平成7年式ディーゼル車(ラルゴ2000CC)を購入しました。
東京都のディーゼル車規制というのは今のところ商用車だけなのでしょうか?
年式の古いものは自家用でも規制が始まっているのでしょうか?
当方東北在住なのですが、私の両親が東京に住んでおり、年に一度か二度でも子供を連れて遊びに行きたいと思ってまして・・・。この車では東京の道路は走れないのでしょうか??
都のHPを見てもよくわかりませんでした。
(理解力が足りないからなのですが・・・)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

乗用車なら大丈夫です。


ナンバーブレートの、上の部分の文字を見てください。
「岩手5」とか「福島33」などと、数字が1桁か2桁書いてあるはずです。
その数字が3か5、または7ならば都内の走行はOKです。
8の場合には、車検証の中身により判断されます。
その数字が1か4の場合には、都内は走れません。

ラルゴの2000CCなら、5ナンバーだと思うのですが…
もちろん5なら都内走行OKです。
    • good
    • 0

この都条例は「貨物車」が対象で、乗用車は対象外です。



何の心配もなく乗り入れできます。
    • good
    • 0

補足です。


数字が2桁の場合、上の桁の数字だけが問題です。
51ならば5ナンバーで、都内走行OKです。
もちろん31も54もOKです。
    • good
    • 0

自家用車も入ってるみたいですね。




7 自家用ディーゼル車は対象外ですか。
   自家用ディーゼル車も規制の対象です。車検証にある「事業用」と「自家用」の違いは、いわゆる個人の方が使うマイカーと、会社で仕事に使う車を区別するものではありません。「事業用」は運送業や旅客業を営む事業者に対するものです。そのほかは「自家用」です。例えば、飲食良品会社が、お店や自動販売機に運ぶ際や土砂を運ぶダンプカーも自家用となります。大気汚染を早急に解決するという条例制定の趣旨から、自家用車を規制の対象外とすることは考えておりません。 
 

参考URL:http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/jidousya/diesel …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QLED電球の価格

LED電球の価格
LEDの懐中電灯は、1Wで3000円位しますが、LED電球は7Wで3000円位です。何でこんなにLED電球は安いんでしょうか?

Aベストアンサー

電圧を下げる事より、電圧を上げる事の方が
コストがかかるためです。

大雑把に言うと、電圧を下げるには回路抵抗を使うのですが
この回路抵抗増やせば増やすほど、電圧は下がります(発光・発熱と言ったものも出ますが)
また回路抵抗を簡単に増やすには、抵抗器を接続する・回路の総延長距離を増やす(電線を長くする)等です。

逆に電圧を上げる為には、トランス等の昇圧回路を組み込む以外にはありません。
でも実は乾電池等の直流電流は、電圧を上げる為には一度交流(疑似交流)にしないと
電圧を上げることができないのです。
その為回路に使う部品点数が、必然的に多くなり
その分コストがかかり、製品価格が高くなるのです。

なおLEDの(W)に関しては、飽く迄も消費電力を示す単位であって
明るさを表す単位ではありません。
尤もLED電球等は、(W)で明るさを表していますが
だからと言って、何(W)の白熱灯と同等の明るさなのか
一目では、解からない様にしてあります。
コレは何(W)相当と言い切ってしまうと、LED電球の場合
使用条件によって、明るさを感じ切れないことがあり
それにより使用者から、不利益を被ったと言われた時
メーカー側が、自己防衛をする為です。(いわゆるクレーマー対策です)
またLED電球は照射範囲が、通常の白熱灯・電球型蛍光灯に比べると
明らかに狭い事も、上記の表記を取っている要因の一つでもあります。

乱文となってしまいましたが、この辺で暇させていただきます。

電圧を下げる事より、電圧を上げる事の方が
コストがかかるためです。

大雑把に言うと、電圧を下げるには回路抵抗を使うのですが
この回路抵抗増やせば増やすほど、電圧は下がります(発光・発熱と言ったものも出ますが)
また回路抵抗を簡単に増やすには、抵抗器を接続する・回路の総延長距離を増やす(電線を長くする)等です。

逆に電圧を上げる為には、トランス等の昇圧回路を組み込む以外にはありません。
でも実は乾電池等の直流電流は、電圧を上げる為には一度交流(疑似交流)にしないと
電圧を上げることがで...続きを読む

Q東京都ディーゼル規制の対象?

11年目の愛車について、東京都で車検が出来るか悩んでいます。 規制対象外車種の様なのですが、不安があります。 確実に確認できる方法は、ないでしょうか? 教えてください。

・H7/3に石○県で新車登録
・3ナンバーの乗用ディーゼル車
・車検証の住所は、石○県でディーゼル規制対策地域外
 つまり旧住所のまま住所変更していない。
・現住所は、東京都
・自動車税は、きちんと納付済しています。
 (もちろん石○県へですが)
・型式 Y-XXXXXX

 現住所で3回は車検をしていますが、H18から
 規制基準がかわっているようです。
 東京都のHPでチェックして規制対象車種外の
 様なのですが、但し書きがあり、悩んでいます。

Aベストアンサー

お持ちの車が該当するかは複雑なので、個別に確認していただきたいのですが、No.1の方が触れられているように、規制としては東京都のディーゼル規制条例と国の自動車NOx・PM法の2つがあり、基本的に別物です。

自動車NOx・PM法は、指定地域内(主に大都市圏)での規制対象車両の登録を認めない(車検も通らなくなる)という規制で、指定地域内で使用するにもかかわらず指定地域外で登録して規制を逃れるのが、いわゆる車庫飛ばしです。規制対象でも指定地域内を走行することは可能ですが、登録の際に主な使用地域を偽るのは違法になると思います。

他方、東京都条例は、乗り入れ規制です。共同歩調をとっている八都県市(東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、さいたま市、横浜市、川崎市、千葉市)の中では、規制対象車両は排ガス対策をして合格のシールが貼られていないと走ることができません。

お書きの状況からすると、両方の規制にかかる可能性がありそうですね。

QLED電球の根元部分が熱すぎる気がします

毎度お世話になっております。
この度、自宅のダウンライトを従来の白熱電球からLED電球に変更しようと考えております。
ところが、ヨドバシカメラのような量販店の店頭にある見本のLED電球を触ると、LED電球の照明部分はそうでもないのが、根元部分を触ると、やけどしそうに熱いのですが、ダウンライトのように天井部分に埋め込まれるような形状の場合、このような熱くなるLED電球を使用してもダウンライトの埋め込み部分が焦げるとか、火災になる等の不都合は生じないものでしょうか?
またLED電球の根元部分の熱さは、白熱電球の場合と変わらないものでしょうか?
心配しすぎかと思いますが、どうしても気になってしまい、まだLED電球への変更に踏み切れません。
どなたかアドバイスをお願い申し上げます。

Aベストアンサー

LEDは、結構発熱を伴います。
その熱を口金付近に逃がすしかありませんので、熱くなるわけです。

裸電球はずっと温度が高くなりますので、熱での心配はいりません。

ただし、裸電球は、200度を超えても問題ありませんが、LED電球は150度になれば壊れます。
150度にならなくても高温で熱が逃げないような状態の使われ方をすると、大幅に寿命が縮む事になります。

ですので、埋め込み型ダウンライトの器具などで、LED対応となって居ない物は、熱が逃げにくく、大幅に寿命を縮める事がありますので、ご注意されてください。

Q首都圏ディーゼル車排出ガス規制、真っ黒な排ガスでも適合車?

首都圏(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)でディーゼル車の排出ガス規制が実施され、粒子状物質(PM)減少装置装着適合車ステッカーを表示した車もよく見かけるようになりました。しかし、適合車ステッカーを表示していても相変わらず真っ黒な排ガスを出しているバス・トラックも時々見かけます。

それで疑問に思うのですが、PM減少装置というのはそれほど効かないものなのでしょうか。それとも、PM減少装置を装着していれば目に見えるほど黒い排ガスを出すことは本来ないはずで、もし黒い排ガスを出しているようであれば偽造ステッカーを貼っている可能性が高いと考えてよいのでしょうか。

また、もし黒い排ガスを出しているのが不適合車の可能性が高いようであれば、そういった車を見かけたときにどこかに報告できればと思うのですが、八都県市首脳会議環境問題対策委員会大気保全専門部会(長い名前!)のサイト http://www.8taiki.jp/ には報告窓口の記載がありません。報告をもとに立ち入り検査を行うといった実効性の高い報告先があれば教えてください。

Aベストアンサー

真っ黒な排ガスは、整備不良と違法軽油の疑いがあります。
真っ当な軽油(正規の軽油)を使っていても、エアフィルターが目詰まりしていると、黒煙が出やすくなります。出力上昇のために燃料噴射ポンプを改造しているのも(通常は改造防止の封印がされている)原因のひとつとなっております。これらに関しては本当であれば、車検を通す際(初回以外は毎年車検)にチェックしているはずです。しかし、最近では車検ですら、平等性、正規性や信憑性が疑われるような不祥事が続出してますね。

その他の原因として、不正軽油の使用が考えられます。不正軽油とは軽油に重油を混ぜているもので、硫酸ピッチの不法投棄や排ガス問題などで、最近も話題に挙がってますね。
尼崎の公害訴訟などで、自治体が賠償金を払う判決が出てから、都市部では対策に力を入れ始めた感もしますが、各自治体で取り組みをしているはずです。
もっとも、国や都道府県では環境対策よりも、税収の面でも問題視しているところもありますが。実際、れっきとした脱税行為ですからね。


黒煙はPM物質の一部であって、全てではありません。従って、PM除去装置を付けてからといって黒煙がなくなったわけではありません。特に環境確保条例(都条例などの八都県市の条例)を見てもPM値がゼロとなってる訳ではありません。

環境条例もよく見ると、国のNOx・PM法の基準値を後追いする形になっているので効果の程は疑問ではあります。(石原都知事は条例開始後すぐに空気が綺麗になったって言ってましたけど)

NOx・PM法の平成17年度規制(新長期)やポスト新長期が実施されその車だけになれば効果が表れるとは思いますが、

PM除去装置には、DPFと呼ばれる方式と酸化触媒による除去方式があります。DPFは簡単に言うとPM物質をフィルターで捕らえ熱で燃やしてしまう方式ですが、フィルターの再生方式が色々あり、初期の製品ではフィルターが詰まると排ガスをそのまま排気するものもありました。また、DPF自体がねつ造データで認可を受けるなんて事件もありましたしね。釣りに行ってた都の職員はどうなったんでしょう・・・。
三井物産のDPFを取り付けた都バスの出発式典のときに、黒煙を撒き散らして失笑を買ったのはそんなに昔の話ではありません。^^

話があちこちに飛んでしまった気がしますが、東京都であれば黒煙110番がありますし、探してみてください。

国も本気で黒煙なくしたいなら、NOx・PM法を現在の一部のエリアだけでなく、全国にすべきですね。

参考URL:http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/jidousya/diesel/kokuen110.htm

真っ黒な排ガスは、整備不良と違法軽油の疑いがあります。
真っ当な軽油(正規の軽油)を使っていても、エアフィルターが目詰まりしていると、黒煙が出やすくなります。出力上昇のために燃料噴射ポンプを改造しているのも(通常は改造防止の封印がされている)原因のひとつとなっております。これらに関しては本当であれば、車検を通す際(初回以外は毎年車検)にチェックしているはずです。しかし、最近では車検ですら、平等性、正規性や信憑性が疑われるような不祥事が続出してますね。

その他の原因として...続きを読む

QLED電球について

LED電球について質問をしたいので宜しくお願い致します。

現在の照明器具に白熱電球がついています。これをLED電球に交換しようと考えております。
そこで、お聞きしたいのですが、照明器具には良く25Wや30W、40Wまでと記載がありますが
これは消費電力の事でしょうか?それとも、照明器具に30Wまでと記載があった場合にはLED電球も30W相当の明るさなどと記載されたLED電球までしか使用は出来ないのでしょうか?

仮に30Wまでと記載された照明器具に60W程度の明るさのLED電球を取り付けると何か問題はあるのでしょうか?
あるとしたら、25Wまでと記載のある照明器具には何W相当の明るさのLED電球をつけるものなのでしょうか?


このようなことには知識が無く、どなた様かご教示の程宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>照明器具には良く25Wや30W、40Wまでと記載がありますが
これは消費電力の事でしょうか?それとも、照明器具に30Wまでと記載があった場合にはLED電球も30W相当の明るさなどと記載されたLED電球までしか使用は出来ないのでしょうか?


白熱電球の場合の消費電力のことです。

何故そのような標記があるかというと

白熱電球の場合は消費電力の大半(90%)が熱に変換されます。
例えば、プラスチック製のシェードで40Wまでという製品で100Wの白熱電球を利用すると、シェードが溶けてしまい最悪発火する怖れがあるから止めてくれということです。



>仮に30Wまでと記載された照明器具に60W程度の明るさのLED電球を取り付けると何か問題はあるのでしょうか?

多分ないでしょう。
LED電球の場合は、放熱部のヒートシンク部分が高熱になったりしますので、ヒートシンクが器具本体に触れないようにとかの注意は必要です。
いくら消費電力が小さくとも、たとえば太陽光を虫眼鏡で集光すれば紙が燃え出すように、熱が集中すると危険です。

>あるとしたら、25Wまでと記載のある照明器具には何W相当の明るさのLED電球をつけるものなのでしょうか?

無駄に明るくても製品の雰囲気等が台無しになりますから、25W相当とかせいぜい30W相当でしょう。
LED電球の配光パターンとか色合いのチェックもお忘れなく。

>照明器具には良く25Wや30W、40Wまでと記載がありますが
これは消費電力の事でしょうか?それとも、照明器具に30Wまでと記載があった場合にはLED電球も30W相当の明るさなどと記載されたLED電球までしか使用は出来ないのでしょうか?


白熱電球の場合の消費電力のことです。

何故そのような標記があるかというと

白熱電球の場合は消費電力の大半(90%)が熱に変換されます。
例えば、プラスチック製のシェードで40Wまでという製品で100Wの白熱電球を利用すると、シェードが溶けてしまい最悪発...続きを読む

Qディーゼル車規制って乗用車もダメ?

今車を探しているのですが、大きい車がいいのでディーゼル車も検討中なのですが、今日職場でその話をしたら車に詳しい先輩たちが(3.40代)東京都はもう規制されているのでトラックだけでなく乗用車でも規制されていると言ってました。見つからないだろうけど・・・とも。

で、愛知県ではもうデイーゼルの乗用車は登録できないと聞きました。

で、愛知県の日産のデイーラーに車を見に行ったのですが、そこの社員の方も同じこと言ってました。だから今ディーゼル車買っても売れないと・・・・


ところが念のためネットでディーゼル規制で検索したら、専門サイトが色々出てきたのですが、どれもこれも」乗用車は適応外と書いてあります。

実際は同なのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

ディーゼル規制とは、地方自治体の定める条例です。
これは、ディーゼル貨物車を対象とした条例で、規制区域への乗り入れを制限するものです。
車検・登録には関係有りませんし、乗用車は対象外です。
東京都 http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/jidousya/diesel/regulation.htm

NOx・PM法は、国の規制で車検の可否によって使用を制限するものです。(車種規制と言われます)
これは貨物は全て、乗用車はディーゼルが対象となり、車種によって定められた年月を新車登録時から数えて適用されます。
ちなみに、大型ディーゼル車は対策部品が開発されていますが、乗用車用はそう言った部品は有りませんし、スペース・金額共採算が取れそうもないので、今後も発売される事は無いでしょう。
自動車NOx・PM法 http://www.mlit.go.jp/chubu/seibi/nox_pm/nox_pm.htm

ディーゼル乗用車でしたら条例は影響有りませんが、自動車NOx・PM法が適用されますので、お住まいの地域が規制区域かどうかをまず確認し、それから購入対象車が登録出来る期間を確認する必要が有りますね。

ディーゼル規制とは、地方自治体の定める条例です。
これは、ディーゼル貨物車を対象とした条例で、規制区域への乗り入れを制限するものです。
車検・登録には関係有りませんし、乗用車は対象外です。
東京都 http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/jidousya/diesel/regulation.htm

NOx・PM法は、国の規制で車検の可否によって使用を制限するものです。(車種規制と言われます)
これは貨物は全て、乗用車はディーゼルが対象となり、車種によって定められた年月を新車登録時から数えて適用されます。
ち...続きを読む

Q家庭用LED電球の実際の消費電力数を知る方法を教えてください。

家庭用LED電球の実際の消費電力数を知る方法を教えてください。

LED電球の購入を検討していますが、そのLED電球の消費電力数を調べる方法を教えてください。

Aベストアンサー

「家庭用LED電球」とは、あの照明に使用する白熱球の形をしたあれですよね?

お店に買いに行くのであれば、パッケージに「消費電力○○W」と書いてありますよ?

Q【自動車・ディーゼル車】ディーゼル車は天ぷらを揚げた後の油をろ過したものを入れても走るそうですがそれ

【自動車・ディーゼル車】ディーゼル車は天ぷらを揚げた後の油をろ過したものを入れても走るそうですがそれはなぜですか?

なぜ天ぷら油でもディーゼル車は走るのでしょうか?

一方のガソリン車はなぜ天ぷら油じゃ走らないのでしょう?

廃油で走るディーゼル車は何も改造しなくても天ぷら油の廃油を入れても走るのでしょうか?

何か改造が必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

実際には、サラダ油そのモノでは使えません
チョットだけなら走れても、燃料系を傷めます

その為にバイオディーゼル油にするために、
当然不純物を取り除くための濾過もしますが、その他にも化学処理を行います

>一方のガソリン車はなぜ天ぷら油じゃ走らないのでしょう?
ガソリンは水の様にサラサラとしてますし、揮発性も高く引火しやすい
ディーゼル油(軽油)は、ガソリンよりも粘性があり、揮発性も比較的低い

同じ油でもその性質は随分違う

それぞれの燃料の特性に適したエンジン構造になっているので、異なる燃料を使う事は出来ません

>ディーゼル車は何も改造しなくても天ぷら油の廃油を入れても走るのでしょうか
サラダ油を加工する場合に、ガソリンと同じレベルにするのは困難だが、ディーゼル油と同じレベルにするのは比較的容易なので、ディーゼル油として精製しているのです

エンジンを加工しなくても良いように、油の方を加工しているのです

QLED電球について質問です。

いつもお世話になっています。

小さなLED電球が有るのですが、このLED電球を点灯させてもほとんど熱が出ません。
LED電球とはこの様な物なのでしょうか?

Aベストアンサー

◎普通の電球は、電流を流して高温で発熱させ、その光を利用しています。ですから電球のなかは空気では無く燃焼させないガスを入れてます。

詰り燃やして熱と光を出すようにしてるので、熱くなるのです。

◎LEDはライト(光)、エミッシング(発する)、ダイオード(半導体)、で略してLEDです。

詰り熱は結果として損失の形で出るだけで、半分導体に電流を流すと発光する原理を利用してます。そもそも、熱とは関係ないものです。

◎現在発売されているLED電球は、やっと光量を沢山出せた第一段階ですので、未だ効率が悪いので発熱はそれなりにありますが、どんどん改善されて行くでしょう。値段も。

因みに私は赤、緑色は37年前から使用しています。白(青)が出来るのを待ってました。

Qディーゼル車規制の今後

ディーゼル乗用を東京などで乗用することが可能なのは一体いつまでなのでしょうか?

ちなみに長野県在住なので登録は今のところ出来ます。

東京などへ乗り入れが出来なくなる見込みは在るのでしょうか?

また長野県で登録が将来できなくなる可能性は在るのでしょうか?

※新車からの猶予期間は考えず願います

Aベストアンサー

日本ではディーゼルエンジンは公害の象徴的に報道されていますが世界を見るとそうではありません
ヨーロッパでは逆にディーゼルエンジンは低公害で広く普及しております
振動・騒音も改善されており良く走ります
ガソリン車の方が環境に厳しいとされているんですよ!

でも日本に輸入してくるディーゼル車に日本の軽油を入れて走行すると黒煙を出します

何故だろう?
軽油の質が全く違うからなんです
日本の軽油はヨーロッパの品質基準から見ると、とんでもない位低品質だからなんです!
今現在、軽油の品質について見直しの方向へ向かっているので現在のディーゼル車規制は将来どうなるかは未定です

でも日本がアメリカの51番目の州の様に追従して行く限り規制が無くなるのは難しいかも・・・・


人気Q&Aランキング

おすすめ情報