今、プリュームテクトニクスについて調べているんですが、太陽系の地球以外の惑星や衛星にもプリュームテクトニクスはあるのでしょうか?教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

褶曲山脈などのプレートの移動を示す兆候が見つからないことから、火星、水星、月には活動的なマントル対流がないと考えられているようです。

(以下は「ナイン・プラネッツ」の邦訳)
http://www2.crl.go.jp/ka/TNPJP/nineplanets/mars. …

また、木星の衛星エウロパ、カリスト、ガニメデには液体の海洋が存在する可能性が高いとされることから、マントルがまだ熱を失っていないかもしれないと指摘されています。(以下は日本惑星協会のトピックス)
http://www.planetary.or.jp/HotTopics/topics-0012 …
http://www.planetary.or.jp/HotTopics/topics-0009 …

参考URL:http://www.planetary.or.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
教えていただいたサイトでしっかり調べようとおもいます。

お礼日時:2001/04/28 20:05

金星はプリュームによっておわん型の大地が出来たと考えられています。



Newton別冊(特集みたいなものをまとめたもの)の、
「太陽系全カタログ」に大体の簡単な話が書いてあります。(2000年1月10日発行)大きな本屋さんでバックナンバーで置いてあると思うので、一度見てみてはどうでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
調べてみたいと思います。

お礼日時:2001/04/29 14:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地球以外の太陽系の惑星が消えたら地球にどういう影響がある?

水星、金星、火星、土星といろいろ惑星がありますが、
この星達が何らかの原因で消滅したとします。地球の核爆弾が
直撃したり、すごい隕石が直撃して一瞬のうちに消えたとします。
この場合、破片とかは考えないことにします。
引力の関係でなんらかの影響が地球にあるとは思いますが、
どのような事が起こると想像できますか?

Aベストアンサー

以前、「N○Kスペシャル」でやってましたョ。

短い期間で見ると、他の天体の衝突の確率が上がり、今のように安全に生命活動ができなくなり、やがてその環境に適応した生命だけが、細々と活動する。
長い期間では、太陽系の引力のバランスが崩れ、地球は太陽へ落ちるか、または弾き飛ばされてしまい、生命そのものが絶えてしまう。

今の地球が安定して生命の活動ができるのも、様々な「偶然」が重なって奇跡に近い状態の環境があるからで、他の惑星の大きさや距離、個数など、大変重要な要因となっています。
特に「外惑星」の影響が大きいとのこだったので、木星や土星がなくなると、割合早い時期に影響は出始めるとと思います。

引力のバランスが崩れて影響が出るのは、数百年、数千年、又は数万年という時間だそうです。
地球の歴史から見れば、ほんの一瞬です。

天体衝突の脅威はただちに問題になるでしょう。

Q太陽系の惑星の中でなぜ地球だけ大きな衛星(月)が

あって、他の惑星 火星とか土星には 大きな衛星がないのですか?

http://www.youtube.com/watch?v=trdoc25q9wY&feature=related

Aベストアンサー

比率という事でしたら惑星じゃなくなりましたが冥王星とカロンは地球と月以上に大きさが近いですが。

 絶対的なサイズで言えば木星の4大衛星、土星のタイタン、海王星のトリトンは地球の月クラス(以上)のサイズがありますよねぇ。

 どの辺を指して「地球だけ」なのか補足してくださいませんか?

Q地球型惑星と、それ以外の惑星や衛星の違いの原因

近頃宇宙に興味を持ち始めまして、色々調べています。
惑星には地球型惑星、木星型惑星、天王星型惑星と種類がありますが、
惑星がつくられる経緯などで、そういった特徴の違いができる原因は何なのでしょうか?

できるだけ詳しく教えてくださると有難いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 宇宙のあらゆる物質は超新星爆発から起こります。太陽も超新星が爆発した破片が集まって誕生し、重力が大きくなるにつれてり、宇宙空間一帯の物質を引き寄せ、飲み込んで巨大化しました。太陽は太陽系のすべての質量の99.86%を占めます。ですので、惑星は太陽に飲み込まれずに残ったカスのような存在とも言えます。

 内惑星は地球型ですが、岩石や金属など密度の高いものが重力により引き寄せられました。今も軌道に沿って運行しているのは、無限に起こった偶然の積み重ねのようです。どこかで僅かな力が違った方向に向いていたら、これらの惑星は今頃太陽の一部として輝いているのかも知れません。

 木星・土星は気体でできていますので、太陽からの距離が遠いため、重力によっても引き寄せられずに空間に残り、やがて集まって惑星になりました。ただし、内部は重力により固体化していると考えられています。木星や土星の衛星は岩石でできていますが、これは(宇宙規模でいえば)極微量の岩石が集まってできたのです。木星や土星の重力は巨大で、近づく岩石を重力の力で砕いてしまうほどです。砕かれた岩石はそれ以上太陽へは近づきません。太陽の重力よりも、惑星からの距離が近いために留まることになったのです。

 天王星型は水とメタン、アンモニアでできていることが分かってきました。地球のような距離であれば気体や液体にもなるのでしょうが、太陽からあまりに遠く、温度が低いため氷でしか存在できません。地球上でできる雲はミクロの氷の粒ですが、そのような状態で漂っていたのが、長年月を経て惑星にまで成長したのでしょう。それ以外の彗星やイトカワのような小惑星もこのような氷や雪でできていると言われています。
 

 宇宙のあらゆる物質は超新星爆発から起こります。太陽も超新星が爆発した破片が集まって誕生し、重力が大きくなるにつれてり、宇宙空間一帯の物質を引き寄せ、飲み込んで巨大化しました。太陽は太陽系のすべての質量の99.86%を占めます。ですので、惑星は太陽に飲み込まれずに残ったカスのような存在とも言えます。

 内惑星は地球型ですが、岩石や金属など密度の高いものが重力により引き寄せられました。今も軌道に沿って運行しているのは、無限に起こった偶然の積み重ねのようです。どこかで僅かな力が違っ...続きを読む

Q太陽系にある惑星・準惑星の全ての衛星の名前

太陽系にある惑星の全ての衛星・準惑星の名前を分かりやすく惑星に近いほうから並んでる順に見易く並べて教えてください 覚えます

Aベストアンサー

wikiの項目に掲載されています

衛星
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%9B%E6%98%9F

準惑星
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%96%E6%83%91%E6%98%9F

あとはご自身で覚えて下さい。

Q地球の外は太陽系、太陽系の外は銀河系、銀河系の外は宇宙、宇宙の外は何で

地球の外は太陽系、太陽系の外は銀河系、銀河系の外は宇宙、宇宙の外は何でしょう?
僕は’宇宙の宇宙’=’時空’だと思います。
皆さんのご意見が聞きたいです。

Aベストアンサー

こんにちは。

>>>地球の外は太陽系、太陽系の外は銀河系、銀河系の外は宇宙

違います。
「地球は太陽系に属し、太陽系は銀河系に属し、銀河系は局部銀河群という超銀河団に属し、局部銀河群はおとめ座超銀河団に属する」
です。

>>>宇宙の外は何でしょう?

我々の宇宙の外ということは、すなわち、我々の宇宙との関係(因果律)が切れているということです。
我々の宇宙が誕生したとき、同時に無数のほかの宇宙も誕生したというのが、最有力の説です。

こちらは宇宙物理学の権威・佐藤先生(東大)の講演資料です。
http://www.icepp.s.u-tokyo.ac.jp/docs/kouen_satou.pdf
(12、13枚目のスライドを参照)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報