優遇金利と実行金利の違いがよくわかりません。

今まで 店頭金利-優遇金利=実行金利 で
優遇金利は店頭金利から控除される金利のことだと思っていたのですが
下の解説を見ると
「優遇金利」とは、「店頭金利」よりも低い金利が設定される住宅ローンのバーゲン価格です。
と書いてあり、これだと私の思っていた実効金利が優遇金利と言うことになっています。
優遇金利と実行金利の違いはどういうことなのでしょうか?

http://10960.jp/doc/2.html

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

優遇金利とは、優遇を受けた後の金利のことを指すのが一般的ではないでしょうか。


変動する金利で変動金利、固定された金利で固定金利ですから、優遇された金利で優遇金利となると思います。

例えば、先日のフラット35S金利優遇終了のニュースでは、私の見た限りすべて
「フラット35Sの1%金利優遇、前倒し終了へ」
となっていました。
1%は優遇幅ですね。優遇幅を示す時は「金利優遇」、その優遇幅を適用させた後の金利を「優遇金利」というように思います。

実行金利はあくまでローン契約時に適用される金利ということです。
ですから、
「店頭金利=実行金利」のパターンもあるし、
「店頭金利-金利優遇=優遇金利=実行金利」のパターンもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

なるほど

>実行金利はあくまでローン契約時に適用される金利ということ

そういうことなんですね。
納得しました。

お礼日時:2011/08/08 13:29

店頭より○%の金利優遇という場合と、優遇されたあとの実際の金利を指す場合があると思います。

前者は引いてくれる金利ですが、後者は実行金利のことになります。表現の仕方の違いでしょうが、直接確認した方が間違いないと思います。まぁ、金利を見ればある程度は分かりますがね(極端な金利はあり得ない)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

やはりそのへんが紛らわしいところだったんですね。
明確な定義はないのでしょうかね?

お礼日時:2011/08/03 20:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住宅ローンの全期間金利優遇1.45%(変動、固定共に)はどうですか?

建設会社で住宅ローンの手続きを進めていっています。
ローンの仮審査の結果の回答が返ってきたのですが、
全期間金利優遇1.45%(変動、固定共に)ということなのですが、
これは世間一般では普通の金利優遇なのでしょうか?

普通がどの程度かがよくわからないので、良し悪しが判断できなくて悩んでいます。
どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>全期間金利優遇1.45%(変動、固定共に)ということなのですが、

おそらく、借り入れ期間中は、ずっと、店頭基準金利より1.45%マイナスしますよ、
という意味ではないですか?

たとえば、その銀行の店頭基準金利が、
3年固定金利2.9パーセントならマイナス1.45で、1.45パーセント、
(3年後に金利が上がって、基準金利が4パーセントになっていれば、2.55パーセント)
変動金利が現在3.1パーセントならマイナス1.45で、1.65パーセント。
(この場合も、変動金利が変われば、それによってまた変わります)

別に、優遇金利幅としては、それくらいはあると思います。
ためしに、近くの金融機関をいくつかまわって、パンフレットを集めてみれば納得できると思います。

Q金利優遇幅について

デベロッパーとの提携ローンでローンを組む予定です。
全期間金利優遇幅-1.6%となっているのですが、掛目100%以内なら-1.6%、100%以上なら-1.2%と書いてあります。これはどういう意味でしょうか??ここでいう掛目とは、物件価格に対する借入額のことですか?これが100%以上になる理屈もよくわかりません。
勉強不足で申し訳ありませんが、教えていただけると助かります。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

掛目100%以内というのは、借入額が購入物件価格以下の取扱です。

掛目100%以上とは、借入額が購入物件価格以上の取扱です。

通常であれば、物件価格の8掛け程度が借入額(自己資金2割程度)というのが一般的ですが、提携ローンの場合、デベロッパーの信用力により物件価値を提携金融機関が通常より高く評価するため、100%以上即ち物件価格以上(購入物件の登記費用や購入者の移転費用等も融資対象に含めるケース)の融資を認めているのだと思います。

Q住宅ローンの金利優遇条件

住宅ローンの優遇金利で給料振込みを条件にしている銀行がある
と思いますが、これは絶対条件なのでしょうか?
私の会社は規模が小さく未だに現金支給でその条件をクリアする
のは無理です。
最初から融資不可と分かっていれば、給料振込みを条件にしてい
ない他の銀行で借りようと思いますが、給料振込みを条件にして
いるその銀行の方が金利が安く、固定期間も自分に合った商品が
あるので出来ればその銀行で融資を受けたいと思っています。

住宅ローンのページを読むと「基本的に以下の条件を全て満たす
方」の中に年齢や収入と一緒に給料振込みが書かれています。
基本的にって?交渉の余地があるのでしょうか?それとも絶対
無理なのでしょうか?
融資に詳しい方、ご回答お願いします。

Aベストアンサー

住宅ローン審査経験者です。

「住宅ローンの優遇金利」ならば、決して『絶対』ではありませんよ。

多くの金融機関では、住宅ローンの『最優遇金利の適用条件』として給与振込を揚げていますが、住宅ローンの『融資条件』としては給与振込は揚げてはいないと思います。
要するに「給与振込みができない=住宅ローンの融資が受けられない」ではありませんし、「給与振込みができない=金利の優遇が全く受けられない」でもないんです。
「給与振込みができない=住宅ローンの融資が受けられない」では、『自営業』などの方は、住宅ローンの融資が受けられないということになってしまいます。

あくまでも「給与振込」は、「『最優遇金利』を適用させるため」の条件にしかしていないと思います。
はい、『最』優遇金利です。
「最も優遇を受けられる場合は、この金利が適用されます」であって、「優遇を受けられる場合は、この金利が適用されます」ではないんです。
『最』ではない『優遇金利』もあるんです。
店頭表示金利と『最優遇金利』の差を見てください。
0.10%とかではありませんでしょう?
その間に何段階もの『優遇金利』を設けている金融機関が殆どだと思いますよ。

ご質問者さまが「『最優遇金利』が適用されないのならば借りない」と仰られるならば、難しいですが、「金利の優遇が受けられれば、それが『最優遇金利』よりも多少高いものでも仕方がない。こちらは給与振込みができないのだから…。」とお考えならば、交渉の余地はありますよ。

ただ、「給与振込みができない場合は、全期間固定・超長期固定の利用は不可」という条件がつくことはあります。
変動金利型や短期固定と全期間固定・超長期固定は金利の設定方法が違うので、全期間固定・超長期固定は『最優遇金利』しか設定していないことが多いんです。
そして、「条件に合わない人は利用できません」と最初から門戸を狭くしていたりするんです。

なお、どうして給与振込みを条件にしているかというと、住宅ローンの返済口座と給与振込口座を同一の口座にして、住宅ローンの返済を確実にしてもらうためです。
同一口座ならば、放置されても『返済遅延』になる可能性が低いですが、別口座ですと入金してもらわなければ『返済遅延』になってしまいますでしょう?

勤務先からの「給与振込」はできないかもしれませんが、そのうえで少しでも『条件』をよくしようとするならば、「毎月給料日に『必ず』返済口座に返済金額以上を入金する」、「一度でも入金忘れがあったら、当初に遡って金利の優遇がなかったこととし、既経過分の利息差額については一括で支払う」という条件をつけて交渉してみるくらいでしょうか…。
借入者側にとっては、相当厳しい条件になりますけれどね。
給与日当日にご質問者さまが確実に現金入金ができる金融機関口座を持ち、かつそこから『自動送金』のシステムを活用する…などをしないと難しいでしょう。
そして、その口座には常に余裕資金を置いておく…くらいしないと口座の管理は難しいのではないかと思います。

そこまでされなくても、『最』優遇にさえ拘らなければ、『優遇幅』については交渉の余地があると思います。
(「私の会社」とのことですが、ご質問者さまが経営者側ならば、また話は変わってきます。ご質問者さまが経営者側ですと条件はさらに厳しくなるので…。)

住宅ローン審査経験者です。

「住宅ローンの優遇金利」ならば、決して『絶対』ではありませんよ。

多くの金融機関では、住宅ローンの『最優遇金利の適用条件』として給与振込を揚げていますが、住宅ローンの『融資条件』としては給与振込は揚げてはいないと思います。
要するに「給与振込みができない=住宅ローンの融資が受けられない」ではありませんし、「給与振込みができない=金利の優遇が全く受けられない」でもないんです。
「給与振込みができない=住宅ローンの融資が受けられない」では、『自...続きを読む

Q住宅ローンの金利優遇について

住宅ローンについて勉強中なので教えてください。
各銀行とも当初10年、何%金利優遇とかありますが、この優
遇幅は最大幅であって借りる人の属性などによって変わると聞
いたのですが、では、自分に適用される優遇幅は事前審査申し
込みから、融資実行までのどの時点で分かるのでしょうか?

Aベストアンサー

(1)「ある一定の条件を満たせば、誰もが同じ優遇を受ける」場合と
(2)「申込人や物件に応じて、人それぞれ優遇幅が変わる」場合があり、
銀行や住宅ローン商品によって異なります。

(2)のケースで「優遇幅がいつ決まるか」ですが、事前審査がOKだった段階で決まると思います。
(ただし、この優遇幅は●月▲日までにローンを受ける場合に限るなどの条件があります)

「給与振込」や「公共料金引落し」や「銀行のクレジットカード申込」「カードローン申込」をするごとに優遇幅が広がったり、
「借入金額÷物件評価額」の数値により優遇されたりします。
中には「子供が3人以上の場合には、さらに●%優遇」という銀行もあります。

優遇の幅は事前に決まっても、実際の金利はローンを受ける日に決まります。
金利は変動しますので、注意してください。

Q住宅ローンの優遇金利について

知人から、公務員や一部上場企業に勤めている人は、住宅ローンを組む際、約1%金利を優遇してもらえると聞きました。
この優遇金利は、銀行さんが用意している、フラット35以外の住宅ローンなら、どれでも適応されるのでしょうか?
35年固定金利型のような長期のものにも、この優遇金利は適応されるのでしょうか?また、適応される場合、優遇金利は35年ずっと続くのでしょうか?
転職した場合、優遇金利は解除されるのでしょうか?

Aベストアンサー

> 住宅ローンを組む際、約1%金利を優遇してもらえると聞きました。
各銀行の規約による。リスクが少ない分、金利も低く設定出来ると言うことでしょう。
他に、給与振り込み口座を作成するとか、公共料金を複数引き落としにするとかの条件によって、優遇の適用がある所もある。手数料等のメリットが出来るから。

> 35年固定金利型のような長期のものにも、この優遇金利は適応されるのでしょうか?
各行の規約による。銀行は全国に一つというわけではなく、各行で違う対応だから。
> 適応される場合、優遇金利は35年ずっと続くのでしょうか?
同上。
> 転職した場合、優遇金利は解除されるのでしょうか?
同上。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報