね?

周囲の方もいくら同居していても妹さんはご主人の姓を名乗っているし、姓を変えていない息子がいるのであれば、なぜ「息子が墓を見ない」って思うでしょうね。

今の実家の土地建物は妹さん夫婦に譲り、仏壇とお墓は貴方様が見るという線で話をすれば良いかと思います。
ただ、あなた様のところは娘さんお一人のようなので、仮にあなた様がお墓を見たとしても、将来娘さんが見るかどうかは別問題(というか嫁ぐであろう娘にそこまでさせられないというのが本音ですよね?)なので、将来は永代供養ということも視野に入れられることも考えては如何でしょうか?

こんにちは(^。^)
2児の母です。

うちの夫も40代で長男です。
夫の父は他界し、今は実家にて夫の母が暮らしています。
同居ではありませんが、#1さまのように近所に住み年老いた母の身の回りの世話や父の仏壇、お墓を見ております。

その立場から言わせていただくと、仏壇とお墓の管理は長男のあなた様がしてください。間違ってはいません。キツイ言い方に聞こえるかもしれませんが、うちの夫のようにやっている長男の立場からすると「全部妹夫婦に押し付けずそれくらいやらないでどうするんだ...続きを読む

Q家を継ぐべき、農地のある実家を守るべき、これは義務か、親孝行なのか?

家を継ぐべき、農地のある実家を守るべき、これは義務か、親孝行なのか?

私37歳は妻と二人の娘という家族構成で、とある小さな地方都市に住んでいます。
年齢的に戸建て住宅に住もうと思い始めましたが、
「家を継ぐべき、農地のある実家を守るべき、これは義務か、親孝行なのか?」
という葛藤に悩まされています。

中心地から車で30分行った農村に私の実家があり、そこの長男として生まれた私は大学卒業後、東京ではなく実家から近いこの地方都市に就職し、結婚して住んでいます。

実家の父は他界し、母も難病を患い、おそらくこのまま病院生活が続くと思われ、実家の住宅と田んぼと畑、一部の山林は完全に私に相続されることになります。

言い遅れましたが、私には二人の姉がいますが、一人は結婚して外国に永住、一人は九州に嫁ぎました。そういう意味で私が実家の管理を任されています。

病床で母は言います。
「多少不便でも実家に住んで家を守って、田畑を管理してもらいたい」と。
その気持ちはわかるのですが、その実家がある場所は、立地的に不便で、若い人や子どもの減少が激しくなってきており、これからの子育てや学校教育の点で環境が良くないと判断しています。

以上の生活環境のデメリットに加え、実家から何年も離れているため特に仲の良い友達もいませんし、郷愁を覚えるというよりもさみしい記憶が多い実家に、戻り住宅を改修して住む現実的な魅力や動機づけが私にはありません。

しかし、農村の村意識というのは、暮したことがある人はわかると思うのですが、農地がある長男が家に戻らず、車で30分しか離れていない場所にあえて新居をかまえることは、「ばちが当たる」、「親不孝者」、「不経済極まりない」っといった声が実家の近所からは聞こえてきます。

深く話せば僕は実家を完全に捨てるなんて思いません。
今後子どもの手がかからなくなる時期には、いったん実家に戻り農業やスローライフを楽しみたいと考えています。(よぼよぼになればその後は老人ホームでしょうが・・・)
ただ今の時期、子どもに何かと手がかかる時期から高校卒業ころまでは市街地に住みたいと思います。
というのは子どもにできるだけたくさんの選択肢と可能性を与えてあげたいからです。
その間、実家は週に1回は見回りに行くとか、田畑は誰かに貸したり、草刈りをしたりして、他人様に迷惑のかからぬよう妻と計画的に管理しようと考えています。

確かに相続の結果、新居と実家の家を2つ持つ形になることは不経済極まりないことでしょう。ただ、経済的に苦しくとも、生活環境を重視して贅沢を我慢するという価値観をもって新居と実家をもつというのは、バカげたことなのでしょうか?

資産ある故の贅沢な悩みだぞっと友人に嫉妬されますが、その一方で、農村社会のもつプレッシャーも嫌なものです。

僕は甘いですかね?親不孝者でうかね?
家を継ぐべき、農地のある実家を守るべき、とはどういう意味かについて良いアドバイスをお待ちしています。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

家を継ぐべき、農地のある実家を守るべき、これは義務か、親孝行なのか?

私37歳は妻と二人の娘という家族構成で、とある小さな地方都市に住んでいます。
年齢的に戸建て住宅に住もうと思い始めましたが、
「家を継ぐべき、農地のある実家を守るべき、これは義務か、親孝行なのか?」
という葛藤に悩まされています。

中心地から車で30分行った農村に私の実家があり、そこの長男として生まれた私は大学卒業後、東京ではなく実家から近いこの地方都市に就職し、結婚して住んでいます。

実家の父は他...続きを読む

Aベストアンサー

義務
親孝行

なんだか、恩着せがましい。
義務???何が???法律で決まっていますか?
後々は、そこで住みたいけれど、今はちょっと・・・
そう思っている時点で、親孝行してないですよね?今は、都心に近い場所で楽に暮らしたいんですもんね?

私が当事者ならば、勿論悩みますが、
「義務」「親孝行」
なんて考えません。今後、自分の家族が、相続することで苦労するならば相続放棄をします。
勿論、思い出の土地はあった方がいい。私も実家は田舎なので、思います。
でも、いざとなれば、今の生活、今の自分の家族優先するしかないかと思っています。

父は、祖父の考えは十分わかっていましたが、山林は手放しました。
ただ、やはり後ろめたさがあったのか、1周忌後だったかと思います。
やはり、持っている以上、なんだかんだとお金がかかるので。自分の父の思い出の土地であっても、そこで自分もそして子(私)も思い出を作ったにせよ。管理は、期限があるわけじゃない。
自分が他界すれば、同じ思いを子(私)もするならば、今のうち手放した方がいい。という結論でした。
正直、私ども兄妹にしてみたら、助かりました。
父が他界したら手放そう!なんて話していましたが、手放すにしてもまた厄介。兄妹で手放すにしても擦り付け合いになるんだろうなぁーって(笑)

とはいえ、このことは、お姉さま方ともよくお話をなさるべき。
海外にいようと九州にいようと、沖縄だろうと、離れ小島だろうと、土地を所有することはできるのです。誰かに保全、管理を頼めることはでいます。貸す事で、収入を得て、それで守り続ける事もできるのです。
別に、近くにいる長男がしなくてはいけないことではありません。
そういうことを代行してくれる会社はいくらでもあります。

義務、親孝行
なんだか、他人に責任があって、その火の粉が自分に飛んできた的考え方で継ぐのは絶対に辞めたほうがいい
絶対に後に
「俺が長男だったからついでやった」とか言い出しそう。そういうこという事事態、大人気ないですから。
継ぎたいならば継ぐ。
守りたいならば、守る。
その意志一つ。
お母様だって、いやいや継がれて、墓の前で愚痴られるのも嫌でしょう。

義務
親孝行

なんだか、恩着せがましい。
義務???何が???法律で決まっていますか?
後々は、そこで住みたいけれど、今はちょっと・・・
そう思っている時点で、親孝行してないですよね?今は、都心に近い場所で楽に暮らしたいんですもんね?

私が当事者ならば、勿論悩みますが、
「義務」「親孝行」
なんて考えません。今後、自分の家族が、相続することで苦労するならば相続放棄をします。
勿論、思い出の土地はあった方がいい。私も実家は田舎なので、思います。
でも、いざとなれば、今の...続きを読む

Q夫が私の実母にキレました。感想だけでも結構ですので

9月に双子を出産し、9月から12月末まで里帰りをしていました。

夫は里帰り中、土日に実家に来ていました。その時は夫と私の母は普通に接しているようでしたが、


(1)私の母がよく「~したら、いいんちゃう?」と、私たちの生活についてや、子どものことについて、雑談程度に話すことがありました。(本気でそうしろと言っているわけではなく、提案みたいな感じです)

(2)また、里帰り中は双子で寝かしつけや、夜中に起きたときにおむつ交換をするのが大変ということで、私が子どもたちと寝るときには母にも隣でいっしょに寝てもらっていました。なので、今も、私たちが実家に帰り、子どもたちが寝た後に私たちがリビングでくつろいでいると、母は「私があやしてくるから、ゆっくりしとき」と言って、あやしに行ってくれることがありました。(いつも子どもたちが寝ている部屋はリビングの横の和室で、私たち夫婦も寝るときはその部屋で寝ます。

(3)また、母はかなりの節約家で「トイレットペーパー200円!」とか、「~が得した」とか、「ガソリンスタンドで~をもらえる」とか、「○○スーパーいつも土曜日に20円引きをしてるから、土曜日に買い物するのがいい」、(私は育休中なのですが、)「育休中に手当がもらえるなんていいね~」など、人よりお金の話題が多いです。

そこで、今回も家族一家で私の実家に行っていたのですが、そこで、子どもたちが寝た後、私たちがリビングでご飯を食べているときに子どもが泣きだし、私が行こうとすると。母が「私が行くからご飯食べときといって代わりに行ってくれました。私はたまにのことだし甘えようとおもって「お願い」といって母に任せました。その後、ご飯を食べ終わったので、和室へ行き、ありがとうと声をかけると「こっちも泣き出したよ~((笑))」と少し大きめの声で言っていました。その後、私たち夫婦もすこし和室におり、3人で話をしていました。私が依然冗談で、「男の子やから、坊主かわいいよね」という話をしていたのもあって、母が、「この子達大きくなったら坊主にするの?」ということを言い、私は「坊主にしたいな~」という話をしていたのですが、そこで夫が「坊主はあかん~!髪質が変わるから」と笑いながらいっていました。そこで私が母に「坊主かわいいやんな~?髪質変わるなんて聞いたことある?」というやりとりをしたいたところ、旦那が「いい加減にしろ!!」と切れてしまいました。うちの母が、

「そんなに怒らんと、気に入らんことを言ってしまったんやったら、ごめん。家に帰らんでもいいやん。子どももないてるよ。落ち着いてよ~」と必死に止めてくれましたが、母を振り払って出ていき、私も説得しましたが、「俺は今までもお母さんのこと、合わないって言ってたよ?その一言で気付や!」といわれ、子どもを寝かしつけるのに私の母に行ってもらったことや母が「寝ない~」と言って少し大きい声で言っていたことを「子どもを、おもちゃにしか思っていない」と怒ってって、車をのドアを開けるときにもわざと壁にぶつけながら出ていき、そして、「明日の朝10時に迎えにきますんで」といって、一人で車で家に帰っていきました。
次の日10時に迎えにきたのですが、私の実家には上がらず、子どもを連れて出てきてとメールで連絡し、母にも父にも合わずに帰ることになりました。私もどうしたらいいかわからず、母と父には落ち着いたら連絡するとだけ言いました。

夫は上記の(1)~(3)のことでうちの実家に嫌気がさしていたとのことでした。私は他家は他家で嫌なところはあっても親戚なんだから、そんなに拒否することもないのではないかといったのですが、公共の場以外ではもう私の家族とは会いたくないそうです。もちろん一連の騒動についても謝る気はないとのこと。
私も旦那の実家に対して多少は嫌なところもあるけど、せっかく親戚になったのだからと、嫌なところには注目せずに仲良くしようと思っていましたが、どうして私ばかりが頑張らないといけないのかと、つらくなり、夫がうちの家族と公共の場でしか合わないというなら私もそうさせてもらうことを伝え、現在は話がまとまりました。
しかし、実家の父母にどのようにこのことを伝えればいいのか、私の対応が間違っているのか、どうすればいいのか、本当にわかりません。

この文章をよんで感想だけでも結構なので、ご意見ください。お願いします。

9月に双子を出産し、9月から12月末まで里帰りをしていました。

夫は里帰り中、土日に実家に来ていました。その時は夫と私の母は普通に接しているようでしたが、


(1)私の母がよく「~したら、いいんちゃう?」と、私たちの生活についてや、子どものことについて、雑談程度に話すことがありました。(本気でそうしろと言っているわけではなく、提案みたいな感じです)

(2)また、里帰り中は双子で寝かしつけや、夜中に起きたときにおむつ交換をするのが大変ということで、私が子どもたちと寝るときには母にも隣...続きを読む

Aベストアンサー

【この文章をよんで感想だけでも結構なので、ご意見ください。お願いします。 】

二人子育てしました。
すでに成人ですが。

双子・・・というのは大変だろうと思いますので、ご実家の援護を受けるというのもわかりやすいですが、
私は、実家での出産というのをしてませんので、実家という便利さ・ありがたさを体験したら「抜けだせない」トラブル
を回避できました。

問題は、双子は大変ですが、あなたが実家を頼りすぎたということの姿勢だとおもう。

どこかで父親の家庭内での働きを一本立ちさせなくちゃいけない。
それは未経験ですから、あなたの実母様にかなうわけは無い、でも、父親として子育てに参加する気持ちがあるなら
まかせてくれる時を待っているのではないかとおもう。

二人ベビーがいるんだから、ママが何も手早く全部をすることなく、一人はパパでもいいわけだし。
ママが、悲鳴をあげて、パパ助けてとね。

それに、土日休みに来ているということは、パパの休みは義母と一緒の育児訓練、説教の週末だという言うこと、
思い至ったほうがいいかもしれない。

だから、(1)の提案的、ばばさまの発言も、何も手出ししてないできない、やらせてもらえないパパは
最初はともかく、3ヶ月ただの土日のお泊りだけなら、ベビーをいじりたい欲求不満がたまるでしょう。

(2)の寝かしつけだって、ご夫婦の語らいのためにばばさまの配慮だとはわかる。
でもね、新米ママとパパがやりなさいと私がばばちゃんならするでしょう。
気遣いは気遣いとして、なるべく新米を一人前にするためには自分たちで何とかしなさいというのも必要です。

(3)のお金に関しては、面白おかしく話として聞ければいいですが、そういう節約パターンをみみっちいとして
嫌うこともありです。 
 かなり方向性は違うが、「馬鹿との」を面白いと思うか、嫌いと思うかとか、
大食い選手権を面白く見られるか、なんてことを・・・とおもうかとか、価値観の相違です。

だから、これを得意顔して毎週末に聞かされるパパとしては、「なんだこの、貧乏くさい話は、ドコがおもしろいんだ」と
考えて、我慢していたとしてもおかしくないです。
ましてや、新米ママにそれをすりこむようなことだと、「俺の嫁もこうなるのか?」とね。

いえ、別にあなたの実母様を否定するわけではないです。
年齢的にも私は実母さまに肩入れしますが、ただ、できることをするのではだめなんです。
責任者は【親】だから。

任せるべきは「パパ」であって、援護するなら、直接的なベビーの世話をじじ・ばばが手出ししちゃだめだと思う。

双子で大変だとはおもう、でも、どこかで、その大変さを二人して、二人だけで乗り越えて、
大変だったねといえるために「ばば」の手を切らないと、あなたが楽するだけのこと。
そして、「パパ」の一本立ちの妨げです。

あなたの体調が悪いとはドコにも書いてないです。
ならば、必死にあなたが、育児すれば、「パパ助けて」と言えばいいだけのこと。

ばばさまは自分が楽しい、そして、それを誇れる、そして、教えるという責務だとおもっておぼれている。
坊主の件は、昔はいい髪の毛を生やすためには一度、剃ってまで坊主にしたということもありますが、
「パパ」は自分の子供なのに、なにも自分の意見が通らないことに悲観したんです。
誇るばばさまの前には無力な自分でしかないと。
表明する「演技態度?」にはいかがなものかということはありますが。
そこまで「坊主」には切羽詰った象徴的なものを見たのでしょう。

だって、かわいいベビーそれも、自分の嫌いな坊主をずっと見せ付けられるのかと・・・・想像してみてください。
あなたの大嫌い(・・だと想定して)などピンクのシャツでも厄除けだからとでもいう理由で、
あなたの義母様がベビーに毎日着せることを強制したらとでもイメージしたらわかりやすいですか?

年齢が近いだけに、私には自戒すべきことと思える。
もちろん、我が家の娘なら、「もっと面倒見てよね」と思うかもしれないが、体が許す限り自分ですることは
【自分たち】でするほうが育児戦争としての戦友としても、「パパ」を見直す好機を失うことになるでしょう。

もっと、親戚は仲良く・・・とか、どうでもいいことを考える前に、
もっと、もっと、お二人の子育て、二人で必死になってやってみたら?
あなたが体調不良で倒れたりしたら、初めて、実母様に登場してもらって、起きられるようになったら
すぐに「ママ活動」開始です、もちろん、実母様にはありがとうです。

育児、生活とはそういう、ものです。

【この文章をよんで感想だけでも結構なので、ご意見ください。お願いします。 】

二人子育てしました。
すでに成人ですが。

双子・・・というのは大変だろうと思いますので、ご実家の援護を受けるというのもわかりやすいですが、
私は、実家での出産というのをしてませんので、実家という便利さ・ありがたさを体験したら「抜けだせない」トラブル
を回避できました。

問題は、双子は大変ですが、あなたが実家を頼りすぎたということの姿勢だとおもう。

どこかで父親の家庭内での働きを一本立ちさせなくちゃい...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報