これからロードバイクを始めるにあたり、ピナレロ FP UNOか、TREK Madone3.1を検討中です。

始めてのロードで自分として価格で精一杯の背伸びなので、後悔したくありません。

フルカーボンやカーボンとアルミ複合のボディは、週一ぐらいのツーリングユースですと、耐久性がどのくらいあるのか知りたいのです。

5年ぐらいは乗れるというなら、買う気満々なのですが、

いやいや、その手のカーボンモデルは2~3年が寿命だよ
というなら、もう少し安いのを考えるつもりです。

経験者の方、おしえてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

回答者なら、多少はお高いですが、TREK Madone3.1にするかな。


フルカーボン(価格的に上級モデルのような高剛性は期待できません)と、リヤエンドにつけられたダボが主な選定理由。
部品的には似たような構成ですので、大きな違いがあるその2点で選びました。
デザイン的には、ピナレロは陳腐化が早いと思われます。トレックは較べればすっきりしたデザインですので飽きが来るのは遅いのでは無いかと。

ダボを使ってリヤキャリアを付けると、荷物はすべてそちらに登載できますので、自分は身軽です。バッグなど背負わなくて良いのです。

スチールフレームはですね、乗り心地は良くないですよ。カーボンの方が良いです。

フレームの寿命は5年くらい楽勝でしょう。こけない限り。
週一ツーリングで年間3000~5000km位の距離なら、メカ系も大げさなメンテほぼ不用でしょう。
チェーンの清掃と注油・ブレーキの点検を怠らなければ、大きなトラブルはないと思います。
細かなトラブルは、ロードレーサーという乗り物だけに避けられないと思います。
年に一回、メンテを兼ねてチェーン・タイヤ・チューブを思い切ってショップで交換すればベストかもしれません。
途中で寿命が来そうなのは、フロントのチェーンリングとリヤのカセットでしょう。

多分、ホイールは途中で替えたくなるとは思います。
自分に合わせるために、サドルとかステムも替えるんだろうと思います。
    • good
    • 17

週一でのツーリングに使うだけならこけたりぶつけたりして壊さない限り一生乗れますよー。


特にカーボンはクロモリと違って使用による経年変化の少ない素材ですしね。
レースでバリバリに使っている人でも、10年以上TIMEのフルカーボンフレームを使っている人がいますから、気にするほどのものでもないと思いますよ。
ぼくもフルカーボンフレームは十年近く乗ってます。
まぁ、ぼくの場合カーボンよりチタンの乗り味の方が好きですから、あまり走行距離は多くないですけど
    • good
    • 18

食品の「賞味期限」と「消費期限」の違いと置き換えて考えれば


わかりやすいかも。


回答者1・2の方もおっしゃられているように、「フレームの寿命」は
カーボンでもアルミでも結構長いです。これが「消費期限」と考えて
いいでしょう。 落車などの大きなアクシデントがなければ結構持ち
ます。

問題は、ガンガン走り込んだりレースで使うには「美味しい所」の
期間が問題ですよね。 これが「賞味期限」って感じですね。


あたしも先日10年落ちのカーボンフレームをオークションで購入
しましたが、もうレースで全開で踏むこともないので、満足出来ました。

その他、20年前のレイダック(アルミ・クロモリハイブリッド)もスポル
ティーフ風に改造してツーリングに使ってますが、まだ大丈夫のようです。
(結構甘くなってきたように感じますが)


ここからは余談ですが…

どうしても1台を永く乗りたいのであれば、クロモリのフレームと
手組のホイールがお勧めです。
(今と時代となっては完全に趣味の世界・自己満足かもしれませんが)

ですが、カーボンやアルミのフレームと比べると、どうしてもギア
1~2枚分位は重く感じます。 その代わり、乗り心地などはとても
いいです。ゆっくり走るにはちょうどよい感じですね。
    • good
    • 22

一般の方は、事故等に合わない限り、フレームは5年は十分持ちますから安心してお買い求め下さい。

プロの使用では、確かに賞味期限は短いようです。ツールドフランス等に出場します一流プロは、年間何台も乗り潰します。

ご自身がプロで活躍し、その後プロのメカニックとして活躍していました永井さんのお話では、その乗り潰されて払い下げられましたフレームを十数年間使い続けているそうです。妻は、安物フルカーボンを4年乗り続けていますが、始めから柔らかなカーボンですから乗り味の変化には全く気付かないようです。乗り味が多少変わっても一般人には関係ないレベルですから飽きるまでお乗り頂けると思います。

しかしながら、自転車はコンポが消耗品ですからそちらに金がかかります。5年間同じコンポで何も交換せずに乗り続けることは難しいのではないかと思います。いわゆる自転車地獄です。ギアスポーツ(用具を使用するスポーツ)はギアの更新にどうしてもお金がかかりますから、ツールドフランス等にアフリカ系の人が出場できない原因の一つが経済力のようです。

最後に自転車についてですが、TREK Madone3.1をお勧めします。この値段でフルカーボンですし、すばらしい自転車です。今や高級カーボンバイクは、山登り用ですとか平地用ですとかと利用分野を限定しています。しかし、レースでガンガン走らない限りTREK Madone3.1はどの分野もそつなくこなし、大きな不満はない自転車です。自転車地獄にはまらないようにしまして楽しい自転車ライフをお楽しみ下さい。
    • good
    • 16

難しいお題です。


TREKはライフタイムワランティ=生涯補償という
無茶な和訳を当てていますが…
まあ、正常に乗っていて、折れたら保証するよ!と言う意味で
過去に、倒したことがあるとか、転んだことがあるフレームが
もし走行中に折れても、このライフタイムワランティには該当しないんですけどね…

で、二つの話をします。

ひとつは、軽量ロードバイクには
耐用年数というより、明確に「賞味期限がある」というはなし。
もちろんそれは経年劣化ではなく
乗った距離・乗り手の体重・乗り方などにより一様ではありませんが
プロツアーの走行距離の数倍=1万km前後が賞味期限とは言われます。
もし、週末ライダーでも、月間300km!ものると、33ヶ月
=およそ2年半で賞味期限…
ですが、その後乗れなくなるわけではなく、だるい感じになるというだけ。
ハブやBBなども、メンテナンスの具合次第ですが、相当マメにやっていないと
2年半もそのままでは持ちません。=フレームの賞味期限より先に死亡。

もちろん、5年持たせるのでしたら、
全部バラして再度組み上げる作業が数回必要です。

二つ目は、
維持するためにはバラしてOHなどが必要になるということです。
何もしないで、チェーン給油くらいでのると
大体5000kmも走れば至る所だめになってきます。
もちろん交換すべきパーツも出てきます。

耐久性が在るかと問われれば
まるでありません。

概ね新車で買って、この冬には完全バラしOHやタイヤ・ワイヤーやチェーン・ギアなど
至る所の交換…そうですね…最低、
概ね部品代で4万・工賃で2万の出費があると思われます。

そう。実は、ロードバイクは(必要に応じて・必要なくても)
しょっちゅう部品を交換しながら乗る物です。
5年後には気がついたらフレーム以外全部違う物になっている。
そう言うレベルの乗り物です。

ですので、
5年持つか!?といわれれば
私は「いろいろな意味で持たない」と答えます。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

判り易くて、助かりました (^.^)

お礼日時:2011/07/30 20:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qロードのカーボンフレーム寿命について

ロードバイク、カーボンフレームはおおむね転倒等の影響が無かったものとしますと、どれくらいで寿命を迎えるのでしょうか?
詳しくご存じの方からの回答をお願いします^^

Aベストアンサー

結構難しい質問です。
ざっくりとした答え方では、今のカーボンフレームなら一般人がちゃんと屋内保管をして無理な使い方をしなければ5~10年は持つみたいです。

なぜ期間に幅があるかといいますと、カーボンにも種類が有りまして、メーカーによって使っているカーボンが異なるからです。
カーボンの繊維の種類、編み方、弾性も低弾性率から超高弾性率までありこの組み合わせ方で色々な特徴を作れるからです。
なので耐久性も様々らしいです。

私もカーボンは素人で、曖昧な言い方になりスミマセンが、作っている人も実際に乗ったときの耐久性をハッキリ言うことが難しいみたいですよ。
というのも、使う人の体重や乗り方で全然変わるからだと聞いたことがあります。
テストでフレームにどれだけ力をかければ壊れるかや、振動を与えてヒビをみたりする事はやるみたいなので「どれだけ衝撃を与えれば壊れるか」や「どれだけ力をかければ壊れるか」は知っているみたいですが、一番困る質問は「フレームは何年持つか」だそうです。

昔のカーボンはそろそろ剥離したりしているようですが、現在のカーボンは相当進んでいるようです。
なので、現在のカーボンフレームなら5~10年持つみたいです。


今の大手の(有名な?)フレームメーカーは、トップグレードのフレームをプロがUCIのレースで一年使っても壊れない物を作るそうです。
なので、UCIのトップチームが一年で走る距離は持つそうです。
ちょっとどれだけになるかハッキリした距離は分かりませんが、ツール・ド・フランスで約3000km位という話もありますから全部合わせるとワンシーズンで1万キロ位にはなるんでしょうか。
ツールのトップチームでも、余程のエースでもなければワンシーズンで一つのフレームを使い倒すようですよ。(落車すれば別ですが)
それを私たちは何年で走るんでしょうね?
一年に2000kmを走るのなら5年持つのではないでしょうか?
もちろんプロとアマでは整備の方法も違うので単純に計算するのは乱暴ですが、わかりやすく言うとこういうことになります。

とはいっても、みんながトップグレードのフレームを使うわけではないですよね。
入門用のカーボンはどうなのかというと、技術が1世代前のプロが使っていたカーボン相当らしいです。
作る技術が上がっているので、一般人が使う程度では10年持つものも珍しくないみたいです。
前にSCOTTジャパンの人に「フレームって何年持つんですか?」って聞いてしまった事があるのですが、帰ってきた答えは「普通に使えば10年以上持ちますよ」でした。
もちろん落車したり石畳のようなところばかり走ったりせず、ちゃんとメンテナンスしてという条件ですが。
多分ですが、自社でカーボンの成形までできるSCOTTレベルのメーカーなら10年は持つのではないかと。
カーボンの扱いがそれほど得意ではないメーカーでは継ぎ目とかから剥がれてきたりするみたいなので5年くらいかもしれませんね。

よくカーボンは寿命が短いとか言われますが、普通に乗って、事故に遭わなければ飽きるまで乗れるはずです。(と私は思ってます)

結構難しい質問です。
ざっくりとした答え方では、今のカーボンフレームなら一般人がちゃんと屋内保管をして無理な使い方をしなければ5~10年は持つみたいです。

なぜ期間に幅があるかといいますと、カーボンにも種類が有りまして、メーカーによって使っているカーボンが異なるからです。
カーボンの繊維の種類、編み方、弾性も低弾性率から超高弾性率までありこの組み合わせ方で色々な特徴を作れるからです。
なので耐久性も様々らしいです。

私もカーボンは素人で、曖昧な言い方になりスミマセンが、作ってい...続きを読む

Qロードレーサー(自転車)のタイヤの寿命は?

3週間ほど前700×25Cのタイヤ(WO)がついているロードレーサーを購入し、トレーニングやサイクリングでよく山に登ります。

前輪はまだ大丈夫のようですが後輪は負荷がかかるためかだいぶんちびている様に思います。
まだあまり乗ってないのですがスリックタイヤのためどの位ちびているのか、或いはあとどの位使えるのか分かりません。

そこでお尋ねしますが、こうなったらそろそろ交換時期だとか、目視で判断できるのか、大まかに決めた距離を走ったら交換しているのかが知りたいです。

ちなみに私の体重は53キログラム程で現在800km程走行しています。急ブレーキなどは殆どしません。
みなさんはどの位もちますか?
練習用の安いタイヤの方が長持ちしますか?

通販などでタイヤを買おうと思うので自転車屋に聞くのは気がひけるのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私はいつもミシュランのスリックタイヤ(700*20か23)を使っています。具体的には、数年前まではHI-LITE SUPER COMP,今はPRO RACEやPRO LIGHTを使用しています。体重はsugiyanさんとほぼ同じくらいです。
街乗りが多いのでストップ&ゴーが多く、トレーニングでは必ず坂のあるところに行ってましたが、その条件でだいたい2000~3000kmの寿命がありますね。25mmだと、もう少し寿命が長いと思います。
実際に最近KENDAというメーカーの700*25Cを履いたロードを見る機会があったのですが、キャンプ道具一式積んでのロングツーリングと普段の通学で合わせて1300km乗って、まだそれほど減っていないようでした。
タイヤの磨耗でいちばんわかりやすいのは、トレッド部(タイヤ中央)のゴムが減って、下の層が見えてくることですが、ここまで使いこむことはまずありません。使い込んでタイヤが薄くなると異常にパンクの頻度が高くなるので、走行距離が2000kmを超えてからパンクが頻発するようになると交換します。
また、タイヤはどうしても中央部分から先に減っていきますので、新品のうちは丸かった断面が、磨耗すると真ん中の部分が平らになってきます。おそらく800kmも走っていれば、すでに若干この磨耗が表れていると思います。後輪を手で触ってみると、角ができていませんか?これがだんだんひどくなっていくのが目で見てわかりますので、タイヤがどれだけ減ったかを見るいい目安になります。
もうひとつ、劣化や傷によりタイヤの側面に穴が開くことがあります。こうなると中のチューブがそこから飛び出してバーストします。この場合、応急処置はできますが、そのまま走っているといつまたバーストするかわからないので、帰り着いたらすぐにタイヤを交換するほうが無難です。
当然ながら後輪の方が減りが早いので、1500kmほど走ったら前後のタイヤを入れ替えるか、または後輪を交換するときに、それまで使っていた前輪のタイヤを後輪にまわし、新しく買ったタイヤを前輪につける、というようなローテーションをすることをお勧めします。
長い間ミシュランのレース用タイヤばかり使い続けてきて他のメーカーのタイヤはあまり使っていないので、ちょっと偏っていると思います。特に25mm以上のタイヤは造りが丈夫なものがよくあるので、寿命はもっと長いかもしれませんが、そのあたりのことはよくわかりません。

と、ここまで書いた後に気がついたのですが、東京に引っ越してきて以来ほとんど坂を走る機会がないせいか、今のタイヤで4000kmほど走っています。
走り方や走る道、タイヤの銘柄によってかなり寿命に差が出ますので、最終的には自分で経験を積むか、経験のある人に聞くしかないですね。

私はいつもミシュランのスリックタイヤ(700*20か23)を使っています。具体的には、数年前まではHI-LITE SUPER COMP,今はPRO RACEやPRO LIGHTを使用しています。体重はsugiyanさんとほぼ同じくらいです。
街乗りが多いのでストップ&ゴーが多く、トレーニングでは必ず坂のあるところに行ってましたが、その条件でだいたい2000~3000kmの寿命がありますね。25mmだと、もう少し寿命が長いと思います。
実際に最近KENDAというメーカーの700*25Cを履いたロードを見る機会があったのですが、キャンプ道具一式積んでのロ...続きを読む

Q自転車のオーバーホールは何kmごと?

ロードバイク通勤してます!

見えているチェーンやディレーラーの清掃注油はいつでも自分でできますが、
中に入っているボトムブラケットなどを分解清掃するのは大変ですよね?

車なら何万kmごとにエンジンオイル交換と目安がありますが、
クロスバイクやロードバイク等スポーツバイクのBBなどの分解清掃グリスアップは、
どれくらいの間隔で行えばいいのでしょうか?
自分でやるのはハイレベルですよね?

相当放置している方も多そうな気がしますが皆さんそこまでやっていますか?

自転車のオーバーホールについて教えてください^^

Aベストアンサー

>ボトムブラケットなどを分解清掃するのは大変ですよね?

今どきのロードはカップアンドコーン
http://svetlana.exblog.jp/10357322/
じゃなくてカセットなど
http://www.youtube.com/watch?v=rkv2u6A-86c&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=yiOqvoCJZfw&feature=related
ですから、ものすごく楽ですよー。
基本的にグリスアップなどしませんし、トラブツたら交換です。

>どれくらいの間隔で行えばいいのでしょうか?

最近のはシールドがしっかりしてますし、年に一回程度やればいいですよー。
ただし、勿論乗り方や乗る距離によりますよ。
ロードに真剣に取り組めば、年間の走行距離は三万キロ前後程度にはなりますからねー。
まぁ、個人的な目安は一万キロ程度かな?

>自分でやるのはハイレベルですよね?

レベル高いのは、ホイール組ぐらいじゃないかなー。。。。
ぼくはめんどくさいから自転車屋さんにすべてお任せですけどね。

>皆さんそこまでやっていますか?

自転車屋さんが忙しそうな時は仕方ないですから自分でやりますけど、ホイール組なしで、フレーム交換でも一時間か二時間もあれば行けますよ。
手抜きモードで急いでやった時は三十分ぐらいでしたね。

>自転車のオーバーホールについて教えてください^^

工賃はこんな感じ
http://www.pop-n.jp/kouchin_sports.html
フルでオーバーホールしてもらうと三万前後かかると思っておいたほうがいいですよ。
もちろん部品代は別です。

ぼくが年に一回やってもらうのは、BB、ハブ、ヘッドパーツのグリスアップと、
チェーン、スプロケット、ワイヤー、ブレーキシューの交換。
あとは手組ホイールのスポーク交換程度ですね。
まぁフレームは、まともに乗ると一年で折れますから基本的にフレームは使い捨てでしたね。
最近はあまり気合い入れて乗らなくなりましたから長持ちしてますよー。

>ボトムブラケットなどを分解清掃するのは大変ですよね?

今どきのロードはカップアンドコーン
http://svetlana.exblog.jp/10357322/
じゃなくてカセットなど
http://www.youtube.com/watch?v=rkv2u6A-86c&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=yiOqvoCJZfw&feature=related
ですから、ものすごく楽ですよー。
基本的にグリスアップなどしませんし、トラブツたら交換です。

>どれくらいの間隔で行えばいいのでしょうか?

最近のはシールドがしっかりしてますし、年に一回程度やればいいですよー。
...続きを読む

Q10年前のロードバイクの値段を教えて下さい

10年前のカーボンフレームのロードバイクを友達から買おうとしてるのですが、いくらぐらいが相場なのでしょうか?

フレーム自体は当時30万近くしたらしいLOOKのKG486です。
ほとんど使用していないので新品に近く、メンテナンス済みです。
ブレーキペダル変速等はシマノ旧型105です。
ホイールは2012フルクラムレーシング5です。

10万ぐらいと友達から提示されているのですが、妥当なんでしょうか?
詳しい方教えていただけませんかm(__)m

Aベストアンサー

NO5です。

>10年前のフレームでも完成車20万もするんですね、高い‥(汗)
いやいや当時の価格ですよ。

でもね、フレーム以外の部品の価格で、定価で20万円はします。
普通の店なら50万円といったとこでしょうね。

LOOKのカーボンフレームは、古くても人気です。
自転車のカーボンフレームの創業者といっても過言ではありません。
しかし、今のフレームには勝てないのは事実かも。

「腐っても鯛」です。
5万円でもいらないとぼろくそ書いてる方もいます。
じゃぁ、友達に10万円のSORA(TIAGRA)の新車の完成車と、こちらだとどっちを勧めるかと聞きたい。
そして、例えば1年後に買い替えるとなった時、どちらの方が高く売れるのでしょうか?

皆さん良い自転車に乗ってるみたいなので、こういう回答になったのでしょうがね。

Qロードバイクで時速40キロ以上出すには?

SurlyのPacerというクロモリのロードバイクを購入しました。
コンポはティアグラでコンパクトクランクですが、平地でダンシングなしで最高が37-8キロ程度しか出せません。手はブラケットを持った状態です。ロードバイク所有の友人(アルミ、SORA)をはじめ他のロードの人はみな40キロは軽いといいます。

私は30代男性でロードは初めてで、貧脚といえばそうですが、それでも40ぐらいは軽く出せるのかなと思っていました。都内の交通量の多い場所を走ることがほとんどですが、それでも幹線道路などでは瞬間的には40を越えても良さそうなものかと思うのですが。

サイコンの設定や空気圧管理などは問題ありません。前が50-34でそこのインナーからアウターへの切り替えのタイミングがうまくいっていない気もします。また他に原因として考えられることはありますでしょうか?やはり脚力の問題でしょうか(笑)。また、皆様はどの程度の速度が出せているのでしょうか?

Aベストアンサー

ANo.3です。

今日はひさびさに天気予報から傘マークが消えたので自転車で通勤しました。
幹線路に入ったところでフロント39T-リア13Tに入れ
ケイデンスを110rpmまで上げ41km/hで巡行したら
200mも走らないうちに心拍が170を超えてしまったので
ケイデンスを95rpmまで落としてしまいました>ショボ~ン。
(通勤では甲州街道を主に走っているのですが
高速巡行できる区間は実はあまりないです。)

> インナーからアウターへの切り替えのタイミングがうまくいっていない気もします。
コンパクトクランクって、おいしいところでフロントの変速タイミングが来ちゃいますよね。
以前はコンパクトクランクを使っていたのですが
上りとLSD以外はずっとフロントアウターに入れっぱなしでした。

> 最高が37-8キロ程度しか出せません。
であるならばフロント50T-リア17T、ケイデンス90rpm、約33km/hでの
巡行を身につけちゃうとイイと思います。
そのペースが維持できれば、道路状況が良いときにリアを16T→15T→14Tと
シフトしていけば自然に?40km/hになります。
http://www.asamako.net/scripts/gear_ratio.php
この速度域はロードでは常用域ですので
変にもがくよりも、キレイなペダリングを心掛けた方がイイと思います。
キレイなペダリングでフロント50T-リア17T、ケイデンス90rpmの巡行が出来るようになれば
40km/hで走るのも「軽いこと」になりますよ。

で、キレイなペダリングの習得にはANo.4さんのご指摘どおり
ビンディング・ペダルを使った方がイイのですが、どうでしょう?
そして、ペダルは「踏み込む」のではなく「回す」こと。
力を入れるのは1時から3時のところ。
それ以外のところで力を入れても、疲れるだけで大した推進力になりません。
力を入れるときは腹筋とハムストリングを使うこと。
股関節を大きく柔らかく使い、腿をなるべく高くあげること。
骨盤を立て上半身を腹筋で支え、上半身はリラックスさせること。
アンクリング(踵が下がること)させないこと。
なんてことを私は学びました。
人それぞれやり方はあると思いますが、まあ参考にして下さい。
この↓サイトなんて、役に立つと思いますよ。
http://www.sportsmovie.jp/funride/top/
http://www.sportsmovie.jp/funride/technique/?sm=0&it=101
(登録が必要ですが無料です。)

あとね、私の巡行スピードはホイール(フルクラムRACING3)にも助けられてます。
もう少し走りこんだら、ホイールをグレードUPすると「効く」かも知れません。

ANo.3です。

今日はひさびさに天気予報から傘マークが消えたので自転車で通勤しました。
幹線路に入ったところでフロント39T-リア13Tに入れ
ケイデンスを110rpmまで上げ41km/hで巡行したら
200mも走らないうちに心拍が170を超えてしまったので
ケイデンスを95rpmまで落としてしまいました>ショボ~ン。
(通勤では甲州街道を主に走っているのですが
高速巡行できる区間は実はあまりないです。)

> インナーからアウターへの切り替えのタイミングがうまくいっていない気もします。
コンパクトクランク...続きを読む

Qアルミ or クロモリ どちらがいいでしょうか。

アルミ or クロモリ どちらがいいでしょうか。

クロスかロードのバイクで週末はちょっとロングを走りたいと思っている初心者です。
今は変速付きママチャリで遊んでいます。

それで選ぶ際のフレームの素材なのですが、
アルミ、クロムモリブデン、カーボンと主にあるようですが、どれがよいのでしょうか。
予算的にカーボンは多分無理だと思います。

アルミは軽いけど剛性(柔軟性?)がないので路面の衝撃をそのまま伝えるらしくて長時間の乗車はきついらしいですね。
でも、軽くてしなりがない分キビキビ走れるみたいです。

クロムは剛性があるので長時間でもさほどつらくならないようですね。
ただ、ちょっと重いですね。

ネットで調べましたけどこれくらいの違いしか分かりませんでした。
ただ、例えばこの振動がゴツゴツくるアルミでも、それがいいっていうバイカーもいるんですよね。

まったくの初心者なので、700cって何? という感じで調べている状態です。
アルミ、クロモリと言っても車種の年代によって、また、サスがあるなしとかでかなり違ってくるのだろうと思いますが
バイカーの先輩としてご経験上のアドバイスをいただけたらと思います。
よろしくお願い致します。

アルミ or クロモリ どちらがいいでしょうか。

クロスかロードのバイクで週末はちょっとロングを走りたいと思っている初心者です。
今は変速付きママチャリで遊んでいます。

それで選ぶ際のフレームの素材なのですが、
アルミ、クロムモリブデン、カーボンと主にあるようですが、どれがよいのでしょうか。
予算的にカーボンは多分無理だと思います。

アルミは軽いけど剛性(柔軟性?)がないので路面の衝撃をそのまま伝えるらしくて長時間の乗車はきついらしいですね。
でも、軽くてしなりがない分キビキビ走...続きを読む

Aベストアンサー

アルミで クロモリ同等の 強度を持たせようと すると 太く厚いパイプになり 結果 フレームは
重くなる傾向が有ります アルミ材質にもよりますが 粗悪安価なアルミ材ですと柔らかく 重くなって結果 乗り難いものになります。

クロモリと言っても 種類があると思います 
最近のパイプは 詳しくないですが
昔 石渡 022というのが 一般的で ロードですと019という軽量パイプを使用します
超軽量を狙い 017(コロンバスSLX相当かな?)という 薄いパイプも有りましたが 転倒すると フレームお釈迦といった 強度でした。
自分は、ロードで無く ランドナーという OFFを走る650Bタイヤのフレームを 作った際
022ダブルバッテトーチューブベースのものと チェーンステイ、シートステイを019を使ったフレームを使用していましたが
019(薄く軽量固い)のチェーンステーは 固く 撓みが少なく 踏み込みパワーロスが少ない反面
足に来ます。疲れる 痛くなる 足に負担が大きかったです。
自転車は 基本サスペンションは、無く フレームの撓みで 有る程度 乗り心地や 踏み込みパワーを
緩和してくれるもので 結構固さや撓みは 重要です。
 フロントフォークの曲がりひとつでも 乗り味は変わります。

ロードの理想は、固すぎない クロモリです。
 クロモリフレームは ロー付けで組み立てます。下手なビルダーが バーナーで炙り過ぎると 良くないです。 作る人を選びます。
アルミは、柔らかい 重いので 好みません(マウンテンバイクなどには、良いかも)
一番良いのは、カーボンパイプの フレームです。 それなりのカーボンフレームなら 撓みが絶妙
乗り心地良く 足に来ません 一番軽く 楽に乗れるのが カーボンです。
値段が高価ですが それ相当の価値が有ります。

サスペンション付きは、まず
サスペンションによる 重量増が 問題 サスペンションとしての機能が 合っているか 微調整できるかで 使えるか 付かないかが決まります。
乗る人の 体重でも設定が変わりますので 自転車用サスペンションが 何処を狙って 選定されたものかを見極め 試乗し 自分に合うかを 確認した方が良いでしょう
また 細かな相談や調整をしてもらえる ショップでの購入を お勧めします。
未経験、素人、詳しくなければ、何件も ショップをめぐり 相談
一番 自分に合う店で 購入する事
自転車自体より ショップの アフターが重要です。
元 選手が開いたショップだから 良いとい事も有りません 
安いけど 腕がないのも 困りもの ですね! スポークホイール組めない ショップも意外と多いんですよ。

アルミで クロモリ同等の 強度を持たせようと すると 太く厚いパイプになり 結果 フレームは
重くなる傾向が有ります アルミ材質にもよりますが 粗悪安価なアルミ材ですと柔らかく 重くなって結果 乗り難いものになります。

クロモリと言っても 種類があると思います 
最近のパイプは 詳しくないですが
昔 石渡 022というのが 一般的で ロードですと019という軽量パイプを使用します
超軽量を狙い 017(コロンバスSLX相当かな?)という 薄いパイプも有りましたが 転倒すると ...続きを読む

Q型落ち品のロードバイクを売っているサイトを教えてください

型落ち品のロードバイクを探しています。 


型落ち品お売っているサイトを教えてください。

Aベストアンサー

http://www.cycle-yoshida.com/

特価自転車コーナーは型落ちがけっこうありますよ

Qカーボンフレームを破損したご経験ありますか?

こんばんは
フルカーボンフレームを使用している者です。通常の走行でならば、ほとんどフレームが損傷することはないと認識しながら乗っておりますが、もし、損傷するとすればどのようなときなのか気になります。
現在、フルカーボンへの買い替えを考えておられる多くの方も、悩んでおられるところと思います。
カーボンの破損を経験された方、どのような状況で、どのように破損したのか、教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

TCR Compositで練習中の落車でフォークを折りました。買って半年でしたから、走行は5000Km前後だと思います。

下り坂で一番スピードが乗ったところで、工事路面の縦の継ぎ目にちょうど前輪が嵌ってそのまま落車、パンツは破れ脇腹から血を流した状態で押して帰りました(悲しかった)。ヘルメットは、側頭から落ちたので真っ二つでした(被っていなかったら、今頃は写真になっていたでしょう)。偶々、後から車が来ていなかったのもラッキーでした。フォークが折れたのは前輪が挟まっていたためでしょう。

ヘッドの方までは被害が及んでおらず、フォークとホイールの交換だけですみました(10万越えましたが)。また、左から落ちたので、ドライブトレーンは無傷でした。あと、Polarのコンピュータがどこかにふっ飛んで蒸発しましたね。
まあ、落車の状況から、アルミでもクロモリでもフォークは駄目になっていたでしょうから、カーボンだったことは被害額以外は変わりないと思います。

Qカーボン製ロードバイクは何キロで寿命?

一般的にカーボン製のロードバイクのフレームは、何キロくらい走ったら寿命になるのでしょうか?
ご回答頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

ツールドフランス等に出場する一流選手は、1万キロで交換するようです。しかし、プロの乗り潰した自転車は、関係者に配られたり20万円程度で売られるそうですから全く乗れないわけではないと思います。

衝撃力は速度の二乗倍に比例しますから、プロの平均時速が45km/hで一般人が25km/hと仮定しますと、約3.5倍、つまり3~4万kmは当初のスペックを発揮できることになります。年間走行距離が5000km程度の人は、年数で6~7年後でも当初の品質とさして変わらない計算になります。一般の人は10年程度は大丈夫なのではないかと推測しています。

しかし、スプロケ・ギア・チェーン等のコンポの寿命は持たせて2年ほどで、他のコンポも消耗品ですから、コンポをグレードアップし続けないと10年乗り続けるのは嫌になると思います。10年以上乗れる人は、快適性と物欲を捨てた仙人の様な人のお話と思います。

Qカーボンフレームの経年劣化について

カーボンフレームは、他の素材に比べて寿命が長いと言われていますが
疑問があるので質問します。

1,樹脂の経年劣化は大丈夫か?
自転車のカーボンは、炭素繊維をエポキシ樹脂に浸して
焼き固めた物だと思うのですが、炭素繊維は経年劣化しないとしても
樹脂の方は大丈夫でしょうか?
プラスチックは5年で経年劣化による交換とか言われますが・・・・

2,紫外線での劣化について
紫外線でカーボンが劣化するという話がありますが、
塗装してあるフレームでも、紫外線は影響するのでしょうか?
(屋内で直射日光に当てずに保管すれば大丈夫?)

3,衝撃による疲労について
これは、他の素材より劣化が少ないってことでよさげ?でしょうか

Aベストアンサー

1、ドライカーボンは焼成する際に余分な樹脂が飛びますので、樹脂の劣化はほとんど考慮しなくてもいいそうです。

2、よっぽど変なメーカーのものでもない限り、通常カーボンパーツは紫外線防止コーティングがなされているそうですので心配ありません。もちろん屋内で直射日光が当たらないようにしているなら理想的な保管方法といえます。

3、カーボンは規定以下の衝撃ではクロモリやアルミなど足元にも及ばないほどの性能を発揮し疲労はほとんど進行しないそうですが、いったん規定以上の衝撃が加わると繊維が断裂して即修復不可能になるというシビアな素材でもあります。立てかけていてうっかり倒した先にコンクリのブロックがあって、その角にトップチューブをぶつけた…というだけでパーになる可能性のある素材です。クロモリとかならそんなときでも少しヘコむだけですみますので、だましだまし使えますけど。個人的な意見としては、競技のみに使用するならカーボン。町乗りも普通にするのならクロモリやアルミをおすすめしますね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報