新しくHDDを追加したのですが、思わぬドライブ記号が付いてしまいした。修正する方法をお教え願えるでしょうか。

今までの接続:
C:80GB D:6GB E:DVD F:CD

追加後の接続:
いままでDドライブに接続していた6GBのHDDを取外し、Cドライブに接続していたHDDをDを接続していた位置に移し、空いたCドライブの場所に新たに購入したHDDを接続して、WIN2Kをインストールしました。

 すると、Cドライブとなってほしい、新たに追加したHDDがFドライブとして認識されました。

 管理ツールでドライブ記号を変更しようとしても、アクティブなドライブの変更は出来ないと拒否されてしまいます。

 このドライブをCドライブとして認識させる方法はないでしょうか。
 HDDは、プライマリ、セカンダリそれぞれのマスタとして接続しています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

今までCドライブだった80GBのHDDを外した状態で、新しいドライブにOSをインストールしたらどうなんでしょうか。


その後古いHDDを接続するってのはどうですか?
私はいつもその方法で、HDDの換装をやってますが。


デュアルブートって訳じゃないんですよね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

higejii3さん、回答を頂き有り難うございます。

 デュアルブートなるものを構成しようとはしていません。ただ、バックアップ用にと接続していましたDドライブが手狭になったので、容量の拡大を図っただけです。

 やはり、振出しに戻るしかないようですね。

 対応を頂き有り難うございます。

お礼日時:2003/10/28 22:44

はじめから付いていたドライブに基本領域がある以上はちょいと無理かもしれません。

複数のドライブが存在する時、各ドライブの基本領域からドライブレターが割り当てられちゃいますので。

他のHDDをすべて外した上で新たに追加したHDDのみを取り付けて、インストール作業をするとお望みはかなえられます。

確かに、レジストリの
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\MountedDevices
の中身を変更することでOSがインストールされているドライブのドライブレターを変更することは可能ですが、このあと、アプリケーションが参照しているDLLファイルなどの参照先もすべてレジストリエディタ上で変更しないといけませんので、そういうことができるツールがない場合は避けた方が無難です。

この回答への補足

 単体にしてインストールした状態では確かに、Cドライブと認識されるようになりました。
 しかし、全て接続すると、今度はDドライブと認識されるようになりました??

 結局のところ、全て接続した状態でCドライブと認識されているディスクをフォーマットして入れ直すことで対応しました。

補足日時:2003/11/03 00:10
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Hageoyadiさん、早速のご回答有り難うございます。

 やはり、簡単に治るものではなく、OSの再インストールをしないといけないと言うことですね。

 アドバイス有り難う御座いました。

お礼日時:2003/10/28 22:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q記号∀,∃の読み方(発声)を教えてください

記号∀,∃の読み方(発声)を教えてください
出来れば解析学と論理学とにおける読み方を
一般的な読み方がなければ個人的な読み方でもいいです

Aベストアンサー

大学では数学をかじっていた者である。
一般論はNo.1に詳しいので、ここでは個人的なことを述べさせて頂く。

大学の講義でそう聞いたからだと思うが、私はどのような場合でも大概
「全ての」「或る(ある)」
と読んでいる。
また、Wikipediaの記事にはないが、こんな話をする相手はガンダムの話も嫌がらない人が多いので、
「ターンエー(turn A)」「ターンイー(turn E)」
ということもあろうかと思う。

Q内蔵D:ドライブ(HDD)をバックアップ対象ドライブとして良いか

Vistaマシンです。
パソコンに2個のHDD を入れ、C:にOSとアプリケーションとデータを、D:にデータをバックアップしています。
ところが友人から、つぎの指摘がありました。
C:が壊れたとき、新しいC:にOSやアプリケーションをインストールすれば、すぐにD:からデータを読み出せるのか、ということです。
いかがでしょうか。

Aベストアンサー

C(第1ドライブ)にOS・アプリ・データが入っていて、D(第2ドライブ)にCのデータバックアップを取っているのですから全然問題ないと思いますよ(なぜか前に回答されている方々が変な解釈をされていますが)

もちろん第1ドライブも第2ドライブも同時に壊れたら駄目ですけどね(こんなこと言っていたら外付けドライブだって壊れるかも知れないですから)

なお私のやり方は No.3 さんに近いですが、第1ドライブをCとDに分けてCにOSとアプリ、Dにデータを入れ、第2ドライブをEとFに分けてFにCのイメージバックアップ(acronis true image 利用)とDのデータバックアップをとっています。
こうしておくと仮にCドライブが壊れた時には直ぐにも第2ドライブのEにイメージバックアップを復元すれば急場を凌げることが出来ます(あとはゆっくりと新しい第1ドライブを買いに行きます。

Q記号の読み方

記号の読み方を教えて下さい。
例えば、
(1)1<y<8
(2)-1>y>-8
 
また、
(3)1≦y≦8
(4)-1≧y≧-8

(1)、(2)は読み方と><この記号の名前を教えて下さい。
(3)、(4)は読み方を教えて下さい。

Aベストアンサー

>、<は、それぞれ「大なり」「小なり」と読みます。
「だいなり」と「しょうなり」です。

A>Bは、「A大なりB」
A<Bは、「A小なりB」
と「左辺は(右辺に比べて)大なり・小なり」という意味になります。
>、<のお名前は「不等号」です。

=が組み合わさった場合は、
「大なりイコール」「小なりイコール」と読みます。

それぞれの読み方は、以下のとおりです。
(1)1<y<8 ⇒「1小なり y小なり8」
(2)-1>y>-8 ⇒「-1大なり y大なりー8」
(3)1≦y≦8 ⇒「1小なりイコール y小なりイコール8」
(4)-1≧y≧-8 ⇒「-1大なりイコール y大なりイコールー8」

QHDDのCドライブを増やしDドライブを減らす方法について教えてください。

先日購入したコンピュータの解説書に、「従来はFDISKというツールを用いてディスク管理を行っていたが、vistaのパソコンでは「コンピュータ→ディスクの管理」を用いて、1台のハードディスクを分割する。ただしこれは高度な作業なので「プライマリパーテーション」「拡張パーテーション」「論理ドライブ」の意味が分からないうちはすべきではない。」とありました。自分のパソコンのハードディスクもCドライブとDドライブに別れているのですが、Cドライブの空き容量が少なく、Dドライブに空き容量が多いのでCドライブの容量を増やしたいと考えています。(現状ではあまりバックアップを頻繁にとらなくとも良いのでは。と考えています。)そこで、(1)初心者として「プライマリパーテーション」「拡張パーテーション」「論理ドライブ」の意味を教えていただけないでょうか。また、これらを解説した良書やHPがあれば教えていただけないでしょうか。(2)現状のPCに関する知識が少ない段階では、Cドライブの容量を増やすといったディスクの管理にかんすることはすべきではないのでしょうか。(3)上記を踏まえた上でHDDのCドライブを増やしDドライブを減らす方法について教えてください。以上、初心者としてお願いします。

先日購入したコンピュータの解説書に、「従来はFDISKというツールを用いてディスク管理を行っていたが、vistaのパソコンでは「コンピュータ→ディスクの管理」を用いて、1台のハードディスクを分割する。ただしこれは高度な作業なので「プライマリパーテーション」「拡張パーテーション」「論理ドライブ」の意味が分からないうちはすべきではない。」とありました。自分のパソコンのハードディスクもCドライブとDドライブに別れているのですが、Cドライブの空き容量が少なく、Dドライブに空き容量が...続きを読む

Aベストアンサー

購入されたままの状態では、(マイ)ドキュメントのターゲットが
C:ドライブの中に入っているため、そこに何もかもを溜め込んで
しまいます。それをD:へ移すことにより、C:ドライブの圧迫を
防ぐ他に、Windowsが何かあってリカバリーや再インストールを
必要としたときにもデータを道連れにするということもなくなり
ます。C:D:それぞれがどれくらいなのかわからないのですが、
まず(マイ)ドキュメントのターゲットの移動を実行しましょう。

XPの場合
http://www.microsoft.com/japan/athome/magazine/ucontents/users/winXP/0503/default.aspx
Vistaの場合
http://www.cosmosoft.org/Works/Vista/Documents.htm
EドライブとなっているのをD:ドライブとしてください

おせっかい
こんなので、C:ドライブのバックアップを作っておくと
Windowsがトチ狂っても簡単に元に戻せます。
http://www.runexy.co.jp/products/acronis-trueimage-11/

購入されたままの状態では、(マイ)ドキュメントのターゲットが
C:ドライブの中に入っているため、そこに何もかもを溜め込んで
しまいます。それをD:へ移すことにより、C:ドライブの圧迫を
防ぐ他に、Windowsが何かあってリカバリーや再インストールを
必要としたときにもデータを道連れにするということもなくなり
ます。C:D:それぞれがどれくらいなのかわからないのですが、
まず(マイ)ドキュメントのターゲットの移動を実行しましょう。

XPの場合
http://www.microsoft.com/japan/athome/magazine/uco...続きを読む

Qハ音記号の読み方

ハ音記号の読み方がわかりません。
正しい読み方を教えて下さい。あと、ハ音記号はどのような場合に使われるものですか?
質問が2つになってしまいましたが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは♪
ハ音記号(元)常用者です。

#1さまご紹介のサイトで全部分かるのであとは余談ばかりですが,実際に使っていた者としてはどうしても回答したく(笑)

この記号をよく使うのは,まずヴィオラ,それから,チェロ・ファゴット・トロンボーンなどの中音~中低音楽器です。
ヴィオラはハ音記号がすっぽり五線に収まった「アルト記号」が普段使う楽譜です。,チェロやファゴットは,基本はヘ音記号ですが,上に線をたくさん書かないといけないような高い音の場合などに,ハ音記号が線ひとつ分上に飛び出した「テナー(テノール)記号」を使うことがあります。

で,我が(?)トロンボーンですが,ヘ音記号の他に,アルト記号とテナー記号もよく使います。

一般的には,オーケストラの管楽器は二人一組になっている場合が多いですが,なぜかトロンボーンは三人一組で使われることが多いのです。
他の楽器のパートは,例えば,「1番フルート」と「2番フルート」なのですが,トロンボーンは,もともとが合唱と一緒に使われる事が多い楽器だったこともあり,パートが,「アルトトロンボーン」「テナートロンボーン」「バストロンボーン」,となっている事があります。
例えば,モーツアルト「レクイエム」,ベートーヴェン「運命」「第九」,シューマン・ブラームスの交響曲など,古典からロマン派にかけての管弦楽曲です。実際,モーツアルトのレクイエムや第九のような合唱つき作品では,合唱パートをそのままなぞるような部分が多くありますし,アルト・テナー・バスでそれぞれ違う大きさのトロンボーンを使う事もよくあります。
(なお,なぜソプラノがないか,とは訊かないでください^^;)

古典的なオーケストラの楽譜では,この名前にそって,アルトトロンボーンの楽譜はアルト記号で,テナートロンボーンの楽譜はテナー記号で,バストロンボーンの楽譜はヘ音記号で書かれています。
ただ,ロマン派の中~後期以降は,パートの名前も「1番」「2番」「3番」となって,基本へ音記号+高めの音はテナー記号,という形になってきています。楽器も,アルトトロンボーンはあまり使われなくなり,テナー2本+バス1本という形に落ち着きました。
しかし,なぜか不思議なことに,ロシア・旧ソ連ではパートの名前は1番・2番でも,アルト・テナー記号を使う習慣が長く残りました。(プロコフィエフ,ショスタコーヴィチなど)

もしもご興味があれば,楽器屋さんに行ったときにでも,管弦楽曲のスコアなどご覧になってみてください♪

こんにちは♪
ハ音記号(元)常用者です。

#1さまご紹介のサイトで全部分かるのであとは余談ばかりですが,実際に使っていた者としてはどうしても回答したく(笑)

この記号をよく使うのは,まずヴィオラ,それから,チェロ・ファゴット・トロンボーンなどの中音~中低音楽器です。
ヴィオラはハ音記号がすっぽり五線に収まった「アルト記号」が普段使う楽譜です。,チェロやファゴットは,基本はヘ音記号ですが,上に線をたくさん書かないといけないような高い音の場合などに,ハ音記号が線ひとつ分上に...続きを読む

Qデスクトップpcのhddは320gbの内288gb未使用です、余ってるhdd320gbを増設して

デスクトップpcのhddは320gbで内288gb未使用です、余ってるhdd320gbを増設してdドライブに
するよりもいっその事hddを改装して、c,dにパーテイションを分ける方が作業として、又管理上どちらが良いでしょうか。

因みにCドライブのバックアップはusb接続のhddに保管しています。

Aベストアンサー

320GBのHDDが2個あるんですか?

それなら増設しちゃったほうがいいかも。
放置しておいても意味ないので。
同じく余っている部分を放置するのも無意味ですね。


パーティションを分けるのは簡単なので
C:OSと主要プログラム
D:あまり使わないプログラム
E:データ
F:バックアップ

などにして例えばFにもう一つのHDDを当てるのもありですね。
それをやるとCのバックアップが効率的になります。
今のままだとCに何もかもある状態でしょうからバックアップの
効率は悪いです。

Cドライブを最小構成にしておけばSSDを導入したいと思った時にも
良いと思います。

QΣ記号などの標準的な(みっともなくない)読み方

高校の教科書レベルの勉強をしなおしています。Σとかリミット、インテグラルとかの記号の書き方や、あらわす意味はだいたいわかったのですが、その読み方が教科書には載っていません。せっかくですから、まともな読み方を覚えたいのですが、とりあえず、上記の3種類の記号について高校レベルでの標準的な読み方(多分一意には決まらないのでしょうが)を教えてくださいませんでしょうか。あるいは、そういったことが書いてある本やHPなどありましたら、教えてください。

Aベストアンサー

わたくし現役の高校生ですが、例えばNO7のかたのでしたら「リミットエックスを一に近づけることの、エックスプラス5」ってみんな生徒も先生もゆってますけどね、、、ただ、どれが正しいかってゆうのはないそうなんで、余りきにせずともよろしいんではないでしょうか?

Qドライブ名(?)・・・CドライブとかDドライブとか・・・を変更したい!

現在、

C:HDD
D:CD-RW
E:HDD
F:HDD

という構成になっています。CD-RWがHDDの間に挟まっていて、見た目にどうもしっくり来ないので、

C:HDD
D:HDD
E:HDD
F:CD-RW

というふうに変更したいのですが、どのようにしたら良いのでしょうか。
ちなみにOSはXPです。

Aベストアンサー

「マイコンピュータ」のアイコンを右クリック
「管理」
「ディスクの管理」

上記通りに選択していくと、「コンピュータの管理」画面右にドライブ一覧が表示されると思います。

後はCDドライブを右クリックし、「ドライブ文字とパスの変更」で「編集」を選択して、好きなドライブレターを当ててください。

Q記号の読み方がわかりません

高校物理の勉強をしていたら(最少の方です)、速度の記号であるvの上に-、また左にΔという記号が出てきました。Δの方はデルタと読み方は分かるのですが意味がわかりません。-の方は読み方も意味も分かりません。教えてください!

Aベストアンサー

カテは数学になっていますが、物理の回答でいいんですよね。

vの上の-とはくっついているのですか?
離れているのであれば平均という意味です

Δは1さんのおっしゃるように微少量です
たとえば0.001~0.005間の変化などです

QA:ドライブと、D:ドライブの違い

PCのお気に入りを保存するとき、ウイザードを使ってやる場合、FDには、すんなり入るのですが、CD-Rには、失敗します。
そもそも、Dドライブには、FDのように、直接書き込む事はできないのでしょうか?

Aベストアンサー

1の回答でも書かれていますが、Windows標準ではできません。
Windowsには、CD-Rにファイルを書き込む機能がありません。
CD-Rからファイルを読み込む機能はあります。
Windowsがそのような設計になっている理由としては、CD-Rの特性から来るのだろうと想像されています。
(この設計についてのマイクロソフトの公式の回答はありません。書き込めない事についての原理的な説明はあるようです)
CD-Rは、ファイル1個を書き込んですぐに読める状態にすると、非常に効率の悪い物になります。
書き込み方式を大別してトラックアットワンスとディスクアットワンスがありますが、トラックアットワンスは1回の書き込みでCD-Rの数十分の1を使用します。だから、1Kバイトのファイル書き込みを繰り返すと、1枚のCD-Rに1Mどころか100Kバイトも入らなくなります。
ディスクアットワンスは、「1度書き込んだら終わり」という方式で、1度に100Mを書き込めば100M入りますが、たとえば1度に10K書き込んだらそれで終わりで、CD-R1枚で10Kで終わりという事になってしまいます。
パケットライトはこの原理を仮想的な書き込みで解決した物で、みかけ上では普通にファイルをコピーして書き込んで、すぐに読めます。
そして容量も、CD-R1枚の限界まで使えるようになっています。
現在時点(たぶん、将来も)このパケットライトはWindowsには入っていない機能なので、別にパケットライトのソフトをインストールする必要があります。
パケットライトがインストールされれば、普通のファイルコピーやドラッグなどでCD-Rにファイルを入れる事が可能になります。
ただし、あくまでも仮想的な書き込みですから、書き込み処理をしないでCD-Rを取り出したり電源を強制切断したりすると、CD-Rに書き込んだつもりのファイルは消えてしまいますから、ご注意ください。
(設定により、自動的にCD-Rに書き込んだデータはHDDの中に保存されるようにできるのが普通ですが…)

1の回答でも書かれていますが、Windows標準ではできません。
Windowsには、CD-Rにファイルを書き込む機能がありません。
CD-Rからファイルを読み込む機能はあります。
Windowsがそのような設計になっている理由としては、CD-Rの特性から来るのだろうと想像されています。
(この設計についてのマイクロソフトの公式の回答はありません。書き込めない事についての原理的な説明はあるようです)
CD-Rは、ファイル1個を書き込んですぐに読める状態にすると、非常に効率...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報