歴史苦手なんで自信ないですけど、おだのぶながって小田信長じゃなかったんですか?
今までずっと小田信長と思ってたんですけど・・・。

検索したら小田信長と織田信長は別人って書いてました。
これって本当ですか??
でも僕が小学校の時、図書館で見た本で小田信長って書いてた気もします。オルゴール作る時も小田信長って書いたし、先生も何も言いませんでした。
下でも小田信長って書いてます。
http://www.ushiq.net/~ushikujyou/main06.htm

おかしーなー。(*゜ρ゜) ボー

途中から代わったりしました?
昔から織田信長でした?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

「織田信長」ですよ。


参考に書かれた『牛久城』のサイトを見ましたが、牛久城に関係ある『小田家』のことが詳しく書かれていますね。
(戦国武将、というコーナーです)
このページを作った方が、「小田、小田・・・」とたくさん書いているうちに変換ミスをしたのだと思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どうやらそのようですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/29 23:28

やっぱり、「織田信長」でしょう。



先の方が言われている通り、「織田」だと思いますよ。
ちょっと話がずれますが、福井県には「織田氏」の発祥地と言われている「織田町」と言う町があります。
(この町は「織田」と書きますが、「おだ」ではなくて「おた」と読むそうですが…)

あんまり関係なくてすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうやら僕が今まで間違ってたようです。
質問しててよかったです。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/29 23:30

おもしろそうだったので、小田信長で検索してみると


織田信長を小田信長と誤記(変換ミスかも)されてる方の
多いことにビックリしました

岐阜の織田氏は、平資盛の末裔と云われています

信長の父は織田信秀(尾張守護代織田氏の分家)です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんです、たくさんあったんです。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/29 23:29

織田信長ですよぉ、ずっと。



同級生に小田信長さんがいたとか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

同級生にはいません。この記憶はなんだったんだろう・・・。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/27 23:51

戦国武将の信長は織田信長で間違いありません。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか。んー、今まで恥かいてたのかな。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/27 23:50

織田信長でした。



面白いサイトを見つけました

参考URL:http://members.jcom.home.ne.jp/iryoku/ara/arara1 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそく見ます。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/27 23:48

昔から"織田信長"だったはずです。


図書館で見た本は、何という本だったのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

昔なんで何の本だった覚えてないけど、オルゴール作る時に本見て書いたから、そのオルゴールには小田信長と書いてて今も持ってるんで本にも書いてたはずだと思うんです。
勘違いなのかな~・・・。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/27 23:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q織田信長の舞について

織田信長の人間五十年なんとかにぃくらぶればーという唄ではじまる舞の名前はなんというのでしょうか?確か敦盛だったと思うのですが・・・。その舞は誰かに習うことやビデオなど入手する方法なんかはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

舞の名前自体は敦盛で間違い有りません。
習うことや、ビデオについては分かりませんでした。
申し訳ない・・・。

参考URL:http://www.page.sannet.ne.jp/yagami/koten/astumori.htm

Q織田信長のことについて教えてください。

実はレポートでなんですが、織田信長の戦いの戦略方法、何故織田信長があそこまで昇りつめられたのか。そして織田信長の本能寺についてのこと。すごく抽象的でごめんなさい。もしよろしければ回答の方よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

私もfishbowl66さんと同じで昔、或る人と織田信長の件で議論をした事を思い出して回答してみますが私の独断と偏見ですから参考にはならないと思いますが。
織田信長の戦略は若いときには美濃を攻略するまでに10回以上も兵を出し長良川に阻まれて悉く敗戦若しくは引き分け。
恐らくその時に自然を味方につける方法を身につけたのではないでしょうか。
その代表例は桶狭間(今川義元は暗君ではなく文武に優れた名将)の合戦で今川勢の大軍(軍の員数、装備)がどの道を通り何所で野営を、昼食を全てを情報により掌握しており、恐らく今川軍の通る地形等は織田信長は実際に偵察していたのではないでしょうか。
天候については小さい時から身につけていたと思いますよ。
自分の目で確かめ、自分で経験し、自分で情報を収集したから重臣と軍儀する事なく合戦の場を決めていたと思います。
その後の代表的な戦は北陸の勇の朝倉、浅井連合軍に加担した叡山の焼き討ちですが当時の武将は寺院を保護することはしても戦略的見地から焼き討ちなど考える武将などは無かったが信長は純粋に戦略的見地に組込(懐柔策も試みたと思います)み一挙に殲滅しなければ常に消耗戦に陥りまかり間違えば自分の身も危なく、当時の寺院は兵糧と財貨の山で一石二鳥を狙ったと思います。
織田信長の戦略は自分の目で確かめた事、戦いに勝つ為には自分の軍勢とを合わせて最短距離が計算でき、計算して勝てない相手には辞を低くした天才的なワンマンアミ-でしょう。
それの表れが武将とは戦に勝つのが武将で教養、名門等何の値打ちも無いので極端に言えば武に優れていれば誰でもよく家来にした事が人材が集まり最強の軍団に育てた原因でしょう。その表れは京極家と戦ったときに京極家の支城を守った蒲生家にはお咎め無しに家臣に組み込む。
それと戦は金なりを肌身で知っていたので金を得る為に楽市、楽座を設けて戦に勝つためには人、物(制度)、金、権威を利用した戦を知る武将でしょう。
何故あそこまでに昇りつめたのは天下武布の志の高さにあると思います。
恐らくこの志は多感な青春期に人身売買及び奴隷のような奴婢あらゆる世間の矛盾を見聞きし正義感の表れではないでしょうか。
織田信長は鬼神と言われていますが女性には優しく庶民を最も愛した慈父だと思いますよ。
本能寺の変については天下武布の目処がつき人生の絶頂期で同じ頃、四国の長曽我部元親に四国安堵の朱印状を反故にした時期で家臣は道具で道具の反乱等思いも寄らぬ油断でしょう。

私もfishbowl66さんと同じで昔、或る人と織田信長の件で議論をした事を思い出して回答してみますが私の独断と偏見ですから参考にはならないと思いますが。
織田信長の戦略は若いときには美濃を攻略するまでに10回以上も兵を出し長良川に阻まれて悉く敗戦若しくは引き分け。
恐らくその時に自然を味方につける方法を身につけたのではないでしょうか。
その代表例は桶狭間(今川義元は暗君ではなく文武に優れた名将)の合戦で今川勢の大軍(軍の員数、装備)がどの道を通り何所で野営を、昼食を全てを情報により掌握...続きを読む

Q織田信長のことで教えてください!大至急お願いします!

今、ある歴史漫画を読んでいるんですが、そのことで聞きたいことがあります。
パソコンで調べたんですが、どうも調べ方が悪いのか分かりません。

そこで皆さんに質問があります!
1、桶狭間の戦いで、今川軍とたたかったとき、徳川家康は人質になっていたんですか?
2、桶狭間の戦いで、今川軍に豊臣秀吉が、今川義元に酒を出して油断させたのは本当ですか?
3、徳川家康は桶狭間の戦いの後、「家来」になったんですか?

Aベストアンサー

1、桶狭間の戦いで、今川軍とたたかったとき、徳川家康は人質になっていたんですか?
3、徳川家康は桶狭間の戦いの後、「家来」になったんですか?

大軍を率いて京都を目指した今川家の今川義元が、桶狭間の地で織田信長の急襲に合い戦死。
今川軍は壊滅して遠江に撤退し、そのまま大混乱に陥ったのです。
この時、松平元康(徳川家康)の率いる三河の軍勢は、今川軍の一部隊として活動をしていましたが、今川義元の戦死の報告を受けて拠点である三河の岡崎城に帰還。そのまま 今川家 から独立する事となります。
その後、松平元康 は 織田信長 と同盟を結び、この頃に名前を 「徳川家康」 に改めます。この織田家と徳川家の同盟は後世 「清洲同盟」 と呼ばれています。

2、桶狭間の戦いで、今川軍に豊臣秀吉が、今川義元に酒を出して油断させたのは本当ですか?

そりゃ、うそです。

Q織田信長と豊臣秀吉の悪い点と徳川家康の良い点を教えてください!!

織田信長と豊臣秀吉の悪い点と徳川家康の良い点を教えてください!!

Aベストアンサー

信長の悪いところは過激過ぎたこと、と
部下の心根を理解しようとしなかったこと
です。
だから、暗殺されたのです。

秀吉は、せっかく手にした天下を長続き
させられなかったことです。
そういう体制を創れなかったこと。

家康は、忍耐強いこと、いざというときには
命がけになれることが、良い点です。

関ヶ原では、秀頼はとうとう戦場に来ません
でしたが、家康は身体を張って戦場に乗り込んで
殺されそうになっています。

Q小田実の著書『何でも見てやろう』の中で...

小田実さんの著書で、『何でも見てやろう(ISBN4-06-131583-8)』というのがあります。
その中(第26刷)の218ページに、ブロードウェイの演劇で、早川雪洲氏主演の『KATAKI』という劇のことが書かれていますが、この物語の原著、もしくは日本語訳の書籍は存在するのでしょうか。

物語の内容は、戦争中南海の孤島にひとり生きていた日本人兵士のもとにアメリカ人飛行士が空から降り立ち、それから二人の奇妙な漂流生活が始まり、友情が芽生える...といったような内容らしいです。

Aベストアンサー

回答ではないのですが

三船敏郎とリー・マービン主演で「太平洋の地獄」(1964)という映画があります。
この映画がそのあらすじにピタリとはまるのでちょっと調べてみたのですが、どうやら映画以前に早川雪洲主演でTVドラマ化(もちろん米国で)されているようです。

原作についてはわかりませんでした。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報