事例 甲は乙に対する債務を弁済するために、丙から金銭を騙取し、その金で乙に対する債務を弁済した。その後、丙は乙に対して不当利得返還請求をした。

この場合、乙が詐欺の事実につき悪意・重過失ならば乙の金銭の取得は不当利得になるとされています。

しかし、丙が詐欺を理由に丙乙間の契約を取り消した場合民法96条3項により乙が善意の場合は対抗できないが、通説によると乙が軽過失があれば対抗できますよね。そして乙の金銭の取得は不当利得になりますよね。

丙が取り消せば乙が軽過失でも勝てるが、取り消さなければ勝てないというこですよねえ。
本事例では96条3項は全く出てこないんですよね、判例も基本書も。
ただ不当利得の問題にしてるんです。
そもそも乙は96条3項の「第三者」に含まれないのですかねぇ。

よろしくお願いします。

A 回答 (5件)

 だいぶ時期遅れですが,ちょっと調べてみました。



 ところで,最初の命題の基となった判例を読みましたか?。最判昭和49.9.26(民集28-6-1243)というものです。

 この判決の事案は大変複雑ですが,非常に大雑把に整理すると,最初の命題の前提のようにいうことも可能です。ところが,実際の事件では,一審以来,詐欺取消など全く問題になっていません。また,事実認定としても,甲が丙から金銭を取得した行為は,詐欺とは断定されていません。騙取又は横領とされています。

 ここから分かることは,「騙取」といっても,詐欺取消の対象となるものと,取り消しすることなく,直ちに不当利得返還請求が可能なものがあり,その判決の事案では,取消の意思表示なしに不当利得返還請求が可能な場合であることが前提となっているのです。

 ですから,最初の命題を考えるのに,詐欺取消の問題を持ち込むことは,全く意味のないこと(そもそも前提事実が違っている)です。

 また,そういう目で見ると,最初の命題自体が,上記の判例を根拠としたものとすると,誤っているというしかありません。上記の判例は,よく読むと,そこまでのことを述べているわけではありません。内田民法では,考える素材を提供するために,ひとつの設例として提示していますが,これは例示にすぎず,正しいものとして示しているわけではないと考えられます。
    • good
    • 0

>金銭の場合は占有のあるところに所有権がある


ああ、そうでした。勉強しなおしだなあこりゃ。
No.3のかた、勉強になりました。
    • good
    • 0

あまり自信ないですけど...



>本事例では96条3項は全く出てこないんですよね
取り戻そうとしているのが、お金だからだと思います。

甲が丙から騙し取ったのがお金でなく物だったら、詐欺による契約取消によって、その物の所有権は甲に移らなかったことになります。
取消が乙に対して有効なら、無権利者から譲渡を受けた乙も無権利者となるので、丙は自らの所有権に基づき無権利者の乙からその物を取り返すことができます。
だから、乙に対して丙が取消を主張できるか否かが重要なポイントとなり、民法第96条第3項が論じられることになるのだと思います。

ところが、金銭の場合は占有のあるところに所有権があるとされていますよね(封金されていた場合等、特殊な場合はどうなるのかわかりませんが)。
詐欺や窃盗の場合にも、不当利得や不法行為の規定に基づき債権としての返還請求権を論じれば良く、金銭に物権的返還請求権を認める必要はないというのが判例・通説だそうです。

甲が丙に対して当該金額を返還する債務を負っているだけで、金銭に対する所有権そのものは甲が保持しているのであれば、金銭の所有者たる甲から弁済を受けた乙に対して返還を請求することはできなくなります。
丙としては、「契約を取消したからその金は俺のものだ。返してくれ」とは言えないわけです。

だから、契約の取消を乙に対して主張できるか否かを直接の問題とせず、不当利得の問題として論じるのだと思います。
そして、乙が悪意または重過失の場合は丙の損失と乙の利得に直接の因果関係を認めて、不当利得として乙から丙への返還請求を認めるというような結論になるのでしょう。
    • good
    • 1

>乙が「遍取による弁済」であることに悪意重過失のとき不当利得になるんです。


>「丙が詐欺されたこと」を知らなくてもいいんです。
>あくまで「誰かから騙し取ったお金による弁済」であることがわかれば公平の観点から「法律上の原因がない」としているのでしすね。
>なので96条の出番ではないんでしょうね
 そうなのかなあ。まあここは議論する場ではないからいいけど。
 あなたの設例で「金銭を騙取」とありましたがこれが「契約」によるものでなければそもそも詐欺取消しの話にならないと思うんですよ。
 以下はあなたが、甲丙間の金銭の騙取が実体法上の契約に基づくものとした設例をたてたとみなした場合のことです。
<乙の主観=甲丙間の詐欺による騙取の認識>
|善意無過失|善意重過失|悪意……|
|不×詐×…|不○詐×…|不○詐○|
*不=不当利得、詐=詐欺の対第三者効
 上の表はそれぞれの判例の立場をまとめたものです。(ずれてると思うけど)
 やはり詐欺の方が第三者乙の保護される要件が緩いですね。「詐欺による取消しが出来る」ということは「甲丙間にはなんらかの契約」があったわけですよね。この場合はまず民法96条で甲丙間の契約が取消しになってないとだめなんじゃないでしょうか。
 この場合はまず契約を詐欺取消して初めて「法律上の原因」がなかったといえるのではないでしょうか。なぜならこれは「給付侵害」のケースだからです。
 内田民法IIのP534の[XVI-8]の設例がベースだと思うんですが、その設例で昭和49年判決が「悪意・重過失」の場合に「法律上の原因」がないとした事例では、金銭の騙取は共謀者Bの契約を経由していますがAが実際に当事者としてXから金銭を契約によって騙取したわけではないから契約取消しの相手方ではないですね。
 だから詐欺取消しが問題にならなかったんじゃないでしょうか。

1<あなたの設例で甲丙間に契約があったとする場合>
丙-(契約によって騙取)->甲-(弁済)->乙
2<内田民法P534の場合>
X-(貸付)->B-(受け取り)->A-(弁済)->Y

1の場合、甲丙間の契約の効力の問題(96条の場面)
2の場合、不当利得の場面
私も良く分からなくなってきた…。
    • good
    • 0

学生で今、内田民法の2と1を見ながら考えてふとおもったんですけど…


不当利得の要件には「法律上の原因が無いこと」がありますよね。この事例の場合それは「甲丙間の契約(質問文中で間違ってましたが)」が無効であったことですね。
そうすると、不当利得を主張する前提が「甲丙間の契約の取消し」だったのではないでしょうか。
そうするとまず…
1.丙は96条により詐欺による甲丙間の契約の取り消しを主張。
2.その取消しの効力はその詐欺を知っていた悪意の第三者乙に対抗できる。
3.乙は法律上の原因を失った金銭を受け取っている(受益)
4.よって丙は乙に不当利得返還請求が出来る。
という流れなんじゃないかと。
自分も不当利得はいまいち理解出来てない気がするので参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
内田民法をぼーーっと読んでいたらわかりました!

乙が「遍取による弁済」であることに悪意重過失のとき不当利得になるんです。
「丙が詐欺されたこと」を知らなくてもいいんです。
あくまで「誰かから騙し取ったお金による弁済」であることがわかれば公平の観点から「法律上の原因がない」としているのでしすね。
なので96条の出番ではないんでしょうね。

お礼日時:2003/10/27 19:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q無資格者の相談窓口HP開設について

無資格者の相談窓口HP開設について

当方、実は何件か詐欺に合いましてとりあえず返品・返金しましたがこういう事件が後を絶たずニュースにも取り上げられてます。そこで、無償・有償でそういう被害者に対してアドバイスをして助けたい思いホームページ等開設したいと思いますが法律に抵触しないか心配です。

資格取得・連鎖販売取引についてのアドバイスがメインです。法律に詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

相談を受けること事態は、問題ないです。

相談が無料であるならば、法律相談を行う旨をホームページに表示しても問題ないでしょうが、その場合、「『無料』法律相談」などと、無料である旨を明らかにされると良いでしょう。(そうでないと、弁護士法74条2項違反と疑われる恐れがあります。)

資格商法やマルチ関連ですと、契約解除通知などを内容証明郵便を用いて発信する必要があるケースも出てくるでしょうが、そういった場合に、アドバイスの過程で相談者のケースに合った具体的な文書を作成するると、法律事務とみなされ非弁行為になってしまう恐れがあります。
契約解除通知書のオーソドックスな書き方を教えるとか、内容証明郵便の郵便局での手続を教えるとか、その程度だったら問題ないと思います。

なお、私は下の方と考えが違っておりまして、相談者への回答についてはできるだけ根拠条文や判例を明らかにした方が良いと思います。
根拠条文や判例を示さないと、相談者が回答に従って行動すべきかどうか判断できません。

釈迦に説法かもしれませんが、特商法は若干ややこしい部分があったり(少なくとも私はそう感じてます)、またいわゆるクーリングオフ制度は特商法以外の法律で補完されてる部分があったり、押さえるべき事項がたくさんありますので、その点はご注意下さい。

また回答に当たっては、書籍やウェブ上の記事は例え専門家が書いたものであっても鵜呑みにはしないで、必ず法令・判例と付き合わせて下さい。


あと、余談になりますが、一般の相談者は、ナントカ士に相談した方が正確な回答を得られると考えるかもしれません。
ですので、専門家に負けないよう、ホームページには困っている人のためになる情報をたくさん載せるようにされると、良いのではないかと思います。

相談を受けること事態は、問題ないです。

相談が無料であるならば、法律相談を行う旨をホームページに表示しても問題ないでしょうが、その場合、「『無料』法律相談」などと、無料である旨を明らかにされると良いでしょう。(そうでないと、弁護士法74条2項違反と疑われる恐れがあります。)

資格商法やマルチ関連ですと、契約解除通知などを内容証明郵便を用いて発信する必要があるケースも出てくるでしょうが、そういった場合に、アドバイスの過程で相談者のケースに合った具体的な文書を作成するると...続きを読む

Q民法96条3項の類推適用と、94条2項類推適用について

民法96条3項の類推適用と、94条2項類推適用について

質問させていただきます。
民法96条3項の類推適用と、94条2項の類推適用とありますが、第三者を保護したいときに、この2つの制度の使い分けの基準はどこにあるのでしょうか?

錯誤における第三者を保護するときに、96条3項を類推とありましたが、どうして94条2項ではないのかわかりません。

どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

要件、状況などの似ている方、類推適用をするのに都合がよい方を使うとしか言いようがありません。

理論的には、錯誤無効主張前の第三者を94条2項類推で保護するという考え方はあり得ます。内田先生も「余地がある」と言ってますから。ただ、錯誤に気付く前の本人に94条2項を類推する基礎となる帰責性を認めるのが困難ということも言ってます(騙されたのが悪いという程度では、虚偽の概観を知りつつ放置したというほどの強度の帰責性は認められないということです)。つまり本人の帰責性を要しない96条3項の方が第三者保護のためには都合がよいということです。

結局のところは、本人保護と第三者保護のバランスをどう図るかということに行き着くわけで、詐欺というのが他人の行為によって生じた錯誤であるということを考えると、虚偽表示よりは詐欺の方が錯誤に「状況的」に近い(と言いますか同じ)ですし、「要件的」にも第三者保護に有利(そもそも類推適用を論じるのは第三者保護のためです。一切類推適用しないのが最も本人保護になるのですから)という点からすれば94条2項類推よりは96条3項類推の方が都合がよいということになります。

内田民法のI[総則・物権]にこの解説があります。大した量でもありませんから、本屋、図書館でよいので一読をお勧めします。

要件、状況などの似ている方、類推適用をするのに都合がよい方を使うとしか言いようがありません。

理論的には、錯誤無効主張前の第三者を94条2項類推で保護するという考え方はあり得ます。内田先生も「余地がある」と言ってますから。ただ、錯誤に気付く前の本人に94条2項を類推する基礎となる帰責性を認めるのが困難ということも言ってます(騙されたのが悪いという程度では、虚偽の概観を知りつつ放置したというほどの強度の帰責性は認められないということです)。つまり本人の帰責性を要しない96条3項の方が...続きを読む

Qストーカーに付きまとわれた場合(罵倒され続ける)相談窓口はどういうところがありますか?

こんにちは。
ストーカーに付きまとわれています。
国の機関などで相談窓口はどこになるでしょうか?また、ネットも関連しているのでネット上の相談窓口も教えていただきたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ネットについてはこちらの方がよいかと思います。

WEB110 http://www.web110.com/

こちらのサイトでは、そのような問題の相談や対策方法が掲載されています。
また。関係するネットのリンクも紹介されていますので、アクセスしてみてください。

Q96条3項と94条2項

96条3項の論点ではBに登記がある事が前提になっていて、取消権であるAに登記がある場合の議論はありません。
一方94条2項の論点では真の権利者Aに登記がある場合の論点もあります。
これについては疑問に思っていましたが、
通常はCが登記のないBと売買をすることはないので、Aに登記があるというのは、通謀虚偽表示のような特殊な場合で、例えばABが共謀して一旦は登記を移してCがBの登記を信頼して契約に入ったところで、
登記をAに戻す場合などがあるからでしょうか?

つまり、ABが共謀すればなんでもありの世界になってしまう。
これが詐欺の場合との違いでしょうか?

Aベストアンサー

94条は、AB間の金の流れがないので、ABどちらに登記があっても、外観上の売買契約(仮装売買)があれば、善意のCは保護されるべきと言うことで、所有権はC。
96条はAとCが被害者で、どちらがより被害が重いか・・・
売買契約があったとしても、金の流れはB→Aなので、
登記がAである以上、Aは被害者になり得ず、善意のCのみが被害者で、AB間の善意のCではなくて、単にBC間の金の問題ということじゃないでしょうか。

Q電話できける起業相談窓口

国か都でやっている創業の支援電話相談窓口とかご存じないでしょうか?
例えば、**という分野を開業するには**という認可が必要ですとか電話で教えてくれる
または、実際の窓口に相談できるような施設とかはないでしょうか?

Aベストアンサー

東京都中小企業振興公社の総合事業相談です。ここはワンストップ総合相談窓口ですのでたらい回しにされる心配がありません。

電話でも相談も受けつけているみたいですが、これから起業を考えていらっしゃるようでしたら、一度、秋葉原の本社を訪ねてみたほうがいいと思います。融資、セミナー、支援策などのパンフも置いてあります。

Q善意の不当利得と悪意の不当利得の違いとは?

教えてください。

通勤手当が無支給範囲の人間の給与に通勤手当1000円が支給されています。
本人(以下A)同条件を承知して8ヶ月受給していました。

A曰く
「支給ミスだと会社が指摘すれば返します。
そうでなければ私からは確認等はしません。
前の会社では通勤手当が出ない場合補助手当てが出たので
その類だと思ってもらっているし、
給与として振り込まれている限りこちらから要りませんとはいいません。」

Aには、会社側がミスを見つけ返還要請があれば返還する気持ちはあるようですが
自分から「補助金かどうか確認する」意思は無いようです。

こういう状況でのAの立場は「善意」の不当利得なのか、「悪意」の不当利得なのか、
どちらと捉えるのが正しいのでしょうか?

この金額はAのみ支給されており
人事の入力ミスの可能性が高いようです。

Aベストアンサー

判例では、悪意の受益者とは法律上の原因のないことを知りながら利得した者をいう、とされています(最高裁昭和34年(オ)第478号同37年6月19日第三小法廷判決)。また、「法律上の原因の有無は法的な評価にかかわる問題であるから、単に法律上の原因のないことを基礎付ける事実を認識しているだけではその者が悪意の受益者に当たるということはできず、そのような事実の下では法律上の原因がないものと評価されることまで認識していることを要すると解される」、とされています。

今回の件はなかなか難しい判断ですが、無支給範囲であると分かっていただけでは足りず、ミスで給付していたことまで認識していないと「悪意」とはいえないのではないでしょうか。会社の判断で本来は資格がないけど支給する、ということが全くないとは言えませんから。


なお、悪意の受益者は、利息をつけて不当利得額を返還しなければならないとされています。善意の受益者は不当利得を現存する限りで返還することになります。善意であれば全く返還しなくていい、という訳ではありません。

Q相談窓口が文書回答拒否

銀行取引で突如降って沸いたトラブルに巻き込まれました。相談窓口に原因説明と謝罪を文書回答求めましたが、対応店と直接話すのが銀行の方針だからと文書対応を拒否されました。直接話しても嘘ばかりなので文書回答を求めたのに。これってありですか?結局話しても無駄と思い解約の旨伝えるとあっさりと「はい」。謝罪の言葉もないです。相談窓口はクレーム解決するのが仕事のはずなのに。一事が万事この対応です。結果微々たる金額ですが私は金銭的に損失しました。銀行は信用商売、の時代は終わったのですね。

Aベストアンサー

>相談窓口はクレーム解決するのが仕事のはずなのに

「問題を解決するための窓口」ですね。
「謝罪」が問題解決にならない場合は謝罪しません。
銀行に限らないです。
「直接話しても嘘ばかり」というのは口頭での話し合いなので、場合によっては説明が2転3転したり、同じ人が話をしないために内容が変わってしまったりということだと思います。
メーカーのサポートなんかでも多いですね。

>銀行は信用商売、の時代は終わったのですね

「銀行が信用ある行動」という意味であれば終わる以前に始まってもいないです。
銀行員の横領事件がなくならないわけですから。
「信用ある企業・個人が銀行と商売」という意味であれば、今も継続していますね。

2番の方も被害にあっておられるようですが、企業が個人に対して文書を出すことは稀で、特にトラブルがらみではほとんどないでしょう。
期待しない方が良いですね。

世間に公表してもダメージが少ない(不祥事が多いから)ので、損害が大きければ訴訟に出るしかないと思います。
額が小さいと無駄になっちゃいますが。

ある程度は個人でリスク管理が必要になったということです。

訴訟の結果、和解で終わったことがありますが、「公表しないこと」を条件に文書を出させました。
「自分(銀行)の方が悪い」とは書いてありましたが「ごめん」とはどこにも書いて無かったです。

>相談窓口はクレーム解決するのが仕事のはずなのに

「問題を解決するための窓口」ですね。
「謝罪」が問題解決にならない場合は謝罪しません。
銀行に限らないです。
「直接話しても嘘ばかり」というのは口頭での話し合いなので、場合によっては説明が2転3転したり、同じ人が話をしないために内容が変わってしまったりということだと思います。
メーカーのサポートなんかでも多いですね。

>銀行は信用商売、の時代は終わったのですね

「銀行が信用ある行動」という意味であれば終わる以前に始ま...続きを読む

Q非債弁済における不当利得返還請求の判例について

当件につき、下記のようなものがあったみたいですが、当事例の背景、情況等を含め、その内容がよく理解できません。
わかりやすくかみ砕いて教えて頂けたら幸いです。
ご教示よろしくお願いいたします。


非債弁済として給付の返還請求ができなくなるのは、あくまで給付が任意になされたときであって、強制執行を避けるため又はその他の事由のためやむを得ず弁済したような場合には、返還請求が可能である。

Aベストアンサー

例えば、AさんはBさんから1000万円借金し、Aさんは完済していたことを知っていたにも拘わらず再度弁済しても、後で、「間違ったので返して」とは言えないと言う条文が民法705条です。
しかし、Aさん所有の不動産にBさんを抵当権者として抵当権設定登記があるとし、Bさんは、弁済があったにも拘わらず抵当権実行した場合に、Aさんは弁済供託金し、本案で債務不存在の判決で勝訴すれば、保証金は返して貰えます。
弁済供託することは二重払いとなり被債弁済となりますが、これをしないと、当該不動産の所有権は失うことになります。
それが例題です。

Q金融庁の相談窓口の紹介、どう思われますか?

金融庁のサイトには相談窓口として下記の部分に紹介があります。
金融庁 > 金融・証券情報コーナー > 苦情・相談窓口

皆さんはどのようなところへ紹介してもらえると思いますか?

金融・証券情報コーナー  http://www.fsa.go.jp/syouhi/syouhi_menu.html
の中で 苦情・相談窓口 へのリンクを覗いてみてください。

自分は正直ええっ! 金融庁までがこんないいかげんなことをしていの!!!!!
と思って 唖然としました、いざ何かあったら途方も無く困ると思います。
詳細は皆さんの反応があってからにしますが、ぜひ覗いてみてください。

※お願い、質問者では有効なリンクが貼れませんので回答の際に
http://www.fsa.go.jp/syouhi/syouhi_menu.html を
参考URLに貼っていただければ幸いです。

Aベストアンサー

またも登場opabiniyaです。
chicchicchiさんは困った案件があって尋ねた挙句にそういうメに遭われたのですね。同情を禁じえません。
警察の不祥事を警察がもみ消す、という類の問題と同様ですね。
護送船団の船長であり、共同正犯である金融庁が苦情をまともに受けるはずがない。と、いうことですね。
未だ日本の経済社会は成熟もしていなければ、フェアーでもありません。
苦情処理機関は第三者であるべきですね。
どういった困り事があるか小生は察しかねますが、知人で銀行のミスで不渡りになったにもかかわらず、そのクレームを逆手にとって「クレーマー」としてブラックリストに載せられ、再起できない人がいます。
大変な相手です。
ことは慎重に進めたいものです(くやしいですが)ね。

Q不当利得の容疑で金銭の返還請求の裁判を起こしました。

不当利得の容疑で金銭の返還請求の裁判を起こしました。
相手方から答弁書が届いたためにその内容を検討したところ、訴訟目的の返還請求に対して何ら触れては居ませんでした。

つまり、否認是認の記述が全く無く「貴方とは一緒に仕事もしたし、良い友人関係でした」などの事柄だけでした。

質問;
相手方にとって本題に触れて何らかの証拠になることを恐れて居る為に記述しなかったのか又は原告として何か見逃しているのかが大変気になりましたので質問させていただきました。

金額は¥330万円で商品代金ですがこの内¥10万円に付いては納品があった事とそれから2年経過しためにまともに横領罪の適応は困難なために残金についてはその代金の返還を不当利得として訴訟の理由にしました。

Aベストアンサー

詳細がわかりませんが、

原告が、表に出せない収入が公になっては困る。
申告していないので、捜索されるのはもってのほか。

貴方とは争う意思は無く(払う・払わないは別として)、
示談、もしくは取り下げを狙っている?

貴方だけではないのかもしれません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報