酸やキレートで炭酸塩鉱物を溶かすことについて詳しく書かれている本または文献をご存じないでしょうか?

ヒントだけでも良いです.
どうか,よろしくお願いします.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

rei00 です。

補足拝見し御質問の意図はわかりましたが,すみません再度補足要求になりそうです。


「腐食した面をSEMで観察すれば,酸あるいはキレートのどちらでエッチングしたのかということぐらいはわかりそうな気がします.」との事ですが,

酸による処理も,キレ-ト剤による処理も,どちらも炭酸塩を溶かして溶液にするという意味では同じ処理です。

したがって,腐食した面をSEMで観察しても,どちらで処理したのかはわからないと思います。


ところで,キレ-ト剤による処理は実際に行われているのでしょうか?効果が弱いように思いますが,有効なのでしょうか?

また,どのような時に上記の「酸処理」と「キレ-ト剤処理」の区別が必要になるのでしょうか。

専門外の私の個人的興味で申し訳ありませんが,もしよろしければ教えて下さい。

この回答への補足

何か実験をしていて,「酸処理」と「キレ-ト剤処理」の区別が必要になったわけではないのです.
単に,茶飲み話から発展した疑問なんです.

どうもありがとうございました.

補足日時:2001/05/04 01:21
    • good
    • 0

どのような金属の炭酸塩で,どのような目的で溶かしたいのでしょうか。



一般論で極端な事を言いますと,
「炭酸よりも強い酸を加えると炭酸塩は加えた酸の塩になります。金属によって,新たな塩が溶けるかどうかは変わってきますので,無機化学の教科書などでお調べ下さい。」
となります。

金属の種類や溶解の目的がわかれば,もう少し具体的な回答が出来るかも知れません。補足下さい。

この回答への補足

MiJunさま,rei00さま,お早いレスありがとうございます.


私の質問の仕方が良くなかったですね.質問をかえてみます.

方解石またはあられ石を塩酸,酢酸,EDTA,EGTAのいずれかでエッチングするとします.腐食した面をSEMで観察すれば,酸あるいはキレートのどちらでエッチングしたのかということぐらいはわかりそうな気がします.そのことに関して詳しく書かれている本または文献をご存じないでしょうか?

よろしくお願いします.

補足日時:2001/04/28 14:08
    • good
    • 0

最終的に分離したい化合物(?)は何でしょうか?



直接的な回答ではありませんが、「炭酸塩鉱物」に関しては
http://research.kahaku.go.jp/geology/sakurai/car …
(炭酸塩鉱物)

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「未利用セピオライト資源有効利用のためのpH制御精製技術の研究」

さらに
http://lib1.nippon-foundation.or.jp/1996/0646/co …
(3.2 石英の抽出及び分析)
=================================
炭酸塩の溶解は、20%酢酸を200ml加え一晩放置した後、==============================
http://www.ep.sci.hokudai.ac.jp/~iijima/study/tr …
(Chemical Analyses)
=================================
炭酸塩のような無機炭素は、分析前に1規定の塩酸中に24時間試料を撹拌して除去した。
=================================

上述した鉱物の中でどれを用いるのか分かりませんが、
成分から炭酸アニオンを除くと、
Ca,Mg;Fe,Cu,Nn,Pb,Y
ですから、これらをキレート樹脂で処理したいのでしょうか?

あるいは「地球化学?」とか「鉱物化学?」とか「マイニング?」関係の成書をあたった方が速いかもしれませんね?

補足お願いします。

参考URL:http://www.aist.go.jp/NIRIN/Dept/cera-ou/genryou/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QSEM観察のための試料の大きさと切り出し方

アーク溶解にて作製した金属間化合物の試料をSEMで観察しようと思っています。
ここで質問なのですが、SEMで観察する際、試料の形や大きさはどれくらいが一番いいのでしょうか? なるべく薄いほうがよく、形状は直方体の方がいいのでしょうか?
EDSも使用しようと思うので、なるべく精度が高くなるような大きさにしたいと考えています。

試料はアーク溶解で作製しているのでバルク状であり、おおよその形と大きさは上から(裏側から)見ると楕円形で、長径25mm、短径20mm、横から見ると中央がぷっくら膨らんでいて、両端の厚みが5mmで中央になるにつれてだんだん厚みが増し、一番厚みのあるところで8mmほどです。(試料の適切な説明の仕方が思いつかず少しわかりにくいかもしれません)

また、先輩の論文を読むと、アーク溶解法にて作製した試料をSEMで観察する際、そのほとんどが、「ワイヤー放電加工にて切り出した」とあります。
ここで質問なのですが、アーク溶解で作製した試料の場合、試料を切り出す際、マイクロカッターを使って切り出すことはしない方がいいのでしょうか?
私が作製した試料のひとつは、大きさが小さく、試料がつかみにくいようで、ワイヤー放電加工するのには適していないのです。SEMでの観察で悪影響を与えるのならば、大きな試料を作成し直し、ワイヤー放電加工のできるものを作りなおした方がいいかなと考えています。

本来このような質問は指導教員や専門の人に直接聞くものだとは分かっているのですが、私の担当の方が現在出張中で、しばらく質問できる人がいなくて困っているという状況です。
わかる方いらっしゃいましたら解答よろしくお願いします。 

アーク溶解にて作製した金属間化合物の試料をSEMで観察しようと思っています。
ここで質問なのですが、SEMで観察する際、試料の形や大きさはどれくらいが一番いいのでしょうか? なるべく薄いほうがよく、形状は直方体の方がいいのでしょうか?
EDSも使用しようと思うので、なるべく精度が高くなるような大きさにしたいと考えています。

試料はアーク溶解で作製しているのでバルク状であり、おおよその形と大きさは上から(裏側から)見ると楕円形で、長径25mm、短径20mm、横から見ると中央がぷっくら膨らんでいて...続きを読む

Aベストアンサー

SEMは資料に照射した電子線が試料表面において衝突して発生する電子線やXせんをとらえるもので、

透過電顕(TEM)とは違って厚さを気にする必要はありません。しかし鏡筒の中に入り、ゴニオメーターに

安定して取り付けられる大きさでなければなりません。

試料をSEMで観察する際、「ワイヤー放電加工にて切り出した」のは試料にひずみや変形を与えないため

で、マイクロカッターを使うと固定するために多大な力を加えることになるのでそれを避けるためです。

もちろん観察すべき試料表面を傷つけるようなことは絶対に避けなければなりません。使用可能なワイヤ

ー放電加工機の状況を調べて、試し切りもやってみて大きさを考える必要があります。

Q4級アンモニウム塩やスルホン酸塩などの配位結合での塩は、どのくらい結合

4級アンモニウム塩やスルホン酸塩などの配位結合での塩は、どのくらい結合が安定なのでしょうか?

私はアミンとハロゲン化アルキルにて4級アンモニウム塩を合成しています。

アンモニウム塩が遠心分離などの強いエネルギーせん断により、解離してしまうことはありますか?

Aベストアンサー

配位結合というものを誤解なさっていませんか?
おまけ的結合ではありません。
共有結合と同じ結合です。
実際、NH4^+の4つのN-H結合は一切区別ができません。
アンモニウムイオンの成り立ちとしてはNH3に対してH^+が配位結合するというものですが、
結合したあとはほかのN-Hと等価なのです。

結合電子を1個ずつ提供するのか、片方の原子がすべて提供するかの違いです。

また、スルホン酸には成り立ち上、配位結合とされる結合がありません。

QSEMの試料作製

SEM(電子顕微鏡)の試料作製についてお伺いいたします。
現在チューブ状の試料についてSEMを用いて観察しています。
断面構造を観察する際、試料を液体窒素に浸し低温で固めてピンセットでつまみ力を加えて割ることで断面構造を表面に出しています。
しかし、今取り扱っている試料は、試料断面が汚く、きれいな断面を出せません。

きれいな断面を表すために、自分はこのようにやっている等、なにかアドバイスなどございましたらお願いします

Aベストアンサー

No.1さんと同意見で,樹脂に埋め込む方法を試してみてはいかがでしょうか.

劣化してボロボロになった材料を観察したりする場合,とても有効ですよ.

樹脂に種類がありますので,メーカーと相談するといいですね.身近な樹脂で代用しようとすると,硬化時の収縮が大きくて試験片が変形したり,樹脂からガスが発生してSEMを傷めたりします.

参考URL:http://www.okenshoji.co.jp/tech-resin.htm

Q~酸と~酸塩について

~酸と~酸塩の違いは何ですか?
例えば、
ケイ酸とケイ酸塩、ホウ酸とホウ酸塩
などです。
よろしくお願いいます。

Aベストアンサー

●中和反応:『酸と塩基が反応すると、塩と水ができる』
 非常に基本的な定義ですが、これは塩の定義とも取れますね。
 HA + BOH → AB + H2O
 酸    塩基   塩     水

● これを『塩』の立場から言うと、
 塩:『酸の陰イオンと塩基の陽イオンからできたもの。』,『酸と塩基から水が取れたもの』となります。
 ケイ酸塩・・・(メタ)ケイ酸H2SiO3の陰イオン(SiO3^2-)と塩基の陽イオン=金属イオンとの化合物,
同様に,
 ホウ酸塩・・・ホウ酸H3BO3からできる陰イオン(BO3^3-)と塩基の陽イオン(金属イオン)との化合物,

 このように酸の陰イオンが、いろいろな金属イオンと化合物を作るときに用いる『一般名称』と考えればよいということです。

QTHFからの揮発性試料の抽出

THFからの揮発性試料の抽出
水を含んだTHFから揮発性試料を取り出したいのですが、どのようにすればいいのかわかりません。沸点がかなり低い(120℃程度)なので、下手をすると蒸発してしまいます。いちどエーテルで十回抽出してみたのですが、ほとんど取り出せませんでした。どうしたらいいでしょうか。

Aベストアンサー

水を含んでいる量にもよりますし、その物質の量や物性にもよります。普通に考えれば硫酸ナトリウムとかで脱水した後に常圧で蒸留すれば良いと思いますけど。

ただ、エーテルで抽出したとありますが、だとすればTHFよりも水の方がかなり多いということでしょうか?そうなると話が違ってきます。

いずれにせよ、分離精製に関してはその物質の物性や量(あるいは濃度)を考慮しながら考えるべきであり、それにしては情報が少なすぎます。

Q塩と塩の液性(酸・塩基)

水に溶解させたときの塩の液性
強酸と強塩基からできた塩は中性
弱酸と弱塩基からできた塩は中性
強酸と弱塩基からできた塩は酸性
弱酸と強塩基からできた塩は塩基性
とあったんですが、「塩の液性」とあるのに、塩が塩基性だとか、酸性だとか
いうのはどういうことなのかわかりません。

これは液性のことをいってるのではなく、塩の性質のことをいってるので
しょうか・・・??
酸性塩でも液性は塩基性を示すものだってありますし、
混乱しています。

もうひとつ質問ですが、
CH3COONa + HCl → CH3COOH + NaCl
酢酸ナトリウムも塩酸も0.1mol/lずつです。
酢酸が加水分解しないのは、H+がHCl由来のものだからなのでしょうか。
しかし、Na2CO3 + HCl → NaHCO3 + NaCl
Na+ + HCO3- + H2O → H2CO3 + OH-
Na+がOH-と結合しないのが不思議なんですが・・・
Na+は強塩基由来ではないですよね?

酸塩基は混乱することがいっぱいで意味がわからなくなってきました。

水に溶解させたときの塩の液性
強酸と強塩基からできた塩は中性
弱酸と弱塩基からできた塩は中性
強酸と弱塩基からできた塩は酸性
弱酸と強塩基からできた塩は塩基性
とあったんですが、「塩の液性」とあるのに、塩が塩基性だとか、酸性だとか
いうのはどういうことなのかわかりません。

これは液性のことをいってるのではなく、塩の性質のことをいってるので
しょうか・・・??
酸性塩でも液性は塩基性を示すものだってありますし、
混乱しています。

もうひとつ質問ですが、
CH3COONa + HCl → ...続きを読む

Aベストアンサー

☆#2での質問に対する回答
>弱酸や弱塩基由来でもNa+もK+も反応せずイオンの
>ままずっと漂っていると捉えてもいいんですよね?
Yes。
>酢酸が加水分解しないのは、H+がHCl由来のものだから
>なのでしょうか。
加水分解っていう用語は『塩の加水分解』ということで塩に対して使うものであって酸とか塩基には使わないんではないかと思います(たぶん)。
だから酢酸が加水分解という言い方自体がおかしいと思います。
酢酸ナトリウム(あるいは酢酸イオン)が加水分解しないのはということだったら言葉としてありえると思います。
ルシャトリエの原理はご存知でしょうか?ご存知でなければその分野を見てしっかりと勉強して下さい。
水溶液中にH+が大量に存在すると
CH3COO- + H+ ⇔ CH3COOH
の平衡は右に偏ります。

CH3COONa + HCl → CH3COOH + NaCl
これは弱酸の遊離の反応ですね。

QSEM 試料の傾きと二次電子の量

SEMで、試料の傾斜が大きいと二次電子の量も増える、というような
説明がよくあると思います。

これについて、色々なサイトを見て勉強中です。

下記URLはKEYENCEのページですが、5ページ目(I-ii)を見ていただきますと
二次電子の傾斜角効果について載っています。

http://www.mm.kyushu-u.ac.jp/lab_02/Documents/SEM_basic.pdf

上段の3つの図について二点質問があります。

(1)水平・30度・60度の図で、それぞれ二次電子の飛び出す角度
(一次電子の矢印に対する角度)が違うのは何故か?
この角度の違いには意味があるのか?

(2)なぜ一次電子ビームの右側に飛び出す二次電子しか書いていないのか?
左側に飛び出す二次電子も図示すれば、水平の図と、60度の図とで
飛び出す二次電子の数は一緒になるのではないか?
(水平では右に5個・左に5個/60度では右に10個・左に0個)

また、試料の傾きと二次電子の量についてわかりやすく、正しく説明されている
サイト等ありましたら、教えていただけるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。

SEMで、試料の傾斜が大きいと二次電子の量も増える、というような
説明がよくあると思います。

これについて、色々なサイトを見て勉強中です。

下記URLはKEYENCEのページですが、5ページ目(I-ii)を見ていただきますと
二次電子の傾斜角効果について載っています。

http://www.mm.kyushu-u.ac.jp/lab_02/Documents/SEM_basic.pdf

上段の3つの図について二点質問があります。

(1)水平・30度・60度の図で、それぞれ二次電子の飛び出す角度
(一次電子の矢印に対する角度)が違うのは何故か?
この角度の違いに...続きを読む

Aベストアンサー

>ですので、30度や60度のものにも左側の二次電子を書き加えると、
>水平と比べて、二次電子の総数がそれぞれ大して違わないのではないか、というのが
>(2)の質問になります。

いや、だから水平の図で2個の2次電子が飛び出る図にするのなら、
「右上」と「右」でも何でもいいのですが、とにかく黄色いの1つにつき2個の2次電子が飛び出るような図を描かないと、#3の2番の条件が揃わないのですよ。
例えば、水平の図だと「右下」に飛んだ2次電子は試料から飛び出ないけど、60度の図であれば飛び出るという違いがある事はイメージできますよね。「左」から2次電子が飛び出ない分は「右下」に飛び出る分が補っていますので、この部分は「傾斜角効果」を理解する分には気にする必要がない部分なんです(すぐ下のエッジ効果を理解するのにはこういう事を考える事になりますけど)


とは言えば、天下り的に気にしなくてもいいと言われても納得できないのであれば
「右上」と「左上」だけじゃなくて、例えば30度おきとかで360度全ての方向(合計12方向)に飛びだす電子を描いて、試料の外に飛び出るものを数えてみて下さい。試料が傾いていた方が、元の黄色い奴が多い分だけ試料の外に飛び出る二次電子が多くなりますよね。

>ですので、30度や60度のものにも左側の二次電子を書き加えると、
>水平と比べて、二次電子の総数がそれぞれ大して違わないのではないか、というのが
>(2)の質問になります。

いや、だから水平の図で2個の2次電子が飛び出る図にするのなら、
「右上」と「右」でも何でもいいのですが、とにかく黄色いの1つにつき2個の2次電子が飛び出るような図を描かないと、#3の2番の条件が揃わないのですよ。
例えば、水平の図だと「右下」に飛んだ2次電子は試料から飛び出ないけど、60度の図であれば飛び出るという違い...続きを読む

Qケイ酸塩鉱物の組成の意味について教えてください。

ケイ酸塩鉱物の組成の意味について教えてください。

(1)
ピジョン輝石は、(Mg,Fe,Ca)2Si2O6と表記されます。
これは、最初の元素はMg>Fe>Caの分量で、いずれかが入り、
2つ目の元素は(Caは取りうらないので)Mg>Feの分量で、いずれかが入るということなのでしょうか?

(2)
また、このような組成の意味は、どのようなルールに沿ったものなのでしょうか?
インターネットで見れる資料があれば教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

この場合鉄も 2価じゃないかなぁと思いつつ, とりあえずは Red Book.

参考URL:http://old.iupac.org/publications/books/rbook/Red_Book_2005.pdf

QPCケーブル類が外れない様に固定するテープを探しています。

PCケーブル類が外れない様に固定するテープを探しています。

HDDやCDドライブのケーブル(フラットケーブル、SATA信号ケーブル、電源ケーブル)はラッチが付いていないことが多く、ケーブルの張り具合によって外れることがあります。
テープでケーブルを固定する場合、結構テープを選びます。余り強力でも困りますし、取ったときにのりが残るのも困ります。またそこそこ熱に強くないといけないし、とか色々と選択に困ります。

実はかつて、PCショップで組み立てを頼んで納入してもらった時に、おそらくプリント基板のパターンを切り貼りするテープと思われる黒いマスキングテープに似た物を使っており、これが過去最高に具合のよかったテープでした。素材は黒い紙ですが、多少布を混ぜてあったと記憶しています。よって強度もありますし、のり残りも問題ない程度でした。残念ながらこのテープを使っていたお店は無くなり、テープの素材を聞けずじまいでした。

このようなPCケーブル類の固定に適したテープをご存じの方、またはケーブルの固定に最適と思われるテープをご存じでしたらご紹介下さい。

Aベストアンサー

外してたらすみません。

機器内部のケーブルなどを固定する粘着テープ
「アセテートクロステープ」という製品があります。

秋葉原・小柳出(オヤイデ)電気
http://www.oyaide.com/catalog/products/p-1564.html
の2番目

文字通りアセテート繊維の布で、手で千切れます。
粘着剤も合成ゴム系だからなのか、使った限りは変質しにくく、
強力すぎず、剥そうと思えば剥せます。

Q(1)シュウ酸二水和物(H2C2O4・2H2O)0.63gを純水に溶か

(1)シュウ酸二水和物(H2C2O4・2H2O)0.63gを純水に溶かし100mlとします

(2)(1)の液10mlをとり、フェノールフタレイン液を数滴たらします

(3)水酸化ナトリウム水溶液を(2)の液にたらしていきます

(4)すると、水酸化ナトリウム水溶液8.2mlを滴下すると、液の色が変化しました。

このとき
(i)(1)の液のモル濃度はいくらですか?
(ii)水酸化ナトリウム水溶液のモル濃度はいくらですか?((4)の結果を使って)

シュウ酸二水和物は二価の弱酸で、水酸化ナトリウム水溶液は一価の強塩基だそうです。

見当がつきません。助けてください(>_<)

Aベストアンサー

反応式を作りましょう。
そうすればこの反応が何対何かとか、すぐにわかると思いますよ。

ちなみにシュウ酸と水ナトを混ぜると、水とシュウ酸ナトリウムが生成します。


人気Q&Aランキング