フランスといえばパリと言われるくらい パリにはフランスの文化が集約されていていますよね。私もフランスには1度行ったことがあるんですが、パリとその近郊を見物して フランスの香りを満喫して帰ってきました。しかし、フランスにはパリだけでは語れない その他の魅力のあるスポットも沢山あると思います。今度フランスに行くときには是非 パリ以外の地方を回ってみたいと思います。特に関心があるのはリヨン、モンペリエ、リールなどの都市です。
そこで、フランスのパリ以外の お勧めのスポットがありましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ワインがお好きならフランス東部にあるアルザスはいかがでしょうか?


パリに20年以上住んでいる親戚が以前会社の社員旅行でアルザスに行ってきたと言っていました。ワインのテイスティングをしまくり、食事もおいしくて、大満足だったようです。
パリのような都会とはまた違った楽しみがありそうですね。

参考URL:http://www.tourisme-alsace.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

メルシー・ボークー!

アルザスもいいですね。あそこは歴史的にドイツに占領されたことがありますからドイツの雰囲気が色濃く残っていますよね。私もアルザスワインは飲んだことがありますが、ドイツワインよりも好きです。アルザス料理って きっとドイツ料理の素朴さにフランス料理の洗練さをプラスしたような感じで美味しそうです。

お礼日時:2003/10/28 17:33

南には行ったことがないのですが、わたしが行った場所の中ではモンサンミッシェルが一番印象的でした。



モンサンミッシェルで味わえるのは「孤絶感」です。
たしかに一大観光地ですから人は大勢いるし、かなり賑やかなのですが、ひとたび人に背を向けて外を眺めると「こんなところで祈りに身を捧げた人たちは」と思わずにはいられませんでした。
天辺の修道院は堅固にそびえ、内部の暗さは当時を想像するに容易です。わたしが行った時は空の色と砂の色が溶け合うような天気で、遠くを見ても砂と水の細い筋以外見えるものはありません。
嵐の時はどうだっただろう。沈黙のうちに暮らした修道士たちはここで本当に神を信じられたのだろうか。
……かなりセンティメンタリズムにはまりこみました。

フランスって地図でみているよりも広いので、パリなどから行くのはかなりかかります。わたしはもっと遠いトゥールから電車で行ったので近場で一泊しました。それでも翌日のバスの時間や、別な場所に移動することを考えると、モンサンミッシェルまで行って泊まるべきだったと思いました。
モンサンミッシェルへ行くまでの道も良かったので、今度は車で来たいなと思ったことを覚えています。

他に行ったことがあるのはナンシーとトゥールなのですが、どちらも良かったですよ。
ナンシーはヌーボー(しかしわたしは美術館が休みの日に当たってしまって、見られませんでした。口惜しいのでヌーボー建築を見て来ました)、トゥールはお城ですね。
特にアンボワーズ城の近くにあるクロ・リュセはレオナルド・ダ・ヴィンチの住まいだったところで、小さいけれどもなかなか見ごたえのあるところでした。

南フランスにも行ってみたいなー。
とりあえずアルルですね、わたしは。ゴッホだし、古代劇場もあるし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

モンサンミッシェルは確かブルターニュ地方にあるんでしたよね。んんん。ブルターニュ地方はフランスでは若干異色の地なので面白そうですね。

お礼日時:2003/10/28 05:00

パリ以外だったら、リヨンのほかには、ニースでしょうか。


あと「プロバンス」という地方は、日本でいう軽井沢みたいなところなんでしょうか。

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=524183

ご参考まで。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=524183
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

リヨンはパリほど観光地ではありませんが、コロセアムとマリオネットは是非 見てみたいです。それと、リヨンは美食の町としても名高いので おいしいフランス料理を食べてみたいですね。それから、ローヌ川のほとりを散策するのも セーヌ川とはまた違う魅力もあると思います。
南仏ではマルセーユには それほど魅力を感じません。
フランス第2の都市といわれる割には雑然として これといって何もないそうですね。ニースがありましたね。でも、私個人的には モンペリエなんですよ。ラングドック地方の中心地ですから ある意味パリとは対峙的な関係もあると思いますので。

お礼日時:2003/10/28 00:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q初パリ旅行☆話題のオススメカフェが知りたいです!

新婚旅行で初パリにいきます。自由行動ができるのが1日しかありませんが、その1日でパリ市内カフェ巡りをしようと思っています。今話題になっている食べものや、おすすめのカフェなどを教えて下さい!

宿泊ホテル:ノボテルトゥールエッフェル
 最寄り駅:地下鉄6号線Bir-Hakeim駅から徒歩5分

上記ホテルに泊まるので、簡単な行き方など記載して頂けると助かります。また上記ホテル周辺でお洒落なカフェなどあれば、そちらの情報も頂けると幸いです。

Aベストアンサー

Saint Germein de Presの教会の前の角にあるCafe Deux Magotsは老舗でたいていのガイドブックに紹介されています。私はParisに行く時はいつもここに行っていますが、先々月の末に行ったら改装工事中でした。確か12月には新装すると書いてあったような気がします。ここから50mほど西側、これも角地にありますがCafe de Flore ここは先ほど書きましたようにDeux Magotsに入れなかったので、初めて入りました。このカフェもガイドブックに紹介されていると思います。コーヒーと一緒に頼んだリンゴのタルトは絶品でした。サービスしている人たちのグレードはともにそれなりの高さだと思います。もともとこのあたりの地域はリヴゴウシュ(パリ左岸)カルチェラタンの中心でもあり、今は薄らいでしまいましたが、サルトルやボーボワールなどが日常生活を営んでいた知的雰囲気の漂っていた地域でしたのでその残り香でも吸いに行こうかと思い、行きだしたのですが、オペラ座のあたりとはまた違った空気が感ぜられると思います。
BIR-HAKELMからは6号線NATION行きに乗り2つ目のLA MOTTE PICQUET GRENELLEで10号線GARE D'AUSTERITZ行きに乗り換えて5つ目MABILLON下車です。SAINT GERMAIN DES PRESの駅もありますがBIR-HAKELMからですとこのルートが良いかと思います。MABILLONからSAINT GERMAIN教会まではすぐです。

Saint Germein de Presの教会の前の角にあるCafe Deux Magotsは老舗でたいていのガイドブックに紹介されています。私はParisに行く時はいつもここに行っていますが、先々月の末に行ったら改装工事中でした。確か12月には新装すると書いてあったような気がします。ここから50mほど西側、これも角地にありますがCafe de Flore ここは先ほど書きましたようにDeux Magotsに入れなかったので、初めて入りました。このカフェもガイドブックに紹介されていると思います。コーヒーと一緒に頼んだリンゴのタルトは絶品で...続きを読む

Qフランス旅行(リヨンかマルセイユ)について

随分、先の話なのですが今年の夏休みにフランス旅行を
計画しています。

数箇所の都市滞在を検討しているのですが日程的な問題からリヨンかマルセイユはどちらかにしか滞在できません。
一応、自分でもガイドブックを参考に検討したのですが
どちらも大変、良さそうで決めかねています。

そこで、皆さんだったらどちらに行かれますでしょうか?
(その他の訪問予定地は、パリ・ニース・モンサンミッシェルです。)

又、ホテルやレストラン・観光スポットなどのお勧めがありましたら是非、教えて頂きたいと思います。

ちなみに旅行は個人手配での旅行で女2人での旅行です。

Aベストアンサー

こんにちは。
夏休みにフランス旅行ということですが、特に8月ですと向こうの人のバカンスシーズンです。
フランス国内の人の移動というより、ドイツなどからも南へ南へと車で移動します。ニースはもちろん混んでいますし、マルセイユも(バカンス地というか港町ですが、)たしかにハイシーズンと考えられます。
その分、パリやリヨンは人がいなくなり少し寂しくなります。観光客はいます。リヨンの空港から中心街へ向かうときに、見渡す限りのひまわり畑くらいは味わえると思います。
リヨンは以前はバス一日乗り放題のチケットがあったので、(もしあったら)それを買ってバスでブラブラするのもいいでしょう。
パリやリヨンで8月にあいている観光客向けのレストランは期待できません。

リヨンかマルセイユかと聞かれれば、リヨンですね。
旧市街の町並みは好きです。
マルセイユでは港沿いの朝市見ても、魚を買うわけにもいきませんし。

車でしたら、私もプロバンスの小さい町の方がおすすめです。

Qパリ市内のお勧めカフェ

近々パリ市内への旅行を計画しています。そこで、「ここはお勧めです!」というカフェをご存知の方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

「カフェ」がよろしいんですね?オープンタイプの、典型的なパリのカフェ、のことですね?私はサロン・ド・テ派なので、素敵なサロン・ド・テならいくつか知っているのですが、ご質問に添って「カフェ」ということで回答致します。

パリでの滞在日数にもよりますが、初めてのパリ旅行であれば、以下の周辺を観光されると思います。それぞれの地区でお薦めのカフェをご紹介します。

1.シャンゼリゼ地区:

(1)どこのカフェも似たり寄ったりです。No.1で回答されているのは「Fouquets」(フーケ)のことですが、ここも数年前Barrier家が買い取って改装して以来、雰囲気はパリというより、スノッブな高級カフェに堕しています。

場所も交通が激しい交差点に位置し、ゆっくりお茶できる雰囲気ではありません。

(2)車がお好きなら「ルノーカフェ」もお薦めです。オープンカフェではありませんが、ガラス窓からシャンゼリゼが見えて、車を見ながらの面白いカフェです。

(3)店の雰囲気がいいのは「ラデュレ」ですが、オープンカフェではなく、どちらかというとサロン・ド・テに分類されます。英国調の豪奢な内装が人気です。

なお、この有名なサロン・ド・テは、日本からの熱烈な出店ラブコールに頑なに拒否し続けている頑固な老舗で、それが却って旅行者の人気を煽っています。ちなみに、ここのマカロンは定評があり、お土産の定番です。(ギャラリーラファイエットや、マドレーヌ寺院近くにも支店のカフェがあります。)

2.サン・ジェルマン地区:

(1)初めてのパリ旅行なら一度は「カフェ・ドゥ・マゴ」に行かれるといいでしょう。有名なカフェですが、パリらしさが残る雰囲気のいいカフェです。

(2)その奥にある「カフェ・ボナパルト」も、この地区の住人など、慣れた人に愛用されているカフェです。

(3)同じ通りにある「カフェ・フロール」も「ドゥ・マゴ」同様有名ですが、人によっては、こちらの方が好きという人もいます。

(4)サン・シュルピス教会の前にあるカフェも、教会前の広場を眺めながらゆったりした時間を過ごせます。

3.リュクサンブール公園

(1)公園内に併設しているカフェもいいです。

(2)公園を出たところに幾つかカフェがありますが、どこも似たり寄ったりです。

4.マレ地区:

(1)ボージュ広場を回廊が取り囲んでいますが、その回廊に幾つかカフェがあります。どこも似たり寄ったりですが、ボージュ広場を見ながらゆったりした時を過ごせます。

(2)日本でも有名な「マリアージュ・フレール」もありますが、ここはオープンカフェではなく、サロン・ド・テにあたります。いつも観光客で賑わっており、日本人も必ずいます。

(3)このマリアージュ・フレールの近くに小さな広場があり、そこにカフェが沢山あり、木々が木陰を落とす都会の静かな一角で人気があります。

5.ルーブル美術館:

(1)ルーブルの中庭にあるカフェで、ピラミッドの入り口に向って左に「カフェマルリー」があります。ルーブルの中庭を見ながらゆったりした空間があるので、美術館めぐりに疲れた足を癒してくれます。

(2)地下の商店街にもカフェが幾つかありますが、どれも似たり寄ったりです。

6.マドレーヌ寺院:

(1)ロワイヤル通り(rue Royal)のシャネルの脇に、歩行者専用のパサージュがあり、そこにある「フローレス」というカフェもお薦めです。キッシュ類も美味しいです。

(2)他にもフォーション、ラデュレなどがありますが、どれもおなじみです。

7.オペラ:

(1)「カフェ・ド・ラペ」も有名ですが、観光客が多く「高い」です。

(2)この界隈は「スタバ=スターバックスカフェ」が林立していますので、気軽にちょっとした足休めなら便利です。

(3)プランタン本館の最上階にある「ブラッスリ-・フロ」も一度は行かれるといいでしょう。ステンドグラスの巨大なアーチ上の屋根が必見です。

(4)プランタンメゾン館の最上階にあるカフェ「パノラマカフェ?」も野外カフェでパリが一望できます。カジュアルなカフェです。

などなど、、、、あまり書いてもきりがないので、また、個人の嗜好の差もありますから、観光プランの参考にされて下さい。

安全に気をつけられて楽しいパリ旅行をご満喫下さい。

はじめまして。

「カフェ」がよろしいんですね?オープンタイプの、典型的なパリのカフェ、のことですね?私はサロン・ド・テ派なので、素敵なサロン・ド・テならいくつか知っているのですが、ご質問に添って「カフェ」ということで回答致します。

パリでの滞在日数にもよりますが、初めてのパリ旅行であれば、以下の周辺を観光されると思います。それぞれの地区でお薦めのカフェをご紹介します。

1.シャンゼリゼ地区:

(1)どこのカフェも似たり寄ったりです。No.1で回答されているのは「Fouquet...続きを読む

Qフランス・パリの給料。

先日、2週間ほどパリに滞在したのですが、食事の値段が、
レストラン     11ユーロ、
ファーストフード   6ユーロ、
と日本と較べると、1.5倍から2倍くらいの設定になってます。
家賃や日常品等の生活に必要な最低限のお金も、日本に較べると、1.5倍から2倍くらいの設定になってます。
逆に、芸術関係は、日本よりもかなり安いと思います。

そこで質問なのですが、パリでの時給や給料といったものはいくらくらいなのでしょうか?ファーストフードやレストラン、または、銀行員や学芸員といった方の給料をご存知の方お願いします。

Aベストアンサー

大変広範囲に及ぶことなので
個々の職業での給料は下記サイトで直接検索をしてみると良いでしょう。http://www.cadresonline.com/recherche_emploi.php

因みに、簡単な仕事(バイト等)の時給は、フランスにはSMIC(スライド制最低賃金)があり、現行一時間当たり最低8,03ユーロです。週39時間だと約313ユーロ。35時間だた約281ユーロです。

無論この賃金は18歳以上に適応でもし高校生等の17歳以下なら上記の8割、17から18歳なら上記の9割と決まっております。

この賃金のレベルを知るとご提示いただいているレストランやファーストフードの食事の価格水準がどのようなものかご理解頂け、多少なりとも、疑問は解決されることを信じます。

Qパリ、カフェの角砂糖!!探してます!!

パリのカフェなどで見かける、店名入り角砂糖を日本で作れる業者様を教えてください!!カフェ新規オープンの為急いでおります!!かなりの規模の店なので、ご検討願える問屋様もおまちいたしております!!

Aベストアンサー

タウンページで「砂糖卸」で検索すると沢山ヒットするので問い合わせしてみては
http://www.google.com/search?hl=ja&q=%E7%A0%82%E7%B3%96%E5%8D%B8&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=


業務用砂糖の卸
http://www.tabaki.com/sugar/contact_sugar.htm

Qフランス(パリ)のおすすめガイドブック

今度一週間フランスに行くことになりました!
そこでいろいろ下調べなどをしようとしているのですが、はじめての海外旅行でどの本がわかりやすいのか迷っています。
おすすめのガイドブックがあれば教えて下さい!
またガイドブック以外でも「こういうことを事前に調べたほうがいいよ!」というのがあれば是非

Aベストアンサー

こんばんは。
仕事絡めて年に1,2回パリに行きます。

ayumu0102さんが、どういう旅行にするかによって、ガイドの内容も変わるかと思いますが…

以前はガイドブックを見てましたが、大体似たようなものなのと、情報が古い場合があるので、
最近はフィガロやシュプールの年に1,2度やるパリ特集などを使うことが多いです。
↓バックナンバー発見できます。
http://dpm.s-woman.net/spur/200603/index.html
http://www.hankyu-com.co.jp/FIGARO/
ファッション系&レストランの地図つきの最新情報がでてます。

suzuranranさんの紹介されてる「ふらつー」も使えますよ。

もうひとつ、パリスムーズというサイトを紹介しておきます。ホテルの予約から、ルート検索までできます。

さらっと見てみて、興味のあることに的を絞って、どういう旅行にするか決めたら、

ネット検索するほうが、最近は色んな情報が得られるかもしれませんね。

ガイドブックで昔愛用してたのは、JTBひとりあるきシリーズなんですが、ちょっと検索かけてみましたが、なんだか今はもうないみたいです。
お役に立てなくて。。

参考URL:http://www.parissmooz.com/

こんばんは。
仕事絡めて年に1,2回パリに行きます。

ayumu0102さんが、どういう旅行にするかによって、ガイドの内容も変わるかと思いますが…

以前はガイドブックを見てましたが、大体似たようなものなのと、情報が古い場合があるので、
最近はフィガロやシュプールの年に1,2度やるパリ特集などを使うことが多いです。
↓バックナンバー発見できます。
http://dpm.s-woman.net/spur/200603/index.html
http://www.hankyu-com.co.jp/FIGARO/
ファッション系&レストランの地図つきの最新情報がでてます...続きを読む

Qパリのカフェでバゲットにハムやセロリなどを…

パリのカフェでバゲットにハムや野菜などをサンドしたサンドイッチを、何と呼ぶのでしょうか?
いろいろの呼び方があるようで、定かではありません。
お教え下さい。

Aベストアンサー

 大方はスライスハムとレタスですが、挟んである具がその他のなんであれ、現地の仲間たちは「ジャンボン・ドゥ・パリ(Jambon de Paris)」と言っていました。

 なぜ「パリのハム」という呼び名になったのかは知りませんし、さらに本当の呼び名があるのかどうかまでは知りませんが、とりあえずお答えします・・・。

 

Qフランス パリの地図(ネット上)で 日本語もしくは 英語表記のものありますか?

検索してみましたが、
フランス全土の地図しかヒットしませんでした。

シャンゼリゼ通りから
コンコルドラファイエットまでの
間にあった、おいしいパン屋さんの
名前を知る目的でさがしていました。

Aベストアンサー

有名ならネット上の地図に出てるでしょうか。

フランス語で、記憶にひっかかる店名や業種名を、検索の左側にいれてみては?
あとは地図の上をツタって、歩いてみるとか。

参考URL:http://www.google.co.jp/maps?f=l&hl=ja&q=p%C3%A2tisserie&near=paris&ie=UTF8&om=1

Qパリの老舗カフェ

パリの老舗カフェについてくわしい方がいらっしゃいましたら、教えていただければと思います。
ホテルがオペラガルニエの近くなのですが、この近辺でいわゆる「老舗」のカフェでおすすめな店があるでしょうか。
また、サンジェルマンデプレにある「レドゥマゴ」や「カフェドフロール」へは徒歩で往復できますか?
地図を見た限りでは行けそうな気もしているのですが、実際の距離感がわからないので、ご存知の方がいらっしゃれば・・・
カフェに入った時のマナー等、知っておいた方が良いことがあれば合わせてお教えください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 またもや#1です。回答ひとつひとつに丁寧なお礼の言葉、とても嬉しいものです、有難うございます。
 大丈夫かなあ(笑).........って、大丈夫ですよ(笑)、相手だって普通の人間なんですから。

◎店に入ったら勝手に座らない方がいいのか・・・・
 レストランやキャフェレストランなどは基本的に案内されるのを待つものですし、普通のキャフェでもサル(店内のテーブル席)に座りたい場合は案内を待ったほうがいいでしょう。テラスやジンク(カウンター)は基本的に好きなところでいいのですが、お天気が良くてテラスが一杯という時には、大きなお店ならたぶん空席まで案内してくれるはずです。それじゃあそのあたり、実際にどうすればいいのか......、簡単です、店内に入ってちょっと立ち止まっていれば、案内されるのか、それとも案内なんかは元々ないのか、そんなことはすぐ分ります。

 キャフェレストランなどでしたら、キャフェのコーナーとレストランのコーナーが分かれている関係もあって、お食事ですかお飲み物ですかといった意味で「 Madame, c'est le repas, ou est elle probablement juste la boisson ?(う~む、正しいかどうか疑問)」みたいなことをベラベラと聞かれますが、これはかならずそんな意味で言っているのですから、喫茶だけなら、ただ cafe とでも言えば相手も分かってくれます。.....(注: cafe の e には上に(')が要るのですが、そうすると文字化けしてしまいますので、単に cafe としました)

◎支払いはお釣りがないようにした方がいいのか........
◎チップはどうするのか........
 お釣りは貰えますし、チップについてもあまり深刻に考える必要はありません。ただ、前にも書きましたが、まず計算書をよく見ましょう。
「prix de service include」だとか 「sejours de morceau etant inclus」みたいに、とにかく「含む」という意味を持つ「include」とか「inclus」といった単語が書かれていれば、それはチップ、つまりサービス料は既に含まれているという意味です。もちろんこの場合はそれ以上のチップを考える必要はありません。

 最近はこういう明朗会計のお店が増えましたたが、もし、そんなことが書かれていない場合には、ざっと10%ぐらいのチップは加算するのがこれまでの習慣です。
 ここでも心配は無用です。そこは上手くしたもので、こういうお店のエキスプレス(エスプレッソのこと、ブラックコーヒーという意味でキャフェ・ノワールと言ってもエキスプレスが出てくる)の場合は1.8Eとか2.7Eとかといった具合に、ざっと10%を加えると2.0Eとか3.0Eと切りのよい金額になるように出来ています。慣れてくるとこの微妙な金額を見ただけで、ハハア、チップが要るんだな.....と分るようにもなります。

 さてお釣りのことですが、たとえば、計算書には2.7Eと書いてあるのに、サービス料についてはなにも書かれていない、そして10Eの紙幣で支払いたい……と言う場合、これもとても簡単です。計算書と10E紙幣をボーイさんに差し出すと、彼は当然のことながら7.3E返そうとします。こんな場合はチップのことも考えて、7E分だけを取り上げ、0.3E分の小銭をそのまま残しておけばいいのです。相手もそれですぐ理解し、メルシーと受け取ります。

 ジンク(カウンター)の場合はもっと簡単です。銀行か郵便局て見かけるプラスチックのお皿、注文したものと一緒に、あれに計算書が入ったものが目の前に置かれます。何時でもいいんです、10E札をその中に入れておけば。
 やがてお皿の中身はお釣りの7.3Eに変わります。この中から7Eだけを取り出して、残りはそのままにしておきます。そのうちまたお皿の中の0.3Eは取り上げられ、空になったお皿は裏返しにされます。これで目出度く支払い済みとなります。
 交わす言葉もなく、こうした伝統的なシキタリが互いの理解に支えられて毎日繰り返される......、わたくしはそんな古めかしいパリが大好きなんです。

 それはともかく、なにをするにも、初めての経験ともなれば細かい不安はあるでしょう。でも、本番になってしまえば思っているよりもずっと簡単なものです。もしどうしても不安なら、由緒あるキャフェに行く前にホテルのすぐ近くの、いかにも気軽そうなキャフェのテラスに腰を下ろして、ボーイさんが来たら「エキスプレス」と元気よく注文して、それからあたりをじっくり観察するという手があります。実はかつてのわたくしもそうでした。

◎それから.........、
 キャフェ巡りをするとなると、そう何時も何時も、あの頭の芯が痛くなるようなエキスプレスばかり飲んでいるわけにも行かないでしょう。
カフェオレはキャフェ・オ・レェ(Cafe o lait)で通じるはずです。もちろん紅茶のテ・オ・レェもあります。そのほかではオレンジジュース、ジュ・ドュ・ロランジュというのがフランス語での言い方、なかなか発音が難しいですが、実はこんなふうに注文すると時としてファンタ・オレンジとかクーのようなジュースが出てくることがあります。本物の生ジュースならオランジュ・プレッセと言ったほうがいいでしょう。面白いのは、レモンはシトロン、パイナップルはアナナスと言うこと。あとはケーキでしょうか。ジュヴドレ・マンジェ・ルガトー(Je voudrais manger le gateau)つまりケーキを食べたいな.....と言う意味です。

 簡単なお食事として、サンドウィッチ、クロック・ムッシュ、クロック・マダムなどはほとんどそのままの発音で通じます。ただ、中身をジャンポン(ハム)とかツナとか選ぶことにはなります。
 本格的に食べようという時にはカルト(日本で言うメニュー)だとか壁や黒板に書かれたお品書きから一品ずつ選ぶア・ラ・カルトで行くか、あるいはムニュ・ドュ・ジュール、つまりその日のお勧めコースで行くか......といった選択になります。 

 とまあ、なんだかんだとさも難しそうに言いますが、基本は日本の喫茶店やレストランとさほど違うわけではないのです。大丈夫、ぜひ、時がひときわゆっくりと流れるパリのキャフェでのひと時をお楽しみください。

 またもや#1です。回答ひとつひとつに丁寧なお礼の言葉、とても嬉しいものです、有難うございます。
 大丈夫かなあ(笑).........って、大丈夫ですよ(笑)、相手だって普通の人間なんですから。

◎店に入ったら勝手に座らない方がいいのか・・・・
 レストランやキャフェレストランなどは基本的に案内されるのを待つものですし、普通のキャフェでもサル(店内のテーブル席)に座りたい場合は案内を待ったほうがいいでしょう。テラスやジンク(カウンター)は基本的に好きなところでいいのですが、お天気が...続きを読む

Qフランス:パリ旅行♪5/1のメーデーの様子

今年のゴールデンウィークに7日間の予定で初めてのパリ自由旅行に出かけます。
今年は5月1日は祝日(メーデー)と日曜日が重なるのですが、
お店や観光スポットなどの町の様子がわからずスケジュール計画もはかどりません。

★ちなみに旅の目的はフランス革命やナポレオン時代の歴史をたどるというものなので、
 ゆかりのスポットをあちこち訪ねる予定です。
 で、ついでにおいしいものを食べてかわいい雑貨が買えれば尚満足です♪

どなたかご存知の方がいらっしゃったら教えてください。

Aベストアンサー

いくつか案をあげてみましたので、好みによってご参考にしてください。

(1)今年のメーデーの具体的な情報はまだ入ってきていませんが、例年ですとエッフェル塔や凱旋門は開いています。ただご存知のとおりフランスを代表する超有名観光施設で普段でも混んでいるのに、他の施設がほとんど閉まっているとさらに混む可能性があります。

(2)教会は基本的に毎日開いていますし無料です。パリには数え切れないほどの教会があり、無料コンサートもよく行われています。ノートルダムとサクレクールを除いたらほとんど混みません。

(3)13区の中華街は日曜、祝日も営業しています。定番のベトナム春巻き(NEM)やベトナム麺を食べたり、アジアのスーパーで買い物も出来ます。

(4)お天気が良ければ、ブローニュやヴァンセンヌの森でのんびりすごす。

(5)思い切って遠出する。たとえば、モンサンミッシェルは例年年中無休で開いています。

(6)この際デモ行進を見学する。

ご参考になりましたでしょうか?


人気Q&Aランキング